KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • 浙江省温州市
  • 伝統文化
  • インターネット
  • 新型肺炎
  • 高速鉄道
  • スタッフ
  • 開催浙江省
  • 農村観光

「中国浙江省」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
4,179
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
4,179
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:40.21
    2021年01月28日
    「新華社」絶滅危惧種の鳥類ミミジロゴイを確認浙江省衢州市

    中国浙江省衢州(くしゅう)市常山県の東案郷梅樹底村でこのほど、国家2級保護鳥類に指定されるミミジロゴイ(海南虎斑鳽)が確認された。同県で観測されるのは初めてだという。ミミジロゴイは中国固有のサギ科の希少鳥類で、生息地の環境要求が高く、世界で絶滅の危険性が最も高い鳥類30種の一つとされる。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年01月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (4)新鮮なタケノコが出荷開始浙江省杭州市

    24日、「天目雷笋」が栽培されている太湖源鎮の現代農業パーク。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区の太湖源鎮タケノコ取引市場が24日、改装を終えて正式にオープンし、新鮮なタケノコが大量に出荷された。同市場は杭州エリア最大のタケノコ取引市場で、同区の特産品「天目雷笋」は毎年数万トンがここから全国に出荷されている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.81
    2021年01月26日
    「新華社」杭州、ペットの鼻紋認識技術を試験導入

    中国浙江省杭州市の城市管理行政執法局は22日、ペットの管理に鼻のしわ(鼻紋)を用いた個体識別技術を導入したと発表した。同技術はすでに、養犬許可証の登録に活用されている。また迷子になったペットの捜索や、ペットのデジタル管理の実現にも役立つと期待されている。ペットの鼻の模様は人間の指紋と同様、個体によって異なる。同市では、飼い主が指定アプリで必要な写真をアップロードすると、デジタルの養犬許可証の手続きを完了できるようになっている。同局の朱燕(しゅ・えん)氏は「昨年9月からこの技術を試験的に導入しており、今後は適用範囲を拡大していく」と語っている。(記者/殷暁聖、張旋) =配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (7)新鮮なタケノコが出荷開始浙江省杭州市

    24日、太湖源鎮の現代農業パークで収穫された「天目雷笋」。中国浙江省杭州市臨安区の太湖源鎮タケノコ取引市場が24日、改装を終えて正式にオープンし、新鮮なタケノコが大量に出荷された。同市場は杭州エリア最大のタケノコ取引市場で、同区の特産品「天目雷笋」は毎年数万トンがここから全国に出荷されている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (2)新鮮なタケノコが出荷開始浙江省杭州市

    24日、太湖源鎮のタケノコ取引市場で新鮮な「天目雷笋」の選別や梱包作業をする業者。中国浙江省杭州市臨安区の太湖源鎮タケノコ取引市場が24日、改装を終えて正式にオープンし、新鮮なタケノコが大量に出荷された。同市場は杭州エリア最大のタケノコ取引市場で、同区の特産品「天目雷笋」は毎年数万トンがここから全国に出荷されている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (3)新鮮なタケノコが出荷開始浙江省杭州市

    24日、太湖源鎮の現代農業パークで「天目雷笋」を収穫する農家。中国浙江省杭州市臨安区の太湖源鎮タケノコ取引市場が24日、改装を終えて正式にオープンし、新鮮なタケノコが大量に出荷された。同市場は杭州エリア最大のタケノコ取引市場で、同区の特産品「天目雷笋」は毎年数万トンがここから全国に出荷されている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (6)新鮮なタケノコが出荷開始浙江省杭州市

    24日、太湖源鎮のタケノコ取引市場で新鮮な「天目雷笋」の選別や梱包作業をする業者。中国浙江省杭州市臨安区の太湖源鎮タケノコ取引市場が24日、改装を終えて正式にオープンし、新鮮なタケノコが大量に出荷された。同市場は杭州エリア最大のタケノコ取引市場で、同区の特産品「天目雷笋」は毎年数万トンがここから全国に出荷されている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (5)新鮮なタケノコが出荷開始浙江省杭州市

    24日、太湖源鎮のタケノコ取引市場で「天目雷笋」の出荷準備をする業者。中国浙江省杭州市臨安区の太湖源鎮タケノコ取引市場が24日、改装を終えて正式にオープンし、新鮮なタケノコが大量に出荷された。同市場は杭州エリア最大のタケノコ取引市場で、同区の特産品「天目雷笋」は毎年数万トンがここから全国に出荷されている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.18
    2021年01月24日
    「新華社」寧波舟山港、年間貨物取扱量世界一を維持

    中国浙江省の寧波舟山港は22日、2020年の貨物取扱量が11億7200万トン、コンテナ取扱量が2872万TEU(20フィートコンテナ換算)といずれも前年比で4%を超える増加になったと明らかにした。輸送業務は逆境の中で増加を実現し、貨物取扱量が12年連続で世界第1位を維持したほか、コンテナ取扱量も引き続き世界第3位となった。同港は2020年、コンテナ航路数が過去最高の260本に達した。うち「一帯一路」関連航路は100本以上で、年間運航本数は5千便近くとなり、年間コンテナ取扱量は1千万TEUを超えた。各港区が鉄道で結ばれている優位性を発揮し、「シーアンドレール(船と鉄道による複合貨物輸送)」定期便も19本となった。業務範囲は15省(自治区、直轄市)の56市に及んでいる。シーアンドレールの業務取扱量は2020年に初めて100万TEUを越え、前年に比べ24・2%増加した。(記者/魏一駿、李濤) =配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.55
    2021年01月24日
    「新華社」深さ43メートルの立体駐車場で駐車難解消杭州市江干区

    中国浙江省杭州市の江干区は現在、古い居住区の駐車難の問題を解決するため、居住区にある小公園に地下立体駐車場を建設している。駐車場は地下に井筒立坑3本を掘削して建造される。深さは43メートルで、内部にスマート駐車設備を設置する。平均1分半で車を取り出すことができるという。駐車場が完成すると、144台の駐車が可能になり、周辺の駐車難が解消される。供用は早くて8月を見込んでいる。(記者/夏亮、李濤) =配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:22.55
    2021年01月23日
    「新華社」国家2級重点保護動物のマエガミジカを発見浙江省仙居県

    中国浙江省台州市仙居県の生物多様性バックグラウンド調査チームのメンバーがこのほど、回収した赤外線カメラを確認した際に、中国の国家2級重点保護動物であるマエガミジカの鮮明な画像と動画を発見した。同種は偶蹄目シカ科の動物で、高山や丘陵地帯の常緑広葉樹林、針広混交林、低木林、伐採跡地、河谷低木林に生息し、標高千~4千メートルの山々で活動することが多い。マエガミジカは浙江省の省級重点保護動物に指定されており、「中国生物多様性レッドリスト-脊椎動物編」にも危急種(VU)として登録されている。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.35
    2021年01月22日
    「新華社」2022年杭州アジア大会、ホッケー会場の屋根が完成

    中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け18日、ホッケーの試合が行われる収容人数5千人の屋外競技場の屋根が完成した。建築面積は延べ1万3千平方メートル以上、地下1階、地上2階建てとなっている。プロジェクトリーダーの一人である呉明喜(ご・めいき)氏は、半透明の屋根の材料にはフッ素樹脂が使われ、デザインは中国伝統の「油紙傘」から着想を得たと説明した。今後はグラウンド部分の整備に着手する。公園のような機能も兼ねており、大会終了後はコンサートや夜市、地域の集まりなど、屋外イベントの会場としても利用できる。 =配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:26.44
    2021年01月21日
    「新華社」浙江省麗水市で新種の両生類を発見

    中国浙江省麗水市生態環境局は19日、同市の生物多様性基礎調査(1期)の段階的成果を発表し、調査で発見した新種の両生類について、市内の百山祖国家公園で見つかったため「百山祖角蟾(Megophrysbaishanzuensis)」と命名したことを明らかにした。生態環境部南京環境科学研究所と中国科学院成都生物研究所が共同で執筆した同種に関する論文はこのほど、国際的動物分類学誌「ZooKeys」に掲載された。麗水市生態環境局の雷金松(らい・きんしょう)局長は「百山祖角蟾は百山祖国家公園の標高1400〜1600メートルの狭い範囲にしか分布しておらず、その生息環境は常緑広葉樹林近くの渓流が中心となっている」と説明した。(記者/趙悦、殷暁聖) =配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.18
    2021年01月21日
    「新華社」無人スマート青果販売機が登場、「非接触」で野菜購入浙江省紹興市

    中国浙江省紹興市柯橋区では現在、新型コロナウイルス感染症予防・抑制期間中に人々の接触を減らすため、一部の社区(コミュニティー)やオフィスビルに無人スマート青果販売機を設置している。住民は自由市場などに行かなくてもスマートフォンを使い商品を購入することができ、24時間いつでも利用することができる。スマホで2次元バーコードをスキャンすると、無人スマート青果販売機の扉を開けることができ、必要な野菜や果物を選んで取り出せる。扉を閉めると、微信支付(ウィーチャットペイ)で自動的に決済が完了し、スキャンから決済までわずか10秒程度で終えることができる。無人スマート青果販売機内には、肉類、野菜類、魚類、果物、飲み物などが全てそろっており、1日の食事の必要を基本的に満たしている。無人スマート青果販売機の商品は基本的に、当日補充したものを当日販売する形になっている。冷蔵庫は鮮度保持機能を備えているため、商品の鮮度が保たれているという。(記者/崔力) =配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (2)浙江省麗水市で新種の両生類を発見

    発見された百山祖角蟾。(資料写真)中国浙江省麗水市生態環境局は19日、同市の生物多様性基礎調査(1期)の段階的成果を発表し、調査で発見した新種の両生類について、市内の百山祖国家公園で見つかったため「百山祖角蟾(Megophrysbaishanzuensis)」と命名したことを明らかにした。生態環境部南京環境科学研究所と中国科学院成都生物研究所が共同で執筆した同種に関する論文はこのほど、国際的動物分類学誌「ZooKeys」に掲載された。(麗水=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (1)浙江省麗水市で新種の両生類を発見

    発見された百山祖角蟾。(資料写真)中国浙江省麗水市生態環境局は19日、同市の生物多様性基礎調査(1期)の段階的成果を発表し、調査で発見した新種の両生類について、市内の百山祖国家公園で見つかったため「百山祖角蟾(Megophrysbaishanzuensis)」と命名したことを明らかにした。生態環境部南京環境科学研究所と中国科学院成都生物研究所が共同で執筆した同種に関する論文はこのほど、国際的動物分類学誌「ZooKeys」に掲載された。(麗水=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.60
    2021年01月20日
    「新華社」ロウバイ見頃、冬景色に趣浙江省長興県

    中国浙江省湖州市長興県にある東方梅園の盆栽園では、1万本以上のロウバイが見頃を迎え、真冬の風景に趣を添えている。(記者/崔力)=配信日:2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、新鮮な豚の足を塩漬けする従業員。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、ハムの発酵具合を確認する従業員。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)対外貿易が好調の「雑貨・日用品の都」浙江省義烏市

    14日、義烏市の「ライブ配信産業パーク」で衣料品の販促活動をするライバー(配信者)。「雑貨・日用品の都」と言われる中国浙江省義烏市は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、感染拡大予防と経済成長のバランスを上手く取っている。税関の統計によると、同市の2020年1~11月の対外貿易総額は前年同期比6・9%増の2859億9千万元(1元=約16円)に達した。(義烏=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.30
    2021年01月19日
    「新華社」歴史地区再生でよみがえる古都の記憶浙江省紹興市

    中国浙江省紹興市は2500年の歴史を持つ、中国に現存する最も長い歴史を誇る古都の一つで、国務院指定の第1次歴史文化名城にも名を連ねている。2019年1月、「紹興古城保護利用条例」が施行された。面積9・09平方キロの紹興老城(旧市街)エリアでは現在、古い街並み以外の機能を外部に移転し、高層建築物の数を減らし、文化・観光機能を充実させ、古い住宅街(歴史地区)を再整備するなど、都市を有機的に再生させる多くのプロジェクトを進めている。(記者/袁震宇、商意盈、許舜達) =配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、表面が糸状菌で覆われた発酵中のハム。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、干し場で日光を浴びるハム。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、干し場で天日干しの状態を確認する従業員。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、ハムの発酵具合を確認する金華美福火腿の責任者。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)対外貿易が好調の「雑貨・日用品の都」浙江省義烏市

    14日、義烏国際商貿城でサウジアラビアの顧客とテレビ電話で連絡を取りながらティーポットを選ぶイエメンの貿易業者。「雑貨・日用品の都」と言われる中国浙江省義烏市は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、感染拡大予防と経済成長のバランスを上手く取っている。税関の統計によると、同市の2020年1~11月の対外貿易総額は前年同期比6・9%増の2859億9千万元(1元=約16円)に達した。(義烏=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、塩漬けしたハムを天日干しするため干し場へ運ぶ従業員。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)対外貿易が好調の「雑貨・日用品の都」浙江省義烏市

    14日、義烏国際商貿城で調理器具を選ぶケニアの貿易業者。「雑貨・日用品の都」と言われる中国浙江省義烏市は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、感染拡大予防と経済成長のバランスを上手く取っている。税関の統計によると、同市の2020年1~11月の対外貿易総額は前年同期比6・9%増の2859億9千万元(1元=約16円)に達した。(義烏=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.72
    2021年01月19日
    「新華社」竜泉青磁、3Dプリントが生み出す新たな魅力

    中国浙江省竜泉市の竜泉青磁は、千年以上の長きにわたり中国磁器の珠玉とされてきた。伝統的な竜泉青磁の多くは器形が整い、釉薬も淡色のため、見る人に端正で温厚な印象を与える。一方で現代テクノロジーの波は陶磁器の世界にも押し寄せており、青磁陶芸家らは3Dプリントなどの技術からより多くのインスピレーションを得ている。竜泉青磁の伝統製法には、土練りや成形、削り出し、素焼きなど多くの工程があるが、3Dプリント技術の利用により、長く複雑だった手作業の工程が今では数時間で完成し、生産工程を大幅に短縮できるようになった。3Dプリントは作業の効率化だけでなく、手作業では成し得なかった技術精度も実現した。歴史的遺物や肖像画、風景などを題材とした青磁作品もプリント技術で成形できるようになり、大量生産も可能になった。(記者/趙悦、許舜達) =配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)対外貿易が好調の「雑貨・日用品の都」浙江省義烏市

    14日、義烏国際商貿城で調理器具を選ぶケニアの貿易業者(左)。「雑貨・日用品の都」と言われる中国浙江省義烏市は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、感染拡大予防と経済成長のバランスを上手く取っている。税関の統計によると、同市の2020年1~11月の対外貿易総額は前年同期比6・9%増の2859億9千万元(1元=約16円)に達した。(義烏=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)浙江省開化県の住民、国家2級保護動物のスズメフクロウを発見

    現場の農家で確認するスタッフ。(12日撮影)中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県野生動植物保護協会はこのほど、池淮鎮横竜村の農家で1羽の「かわいい鳥」を発見したとの連絡を受けた。現場で確認したところ、国家2級保護動物のスズメフクロウ属の幼鳥だと分かり、職員が連れて帰って世話をした。その後の観察でフクロウに野生での生存能力があると判断され、翌日、自然に返された。(衢州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (1)浙江省開化県の住民、国家2級保護動物のスズメフクロウを発見

    開化県の住民が発見したスズメフクロウ。(12日撮影)中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県野生動植物保護協会はこのほど、池淮鎮横竜村の農家で1羽の「かわいい鳥」を発見したとの連絡を受けた。現場で確認したところ、国家2級保護動物のスズメフクロウ属の幼鳥だと分かり、職員が連れて帰って世話をした。その後の観察でフクロウに野生での生存能力があると判断され、翌日、自然に返された。(衢州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:22.61
    2021年01月18日
    「新華社」浙江省開化県の住民、国家2級保護動物のスズメフクロウを発見

    中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県野生動植物保護協会はこのほど、池淮鎮横竜村の農家で1羽の「かわいい鳥」を発見したとの連絡を受けた。現場で確認したところ、国家2級保護動物のスズメフクロウ属の幼鳥だと分かり、職員が連れて帰って世話をした。その後の観察でフクロウに野生での生存能力があると判断され、翌日、自然に返された。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.16
    2021年01月18日
    「新華社」絶滅危惧種のコウライアイサが飛来浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県分水鎮の天渓湖にこのほど、コウライアイサの群れが飛来した。同市への飛来数は今回が最多となった。カモ科の鳥コウライアイサは絶滅危惧種で、中国の国家1級重点保護動物に指定されている。2016年の湿地資源調査によると、天渓湖湿地に生息する鳥類は計17目40科209種に上る。保護ステーションのスタッフはコウライアイサが生息する水草の中で、コサギ、カルガモ、カイツブリなどの水鳥も確認したという。(記者/王懌文、李濤) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (5)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、栽培基地でツバキの剪定(せんてい)をする金華市婺城(ぶじょう)区竹馬郷下張家村の楽苑花卉の責任者、徐小華(じょ・しょうか)さん。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、金華市婺城(ぶじょう)区竹馬郷下張家村の栽培農家の苗畑で水やりをする苗木の保護員。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (6)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、金華市婺城(ぶじょう)区羅店鎮後渓河村で、樹齢数百年のツバキの生育状況を確認する華東ツバキ名品栽培センター責任者の王季成(おう・きせい)さん(右)。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (7)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、金華市婺城(ぶじょう)区羅店鎮後渓河村の紅紅植物農園で、咲き誇ったツバキを運ぶ栽培農家。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、金華市婺城(ぶじょう)区羅店鎮の新たに改築された西呉聯花卉市場で、ツバキを運ぶ卸業者。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、金華市婺城(ぶじょう)区羅店鎮後渓河村で、日本から導入した観葉品種の「キンギョバツバキ(金魚葉椿)」を見せる華東ツバキ名品栽培センター責任者の王季成(おう・きせい)さん。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (8)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、苗畑でツバキの蕾の状態を動画で顧客に紹介する金華市婺城(ぶじょう)区竹馬郷下張家村の電子商取引業者、高群亮(こう・ぐんりょう)さん。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)浙江省開化県の住民、国家2級保護動物のスズメフクロウを発見

    開化県の住民が発見したスズメフクロウ。(12日撮影)中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県野生動植物保護協会はこのほど、池淮鎮横竜村の農家で1羽の「かわいい鳥」を発見したとの連絡を受けた。現場で確認したところ、国家2級保護動物のスズメフクロウ属の幼鳥だと分かり、職員が連れて帰って世話をした。その後の観察でフクロウに野生での生存能力があると判断され、翌日、自然に返された。(衢州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.48
    2021年01月17日
    「新華社」浙江省で上山文化の考古学成果展1万年の稲作の歴史を実証

    中国浙江省博物館の孤山館区精品館で15日、同省で発見された新石器時代文化「上山文化」に関する考古学成果展が開かれた。浙江省文物考古研究所と浙江省博物館、浦江県人民政府、上山文化遺跡連盟が浙江省文物局の指導の下で主催し、上山文化の最新の考古学的成果を2カ月間展示する。同省浦江県にある上山遺跡は2000年に発見され、2005年に上山文化と名付けられた。中国の長江下流と南東部沿海地区で年代の最も古い新石器文化で、その歴史は約1万年前にさかのぼる。浙江省文物考古研究所などの機関はこれまで、省内の銭塘江流域と霊江流域で上山文化に属する遺跡19カ所を発見した。これらの遺跡は、中国さらには東アジア地域で最も規模が大きく、最も分布が集中した初期新石器時代遺跡群を形成している。会場では、大口盆や双耳罐(そうじかん)、土器杯、土器碗、石磨盤、石磨棒など上山文化で1万年前に稲作が行われていたことを示す遺物を見ることができる。中でも「万年米」は1万年前のコメで、上山遺跡から出土した。上山文化の考古学上の最大の貢献は、稲作の起源が中国にあることを実証した点にある。同展では、上山遺跡の他にも義烏市の橋頭遺跡や仙居県の下湯遺跡から出土した器物も展示している。うち橋頭遺跡から出土した彩色土器は9千年の歴史がある。上山文化の稲作と彩色土器については、著名考古学者の厳文明(げん・ぶんめい)北京大学教授もかつて、共に「世界初」の名にふさわしいと評している。(記者/馮源) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (7)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、浙江省平湖農業経済開発区で栽培されているイチゴ。中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の現代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (8)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、上空から見た国際科技農業協力モデル区。(小型無人機から)中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのビニールハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の近代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (3)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、浙江省平湖農業経済開発区の藍城現代植物工場で観賞用植物の手入れをする従業員。(小型無人機から)中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の現代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (5)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、浙江省平湖農業経済開発区の藍城現代植物工場で観賞用植物の手入れをする従業員。中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の現代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (6)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、浙江省平湖農業経済開発区にある魚と野菜の同時育成システム「アクアポニックス」モデルパークで、養殖しているスズキを捕まえる従業員。(小型無人機から)中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の現代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、浙江省平湖農業経済開発区の藍城現代植物工場で観賞用植物の手入れをする従業員。中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の現代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (4)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、浙江省平湖農業経済開発区内で咲き乱れるコチョウラン。中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の現代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、浙江省平湖農業経済開発区の藍城現代植物工場で野菜を収穫する従業員。中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の現代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:33.64
    2021年01月11日
    「新華社」配達員がお年寄りを背負って道路を横断浙江省金華市

    中国浙江省金華市浦江県でこのほど、路上に設置された監視カメラが心温まる場面を捉えた。つえをついたお年寄りが道路中央に立ち止まり、辺りを見回していると、食事宅配サービス配達員の李紹松(り・しょうしょう)さん(23)が即座にバイクを降りて駆け寄った。李さんはお年寄りを背負って道路を渡った。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.18
    2021年01月11日
    「新華社」銭江源国家公園に氷瀑出現浙江省

    中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県の銭江源国家公園で8日、冷え込みの影響で滝が凍り付く「氷瀑」が出現した。同公園内で落差が最も大きい「神竜飛瀑」とその水を受ける「墨池」に氷が張り、水辺の植物も包み込んでいる。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.56
    2021年01月11日
    「新華社」中国でブロッコリー品種の国産化が加速シェア20%に上昇

    中国浙江省台州市で6日に開かれた第3回「浙江ブロッコリー新品種大会」で、ブロッコリー品種の国産化が研究機関の連携によって加速し、中国が独自に育成した品種の国内市場占有率が2017年の5%未満から現在では約20%まで伸びたことが明らかになった。中国のブロッコリー産業はここ10年で急成長している。2018年には浙江省が中心となって優良品種の共同研究グループを設立し、国内外の育種資源と技術的優位性を統合。品種改良のペースを加速させ、独自の知的財産権を持つ優良品種を育てることで海外品種の独占を打破している。共同研究グループは過去3年でブロッコリーの遺伝資源415種のDNAフィンガープリントライブラリーを完成させ、新品種88種を育成したという。中国が独自に育種したブロッコリーは昨年、栽培面積が23万3千ムー(約1万5530ヘクタール)に達した。(記者/許舜達、李濤) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    文字を書くAIロボット 第3次ブーム、実用化進む

    春節で飾る文字を書くAIロボット=2017年1月16日、中国浙江省杭州市(ゲッティ=共同)

    撮影: 2017年1月16日、中国浙江省杭州市

  • 2021年01月04日
    (1)「家庭内介護ベッド」を試行、急速な高齢化に新たな対策浙江省杭州市

    浙江省杭州市拱墅区の祥符街道にある大川在宅介護サービスセンターで中国象棋を指す高齢者。(2020年12月16日撮影)中国浙江省杭州市では高齢化が進むにつれ、旧市街地区の多くで高齢者介護施設のベッド確保が極めて困難な状況になっている。施設のベッド不足を解消するため、同市は「家庭内介護ベッド」の試みを実施、第1陣として拱墅(きょうしょ)区でベッド105床を一般家庭に「搬入」した。ベッドの運営と在宅介護サービスの各補助金を相殺控除すると、基本コースを選んだ高齢者は1カ月の自己負担が210~1200元(1元=約16円)となり、介護施設の入居費用より低く抑えられる。(杭州=新華社記者/王思遠)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (2)「家庭内介護ベッド」を試行、急速な高齢化に新たな対策浙江省杭州市

    浙江省杭州市拱墅区の祥符街道にある大川在宅介護サービスセンターの外観。(2020年12月16日撮影)中国浙江省杭州市では高齢化が進むにつれ、旧市街地区の多くで高齢者介護施設のベッド確保が極めて困難な状況になっている。施設のベッド不足を解消するため、同市は「家庭内介護ベッド」の試みを実施、第1陣として拱墅(きょうしょ)区でベッド105床を一般家庭に「搬入」した。ベッドの運営と在宅介護サービスの各補助金を相殺控除すると、基本コースを選んだ高齢者は1カ月の自己負担が210~1200元(1元=約16円)となり、介護施設の入居費用より低く抑えられる。(杭州=新華社記者/王思遠)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (3)「家庭内介護ベッド」を試行、急速な高齢化に新たな対策浙江省杭州市

    浙江省杭州市拱墅区の祥符街道にある大川在宅介護サービスセンターのリハビリ室。(2020年12月16日撮影)中国浙江省杭州市では高齢化が進むにつれ、旧市街地区の多くで高齢者介護施設のベッド確保が極めて困難な状況になっている。施設のベッド不足を解消するため、同市は「家庭内介護ベッド」の試みを実施、第1陣として拱墅(きょうしょ)区でベッド105床を一般家庭に「搬入」した。ベッドの運営と在宅介護サービスの各補助金を相殺控除すると、基本コースを選んだ高齢者は1カ月の自己負担が210~1200元(1元=約16円)となり、介護施設の入居費用より低く抑えられる。(杭州=新華社記者/王思遠)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.16
    2020年12月31日
    「新華社」浙江省の裁判所でAI支援システム導入

    中国浙江省杭州市江干区人民法院(地裁)で28日に行われた裁判で、人工知能(AI)プログラムが使用された。裁判は48万元(1元=約16円)の融資返済滞納に関するもので、裁判官がオンライン判決システムを操作し、AIプログラムを使って当事者に質問を行った。必要な審理を終えると、その場で判決が言い渡された。立件から判決まで、わずか5日間だった。同省最高人民法院(高裁)は同日、債権回収分野の裁判支援システム「鳳凰智審バージョン2・0」を、試験運用を経て正式に運用開始したと発表。同省では今後、同分野の裁判でシステムが活用されていく見込み。同システムは浙江省の金融総合サービスプラットフォームにも接続しており、債権回収分野の裁判でのオンライン立件や裁判、法執行をサポートする効率的な解決手段を提供していく。(記者/呉帅帅、宋立峰) =配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.84
    2020年12月31日
    「新華社」中国最長の鋼構造高架橋持つ、路沢太高架高速道路が開通浙江省

    中国浙江省台州市で28日、中国最長の鋼構造高架橋を持つ路沢太高架高速道路が開通した。同高速道路は全長21キロ、うち17・5キロが高架橋で、高速道路の鋼構造高架橋としては中国最長となる。高架橋全体に用いられた鋼材の量は13万トンに上り、北京市の国家体育場で五輪メインスタジアムとなった「鳥の巣」3個分、フランス・パリのエッフェル塔19個分に相当する。従来の鋼箱桁(はこげた)高架橋に比べ、革新性の高い小スパンの箱桁を採用している。同事業は、国家交通運輸部が第1陣で指定した鋼構造高架橋道路モデルプロジェクトの一つで、総投資額は65億3500万元(1元=約16円)、建設工事に関わった作業員は1万人余り、工期は36カ月に及んだ。高速道路の設計速度は100キロで、全線高架化され、信号機の設置はない。開通後、同市から温嶺市までの所要時間は従来の1時間から15分に短縮される。(記者/王俊禄) =配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:50.32
    2020年12月31日
    「新華社」収監者が再出発する力に、刑務所がEC教育講座開設浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市の喬司刑務所は2017年12月、中国の電子商取引(EC)大手アリババ・グループの教育部門、淘宝大学と共同で収監者を対象とするEC講座を始めた。同刑務所は当初、収監者のインターネット教育のため淘宝大学に接触したが、一定の技能習得は収監者の将来に有益だと考えるようになった。淘宝大学は18年1月に教育計画を作成し、同刑務所と覚書を交わした。今月10日までに、同刑務所でECの授業を受けた収監者は2500人を超えており、故郷の農産品のネット通販で働いている人や、ネット企業を立ち上げた人もいる。アリババの資料によると、活況を呈するECによって中国ではECのカスタマーサービススタッフや人工知能(AI)の機械学習エンジニアなど、デジタル経済関連で約40の新しい職種が生まれた。淘宝大学は薬物リハビリテーション施設との協力も進め、特殊な経歴を持つ人たちの就業を支援したいとしている。=配信日:2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.44
    2020年12月31日
    「新華社」視覚障害者の「映画鑑賞」が実現浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市江干区にある映画館、橙天嘉禾電影院で28日、バリアフリーの映画鑑賞イベントが行われ、視覚障害者30人が今秋公開の戦争巨編「金剛川」を鑑賞した。今回の上映は、視覚障害者のために特別な形式で行われた。映画の本来の姿を損ねることなく、解説者がシーンに沿って、空白部分に言葉で適切な説明を入れていく形で進行。これにより、スクリーンを見られない視覚障害者たちも、映画の内容をよく理解することができた。同省は2年間を費やしてバリアフリー映画鑑賞のための解説ボランティアを100チーム育成し、千回以上の映画鑑賞イベントを開催する計画だという。視覚障害者にとって映画館で映画を楽しむことは夢だったが、これからはそれが日常になる。(記者/宋立峰、呉帥帥) =配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    紹興市の王陽明旧居遺跡、発掘調査で全貌明らかに浙江省

    王陽明旧居遺跡から出土した彫刻れんがの破片。(資料写真)中国浙江省紹興市でこのほど開かれた「2020年浙江省考古重要発見報告会」で、明代の儒学者で陽明学の始祖、王陽明(おう・ようめい)の旧居遺跡の全貌が明らかにされた。王陽明の旧居が考古学的に確認されたのは初めてだという。(紹興=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (1)寧波舟山港のシーアンドレール・コンテナ取扱量、初の100万TEU超え

    28日、浙江省湖州市と寧波舟山港を結ぶシーアンドレール貨物列車から降ろされるコンテナ。中国浙江省にある寧波舟山港の鉄路穿山港駅で28日午前10時ごろ、同省湖州市と同港を結ぶシーアンドレール(船と鉄道による複合貨物輸送)貨物列車からコンテナが降ろされた。これにより、同港のシーアンドレールによる今年のコンテナ取扱量は初めて100万TEU(20フィートコンテナ換算)を突破した。取扱量は過去最高を更新しており、前年同期比では25・0%増加となっている。(寧波=新華社配信/夏文傑)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (3)寧波舟山港のシーアンドレール・コンテナ取扱量、初の100万TEU超え

    28日、浙江省湖州市と寧波舟山港を結ぶシーアンドレール貨物列車から降ろされるコンテナ。中国浙江省にある寧波舟山港の鉄路穿山港駅で28日午前10時ごろ、同省湖州市と同港を結ぶシーアンドレール(船と鉄道による複合貨物輸送)貨物列車からコンテナが降ろされた。これにより、同港のシーアンドレールによる今年のコンテナ取扱量は初めて100万TEU(20フィートコンテナ換算)を突破した。取扱量は過去最高を更新しており、前年同期比では25・0%増加となっている。(寧波=新華社配信/夏文傑)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    紹興市の王陽明旧居遺跡、発掘調査で全貌明らかに浙江省

    王陽明旧居遺跡から出土した磁器片。(資料写真)中国浙江省紹興市でこのほど開かれた「2020年浙江省考古重要発見報告会」で、明代の儒学者で陽明学の始祖、王陽明(おう・ようめい)の旧居遺跡の全貌が明らかにされた。王陽明の旧居が考古学的に確認されたのは初めてだという。(紹興=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    紹興市の王陽明旧居遺跡、発掘調査で全貌明らかに浙江省

    王陽明旧居遺跡から出土した磁器片。(資料写真)中国浙江省紹興市でこのほど開かれた「2020年浙江省考古重要発見報告会」で、明代の儒学者で陽明学の始祖、王陽明(おう・ようめい)の旧居遺跡の全貌が明らかにされた。王陽明の旧居が考古学的に確認されたのは初めてだという。(紹興=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.87
    2020年12月29日
    「新華社」浙江省、初の「未来工場」認証企業リストを発表

    中国浙江省の経済・情報化庁はこのほど、初の「未来工場」認証企業12社のリストを発表した。「未来工場」とは、デジタルツインやモノのインターネット(IoT)、ビッグデータ、人工知能(AI)、インダストリアルインターネットなどの技術を幅広く応用し、デジタルデザインやスマート製造、スマート管理、共同製造、環境配慮製造、セキュリティーコントロール、社会的・経済的効果の大幅な向上を実現した現代的工場を指す。今回、初の「未来工場」として認められたのは、正泰低圧電器、吉利純電気自動車、春風動力高端動力装備などの工場。デジタルセキュリティー、ネットワーク通信、スマート装備、自動車および自動車部品などの分野に及んでいる。(記者/呉帥帥、宋立峰) =配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    紹興市の王陽明旧居遺跡、発掘調査で全貌明らかに浙江省

    王陽明旧居遺跡の発掘現場。(資料写真、小型無人機から)中国浙江省紹興市でこのほど開かれた「2020年浙江省考古重要発見報告会」で、明代の儒学者で陽明学の始祖、王陽明(おう・ようめい)の旧居遺跡の全貌が明らかにされた。王陽明の旧居が考古学的に確認されたのは初めてだという。(紹興=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月28日
    寧波舟山港のシーアンドレール・コンテナ取扱量、初の100万TEU超え

    28日、浙江省湖州市と寧波舟山港を結ぶシーアンドレール貨物列車から降ろされるコンテナ。中国浙江省にある寧波舟山港の鉄路穿山港駅で28日午前10時ごろ、同省湖州市と同港を結ぶシーアンドレール(船と鉄道による複合貨物輸送)貨物列車からコンテナが降ろされた。これにより、同港のシーアンドレールによる今年のコンテナ取扱量は初めて100万TEU(20フィートコンテナ換算)を突破した。取扱量は過去最高を更新しており、前年同期比では25・0%増加となっている。(寧波=新華社配信/夏文傑)=配信日:2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    アント本社 中国アリペイ業務改善命令

    アント・グループの本社ビル=11月、中国浙江省杭州市(共同)

  • 01:12.98
    2020年12月27日
    「新華社」岱山4号洋上風力発電プロジェクト、フル稼働を開始

    中国浙江省舟山市岱山(だいざん)島の北西海域で中国広核集団(中広核)が実施する「新エネルギー浙江岱山4号23万4千キロワット洋上風力発電プロジェクト」は25日、風力発電ユニット54基によるフル稼働発電を開始した。同プロジェクトの年間電力供給量は6億1800万キロワット時。石炭(標準炭換算)17万トンと有害ガスの排出約47万トンを削減できる。(記者/崔力) =配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:35.43
    2020年12月27日
    「新華社」中国独自開発のインダストリアルインターネット擬態防御設備、95万回の攻撃防御に成功

    中国浙江省杭州市で開催されていた「之江杯」インダストリアルインターネット内生セキュリティー防御国際エリートチャレンジカップがこのほど、閉幕した。54時間にわたるオンラインでの激闘が展開され、米国、ドイツ、ロシア、日本、韓国、中国の40のインターネットセキュリティー対策チームが之江実験室の開発したインダストリアルインターネットシリーズ化擬態コア設備に対し95万回の高強度攻撃を試みたが、1度も成功しなかった。これは之江実験室が独自開発した中国初のインダストリアルインターネット擬態防御設備だという。擬態は、自然界の生物が他の生物または環境内の別の物体になりすまして、生存を図る能力のこと。これにヒントを得た中国工程院院士(アカデミー会員)で、同実験室サイバーセキュリティー分野首席科学者の鄔江興(お・こうきょう)氏が中心となって、サイバースペース擬態防御理論を主導して提唱、確立した。インダストリアルインターネット擬態設備はこの理論と方法のインダストリアルインターネット分野における応用になる。(記者/林光耀、朱涵、李濤) =配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    アリババの本社 巨大ITの存在感警戒

    アリババグループの本社=11月、中国浙江省杭州市(共同)

    撮影: 11月、中国浙江省杭州市

  • 2020年12月26日
    (2)春節控え、干物作り最盛期浙江省湖州市

    23日、菱湖鎮で魚を干す漁師。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区の菱湖鎮ではこのところ、春節(旧正月)向けの干物作りが最盛期を迎え、漁師らが連日作業に追われている。(湖州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (1)春節控え、干物作り最盛期浙江省湖州市

    23日、菱湖鎮で魚を干す漁師。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区の菱湖鎮ではこのところ、春節(旧正月)向けの干物作りが最盛期を迎え、漁師らが連日作業に追われている。(湖州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (3)春節控え、干物作り最盛期浙江省湖州市

    23日、菱湖鎮で魚を干す漁師。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区の菱湖鎮ではこのところ、春節(旧正月)向けの干物作りが最盛期を迎え、漁師らが連日作業に追われている。(湖州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市

    12月25日、窯の中で匣鉢の置き場所を話し合う周明平さんと焼成職人の周鶴年(しゅう・かくねん)さん。中国浙江省竜泉市宝渓郷の渓頭村にある陳家窯ではこの数日、竜泉青磁の職人、周明平(しゅう・めいへい)さん(44)と妻の周慶紅(しゅう・けいこう)さんが窯入れ作業に追われている。周さん夫妻が素地を匣鉢(こうばち)と呼ばれる耐火粘土製の容器に入れると、焼成職人が竜窯と呼ばれる登り窯に投入し焼成する。(竜泉=新華社記者/韓伝号)=配信日:2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市

    12月25日、陳家窯の工房で撮影に応じる周さん夫妻。中国浙江省竜泉市宝渓郷の渓頭村にある陳家窯ではこの数日、竜泉青磁の職人、周明平(しゅう・めいへい)さん(44)と妻の周慶紅(しゅう・けいこう)さんが窯入れ作業に追われている。周さん夫妻が素地を匣鉢(こうばち)と呼ばれる耐火粘土製の容器に入れると、焼成職人が竜窯と呼ばれる登り窯に投入し焼成する。(竜泉=新華社記者/韓伝号)=配信日:2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    アリババの本社 中国、ネット産業統制強化

    アリババグループの本社=11月、中国浙江省杭州市(共同)

    撮影: 11月、中国浙江省杭州市

  • 2020年12月24日
    アリババのロゴ 中国、アリババを調査

    アリババグループのロゴ=11月、中国浙江省烏鎮(ロイター=共同)

    撮影: 11月、中国浙江省烏鎮

  • 2020年12月24日
    (6)浙江省で甬舟鉄道が着工最後の地級市が高速鉄道時代へ

    22日、舟山市定海区の冊子島で開かれた甬舟鉄道の起工式。中国浙江省舟山市定海区の冊子島で22日、計画・設計に3年以上を要した高速鉄道路線「甬舟(ようしゅう)鉄道(同省寧波市-舟山市)」が正式に着工した。大小千以上の島しょからなる舟山市は、これまで高速鉄道が通じておらず、同鉄道が開通すると同省すべての地級市(2級行政区)が高速鉄道で結ばれる。(舟山=新華社記者/林光耀)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (1)浙江省で甬舟鉄道が着工最後の地級市が高速鉄道時代へ

    22日、舟山市定海区冊子島で開かれた甬舟鉄道の起工式。中国浙江省舟山市定海区の冊子島で22日、計画・設計に3年以上を要した高速鉄道路線「甬舟(ようしゅう)鉄道(同省寧波市-舟山市)」が正式に着工した。大小千以上の島しょからなる舟山市は、これまで高速鉄道が通じておらず、同鉄道が開通すると同省すべての地級市(2級行政区)が高速鉄道で結ばれる。(舟山=新華社記者/林光耀)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (2)浙江省で甬舟鉄道が着工最後の地級市が高速鉄道時代へ

    22日、舟山市定海区冊子島で開かれた甬舟鉄道の起工式で待機するトラック。中国浙江省舟山市定海区の冊子島で22日、計画・設計に3年以上を要した高速鉄道路線「甬舟(ようしゅう)鉄道(同省寧波市-舟山市)」が正式に着工した。大小千以上の島しょからなる舟山市は、これまで高速鉄道が通じておらず、同鉄道が開通すると同省すべての地級市(2級行政区)が高速鉄道で結ばれる。(舟山=新華社記者/林光耀)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:31.44
    2020年12月24日
    「新華社」浙江省で甬舟鉄道が着工最後の地級市が高速鉄道時代へ

    中国浙江省舟山市定海区の冊子島で22日、計画・設計に3年以上を要した高速鉄道路線「甬舟(ようしゅう)鉄道(同省寧波市-舟山市)」が正式に着工した。大小千以上の島しょからなる舟山市は、これまで高速鉄道が通じておらず、同鉄道が開通すると同省すべての地級市(2級行政区)が高速鉄道で結ばれる。総延長は76・4キロで7駅が設置される。設計速度は時速250キロ。工期は6年で、総投資額は約270億元(1元=約16円)。金塘海底トンネルと西堠門(せいこうもん)鉄道道路併用大橋の建設が重要工事となる。同鉄道の建設は、浙江省が「高速鉄道1時間交通圏」を実現させる上での重要プロジェクトであり、全地級市を結ぶ同省高速鉄道網の総仕上げとなる。(記者/林光耀、黄篠) =配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (5)浙江省で甬舟鉄道が着工最後の地級市が高速鉄道時代へ

    22日、舟山市定海区の冊子島で開かれた甬舟鉄道の起工式。中国浙江省舟山市定海区の冊子島で22日、計画・設計に3年以上を要した高速鉄道路線「甬舟(ようしゅう)鉄道(同省寧波市-舟山市)」が正式に着工した。大小千以上の島しょからなる舟山市は、これまで高速鉄道が通じておらず、同鉄道が開通すると同省すべての地級市(2級行政区)が高速鉄道で結ばれる。(舟山=新華社記者/林光耀)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.12
    2020年12月24日
    「新華社」2022年杭州アジア大会選手村の建物の最上部が完成

    中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会の選手村で24日、建物の最上部の完成を祝う式典が開かれた。これにより、同選手村の建設工事が重要な節目を迎えたことになる。今後は景観やカーテンウォール、内装の工事段階に入り、2021年末までに完全な竣工を迎え、2022年3月に試験運用が始まる見通し。同大会の中核プロジェクトの一つである選手村は、選手村、役員の宿泊施設、メディア村、国際エリア、公共エリアからなり、総敷地面積は113ヘクタール。大会の開催期間中、選手村は1万人以上の選手やチーム関係者、4千人近くの関係役員、約5千人のメディア関係者に宿泊、飲食、医療などのサービスを提供する。(記者/夏亮、李濤)=配信日:2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (4)浙江省で甬舟鉄道が着工最後の地級市が高速鉄道時代へ

    22日、舟山市定海区冊子島の甬舟鉄道工事現場で作業する重機。中国浙江省舟山市定海区の冊子島で22日、計画・設計に3年以上を要した高速鉄道路線「甬舟(ようしゅう)鉄道(同省寧波市-舟山市)」が正式に着工した。大小千以上の島しょからなる舟山市は、これまで高速鉄道が通じておらず、同鉄道が開通すると同省すべての地級市(2級行政区)が高速鉄道で結ばれる。(舟山=新華社記者/林光耀)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (3)浙江省で甬舟鉄道が着工最後の地級市が高速鉄道時代へ

    22日、舟山市定海区冊子島の甬舟鉄道工事現場で作業する重機。中国浙江省舟山市定海区の冊子島で22日、計画・設計に3年以上を要した高速鉄道路線「甬舟(ようしゅう)鉄道(同省寧波市-舟山市)」が正式に着工した。大小千以上の島しょからなる舟山市は、これまで高速鉄道が通じておらず、同鉄道が開通すると同省すべての地級市(2級行政区)が高速鉄道で結ばれる。(舟山=新華社記者/林光耀)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (2)台州市で宋代の重要窯炉遺跡見つかる浙江省

    沙埠窯遺跡で見つかった窯跡の排煙室(部分)。(資料写真)中国浙江省台州市黄岩区はこのほど、台州地区の海のシルクロード史跡の一つで、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化材に相当)に指定される沙埠窯遺跡の発掘調査で大きな成果が得られたと明らかにした。遺跡は沙埠鎮と高橋街道の間にあり、竹家嶺、鳳凰山、下山頭など七つの窯跡からなる。同省でこれまで発掘された宋代の窯跡の中で、保存状態が最も良く、構造もはっきりしている。(台州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (3)台州市で宋代の重要窯炉遺跡見つかる浙江省

    沙埠窯遺跡から出土した飴釉執壺(あめゆうしっこ)。(資料写真)中国浙江省台州市黄岩区はこのほど、台州地区の海のシルクロード史跡の一つで、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化材に相当)に指定される沙埠窯遺跡の発掘調査で大きな成果が得られたと明らかにした。遺跡は沙埠鎮と高橋街道の間にあり、竹家嶺、鳳凰山、下山頭など七つの窯跡からなる。同省でこれまで発掘された宋代の窯跡の中で、保存状態が最も良く、構造もはっきりしている。(台州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (1)台州市で宋代の重要窯炉遺跡見つかる浙江省

    沙埠窯遺跡の発掘作業。(資料写真)中国浙江省台州市黄岩区はこのほど、台州地区の海のシルクロード史跡の一つで、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化材に相当)に指定される沙埠窯遺跡の発掘調査で大きな成果が得られたと明らかにした。遺跡は沙埠鎮と高橋街道の間にあり、竹家嶺、鳳凰山、下山頭など七つの窯跡からなる。同省でこれまで発掘された宋代の窯跡の中で、保存状態が最も良く、構造もはっきりしている。(台州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:53.42
    2020年12月22日
    「新華社」人と機械の対戦、杭州市で産業インターネットのセキュリティー競技大会

    中国浙江省杭州市で20日、「之江杯」産業インターネット内生セキュリティー防御国際エリートチャレンジカップが開幕した。清華大学や北京大学、灯塔実験室など国内の大学・企業と、米国やロシア、ドイツなど7カ国でトップレベルの実力を持つインターネットセキュリティー対策チーム40組がオンラインで参加し、内生セキュリティーの理論と技術に基づき開発された産業インターネット擬態(ミミック)防御システムと3日間にわたり激しい攻防戦を繰り広げる。今回の大会はCTF(旗取りゲーム)競技、AWD(AttackWithDefence)競技、人とコンピュータの対決、頂上決戦の四つのステージが設けられ、総額170万元(1元=約16円)の賞金を設けた。全ての擬態設備を突破し、模擬攻撃効果の発揮に成功したチームは100万元の擬態頂点賞を獲得できる。擬態防御技術は中国工程院院士(アカデミー会員)の鄔江興(お・こうきょう)氏が新たに構築した内生セキュリティー理論に基づき開発した。産業インターネットに内生するセキュリティーの問題を解決し、セキュリティーホールやバックドア、ウィルス、トロイの木馬などソフトウエアとハードウエアの脆弱性を利用した典型的なサイバー攻撃を効果的に防ぐことができる。確定・未確定のリスク、既知・未知のセキュリティー脅威に対しても高い抑制・コントロール効果を発揮する。(記者/林光耀、朱涵、李濤) =配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.48
    2020年12月22日
    「新華社」冬至の風物詩、幸せ願う「冬至円」浙江省寧海県

    中国浙江省寧波市寧海県などの一部地域では、冬至(今年は12月21日)に「冬至円」と呼ばれる団子を食べる習慣がある。塩気のある「肉炒円」や甘い「湯円」などの種類があり、冬至円はまた一つ年を取ることや家族との楽しい団らんを象徴している。(記者/顧小立) =配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月21日
    (2)杭州で日本新作映画上映会が開幕浙江省で初

    18日、劇場に展示された上映作品の劇中写真。中国浙江省杭州市でこのほど、中日両国の映画交流促進を目的とする「日本新作映画上映会」が開幕した。浙江省での開催は今回が初めて。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月21日
    (1)浙江省金華市、在住外国人に法律普及サロン開催

    17日、浙江省金華市の外国人法律普及インフォメーションセンターの法律普及サロンで、ボランティア弁護士と交流や対話をする外国人。中国浙江省金華市の外国人法律普及インフォメーションセンターはこのほど、第1回の法律普及サロンを開催した。同センターのボランティア弁護士が勤務や学習のため同市に滞在している外国人30人余りと対面交流し、外国人が中国の法律法規について理解を深めるサポートをした。(金華=新華社配信/胡肖飛)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月21日
    (2)浙江省金華市、在住外国人に法律普及サロン開催

    17日、浙江省金華市の外国人法律普及インフォメーションセンターが同市鎖園村の務本堂で、開催した法律普及サロンの様子。中国浙江省金華市の外国人法律普及インフォメーションセンターはこのほど、第1回の法律普及サロンを開催した。同センターのボランティア弁護士が勤務や学習のため同市に滞在している外国人30人余りと対面交流し、外国人が中国の法律法規について理解を深めるサポートをした。(金華=新華社配信/胡肖飛)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月21日
    (4)浙江省金華市、在住外国人に法律普及サロン開催

    17日、法律普及サロンで外国人に中国の法律法規を説明する、浙江省金華市の外国人法律普及インフォメーションセンターのボランティア弁護士。中国浙江省金華市の外国人法律普及インフォメーションセンターはこのほど、第1回の法律普及サロンを開催した。同センターのボランティア弁護士が勤務や学習のため同市に滞在している外国人30人余りと対面交流し、外国人が中国の法律法規について理解を深めるサポートをした。(金華=新華社配信/胡肖飛)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月21日
    (3)浙江省金華市、在住外国人に法律普及サロン開催

    17日、浙江省金華市の外国人法律普及インフォメーションセンターの法律普及サロンで、ボランティア弁護士と交流や対話をする外国人。中国浙江省金華市の外国人法律普及インフォメーションセンターはこのほど、第1回の法律普及サロンを開催した。同センターのボランティア弁護士が勤務や学習のため同市に滞在している外国人30人余りと対面交流し、外国人が中国の法律法規について理解を深めるサポートをした。(金華=新華社配信/胡肖飛)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.98
    2020年12月21日
    「新華社」杭州で日本新作映画上映会が開幕浙江省で初

    中国浙江省杭州市でこのほど、中日両国の映画交流促進を目的とする「日本新作映画上映会」が開幕した。浙江省での開催は今回が初めて。「HOKUSAI」「サイレント・トーキョー」「望み」「宇宙でいちばんあかるい屋根」「小説の神様君としか描けない物語」「今日から俺は!!劇場版」「由宇子の天秤」の7作品が上映される。今年は中日文化・スポーツ交流推進年に当たる。同上映会も両国の文化交流活動の一層の促進を目的としており、同時に新型コロナウイルの影響を受けた映画市場の回復に協力し、映画業界を支援する。浙江省電影放映(映画上映)協会の葉鋒(よう・ほう)事務局長は今回の上映会について、開催発表と同時に中国の映画ファンから大きな反響が得られたと紹介。チケットは販売開始当日に7作品各9回の上映分が完売したという。(記者/段菁菁) =配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...