KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • スマート
  • 中国電信
  • ファーウェイ
  • モバイル
  • 仮想現実
  • ダウンロード
  • ロボット
  • インターネット
  • チャイナ
  • リアルタイム

「中国移動」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
22
( 1 22 件を表示)
  • 1
22
( 1 22 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:59.52
    2021年03月05日
    「新華社」内モンゴル自治区の鉱山、無人化スマート採掘進む

    世界最大規模のレアアース(希土類)鉱山である中国内モンゴル自治区包頭市のバヤンオボー鉱区では、高さ6・8メートル、積載量170トンの大型採掘車両が慌ただしく行き交っている。これらの車両は自動運転車で、前進、後退、方向転換、積み下ろしの全てを自動で行う。車両の指令には第5世代移動通信システム(5G)と産業インターネットの新技術が応用されている。同鉱区は2019年5月、鉄鋼大手の包頭鋼鉄集団や中国移動(チャイナモバイル)内モンゴル、華為技術(ファーウェイ)、北京踏歌智行科技、百度(バイドゥ)などの企業と協力し、世界で初めて「5G+」を活用した無人採掘車を発表。中国の5G時代の幕開けとともに、世界初の鉱山用採掘車の自動運転輸送システムの開発に成功し、国内で初めて鉱山での活用を実現した。同鉱区ではここ数年、「インターネット+」やビッグデータ、5Gなどの最新テクノロジーを十分活用し、スマートシティーや5Gネットワークの構築と融合・応用を力強く推し進めており、5G産業を育成・拡大している。(記者/哈麗娜) =配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030509391

  • 00:34.94
    2020年06月25日
    「新華社」5G基地局の整備加速年内に1400基へ河北省秦皇島市

    中国河北省秦皇島(しんこうとう)市では第5世代移動通信システム(5G)ネットワークの構築に力を入れており、年内に5G基地局1400基余りの設置が完了する見通しとなっている。中国三大通信キャリアの中国移動通信(チャイナモバイル)、中国電信集団(チャイナテレコム)、中国聯合網絡通信(チャイナユニコム)の秦皇島支社がそれぞれ、設置を進めている。チャイナモバイルは40基余りの設置が完了しており、年内に700基余りを開通させる予定。チャイナユニコムとチャイナテレコムは共同で建設し、設備を共用する。総額2億6千万元(1元=約15円)を投じて763基を建設する計画で、9月末までに市街地全域をカバーする。現在は約300基の設置が完了しており、主に市街地の商業地域を中心にカバーしている。(記者/張碩)<映像内容>河北省秦皇島市の5G基地局の整備、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804969

  • 01:20.32
    2020年06月04日
    「新華社」中国初、炭鉱の地下に5Gネットワーク構築山西省

    中国石炭大手、山西陽煤集団の新元炭鉱は、このほど中国移動(チャイナモバイル)と華為技術(ファーウェイ)の協力を受け、中国で初めて坑内の地下に第5世代移動通信システム(5G)ネットワークを構築した。坑内の地下と地上間の高解像度テレビ通話や各種データの高速伝送、設備の遠隔スマート制御など、多岐にわたる活用が実現する。5月27日に開かれた山西工業企業5G応用推進会で明らかになった。新元炭鉱は昨年11月18日、中国で初めて坑内の地下に5G試験基地局を開通させ、今年4月29日には中国で初めて無線伝送設備の防爆認証を取得した。5G基地局の建設は新型インフラ建設の重要な要素の一つであり、坑内地下に基地局を建設するために、技術スタッフは多くの難題を克服した。新元炭鉱の坑内に設けられた中央配電室では、自動巡回検査ロボットがデータを収集し、坑道内の5G基地局を通じて地上の総合制御室に送られる。坑内モニタリングデータのアップロード量が大きく、指令のダウンロード量が小さいという特徴を踏まえ、炭鉱内の5Gネットワークでは、基地局1台の上り通信速度の最大値を毎秒1100メガビット(Mbps)以上とし、炭鉱生産におけるデータ伝送の特殊な要求を満たしている。業界関係者は、5Gの特徴である多数接続・広帯域幅・低遅延性を生かすことで、さらに5Gの応用シーンが増え、坑内の人員や設備、環境の自動検出が実現すると指摘。今後、無線センサーが改良されると、5Gの多数接続という特性を生かし、坑内に設置された無線センサーの大量接続が可能になり、坑道内の人やモノの全てを接続した「スマート鉱山」が構築されると述べた。<映像内容>炭鉱の地下に5Gネットワークを構築、炭鉱の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508920

  • 00:39.28
    2020年02月17日
    「新華社」浙江省の病院、感染対策用5Gロボットを導入

    中国浙江省の浙江大学医学院付属第二医院でこのほど、5G(第5世代移動通信システム)クラウド感染対策ロボットが導入された。中国移動(チャイナモバイル)浙江公司と同省5G産業連盟の協力機関が共同で開発したこのロボットは、周辺の環境を的確に感知し、治療薬や医療器具などの無人配送を実現し、看護師の負担を効率的に減らしている。(記者/馬剣)<映像内容>新型肺炎感染対策にロボット導入の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

    商品コード: 2020021700135

  • 02:39.65
    2019年10月23日
    「新華社」「インターネットの光」が照らす5G時代浙江省烏鎮

    中国浙江省桐郷市烏(う)鎮で開催されている第6回世界インターネット大会の「インターネットの光」博覧会では、来場者は未来の第5世代移動通信システム「5G」時代を一足先に目にすることができる。中国電信(チャイナテレコム)の展示ブースでは、5Gと高精細映像の「8K」を利用し、中国共産党第1回大会の会場となった「紅船」をかたどった伝統的な切り絵細工「嘉興紅船刻紙」の制作を中継。職人の精巧で複雑な技を大画面にリアルタイムで映し出している。5GやVR(仮想現実)、AR(拡張現実)などの技術に基づくスマート教育サンドボックスにも、多くの人が足を止めていた。中国三大通信事業者の中国電信(チャイナ・テレコム)、中国移動(チャイナモバイル)、中国聯通(チャイナユニコム)は会場で「5G+デジタルエコノミー」「5G+デジタルガバメント」「5G+デジタルシティ」「5G+デジタルライフ」「5G+インタラクティブ体験」など、各分野のあらゆるシーンにおける5Gの活用を紹介し、来場者が最先端テクノロジーの発展を体験したり、5G時代における新たな生活の風景を見たりできるようにしている。(記者/夏亮、李濤、姜賽、董博涵)<映像内容>第6回世界インターネット大会、5Gの展示の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304537

  • 01:07.80
    2019年10月22日
    「新華社」5Gで公道遠隔運転のデモ走行世界インターネット大会

    中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏鎮(うちん)で開催された第6回世界インターネット大会は最終日の22日、国有複合企業の中国通用技術集団と通信大手の中国移動(チャイナモバイル)が、第5世代移動通信システム(5G)を使った自動車の公道遠隔運転プロジェクトを発表。公道で4キロのデモ走行を実施した。(記者/鄭夢雨)<映像内容>第6回世界インターネット大会、5Gを使った公道遠隔運転のデモ走行の様子、撮影日:2019(令和元)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102500770

  • 01:13.81
    2019年10月14日
    「新華社」北京冬季五輪、5G技術で選手目線の観戦が可能に

    第5世代移動通信システム(5G)ネットワークの整備に伴い、中国で開催される2022北京冬季五輪・パラリンピックでは、選手目線による新たな観戦方法が実現する可能性がある。河北省石家荘市で11日開幕した2019中国国際デジタル経済博覧会には「5Gスマート冬季五輪」設備が出展され、多くの来場者の注目を集めた。会場スタッフの説明によると、5G技術により観戦者が目にする選手の位置は、コース上のリアルタイムの位置になる。さらには、選手がコーナーを曲がる際やラストスパートをかける際の爽快感を選手の目線で体験できるようにもなる。(記者/曲瀾娟、馮維健)<映像内容>中国国際デジタル経済博覧会に「5Gスマート冬季五輪」設備が出展、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605386

  • 00:53.27
    2019年08月05日
    「新華社」ZTE、5Gスマホ販売開始各大手メーカーが続々参入

    中国通信機器大手、中興通訊(ZTE)は5日、次世代移動通信システム(5G)に対応したスマートフォン「中興天機Axon10Pro5G」の一般販売を開始した。5G商用化の加速に伴い、華為技術(ファーウェイ)やvivo、サムスンなど多くのスマホメーカーが今後、製品を続々と市場に投入する。今回発売したZTEの5Gスマホは公式価格が4999元(1元=約15円)。最初の購入者となった孫(そん)さんは、蘇寧電器上海中山公園店内の5G体験コーナーで試してから予約し、発売当日に店舗で受け取った。今後の5Gエリア拡大に伴い、8、9月にはより多くのブランドの5Gスマホが集中的に発売される。上海蘇寧消費電子の蔣攀(しょう・はん)総経理は、8月に中国国産5Gスマホが3種類、9月には栄耀(HONOR)や小米(シャオミ)、vivo、OPPO、サムスンの5Gスマホがそれぞれ発売され、価格帯は4千~6千元になると説明。この日発売開始となったZTEのスマホは、オンラインとオフラインの予約が既に10万台以上に達していることを明らかにした。現在、三大キャリア(中国電信、中国移動、中国聯通)はいずれも5Gネットワークを部分的にカバーしている。上海市では今年、1万カ所の5G基地局が建設され、都市中心部や郊外の重点エリアを全面的にカバーする。5Gの料金体系はまだ正式に発表されていないが、ユーザーを獲得するため、各キャリアは5G通信体験パックや購入補助金などを次々と発表している。(記者/張夢潔)<映像内容>ZTEの5Gスマホ販売開始の様子、撮影日:2019(令和元)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080800843

  • 01:51.74
    2019年08月05日
    「新華社」中国移動の香港中環旗艦店が5Gネットワーク技術を展示

    中国移動(チャイナモバイル)香港の5G(第5世代移動通信システム)旗艦店がこのほど、中環(セントラル)で開業した。店内には、華為技術(ファーウェイ)の5G対応の折り畳み式スマホや5Gでつながるスマートホーム製品、VR(仮想現実)ゴーグル、ゲーム機などを含む5G関連の製品が多数展示された。来場者は店内で5Gネットワークの速さを測ることができる。2台のスマートフォンをそれぞれ4Gと5Gのネットワークにつなげて測定したところ、5Gのダウンロード速度が毎秒764M(メガ)となり、4Gの約6倍に達した。5G基地局は2022年に商用化される見通し。(記者/陳其蔓)<映像内容>中国移動香港の5G旗艦店の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501453

  • 02:10.21
    2019年07月16日
    「新華社」杭州アジア大会、5G技術を大規模活用へ

    中国通信大手の中国電信集団(チャイナテレコム)と中国移動通信集団(チャイナモバイル)はこのほど、2022年9月に開催される杭州アジア大会と公式通信サービスパートナー契約を結んだ。5G(第5世代移動通信システム)を大規模に活用し、ハイテクなスマート・スポーツ大会を目指す。2社は調印式で共同ビジョンを発表した。会場では、シティー・ブレーン(都市大脳)と呼ばれる都市管理システムによりスマートパーキングや無感覚決済が実現。5G技術を用いたスマート安全検査では最先端の人体3D識別技術が自動的に人々を識別し、危険物を検知する。競技場内ではスマート清掃ロボットが通路を掃除し、ディスプレイ付きの街路灯が競技の情報を逐次配信する。競技中は5G+仮想現実(VR)観戦システムが、360度の没入型実況中継を提供。会場外や家庭でもスタジアム同様の臨場感を味わうことができる。(記者/夏亮、宋立峰)<映像内容>2022年杭州アジア大会に5Gを活用、5Gを活用した都市のイメージ映像、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706414

  • 01:04.91
    2019年06月11日
    「新華社」アリババとテンセント、世界ブランド価値ランキングトップ10入り

    英広告大手のWPPグループとブランド資産調査会社のカンターが11日、米ニューヨークで2019年度「BrandZ」世界ブランド価値ランキングトップ100を発表した。今年のトップはアマゾンで、中国からは電子商取引(EC)大手のアリババグループとIT大手の騰訊控股(テンセント)がトップ10入りした。ランキングによると、上位100ブランドの価値総額は前年比3280億ドル増の4兆7千億ドル(1ドル=約108円)、伸び率は約7・5%だった。トップのアマゾンはブランド価値が3155億ドル、2位のアップルは3095億ドル、3位のグーグルは3090億ドルだった。2006年のランキング開始以来、アップルやグーグル、マイクロソフトを代表とするITブランドが常に世界のブランド価値の上位を独占してきたが、小売ブランドの代表であるアマゾンが首位に立つのは今回が初めて。トップ10には中国からアリババとテンセントの2社がランク入りした。発表されたデータによると、アリババのブランド価値は前年比16%増の1312億ドルで、昨年の9位から今年は7位に順位を上げた。テンセントは27%減の1309億ドルで、昨年の5位から今年は8位に後退した。トップ100には中国から計16ブランド(中国内地の15ブランドと香港の1ブランド)が名を連ね、配車アプリ大手の滴滴出行(ディーディー)やスマートフォン大手の小米科技(シャオミ)、生活関連サイト運営企業の美団点評、家電大手の海爾(ハイアール)などが今回初めてランク入りした。中国ブランドはこの「BrandZ」ランキングで年々、勢いを伸ばしている。「BrandZ」ランキングは、WPPグループがカンターに依頼して実施している調査で、会社の財務水準や業績の他、世界中の消費者370万人からのフィードバックなどの指標を考慮して作成される。(記者/潘麗君、張墨成、徐興堂)<映像内容>世界ブランド価値ランキング発表、中国企業もランクイン、撮影日:2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403568

  • 00:53.95
    2019年06月06日
    「新華社」中国、5G営業ライセンスを発行

    中国工業・情報化部は6日、中国移動(チャイナモバイル)、中国電信(チャイナテレコム)、中国聯通(チャイナユニコム)、中国広播電視網絡(CBN)に5G(次世代移動通信システム)営業ライセンスを発給した。中国は正式に5G商用化元年に入った。(記者/武思宇、張文、張僑)<映像内容>中国の5G営業ライセンス発行の様子、撮影日:2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060702734

  • 01:11.78
    2019年05月20日
    「新華社」瀋陽初の5Gネットワークを網羅した地下鉄駅が誕生

    中国遼寧省瀋陽市の地下鉄2号線の奥体中心(五輪体育センター)駅でこのほど、5G(第5世代移動通信システム)ネットワーク試験と事業検証が完了し、5Gを実用化した高速Wi-Fiが駅舎を網羅した。瀋陽初の5Gネットワークを網羅した地下鉄駅であり、同市民の生活も5G時代へ突入することになる。中国通信大手の中国移動(チャイナ・モバイル)が今回、同駅に設置した5G基地局は、東北地区初となる2・6GHZ帯の5Gデジタル化屋内分散アンテナシステム(DAS)に基づいている。現在中国に設置されている5G基地局は、ネットワーク範囲を拡大するため屋外に集中しているが、屋内分散アンテナシステムは5Gネットワークの受信範囲レベルの問題を解決し、5Gを屋内の隅々にまで行き渡らせることを目標としている。現場で担当者が5G対応の携帯電話を使い測定したところ、ダウンロード時の通信速度の最大値は900Mbpsを超えた。国家発展改革委員会は2018年、5Gネットワーク建設・応用モデルプロジェクトを承認し、瀋陽を含む12都市が5Gモデルネットワーク建設試験都市となった。(記者/丁非白、洪可潤、韓赫)<映像内容>5Gネットワーク試験の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002421

  • 01:52.55
    2019年05月13日
    「新華社」人の動きを再現する5Gロボ、ロボットサミットに登場

    中国浙江省寧波市で開かれた第6回中国ロボットサミット・スマート経済人材サミットでは、会場周辺に5G基地局が設置された。これにより、5G信号が初めて会場全体をカバーし、5G技術がロボット分野により多くの可能性をもたらした。「アイアンマン」のような外見の5G動作連動ロボットは、低遅延、高速度という5Gの特徴を利用し、オペレーターの動きをリアルタイムでトレース、模倣でき、多くの人々の注目を集めている。劉氏は5Gネットワークがカバーしている場所であれば、ロボットの同期操作が可能だと述べた。印星機器人有限公司の技術者劉建偉さん中国移動の5Gネットワークを利用すれば、北京から寧波のロボットを操作することや、寧波から北京のロボットを操作することもできます。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>5G動作連動ロボットの作動の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402528

  • 01:42.37
    2019年05月08日
    「新華社」5Gスマート工場が稼働湖北省武漢市

    中国湖北省武漢市にある第5世代移動通信システム「5G」スマート工場は、中国信科集団武漢虹信と中国移動湖北が共同で設立した5Gイノベーションラボで、中国初の5Gスマート生産ラインがここで稼働している。同工場は以前、華中地域で最大規模かつ自動化が最も進んだ無線製品製造拠点だった。工場建設後、「5G無線+5GMEC+モバイルクラウドコンピューティング」のネットワークモデルを導入し、ポイントツーポイント接続やデータのクラウド化、横方向の多工場間協力、縦方向のサプライチェーン相互接続を実現し、5Gに基づくオペレーション制御により、工場のスマート化管理が可能となり、生産効率は建設前から30%以上向上した。武漢市は中国初の5Gネットワークの試行都市として、昨年には工業・情報化部が重点プロジェクトである5G大規模技術試験を開始しており、既に100カ所規模の5G試験ネットワークを構築。5Gネットワーク技術とネットワーク構築方法の全シーンにおける試験を完了している。(記者/余国慶、饒饒、喻珮)<映像内容>5Gスマート工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901188

  • 03:33.12
    2019年05月06日
    「新華社」5G技術が生産分野の質と効率の向上を支援

    中国福建省福州市で6日から始まった第2回デジタル中国建設サミットでは、第5世代移動通信システム(5G)が議論の焦点となっている。5G技術は消費分野での活用の他、製造業関連分野と絶えず融合し、製造業の構造転換と高度化に活力を与えている。5Gは港湾の生産効率を高める。中国移動福建分公司は現在、アモイ港務集団向けに5Gネットワークに基づく「スマート港湾」プロジェクトの設計を進めている。港湾の生産環境の特徴は、自動化制御や画像伝送の需要が極めて高く、同集団傘下の外輪理貨は現在、モバイル4Gネットワークを通じ、埠頭のクレーン作業データや画像を送っているが、4Gネットワークでは100~200ミリ秒以上のタイムラグが発生している。今後5Gネットワークが完成すれば、作業効率が大幅に向上する。この技術は空港内物流や宅配物流などの分野でも活用されている。5G技術は電力の巡回点検や検査、修理でも高い運用メリットがある。5G技術はモノのインターネット(IoT)や産業自動化制御、物流追跡、工業向けAR、クラウドロボティクスなどの生産分野でも幅広く活用され、工業の質と効率の向上を後押ししている。(記者/郭圻)<映像内容>第2回デジタル中国建設サミット開催、5G技術運用の様子、撮影日:2019(令和元)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901190

  • 02:30.27
    2019年05月01日
    「新華社」チャイナモバイル、福建省でオープンラボ設立

    中国の通信大手、中国移動(チャイナモバイル)の福建分公司が主導する「福建移動オープンラボ」がこのほど、正式に設立された。ラボは第5世代移動通信システム(5G)関連のイノベーション製品の設計や開発、鍵となる技術の検証と改善、商業モデルの模索と企業家支援を行う。エンドツーエンドの相互運用能力や豊富なフィールドテスト環境、イノベーション協力メカニズムを5G産業に提供していく。交通やエネルギー、紡績、製造、医療、教育、緊急対応などの重点分野で5G技術の成果の転換、実施に力を入れる。「福建移動オープンラボ」では現在、全体的な枠組みの中で「福州大型動画」「アモイ・エッジコンピューティング」の2大ラボが設置されている。チャイナモバイルはまた、福州大学と共同でイノベーション・ラボも設立しており、交通や産業エネルギー、海洋漁業、医療・高齢者ケア、文化教育などのさまざまな分野で5Gの応用研究を行っている。(記者/郭圻)<映像内容>チャイナモバイルのオープンラボの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050703404

  • 01:06.87
    2019年04月26日
    「新華社」江蘇省で5G体験発表会開催3都市間でズレのない合唱·合奏も

    中国の通信大手、中国移動(チャイナモバイル)江蘇公司は4月26日午後、江蘇省南京市で5G大規模試験及びユーザー体験発表会を開催した。発表会では、5G技術で3都市を結んで伝統民謡の「合唱・合奏」を行い、省内初の5Gビデオ電話通話を実演、さらに初の5Gスマート遊覧船が出港し、5Gで遠隔操作するクレーンゲームが披露されるなど、5Gの新たな実用シーンを多数展示した。南京、蘇州、無錫で5Gの大規模試験ネットワークが完成しており、この3都市で年内に5Gのプレサービスを開始することも発表された。発表会が始まると、メイン会場の南京でバンドが演奏し、サブ会場の蘇州と無錫で出演者が伝統民謡「茉莉花」を「合唱」するのを会場の観衆たちが楽しんだ。モバイル5Gネットワークの低遅延、広帯域、信頼性によって、3都市の演奏と歌にズレはなく呼吸もぴったりだった。メイン会場の大型スクリーンに映し出されたサブ会場の映像も鮮明でなめらかだった。その後、「5Gスマート遊覧船」が南京の秦淮河(しんわいが)を航行した。メイン会場では、同社の劉正利(りゅう・せいり)副総経理が5Gスマートフォンを使い、遊覧船に乗った鄭濤濤(てい・とうとう)5G製品経理にビデオ電話をかけた。中国移動江蘇公司の5Gネットワークはすでに秦淮河の西線と東線をカバーしている。観光客は4Gスマホがあれば、遊覧船に設置されたポータブル式のネットワークスポットで5Gネットワーク信号に変換された高速な無線信号で、1Gbpsに達するダウンロードスピードを体験することができる。船の屋根に設置されたパノラマ高解像度カメラで、船内の観光客はVRゴーグルをかけ、ひと味違う遊覧船体験を楽しむことができるようになっている。(記者/朱筱)<映像内容>5Gの体験発表会の様子、クレーンゲームの遠隔操作など、撮影日:2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050703405

  • 03:34.50
    2019年04月19日
    「新華社」5Gの最新技術が一堂に福州で5G産業促進大会開幕

    中国福建省の福州海峡国際カンファレンス&エキシビションセンターで19日、第5世代(5G)移動通信システムに関する講演や展示会などが行われる「福州市5G産業促進大会」が開幕した。展示会には華為技術(ファーウェイ)、中興通訊(ZTE)、中国電信(チャイナ・テレコム)、中国移動(チャイナ・モバイル)などの企業の5Gを用いた最新製品や技術が並んだ。中国移動のブースでは遠隔運転体験に来場者の長い列ができた。5Gデータ接続を通じて低遅延の自動車の遠隔操作を実現した。来場者は屋内で会場の外にある自動車の運転を体験した。展示されている遠隔運転技術は、中国移動が福州大学と共同開発を進めている技術で、将来的には業界内の各方面のパートナーの力を結集して、5Gによる運転支援をさらに進め、IoE(InternetofEverything)時代到来の一助となることを目指している。(記者/陳旺)<映像内容>5Gに関する最新技術、講演や展示会の様子、撮影日:2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202266

  • 02:54.55
    2019年04月17日
    「新華社」香港で5G技術の発展·応用を探るフォーラム開催

    「5G技術と応用フォーラム」が17日、中国香港特別行政区の香港城市大学で開催された。香港特区政府やIT業界の代表も招待され、5G技術の応用と将来の発展動向について議論を交わした。香港特区政府情報科学技術総監の林偉喬(ビクター・ラム)氏は、香港はスマートシティー建設を推進中であり、5G技術の応用はその鍵となる部分だと説明。特区政府は400本の「スマート街灯」の設置を試験的に進めており、将来的により広範かつ安定した信号を提供するため、街路灯の予備空間に5Gネットワークの小型基地局を設置済みだと紹介した。林氏は、5G技術は街灯やトンネルに設置されたセンサーと組み合わせて使用することで、リアルタイムで道路状況を監視して迅速な対応が取れるようになり、香港の都市管理や交通監視に役立つと説明した。移動通信キャリアー、中国移動(チャイナ・モバイル)香港有限公司の李帆風(ショーン・リー)董事兼CEO(最高経営責任者)は、5G技術の出現は単なるネットワーク通信技術の進化ではなく、人工知能(AI)やIoT、クラウドコンピューティングなどの技術の発展をサポートする基盤になるものだとの認識を示した。その上で、中国移動グループは将来的に「5Gプラス計画」を実施し、一定期間は現行の4Gネットワークサービスも残し、5Gネットワークと併存させていくと語った。(記者/陳其蔓、周錦銘)<映像内容>香港で「5G技術と応用フォーラム」開催の様子、撮影日:2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202269

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:03.78
    2019年04月02日
    「新華社」警察用VRヘルメット登場海南省で5G体験イベント

    中国海南省はこのほど、博鰲(ボアオ)楽城でコネクテッドカーと5Gの実用化試行プロジェクトを実施した。来場者やメディア関係者にコネクテッドカーを体験してもらい、中国電信(チャイナテレコム)や中国移動(チャイナモバイル)などの通信事業者が会場で5G携帯電話やユーザー端末、遠隔診療など5Gネットワークを利用したデバイスやサービスを実演した。コネクテッドカーの体験イベントでは「前方急カーブ注意」や「道路工事注意」といった実用的な場面が設けられた。路上テストに参加した車両は、センサーを通して環境情報や道路設備を感知し、IoT(モノのインターネット)などの技術を利用して、正確で完全な情報を車両にフィードバックし、よりスマートで便利な効果を上げていた。5G実用の体験イベントでは、中国電信や中国移動が遠隔診療や救急デモンストレーション、16チャンネル4Kハイビジョン同時伝送やVR(仮想現実)中継を実演した。5Gネットワークによる警察用VRヘルメットは、顔認証や音声認識、クラウドコンピューティング、クラウドストレージ、5Gネットワークなどの先進技術を総合的に利用している。(記者/王軍鋒)<映像内容>中国海南省で5G体験イベント開催の様子、VRヘルメットなど、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040402068

  • 02:59.90
    2019年02月25日
    「新華社」甘粛移動、初の5G営業所がサービス開始

    中国移動通信集団甘粛有限責任公司(以下、「甘粛移動」という)はこのほど、甘粛省蘭州市の定西南路営業所内で省内初となる5G基地局を開設し、5Gネットワークによる高解像度動画のライブ配信や広帯域データダウンロードといった業務のデモンストレーションをいち早く実現させた。張氏は次のように解説した。今回、甘粛移動が運用を開始した初の5G営業所では、すでに平均通信速度870Mbpsを実現し、4Gネットワークの最大通信速度の10倍近くに達している。2018年から、中国移動通信はすでに北京市や蘭州市など12の主要都市および周辺地域に5Gネットワークを構築した。5Gは、よりパワーアップしたVR(仮想現実)、画像の生配信、大容量IoT(モノのインターネット)設備の接続、遠隔医療、自動運転、スマート製造、新型スマートシティーなどを代表とする応用の実現が可能。利用者はいつでもどこでも超高画質(4K/8K)の動画を見ることができ、4K画質のビデオ会議も行える。2019年上半期、蘭州市は完全に基準を満たす全国初の5G実用化試験都市を目指す。(記者/郭剛、程楠)<映像内容>甘粛移動の5G営業所のサービス開始の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604093

  • 1