KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 会場
  • 文化財
  • 鑑賞
  • 中国工芸美術館
  • 中心
  • 内部
  • 北側
  • 四川省
  • 四海

「中国芸術研究院」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
56
( 1 56 件を表示)
  • 1
56
( 1 56 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2003年03月03日
    千玄室氏と王文章副院長 千玄室氏が顧問就任

    中国芸術研究院の王文章副院長(右)から芸術顧問の証明書を受け取る茶道裏千家の先代家元、千玄室氏=3日、北京(共同)

    商品コード: 2003030300230

  • 2007年09月22日
    開幕のパフォーマンス 日中文化人が交流

    「日中文化人懇談会2007」のオープニングで披露された仮面舞踏=22日、北京の中国芸術研究院(共同)

    商品コード: 2007092200176

  • 2020年09月25日
    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕

    25日、会場に展示された印章。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806780

  • 2020年09月25日
    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕

    25日、応募作品について説明する大会審査員の葉林心(よう・りんしん)氏。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806813

  • 2020年09月25日
    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕

    25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻コンクールおよび名人印章芸術招待展の会場。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806934

  • 2020年09月25日
    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕

    25日、福建博物院で開幕した第5回海峡両岸青壮年篆刻コンクールおよび名人印章芸術招待展。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807110

  • 2020年09月25日
    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕

    25日、篆刻「有福之州」をモチーフにした世界無形文化遺産の柘栄剪紙を来場者に紹介する福建省無形文化遺産プロジェクトの代表的伝承者、孔春霞(こう・しゅんか)さん(左)。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807120

  • 2020年09月25日
    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕

    25日、会場に展示された印章。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806942

  • 2020年09月25日
    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕

    25日、篆刻「有福之州」をモチーフにした漆芸作品を鑑賞する来場者。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807077

  • 2020年09月25日
    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕

    25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻コンクールおよび名人印章芸術招待展で撮影する来場者。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807116

  • 2020年09月25日
    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕

    25日、福建商学院の学生の前で、応募作品について講評する大会審査員の葉林心(よう・りんしん)氏(右)。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807126

  • 01:30.04
    2021年05月20日
    「新華社」2500年以上前の楽器の音色が話題

    中国春秋時代の打楽器、編鐘(へんしょう)、甬鐘(ようしょう)、編鎛(へんはく)で演奏した民謡「茉莉花」が注目を集めている。2500年以上前の楽器とは思えないほど、澄んだ音色と美しい旋律が響き渡る。考古学スタッフによると、楽器は中国山西省臨汾市襄汾県(じょうふんけん)にある陶寺北両周墓地の出土品のうち保存状態の良好な編鐘・甬鐘3点、編鎛3点。同墓地では編鐘・甬鐘13点、編鎛13点、石磬(せっけい)10点、銅鼓座(銅鼓の台座)1点が出土し、中国芸術研究院音楽研究所の王清雷(おう・せいらい)副研究員らが古代楽器の性能を調べるため、音響測定を実施した。研究員らは、文化財の安全を前提としながら、試験的に演奏を行うとともに、鐘を打つ撞木(しゅもく)も特別に製作した。(記者/徐偉、王学濤) =配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052013757

  • 2021年05月30日
    (8)故宮で昆曲の無形文化遺産登録20周年記念イベント北京市

    17日、暢音閣の楽屋で出番を待つ北方昆曲劇院の俳優、邵天帥(しょう・てんすい)さん(右)。中国の古典劇、昆曲の国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」登録20周年を記念するイベントがこのほど、中国北京市にある故宮博物院の暢音閣で開かれた。故宮博物院と中国芸術研究院が共催し、中国昆劇古琴研究会と北方昆曲劇院が共同運営した。昆曲は2001年にユネスコの「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」の宣言を受け、その後「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053005551

  • 2021年05月30日
    (4)故宮で昆曲の無形文化遺産登録20周年記念イベント北京市

    17日、暢音閣の楽屋で化粧する北方昆曲劇院の俳優、邵天帥(しょう・てんすい)さん。中国の古典劇、昆曲の国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」登録20周年を記念するイベントがこのほど、中国北京市にある故宮博物院の暢音閣で開かれた。故宮博物院と中国芸術研究院が共催し、中国昆劇古琴研究会と北方昆曲劇院が共同運営した。昆曲は2001年にユネスコの「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」の宣言を受け、その後「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053005555

  • 2021年05月30日
    (10)故宮で昆曲の無形文化遺産登録20周年記念イベント北京市

    17日、暢音閣の楽屋で化粧する北方昆曲劇院の俳優、張暖(ちょう・だん)さん。中国の古典劇、昆曲の国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」登録20周年を記念するイベントがこのほど、中国北京市にある故宮博物院の暢音閣で開かれた。故宮博物院と中国芸術研究院が共催し、中国昆劇古琴研究会と北方昆曲劇院が共同運営した。昆曲は2001年にユネスコの「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」の宣言を受け、その後「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053005556

  • 2021年05月30日
    (11)故宮で昆曲の無形文化遺産登録20周年記念イベント北京市

    17日、楽屋から舞台へ向かう北方昆曲劇院の俳優、謝雨澄(しゃ・うちょう)さん。中国の古典劇、昆曲の国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」登録20周年を記念するイベントがこのほど、中国北京市にある故宮博物院の暢音閣で開かれた。故宮博物院と中国芸術研究院が共催し、中国昆劇古琴研究会と北方昆曲劇院が共同運営した。昆曲は2001年にユネスコの「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」の宣言を受け、その後「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053005559

  • 2021年05月30日
    (3)故宮で昆曲の無形文化遺産登録20周年記念イベント北京市

    17日、昆曲「牡丹亭」で杜麗娘を演じる俳優の邵天帥(しょう・てんすい)さん。中国の古典劇、昆曲の国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」登録20周年を記念するイベントがこのほど、中国北京市にある故宮博物院の暢音閣で開かれた。故宮博物院と中国芸術研究院が共催し、中国昆劇古琴研究会と北方昆曲劇院が共同運営した。昆曲は2001年にユネスコの「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」の宣言を受け、その後「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053005538

  • 2021年05月30日
    (1)故宮で昆曲の無形文化遺産登録20周年記念イベント北京市

    17日、昆曲「牡丹亭」で杜麗娘を演じる邵天帥(しょう・てんすい)さん(左)と柳夢梅を演じる王琛(おう・ちん)さん。中国の古典劇、昆曲の国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」登録20周年を記念するイベントがこのほど、中国北京市にある故宮博物院の暢音閣で開かれた。故宮博物院と中国芸術研究院が共催し、中国昆劇古琴研究会と北方昆曲劇院が共同運営した。昆曲は2001年にユネスコの「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」の宣言を受け、その後「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053005540

  • 2021年05月30日
    (5)故宮で昆曲の無形文化遺産登録20周年記念イベント北京市

    17日、暢音閣の楽屋で化粧する北方昆曲劇院の俳優たち。中国の古典劇、昆曲の国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」登録20周年を記念するイベントがこのほど、中国北京市にある故宮博物院の暢音閣で開かれた。故宮博物院と中国芸術研究院が共催し、中国昆劇古琴研究会と北方昆曲劇院が共同運営した。昆曲は2001年にユネスコの「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」の宣言を受け、その後「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053005557

  • 2021年05月30日
    (7)故宮で昆曲の無形文化遺産登録20周年記念イベント北京市

    17日、暢音閣の楽屋で出番を待つ北方昆曲劇院の俳優、李恒宇(り・こうう)さん。中国の古典劇、昆曲の国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」登録20周年を記念するイベントがこのほど、中国北京市にある故宮博物院の暢音閣で開かれた。故宮博物院と中国芸術研究院が共催し、中国昆劇古琴研究会と北方昆曲劇院が共同運営した。昆曲は2001年にユネスコの「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」の宣言を受け、その後「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053005553

  • 2021年05月30日
    (9)故宮で昆曲の無形文化遺産登録20周年記念イベント北京市

    17日、暢音閣の楽屋で化粧する北方昆曲劇院の俳優たち。中国の古典劇、昆曲の国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」登録20周年を記念するイベントがこのほど、中国北京市にある故宮博物院の暢音閣で開かれた。故宮博物院と中国芸術研究院が共催し、中国昆劇古琴研究会と北方昆曲劇院が共同運営した。昆曲は2001年にユネスコの「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」の宣言を受け、その後「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053005558

  • 2021年05月30日
    (2)故宮で昆曲の無形文化遺産登録20周年記念イベント北京市

    17日、昆曲「牡丹亭」で杜麗娘を演じる邵天帥(しょう・てんすい)さん(左)と柳夢梅を演じる王琛(おう・ちん)さん。中国の古典劇、昆曲の国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」登録20周年を記念するイベントがこのほど、中国北京市にある故宮博物院の暢音閣で開かれた。故宮博物院と中国芸術研究院が共催し、中国昆劇古琴研究会と北方昆曲劇院が共同運営した。昆曲は2001年にユネスコの「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」の宣言を受け、その後「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053005539

  • 2021年05月30日
    (6)故宮で昆曲の無形文化遺産登録20周年記念イベント北京市

    17日、暢音閣の楽屋で化粧する北方昆曲劇院の俳優、呉卓宇(ご・たくう)さん。中国の古典劇、昆曲の国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」登録20周年を記念するイベントがこのほど、中国北京市にある故宮博物院の暢音閣で開かれた。故宮博物院と中国芸術研究院が共催し、中国昆劇古琴研究会と北方昆曲劇院が共同運営した。昆曲は2001年にユネスコの「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」の宣言を受け、その後「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053005550

  • 2022年02月25日
    (30)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された敦煌莫高窟第254窟の壁画「薩埵那太子本生」の複製品。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507133

  • 2022年02月25日
    (32)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館の外観。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507134

  • 2022年02月25日
    (26)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された玉彫の獣面壺。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507109

  • 2022年02月25日
    (27)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された敦煌莫高窟第156窟の壁画「張議潮出行図」の複製品。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507111

  • 2022年02月25日
    (8)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    5日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された湘繍(しょうしゅう、湖南省の伝統的刺しゅう)の両面刺しゅう。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507015

  • 2022年02月25日
    (3)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    5日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された翡翠の提梁花籃「群芳攬勝」。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507016

  • 2022年02月25日
    (12)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    5日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された玉彫。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507018

  • 2022年02月25日
    (15)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    5日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された赤サンゴの彫刻。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507059

  • 2022年02月25日
    (16)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された枯木竜吟古琴。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507062

  • 2022年02月25日
    (1)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    5日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された翡翠の插屏「四海騰歓」。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022506969

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年02月25日
    (24)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された新疆ウイグル自治区北庭高昌回鶻仏寺遺跡の壁画「王者出行図」の複製品。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507101

  • 2022年02月25日
    (25)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された中国古代の木製楽器「敔(ぎょ)」。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507108

  • 2022年02月25日
    (29)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された甘粛省楡林窟の伎楽壁画の複製品。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507117

  • 2022年02月25日
    (13)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    5日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された玉彫の花と花瓶。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507035

  • 2022年02月25日
    (5)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    5日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された漆器。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507014

  • 2022年02月25日
    (21)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された楽器。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507090

  • 2022年02月25日
    (23)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された蘇繡(蘇州の伝統的な刺しゅう)。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507092

  • 2022年02月25日
    (10)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    5日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された湘繍(しょうしゅう、湖南省の伝統的刺しゅう)。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507019

  • 2022年02月25日
    (4)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    5日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された年画。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507010

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年02月25日
    (19)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された達瑪溝(ダムク)小仏寺遺跡(新疆ウイグル自治区)の原寸模型。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507064

  • 2022年02月25日
    (17)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された翡翠の山子「岱岳奇観」。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507066

  • 2022年02月25日
    (18)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された康家磁器人形。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507067

  • 2022年02月25日
    (6)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    5日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された藤細工の人形。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507012

  • 2022年02月25日
    (7)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    5日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された湘繍(しょうしゅう、湖南省の伝統的刺しゅう)の両面刺しゅう。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507013

  • 2022年02月25日
    (20)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された銅鼓。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507091

  • 2022年02月25日
    (28)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された甘粛省楡林窟壁画の複製品。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507112

  • 2022年02月25日
    (22)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館周辺の様子。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507077

  • 2022年02月25日
    (14)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    5日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された玉とメノウの彫刻「盧溝暁月」。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507060

  • 2022年02月25日
    (9)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    5日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された湘繍(しょうしゅう、湖南省の伝統的刺しゅう)。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507017

  • 2022年02月25日
    (31)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された清代の楽器「柷(しゅく)」。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507131

  • 2022年02月25日
    (33)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    15日、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館の外観。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507135

  • 2022年02月25日
    (11)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    5日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された象牙彫刻。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507020

  • 2022年02月25日
    (2)北京で「中国の無形文化遺産と工芸展」が開催

    5日、「中国の無形文化遺産と工芸展」で展示された翡翠花薫「含香聚瑞」。中国北京市でこのほど、中国工芸美術館・中国無形文化遺産館が落成し、オープニング展として現在、「中国の無形文化遺産と工芸展」が開かれている。1298点の展示品のうち8割が初公開で、多くは中国芸術研究院芸術・文献館の所蔵品だという。同展では、玉彫刻の「四大国宝」とされる翡翠製の山子(築山の置物)「岱岳奇観」、花薫(香炉)「含香聚瑞」、提梁花籃(花籠型の置物)「群芳攬勝」、插屏(屏風型の置物)「四海騰歓」も一堂に会する。中でも「群芳攬勝」は、花籠をモチーフにした玉器作品の中で最大の大きさを誇る。会場では他にも、晩唐期の琴「枯木竜吟」や宋代の琴「鳴鳳」などの貴重な文化財、天津市の楊柳青年画、四川省の綿竹年画など鮮やかで多彩な古年画(春節に家の内部や戸口に張る版画)も鑑賞できる。中国工芸美術館・中国無形文化遺産館は北京の中心軸の北側の延長線上にあり、オリンピック森林公園に隣接している。延べ床面積9万1126平方メートル、地上6階建てで、建設に3年近くを要した。(北京=新華社配信/盛双霞)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022507011

  • 1