KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 張家界市
  • スタッフ
  • 感染対策
  • 無形文化遺産
  • 民族文化
  • 貧困脱却
  • トゥチャ

「中国湖南省」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
3,692
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
3,692
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.34
    2021年01月20日
    「新華社」長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。 =配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、漁網を設置する漁場スタッフ。(小型無人機から)中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)古湖湿地にハクチョウの舞湖南省岳陽市

    15日、湖南省岳陽市屈原管理区の古湖湿地に飛来しているハクチョウ。中国湖南省岳陽市にある総面積約700ムー(約46・7ヘクタール)の古湖湿地は、洞庭湖平原に広がる湿地の一つで、昨年11月初旬から多くのハクチョウが飛来している。同市屈原管理区は付近に注意喚起の看板を設置し、毎日24時間パトロールを行い、ハクチョウたちを守っている。(岳陽=新華社記者/趙衆志)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、捕った魚をクレーンで運ぶ漁場スタッフ。(小型無人機から)中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、魚を計量するため魚籃(びく)に入れる漁場スタッフ。中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)古湖湿地にハクチョウの舞湖南省岳陽市

    15日、湖南省岳陽市屈原管理区の古湖湿地に飛来しているハクチョウ。中国湖南省岳陽市にある総面積約700ムー(約46・7ヘクタール)の古湖湿地は、洞庭湖平原に広がる湿地の一つで、昨年11月初旬から多くのハクチョウが飛来している。同市屈原管理区は付近に注意喚起の看板を設置し、毎日24時間パトロールを行い、ハクチョウたちを守っている。(岳陽=新華社記者/趙衆志)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進み、川岸に上陸する水陸両用車。中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で漁をする漁場スタッフ。中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、捕った魚を魚籃(びく)に入れる漁場スタッフ。中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で漁をする漁場スタッフ。中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、魚の売上を記録する漁場スタッフ。中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省長沙市の橘子洲風景区を走る水陸両用車。中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)湖南省で初の低空遊覧飛行ルートが就航

    16日、張家界荷花国際空港に到着した乗客。中国湖南省株洲(しゅしゅう)市で16日、株洲蘆淞(ろしょう)通用空港A1許可証交付および「株洲‐張家界」「株洲‐常徳‐張家界」低空遊覧飛行ルート就航式が行われ、同省初の低空遊覧飛行ルートが開通した。(株洲=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)湖南省で初の低空遊覧飛行ルートが就航

    16日、離陸前に記念撮影する乗客。中国湖南省株洲(しゅしゅう)市で16日、株洲蘆淞(ろしょう)通用空港A1許可証交付および「株洲‐張家界」「株洲‐常徳‐張家界」低空遊覧飛行ルート就航式が行われ、同省初の低空遊覧飛行ルートが開通した。(株洲=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、捕った魚をクレーンで運ぶ漁場スタッフ。(小型無人機から)中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)古湖湿地にハクチョウの舞湖南省岳陽市

    15日、湖南省岳陽市屈原管理区の古湖湿地に飛来しているハクチョウ。中国湖南省岳陽市にある総面積約700ムー(約46・7ヘクタール)の古湖湿地は、洞庭湖平原に広がる湿地の一つで、昨年11月初旬から多くのハクチョウが飛来している。同市屈原管理区は付近に注意喚起の看板を設置し、毎日24時間パトロールを行い、ハクチョウたちを守っている。(岳陽=新華社記者/趙衆志)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)古湖湿地にハクチョウの舞湖南省岳陽市

    15日、湖南省岳陽市屈原管理区の古湖湿地に飛来しているハクチョウ。中国湖南省岳陽市にある総面積約700ムー(約46・7ヘクタール)の古湖湿地は、洞庭湖平原に広がる湿地の一つで、昨年11月初旬から多くのハクチョウが飛来している。同市屈原管理区は付近に注意喚起の看板を設置し、毎日24時間パトロールを行い、ハクチョウたちを守っている。(岳陽=新華社記者/趙衆志)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。(小型無人機から)中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。(小型無人機から)中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.02
    2021年01月19日
    「新華社」武陵源風景区で積雪湖南省張家界

    中国湖南省張家界市に位置し、世界自然遺産に登録されている武陵源風景区で17日未明、雪が降った。標高千メートルを超える天子山では2センチの積雪を観測した。(記者/姚羽) =配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)古湖湿地にハクチョウの舞湖南省岳陽市

    15日、湖南省岳陽市屈原管理区の古湖湿地に飛来しているハクチョウ。中国湖南省岳陽市にある総面積約700ムー(約46・7ヘクタール)の古湖湿地は、洞庭湖平原に広がる湿地の一つで、昨年11月初旬から多くのハクチョウが飛来している。同市屈原管理区は付近に注意喚起の看板を設置し、毎日24時間パトロールを行い、ハクチョウたちを守っている。(岳陽=新華社記者/趙衆志)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.26
    2021年01月19日
    「新華社」湖南省で初の低空遊覧飛行ルートが就航

    中国湖南省株洲(しゅしゅう)市で16日、株洲蘆淞(ろしょう)通用空港A1許可証交付および「株洲‐張家界」「株洲‐常徳‐張家界」低空遊覧飛行ルート就航式が行われ、同省初の低空遊覧飛行ルートが開通した。(記者/丁春雨、陳振海) =配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (7)洞庭湖に舞う鳥たち湖南省岳陽市

    14日、湖南省岳陽市君山区を流れる濠河で、水面近くを飛ぶソリハシセイタカシギ。中国湖南省岳陽市の洞庭湖エリアでは、毎年10月に多くの渡り鳥が越冬のために飛来し、翌年3~4月まで羽根を休める。環境の改善や保護の推進に伴い、鳥の種類や数は年々増加し、同エリアは渡り鳥の「楽園」になりつつある。(岳陽=新華社記者/趙衆志)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (8)洞庭湖に舞う鳥たち湖南省岳陽市

    13日、湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区にある採桑湖に飛来している渡り鳥。中国湖南省岳陽市の洞庭湖エリアでは、毎年10月に多くの渡り鳥が越冬のために飛来し、翌年3~4月まで羽根を休める。環境の改善や保護の推進に伴い、鳥の種類や数は年々増加し、同エリアは渡り鳥の「楽園」になりつつある。(岳陽=新華社記者/趙衆志)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (6)洞庭湖に舞う鳥たち湖南省岳陽市

    14日、湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区にある採桑湖に飛来しているコサギとアオサギ。中国湖南省岳陽市の洞庭湖エリアでは、毎年10月に多くの渡り鳥が越冬のために飛来し、翌年3~4月まで羽根を休める。環境の改善や保護の推進に伴い、鳥の種類や数は年々増加し、同エリアは渡り鳥の「楽園」になりつつある。(岳陽=新華社記者/趙衆志)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)洞庭湖に舞う鳥たち湖南省岳陽市

    15日、湖南省岳陽市君山区を流れる濠河で餌をついばむソリハシセイタカシギ。中国湖南省岳陽市の洞庭湖エリアでは、毎年10月に多くの渡り鳥が越冬のために飛来し、翌年3~4月まで羽根を休める。環境の改善や保護の推進に伴い、鳥の種類や数は年々増加し、同エリアは渡り鳥の「楽園」になりつつある。(岳陽=新華社記者/趙衆志)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)洞庭湖に舞う鳥たち湖南省岳陽市

    15日、湖南省岳陽市君山区を流れる濠河で、水面近くを飛ぶソリハシセイタカシギ。中国湖南省岳陽市の洞庭湖エリアでは、毎年10月に多くの渡り鳥が越冬のために飛来し、翌年3~4月まで羽根を休める。環境の改善や保護の推進に伴い、鳥の種類や数は年々増加し、同エリアは渡り鳥の「楽園」になりつつある。(岳陽=新華社記者/趙衆志)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (5)洞庭湖に舞う鳥たち湖南省岳陽市

    15日、湖南省岳陽市君山区を流れる濠河に飛来しているソリハシセイタカシギ。中国湖南省岳陽市の洞庭湖エリアでは、毎年10月に多くの渡り鳥が越冬のために飛来し、翌年3~4月まで羽根を休める。環境の改善や保護の推進に伴い、鳥の種類や数は年々増加し、同エリアは渡り鳥の「楽園」になりつつある。(岳陽=新華社記者/趙衆志)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (1)洞庭湖に舞う鳥たち湖南省岳陽市

    15日、湖南省岳陽市君山区を流れる濠河で、朝日を浴びながら餌をついばむソリハシセイタカシギ。中国湖南省岳陽市の洞庭湖エリアでは、毎年10月に多くの渡り鳥が越冬のために飛来し、翌年3~4月まで羽根を休める。環境の改善や保護の推進に伴い、鳥の種類や数は年々増加し、同エリアは渡り鳥の「楽園」になりつつある。(岳陽=新華社記者/趙衆志)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)洞庭湖に舞う鳥たち湖南省岳陽市

    15日、湖南省岳陽市君山区を流れる濠河で、水面近くを飛ぶソリハシセイタカシギ。中国湖南省岳陽市の洞庭湖エリアでは、毎年10月に多くの渡り鳥が越冬のために飛来し、翌年3~4月まで羽根を休める。環境の改善や保護の推進に伴い、鳥の種類や数は年々増加し、同エリアは渡り鳥の「楽園」になりつつある。(岳陽=新華社記者/趙衆志)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    湖南省で初の低空遊覧飛行ルートが就航

    16日、湖南株洲蘆淞通用空港で搭乗券を見せる乗客。中国湖南省株洲(しゅしゅう)市で16日、株洲蘆淞(ろしょう)通用空港A1許可証交付および「株洲‐張家界」「株洲‐常徳‐張家界」低空遊覧飛行ルート就航式が行われ、同省初の低空遊覧飛行ルートが開通した。(株洲=新華社記者/陳振海)=配信日:2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    湖南省で初の低空遊覧飛行ルートが就航

    16日、湖南株洲蘆淞通用空港で搭乗を待つ乗客。中国湖南省株洲(しゅしゅう)市で16日、株洲蘆淞(ろしょう)通用空港A1許可証交付および「株洲‐張家界」「株洲‐常徳‐張家界」低空遊覧飛行ルート就航式が行われ、同省初の低空遊覧飛行ルートが開通した。(株洲=新華社記者/陳振海)=配信日:2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.35
    2021年01月16日
    「新華社」冬の高品質野菜の生産・出荷を促進湖南省江永県

    中国湖南省永州市江永県ではここ数年、野菜生産の大規模化、標準化の進展と冬の上質な生鮮野菜の開発に力を入れ、高品質な野菜の出荷を推し進めてきた。同県全体で現在、毎日約30トンの野菜が粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)の卸売市場へ出荷されているという。(記者/程済安) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、無形文化遺産の工芸品を見学する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (3)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、湘綉(湖南刺しゅう)の刺しゅう技法を見学する生徒。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。(小型無人機から)中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=配信日:2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (7)ボランティアによる高齢者向けスマホ講座が好評湖南省

    12日、長沙市天心区金盆嶺街道の夏家沖社区で通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の公式アカウントをフォローする方法を学ぶ高齢者。中国湖南省長沙市天心区金盆嶺街道の夏家沖社区(コミュニティー)は12日、ボランティア講師を招き、高齢者にスマートフォンの操作方法を教える講座を開いた。講座ではスマホに関する知識を教えたほか、操作方法の実演もあり、受講者の評判は上々だった。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (6)ボランティアによる高齢者向けスマホ講座が好評湖南省

    12日、長沙市天心区金盆嶺街道の夏家沖社区でスマートフォンの操作方法を学ぶ高齢者。中国湖南省長沙市天心区金盆嶺街道の夏家沖社区(コミュニティー)は12日、ボランティア講師を招き、高齢者にスマートフォンの操作方法を教える講座を開いた。講座ではスマホに関する知識を教えたほか、操作方法の実演もあり、受講者の評判は上々だった。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (5)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、展示を撮影する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)ボランティアによる高齢者向けスマホ講座が好評湖南省

    12日、長沙市天心区金盆嶺街道の夏家沖社区で高齢者にスマートフォンの操作方法を教えるボランティア(右)。中国湖南省長沙市天心区金盆嶺街道の夏家沖社区(コミュニティー)は12日、ボランティア講師を招き、高齢者にスマートフォンの操作方法を教える講座を開いた。講座ではスマホに関する知識を教えたほか、操作方法の実演もあり、受講者の評判は上々だった。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)ボランティアによる高齢者向けスマホ講座が好評湖南省

    12日、長沙市天心区金盆嶺街道の夏家沖社区で高齢者にスマートフォンの操作方法を教えるボランティア(左)。中国湖南省長沙市天心区金盆嶺街道の夏家沖社区(コミュニティー)は12日、ボランティア講師を招き、高齢者にスマートフォンの操作方法を教える講座を開いた。講座ではスマホに関する知識を教えたほか、操作方法の実演もあり、受講者の評判は上々だった。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (5)古湖湿地にハクチョウの舞 湖南省岳陽市

    15日、湖南省岳陽市屈原管理区の古湖湿地に飛来しているハクチョウ。中国湖南省岳陽市にある総面積約700ムー(約46・7ヘクタール)の古湖湿地は、洞庭湖平原に広がる湿地の一つで、昨年11月初旬から多くのハクチョウが飛来している。同市屈原管理区は付近に注意喚起の看板を設置し、毎日24時間パトロールを行い、ハクチョウたちを守っている。(岳陽=新華社記者/趙衆志)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (4)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、長沙銅官窯陶磁器の焼成過程を見学する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、木造帆船の製造技術を見学する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (6)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、展示を見学する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (3)ボランティアによる高齢者向けスマホ講座が好評湖南省

    12日、長沙市天心区金盆嶺街道の夏家沖社区でスマートフォンの自撮りの方法を教わる高齢者。中国湖南省長沙市天心区金盆嶺街道の夏家沖社区(コミュニティー)は12日、ボランティア講師を招き、高齢者にスマートフォンの操作方法を教える講座を開いた。講座ではスマホに関する知識を教えたほか、操作方法の実演もあり、受講者の評判は上々だった。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (5)ボランティアによる高齢者向けスマホ講座が好評湖南省

    12日、長沙市天心区金盆嶺街道の夏家沖社区で住民電子健康カードをスマートフォンの画面に表示する方法を説明するボランティア(中央)。中国湖南省長沙市天心区金盆嶺街道の夏家沖社区(コミュニティー)は12日、ボランティア講師を招き、高齢者にスマートフォンの操作方法を教える講座を開いた。講座ではスマホに関する知識を教えたほか、操作方法の実演もあり、受講者の評判は上々だった。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (4)ボランティアによる高齢者向けスマホ講座が好評湖南省

    12日、長沙市天心区金盆嶺街道の夏家沖社区でスマートフォンによる動画撮影や再生の方法を教わる高齢者。中国湖南省長沙市天心区金盆嶺街道の夏家沖社区(コミュニティー)は12日、ボランティア講師を招き、高齢者にスマートフォンの操作方法を教える講座を開いた。講座ではスマホに関する知識を教えたほか、操作方法の実演もあり、受講者の評判は上々だった。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月13日
    (5)スマート設備、冬の路面状況確認をサポート

    8日、長沙市公安局交通警察支隊雨花大隊で、氷雪状況モニタリングシステムを通じて警報データと警察の配備状況を確認する職員。中国湖南省の長沙市公安局交通警察はこのほど、気温、雨、雪、凍結などによって引き起こされる危険な道路状況に対応するため、市街地の凍結しやすい橋や道路に氷雪状況モニタリング警報装置を設置した。路面の状況をリアルタイムで観測し、警報データを自動的にスマート交通管理指揮プラットフォームに送信する。職員は警報データと監視カメラの映像から迅速に現場の状況を確認し、交通警察の配備の手配効率を高め、スムーズで安全な通行を確保する。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月13日
    (4)スマート設備、冬の路面状況確認をサポート

    8日、長沙市公安局交通警察支隊雨花大隊で監視カメラの映像を通じて交通状況を監視する職員。中国湖南省の長沙市公安局交通警察はこのほど、気温、雨、雪、凍結などによって引き起こされる危険な道路状況に対応するため、市街地の凍結しやすい橋や道路に氷雪状況モニタリング警報装置を設置した。路面の状況をリアルタイムで観測し、警報データを自動的にスマート交通管理指揮プラットフォームに送信する。職員は警報データと監視カメラの映像から迅速に現場の状況を確認し、交通警察の配備の手配効率を高め、スムーズで安全な通行を確保する。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月13日
    (3)スマート設備、冬の路面状況確認をサポート

    8日、長沙市公安局交通警察支隊雨花大隊で、スマート交通管理指揮プラットフォームを通じて交通状況を監視する職員。中国湖南省の長沙市公安局交通警察はこのほど、気温、雨、雪、凍結などによって引き起こされる危険な道路状況に対応するため、市街地の凍結しやすい橋や道路に氷雪状況モニタリング警報装置を設置した。路面の状況をリアルタイムで観測し、警報データを自動的にスマート交通管理指揮プラットフォームに送信する。職員は警報データと監視カメラの映像から迅速に現場の状況を確認し、交通警察の配備の手配効率を高め、スムーズで安全な通行を確保する。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月13日
    (2)スマート設備、冬の路面状況確認をサポート

    8日、長沙市公安局交通警察支隊雨花大隊で、スマート交通管理指揮プラットフォームを通じて交通状況を監視する職員。中国湖南省の長沙市公安局交通警察はこのほど、気温、雨、雪、凍結などによって引き起こされる危険な道路状況に対応するため、市街地の凍結しやすい橋や道路に氷雪状況モニタリング警報装置を設置した。路面の状況をリアルタイムで観測し、警報データを自動的にスマート交通管理指揮プラットフォームに送信する。職員は警報データと監視カメラの映像から迅速に現場の状況を確認し、交通警察の配備の手配効率を高め、スムーズで安全な通行を確保する。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.76
    2021年01月13日
    「新華社」住民の植樹活動で峡谷を緑化湖南省永州市

    中国湖南省永州市藍山県湘江源ヤオ族郷坪源村の奥にある湘江大峡谷ではこのところ、村民から成る植林チームが桜やモミジ、クロマツなど鑑賞用の木々を植えている。活動はこれまで9年間にわたり継続され、峡谷の緑化に貢献してきた。同村は自然の風景を求めて訪れるアウトドア愛好家からの人気が高まったことから、農村観光に力を入れるようになり、2012年から峡谷の両側や滝、渓流のほとりなどで植樹を開始。今では花見や紅葉狩りの名所となっている。(記者/柳王敏)=配信日:2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月13日
    (1)スマート設備、冬の路面状況確認をサポート

    8日、湖南省長沙市韶山南路付近に設置された氷雪状況モニタリング警報装置。中国湖南省の長沙市公安局交通警察はこのほど、気温、雨、雪、凍結などによって引き起こされる危険な道路状況に対応するため、市街地の凍結しやすい橋や道路に氷雪状況モニタリング警報装置を設置した。路面の状況をリアルタイムで観測し、警報データを自動的にスマート交通管理指揮プラットフォームに送信する。職員は警報データと監視カメラの映像から迅速に現場の状況を確認し、交通警察の配備の手配効率を高め、スムーズで安全な通行を確保する。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.72
    2021年01月12日
    「新華社」「南方の雪郷」に寒波到来湖南省雲氷山

    中国湖南省永州市藍山県にあり、広東省と境界を接する雲氷山は、このところの寒波の到来で山全体が雪と氷に覆われた。上空から見た山は見渡す限りの銀世界で、北国のような風景が広がる。奇妙な形をした松の樹氷が風に揺れる様子は、氷彫刻の芸術品のようにも見え、透き通った氷の結晶や霧氷は、陽の光に照らされてまばゆい光を放つ。雪の桟道に足を踏み入れた観光客は、童話の世界が現実になったかのような錯覚を覚える。雲氷山は毎年冬になると霧氷、樹氷、雪景、雲海の奇観が約1カ月にわたり順番に出現する。このため昔から「雲海の秘境、南方の雪郷」と呼ばれている。(記者/丁春雨) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (3)岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    9日、現地報告会で遺跡の状況を説明する羅城遺跡発掘プロジェクトの責任者、盛偉(せい・い)氏。中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。(岳陽=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (4)電力需要の高まり受け発電用石炭入荷湖南省

    5日、石炭を満載し湖南華電長沙発電に乗り入れた列車。中国湖南省長沙市ではこのところ、寒波などの影響で電力消費量がピークに達している。中国国有発電大手、中国華電傘下の湖南華電長沙発電は電力需要に対応するため、発電用石炭の調達を強化。昨年12月以降、計13万トン余りを鉄道で搬入し、1日平均2千万キロワット時超を発電している。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (6)電力需要の高まり受け発電用石炭入荷湖南省

    5日、湖南華電長沙発電のカーダンパー制御室で働く職員。中国湖南省長沙市ではこのところ、寒波などの影響で電力消費量がピークに達している。中国国有発電大手、中国華電傘下の湖南華電長沙発電は電力需要に対応するため、発電用石炭の調達を強化。昨年12月以降、計13万トン余りを鉄道で搬入し、1日平均2千万キロワット時超を発電している。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (1)湖南省、疫学調査チームを河北省に派遣

    10日、湖南省疾病予防抑制センターで、出発前に記念撮影する医療従事者。中国湖南省の疫学調査チーム23人が10日、高速鉄道で河北省石家荘市に向け出発した。同市の新型コロナウイルス感染症予防・抑制業務を支援する。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (4)湖南省、疫学調査チームを河北省に派遣

    10日、湖南省疾病予防抑制センターで荷物を車に乗せる医療従事者。中国湖南省の疫学調査チーム23人が10日、高速鉄道で河北省石家荘市に向け出発した。同市の新型コロナウイルス感染症予防・抑制業務を支援する。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (8)湖南省、疫学調査チームを河北省に派遣

    10日、長沙南駅で出発前に記念撮影する医療従事者。中国湖南省の疫学調査チーム23人が10日、高速鉄道で河北省石家荘市に向け出発した。同市の新型コロナウイルス感染症予防・抑制業務を支援する。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (2)電力需要の高まり受け発電用石炭入荷湖南省

    5日、湖南華電長沙発電の石炭貯蔵庫で作業中の荷役設備。(小型無人機から)中国湖南省長沙市ではこのところ、寒波などの影響で電力消費量がピークに達している。中国国有発電大手、中国華電傘下の湖南華電長沙発電は電力需要に対応するため、発電用石炭の調達を強化。昨年12月以降、計13万トン余りを鉄道で搬入し、1日平均2千万キロワット時超を発電している。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (5)電力需要の高まり受け発電用石炭入荷湖南省

    5日、湖南華電長沙発電の石炭貯蔵庫内で作業するブルドーザー。(小型無人機から)中国湖南省長沙市ではこのところ、寒波などの影響で電力消費量がピークに達している。中国国有発電大手、中国華電傘下の湖南華電長沙発電は電力需要に対応するため、発電用石炭の調達を強化。昨年12月以降、計13万トン余りを鉄道で搬入し、1日平均2千万キロワット時超を発電している。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (2)湖南省、疫学調査チームを河北省に派遣

    10日、湖南省疾病予防抑制センターで家族との別れを惜しむ医療従事者。中国湖南省の疫学調査チーム23人が10日、高速鉄道で河北省石家荘市に向け出発した。同市の新型コロナウイルス感染症予防・抑制業務を支援する。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (3)湖南省、疫学調査チームを河北省に派遣

    10日、長沙南駅で乗車券を確認する医療従事者。中国湖南省の疫学調査チーム23人が10日、高速鉄道で河北省石家荘市に向け出発した。同市の新型コロナウイルス感染症予防・抑制業務を支援する。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (5)湖南省、疫学調査チームを河北省に派遣

    10日、G80便に乗り込みトランクを荷物棚に載せる医療従事者。中国湖南省の疫学調査チーム23人が10日、高速鉄道で河北省石家荘市に向け出発した。同市の新型コロナウイルス感染症予防・抑制業務を支援する。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (7)湖南省、疫学調査チームを河北省に派遣

    10日、湖南省疾病予防抑制センターで家族との別れを惜しむ医療従事者。中国湖南省の疫学調査チーム23人が10日、高速鉄道で河北省石家荘市に向け出発した。同市の新型コロナウイルス感染症予防・抑制業務を支援する。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (5)岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    9日、羅子国城遺跡・小洲羅地区の発掘現場。中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。(岳陽=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (1)電力需要の高まり受け発電用石炭入荷湖南省

    5日、湖南華電長沙発電の集中制御室でモニターを監視する職員。中国湖南省長沙市ではこのところ、寒波などの影響で電力消費量がピークに達している。中国国有発電大手、中国華電傘下の湖南華電長沙発電は電力需要に対応するため、発電用石炭の調達を強化。昨年12月以降、計13万トン余りを鉄道で搬入し、1日平均2千万キロワット時超を発電している。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (6)湖南省、疫学調査チームを河北省に派遣

    10日、長沙南駅で親しい友人との別れを惜しむ医療従事者。中国湖南省の疫学調査チーム23人が10日、高速鉄道で河北省石家荘市に向け出発した。同市の新型コロナウイルス感染症予防・抑制業務を支援する。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (1)岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    岳陽市屈原管理区にある羅子国城遺跡。(小型無人機から、資料写真)中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。(岳陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (4)岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    9日、羅子国城遺跡・小洲羅地区の発掘現場。中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。(岳陽=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (3)電力需要の高まり受け発電用石炭入荷湖南省

    5日、湖南華電長沙発電の石炭貯蔵庫。(小型無人機から)中国湖南省長沙市ではこのところ、寒波などの影響で電力消費量がピークに達している。中国国有発電大手、中国華電傘下の湖南華電長沙発電は電力需要に対応するため、発電用石炭の調達を強化。昨年12月以降、計13万トン余りを鉄道で搬入し、1日平均2千万キロワット時超を発電している。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.92
    2021年01月12日
    「新華社」岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。湖南省文物考古研究所は2020年に小洲羅で実施した発掘調査で、土器や石器の製造など手工業活動と関わりがあるとみられる土取り場跡や窯跡、建築跡を発見した。日常生活に関連する灰坑や井戸なども見つかり、主に春秋時代中・後期に属する土器や石器などが出土した。同研究所の研究員で、羅城遺跡発掘プロジェクトの責任者を務める盛偉(せい・い)氏は「これらの遺構は、楚人が羅国の民を移住させたという文献の記載が根拠のないものではないことを示している。羅城遺跡は楚が羅国の民を移した場所である可能性が高い」と指摘。陶盆や陶罐などの器物とその組み合わせは典型的な楚文化様式であり、湖北省の江漢平原で出土した春秋時代後期の土器との類似性が高く、湘江下流の臨湘大畈遺跡に代表されるこの地域の同時代の文化遺構とは大きく異なると説明した。したがって、当時の羅城に住んでいたのは湖南の土着民ではなく、江漢平原西部の楚文化地区からの移民である可能性があるという。専門家は、羅城遺跡が文献に記載のある羅県であった可能性があるとも推測する。戦国時代に強大な勢力を誇った楚は、南方開拓へ注力するために羅県を設置した。楚の詩人、屈原(くつ・げん)が晩年の一時期を同地で過ごし、汨羅江の河畔で吟行したとの言い伝えもある。同地には高位者を埋葬したと思われる大型の封土を持つ墳墓があり「屈原の十二疑塚」と呼ばれている。(記者/崔俊傑、李紫薇) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月11日
    2020年の湖南省を代表する漢字は「抗」

    2020年の湖南省を代表する漢字「抗」。(資料写真)中国湖南省は6日、同省の2020年を代表する漢字の選考結果を発表した。選ばれたのは「抗」だった。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.82
    2021年01月11日
    「新華社」長沙生態動物園で動物たちの寒さ対策湖南省

    強風と寒さが続く中国湖南省長沙市では、長沙生態動物園の職員らが動物たちの体温を保つため、暖房機器を設置するなど特別な対策を取っている。特に変温動物の爬虫類にとって、ラジエーターやヒーターは冬の必需品となっている。ヘビには毛布や掛け布団も用意されているという。(記者/丁春雨、李紫薇) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.66
    2021年01月10日
    「新華社」香ばしい芳香が魅力、燻製食品の販売がピーク迎える湖南省

    中国湖南省永州市江永県では、元旦を過ぎた頃から同地産のアヒルの燻製「板鴨(バンヤー)」や中国ソーセージ「臘腸(ラーチャン)」などの伝統的な燻製食品の販売がピークを迎え、街のあちこちから、香ばしい芳香が漂ってくる。毎年この時期になると、同県の桃川鎮や瀟浦(しょうほ)鎮などに住む村民が、板鴨や臘腸などの燻製食品の製造に取り掛かる。同地では、故郷に戻って起業した人たちがネットショップを立ち上げ、安くて品質の高い燻製食品をライブ配信で販売しているという。(記者/程済安) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (6)湖南省、重点グループへのワクチン接種を開始

    7日、新型コロナワクチンの接種を受けに来た人々の事前健康チェックをする医療スタッフ(左)。中国湖南省はこのほど、感染リスクの高い重点グループを対象に新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。国が定めた9種類の重点接種グループに対して順次、接種が実施される。今後、ワクチンの段階的な増産に伴い、条件に合う人全てがワクチン接種を受けられるようになる見通し。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (8)湖南省、重点グループへのワクチン接種を開始

    7日、中南大学湘雅医院の予防接種室で、新型コロナウイルスワクチンの接種準備をする医療スタッフ。中国湖南省はこのほど、感染リスクの高い重点グループを対象に新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。国が定めた9種類の重点接種グループに対して順次、接種が実施される。今後、ワクチンの段階的な増産に伴い、条件に合う人全てがワクチン接種を受けられるようになる見通し。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (5)湖南省、重点グループへのワクチン接種を開始

    7日、新型コロナワクチンを対象者に接種する医療スタッフ(左)。中国湖南省はこのほど、感染リスクの高い重点グループを対象に新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。国が定めた9種類の重点接種グループに対して順次、接種が実施される。今後、ワクチンの段階的な増産に伴い、条件に合う人全てがワクチン接種を受けられるようになる見通し。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (1)湖南省、重点グループへのワクチン接種を開始

    7日、中南大学湘雅医院の予防接種室で、新型コロナウイルスワクチンの接種準備をする医療スタッフ。中国湖南省はこのほど、感染リスクの高い重点グループを対象に新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。国が定めた9種類の重点接種グループに対して順次、接種が実施される。今後、ワクチンの段階的な増産に伴い、条件に合う人全てがワクチン接種を受けられるようになる見通し。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (11)湖南省、重点グループへのワクチン接種を開始

    7日、中南大学湘雅医院の予防接種室で、新型コロナウイルスワクチンの接種準備をする医療スタッフ。中国湖南省はこのほど、感染リスクの高い重点グループを対象に新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。国が定めた9種類の重点接種グループに対して順次、接種が実施される。今後、ワクチンの段階的な増産に伴い、条件に合う人全てがワクチン接種を受けられるようになる見通し。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (4)湖南省、重点グループへのワクチン接種を開始

    7日、新型コロナワクチンを対象者に接種する医療スタッフ(左)。中国湖南省はこのほど、感染リスクの高い重点グループを対象に新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。国が定めた9種類の重点接種グループに対して順次、接種が実施される。今後、ワクチンの段階的な増産に伴い、条件に合う人全てがワクチン接種を受けられるようになる見通し。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (10)湖南省、重点グループへのワクチン接種を開始

    7日、新型コロナワクチンの接種を受けに来た人々の登録をする医療スタッフ(左)。中国湖南省はこのほど、感染リスクの高い重点グループを対象に新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。国が定めた9種類の重点接種グループに対して順次、接種が実施される。今後、ワクチンの段階的な増産に伴い、条件に合う人全てがワクチン接種を受けられるようになる見通し。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (9)湖南省、重点グループへのワクチン接種を開始

    7日、新型コロナワクチン接種前の登録手続きをする人(右)。中国湖南省はこのほど、感染リスクの高い重点グループを対象に新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。国が定めた9種類の重点接種グループに対して順次、接種が実施される。今後、ワクチンの段階的な増産に伴い、条件に合う人全てがワクチン接種を受けられるようになる見通し。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (7)湖南省、重点グループへのワクチン接種を開始

    7日、新型コロナワクチンを対象者に接種する医療スタッフ(左)。中国湖南省はこのほど、感染リスクの高い重点グループを対象に新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。国が定めた9種類の重点接種グループに対して順次、接種が実施される。今後、ワクチンの段階的な増産に伴い、条件に合う人全てがワクチン接種を受けられるようになる見通し。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    9日、羅子国城遺跡から出土した春秋時代中期の土器。中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。(岳陽=新華社記者/李紫薇)=配信日:2021(令和3)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (12)湖南省、重点グループへのワクチン接種を開始

    7日、並んで新型コロナワクチン接種の順番を待つ人々。中国湖南省はこのほど、感染リスクの高い重点グループを対象に新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。国が定めた9種類の重点接種グループに対して順次、接種が実施される。今後、ワクチンの段階的な増産に伴い、条件に合う人全てがワクチン接種を受けられるようになる見通し。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (2)湖南省、重点グループへのワクチン接種を開始

    7日、中南大学湘雅医院の予防接種室入り口に設けられた経過観察エリアで、ワクチン接種を受けた人々に体調の聞き取りをする医療スタッフ。中国湖南省はこのほど、感染リスクの高い重点グループを対象に新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。国が定めた9種類の重点接種グループに対して順次、接種が実施される。今後、ワクチンの段階的な増産に伴い、条件に合う人全てがワクチン接種を受けられるようになる見通し。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (3)湖南省、重点グループへのワクチン接種を開始

    7日、ワクチン接種後、その場にとどまり経過観察を受ける人々。中国湖南省はこのほど、感染リスクの高い重点グループを対象に新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。国が定めた9種類の重点接種グループに対して順次、接種が実施される。今後、ワクチンの段階的な増産に伴い、条件に合う人全てがワクチン接種を受けられるようになる見通し。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.88
    2021年01月07日
    「新華社」湖南省の藍山県供電、冬の電力消費増加期の安全送電に尽力

    中国湖南省の各地では冬を迎え、電力消費量が上昇している。中国送電大手、国家電網傘下で同省永州市の藍山県供電ではこのところ、設備の巡視・検査を強化し、電力消費者に広く節電を呼び掛けながら、送電網設備の安全で信頼性の高い運用を確保している。(記者/程済安) =配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.88
    2021年01月05日
    「新華社」イチゴ狩りで正月休みを楽しむ湖南省

    中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県では新年の連休期間(1月1~3日)中、大勢の市民が地元の農園を訪れてイチゴ狩りを体験し、2021年初の「収穫の喜び」を味わった。(記者/程済安、陳思汗) =配信日: 2021(平成33)年01月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (3)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (1)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (5)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (4)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (7)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...