KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 貴州省
  • 天文学者
  • 効率
  • リード
  • 地位
  • 海外
  • 北京
  • ネイチャー
  • 技術

「中国科学院国家天文台」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
32
( 1 32 件を表示)
  • 1
32
( 1 32 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年04月18日
    劉彩品と夫の木村博 夢の東アジア天文台

    4月初め、日中韓台の天文学者の会議に出席するため、北京の中国科学院国家天文台を訪れた劉彩品(左)と夫の木村博。東京大学で天文学を学んだ夫妻は1971年7月、文革中の中国に渡り、南京にある紫金山天文台の研究者となった(撮影・佐渡多真子、共同)

    商品コード: 2012041800296

  • 2019年02月15日
    嫦娥4号の着陸地点、「天河基地」と命名

    15日、記者会見で説明する「嫦娥4号」地上応用システムの責任者で中国科学院国家天文台副台長の李春来(り・しゅんらい)氏。中国国家航天局と中国科学院、国際天文学連合(IAU)は15日、記者会見を開き、先月初めに世界初となる月の裏側への着陸に成功した中国の月探査機「嫦娥4号」の着陸地点を「天河基地」と命名したと発表した。また着陸地点の周囲に三角形を作るように並ぶ三つのクレーターを「織女」「河鼓」「天津」、着陸したフォン・カルマン・クレーターの中央峰を「泰山」と命名した。記者会見によると、月探査プロジェクト「嫦娥2号」と「嫦娥4号」の高解像度月面映像データを利用して申請した「嫦娥4号」の着陸地点を含む五つの地点に対する名称は4日、IAUに承認された。これにより、中国の月探査プロジェクトはその科学的データが月面の地理実体の命名において活用され、新たな重要な成果を収めた。(北京=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800433

  • 2019年11月28日
    中国の天文学者、最大級の恒星ブラックホールを発見

    LAMOSTを使って発見した最大級の恒星ブラックホール「LB-1」(オレンジ)と、重力波イベントを起こしたブラックホール(青)、X線観測で発見されたブラックホール(紫)の質量分布を示す図。中国科学院国家天文台は28日、同天文台の研究チームが「郭守敬(かく・しゅけい)望遠鏡」(LAMOST)を使い、これまでで最も大きい質量を持つ恒星ブラックホール「LB-1」を発見したことを明らかにした。研究成果は同日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。「LB-1」は太陽の70倍の質量を持ち、従来の理論に基づいて考えられていた質量の上限をはるかに超えており、恒星ブラックホール形成についての一般的な認識を覆し、恒星の進化とブラックホール形成の理論を革新することが期待される。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200553

  • 2019年11月28日
    中国の天文学者、最大級の恒星ブラックホールを発見

    LAMOSTを使って発見した最大級の恒星ブラックホール「LB-1」のイメージ図。中国科学院国家天文台は28日、同天文台の研究チームが「郭守敬(かく・しゅけい)望遠鏡」(LAMOST)を使い、これまでで最も大きい質量を持つ恒星ブラックホール「LB-1」を発見したことを明らかにした。研究成果は同日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。「LB-1」は太陽の70倍の質量を持ち、従来の理論に基づいて考えられていた質量の上限をはるかに超えており、恒星ブラックホール形成についての一般的な認識を覆し、恒星の進化とブラックホール形成の理論を革新することが期待される。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200575

  • 2019年11月28日
    中国の天文学者、最大級の恒星ブラックホールを発見

    LAMOSTを使って発見した最大級の恒星ブラックホール「LB-1」のイメージ図。中央付近の黒い点がブラックホールを示している。中国科学院国家天文台は28日、同天文台の研究チームが「郭守敬(かく・しゅけい)望遠鏡」(LAMOST)を使い、これまでで最も大きい質量を持つ恒星ブラックホール「LB-1」を発見したことを明らかにした。研究成果は同日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。「LB-1」は太陽の70倍の質量を持ち、従来の理論に基づいて考えられていた質量の上限をはるかに超えており、恒星ブラックホール形成についての一般的な認識を覆し、恒星の進化とブラックホール形成の理論を革新することが期待される。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200556

  • 00:54.18
    2020年01月11日
    「新華社」中国の巨大電波望遠鏡「天眼」が正式稼働国内外への開放を強化

    中国の500メートル球面電波望遠鏡(FAST)、通称「天眼」が11日、国の検収に合格し、3年にわたる調整期間を経て正式に稼働を開始した。今後は高効率で安定した運用に力を入れ、国内外への開放と共用を強化する。「天眼」は、貴州省平塘県に建設された単口径では世界最大の電波望遠鏡。建設過程では巨大なサイズや超高精度などの技術的難題を解決してきた。国家検収委員会の専門家は「天眼」の各指標がいずれも承認された検収指標に達しているかそれを上回っていると指摘。一部の基幹技術は世界のトップレベルに達したと述べた。「天眼」が持つ高感度性は今後3~5年、低周波重力波の検出や高速電波バーストの起源、星間分子などの最先端分野で進展を生み出すことが見込まれる。中国科学院国家天文台は現在、国内外の専門家を積極的に組織し「天眼」の優れた性能をいかに発揮するかを研究しており、国内外への開放と共用を強化することで、重要な成果の実現を目指している。(記者/楊焱彬、劉勤兵、呉思)<映像内容>巨大電波望遠鏡「天眼」の空撮、撮影日:2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322900

  • 01:24.02
    2020年04月27日
    「新華社」三日月をかすめる「光の鎖」北京市で観測

    中国北京市で27日午後8時40分(日本時間同9時40分)ごろ、米国の宇宙ベンチャーが打ち上げた人工衛星「スターリンク」が上空を通過した。太陽光を反射した人工衛星がまるで星のように輝き、「光の鎖」となって夜空の三日月をかすめながら動く、幻想的な光景が見られた。(中国科学院国家天文台提供)<映像内容>人工衛星「スターリンク」が上空を通過する様子、撮影日:2020(令和2)年4月27日、クレジット:中国科学院国家天文台/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051302705

  • 01:11.42
    2021年01月07日
    「新華社」電波望遠鏡「中国天眼」、4月から世界の科学界に向け開放

    中国貴州省にある500メートル口径球面電波望遠鏡(FAST)、通称「中国天眼」は4月1日から、世界中の科学者による観測申請の募集を開始し、世界の科学界に向け正式に開放されることになった。中国科学院国家天文台「中国天眼」運営・発展センターによると、4月1日より各国の科学者はオンラインで国家天文台に観測申請が提出可能となる。申請されたプロジェクトは「中国天眼」科学委員会と時間配分委員会が審査し、プロジェクト選抜提案を提出。選ばれたプロジェクトには、8月1日より観測スケジュールが割り当てられるという。同センターの常務副主任でチーフエンジニアの姜鵬(きょう・ほう)氏によると、世界の科学界への開放初年は、全体の約1割の時間が国外の科学者に分配されるという。「中国天眼」は科学目標と関連の戦略計画に基づき、複数の優先・大規模プロジェクトが既に確定している。その中には多分野の科学目標のためのドリフトスキャンサーベイ、中性水素星雲サーベイ、銀河系偏光サーベイ、パルサーのタイミング観測、高速電波バースト観測などが含まれるが、観測申請はこれらの分野に限定されない。「中国天眼」は昨年1月11日に正式に稼働開始した。(記者/劉勤兵、楊焱彬、斉健) =配信日: 2021(令和3)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010801713

  • 2021年03月10日
    (1)砂漠と星空を頼りに、「摘星小鎮」を建設甘粛省民勤県

    4日、民勤県の「摘星小鎮」。(小型無人機から)中国甘粛省武威市民勤県はトングリ砂漠とバダインジャラン砂漠に囲まれ、年間を通して晴れの日が多く、光害も少ない。同県はここ数年、砂漠や星空といった独特な資源を頼りに、中国科学院国家天文台と協力して、研究観測や天文科学の普及、観光・レジャーをテーマとした特色ある町「摘星小鎮」の建設を進め、地元の観光発展を後押ししている。(民勤=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031004293

  • 2021年03月10日
    (2)砂漠と星空を頼りに、「摘星小鎮」を建設甘粛省民勤県

    4日、「摘星小鎮」にある天文科学普及館。中国甘粛省武威市民勤県はトングリ砂漠とバダインジャラン砂漠に囲まれ、年間を通して晴れの日が多く、光害も少ない。同県はここ数年、砂漠や星空といった独特な資源を頼りに、中国科学院国家天文台と協力して、研究観測や天文科学の普及、観光・レジャーをテーマとした特色ある町「摘星小鎮」の建設を進め、地元の観光発展を後押ししている。(民勤=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031004295

  • 2021年03月10日
    (3)砂漠と星空を頼りに、「摘星小鎮」を建設甘粛省民勤県

    4日、「摘星小鎮」にある天文科学普及館。中国甘粛省武威市民勤県はトングリ砂漠とバダインジャラン砂漠に囲まれ、年間を通して晴れの日が多く、光害も少ない。同県はここ数年、砂漠や星空といった独特な資源を頼りに、中国科学院国家天文台と協力して、研究観測や天文科学の普及、観光・レジャーをテーマとした特色ある町「摘星小鎮」の建設を進め、地元の観光発展を後押ししている。(民勤=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031004294

  • 2021年07月12日
    (2)「嫦娥5号」月試料の研究活動が正式発足

    12日、中国科学院国家天文台で行われた月科学研究試料第1陣の引き渡し式。中国国家航天局月探査・宇宙飛行プロジェクトセンターが12日、北京で「嫦娥5号」任務の月科学研究試料第1陣の引き渡し式を行った。これにより、月試料の科学研究活動が正式に発足した。(北京=新華社配信/張高翔)= 配信日: 2021(令和3)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071302538

  • 2021年07月12日
    (1)「嫦娥5号」月試料の研究活動が正式発足

    12日、中国科学院国家天文台で行われた月科学研究試料第1陣の引き渡し式。中国国家航天局月探査・宇宙飛行プロジェクトセンターが12日、北京で「嫦娥5号」任務の月科学研究試料第1陣の引き渡し式を行った。これにより、月試料の科学研究活動が正式に発足した。(北京=新華社配信/張高翔)= 配信日: 2021(令和3)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071302558

  • 2021年12月16日
    (9)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、500個以上のパルサーを発見

    貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(3月31日撮影、小型無人機から)中国科学院国家天文台が2017年10月10日に初めてパルサー発見を発表して以来、「中国天眼」として知られる500メートル球面電波望遠鏡(FAST)は、これまでに500個以上の新たなパルサーを発見してきた。中国の天文学者は、低周波電波帯域で世界有数の観測能力を誇る「中国天眼」によって、パルサー探索能力と効率の点で海外のチームをリードする地位にある。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121609734

  • 2021年12月16日
    (16)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、500個以上のパルサーを発見

    貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(3月29日撮影、小型無人機から)中国科学院国家天文台が2017年10月10日に初めてパルサー発見を発表して以来、「中国天眼」として知られる500メートル球面電波望遠鏡(FAST)は、これまでに500個以上の新たなパルサーを発見してきた。中国の天文学者は、低周波電波帯域で世界有数の観測能力を誇る「中国天眼」によって、パルサー探索能力と効率の点で海外のチームをリードする地位にある。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121609733

  • 2021年12月16日
    (2)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、500個以上のパルサーを発見

    貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(3月30日撮影、小型無人機から)中国科学院国家天文台が2017年10月10日に初めてパルサー発見を発表して以来、「中国天眼」として知られる500メートル球面電波望遠鏡(FAST)は、これまでに500個以上の新たなパルサーを発見してきた。中国の天文学者は、低周波電波帯域で世界有数の観測能力を誇る「中国天眼」によって、パルサー探索能力と効率の点で海外のチームをリードする地位にある。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121609718

  • 2021年12月16日
    (1)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、500個以上のパルサーを発見

    貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(3月28日撮影、小型無人機から)中国科学院国家天文台が2017年10月10日に初めてパルサー発見を発表して以来、「中国天眼」として知られる500メートル球面電波望遠鏡(FAST)は、これまでに500個以上の新たなパルサーを発見してきた。中国の天文学者は、低周波電波帯域で世界有数の観測能力を誇る「中国天眼」によって、パルサー探索能力と効率の点で海外のチームをリードする地位にある。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121609719

  • 2021年12月16日
    (5)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、500個以上のパルサーを発見

    貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(3月31日撮影、小型無人機から)中国科学院国家天文台が2017年10月10日に初めてパルサー発見を発表して以来、「中国天眼」として知られる500メートル球面電波望遠鏡(FAST)は、これまでに500個以上の新たなパルサーを発見してきた。中国の天文学者は、低周波電波帯域で世界有数の観測能力を誇る「中国天眼」によって、パルサー探索能力と効率の点で海外のチームをリードする地位にある。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121609722

  • 2021年12月16日
    (6)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、500個以上のパルサーを発見

    暗闇の中で輝く貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(3月29日撮影)中国科学院国家天文台が2017年10月10日に初めてパルサー発見を発表して以来、「中国天眼」として知られる500メートル球面電波望遠鏡(FAST)は、これまでに500個以上の新たなパルサーを発見してきた。中国の天文学者は、低周波電波帯域で世界有数の観測能力を誇る「中国天眼」によって、パルサー探索能力と効率の点で海外のチームをリードする地位にある。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121609723

  • 2021年12月16日
    (8)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、500個以上のパルサーを発見

    貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(3月31日撮影、小型無人機から)中国科学院国家天文台が2017年10月10日に初めてパルサー発見を発表して以来、「中国天眼」として知られる500メートル球面電波望遠鏡(FAST)は、これまでに500個以上の新たなパルサーを発見してきた。中国の天文学者は、低周波電波帯域で世界有数の観測能力を誇る「中国天眼」によって、パルサー探索能力と効率の点で海外のチームをリードする地位にある。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121609727

  • 2021年12月16日
    (14)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、500個以上のパルサーを発見

    暗闇の中で輝く貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(3月30日撮影)中国科学院国家天文台が2017年10月10日に初めてパルサー発見を発表して以来、「中国天眼」として知られる500メートル球面電波望遠鏡(FAST)は、これまでに500個以上の新たなパルサーを発見してきた。中国の天文学者は、低周波電波帯域で世界有数の観測能力を誇る「中国天眼」によって、パルサー探索能力と効率の点で海外のチームをリードする地位にある。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121609729

  • 2021年12月16日
    (12)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、500個以上のパルサーを発見

    貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(3月29日撮影)中国科学院国家天文台が2017年10月10日に初めてパルサー発見を発表して以来、「中国天眼」として知られる500メートル球面電波望遠鏡(FAST)は、これまでに500個以上の新たなパルサーを発見してきた。中国の天文学者は、低周波電波帯域で世界有数の観測能力を誇る「中国天眼」によって、パルサー探索能力と効率の点で海外のチームをリードする地位にある。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121609730

  • 2021年12月16日
    (10)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、500個以上のパルサーを発見

    貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(3月29日撮影、小型無人機から)中国科学院国家天文台が2017年10月10日に初めてパルサー発見を発表して以来、「中国天眼」として知られる500メートル球面電波望遠鏡(FAST)は、これまでに500個以上の新たなパルサーを発見してきた。中国の天文学者は、低周波電波帯域で世界有数の観測能力を誇る「中国天眼」によって、パルサー探索能力と効率の点で海外のチームをリードする地位にある。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121609728

  • 2021年12月16日
    (13)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、500個以上のパルサーを発見

    貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(3月30日撮影、小型無人機から)中国科学院国家天文台が2017年10月10日に初めてパルサー発見を発表して以来、「中国天眼」として知られる500メートル球面電波望遠鏡(FAST)は、これまでに500個以上の新たなパルサーを発見してきた。中国の天文学者は、低周波電波帯域で世界有数の観測能力を誇る「中国天眼」によって、パルサー探索能力と効率の点で海外のチームをリードする地位にある。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121609735

  • 2021年12月16日
    (15)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、500個以上のパルサーを発見

    暗闇の中で輝く貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(3月28日撮影)中国科学院国家天文台が2017年10月10日に初めてパルサー発見を発表して以来、「中国天眼」として知られる500メートル球面電波望遠鏡(FAST)は、これまでに500個以上の新たなパルサーを発見してきた。中国の天文学者は、低周波電波帯域で世界有数の観測能力を誇る「中国天眼」によって、パルサー探索能力と効率の点で海外のチームをリードする地位にある。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121609736

  • 2021年12月16日
    (3)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、500個以上のパルサーを発見

    貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(3月29日撮影)中国科学院国家天文台が2017年10月10日に初めてパルサー発見を発表して以来、「中国天眼」として知られる500メートル球面電波望遠鏡(FAST)は、これまでに500個以上の新たなパルサーを発見してきた。中国の天文学者は、低周波電波帯域で世界有数の観測能力を誇る「中国天眼」によって、パルサー探索能力と効率の点で海外のチームをリードする地位にある。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121609721

  • 2021年12月16日
    (7)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、500個以上のパルサーを発見

    貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(3月31日撮影、小型無人機から)中国科学院国家天文台が2017年10月10日に初めてパルサー発見を発表して以来、「中国天眼」として知られる500メートル球面電波望遠鏡(FAST)は、これまでに500個以上の新たなパルサーを発見してきた。中国の天文学者は、低周波電波帯域で世界有数の観測能力を誇る「中国天眼」によって、パルサー探索能力と効率の点で海外のチームをリードする地位にある。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121609724

  • 2021年12月16日
    (4)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、500個以上のパルサーを発見

    貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(3月30日撮影、小型無人機から)中国科学院国家天文台が2017年10月10日に初めてパルサー発見を発表して以来、「中国天眼」として知られる500メートル球面電波望遠鏡(FAST)は、これまでに500個以上の新たなパルサーを発見してきた。中国の天文学者は、低周波電波帯域で世界有数の観測能力を誇る「中国天眼」によって、パルサー探索能力と効率の点で海外のチームをリードする地位にある。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121609726

  • 2021年12月16日
    (11)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、500個以上のパルサーを発見

    貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(3月29日撮影、小型無人機から)中国科学院国家天文台が2017年10月10日に初めてパルサー発見を発表して以来、「中国天眼」として知られる500メートル球面電波望遠鏡(FAST)は、これまでに500個以上の新たなパルサーを発見してきた。中国の天文学者は、低周波電波帯域で世界有数の観測能力を誇る「中国天眼」によって、パルサー探索能力と効率の点で海外のチームをリードする地位にある。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121609739

  • 2022年01月08日
    (5)巨大電波望遠鏡「中国天眼」の科学成果発表中国科学院

    5日、FASTの高速電波バースト分野での重大な成果について説明する中国科学院国家天文台の王培(おう・ばい)氏。中国科学院はこのほど国家天文台で記者発表会を開き、貴州省で稼働中の500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「中国天眼」)の重要な科学成果を発表した。同天文台はFASTを全世界に開放し、質の高い運用をして得た科学成果として、HINSA(HINarrowSelf-Absorption)と呼ぶ水素原子スペクトル線の観測によって星間磁場を測定するオリジナルの手法が大きく進展し、研究成果が英科学誌「ネイチャー」の1月6日号に掲載されたと紹介した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2022(令和4)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010807665

  • 2022年01月08日
    (1)巨大電波望遠鏡「中国天眼」の科学成果発表中国科学院

    5日、中国科学院国家天文台で行われた記者発表会。中国科学院はこのほど国家天文台で記者発表会を開き、貴州省で稼働中の500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「中国天眼」)の重要な科学成果を発表した。同天文台はFASTを全世界に開放し、質の高い運用をして得た科学成果として、HINSA(HINarrowSelf-Absorption)と呼ぶ水素原子スペクトル線の観測によって星間磁場を測定するオリジナルの手法が大きく進展し、研究成果が英科学誌「ネイチャー」の1月6日号に掲載されたと紹介した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2022(令和4)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010807649

  • 2022年01月08日
    (4)巨大電波望遠鏡「中国天眼」の科学成果発表中国科学院

    5日、FASTのパルサー探索での重要な進展について説明する中国科学院国家天文台の韓金林(かん・きんりん)氏。中国科学院はこのほど国家天文台で記者発表会を開き、貴州省で稼働中の500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「中国天眼」)の重要な科学成果を発表した。同天文台はFASTを全世界に開放し、質の高い運用をして得た科学成果として、HINSA(HINarrowSelf-Absorption)と呼ぶ水素原子スペクトル線の観測によって星間磁場を測定するオリジナルの手法が大きく進展し、研究成果が英科学誌「ネイチャー」の1月6日号に掲載されたと紹介した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2022(令和4)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010807650

  • 1