KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国福建省
  • 福建省アモイ
  • 国際交流
  • 文化交流
  • アモイ国際
  • 虎渓岩寺
  • 日中交流
  • 開幕福建省
  • 産業博覧会
  • 中国アモイ

「中国福建省アモイ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
465
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
465
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月17日
    (5)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館で鈍角六面体鏡を体験する子ども。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (3)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館で剣を持って踊るロボットを見学する来場者。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (1)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館で「プラズマボール」を体験する子ども。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (6)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館内の展示装置を体験する子ども。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (4)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館内の口腔模擬装置で遊ぶ子ども。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (2)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館で「カラフルな影」を体験する親子。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.64
    2021年01月11日
    「新華社」アモイ在住台湾同胞へ新型コロナワクチン接種福建省

    中国福建省アモイ市在住の台湾同胞約20人が9日、厦門医学院付属第2医院を訪れ新型コロナウイルスワクチンの無料接種を受けた。現地の台湾企業に勤めるビジネスマンは、大陸が台湾同胞に同等の待遇で接することについて「思いやりと安心を感じる」と述べた。ワクチンの接種は個人と家族を守るだけでなく、企業が通常通り運営していくための保障でもある。厦門市台商投資企業協会の陳岱樺(ちん・たいか)副会長は朝早くに病院の成人予防接種外来に到すると、同意書の記入、検温、既往歴の問診などを済ませた。接種条件に適したことが確認されると、5分と経たないうちに接種を終えた。陳氏は「フォームの記入、順番待ちのルート、看護スタッフの専門知識、われわれとの意思疎通を含め、全ての手順は何度も訓練した成果だろう。今回のアモイでのワクチン接種は、決して付け焼刃的なものではなく、秩序立って遂行されていることは明らかだ。現在台商協会から300人以上の申し込みがあり、われわれの企業も申請した。台湾に戻らなければならない人もいるし、各地へ旅行や出張に行くために接種が必要な人もいる」と紹介した。新型コロナウイルスのワクチンは28日の間隔を空け、2回接種が推奨されている。緊急の場合でも最低14日空ける必要がある。今回の接種対象は、台湾居民来往大陸通行証(台胞証)を持つ18~59歳までの新型コロナウイルス感染リスクが高いグループとなっている。接種は任意で、費用は無料。申請後、台湾同胞は関連規定に基づいて、順番で接種を受ける。(記者/陳旺) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.13
    2020年12月08日
    「新華社」第13回「海峡両岸文化産業博覧交易会」閉幕、福建省アモイ市

    第13回海峡両岸(中国の大陸と台湾)文化産業博覧交易会が4~7日、中国福建省アモイ市で開催された。両岸の出展者約千社が6万8千平方メートルの展示スペースに集い、文化観光、デジタル技術を利用した映画やテレビの娯楽作品、クリエーティブデザイン、工芸美術の4ジャンル、14テーマについて展示を行った。同博覧交易会は中国大陸で唯一、「海峡両岸」の名を冠し、両岸が共同で開催する大規模な文化展示会で、展示や交易の方法を絶えず刷新し、両岸の出展者と一般の人々に文化と観光が融合した素晴らしい場を提供している。(記者/陳旺、顔之宏)<映像内容>第13回海峡両岸文化産業博覧交易会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕

    27日、中国の伝統的な木版画印刷技術「木版水印」の作品を来場者に見せる杭州十竹斎(じっちくさい)芸術館の魏立中(ぎ・りつちゅう)館長(右)。魏氏は国家級無形文化遺産伝承者に認定されている。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕

    27日、漆絵を鑑賞する来場者。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕

    27日、浙江省の企業、杭州西泠(せいれい)文化創意の展示ブース。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕

    27日、白檀(びゃくだん)の彫刻作品を鑑賞する来場者。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕

    27日、会場内を見て回る来場者。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕

    27日、作品を鑑賞する来場者。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕

    27日、会場内を見て回る来場者。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕

    27日、安徽省宣城産の画仙紙「宣紙」の展示ブース。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕

    27日、会場内に展示された筆。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕

    27日、中国の伝統的な木版画印刷技術「木版水印」の作品を来場者に紹介する杭州十竹斎(じっちくさい)芸術館の魏立中(ぎ・りつちゅう)館長(左)。魏氏は国家級無形文化遺産伝承者に認定されている。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕

    27日、各種の紙が展示されたブース。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    「文房四宝」の逸品が一堂に福建省アモイ市で博覧会開幕

    27日、印鑑の展示ブース。第46回全国文房四宝芸術博覧会と第6回海峡書画芸術産業博覧会が27日、中国福建省アモイ市で開幕した。「文房四宝」と呼ばれる筆、墨、硯(すずり)、紙などのメーカー200社余りが出展。国内で最も歴史のある文房四宝の博覧会で、展示面積も1万2千平方メートルと国内最大規模となる。中国文房四宝協会、「中国文房四宝」雑誌社、アモイ市文化改革発展工作領導小組弁公室、アモイ日報社の共催で、4日間行われる。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    アモイの空に色とりどりのたこ福建省

    21日、色とりどりのたこを眺める人々。中国福建省アモイ市で21、22両日、2020年アジア・スポーツカイト選手権(アモイ会場)およびアモイ国際凧揚げフェスティバルが開かれた。色とりどりのたこが空いっぱいに舞い、多くの市民や観光客を楽しませた。(アモイ=新華社配信/何歓)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    アモイの空に色とりどりのたこ福建省

    21日、大型軟体たこを揚げる愛好家。中国福建省アモイ市で21、22両日、2020年アジア・スポーツカイト選手権(アモイ会場)およびアモイ国際凧揚げフェスティバルが開かれた。色とりどりのたこが空いっぱいに舞い、多くの市民や観光客を楽しませた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    アモイの空に色とりどりのたこ福建省

    21日、たこを手にした子ども。中国福建省アモイ市で21、22両日、2020年アジア・スポーツカイト選手権(アモイ会場)およびアモイ国際凧揚げフェスティバルが開かれた。色とりどりのたこが空いっぱいに舞い、多くの市民や観光客を楽しませた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    アモイの空に色とりどりのたこ福建省

    21日、大型軟体たこを揚げる愛好家。中国福建省アモイ市で21、22両日、2020年アジア・スポーツカイト選手権(アモイ会場)およびアモイ国際凧揚げフェスティバルが開かれた。色とりどりのたこが空いっぱいに舞い、多くの市民や観光客を楽しませた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    アモイの空に色とりどりのたこ福建省

    21日、たこ揚げを楽しむ親子。中国福建省アモイ市で21、22両日、2020年アジア・スポーツカイト選手権(アモイ会場)およびアモイ国際凧揚げフェスティバルが開かれた。色とりどりのたこが空いっぱいに舞い、多くの市民や観光客を楽しませた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    アモイの空に色とりどりのたこ福建省

    21日、空に舞い上がる色とりどりのたこ。中国福建省アモイ市で21、22両日、2020年アジア・スポーツカイト選手権(アモイ会場)およびアモイ国際凧揚げフェスティバルが開かれた。色とりどりのたこが空いっぱいに舞い、多くの市民や観光客を楽しませた。(アモイ=新華社配信/何歓)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    アモイの空に色とりどりのたこ福建省

    21日、色とりどりのたこを眺める人々。(小型無人機から)中国福建省アモイ市で21、22両日、2020年アジア・スポーツカイト選手権(アモイ会場)およびアモイ国際凧揚げフェスティバルが開かれた。色とりどりのたこが空いっぱいに舞い、多くの市民や観光客を楽しませた。(アモイ=新華社配信/何歓)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    自由貿易エリアが輸入酒産業の発展を後押し福建省アモイ市

    10日、アモイ国際酒類取引プラットフォームの外観。中国福建省アモイ市の自由貿易エリアはここ数年、輸入酒取引プラットフォームの監督・管理モデルを刷新し、ワンストップ式酒類専門検査エリアや輸入酒の迅速通関サービスを推進している。酒類の展示や酒文化の普及、製品販売などが一体化した輸入酒サプライチェーン取引プラットフォームを重点的に構築し、輸入酒貿易の急速な発展を後押ししている。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    自由貿易エリアが輸入酒産業の発展を後押し福建省アモイ市

    10日、アモイ市自由貿易エリアのふ頭でコンテナの積み替えを行うトラック。中国福建省アモイ市の自由貿易エリアはここ数年、輸入酒取引プラットフォームの監督・管理モデルを刷新し、ワンストップ式酒類専門検査エリアや輸入酒の迅速通関サービスを推進している。酒類の展示や酒文化の普及、製品販売などが一体化した輸入酒サプライチェーン取引プラットフォームを重点的に構築し、輸入酒貿易の急速な発展を後押ししている。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    自由貿易エリアが輸入酒産業の発展を後押し福建省アモイ市

    10日、アモイ国際酒類取引プラットフォームの販売店で、輸入酒を整理するスタッフ。中国福建省アモイ市の自由貿易エリアはここ数年、輸入酒取引プラットフォームの監督・管理モデルを刷新し、ワンストップ式酒類専門検査エリアや輸入酒の迅速通関サービスを推進している。酒類の展示や酒文化の普及、製品販売などが一体化した輸入酒サプライチェーン取引プラットフォームを重点的に構築し、輸入酒貿易の急速な発展を後押ししている。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    5GとAI搭載の食事宅配車両登場福建省アモイ市

    6日、福建省アモイ市の湖里イノベーションパークで、食事宅配車両の2次元バーコードにスマートフォンをかざす利用客。中国福建省アモイ市の湖里イノベーションパークでこのほど、第5世代移動通信システム(5G)と人工知能(AI)を搭載した無人運転の食事宅配車両4台が実用化された。車両1台で朝食200食以上、昼食または夕食100食分を運ぶことができ、利用者は2次元バーコードをスマートフォンで読み取って会計を済ませ、食事を受け取る。車内には保温装置が設置されており、料理は温かい状態に保たれている。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    5GとAI搭載の食事宅配車両登場福建省アモイ市

    6日、福建省アモイ市の湖里イノベーションパークで食事宅配車両を利用する人々。中国福建省アモイ市の湖里イノベーションパークでこのほど、第5世代移動通信システム(5G)と人工知能(AI)を搭載した無人運転の食事宅配車両4台が実用化された。車両1台で朝食200食以上、昼食または夕食100食分を運ぶことができ、利用者は2次元バーコードをスマートフォンで読み取って会計を済ませ、食事を受け取る。車内には保温装置が設置されており、料理は温かい状態に保たれている。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    5GとAI搭載の食事宅配車両登場福建省アモイ市

    6日、福建省アモイ市の湖里イノベーションパークで食事宅配車両から食事を取り出す女性。中国福建省アモイ市の湖里イノベーションパークでこのほど、第5世代移動通信システム(5G)と人工知能(AI)を搭載した無人運転の食事宅配車両4台が実用化された。車両1台で朝食200食以上、昼食または夕食100食分を運ぶことができ、利用者は2次元バーコードをスマートフォンで読み取って会計を済ませ、食事を受け取る。車内には保温装置が設置されており、料理は温かい状態に保たれている。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    5GとAI搭載の食事宅配車両登場福建省アモイ市

    6日、福建省アモイ市の湖里イノベーションパークを走る無人運転の食事宅配車両。中国福建省アモイ市の湖里イノベーションパークでこのほど、第5世代移動通信システム(5G)と人工知能(AI)を搭載した無人運転の食事宅配車両4台が実用化された。車両1台で朝食200食以上、昼食または夕食100食分を運ぶことができ、利用者は2次元バーコードをスマートフォンで読み取って会計を済ませ、食事を受け取る。車内には保温装置が設置されており、料理は温かい状態に保たれている。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    5GとAI搭載の食事宅配車両登場福建省アモイ市

    6日、福建省アモイ市の湖里イノベーションパークで食事宅配車両から食事を取り出す男性。中国福建省アモイ市の湖里イノベーションパークでこのほど、第5世代移動通信システム(5G)と人工知能(AI)を搭載した無人運転の食事宅配車両4台が実用化された。車両1台で朝食200食以上、昼食または夕食100食分を運ぶことができ、利用者は2次元バーコードをスマートフォンで読み取って会計を済ませ、食事を受け取る。車内には保温装置が設置されており、料理は温かい状態に保たれている。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    5GとAI搭載の食事宅配車両登場福建省アモイ市

    6日、福建省アモイ市の湖里イノベーションパークで運用されている食事宅配車両。消毒済みのステッカーが貼られている。中国福建省アモイ市の湖里イノベーションパークでこのほど、第5世代移動通信システム(5G)と人工知能(AI)を搭載した無人運転の食事宅配車両4台が実用化された。車両1台で朝食200食以上、昼食または夕食100食分を運ぶことができ、利用者は2次元バーコードをスマートフォンで読み取って会計を済ませ、食事を受け取る。車内には保温装置が設置されており、料理は温かい状態に保たれている。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    5GとAI搭載の食事宅配車両登場福建省アモイ市

    6日、福建省アモイ市の湖里イノベーションパークで食事宅配車両の2次元バーコードにスマートフォンをかざす女性。中国福建省アモイ市の湖里イノベーションパークでこのほど、第5世代移動通信システム(5G)と人工知能(AI)を搭載した無人運転の食事宅配車両4台が実用化された。車両1台で朝食200食以上、昼食または夕食100食分を運ぶことができ、利用者は2次元バーコードをスマートフォンで読み取って会計を済ませ、食事を受け取る。車内には保温装置が設置されており、料理は温かい状態に保たれている。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    5GとAI搭載の食事宅配車両登場福建省アモイ市

    6日、福建省アモイ市の湖里イノベーションパークで運用されている無人運転の食事宅配車両。中国福建省アモイ市の湖里イノベーションパークでこのほど、第5世代移動通信システム(5G)と人工知能(AI)を搭載した無人運転の食事宅配車両4台が実用化された。車両1台で朝食200食以上、昼食または夕食100食分を運ぶことができ、利用者は2次元バーコードをスマートフォンで読み取って会計を済ませ、食事を受け取る。車内には保温装置が設置されており、料理は温かい状態に保たれている。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    シルバー世代もデジタル化、高齢者スマホ教室を訪ねて福建省アモイ市

    4日、スマホ教室で授業をする担当講師の殷銀山(いん・ぎんざん)さん(70)。中国福建省アモイ市湖里区の禾縁社区(コミュニティー)は、シルバー世代がデジタル化の波に乗り遅れないよう、5年前から高齢者向けのスマートフォン教室を開いている。社区の責任者によると、新型コロナウイルスの流行中、高齢者から「健康コード(スマホ上で健康状態を表示する2次元バーコード)を見せないとどこにも行けない」との訴えがあり、その多くは独り暮らしだったという。教室は社会に溶け込みたいという高齢者の願いを叶えている。(アモイ=新華社記者/顔之宏)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    シルバー世代もデジタル化、高齢者スマホ教室を訪ねて福建省アモイ市

    4日、休憩中にショート動画サイトの個人ページを見せる講座助手の危竹祥(き・ちくしょう)さん(71)。危さんは講座の修了生でもある。中国福建省アモイ市湖里区の禾縁社区(コミュニティー)は、シルバー世代がデジタル化の波に乗り遅れないよう、5年前から高齢者向けのスマートフォン教室を開いている。社区の責任者によると、新型コロナウイルスの流行中、高齢者から「健康コード(スマホ上で健康状態を表示する2次元バーコード)を見せないとどこにも行けない」との訴えがあり、その多くは独り暮らしだったという。教室は社会に溶け込みたいという高齢者の願いを叶えている。(アモイ=新華社記者/顔之宏)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    シルバー世代もデジタル化、高齢者スマホ教室を訪ねて福建省アモイ市

    4日、スマホ教室でペアを組んで学ぶ高齢者。中国福建省アモイ市湖里区の禾縁社区(コミュニティー)は、シルバー世代がデジタル化の波に乗り遅れないよう、5年前から高齢者向けのスマートフォン教室を開いている。社区の責任者によると、新型コロナウイルスの流行中、高齢者から「健康コード(スマホ上で健康状態を表示する2次元バーコード)を見せないとどこにも行けない」との訴えがあり、その多くは独り暮らしだったという。教室は社会に溶け込みたいという高齢者の願いを叶えている。(アモイ=新華社記者/顔之宏)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    シルバー世代もデジタル化、高齢者スマホ教室を訪ねて福建省アモイ市

    4日、スマホ教室に集まった90人近くの高齢者ら。中国福建省アモイ市湖里区の禾縁社区(コミュニティー)は、シルバー世代がデジタル化の波に乗り遅れないよう、5年前から高齢者向けのスマートフォン教室を開いている。社区の責任者によると、新型コロナウイルスの流行中、高齢者から「健康コード(スマホ上で健康状態を表示する2次元バーコード)を見せないとどこにも行けない」との訴えがあり、その多くは独り暮らしだったという。教室は社会に溶け込みたいという高齢者の願いを叶えている。(アモイ=新華社記者/顔之宏)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    シルバー世代もデジタル化、高齢者スマホ教室を訪ねて福建省アモイ市

    4日、スマホ教室で講師の指示に従って操作する高齢者。中国福建省アモイ市湖里区の禾縁社区(コミュニティー)は、シルバー世代がデジタル化の波に乗り遅れないよう、5年前から高齢者向けのスマートフォン教室を開いている。社区の責任者によると、新型コロナウイルスの流行中、高齢者から「健康コード(スマホ上で健康状態を表示する2次元バーコード)を見せないとどこにも行けない」との訴えがあり、その多くは独り暮らしだったという。教室は社会に溶け込みたいという高齢者の願いを叶えている。(アモイ=新華社記者/顔之宏)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第16回海峡両岸図書交易会、福建省アモイで開催

    15日、第16回海峡両岸図書交易会の会場。中国福建省アモイ市で14日から3日間、第16回海峡両岸(中国の大陸と台湾)図書交易会が開催された。海峡両岸の出版社400社が出展し、新書やベストセラー、優良書籍など約10万冊を展示。会期中は両岸の出版業に関する展示や出版物の販売、版権取引、両岸出版関係者によるサミットフォーラム、第25回華文出版年次総会などの特別交流イベントが行われた。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第16回海峡両岸図書交易会、福建省アモイで開催

    15日、第16回海峡両岸図書交易会メイン会場の一角。中国福建省アモイ市で14日から3日間、第16回海峡両岸(中国の大陸と台湾)図書交易会が開催された。海峡両岸の出版社400社が出展し、新書やベストセラー、優良書籍など約10万冊を展示。会期中は両岸の出版業に関する展示や出版物の販売、版権取引、両岸出版関係者によるサミットフォーラム、第25回華文出版年次総会などの特別交流イベントが行われた。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国アモイ国際茶産業博覧会が開幕福建省

    15日、博覧会で福建省南平市産の武夷星岩茶を味わう来場者。中国福建省アモイ市で15日、2020年中国アモイ国際茶産業(秋季)博覧会が開幕した。7万5千平方メートルの展示スペースで茶葉や茶器、茶の包装、美学などを紹介する。専門性と国際性を備えた博覧会は、茶産業の関係者が製品や情報を入手し、業界の発展を模索する場となっている。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国アモイ国際茶産業博覧会が開幕福建省

    15日、博覧会で展示された茶器。中国福建省アモイ市で15日、2020年中国アモイ国際茶産業(秋季)博覧会が開幕した。7万5千平方メートルの展示スペースで茶葉や茶器、茶の包装、美学などを紹介する。専門性と国際性を備えた博覧会は、茶産業の関係者が製品や情報を入手し、業界の発展を模索する場となっている。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省

    15日、会場内を見学する来場者。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省

    15日、会場に展示された関羽像。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省

    15日、会場に展示された工芸贈答品。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第16回海峡両岸図書交易会、福建省アモイで開催

    15日、第16回海峡両岸図書交易会の開幕式。中国福建省アモイ市で14日から3日間、第16回海峡両岸(中国の大陸と台湾)図書交易会が開催された。海峡両岸の出版社400社が出展し、新書やベストセラー、優良書籍など約10万冊を展示。会期中は両岸の出版業に関する展示や出版物の販売、版権取引、両岸出版関係者によるサミットフォーラム、第25回華文出版年次総会などの特別交流イベントが行われた。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第16回海峡両岸図書交易会、福建省アモイで開催

    15日、第16回海峡両岸図書交易会で行われた協力プロジェクト締結式。中国福建省アモイ市で14日から3日間、第16回海峡両岸(中国の大陸と台湾)図書交易会が開催された。海峡両岸の出版社400社が出展し、新書やベストセラー、優良書籍など約10万冊を展示。会期中は両岸の出版業に関する展示や出版物の販売、版権取引、両岸出版関係者によるサミットフォーラム、第25回華文出版年次総会などの特別交流イベントが行われた。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国アモイ国際茶産業博覧会が開幕福建省

    15日、博覧会で展示された茶器。中国福建省アモイ市で15日、2020年中国アモイ国際茶産業(秋季)博覧会が開幕した。7万5千平方メートルの展示スペースで茶葉や茶器、茶の包装、美学などを紹介する。専門性と国際性を備えた博覧会は、茶産業の関係者が製品や情報を入手し、業界の発展を模索する場となっている。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省

    15日、会場に展示された仏像。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第16回海峡両岸図書交易会、福建省アモイで開催

    15日、第16回海峡両岸図書交易会に出展された「福州古厝」などの書籍。中国福建省アモイ市で14日から3日間、第16回海峡両岸(中国の大陸と台湾)図書交易会が開催された。海峡両岸の出版社400社が出展し、新書やベストセラー、優良書籍など約10万冊を展示。会期中は両岸の出版業に関する展示や出版物の販売、版権取引、両岸出版関係者によるサミットフォーラム、第25回華文出版年次総会などの特別交流イベントが行われた。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省

    15日、会場に展示された関羽像。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国アモイ国際茶産業博覧会が開幕福建省

    15日、無形文化遺産の「珠光青磁茶器」の伝承者、洪樹徳(こう・じゅとく)氏の作品を鑑賞する来場者。中国福建省アモイ市で15日、2020年中国アモイ国際茶産業(秋季)博覧会が開幕した。7万5千平方メートルの展示スペースで茶葉や茶器、茶の包装、美学などを紹介する。専門性と国際性を備えた博覧会は、茶産業の関係者が製品や情報を入手し、業界の発展を模索する場となっている。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国アモイ国際茶産業博覧会が開幕福建省

    15日、博覧会で展示された茶器。中国福建省アモイ市で15日、2020年中国アモイ国際茶産業(秋季)博覧会が開幕した。7万5千平方メートルの展示スペースで茶葉や茶器、茶の包装、美学などを紹介する。専門性と国際性を備えた博覧会は、茶産業の関係者が製品や情報を入手し、業界の発展を模索する場となっている。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第16回海峡両岸図書交易会、福建省アモイで開催

    15日、第16回海峡両岸図書交易会で行われた「築夢者-厦門百姓故事」の発売記念イベント。中国福建省アモイ市で14日から3日間、第16回海峡両岸(中国の大陸と台湾)図書交易会が開催された。海峡両岸の出版社400社が出展し、新書やベストセラー、優良書籍など約10万冊を展示。会期中は両岸の出版業に関する展示や出版物の販売、版権取引、両岸出版関係者によるサミットフォーラム、第25回華文出版年次総会などの特別交流イベントが行われた。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省

    15日、会場に展示された仏像。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国アモイ国際茶産業博覧会が開幕福建省

    15日、博覧会を見学する茶器と包装のデザイナーら。中国福建省アモイ市で15日、2020年中国アモイ国際茶産業(秋季)博覧会が開幕した。7万5千平方メートルの展示スペースで茶葉や茶器、茶の包装、美学などを紹介する。専門性と国際性を備えた博覧会は、茶産業の関係者が製品や情報を入手し、業界の発展を模索する場となっている。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国アモイ国際茶産業博覧会が開幕福建省

    15日、博覧会で展示された茶器。中国福建省アモイ市で15日、2020年中国アモイ国際茶産業(秋季)博覧会が開幕した。7万5千平方メートルの展示スペースで茶葉や茶器、茶の包装、美学などを紹介する。専門性と国際性を備えた博覧会は、茶産業の関係者が製品や情報を入手し、業界の発展を模索する場となっている。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省

    15日、会場に展示された灯籠や香炉。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国アモイ国際茶産業博覧会が開幕福建省

    15日、博覧会で茶器を見る来場者。中国福建省アモイ市で15日、2020年中国アモイ国際茶産業(秋季)博覧会が開幕した。7万5千平方メートルの展示スペースで茶葉や茶器、茶の包装、美学などを紹介する。専門性と国際性を備えた博覧会は、茶産業の関係者が製品や情報を入手し、業界の発展を模索する場となっている。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第16回海峡両岸図書交易会、福建省アモイで開催

    15日、第16回海峡両岸図書交易会の会場。中国福建省アモイ市で14日から3日間、第16回海峡両岸(中国の大陸と台湾)図書交易会が開催された。海峡両岸の出版社400社が出展し、新書やベストセラー、優良書籍など約10万冊を展示。会期中は両岸の出版業に関する展示や出版物の販売、版権取引、両岸出版関係者によるサミットフォーラム、第25回華文出版年次総会などの特別交流イベントが行われた。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国アモイ国際茶産業博覧会が開幕福建省

    15日、博覧会を見学する来場者。中国福建省アモイ市で15日、2020年中国アモイ国際茶産業(秋季)博覧会が開幕した。7万5千平方メートルの展示スペースで茶葉や茶器、茶の包装、美学などを紹介する。専門性と国際性を備えた博覧会は、茶産業の関係者が製品や情報を入手し、業界の発展を模索する場となっている。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省

    15日、会場内を見学する来場者。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省

    15日、会場に展示された仏像。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省

    15日、会場に展示された仏像。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省

    15日、さまざまな材質の関羽や大黒天、寿老人などの像。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省

    15日、会場に展示された仏像。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国アモイ国際茶産業博覧会が開幕福建省

    15日、博覧会を見学する来場者。中国福建省アモイ市で15日、2020年中国アモイ国際茶産業(秋季)博覧会が開幕した。7万5千平方メートルの展示スペースで茶葉や茶器、茶の包装、美学などを紹介する。専門性と国際性を備えた博覧会は、茶産業の関係者が製品や情報を入手し、業界の発展を模索する場となっている。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第16回海峡両岸図書交易会、福建省アモイで開催

    15日、会場で本を閲覧する来場者。中国福建省アモイ市で14日から3日間、第16回海峡両岸(中国の大陸と台湾)図書交易会が開催された。海峡両岸の出版社400社が出展し、新書やベストセラー、優良書籍など約10万冊を展示。会期中は両岸の出版業に関する展示や出版物の販売、版権取引、両岸出版関係者によるサミットフォーラム、第25回華文出版年次総会などの特別交流イベントが行われた。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国アモイ国際茶産業博覧会が開幕福建省

    15日、博覧会で茶器を見る来場者。中国福建省アモイ市で15日、2020年中国アモイ国際茶産業(秋季)博覧会が開幕した。7万5千平方メートルの展示スペースで茶葉や茶器、茶の包装、美学などを紹介する。専門性と国際性を備えた博覧会は、茶産業の関係者が製品や情報を入手し、業界の発展を模索する場となっている。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国アモイ国際茶産業博覧会が開幕福建省

    15日、中国アモイ国際茶産業博覧会会場の空間展示。中国福建省アモイ市で15日、2020年中国アモイ国際茶産業(秋季)博覧会が開幕した。7万5千平方メートルの展示スペースで茶葉や茶器、茶の包装、美学などを紹介する。専門性と国際性を備えた博覧会は、茶産業の関係者が製品や情報を入手し、業界の発展を模索する場となっている。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国アモイ国際茶産業博覧会が開幕福建省

    15日、博覧会で展示された茶器。中国福建省アモイ市で15日、2020年中国アモイ国際茶産業(秋季)博覧会が開幕した。7万5千平方メートルの展示スペースで茶葉や茶器、茶の包装、美学などを紹介する。専門性と国際性を備えた博覧会は、茶産業の関係者が製品や情報を入手し、業界の発展を模索する場となっている。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    第16回海峡両岸図書交易会、福建省アモイで開催

    15日、第16回海峡両岸図書交易会メイン会場の一角。中国福建省アモイ市で14日から3日間、第16回海峡両岸(中国の大陸と台湾)図書交易会が開催された。海峡両岸の出版社400社が出展し、新書やベストセラー、優良書籍など約10万冊を展示。会期中は両岸の出版業に関する展示や出版物の販売、版権取引、両岸出版関係者によるサミットフォーラム、第25回華文出版年次総会などの特別交流イベントが行われた。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    福建省最古の仏教寺院の一つ、梵天寺を訪ねて

    14日、金剛殿のそばにある弘一法師(李叔同)自筆の扁額が掲げられた脇門。中国福建省アモイ市同安区大輪山の南麓にある梵天(ぼんてん)寺は、同省最古の仏教寺院の一つで、隋の開皇元年(581年)に創建された。旧名は興教寺。北宋の熙寧2(1069)年に梵天禅寺と改名された。境内には宋の元祐年間(1086~1094年)に建てられた婆羅門(バラモン)仏塔があり、中国古代の宗教史や石彫芸術を研究するための重要な実物資料となっている。1961年に第1次省級文物保護単位(重要文化財)に指定され、1997年9月24日には再建落成式と仏像開眼式が行われた。豊かな自然と人文景観から「アモイ二十景」にも選ばれている。(アモイ=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    福建省最古の仏教寺院の一つ、梵天寺を訪ねて

    14日、梵天禅寺の婆羅門仏塔。中国福建省アモイ市同安区大輪山の南麓にある梵天(ぼんてん)寺は、同省最古の仏教寺院の一つで、隋の開皇元年(581年)に創建された。旧名は興教寺。北宋の熙寧2(1069)年に梵天禅寺と改名された。境内には宋の元祐年間(1086~1094年)に建てられた婆羅門(バラモン)仏塔があり、中国古代の宗教史や石彫芸術を研究するための重要な実物資料となっている。1961年に第1次省級文物保護単位(重要文化財)に指定され、1997年9月24日には再建落成式と仏像開眼式が行われた。豊かな自然と人文景観から「アモイ二十景」にも選ばれている。(アモイ=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    福建省最古の仏教寺院の一つ、梵天寺を訪ねて

    14日、梵天禅寺の魁星閣。中国福建省アモイ市同安区大輪山の南麓にある梵天(ぼんてん)寺は、同省最古の仏教寺院の一つで、隋の開皇元年(581年)に創建された。旧名は興教寺。北宋の熙寧2(1069)年に梵天禅寺と改名された。境内には宋の元祐年間(1086~1094年)に建てられた婆羅門(バラモン)仏塔があり、中国古代の宗教史や石彫芸術を研究するための重要な実物資料となっている。1961年に第1次省級文物保護単位(重要文化財)に指定され、1997年9月24日には再建落成式と仏像開眼式が行われた。豊かな自然と人文景観から「アモイ二十景」にも選ばれている。(アモイ=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    福建省最古の仏教寺院の一つ、梵天寺を訪ねて

    14日、梵天禅寺の境内の一角。中国福建省アモイ市同安区大輪山の南麓にある梵天(ぼんてん)寺は、同省最古の仏教寺院の一つで、隋の開皇元年(581年)に創建された。旧名は興教寺。北宋の熙寧2(1069)年に梵天禅寺と改名された。境内には宋の元祐年間(1086~1094年)に建てられた婆羅門(バラモン)仏塔があり、中国古代の宗教史や石彫芸術を研究するための重要な実物資料となっている。1961年に第1次省級文物保護単位(重要文化財)に指定され、1997年9月24日には再建落成式と仏像開眼式が行われた。豊かな自然と人文景観から「アモイ二十景」にも選ばれている。(アモイ=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    福建省最古の仏教寺院の一つ、梵天寺を訪ねて

    14日、梵天禅寺の大悲殿。中国福建省アモイ市同安区大輪山の南麓にある梵天(ぼんてん)寺は、同省最古の仏教寺院の一つで、隋の開皇元年(581年)に創建された。旧名は興教寺。北宋の熙寧2(1069)年に梵天禅寺と改名された。境内には宋の元祐年間(1086~1094年)に建てられた婆羅門(バラモン)仏塔があり、中国古代の宗教史や石彫芸術を研究するための重要な実物資料となっている。1961年に第1次省級文物保護単位(重要文化財)に指定され、1997年9月24日には再建落成式と仏像開眼式が行われた。豊かな自然と人文景観から「アモイ二十景」にも選ばれている。(アモイ=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    福建省最古の仏教寺院の一つ、梵天寺を訪ねて

    14日、梵天禅寺の山門。中国福建省アモイ市同安区大輪山の南麓にある梵天(ぼんてん)寺は、同省最古の仏教寺院の一つで、隋の開皇元年(581年)に創建された。旧名は興教寺。北宋の熙寧2(1069)年に梵天禅寺と改名された。境内には宋の元祐年間(1086~1094年)に建てられた婆羅門(バラモン)仏塔があり、中国古代の宗教史や石彫芸術を研究するための重要な実物資料となっている。1961年に第1次省級文物保護単位(重要文化財)に指定され、1997年9月24日には再建落成式と仏像開眼式が行われた。豊かな自然と人文景観から「アモイ二十景」にも選ばれている。(アモイ=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    福建省最古の仏教寺院の一つ、梵天寺を訪ねて

    14日、梵天禅寺の大雄宝殿。中国福建省アモイ市同安区大輪山の南麓にある梵天(ぼんてん)寺は、同省最古の仏教寺院の一つで、隋の開皇元年(581年)に創建された。旧名は興教寺。北宋の熙寧2(1069)年に梵天禅寺と改名された。境内には宋の元祐年間(1086~1094年)に建てられた婆羅門(バラモン)仏塔があり、中国古代の宗教史や石彫芸術を研究するための重要な実物資料となっている。1961年に第1次省級文物保護単位(重要文化財)に指定され、1997年9月24日には再建落成式と仏像開眼式が行われた。豊かな自然と人文景観から「アモイ二十景」にも選ばれている。(アモイ=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    福建省最古の仏教寺院の一つ、梵天寺を訪ねて

    14日、蔵経閣から望む大悲殿。中国福建省アモイ市同安区大輪山の南麓にある梵天(ぼんてん)寺は、同省最古の仏教寺院の一つで、隋の開皇元年(581年)に創建された。旧名は興教寺。北宋の熙寧2(1069)年に梵天禅寺と改名された。境内には宋の元祐年間(1086~1094年)に建てられた婆羅門(バラモン)仏塔があり、中国古代の宗教史や石彫芸術を研究するための重要な実物資料となっている。1961年に第1次省級文物保護単位(重要文化財)に指定され、1997年9月24日には再建落成式と仏像開眼式が行われた。豊かな自然と人文景観から「アモイ二十景」にも選ばれている。(アモイ=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    福建省最古の仏教寺院の一つ、梵天寺を訪ねて

    14日、梵天禅寺の天王殿。中国福建省アモイ市同安区大輪山の南麓にある梵天(ぼんてん)寺は、同省最古の仏教寺院の一つで、隋の開皇元年(581年)に創建された。旧名は興教寺。北宋の熙寧2(1069)年に梵天禅寺と改名された。境内には宋の元祐年間(1086~1094年)に建てられた婆羅門(バラモン)仏塔があり、中国古代の宗教史や石彫芸術を研究するための重要な実物資料となっている。1961年に第1次省級文物保護単位(重要文化財)に指定され、1997年9月24日には再建落成式と仏像開眼式が行われた。豊かな自然と人文景観から「アモイ二十景」にも選ばれている。(アモイ=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:20.98
    2020年10月06日
    「新華社」中国で活躍する日本人経営者「アモイと共に成長する」

    中国福建省アモイ市にある日本の電動パワーステアリング製造大手ジェイテクトの中国法人、捷太格特転向系統(アモイ)総経理の藤井良氏は、アモイは開放度が高く、優遇政策も多いため、外資企業が安心して拠点を置き生産ができると指摘。今後、同社はさらに増資と増産を実施し、アモイと共に成長し、自身も社員と共に努力し、地元の発展に貢献していきたいという。同氏によると、ジェイテクトは2005年、アモイの豊かな人的資源と港湾都市としての交通の利便性を見込んで工場を進出。地元政府の良質なサービスと支援政策のおかげで、力強い発展を遂げているという。新型コロナウイルスの影響でクライアントの需要とサプライチェーンが打撃を受け、今年2~3月の生産能力は計画の3割程度まで落ち込んだものの、中国政府の操業・生産再開への力強い後押しにより、迅速に回復した。捷太格特転向系統(アモイ)藤井良総経理新型コロナウイルスにより、われわれだけではなく、自動車業界全般が非常に苦戦していた。その中で中国がコロナに即座に対応してくれたおかげで、中国市場の回復が非常に早かった。その分われわれも、中国市場の今後に対する期待を高く持っている。(記者/陳旺、付敏)<映像内容>ジェイテクトの中国法人、日本人経営者のインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:29.00
    2020年10月06日
    「新華社」日系企業の生産拡大と中国への投資続く福建省アモイ市

    中国福建省アモイ市にある数多くの日系企業はこのところ、新型コロナウイルス感染症の流行や他の要因で引き起こされた需給面での圧力に向き合いながら、全面的に生産を再開すると同時に計画通りの生産規模の拡大と投資の増加を続けており、中国投資への自信は衰えていない。フラットパネルディスプレイ用ガラス大手日本電気硝子の中国法人、電気硝子玻璃(アモイ)の大橋伸夫総経理は、製品の生産には水、電気、ガスの安定的な供給が非常に重要で、発達した港湾物流も必要だが、アモイはこれら全ての面で優れていると述べた。同社は今年、20億元(1元=16円)余りを追加投資して第3期建設工事を実施、完成後の生産規模は現在の1・5倍に拡大するという。NC放電機加工機大手ソディックの中国法人、沙迪克(アモイ)の土屋隆総経理は、中国市場はグループ全体の発展にとって最も重要で、アモイ工場はグループで最も生産効率が高く、優秀な経営をしていると強調。今年の新型コロナ感染症発生当初には、現地政府が同社にマスクなどの防疫物資を提供、生産再開を強力に後押ししたことで、今年の生産は計画通り、もしくはそれ以上になる見込みだという。土屋氏によると、同社は今後もアモイでの生産と投資の拡大を続けるという。現在進んでいる第2期建設工事への投資額は6千万元余りで、生産開始後は年間生産高が2億5千万元増加すると見込んでいる。電動パワーステアリング製造大手ジェイテクトの中国法人、捷太格特転向系統(アモイ)は顧客とサプライチェーンの影響を受け、今年2~3月の生産は計画の3割程度に留まった。しかし、国内の物流がスムーズになると部品の供給は基本的に回復し、生産能力も急速に上昇した。同社の藤井良総経理によると、第3期工場建設が進んでおり、建設面積は2万平方メートル余りで、併設の職員食堂や寮も同時に建設しているという。(記者/陳旺、付敏)<映像内容>アモイ市にある日系企業の生産の様子、アモイ市の風景、日系企業のインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月20日
    アモイで第12回海峡フォーラム開催汪洋氏がビデオ祝辞

    20日、第12回海峡フォーラムでビデオ祝辞を述べる汪洋氏。中国福建省アモイ市で20日、第12回海峡フォーラムが開かれ、汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議(政協)全国委員会主席がビデオ形式で祝辞を述べた。(アモイ=新華社記者/李濤)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    アモイ市で第18回海峡青年フォーラム開幕

    19日、フォーラムの開幕式でオンラインであいさつする中華全国青年聯合会の徐暁(じょ・ぎょう)副主席。中国福建省アモイ市で19日、「両岸青年の融合・発展のチャンスと挑戦」をテーマにした第18回海峡青年フォーラムの開幕式とメインフォーラムが開催された。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    アモイ市で第18回海峡青年フォーラム開幕

    19日、第18回海峡青年フォーラムの開幕式で行われた台湾地区青年を指導する「創業指導者」の標章の授与式。中国福建省アモイ市で19日、「両岸青年の融合・発展のチャンスと挑戦」をテーマにした第18回海峡青年フォーラムの開幕式とメインフォーラムが開催された。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    アモイ市で第18回海峡青年フォーラム開幕

    19日、フォーラムでアモイ在住の台湾地区青年、朱慧寧(しゅ・けいねい)さん(ステージ右)の経歴について、オンラインで語る台湾の著名な時事評論家、邱毅(きゅう・き)氏。中国福建省アモイ市で19日、「両岸青年の融合・発展のチャンスと挑戦」をテーマにした第18回海峡青年フォーラムの開幕式とメインフォーラムが開催された。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    アモイ市で第18回海峡青年フォーラム開幕

    19日、フォーラムの開幕式で、記者の取材に応じる広東省広州市の広州台湾青年之家の会長、鄭明嘉氏(右端)。中国福建省アモイ市で19日、「両岸青年の融合・発展のチャンスと挑戦」をテーマにした第18回海峡青年フォーラムの開幕式とメインフォーラムが開催された。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    アモイ市で第18回海峡青年フォーラム開幕

    19日、フォーラムで自身の創業の経験を語るアモイ在住の台湾地区青年、朱慧寧(しゅ・けいねい)さん(右)。中国福建省アモイ市で19日、「両岸青年の融合・発展のチャンスと挑戦」をテーマにした第18回海峡青年フォーラムの開幕式とメインフォーラムが開催された。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    アモイ市で第18回海峡青年フォーラム開幕

    19日、フォーラムの開幕式でオンラインであいさつする台湾地区主催者側の責任者、黄栄護(こう・えいご)氏。中国福建省アモイ市で19日、「両岸青年の融合・発展のチャンスと挑戦」をテーマにした第18回海峡青年フォーラムの開幕式とメインフォーラムが開催された。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    アモイ市で第18回海峡青年フォーラム開幕

    19日、オンラインでアモイのメイン会場の台湾地区青年に質問する、台北サブ会場の大学生。中国福建省アモイ市で19日、「両岸青年の融合・発展のチャンスと挑戦」をテーマにした第18回海峡青年フォーラムの開幕式とメインフォーラムが開催された。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    アモイ市で第18回海峡青年フォーラム開幕

    19日、フォーラムで広東省広州市在住の広州台湾青年之家会長の台湾地区青年、鄭明嘉氏(ステージ右)の経歴について、オンラインで語る中華全国青年聯合会副主席、第13期全国政協港澳台僑委員会委員の霍啓剛(かく・けいごう)氏。中国福建省アモイ市で19日、「両岸青年の融合・発展のチャンスと挑戦」をテーマにした第18回海峡青年フォーラムの開幕式とメインフォーラムが開催された。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    アモイ市で第18回海峡青年フォーラム開幕

    19日、フォーラムで自身の創業の経験を語るアモイ在住の台湾地区青年、朱慧寧(しゅ・けいねい)さん(右)。中国福建省アモイ市で19日、「両岸青年の融合・発展のチャンスと挑戦」をテーマにした第18回海峡青年フォーラムの開幕式とメインフォーラムが開催された。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    アモイ市で第18回海峡青年フォーラム開幕

    19日、フォーラムで台湾地区青年の創業の状況について、オンラインで紹介する台湾の著名な時事評論家、黄智賢(こう・ちけん)氏。中国福建省アモイ市で19日、「両岸青年の融合・発展のチャンスと挑戦」をテーマにした第18回海峡青年フォーラムの開幕式とメインフォーラムが開催された。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    アモイ市で第18回海峡青年フォーラム開幕

    19日、フォーラムで自身の創業の経験を語る湖北省武漢市在住の台湾地区青年、薛穎穜(せつ・えいとう)さん。中国福建省アモイ市で19日、「両岸青年の融合・発展のチャンスと挑戦」をテーマにした第18回海峡青年フォーラムの開幕式とメインフォーラムが開催された。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5