KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国浙江省
  • 浙江省衢
  • 市開化県
  • 浙江省開化県
  • 野生動植物
  • フクロウ
  • 保護動物
  • 保護協会
  • 動植物保護
  • 国家公園

「中国浙江省衢」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:22.61
    2021年01月18日
    「新華社」浙江省開化県の住民、国家2級保護動物のスズメフクロウを発見

    中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県野生動植物保護協会はこのほど、池淮鎮横竜村の農家で1羽の「かわいい鳥」を発見したとの連絡を受けた。現場で確認したところ、国家2級保護動物のスズメフクロウ属の幼鳥だと分かり、職員が連れて帰って世話をした。その後の観察でフクロウに野生での生存能力があると判断され、翌日、自然に返された。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.18
    2021年01月11日
    「新華社」銭江源国家公園に氷瀑出現浙江省

    中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県の銭江源国家公園で8日、冷え込みの影響で滝が凍り付く「氷瀑」が出現した。同公園内で落差が最も大きい「神竜飛瀑」とその水を受ける「墨池」に氷が張り、水辺の植物も包み込んでいる。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.30
    2020年12月08日
    「新華社」西周時代の高位者の墓葬群を発見浙江省衢州市

    中国浙江省衢州(くしゅう)市衢江区の雲渓郷を流れる衢江の北岸に幾つかの丘がある。これらの丘は西周時代の土墩墓(どとんぼ)であり、文化財・考古学研究者の3年以上にわたる努力の結果、高位者を埋葬した墓葬群であることが分かった。当時衢州全域を支配していた「姑蔑(こべつ)国」の君主の墓だと推測される。当時の中国南方地域では、土墩墓を造営する際、地下に墓穴を掘るのではなく平地に盛り土をし、その中に死者を埋葬した。浙江省文物考古研究所は2019年以降、衢江区文化広電観光体育局と共同で同郷孟姜村にある土墩墓3基の発掘調査を実施。墓からは玉器や灰釉陶器、印文紋硬質土器が出土した。2018~19年に両者が実施した地元の廟山尖土墩墓の発掘調査でも大量の青銅器や玉器、少量の土器・陶磁器が出土している。史料には、商周時代に越(えつ)の西部に姑蔑と呼ばれる民族集団が存在していたことが記されている。専門家は文献の記載と出土遺物などから、この場所が当時の姑蔑の君主の墓だとの認識を示している。(記者/馮源)<映像内容>西周時代の高位者の墓葬群を発見、展示の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:48.83
    2020年08月02日
    「新華社」消防隊員が子猫を救出浙江省

    中国浙江省衢州(くしゅう)市の消防救援ステーションに2日午前9時半ごろ、市民から救助要請の電話が入った。壁の隙間に挟まり動けなくなった子猫を救助してほしいというもので、現場に駆け付けた消防士が壁を壊し、子猫を安心させるために周囲の人々を移動させた後、ボランティアが持参した餌と水でおびき出そうとした。約30分後に子猫は無事救出され、動物病院に運ばれた。<映像内容>壁の隙間に挟まり動けなくなった子猫を消防隊員が救助、撮影日:2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:43.87
    2020年07月09日
    「新華社」衢州市で河川が氾濫、孤立住民を救助浙江省

    中国浙江省衢州(くしゅう)市では、8日夕方から夜にかけての局地的豪雨により河川が氾濫し、浸水した村で住民が孤立した。同市の消防救援隊は8日から9日午前10時にかけ計5回の救助活動を実施。孤立した住民22人を救助したほか、200人余りを避難させた。(記者/殷暁聖、李平)<映像内容>河川が氾濫し浸水した村の様子、救助の様子、撮影日:2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:28.72
    2020年07月01日
    「新華社」豪雨、浸水で孤立した住民を緊急救助浙江省衢州市

    激しい雨が降り続く中国浙江省衢州(くしゅう)市の各地で6月30日、さまざまな程度の洪水が発生し、多くの地域で冠水・浸水が発生した。地滑りや家屋の浸水、断水や停電が発生している地域もある。地元の幹部と消防の力で住民を避難させ、孤立した人々の緊急救助を実施した。浙江省水文管理センターは同日午前6時、洪水青色事前警報(上から4番目)を出し、集中降雨の影響により衢州駅で青色警報級の洪水発生を予報した。蘭渓(らんけい)市、衢州市竜游県、衢州市、同市衢江区と柯城区の範囲で、河川の水位が通常より2~3メートル上昇する恐れがあると警戒を呼び掛けた。(記者/許舜達)<映像内容>浙江省衢州市の豪雨被害、救助の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 00:34.75
    2020年06月08日
    「新華社」迷子のフクロウ幼鳥、無事大空へ

    中国浙江省衢州(くしゅう)市の生態環境局開化分局と開化県野生動植物保護協会は8日、フクロウの幼鳥12羽を山林に放した。フクロウは飛ぶ練習をしていた時に方向を見失ったとみられ、発見者が地元の野生動植物保護協会に連絡した。協会職員が20日余り心を込めて世話した結果、自然に返す条件が備わったという。同県は今年に入り、フクロウ35羽とハッカン7羽、その他の野生動物10匹余りを救助し自然に返している。(記者/鄭夢雨)<映像内容>保護していたフクロウの幼鳥を山林に放す様子、撮影日:2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:14.24
    2020年05月16日
    「新華社」家の前にかわいいひな、2級保護動物のフクロウと判明浙江省

    中国浙江省衢州(くしゅう)市の開化県野生動植物保護協会ではこのところ、ふわふわとした毛並みのフクロウのひな2羽が、行き来する職員を眺めている。職員の周芝君(しゅう・しくん)さんによると、蘇荘鎮唐頭村の民家前にフクロウのひなが2羽いるが、どうしたらいいかとの連絡が入ったという。同協会と銭江源国家公園管理局蘇荘保護ステーションの職員が急行し、2羽は中国の2級保護動物に指定されているフクロウと確認された。ひなは野外で生き延びる能力を備えていないため、協会が保護し、飛翔能力が身に付くのを待って自然に返すことになった。(記者/鄭夢雨)<映像内容>保護されたフクロウのひなの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:17.12
    2020年05月09日
    「新華社」立夏の伝統食、香り高い「烏米飯」浙江省開化県

    中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県中村郷の樹範村には、ショオ族の人々が集まって住んでいる。同村では二十四節気の「立夏」の時期(今年は5月5日)に、黒く染めた米で作った「烏米飯」を食べる伝統がある。烏飯葉(シャシャンボの葉)を石臼でひいた汁を鍋で加熱してから、といで乾燥させたもち米を入れ、数時間浸すと烏米になる。乾燥させて煮込めば烏米飯の出来上がりだ。出来立ての烏米飯にベーコンやジャガイモなどの食材を加えると、おいしそうな香りが漂ってくる。地元住民らは烏飯を使って菓子やちまきなども作る。メーデーの連休期間中には名高い伝統食を求めて大勢の観光客が訪れた。(記者/鄭夢雨)<映像内容>ショオ族の立夏の伝統食、烏米飯を作る様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.47
    2020年04月30日
    「新華社」「村播学院」農民に動画配信の無料研修浙江省衢州市

    中国浙江省衢州(くしゅう)市柯城区でこのほど、中国電子商取引(EC)大手のアリババグループによる全国初の動画配信人材育成・支援機関「村播学院」が正式にスタートした。農民が動画配信主となり、農具の代わりにスマートフォンを持ち、農作業の代わりにライブ配信をすることが、豊かになる新たな流れとなっている。同学院は、授業料無料で、6つのライブ配信ルームで実践訓練を行い、動画配信のインフラ支援と人材育成から、地域のブランドデザインや配信商品の産業計画、経営指導、資源協力まで全面的に支援する。村とアリババによる「村播計画」は、昨年7月から始まり、半年で計3千人以上の農民に訓練を行い、動画配信人材を育成している。(記者/張璇、李濤)<映像内容>農民に動画配信の無料研修を行う様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.24
    2020年04月25日
    「新華社」明・清代の書籍に使われた高級「開化紙」が復活浙江省衢州市

    中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県で作られていた「開化紙」は、「開花紙」や「桃花箋」とも呼ばれ、明・清代に書籍の印刷で用いられた。紙質はきめ細かく、清らかな白さとしっとりした柔らかさを持ち、薄さと強さを兼ね備えており、「貢紙」の別名もあったが、清代後期に流通が徐々に減少し、やがて姿を消してしまった。約2年前から国家図書館と復旦大学中華古籍保護研究院の支援により、開化紙作りの伝統技術が民間職人の手で復活。紙の寿命は2800年以上に及ぶという。(記者/鄭夢雨)<映像内容>開化紙作りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.19
    2020年04月22日
    「新華社」銭江源国家公園の鳥たち浙江省開化県

    中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県の銭江源国家公園は、世界的に絶滅に瀕し、国家1級重点保護野生動物に指定されているカラヤマドリの主な生息地となっている。春を迎えた園内は緑にあふれ、さまざまな鳥の鳴き声が響く。同園にすむ野鳥は17目63科238種。ハッカンやミノキジ、オシドリなど国家2級重点保護野生動物に指定されている鳥類32種も見られる。観光資源が豊富で、川や湿地に多くの野生動植物が生息、生育する同園は、中国東部の重要な生物遺伝子バンクとしての役割を果たしている。(記者/鄭夢雨)<映像内容>銭江源国家森林公園の鳥の様子、雛に餌をあげる様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:16.78
    2020年02月29日
    「新華社」衢寧鉄道、福建省側のレール敷設が完了

    中国浙江省衢州(くしゅう)と福建省寧徳を結ぶ衢寧鉄道は2月29日、両省境界地点にある菖蒲岡トンネルで最後の500メートル・ロングレールを敷設し、福建省側のレール敷設作業を終えた。同鉄道の総延長は379・2キロ。(記者/林善伝)<映像内容>衢寧鉄道のレール敷設作業の様子、撮影日:2020(令和2)年2月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 01:43.10
    2019年10月28日
    「新華社」水上スポーツの一流選手が競演浙江省衢州市

    中国浙江省衢州(くしゅう)市水亭門外でこのほど、2019年「一帯一路」衢州国際水上スキーチャレンジカップ及び浙江省第1回救命スタンドアップパドルボード(SUP)大会が開催された。中国内外から参加したプロ、アマチュア選手300人以上が「スピード感とパッション」あふれる水上の頂上対決を繰り広げた。今大会は水上スキーと救命スタンドアップパドルボードの2種目を実施。北京、上海、深圳、天津など中国各地のハイレベルな水上スキーチームのほか、マレーシアやタイ、シンガポールなど多くの国と地域の選手が参加した。(記者/夏亮)<映像内容>浙江省で水上スポーツの大会開催、水上スキーと救命スタンドアップパドルボードの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:36.81
    2019年08月25日
    「新華社」センザンコウが民家を「訪問」、自然に返される浙江省開化県

    中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県の民家で25日午前、体重3キロの野生のセンザンコウが見つかった。センザンコウは中国の国家2級保護動物に指定されている。地元の住宅地で野生のセンザンコウが見つかったのは過去10年間で2回目。かわいらしいセンザンコウは林業部門のスタッフの支援の下、同県内の古田山国家級自然保護区で自然に返された。(記者/許舜達)<映像内容>民家で見つかったセンザンコウの様子、撮影日:2019(令和元)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:06.33
    2019年05月22日
    「新華社」寧波舟山港と衢州港、全面的な通航を実現

    中国浙江省衢州港竜遊港区の橋頭江作業区でこのほど、500トン余りの石炭を満載した貨物船「浙江上虞品0626号」がふ頭に横付けし、石炭の積み出し作業を始めた。浙江省で海から最も遠い河川港の衢州港と世界最大の港である寧波舟山港の間で全面的な通航が実現した。(記者/宋立峰)<映像内容>寧波舟山港と衢州港の通航の様子、石炭の積み出し作業など、撮影日:2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1