KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 福建省アモイ
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 文化交流
  • 伝統文化
  • 福建省莆
  • 国際交流
  • 新型コロナウイルス
  • 福建省南平市
  • 開催福建省

「中国福建省」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
6,176
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
6,176
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:01.57
    2021年02月28日
    「新華社」福建省寄贈の「世界平和の鐘」設置完了長崎・興福寺

    中国福建省から長崎県の興福寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」の設置作業が26日完了し、本堂横の鐘鼓楼(しょうころう)1階に吊るされた。同寺は1620年に創建され、中日文化交流の長い歴史を見守ってきた。寺院にはかつて、第2代住職の黙子如定(もくすにょじょう)禅師の誓願による、清代初期の華僑が共同で寄贈した梵鐘があった。鐘は1820年に再鋳造されたが、第2次世界大戦中に武器製造のために供出された。2019年11月、于偉国(う・いこく)福建省委員会書記(当時)は代表団を率いて長崎県を訪問し、興福寺を見学した際に、梵鐘がないことを知り、中村法道長崎県知事との会見の席で、福建省が新しい鐘を鋳造し、中日友好の証として興福寺に贈ることを伝えた。設置された梵鐘は直径約1・2メートル、高さ約2メートルで、重さ約2・5トン。同寺の松尾法道第32代住職(70)は「第2次世界大戦中、興福寺は原爆の影響を受け、ほぼ壊滅状態となり、先代の住職が数十年かけて建物を一つずつ修復してきたが、梵鐘はないままだった。梵鐘が戻った今、やっと戦争が終わったと思える」と語った。1654年、当時63歳の明の高僧・隠元(いんげん)禅師は、長崎興福寺の逸然性融住職や唐人らに招かれ、弟子らを連れて渡来し、興福寺に晋山し、住職となった。寺院には、「東明山」や「初登宝地」の扁額、「黄檗開祖国師三幅対」などの隠元禅師の書を所蔵している。隠元禅師はその後、後水尾法皇や徳川幕府の庇護を受け、京都・宇治に日本三大禅宗の一つ、臨済宗黄檗派(明治以降は黄檗宗)を開いた。松尾氏は25歳で住職となってから6回にわたり訪中し、黄檗文化ゆかりの地を訪ね、隠元禅師の足跡を辿る活動を行った。また、福建省福州市で開かれた中日黄檗文化交流大会、同省莆田市での世界仏教シンポジウム、長崎での「隠元禅師と黄檗文化」をテーマとしたシンポジウムなどに携わった。(記者/冮冶、郭威、楊光、張旌) =配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (3)福建省寄贈の「世界平和の鐘」設置完了長崎・興福寺

    26日、興福寺で「世界平和の鐘」を打つ松尾法道住職。中国福建省から長崎県の興福寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」の設置作業が26日完了し、本堂横の鐘鼓楼(しょうころう)1階に吊るされた。(長崎=新華社記者/杜瀟逸)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (2)福建省寄贈の「世界平和の鐘」設置完了長崎・興福寺

    26日、興福寺の鐘鼓楼に設置された「世界平和の鐘」。中国福建省から長崎県の興福寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」の設置作業が26日完了し、本堂横の鐘鼓楼(しょうころう)1階に吊るされた。(長崎=新華社記者/杜瀟逸)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (4)福建省寄贈の「世界平和の鐘」設置完了長崎・興福寺

    26日、興福寺の鐘鼓楼で設置作業を待つ「世界平和の鐘」。中国福建省から長崎県の興福寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」の設置作業が26日完了し、本堂横の鐘鼓楼(しょうころう)1階に吊るされた。(長崎=新華社記者/杜瀟逸)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (8)福建省寄贈の「世界平和の鐘」設置完了長崎・興福寺

    26日、興福寺の鐘鼓楼に「世界平和の鐘」を設置する作業員。中国福建省から長崎県の興福寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」の設置作業が26日完了し、本堂横の鐘鼓楼(しょうころう)1階に吊るされた。(長崎=新華社記者/杜瀟逸)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (6)福建省寄贈の「世界平和の鐘」設置完了長崎・興福寺

    26日、興福寺の鐘鼓楼に「世界平和の鐘」を設置する作業員。中国福建省から長崎県の興福寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」の設置作業が26日完了し、本堂横の鐘鼓楼(しょうころう)1階に吊るされた。(長崎=新華社記者/杜瀟逸)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (7)福建省寄贈の「世界平和の鐘」設置完了長崎・興福寺

    26日、興福寺の鐘鼓楼に「世界平和の鐘」を設置する作業員。中国福建省から長崎県の興福寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」の設置作業が26日完了し、本堂横の鐘鼓楼(しょうころう)1階に吊るされた。(長崎=新華社記者/杜瀟逸)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (10)福建省寄贈の「世界平和の鐘」設置完了長崎・興福寺

    26日、興福寺の鐘鼓楼。中国福建省から長崎県の興福寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」の設置作業が26日完了し、本堂横の鐘鼓楼(しょうころう)1階に吊るされた。(長崎=新華社記者/杜瀟逸)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (5)福建省寄贈の「世界平和の鐘」設置完了長崎・興福寺

    26日、興福寺の鐘鼓楼に「世界平和の鐘」を設置する作業員。中国福建省から長崎県の興福寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」の設置作業が26日完了し、本堂横の鐘鼓楼(しょうころう)1階に吊るされた。(長崎=新華社記者/杜瀟逸)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (9)福建省寄贈の「世界平和の鐘」設置完了長崎・興福寺

    26日、興福寺の山門。中国福建省から長崎県の興福寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」の設置作業が26日完了し、本堂横の鐘鼓楼(しょうころう)1階に吊るされた。(長崎=新華社記者/杜瀟逸)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (11)福建省寄贈の「世界平和の鐘」設置完了長崎・興福寺

    26日、興福寺の鐘鼓楼に「世界平和の鐘」を設置する作業員。中国福建省から長崎県の興福寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」の設置作業が26日完了し、本堂横の鐘鼓楼(しょうころう)1階に吊るされた。(長崎=新華社記者/杜瀟逸)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村の菜の花栽培モデル基地で遊ぶ子どもたち。中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (5)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村の菜の花栽培モデル基地。中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (7)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村の菜の花栽培モデル基地を散策する観光客。中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (6)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村の菜の花栽培モデル基地。中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村の菜の花栽培モデル基地。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.20
    2021年02月25日
    「新華社」春の菜の花畑に酔う福州市

    中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(記者/魏培全) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (8)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村の菜の花栽培モデル基地で記念撮影する観光客。中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (7)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (5)都市を彩る古橋福建省福州市

    23日、福州市の白馬橋。(小型無人機から)中国福建省福州市は川が多く、水路が発達している。さまざまな造形の古橋が架かり、特別な都市景観を作り出している。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (8)都市を彩る古橋福建省福州市

    22日、福州市の路通橋。(小型無人機から)中国福建省福州市は川が多く、水路が発達している。さまざまな造形の古橋が架かり、特別な都市景観を作り出している。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (4)都市を彩る古橋福建省福州市

    21日、福州市にある万寿橋の石彫。中国福建省福州市は川が多く、水路が発達している。さまざまな造形の古橋が架かり、特別な都市景観を作り出している。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (3)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島。中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (4)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (2)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島で花見を楽しむ観光客。中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (6)都市を彩る古橋福建省福州市

    23日、福州市の古い街並み「三坊七巷(さんぼうしちこう)」の光禄吟台にある漾月橋(ようげつきょう)。中国福建省福州市は川が多く、水路が発達している。さまざまな造形の古橋が架かり、特別な都市景観を作り出している。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (3)都市を彩る古橋福建省福州市

    21日、福州市の万寿橋。中国福建省福州市は川が多く、水路が発達している。さまざまな造形の古橋が架かり、特別な都市景観を作り出している。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (10)都市を彩る古橋福建省福州市

    22日、福州市上下杭歴史文化街区にある永徳橋。中国福建省福州市は川が多く、水路が発達している。さまざまな造形の古橋が架かり、特別な都市景観を作り出している。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (1)都市を彩る古橋福建省福州市

    22日、福州市上下杭歴史文化街区にある三通橋。中国福建省福州市は川が多く、水路が発達している。さまざまな造形の古橋が架かり、特別な都市景観を作り出している。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (12)都市を彩る古橋福建省福州市

    23日、福州市内の安泰河に架かるマカオ橋。中国福建省福州市は川が多く、水路が発達している。さまざまな造形の古橋が架かり、特別な都市景観を作り出している。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (2)都市を彩る古橋福建省福州市

    22日、福州市上下杭歴史文化街区にある三通橋。中国福建省福州市は川が多く、水路が発達している。さまざまな造形の古橋が架かり、特別な都市景観を作り出している。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (6)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島で花見を楽しむ観光客。中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (1)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (5)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島の遊歩道。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (11)都市を彩る古橋福建省福州市

    22日、福州市上下杭歴史文化街区にある星安橋。中国福建省福州市は川が多く、水路が発達している。さまざまな造形の古橋が架かり、特別な都市景観を作り出している。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (7)都市を彩る古橋福建省福州市

    23日、福州市の古い街並み「三坊七巷(さんぼうしちこう)」の光禄吟台にある漾月橋(ようげつきょう)。中国福建省福州市は川が多く、水路が発達している。さまざまな造形の古橋が架かり、特別な都市景観を作り出している。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    都市を彩る古橋福建省福州市

    22日、福州市上下杭歴史文化街区にある永徳橋。中国福建省福州市は川が多く、水路が発達している。さまざまな造形の古橋が架かり、特別な都市景観を作り出している。(福州=新華社記者/林善伝)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:19.83
    2021年02月21日
    「新華社」昼間に活動するミミセンザンコウを撮影福建省武夷山

    中国福建省の武夷山国家公園で18日、日中に洞穴から出て餌を探すミミセンザンコウの姿が確認された。日中は洞穴で眠り、夜に食べ物を探す夜行性のミミセンザンコウが、昼間に撮影されることは非常に少ないという。ミミセンザンコウは国家2級保護野生動物に指定されていたが、2020年6月に1級に引き上げられた。同公園ではここ数年、生態環境と野生動物の保護を強化しており、野生動物の生育環境が改善され、個体数も年を追うごとに増加している。(記者/郭圻) =配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (1)新学期控え教育施設の消毒殺菌を実施福建省福州市

    20日、福州時代中学の教室で消毒・殺菌作業を行う消防士。新学期を間近に控えた中国福建省福州市の小中学校と幼稚園では、安全で衛生的な環境を提供するため、地元の教育部門の手配による新型コロナウイルス対策の消毒・殺菌作業が順次進められている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (1)昼間に活動するミミセンザンコウを撮影福建省武夷山

    18日、福建省の武夷山国家公園で、日中に活動するミミセンザンコウ。中国福建省の武夷山国家公園で18日、日中に洞穴から出て餌を探すミミセンザンコウの姿が確認された。日中は洞穴で眠り、夜に食べ物を探す夜行性のミミセンザンコウが、昼間に撮影されることは非常に少ないという。(武夷山=新華社記者/郭圻)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (2)昼間に活動するミミセンザンコウを撮影福建省武夷山

    18日、福建省の武夷山国家公園で、日中に活動するミミセンザンコウ。中国福建省の武夷山国家公園で18日、日中に洞穴から出て餌を探すミミセンザンコウの姿が確認された。日中は洞穴で眠り、夜に食べ物を探す夜行性のミミセンザンコウが、昼間に撮影されることは非常に少ないという。(武夷山=新華社記者/郭圻)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (4)新学期控え教育施設の消毒殺菌を実施福建省福州市

    20日、福州時代中学の廊下で消毒・殺菌作業を行う消防士。新学期を間近に控えた中国福建省福州市の小中学校と幼稚園では、安全で衛生的な環境を提供するため、地元の教育部門の手配による新型コロナウイルス対策の消毒・殺菌作業が順次進められている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (2)新学期控え教育施設の消毒殺菌を実施福建省福州市

    20日、福州時代中学の食堂で消毒・殺菌作業を行う消防士。新学期を間近に控えた中国福建省福州市の小中学校と幼稚園では、安全で衛生的な環境を提供するため、地元の教育部門の手配による新型コロナウイルス対策の消毒・殺菌作業が順次進められている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (5)新学期控え教育施設の消毒殺菌を実施福建省福州市

    20日、福州時代中学で消毒・殺菌作業を行う消防士。新学期を間近に控えた中国福建省福州市の小中学校と幼稚園では、安全で衛生的な環境を提供するため、地元の教育部門の手配による新型コロナウイルス対策の消毒・殺菌作業が順次進められている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (6)新学期控え教育施設の消毒殺菌を実施福建省福州市

    20日、福州時代中学で消毒・殺菌作業を行う消防士。新学期を間近に控えた中国福建省福州市の小中学校と幼稚園では、安全で衛生的な環境を提供するため、地元の教育部門の手配による新型コロナウイルス対策の消毒・殺菌作業が順次進められている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (3)新学期控え教育施設の消毒殺菌を実施福建省福州市

    20日、福州時代中学の食堂で消毒・殺菌作業を行う消防士。新学期を間近に控えた中国福建省福州市の小中学校と幼稚園では、安全で衛生的な環境を提供するため、地元の教育部門の手配による新型コロナウイルス対策の消毒・殺菌作業が順次進められている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (6)早春の息吹伝える畑の花々福建省福州市

    19日、福州市永泰県長慶鎮の上際村にあるスモモの木の下で、除草剤をまく農家の人。中国福建省福州市の周辺地域にある畑ではこのところ、菜の花やスモモの花が続々と咲き出し、早春の息吹に満ちあふれている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (3)早春の息吹伝える畑の花々福建省福州市

    19日、福州市閩清(びんせい)県白中鎮の珠中村で、菜の花の蜜を集めるミツバチ。中国福建省福州市の周辺地域にある畑ではこのところ、菜の花やスモモの花が続々と咲き出し、早春の息吹に満ちあふれている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (7)早春の息吹伝える畑の花々福建省福州市

    19日、福州市永泰県長慶鎮の上際村で、一面に咲き誇るスモモの花。(小型無人機から)中国福建省福州市の周辺地域にある畑ではこのところ、菜の花やスモモの花が続々と咲き出し、早春の息吹に満ちあふれている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (1)早春の息吹伝える畑の花々福建省福州市

    19日、福州市閩清(びんせい)県白中鎮の珠中村で、菜の花の蜜を集めるミツバチ。中国福建省福州市の周辺地域にある畑ではこのところ、菜の花やスモモの花が続々と咲き出し、早春の息吹に満ちあふれている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (5)早春の息吹伝える畑の花々福建省福州市

    19日、福州市閩清(びんせい)県白中鎮の普賢村で、畑を耕す農家の人。中国福建省福州市の周辺地域にある畑ではこのところ、菜の花やスモモの花が続々と咲き出し、早春の息吹に満ちあふれている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (2)早春の息吹伝える畑の花々福建省福州市

    19日、福州市閩清(びんせい)県白中鎮の珠中村で、菜の花の蜜を集めるミツバチ。中国福建省福州市の周辺地域にある畑ではこのところ、菜の花やスモモの花が続々と咲き出し、早春の息吹に満ちあふれている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (4)早春の息吹伝える畑の花々福建省福州市

    19日、福州市閩清(びんせい)県白中鎮の普賢村で、畑を耕す農家の人。中国福建省福州市の周辺地域にある畑ではこのところ、菜の花やスモモの花が続々と咲き出し、早春の息吹に満ちあふれている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    華竜1号のスローガン 目指す「原発強国」

    「華竜1号を建てることは国の宝をつくること」と記されたスローガン=1月、中国福建省福清市(共同)

    撮影: 1月、中国福建省福清市

  • 2021年02月19日
    目指す「原発強国」

    中国・福建省福清市、上海、北京

  • 2021年02月19日
    目指す「原発強国」

    中国・福建省福清市、上海、北京

  • 2021年02月19日
    目指す「原発強国」

    中国・福建省福清市、上海、北京

  • 2021年02月19日
    目指す「原発強国」

    中国・福建省福清市、上海、北京

  • 2021年02月18日
    (1)福建省、春節連休期間の観光客数1600万人余り

    17日、福州市の古い街並み「三坊七巷(さんぼうしちこう)」で「糖画」(あめ細工)を見学する観光客。中国福建省文化・観光庁の統計によると、春節(旧正月)期間中に同省を訪れた観光客は延べ1612万4600人、観光収入は66億5900万元(1元=約16円)に達した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (4)福建省、春節連休期間の観光客数1600万人余り

    17日、福州市西湖公園で写真を撮る観光客。中国福建省文化・観光庁の統計によると、春節(旧正月)期間中に同省を訪れた観光客は延べ1612万4600人、観光収入は66億5900万元(1元=約16円)に達した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (2)福建省、春節連休期間の観光客数1600万人余り

    17日、福州市の古い街並み「三坊七巷(さんぼうしちこう)」を散策する観光客。中国福建省文化・観光庁の統計によると、春節(旧正月)期間中に同省を訪れた観光客は延べ1612万4600人、観光収入は66億5900万元(1元=約16円)に達した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (3)福建省、春節連休期間の観光客数1600万人余り

    17日、福州市の古い街並み「三坊七巷(さんぼうしちこう)」で錫器工芸品の制作実演を見学する観光客。中国福建省文化・観光庁の統計によると、春節(旧正月)期間中に同省を訪れた観光客は延べ1612万4600人、観光収入は66億5900万元(1元=約16円)に達した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (5)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館で鈍角六面体鏡を体験する子ども。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (2)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の禅堂。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (3)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館で剣を持って踊るロボットを見学する来場者。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (1)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館で「プラズマボール」を体験する子ども。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (11)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の鼓楼。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (6)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の大雄宝殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (5)春節を鮮やかに彩る菜の花畑福建省福州市

    17日、梁厝特色歴史文化街区にある菜の花畑を訪れた観光客。中国福建省福州市倉山区城門鎮の梁厝(りょうせき)特色歴史文化街区では春節(旧正月)連休期間中、伝統的住居「古厝(こせき)」や菜の花畑を見ようと多くの観光客や市民が訪れた。同市ではここ数年、古厝の保護・修繕に力を入れ、その活用にも取り組んでいる。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (13)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、観音閣から見た大雄宝殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (1)春節を鮮やかに彩る菜の花畑福建省福州市

    17日、空から見た梁厝特色歴史文化街区。(小型無人機から)中国福建省福州市倉山区城門鎮の梁厝(りょうせき)特色歴史文化街区では春節(旧正月)連休期間中、伝統的住居「古厝(こせき)」や菜の花畑を見ようと多くの観光客や市民が訪れた。同市ではここ数年、古厝の保護・修繕に力を入れ、その活用にも取り組んでいる。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (25)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、斎堂(食堂)前の雲板と木魚。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (22)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、天王殿の背後から見た鐘楼と観音殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:02.59
    2021年02月17日
    「新華社」「今いる場所で過ごす」人でにぎわう武夷山福建省

    中国福建省の武夷山国家観光リゾート区では春節(旧正月)の期間中、さまざまな花や照明、大型ランタン1万個以上を用い、装い新たに新年を祝っている。日が暮れるとうっとりするような夜景が広がり、お祝いムードは最高潮。省内各地から地元住民や帰省をとりやめた出稼ぎ労働者が集まり、夜市を巡り、夜景やグルメを楽しんでいる。(記者/郭圻)=配信日:2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (4)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、大雄宝殿に掲げられている趙樸初(ちょう・ぼくしょ)居士が揮毫(きごう)した「万徳荘厳」の扁額(へんがく)。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (3)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、大雄宝殿脇の廊下から見える鼓楼。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (20)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の前に立つ七仏塔。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (23)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の鐘楼と観音殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (1)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の参道。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (16)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の山門前に置かれた石亀。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (7)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、定光塔山門の前に置かれた石亀。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (17)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺山門前の小道。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (6)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館内の展示装置を体験する子ども。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (14)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の亀泉井。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (5)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、大雄宝殿前から見た天王殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (15)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の傍らに作られた菜園。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (21)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、天王殿の背後に見える大雄宝殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (12)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の観音殿と鐘楼。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (4)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館内の口腔模擬装置で遊ぶ子ども。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (6)春節を鮮やかに彩る菜の花畑福建省福州市

    17日、梁厝特色歴史文化街区で記念撮影をする観光客。中国福建省福州市倉山区城門鎮の梁厝(りょうせき)特色歴史文化街区では春節(旧正月)連休期間中、伝統的住居「古厝(こせき)」や菜の花畑を見ようと多くの観光客や市民が訪れた。同市ではここ数年、古厝の保護・修繕に力を入れ、その活用にも取り組んでいる。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (2)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館で「カラフルな影」を体験する親子。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (4)春節を鮮やかに彩る菜の花畑福建省福州市

    17日、梁厝特色歴史文化街区にある菜の花畑を訪れた観光客。中国福建省福州市倉山区城門鎮の梁厝(りょうせき)特色歴史文化街区では春節(旧正月)連休期間中、伝統的住居「古厝(こせき)」や菜の花畑を見ようと多くの観光客や市民が訪れた。同市ではここ数年、古厝の保護・修繕に力を入れ、その活用にも取り組んでいる。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (2)春節を鮮やかに彩る菜の花畑福建省福州市

    17日、菜の花が満開となった梁厝特色歴史文化街区。中国福建省福州市倉山区城門鎮の梁厝(りょうせき)特色歴史文化街区では春節(旧正月)連休期間中、伝統的住居「古厝(こせき)」や菜の花畑を見ようと多くの観光客や市民が訪れた。同市ではここ数年、古厝の保護・修繕に力を入れ、その活用にも取り組んでいる。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (3)春節を鮮やかに彩る菜の花畑福建省福州市

    17日、菜の花が満開となった梁厝特色歴史文化街区。中国福建省福州市倉山区城門鎮の梁厝(りょうせき)特色歴史文化街区では春節(旧正月)連休期間中、伝統的住居「古厝(こせき)」や菜の花畑を見ようと多くの観光客や市民が訪れた。同市ではここ数年、古厝の保護・修繕に力を入れ、その活用にも取り組んでいる。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (18)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺山門前の広場。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (10)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の放生池。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (9)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺法堂の前庭と廊下。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (5)霧立ち込める幻想的な冬の武夷山福建省

    15日、武夷山風景名勝区に広がる雲海。(小型無人機から)中国福建省武夷山では15日、晴れて気温が上昇し、青々と美しい山や川の間に雲や霧が立ち込め、まるで絵画のような風景が広がった。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...