KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国浙江省
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 杭州市余杭区
  • インターネット
  • 南宋時代
  • 杭州市富陽区
  • 浙江省杭州
  • 世界遺産
  • 農村観光

「中国浙江省杭州市」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,290
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,290
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月25日
    (7)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村の文化広場で披露される100メートル超の板竜の舞。(小型無人機から)旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (9)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村の文化広場で披露される100メートル超の板竜の舞。旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村内踩街を100メートル超の板竜を担いで練り歩く女性たち。旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (8)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村の壺源渓のほとりで披露される100メートル超の板竜の舞。(小型無人機から)旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (5)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村の文化広場で披露される100メートル超の板竜の舞。(小型無人機から)旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節浙江省杭州市

    23日、元宵節の到来を祝い、杭州市富陽区湖源郷窈口村の壺源渓のほとりを100メートル超の板竜を担いで練り歩く女性たち。旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村内踩街を100メートル超の板竜を担いで練り歩く女性たち。(小型無人機から)旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (3)西渓国家湿地公園の梅の花が見頃浙江省杭州市

    21日、西溪国家湿地公園で、船上から梅の花を眺める漢服愛好家ら。少しずつ春の訪れを感じさせる中国浙江省杭州市の西渓(せいけい)国家湿地公園では、梅の花が見頃を迎えている。同園には2万本以上の梅が栽培されており、その品種もさまざまだという。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (1)西渓国家湿地公園の梅の花が見頃浙江省杭州市

    21日、西溪国家湿地公園に咲き誇る梅の花。少しずつ春の訪れを感じさせる中国浙江省杭州市の西渓(せいけい)国家湿地公園では、梅の花が見頃を迎えている。同園には2万本以上の梅が栽培されており、その品種もさまざまだという。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.96
    2021年02月24日
    「新華社」春らんまん浙江省桐廬県でヤマザクラが満開

    中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮に位置する天子地生態風景観光区ではここ数日、暖かな陽気が続き、1万ムー(約667ヘクタール)以上にわたって桜が満開となった。春ならではの見事な風景が観光客を魅了している。同区内の桜は主にヤマザクラで、一般的には3月初めに咲くが、昨年がうるう年だったことや今年の旧正月前後に気温が上昇した影響により、例年より20日以上早い開花となった。(記者/王懌文、李濤) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (4)西渓国家湿地公園の梅の花が見頃浙江省杭州市

    21日、川を行く船の上で中国の伝統演劇の一つ「越劇」を披露する役者。少しずつ春の訪れを感じさせる中国浙江省杭州市の西渓(せいけい)国家湿地公園では、梅の花が見頃を迎えている。同園には2万本以上の梅が栽培されており、その品種もさまざまだという。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (2)西渓国家湿地公園の梅の花が見頃浙江省杭州市

    21日、西溪国家湿地公園に咲く梅の花。少しずつ春の訪れを感じさせる中国浙江省杭州市の西渓(せいけい)国家湿地公園では、梅の花が見頃を迎えている。同園には2万本以上の梅が栽培されており、その品種もさまざまだという。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (7)西渓国家湿地公園の梅の花が見頃浙江省杭州市

    21日、西溪国家湿地公園で、遊覧船から川沿いを彩る梅の花を楽しむ観光客。(小型無人機から)少しずつ春の訪れを感じさせる中国浙江省杭州市の西渓(せいけい)国家湿地公園では、梅の花が見頃を迎えている。同園には2万本以上の梅が栽培されており、その品種もさまざまだという。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (6)西渓国家湿地公園の梅の花が見頃浙江省杭州市

    21日、西溪国家湿地公園で、中国の古典舞踊「水袖(みずそで)舞」を踊る役者。少しずつ春の訪れを感じさせる中国浙江省杭州市の西渓(せいけい)国家湿地公園では、梅の花が見頃を迎えている。同園には2万本以上の梅が栽培されており、その品種もさまざまだという。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節 浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村の文化広場で披露される100メートル超の板竜の舞。(小型無人機から)旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (6)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節 浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村の文化広場で披露される100メートル超の板竜の舞。(小型無人機から)旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (10)満開のヤマザクラ、観光を後押し

    19日、空から見た桜花谷のヤマザクラ。(小型無人機から)中国浙江省杭州市富陽区湖源郷石竜村北坑塢の桜花谷でこのほど、気温の上昇に伴い、ヤマザクラが満開となった。春の訪れを感じようと多くの観光客が足を運んでいる。同村では約1万ムー(約667ヘクタール)にわたりヤマザクラの木が自生。小ぶりな花が比較的早い時期から咲き、花期は20日間ほど続く。花見シーズンの週末には1万人以上が訪れるという。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (6)満開のヤマザクラ、観光を後押し

    19日、桜花谷で写真撮影する観光客。中国浙江省杭州市富陽区湖源郷石竜村北坑塢の桜花谷でこのほど、気温の上昇に伴い、ヤマザクラが満開となった。春の訪れを感じようと多くの観光客が足を運んでいる。同村では約1万ムー(約667ヘクタール)にわたりヤマザクラの木が自生。小ぶりな花が比較的早い時期から咲き、花期は20日間ほど続く。花見シーズンの週末には1万人以上が訪れるという。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (1)満開のヤマザクラ、観光を後押し

    19日、桜花谷で花見を楽しむ漢服(漢民族の伝統的な民族衣装)愛好家。中国浙江省杭州市富陽区湖源郷石竜村北坑塢の桜花谷でこのほど、気温の上昇に伴い、ヤマザクラが満開となった。春の訪れを感じようと多くの観光客が足を運んでいる。同村では約1万ムー(約667ヘクタール)にわたりヤマザクラの木が自生。小ぶりな花が比較的早い時期から咲き、花期は20日間ほど続く。花見シーズンの週末には1万人以上が訪れるという。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (4)満開のヤマザクラ、観光を後押し

    19日、桜花谷で写真撮影する漢服(漢民族の伝統的な民族衣装)愛好家。中国浙江省杭州市富陽区湖源郷石竜村北坑塢の桜花谷でこのほど、気温の上昇に伴い、ヤマザクラが満開となった。春の訪れを感じようと多くの観光客が足を運んでいる。同村では約1万ムー(約667ヘクタール)にわたりヤマザクラの木が自生。小ぶりな花が比較的早い時期から咲き、花期は20日間ほど続く。花見シーズンの週末には1万人以上が訪れるという。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (2)満開のヤマザクラ、観光を後押し

    19日、桜花谷で満開となったヤマザクラ。中国浙江省杭州市富陽区湖源郷石竜村北坑塢の桜花谷でこのほど、気温の上昇に伴い、ヤマザクラが満開となった。春の訪れを感じようと多くの観光客が足を運んでいる。同村では約1万ムー(約667ヘクタール)にわたりヤマザクラの木が自生。小ぶりな花が比較的早い時期から咲き、花期は20日間ほど続く。花見シーズンの週末には1万人以上が訪れるという。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (5)満開のヤマザクラ、観光を後押し

    19日、桜花谷で写真撮影する漢服(漢民族の伝統的な民族衣装)愛好家。中国浙江省杭州市富陽区湖源郷石竜村北坑塢の桜花谷でこのほど、気温の上昇に伴い、ヤマザクラが満開となった。春の訪れを感じようと多くの観光客が足を運んでいる。同村では約1万ムー(約667ヘクタール)にわたりヤマザクラの木が自生。小ぶりな花が比較的早い時期から咲き、花期は20日間ほど続く。花見シーズンの週末には1万人以上が訪れるという。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (7)満開のヤマザクラ、観光を後押し

    19日、桜花谷で満開となったヤマザクラ。中国浙江省杭州市富陽区湖源郷石竜村北坑塢の桜花谷でこのほど、気温の上昇に伴い、ヤマザクラが満開となった。春の訪れを感じようと多くの観光客が足を運んでいる。同村では約1万ムー(約667ヘクタール)にわたりヤマザクラの木が自生。小ぶりな花が比較的早い時期から咲き、花期は20日間ほど続く。花見シーズンの週末には1万人以上が訪れるという。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (8)満開のヤマザクラ、観光を後押し

    19日、桜花谷で満開となったヤマザクラ。中国浙江省杭州市富陽区湖源郷石竜村北坑塢の桜花谷でこのほど、気温の上昇に伴い、ヤマザクラが満開となった。春の訪れを感じようと多くの観光客が足を運んでいる。同村では約1万ムー(約667ヘクタール)にわたりヤマザクラの木が自生。小ぶりな花が比較的早い時期から咲き、花期は20日間ほど続く。花見シーズンの週末には1万人以上が訪れるという。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (3)杭州市で桜が満開浙江省

    20日、杭州市臨安区米積村で満開となった桜。中国浙江省杭州市臨安区米積村では20日、気温の上昇に伴い、300ムー(20ヘクタール)以上にわたって桜が満開となった。多くの住民や観光客が訪れ、春の風物詩を楽しんだ。(杭州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (1)杭州市で桜が満開浙江省

    20日、杭州市臨安区米積村で満開となった桜。中国浙江省杭州市臨安区米積村では20日、気温の上昇に伴い、300ムー(20ヘクタール)以上にわたって桜が満開となった。多くの住民や観光客が訪れ、春の風物詩を楽しんだ。(杭州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (5)西渓国家湿地公園の梅の花が見頃 浙江省杭州市

    21日、西溪国家湿地公園で、梅の花を楽しむ漢服愛好家ら。少しずつ春の訪れを感じさせる中国浙江省杭州市の西渓(せいけい)国家湿地公園では、梅の花が見頃を迎えている。同園には2万本以上の梅が栽培されており、その品種もさまざまだという。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (6)杭州市で桜が満開浙江省

    20日、愛犬を連れて杭州市臨安区米積村を散策する人。中国浙江省杭州市臨安区米積村では20日、気温の上昇に伴い、300ムー(20ヘクタール)以上にわたって桜が満開となった。多くの住民や観光客が訪れ、春の風物詩を楽しんだ。(杭州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (2)杭州市で桜が満開浙江省

    20日、杭州市臨安区米積村を散策する観光客。中国浙江省杭州市臨安区米積村では20日、気温の上昇に伴い、300ムー(20ヘクタール)以上にわたって桜が満開となった。多くの住民や観光客が訪れ、春の風物詩を楽しんだ。(杭州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (5)杭州市で桜が満開浙江省

    20日、満開の桜で大地がピンク色に染められた杭州市臨安区米積村。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区米積村では20日、気温の上昇に伴い、300ムー(20ヘクタール)以上にわたって桜が満開となった。多くの住民や観光客が訪れ、春の風物詩を楽しんだ。(杭州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (4)杭州市で桜が満開浙江省

    20日、杭州市臨安区米積村の民家近くで咲き誇る桜。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区米積村では20日、気温の上昇に伴い、300ムー(20ヘクタール)以上にわたって桜が満開となった。多くの住民や観光客が訪れ、春の風物詩を楽しんだ。(杭州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (7)杭州市で桜が満開浙江省

    20日、杭州市臨安区米積村を散策する観光客。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区米積村では20日、気温の上昇に伴い、300ムー(20ヘクタール)以上にわたって桜が満開となった。多くの住民や観光客が訪れ、春の風物詩を楽しんだ。(杭州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    満開のヤマザクラ、観光を後押し

    19日、空から見た桜花谷のヤマザクラ。(小型無人機から)中国浙江省杭州市富陽区湖源郷石竜村北坑塢の桜花谷でこのほど、気温の上昇に伴い、ヤマザクラが満開となった。春の訪れを感じようと多くの観光客が足を運んでいる。同村では約1万ムー(約667ヘクタール)にわたりヤマザクラの木が自生。小ぶりな花が比較的早い時期から咲き、花期は20日間ほど続く。花見シーズンの週末には1万人以上が訪れるという。(杭州=新華社記者/徐昱)=配信日:2021(令和3)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    満開のヤマザクラ、観光を後押し

    19日、空から見た桜花谷のヤマザクラ。(小型無人機から)中国浙江省杭州市富陽区湖源郷石竜村北坑塢の桜花谷でこのほど、気温の上昇に伴い、ヤマザクラが満開となった。春の訪れを感じようと多くの観光客が足を運んでいる。同村では約1万ムー(約667ヘクタール)にわたりヤマザクラの木が自生。小ぶりな花が比較的早い時期から咲き、花期は20日間ほど続く。花見シーズンの週末には1万人以上が訪れるという。(杭州=新華社記者/徐昱)=配信日:2021(令和3)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (6)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で誕生したゴールデンターキンの赤ちゃん(下)。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (4)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で誕生したゴールデンターキンの赤ちゃん(右)。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (3)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で、ゴールデンターキンの赤ちゃん(左)の毛繕いをする母親。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (2)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で、ゴールデンターキンの赤ちゃん(左)の毛繕いをする母親。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (5)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で、ゴールデンターキンの赤ちゃん(左)の毛繕いをする母親。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (1)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で誕生したゴールデンターキンの赤ちゃん(右)。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (7)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で誕生したゴールデンターキンの赤ちゃん(中央)。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.60
    2021年02月17日
    「新華社」丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(記者/崔力) =配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (8)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で誕生したゴールデンターキンの赤ちゃん(右)。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.26
    2021年02月14日
    「新華社」移動入浴車の介護サービスを開始杭州市拱墅区

    中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区はこのほど、冬の季節に快適な入浴をしたいという1人暮らしや寝たきり、準寝たきりの高齢者の切実な願いに応えるため、自宅前で入浴や介護サービスを受けられる「移動入浴車」を導入した。車内は設備、入浴、休憩の各エリアに分かれており、バリアフリーや医療用入浴、室温管理などの機能を持つ。看護資格を持つ職員がケアにあたり、入浴前の血圧、血糖値の検査から入浴状態の確認まで、定められた手順によるきめ細やかなサービスを提供する。プライバシーの保護や衛生面の安全も考慮されている。入浴後は、休憩エリアで散髪や爪切りなどのサービスを受けることもできるという。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    The First 5g Digital Urban Management Station in China The First 5g Digital Urban Management Station in China

    Sanitary workers look at the situation of their hometown on mobile phones at a 5G digital city management station in Hangzhou, Zhejiang province, China, Feb. 10, 2021.=2021(令和3)年2月10日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月10日
    The First 5g Digital Urban Management Station in China The First 5g Digital Urban Management Station in China

    A sanitation worker sends a New Year greeting to an elderly family member at a 5G digital city management station in Hangzhou, Zhejiang province, China, Feb. 10, 2021.=2021(令和3)年2月10日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月10日
    The First 5g Digital Urban Management Station in China The First 5g Digital Urban Management Station in China

    A sanitation worker sends a New Year greeting to an elderly family member at a 5G digital city management station in Hangzhou, Zhejiang province, China, Feb. 10, 2021.=2021(令和3)年2月10日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月10日
    The First 5g Digital Urban Management Station in China The First 5g Digital Urban Management Station in China

    A sanitation worker sends a New Year greeting to an elderly family member at a 5G digital city management station in Hangzhou, Zhejiang province, China, Feb. 10, 2021.=2021(令和3)年2月10日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月09日
    (10)他地域で越年の宅配従事者に代わり、村の幹部が家族支援浙江省

    5日、村民の家に春聯(春節に入口の両側に貼る縁起の良い対句)を貼る村の幹部。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県鍾山郷は、「宅配便の郷」として知られる。同地は、「三通一達」と呼ばれる中国宅配便の主要4社、申通快逓(STOエクスプレス)、円通速逓(YTOエクスプレス)、中通快逓(ZTOエクスプレス)、韻達快逓(YUNDAエクスプレス)の創業者を輩出、村民2千人余りが全国各地で宅配業務に従事している。中でも、歌舞村は村外で宅配サービスに従事する村民が1500人余りを数える。調査によると、今年は他省で宅配サービスに従事する村民約750人が勤務地で年越しするという。同村の幹部のノートには、帰省を取りやめた村民たちの頼みごとが記録されている。「小年」(旧暦12月23または24日)当日、村の幹部は村民の家に入り、村外で働く若者に代わり、留守宅の家族の手伝いをした。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (4)他地域で越年の宅配従事者に代わり、村の幹部が家族支援浙江省

    5日、村民と一緒に春聯(春節に入口の両側に貼る縁起の良い対句)を貼る村の幹部。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県鍾山郷は、「宅配便の郷」として知られる。同地は、「三通一達」と呼ばれる中国宅配便の主要4社、申通快逓(STOエクスプレス)、円通速逓(YTOエクスプレス)、中通快逓(ZTOエクスプレス)、韻達快逓(YUNDAエクスプレス)の創業者を輩出、村民2千人余りが全国各地で宅配業務に従事している。中でも、歌舞村は村外で宅配サービスに従事する村民が1500人余りを数える。調査によると、今年は他省で宅配サービスに従事する村民約750人が勤務地で年越しするという。同村の幹部のノートには、帰省を取りやめた村民たちの頼みごとが記録されている。「小年」(旧暦12月23または24日)当日、村の幹部は村民の家に入り、村外で働く若者に代わり、留守宅の家族の手伝いをした。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (7)他地域で越年の宅配従事者に代わり、村の幹部が家族支援浙江省

    5日、村民と一緒に春聯(春節に入口の両側に貼る縁起の良い対句)を貼る村の幹部。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県鍾山郷は、「宅配便の郷」として知られる。同地は、「三通一達」と呼ばれる中国宅配便の主要4社、申通快逓(STOエクスプレス)、円通速逓(YTOエクスプレス)、中通快逓(ZTOエクスプレス)、韻達快逓(YUNDAエクスプレス)の創業者を輩出、村民2千人余りが全国各地で宅配業務に従事している。中でも、歌舞村は村外で宅配サービスに従事する村民が1500人余りを数える。調査によると、今年は他省で宅配サービスに従事する村民約750人が勤務地で年越しするという。同村の幹部のノートには、帰省を取りやめた村民たちの頼みごとが記録されている。「小年」(旧暦12月23または24日)当日、村の幹部は村民の家に入り、村外で働く若者に代わり、留守宅の家族の手伝いをした。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (5)他地域で越年の宅配従事者に代わり、村の幹部が家族支援浙江省

    5日、勤務地で年越しする村民たちに電話して、頼まれごとをノートに記録する村の幹部。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県鍾山郷は、「宅配便の郷」として知られる。同地は、「三通一達」と呼ばれる中国宅配便の主要4社、申通快逓(STOエクスプレス)、円通速逓(YTOエクスプレス)、中通快逓(ZTOエクスプレス)、韻達快逓(YUNDAエクスプレス)の創業者を輩出、村民2千人余りが全国各地で宅配業務に従事している。中でも、歌舞村は村外で宅配サービスに従事する村民が1500人余りを数える。調査によると、今年は他省で宅配サービスに従事する村民約750人が勤務地で年越しするという。同村の幹部のノートには、帰省を取りやめた村民たちの頼みごとが記録されている。「小年」(旧暦12月23または24日)当日、村の幹部は村民の家に入り、村外で働く若者に代わり、留守宅の家族の手伝いをした。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (3)他地域で越年の宅配従事者に代わり、村の幹部が家族支援浙江省

    5日、村民の家で一家のために小年夜(旧暦12月23または24日)の食事づくりを手伝う村の幹部。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県鍾山郷は、「宅配便の郷」として知られる。同地は、「三通一達」と呼ばれる中国宅配便の主要4社、申通快逓(STOエクスプレス)、円通速逓(YTOエクスプレス)、中通快逓(ZTOエクスプレス)、韻達快逓(YUNDAエクスプレス)の創業者を輩出、村民2千人余りが全国各地で宅配業務に従事している。中でも、歌舞村は村外で宅配サービスに従事する村民が1500人余りを数える。調査によると、今年は他省で宅配サービスに従事する村民約750人が勤務地で年越しするという。同村の幹部のノートには、帰省を取りやめた村民たちの頼みごとが記録されている。「小年」(旧暦12月23または24日)当日、村の幹部は村民の家に入り、村外で働く若者に代わり、留守宅の家族の手伝いをした。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (8)他地域で越年の宅配従事者に代わり、村の幹部が家族支援浙江省

    5日、村民と一緒に春聯(春節に入口の両側に貼る縁起の良い対句)を貼る村の幹部。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県鍾山郷は、「宅配便の郷」として知られる。同地は、「三通一達」と呼ばれる中国宅配便の主要4社、申通快逓(STOエクスプレス)、円通速逓(YTOエクスプレス)、中通快逓(ZTOエクスプレス)、韻達快逓(YUNDAエクスプレス)の創業者を輩出、村民2千人余りが全国各地で宅配業務に従事している。中でも、歌舞村は村外で宅配サービスに従事する村民が1500人余りを数える。調査によると、今年は他省で宅配サービスに従事する村民約750人が勤務地で年越しするという。同村の幹部のノートには、帰省を取りやめた村民たちの頼みごとが記録されている。「小年」(旧暦12月23または24日)当日、村の幹部は村民の家に入り、村外で働く若者に代わり、留守宅の家族の手伝いをした。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (9)他地域で越年の宅配従事者に代わり、村の幹部が家族支援浙江省

    5日、村民の家に貼る「福」の文字を取り出す村の幹部。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県鍾山郷は、「宅配便の郷」として知られる。同地は、「三通一達」と呼ばれる中国宅配便の主要4社、申通快逓(STOエクスプレス)、円通速逓(YTOエクスプレス)、中通快逓(ZTOエクスプレス)、韻達快逓(YUNDAエクスプレス)の創業者を輩出、村民2千人余りが全国各地で宅配業務に従事している。中でも、歌舞村は村外で宅配サービスに従事する村民が1500人余りを数える。調査によると、今年は他省で宅配サービスに従事する村民約750人が勤務地で年越しするという。同村の幹部のノートには、帰省を取りやめた村民たちの頼みごとが記録されている。「小年」(旧暦12月23または24日)当日、村の幹部は村民の家に入り、村外で働く若者に代わり、留守宅の家族の手伝いをした。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (2)他地域で越年の宅配従事者に代わり、村の幹部が家族支援浙江省

    5日、村民と一緒に食事をする村の幹部(右から3人目)。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県鍾山郷は、「宅配便の郷」として知られる。同地は、「三通一達」と呼ばれる中国宅配便の主要4社、申通快逓(STOエクスプレス)、円通速逓(YTOエクスプレス)、中通快逓(ZTOエクスプレス)、韻達快逓(YUNDAエクスプレス)の創業者を輩出、村民2千人余りが全国各地で宅配業務に従事している。中でも、歌舞村は村外で宅配サービスに従事する村民が1500人余りを数える。調査によると、今年は他省で宅配サービスに従事する村民約750人が勤務地で年越しするという。同村の幹部のノートには、帰省を取りやめた村民たちの頼みごとが記録されている。「小年」(旧暦12月23または24日)当日、村の幹部は村民の家に入り、村外で働く若者に代わり、留守宅の家族の手伝いをした。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (1)他地域で越年の宅配従事者に代わり、村の幹部が家族支援浙江省

    5日、村民の家で一家のために小年夜(旧暦12月23または24日)の食事づくりを手伝う村の幹部。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県鍾山郷は、「宅配便の郷」として知られる。同地は、「三通一達」と呼ばれる中国宅配便の主要4社、申通快逓(STOエクスプレス)、円通速逓(YTOエクスプレス)、中通快逓(ZTOエクスプレス)、韻達快逓(YUNDAエクスプレス)の創業者を輩出、村民2千人余りが全国各地で宅配業務に従事している。中でも、歌舞村は村外で宅配サービスに従事する村民が1500人余りを数える。調査によると、今年は他省で宅配サービスに従事する村民約750人が勤務地で年越しするという。同村の幹部のノートには、帰省を取りやめた村民たちの頼みごとが記録されている。「小年」(旧暦12月23または24日)当日、村の幹部は村民の家に入り、村外で働く若者に代わり、留守宅の家族の手伝いをした。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (6)他地域で越年の宅配従事者に代わり、村の幹部が家族支援浙江省

    5日、勤務地で年越しする村民たちに電話して、頼まれごとをノートに記録する村の幹部。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県鍾山郷は、「宅配便の郷」として知られる。同地は、「三通一達」と呼ばれる中国宅配便の主要4社、申通快逓(STOエクスプレス)、円通速逓(YTOエクスプレス)、中通快逓(ZTOエクスプレス)、韻達快逓(YUNDAエクスプレス)の創業者を輩出、村民2千人余りが全国各地で宅配業務に従事している。中でも、歌舞村は村外で宅配サービスに従事する村民が1500人余りを数える。調査によると、今年は他省で宅配サービスに従事する村民約750人が勤務地で年越しするという。同村の幹部のノートには、帰省を取りやめた村民たちの頼みごとが記録されている。「小年」(旧暦12月23または24日)当日、村の幹部は村民の家に入り、村外で働く若者に代わり、留守宅の家族の手伝いをした。(杭州=新華社記者/鄭夢雨)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    アリババの本社 アリババ売上高、最高か

    アリババグループの本社=2020年11月、中国浙江省杭州市(共同)

    撮影: 2020年11月、中国浙江省杭州市

  • 2021年02月02日
    4982億元の表示 アリババ売上高、最高か

    セールの累計取引額が4982億元を記録したことを示す表示=2020年11月、中国浙江省杭州市(共同)

    撮影: 2020年11月、中国浙江省杭州市

  • 00:43.65
    2021年01月31日
    「新華社」杭州アジアパラ競技大会のデザイン計画を発表大会組織委員会

    中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会、第4回アジアパラ競技大会の組織委員会は29日、イメージ・景観デザインの運用に関する重要な指針として、大会会場の内外と都市景観におけるエンブレム、スローガン、マスコット、アイコン、コアグラフィック、カラー・システムなどのイメージ要素の運用規範を含む、イメージ・景観の全体計画を正式に発表した。規格デザインの一連のビジュアルイメージ、パブリックアート、夜景造成の「ツールキット」は、都市の玄関口やランドマーク、大会専用ルート、競技会場、選手村、オフィシャルホテル、聖火リレールートなどで使用できる。同計画は当初のコンセプトデザインから正式発表まで、約5カ月かけて何度も改善や修正が行われた。今ではほぼ完全な形の初版(vol・1)が完成しており、近く杭州をはじめ同省寧波市、温州市、金華市、紹興市、湖州市徳清県などの競技会開催都市に送られる。イメージ・景観の計画は段階的に実施され、前期では主に都市の玄関口としての役割を担う地域で、雰囲気作りが進められるという。(記者/夏亮、李濤) =配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:16.09
    2021年01月31日
    「新華社」高齢者がバスの下敷きに、市民が車持ち上げ救出浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市余杭区で29日、交差点を曲がろうとした路線バスが横断歩道を歩いていた70代の男性と接触し、男性がバスの車輪の下敷きになる事故があった。現場では事故を目撃した他の車の運転手や宅配配達員、買い物に来ていた女性らがバスに駆け寄り、力を合わせて車体を持ち上げ、男性を救出した。男性はその後、救急車で病院に搬送されたが、命に別条はないという。事故原因の調査は現在も進められている。(記者/馬剣) =配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (4)新鮮なタケノコが出荷開始浙江省杭州市

    24日、「天目雷笋」が栽培されている太湖源鎮の現代農業パーク。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区の太湖源鎮タケノコ取引市場が24日、改装を終えて正式にオープンし、新鮮なタケノコが大量に出荷された。同市場は杭州エリア最大のタケノコ取引市場で、同区の特産品「天目雷笋」は毎年数万トンがここから全国に出荷されている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.81
    2021年01月26日
    「新華社」杭州、ペットの鼻紋認識技術を試験導入

    中国浙江省杭州市の城市管理行政執法局は22日、ペットの管理に鼻のしわ(鼻紋)を用いた個体識別技術を導入したと発表した。同技術はすでに、養犬許可証の登録に活用されている。また迷子になったペットの捜索や、ペットのデジタル管理の実現にも役立つと期待されている。ペットの鼻の模様は人間の指紋と同様、個体によって異なる。同市では、飼い主が指定アプリで必要な写真をアップロードすると、デジタルの養犬許可証の手続きを完了できるようになっている。同局の朱燕(しゅ・えん)氏は「昨年9月からこの技術を試験的に導入しており、今後は適用範囲を拡大していく」と語っている。(記者/殷暁聖、張旋) =配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (7)新鮮なタケノコが出荷開始浙江省杭州市

    24日、太湖源鎮の現代農業パークで収穫された「天目雷笋」。中国浙江省杭州市臨安区の太湖源鎮タケノコ取引市場が24日、改装を終えて正式にオープンし、新鮮なタケノコが大量に出荷された。同市場は杭州エリア最大のタケノコ取引市場で、同区の特産品「天目雷笋」は毎年数万トンがここから全国に出荷されている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (2)新鮮なタケノコが出荷開始浙江省杭州市

    24日、太湖源鎮のタケノコ取引市場で新鮮な「天目雷笋」の選別や梱包作業をする業者。中国浙江省杭州市臨安区の太湖源鎮タケノコ取引市場が24日、改装を終えて正式にオープンし、新鮮なタケノコが大量に出荷された。同市場は杭州エリア最大のタケノコ取引市場で、同区の特産品「天目雷笋」は毎年数万トンがここから全国に出荷されている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (3)新鮮なタケノコが出荷開始浙江省杭州市

    24日、太湖源鎮の現代農業パークで「天目雷笋」を収穫する農家。中国浙江省杭州市臨安区の太湖源鎮タケノコ取引市場が24日、改装を終えて正式にオープンし、新鮮なタケノコが大量に出荷された。同市場は杭州エリア最大のタケノコ取引市場で、同区の特産品「天目雷笋」は毎年数万トンがここから全国に出荷されている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (6)新鮮なタケノコが出荷開始浙江省杭州市

    24日、太湖源鎮のタケノコ取引市場で新鮮な「天目雷笋」の選別や梱包作業をする業者。中国浙江省杭州市臨安区の太湖源鎮タケノコ取引市場が24日、改装を終えて正式にオープンし、新鮮なタケノコが大量に出荷された。同市場は杭州エリア最大のタケノコ取引市場で、同区の特産品「天目雷笋」は毎年数万トンがここから全国に出荷されている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (5)新鮮なタケノコが出荷開始浙江省杭州市

    24日、太湖源鎮のタケノコ取引市場で「天目雷笋」の出荷準備をする業者。中国浙江省杭州市臨安区の太湖源鎮タケノコ取引市場が24日、改装を終えて正式にオープンし、新鮮なタケノコが大量に出荷された。同市場は杭州エリア最大のタケノコ取引市場で、同区の特産品「天目雷笋」は毎年数万トンがここから全国に出荷されている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.55
    2021年01月24日
    「新華社」深さ43メートルの立体駐車場で駐車難解消杭州市江干区

    中国浙江省杭州市の江干区は現在、古い居住区の駐車難の問題を解決するため、居住区にある小公園に地下立体駐車場を建設している。駐車場は地下に井筒立坑3本を掘削して建造される。深さは43メートルで、内部にスマート駐車設備を設置する。平均1分半で車を取り出すことができるという。駐車場が完成すると、144台の駐車が可能になり、周辺の駐車難が解消される。供用は早くて8月を見込んでいる。(記者/夏亮、李濤) =配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.35
    2021年01月22日
    「新華社」2022年杭州アジア大会、ホッケー会場の屋根が完成

    中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け18日、ホッケーの試合が行われる収容人数5千人の屋外競技場の屋根が完成した。建築面積は延べ1万3千平方メートル以上、地下1階、地上2階建てとなっている。プロジェクトリーダーの一人である呉明喜(ご・めいき)氏は、半透明の屋根の材料にはフッ素樹脂が使われ、デザインは中国伝統の「油紙傘」から着想を得たと説明した。今後はグラウンド部分の整備に着手する。公園のような機能も兼ねており、大会終了後はコンサートや夜市、地域の集まりなど、屋外イベントの会場としても利用できる。 =配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.16
    2021年01月18日
    「新華社」絶滅危惧種のコウライアイサが飛来浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県分水鎮の天渓湖にこのほど、コウライアイサの群れが飛来した。同市への飛来数は今回が最多となった。カモ科の鳥コウライアイサは絶滅危惧種で、中国の国家1級重点保護動物に指定されている。2016年の湿地資源調査によると、天渓湖湿地に生息する鳥類は計17目40科209種に上る。保護ステーションのスタッフはコウライアイサが生息する水草の中で、コサギ、カルガモ、カイツブリなどの水鳥も確認したという。(記者/王懌文、李濤) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    文字を書くAIロボット 第3次ブーム、実用化進む

    春節で飾る文字を書くAIロボット=2017年1月16日、中国浙江省杭州市(ゲッティ=共同)

    撮影: 2017年1月16日、中国浙江省杭州市

  • 2021年01月04日
    (1)「家庭内介護ベッド」を試行、急速な高齢化に新たな対策浙江省杭州市

    浙江省杭州市拱墅区の祥符街道にある大川在宅介護サービスセンターで中国象棋を指す高齢者。(2020年12月16日撮影)中国浙江省杭州市では高齢化が進むにつれ、旧市街地区の多くで高齢者介護施設のベッド確保が極めて困難な状況になっている。施設のベッド不足を解消するため、同市は「家庭内介護ベッド」の試みを実施、第1陣として拱墅(きょうしょ)区でベッド105床を一般家庭に「搬入」した。ベッドの運営と在宅介護サービスの各補助金を相殺控除すると、基本コースを選んだ高齢者は1カ月の自己負担が210~1200元(1元=約16円)となり、介護施設の入居費用より低く抑えられる。(杭州=新華社記者/王思遠)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (2)「家庭内介護ベッド」を試行、急速な高齢化に新たな対策浙江省杭州市

    浙江省杭州市拱墅区の祥符街道にある大川在宅介護サービスセンターの外観。(2020年12月16日撮影)中国浙江省杭州市では高齢化が進むにつれ、旧市街地区の多くで高齢者介護施設のベッド確保が極めて困難な状況になっている。施設のベッド不足を解消するため、同市は「家庭内介護ベッド」の試みを実施、第1陣として拱墅(きょうしょ)区でベッド105床を一般家庭に「搬入」した。ベッドの運営と在宅介護サービスの各補助金を相殺控除すると、基本コースを選んだ高齢者は1カ月の自己負担が210~1200元(1元=約16円)となり、介護施設の入居費用より低く抑えられる。(杭州=新華社記者/王思遠)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (3)「家庭内介護ベッド」を試行、急速な高齢化に新たな対策浙江省杭州市

    浙江省杭州市拱墅区の祥符街道にある大川在宅介護サービスセンターのリハビリ室。(2020年12月16日撮影)中国浙江省杭州市では高齢化が進むにつれ、旧市街地区の多くで高齢者介護施設のベッド確保が極めて困難な状況になっている。施設のベッド不足を解消するため、同市は「家庭内介護ベッド」の試みを実施、第1陣として拱墅(きょうしょ)区でベッド105床を一般家庭に「搬入」した。ベッドの運営と在宅介護サービスの各補助金を相殺控除すると、基本コースを選んだ高齢者は1カ月の自己負担が210~1200元(1元=約16円)となり、介護施設の入居費用より低く抑えられる。(杭州=新華社記者/王思遠)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.16
    2020年12月31日
    「新華社」浙江省の裁判所でAI支援システム導入

    中国浙江省杭州市江干区人民法院(地裁)で28日に行われた裁判で、人工知能(AI)プログラムが使用された。裁判は48万元(1元=約16円)の融資返済滞納に関するもので、裁判官がオンライン判決システムを操作し、AIプログラムを使って当事者に質問を行った。必要な審理を終えると、その場で判決が言い渡された。立件から判決まで、わずか5日間だった。同省最高人民法院(高裁)は同日、債権回収分野の裁判支援システム「鳳凰智審バージョン2・0」を、試験運用を経て正式に運用開始したと発表。同省では今後、同分野の裁判でシステムが活用されていく見込み。同システムは浙江省の金融総合サービスプラットフォームにも接続しており、債権回収分野の裁判でのオンライン立件や裁判、法執行をサポートする効率的な解決手段を提供していく。(記者/呉帅帅、宋立峰) =配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:50.32
    2020年12月31日
    「新華社」収監者が再出発する力に、刑務所がEC教育講座開設浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市の喬司刑務所は2017年12月、中国の電子商取引(EC)大手アリババ・グループの教育部門、淘宝大学と共同で収監者を対象とするEC講座を始めた。同刑務所は当初、収監者のインターネット教育のため淘宝大学に接触したが、一定の技能習得は収監者の将来に有益だと考えるようになった。淘宝大学は18年1月に教育計画を作成し、同刑務所と覚書を交わした。今月10日までに、同刑務所でECの授業を受けた収監者は2500人を超えており、故郷の農産品のネット通販で働いている人や、ネット企業を立ち上げた人もいる。アリババの資料によると、活況を呈するECによって中国ではECのカスタマーサービススタッフや人工知能(AI)の機械学習エンジニアなど、デジタル経済関連で約40の新しい職種が生まれた。淘宝大学は薬物リハビリテーション施設との協力も進め、特殊な経歴を持つ人たちの就業を支援したいとしている。=配信日:2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.44
    2020年12月31日
    「新華社」視覚障害者の「映画鑑賞」が実現浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市江干区にある映画館、橙天嘉禾電影院で28日、バリアフリーの映画鑑賞イベントが行われ、視覚障害者30人が今秋公開の戦争巨編「金剛川」を鑑賞した。今回の上映は、視覚障害者のために特別な形式で行われた。映画の本来の姿を損ねることなく、解説者がシーンに沿って、空白部分に言葉で適切な説明を入れていく形で進行。これにより、スクリーンを見られない視覚障害者たちも、映画の内容をよく理解することができた。同省は2年間を費やしてバリアフリー映画鑑賞のための解説ボランティアを100チーム育成し、千回以上の映画鑑賞イベントを開催する計画だという。視覚障害者にとって映画館で映画を楽しむことは夢だったが、これからはそれが日常になる。(記者/宋立峰、呉帥帥) =配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    アント本社 中国アリペイ業務改善命令

    アント・グループの本社ビル=11月、中国浙江省杭州市(共同)

  • 00:35.43
    2020年12月27日
    「新華社」中国独自開発のインダストリアルインターネット擬態防御設備、95万回の攻撃防御に成功

    中国浙江省杭州市で開催されていた「之江杯」インダストリアルインターネット内生セキュリティー防御国際エリートチャレンジカップがこのほど、閉幕した。54時間にわたるオンラインでの激闘が展開され、米国、ドイツ、ロシア、日本、韓国、中国の40のインターネットセキュリティー対策チームが之江実験室の開発したインダストリアルインターネットシリーズ化擬態コア設備に対し95万回の高強度攻撃を試みたが、1度も成功しなかった。これは之江実験室が独自開発した中国初のインダストリアルインターネット擬態防御設備だという。擬態は、自然界の生物が他の生物または環境内の別の物体になりすまして、生存を図る能力のこと。これにヒントを得た中国工程院院士(アカデミー会員)で、同実験室サイバーセキュリティー分野首席科学者の鄔江興(お・こうきょう)氏が中心となって、サイバースペース擬態防御理論を主導して提唱、確立した。インダストリアルインターネット擬態設備はこの理論と方法のインダストリアルインターネット分野における応用になる。(記者/林光耀、朱涵、李濤) =配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    アリババの本社 巨大ITの存在感警戒

    アリババグループの本社=11月、中国浙江省杭州市(共同)

    撮影: 11月、中国浙江省杭州市

  • 2020年12月24日
    アリババの本社 中国、ネット産業統制強化

    アリババグループの本社=11月、中国浙江省杭州市(共同)

    撮影: 11月、中国浙江省杭州市

  • 00:51.12
    2020年12月24日
    「新華社」2022年杭州アジア大会選手村の建物の最上部が完成

    中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会の選手村で24日、建物の最上部の完成を祝う式典が開かれた。これにより、同選手村の建設工事が重要な節目を迎えたことになる。今後は景観やカーテンウォール、内装の工事段階に入り、2021年末までに完全な竣工を迎え、2022年3月に試験運用が始まる見通し。同大会の中核プロジェクトの一つである選手村は、選手村、役員の宿泊施設、メディア村、国際エリア、公共エリアからなり、総敷地面積は113ヘクタール。大会の開催期間中、選手村は1万人以上の選手やチーム関係者、4千人近くの関係役員、約5千人のメディア関係者に宿泊、飲食、医療などのサービスを提供する。(記者/夏亮、李濤)=配信日:2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:53.42
    2020年12月22日
    「新華社」人と機械の対戦、杭州市で産業インターネットのセキュリティー競技大会

    中国浙江省杭州市で20日、「之江杯」産業インターネット内生セキュリティー防御国際エリートチャレンジカップが開幕した。清華大学や北京大学、灯塔実験室など国内の大学・企業と、米国やロシア、ドイツなど7カ国でトップレベルの実力を持つインターネットセキュリティー対策チーム40組がオンラインで参加し、内生セキュリティーの理論と技術に基づき開発された産業インターネット擬態(ミミック)防御システムと3日間にわたり激しい攻防戦を繰り広げる。今回の大会はCTF(旗取りゲーム)競技、AWD(AttackWithDefence)競技、人とコンピュータの対決、頂上決戦の四つのステージが設けられ、総額170万元(1元=約16円)の賞金を設けた。全ての擬態設備を突破し、模擬攻撃効果の発揮に成功したチームは100万元の擬態頂点賞を獲得できる。擬態防御技術は中国工程院院士(アカデミー会員)の鄔江興(お・こうきょう)氏が新たに構築した内生セキュリティー理論に基づき開発した。産業インターネットに内生するセキュリティーの問題を解決し、セキュリティーホールやバックドア、ウィルス、トロイの木馬などソフトウエアとハードウエアの脆弱性を利用した典型的なサイバー攻撃を効果的に防ぐことができる。確定・未確定のリスク、既知・未知のセキュリティー脅威に対しても高い抑制・コントロール効果を発揮する。(記者/林光耀、朱涵、李濤) =配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月21日
    (2)杭州で日本新作映画上映会が開幕浙江省で初

    18日、劇場に展示された上映作品の劇中写真。中国浙江省杭州市でこのほど、中日両国の映画交流促進を目的とする「日本新作映画上映会」が開幕した。浙江省での開催は今回が初めて。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.98
    2020年12月21日
    「新華社」杭州で日本新作映画上映会が開幕浙江省で初

    中国浙江省杭州市でこのほど、中日両国の映画交流促進を目的とする「日本新作映画上映会」が開幕した。浙江省での開催は今回が初めて。「HOKUSAI」「サイレント・トーキョー」「望み」「宇宙でいちばんあかるい屋根」「小説の神様君としか描けない物語」「今日から俺は!!劇場版」「由宇子の天秤」の7作品が上映される。今年は中日文化・スポーツ交流推進年に当たる。同上映会も両国の文化交流活動の一層の促進を目的としており、同時に新型コロナウイルの影響を受けた映画市場の回復に協力し、映画業界を支援する。浙江省電影放映(映画上映)協会の葉鋒(よう・ほう)事務局長は今回の上映会について、開催発表と同時に中国の映画ファンから大きな反響が得られたと紹介。チケットは販売開始当日に7作品各9回の上映分が完売したという。(記者/段菁菁) =配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月21日
    (1)杭州で日本新作映画上映会が開幕浙江省で初

    18日、日本新作映画上映会のオープニング作品「HOKUSAI」の上演会場。中国浙江省杭州市でこのほど、中日両国の映画交流促進を目的とする「日本新作映画上映会」が開幕した。浙江省での開催は今回が初めて。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    アリババグループの本社 中国、ネット企業規制明記

    アリババグループの本社=11月、中国浙江省杭州市(共同)

    撮影: 11月、中国浙江省杭州市

  • 00:49.57
    2020年12月16日
    「新華社」杭州アジア大会を歓迎する書画・写真展が開幕

    中国浙江省杭州市の西湖博覧会博物館で16日、同市で2022年に開催される第19回アジア競技大会を歓迎する書画・写真展が開幕した。写真展には応募作品から選ばれた70点が展示されており、これらの入選作品は展示終了後に「アジア大会の記憶」として同大会組織委員会が収蔵する。(記者/夏亮、李濤) =配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月14日
    アリババの本社 独禁法違反でアリババ処分

    アリババグループの本社=11月、中国浙江省杭州市(共同)

    撮影: 11月、中国浙江省杭州市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.08
    2020年12月11日
    「新華社」昌化鶏血石の彫刻、匠が作り出す美浙江省

    中国浙江省杭州市臨安区昌化鎮で採掘される昌化鶏血石(しょうかけいけっせき)は、辰砂(しんしゃ)による鮮やかな赤い部分を含むのが特徴。印材や彫刻工芸品に用いられる貴重な石材として知られる。昌化鶏血石を用いた彫刻作品はテーマが幅広く、構想に優れており、精密な技巧と鶏の血のような赤色により独特の風格を持つ。2008年に第2次国家級無形文化遺産リストに登録されている。昌化鶏血石彫刻は1970年代以降、銭高潮(せん・こうちょう)氏や邵城?(しょう・じょうきん)氏などの彫刻家を輩出するなど絶えず継承され、発展してきた。ここ数年は臨安区が業界団体の設立や石文化フェア、彫刻講座の開催などを通じて石材産業の発展を促進しており、後継人材の育成を強化している。(記者/宋立峰、翁忻暘)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.92
    2020年12月08日
    「新華社」ライブコマースが障害者の希望の光に浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市で8日、第1回障害者支援ライブコマーススタートアップコンテスト「星星杯」が閉幕した。市内の区・県から知的障害者などから成る15チーム計218人が参加し、2カ月近くの試合を経て、富陽区、浜江区、上城区のチームが団体戦の1~3位に輝いた。コンテスト中の累計売上高は23万6600元(1元=約16円)、販売商品数は5567点、視聴者は延べ約17万人に上った。コンテストと研修を通して、参加者の約3割がライブ配信を独力でこなせるようになった。(記者/林光耀、崔力)<映像内容>第1回障害者支援ライブコマーススタートアップコンテスト「星星杯」の様子、撮影日:2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:37.07
    2020年12月04日
    「新華社」契約審査で人とAIが対決中国初の競技会、杭州市で開催

    中国浙江省杭州市で4日、浙江大学光華法学院と電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の先端科学技術研究機関「達摩院(DAMOアカデミー)」語言技術研究所、浙江大学コンピューター科学・技術学院が共催する「法律人工知能(AI)チャレンジ」が開催された。人と機械が契約審査で技能を競う大会は中国でも初めてだという。主催側によると、今回は契約書の確認に焦点を当てた。国内著名法律事務所の弁護士4人が浙江大学の法律専攻の学生12人を率い、人間チーム(A、B)、機械チーム(C)、人間・機械合同チーム(D、E)の5チームに分かれ参加した。競技は3陣営の5チームが平均100行の不動産賃貸契約書5件を30分以内に審査し、リスクとなる点を指摘する方式で実施。契約書には審査員が事前に35のリスクポイントを設けていた。結果は、人と機械合同のD、Eチームが指摘した問題点が最も多く、それぞれ1位と2位になった。Dチームのリーダーを務めた汪凌萍(おう・りょうへい)弁護士は「AIが最初にチェックをし、判断が難しい部分を人が処理した。両者の共同作業は契約審査など法務業務の大幅な効率アップにつながる」と語った。<映像内容>人とAIが契約審査で対決する「法律人工知能(AI)チャレンジ」の様子、撮影日:2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月30日
    アント・グループ本社 アント、来年も上場不可か

    アント・グループの本社=11月9日、中国浙江省杭州市(共同)

    撮影: 11月9日、中国浙江省杭州市

  • 2020年11月30日
    The World Tourism Museum The World Tourism Museum

    The world Tourism Museum is under construction in Hangzhou, Zhejiang province, China, Nov. 30, 2020. The museum will become the world‘s first tourism-themed comprehensive museum.=2020(令和2)年11月30日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月30日
    The World Tourism Museum The World Tourism Museum

    The world Tourism Museum is under construction in Hangzhou, Zhejiang province, China, Nov. 30, 2020. The museum will become the world‘s first tourism-themed comprehensive museum.=2020(令和2)年11月30日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月30日
    The World Tourism Museum The World Tourism Museum

    The world Tourism Museum is under construction in Hangzhou, Zhejiang province, China, Nov. 30, 2020. The museum will become the world‘s first tourism-themed comprehensive museum.=2020(令和2)年11月30日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月30日
    The World Tourism Museum The World Tourism Museum

    The world Tourism Museum is under construction in Hangzhou, Zhejiang province, China, Nov. 30, 2020. The museum will become the world‘s first tourism-themed comprehensive museum.=2020(令和2)年11月30日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月30日
    The World Tourism Museum The World Tourism Museum

    The world Tourism Museum is under construction in Hangzhou, Zhejiang province, China, Nov. 30, 2020. The museum will become the world‘s first tourism-themed comprehensive museum.=2020(令和2)年11月30日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...