KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国陝西省
  • 秦嶺山脈
  • 三国時代
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 陝西省洋県
  • トキ保護
  • 漢中市勉県
  • 保護動物
  • 中国北西

「中国陝西省漢中市」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
232
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
232
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:47.38
    2020年12月21日
    「新華社」3年連続でトキの美しい姿を確認陝西省仏坪県

    中国陝西省漢中市仏坪県を流れる椒渓河でこのほど、市民が水辺で戯れるトキ3羽の姿をカメラに収めた。同県では2018年以降、3年連続でトキの姿が確認されており、生息範囲が徐々に拡大していることを裏付けている。当時、世界でわずか7羽しかいなかった野生のトキが、同市洋県で発見されたのは1981年。現在では全世界のトキの個体数は5千羽余りに増え、うち約4100羽が省内に生息している。(記者/孫正好) =配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.56
    2020年11月27日
    「新華社」長青自然保護区で赤外線カメラがヒョウを撮影、今回が6度目陝西省

    中国陝西省漢中市洋県内でこのほど、ジャイアントパンダ国家公園長青管理分局のパトロール中のモニタリングスタッフが、赤外線カメラ撮影による監視データを回収した際に、野外に設置している赤外線カメラがヒョウの活動する様子を捉えていたことを確認した。同保護区内での映像によるヒョウの活動記録確認は6度目となる。今回のヒョウの映像は、長青国家級自然保護区の中心エリア、大坪一帯の標高1980メートルの地点にあるグイマツの人工林内で撮影された。10秒間の映像は、健康そうな成年のヒョウがカメラの前で動く様子をはっきりと映していた。関係者は、これまでに撮影されたヒョウの体の模様から、複数の成体および亜成体のヒョウが確認でき、長青自然保護区内には、一つまたは複数の個体群が存在するとの見方を示した。(記者/都紅剛、劉彤)<映像内容>赤外線カメラが捉えた野生のヒョウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.35
    2020年11月20日
    「新華社」キンシコウ8家族陝西省仏坪県で穏やかな時間

    中国陝西省漢中市仏坪(ぶつへい)県に位置する仏坪国家級自然保護区で18日、キンシコウの活動の痕跡を探していた研究者が、60匹余りのキンシコウの群れに出合った。群れは8家族から成り、生後半年未満とみられる子ザルも含まれていた。(記者/孫正好)<映像内容>野生のキンシコウの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 01:17.50
    2020年11月17日
    「新華社」「鳥類のパンダ」ナベコウ、5年連続で姿現す陝西省城固県

    中国陝西省漢中市城固県を流れる湑水(しょすい)河流域でこのほど、林業スタッフが野生動物の観測中に国家1級重点保護野生動物のナベコウを確認した。同地域での確認は5年連続となる。今回姿を現したナベコウは4羽で、川でのんびりと餌を探したり、低空で旋回したり、地元の風景に美しい彩りを添えていた。ナベコウは絶滅の恐れのある鳥の一種として国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに登録されており、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(記者/張晨俊)<映像内容>野生のナベコウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.06
    2020年10月16日
    「新華社」トキと暮らす里、陝西省洋県の日常

    中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界でわずか7羽となっていた野生のトキが発見された。長年にわたる保護活動の結果、現在の個体数は世界で5千羽以上に達し、うち2千羽以上が同県内に生息している。生息面積も当初の5平方キロメートルから1万5千平方キロメートルに拡大した。洋県ではトキが頻繁に姿を見せるようになり、既に日常の一こまとなっている。(記者/孫正好)<映像内容>野生のトキの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.43
    2020年08月06日
    「新華社」西安交響楽団、ジャイアントパンダ国家公園で演奏陝西省

    中国陝西省漢中市仏坪県でこのほど、西安交響楽団による2回目の「秦嶺の声」オンラインコンサートが開催された。同県はジャイアントパンダ国家公園陝西秦嶺区に位置しており、野生のパンダ約130頭が生息している。今回の音楽会ではモーツァルトの「フルート四重奏曲第1番ニ長調」、ヨハン・シュトラウス2世の「ピチカートポルカ」、久石譲の「となりのトトロ組曲」、王洛賓(おう・らくひん)の「掀起你的蓋頭来」(ベールを上げて)など中国内外の楽曲を演奏した。2015年に行われた第4次全国ジャイアントパンダ調査の結果、陝西省秦嶺地区には約345頭のパンダが生息しており、分布密度は100平方キロメートル当たり平均10頭と全国最高であるという。(記者/藺娟)<映像内容>「秦嶺の声」オンラインコンサートの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪

    5日、漢張留侯祠の張良大殿。中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年08月05日
    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪

    5日、漢張留侯祠の北花園に立つ拝石亭。中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年08月03日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    3日、洋県紙坊街道同心村の民宿「藍藍小院」でくつろぐ観光客。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    3日、陝西省の移住・転居による貧困救済事業の第1陣モデル地区として建設された洋県磨子橋移民新区。(小型無人機から)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    3日、洋県紙坊街道草壩村の黄金梨農園からライブ配信する劉小剛(りゅう・しょうごう)さん夫婦。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    3日、洋県紙坊街道草壩村の黄金梨農園からライブ配信する劉小剛(りゅう・しょうごう)さん夫婦。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、村外れに姿を見せたキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、村民らとキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、村民の龐風莉(ほう・ふうり)さんの家の前で休むキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    2日、洋県の雷草溝ダム付近を飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    2日、洋県紙坊街道の誘虫灯が一面に配置された水田。(小型無人機から)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、キンシコウに「あいさつ」する村民。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、山から下りてきたキンシコウを出迎える村民ら。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、農家を「訪問する」キンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、村民と「握手」するキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    2日、漢中市洋県茅坪鎮茅坪村の村民と一緒に写真に収まる野生のキンシコウ。同県ではジャイアントパンダやキンシコウが村を「訪問」することが度々あるため、地元の人々の野生動物保護に対する意識は比較的高く、人間と動物との共生を実現している。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    2日、生産した黒米を包装する洋県紙坊街道草壩村合作社の社員。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、山林に戻るキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、山を下り茅坪鎮茅坪村に姿を見せたキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、慣れた様子で村民の龐風莉(ほう・ふうり)さん宅の玄関を探し当てるキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、漢中市洋県茅坪鎮茅坪村の村民と一緒に写真に収まる野生のキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、道路脇で、何度も自宅に「招待」してくれた村民の龐風莉(ほう・ふうり)さんを一目で見つける野生のキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県

    1日、陝西省漢中市洋県陳家村の近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県

    1日、陝西省漢中市洋県陳家村の近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県

    1日、陝西省漢中市洋県陳家村の近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    1日、洋県陳家村付近で巣に戻るトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    1日、洋県陳家村付近で巣に戻るトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県

    1日、陝西省漢中市洋県の雷草溝ダムの近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県

    1日、陝西省漢中市洋県の雷草溝ダムの近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県

    1日、陝西省漢中市洋県陳家村の近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県

    1日、陝西省漢中市洋県陳家村の近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県

    1日、陝西省漢中市洋県陳家村の近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県

    1日、陝西省漢中市洋県の雷草溝ダムの近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    洋県謝村鎮海蓮村でドジョウの養殖を専門に手掛けている鄧宝民(とう・ほうみん)さんは、トキ生態保護園に定期的にドジョウを届けている。園内で人工飼育されているトキに対する野生化訓練のための餌を確保すると同時に、養殖農家の増収にもつながっている。(7月31日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.11
    2020年07月31日
    「新華社」高らかに鳴く秦嶺アマガエルを撮影陝西省

    中国陝西省漢中市仏坪(ぶつへい)県の秦嶺山脈でこのほど、動物保護員が声高らかに鳴く秦嶺アマガエル(学名Hylatsinlingensis)の貴重な姿を映像に収めた。同地域ではここ数年の環境改善に伴い、秦嶺アマガエルの個体数が増えてきている。(記者/孫正好)<映像内容>秦嶺アマガエルが鳴く様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    洋県紙坊街道周家坎村の水田脇を電動バイクで通過する村民。近くにはトキが飛んでいる。(7月31日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    水田の除草作業をする洋県紙坊街道周家坎村の村民。(7月31日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:28.34
    2020年07月30日
    「新華社」野生のキンシコウの撮影に成功陝西省桑園自然保護区

    中国陝西省漢中市留壩(りゅうは)県にある桑園国家級自然保護区でこのほど、野生のキンシコウを撮影することに初めて成功した。保護区職員が区内から回収した赤外線カメラの録画映像を整理したところ、ジャイアントパンダやウシ科のターキンなどの野生動物のほか、野生のキンシコウが活動する様子が映っていた。キンシコウは国家1級重点保護動物に指定されており、全身を柔らかな金色の毛で覆われている。標高2千から3千メートルの山岳地帯にある針広混交林に生息。同省南部を東西に走る秦嶺山脈がキンシコウの分布する最北端とされる。(記者/張晨俊)<映像内容>キンシコウなど野生動物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.86
    2020年07月20日
    「新華社」キンシコウが双子に授乳?実はよその子

    中国陝西省漢中市仏坪(ぶつへい)県の秦嶺山脈でこのほど、動物保護員が赤ちゃん2匹に同時に授乳するキンシコウの姿を撮影した。一見すると双子の赤ちゃんのようだが、詳しい観察の結果、授乳しているのは子育て経験が豊富な雌で、他の雌の子に母乳を与えていたことが分かった。野生のキンシコウに見られるこの行動は、心温まる場面と言えるのではないだろうか。(記者/孫正好)<映像内容>自分の子以外に母乳を与えているキンシコウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    洋県の観光スポット、華陽古鎮の儻駱道を歩く観光客。儻駱道は東から西に至る有名な5本の「蜀道」うちの1本で、現在は美しい景観が古鎮の貴重な観光資源となっている。(7月17日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    水田に設置した捕虫器を点検する洋県紙坊街道草壩村の村民。同県農業技術普及センターはここ数年、トキ保護区の水田に捕虫器と殺虫灯計3千組(台)を設置。虫の生態を利用した物理的防虫技術を全面的に採用し、トキの生存環境を効果的に保護している。(7月15日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    洋県紙坊街道周家坎村の水田で、殺虫灯の効果を調査する同県農業技術普及センターの技術員、陸小成(りく・しょうせい)さん(右)と白瑾(はく・きん)さん。(7月15日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月02日
    森のゲストハウスで観光客誘致陝西省留壩県

    2日、陝西省漢中市留壩県のゲストハウスが立ち並ぶ通りを歩く観光客。中国陝西省漢中市留壩(りゅうは)県は秦嶺山脈南麓に位置し、森林率が91・23%に達している。同県はこの環境を生かし、ゲストハウス産業の発展による観光客の誘致を進めている。(留壩=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月02日
    森のゲストハウスで観光客誘致陝西省留壩県

    2日、陝西省漢中市留壩県のゲストハウスでくつろぐ人々。中国陝西省漢中市留壩(りゅうは)県は秦嶺山脈南麓に位置し、森林率が91・23%に達している。同県はこの環境を生かし、ゲストハウス産業の発展による観光客の誘致を進めている。(留壩=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪

    漢張留侯祠の二山門。(5月20日撮影)中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年05月20日
    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪

    漢張留侯祠に残る石段。(5月20日撮影)中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年05月20日
    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪

    漢張留侯の祠拝殿に掛かる扁額。(5月20日撮影)中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年05月20日
    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪

    漢張留侯祠の北花園に置かれた石猴。(5月20日撮影)中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年05月20日
    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪

    漢張留侯祠の南花園。(5月20日撮影)中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 00:34.53
    2020年05月17日
    「新華社」人工ふ化で誕生したトキ、生後1カ月を迎える陝西省洋県

    中国陝西省漢中市洋県にあるトキ国家級自然保護区管理局の人工飼育繁殖センターでこのほど、人工ふ化で生まれたトキのひな7羽が順次生後1カ月を迎え、育雛室からゲージに移されて新たな生活を始めた。世界にわずか7羽となった野生のトキが同県で1981年に発見されて以来、長年にわたり保護活動が続けられ、陝西省のトキ個体数は今では3千羽を超えるまでになった。同センターでは230羽のトキを飼育しており、毎年3月から6月に繁殖期に入る。(記者/張晨俊)<映像内容>生後1カ月のトキの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月22日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    モモ園で春の耕作に励む洋県竜亭鎮柳山村の村民。同県では現在、7496ムー(約500ヘクタール)でナシ、モモ、キウイフルーツ、ミカンを代表とする有機果物を栽培しており、市場の人気商品となっている。(3月22日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.28
    2020年03月21日
    「新華社」農家が自ら販路開拓、動画配信で陝西省寧強県

    中国陝西省漢中市寧強県巴山鎮石壩子村では、夫と共同で「永定家庭農場」を経営する彭慧玲(ほう・けいれい)さんが自らインターネット上に動画を配信し、農場で栽培している作物の販路を開拓している。同農場は土地の使用権を得ることで150ムー(10ヘクタール)まで拡張。周辺住民の働く場にもなっている。中国の広大な農村地域では、農産品の栽培過程をスマートフォンでライブ配信し、消費者に直接販売する農家が増えている。(記者/邵瑞、陳晨)<映像内容>農場の様子、ライブ配信の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月14日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    洋県のアブラナ畑の中を走る列車。(3月14日撮影、小型無人機から)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月14日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    洋県の広大なアブラナ畑に現れたトキとジャイアントパンダ、キンシコウ、ターキンの図案を組み合わせて描かれた作品「秦嶺四宝楽園」。(3月14日撮影、小型無人機から)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月14日
    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県

    洋県の広大なアブラナ畑に現れたトキとジャイアントパンダ、キンシコウ、ターキンの図案を組み合わせて描かれた作品「秦嶺四宝楽園」。(3月14日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月13日
    荒地が近代的な居住区に「変身」陝西省寧強県

    13日、陝西省漢中市寧強県大安鎮江林居住区の電子工場で働く作業員。中国陝西省漢中市寧強県大安鎮の江林居住区は、2018年8月末に完成した。現在は周辺の村や鎮から移住した2010世帯、7800人余りが暮らしている。もともと荒地だった川沿いエリアがわずか数年のうちに、産業が豊かで付帯設備も整い、生活に便利な近代的居住区へと生まれ変わった。住民たちは落ち着いた環境の中で、活気に満ちた生活を送っている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月13日
    荒地が近代的な居住区に「変身」陝西省寧強県

    13日、陝西省漢中市寧強県大安鎮江林居住区の電子工場で働く作業員。中国陝西省漢中市寧強県大安鎮の江林居住区は、2018年8月末に完成した。現在は周辺の村や鎮から移住した2010世帯、7800人余りが暮らしている。もともと荒地だった川沿いエリアがわずか数年のうちに、産業が豊かで付帯設備も整い、生活に便利な近代的居住区へと生まれ変わった。住民たちは落ち着いた環境の中で、活気に満ちた生活を送っている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月13日
    荒地が近代的な居住区に「変身」陝西省寧強県

    13日、陝西省漢中市寧強県大安鎮江林居住区にある少数民族チャン族の刺しゅうを取り扱う会社で刺しゅうを学ぶ女性。中国陝西省漢中市寧強県大安鎮の江林居住区は、2018年8月末に完成した。現在は周辺の村や鎮から移住した2010世帯、7800人余りが暮らしている。もともと荒地だった川沿いエリアがわずか数年のうちに、産業が豊かで付帯設備も整い、生活に便利な近代的居住区へと生まれ変わった。住民たちは落ち着いた環境の中で、活気に満ちた生活を送っている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月13日
    荒地が近代的な居住区に「変身」陝西省寧強県

    13日、陝西省漢中市寧強県大安鎮の江林居住区。(小型無人機から)中国陝西省漢中市寧強県大安鎮の江林居住区は、2018年8月末に完成した。現在は周辺の村や鎮から移住した2010世帯、7800人余りが暮らしている。もともと荒地だった川沿いエリアがわずか数年のうちに、産業が豊かで付帯設備も整い、生活に便利な近代的居住区へと生まれ変わった。住民たちは落ち着いた環境の中で、活気に満ちた生活を送っている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月13日
    荒地が近代的な居住区に「変身」陝西省寧強県

    13日、陝西省漢中市寧強県大安鎮江林居住区にある少数民族チャン族の刺しゅうを取り扱う会社で刺しゅうを学ぶ女性。中国陝西省漢中市寧強県大安鎮の江林居住区は、2018年8月末に完成した。現在は周辺の村や鎮から移住した2010世帯、7800人余りが暮らしている。もともと荒地だった川沿いエリアがわずか数年のうちに、産業が豊かで付帯設備も整い、生活に便利な近代的居住区へと生まれ変わった。住民たちは落ち着いた環境の中で、活気に満ちた生活を送っている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月13日
    荒地が近代的な居住区に「変身」陝西省寧強県

    13日、陝西省漢中市寧強県大安鎮江林居住区にある少数民族チャン族の刺しゅうを取り扱う会社で作品を制作する刺しゅう職人。中国陝西省漢中市寧強県大安鎮の江林居住区は、2018年8月末に完成した。現在は周辺の村や鎮から移住した2010世帯、7800人余りが暮らしている。もともと荒地だった川沿いエリアがわずか数年のうちに、産業が豊かで付帯設備も整い、生活に便利な近代的居住区へと生まれ変わった。住民たちは落ち着いた環境の中で、活気に満ちた生活を送っている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月13日
    荒地が近代的な居住区に「変身」陝西省寧強県

    13日、陝西省漢中市寧強県大安鎮の江林居住区。(小型無人機から)中国陝西省漢中市寧強県大安鎮の江林居住区は、2018年8月末に完成した。現在は周辺の村や鎮から移住した2010世帯、7800人余りが暮らしている。もともと荒地だった川沿いエリアがわずか数年のうちに、産業が豊かで付帯設備も整い、生活に便利な近代的居住区へと生まれ変わった。住民たちは落ち着いた環境の中で、活気に満ちた生活を送っている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月13日
    荒地が近代的な居住区に「変身」陝西省寧強県

    13日、江林居住区のアパレル工場で、責任者に操業再開の状況を確認する陝西省漢中市寧強県大安鎮党委員会の何天華(か・てんか)書記(右)。中国陝西省漢中市寧強県大安鎮の江林居住区は、2018年8月末に完成した。現在は周辺の村や鎮から移住した2010世帯、7800人余りが暮らしている。もともと荒地だった川沿いエリアがわずか数年のうちに、産業が豊かで付帯設備も整い、生活に便利な近代的居住区へと生まれ変わった。住民たちは落ち着いた環境の中で、活気に満ちた生活を送っている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    楽器工場が生産再開、響く音色陝西省漢中市

    12日、作業場でウクレレを制作する従業員。中国陝西省漢中市城固県博望街道の江湾社区(コミュニティー)にある楽器工場では生産再開以降、忙しい日々が続いている。従業員らは急ピッチでギターやベース、ウクレレなどを製造し、海外の発注先へ納入している。(漢中=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    楽器工場が生産再開、響く音色陝西省漢中市

    12日、作業場でベースのチューニングをする調律師。中国陝西省漢中市城固県博望街道の江湾社区(コミュニティー)にある楽器工場では生産再開以降、忙しい日々が続いている。従業員らは急ピッチでギターやベース、ウクレレなどを製造し、海外の発注先へ納入している。(漢中=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    楽器工場が生産再開、響く音色陝西省漢中市

    12日、作業場でウクレレのチューニングをする調律師。中国陝西省漢中市城固県博望街道の江湾社区(コミュニティー)にある楽器工場では生産再開以降、忙しい日々が続いている。従業員らは急ピッチでギターやベース、ウクレレなどを製造し、海外の発注先へ納入している。(漢中=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    楽器工場が生産再開、響く音色陝西省漢中市

    12日、作業場でウクレレを制作する従業員。中国陝西省漢中市城固県博望街道の江湾社区(コミュニティー)にある楽器工場では生産再開以降、忙しい日々が続いている。従業員らは急ピッチでギターやベース、ウクレレなどを製造し、海外の発注先へ納入している。(漢中=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    楽器工場が生産再開、響く音色陝西省漢中市

    12日、作業場で完成したウクレレを梱包する従業員。中国陝西省漢中市城固県博望街道の江湾社区(コミュニティー)にある楽器工場では生産再開以降、忙しい日々が続いている。従業員らは急ピッチでギターやベース、ウクレレなどを製造し、海外の発注先へ納入している。(漢中=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    楽器工場が生産再開、響く音色陝西省漢中市

    12日、作業場でウクレレを制作する従業員。中国陝西省漢中市城固県博望街道の江湾社区(コミュニティー)にある楽器工場では生産再開以降、忙しい日々が続いている。従業員らは急ピッチでギターやベース、ウクレレなどを製造し、海外の発注先へ納入している。(漢中=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    楽器工場が生産再開、響く音色陝西省漢中市

    12日、作業場に並べられたウクレレの完成品。中国陝西省漢中市城固県博望街道の江湾社区(コミュニティー)にある楽器工場では生産再開以降、忙しい日々が続いている。従業員らは急ピッチでギターやベース、ウクレレなどを製造し、海外の発注先へ納入している。(漢中=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    楽器工場が生産再開、響く音色陝西省漢中市

    12日、作業場でウクレレを制作する従業員。中国陝西省漢中市城固県博望街道の江湾社区(コミュニティー)にある楽器工場では生産再開以降、忙しい日々が続いている。従業員らは急ピッチでギターやベース、ウクレレなどを製造し、海外の発注先へ納入している。(漢中=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    楽器工場が生産再開、響く音色陝西省漢中市

    12日、作業場でウクレレを制作する従業員。中国陝西省漢中市城固県博望街道の江湾社区(コミュニティー)にある楽器工場では生産再開以降、忙しい日々が続いている。従業員らは急ピッチでギターやベース、ウクレレなどを製造し、海外の発注先へ納入している。(漢中=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    楽器工場が生産再開、響く音色陝西省漢中市

    12日、作業場でウクレレに弦を張る従業員。中国陝西省漢中市城固県博望街道の江湾社区(コミュニティー)にある楽器工場では生産再開以降、忙しい日々が続いている。従業員らは急ピッチでギターやベース、ウクレレなどを製造し、海外の発注先へ納入している。(漢中=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:25.24
    2020年03月09日
    「新華社」諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市

    中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、世界でも珍しい樹齢400年を超えるニシキモクレンが続々と開花している。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。武侯祠のニシキモクレンは世界でも希少な植物で、諸葛亮を記念して植えられたと伝えられる。1979年に行われた文物の全面調査の際、専門家が放射性炭素による年代測定を行った結果、樹齢400年超と判明した。明代の万暦年間(1573~1620年)に相当する。ニシキモクレンは毎年5月につぼみをつけ始め、夏、秋、冬を経て翌年3月ごろに開花する。花をつけるまでに10カ月を要し、開花期間はわずか十数日間、開花した後に葉が出る。花弁は蝶のような形をしており、かぐわしい香りを漂わせる。水生のハスの花と似ているが、陸上で咲くため「旱蓮(かんれん)」と呼ばれる。(記者/孫正好)<映像内容>新型肺炎で閉鎖している武侯祠、ニシキモクレンをライブ配信、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月03日
    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市

    3日、見頃を迎えたニシクモクレンの花をライブ配信する諸葛古鎮風景区の職員。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月03日
    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市

    3日、諸葛古鎮風景区の武侯祠で見頃を迎えたニシキモクレンの花。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月03日
    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市

    3日、諸葛古鎮風景区の武侯祠で見頃を迎えたニシキモクレンの花。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシクモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月03日
    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市

    3日、諸葛古鎮風景区の武侯祠で見頃を迎えたニシキモクレンの花。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが~花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月03日
    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市

    3日、見ごろを迎えたニシキモクレンの花をライブ配信する諸葛古鎮風景区の職員。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月03日
    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市

    3日、見頃を迎えたニシキモクレンの花をライブ配信する諸葛古鎮風景区の職員。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月03日
    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市

    3日、諸葛古鎮風景区の武侯祠で見頃を迎えたニシキクモクレンの花。(小型無人機から)中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月03日
    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市

    3日、諸葛古鎮風景区の武侯祠で見頃を迎えたニシキモクレンの花。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるシニキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月03日
    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市

    3日、諸葛古鎮風景区の武侯祠で見頃を迎えたニシキモクレンの花。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。この旱蓮の木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠のある諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月03日
    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市

    3日、満開となったニシキモクレンをライブ配信する諸葛古鎮風景区の職員。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。この旱蓮の木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠のある諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月03日
    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市

    3日、見頃を迎えたニシキモクレンの花をライブ配信する諸葛古鎮風景区の職員。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.98
    2020年02月22日
    「新華社」キンシコウと村人のほのぼの生活陝西省

    中国陝西省漢中市仏坪県岳壩鎮大古坪村に住む何夷文(か・いぶん)さんはこのほど、家の近くで餌を探していた野生のキンシコウ2頭を偶然見つけた。世話好きの何さんはしばらくの間、家から持ってきたエサをやって可愛がった。それを1カ月も続けているうちに、キンシコウはすっかり何さんになつき、今ではしばしば何さんの家の近くまで来るようになった。何さんはそんなキンシコウを温かいまなざしで見守っている。(記者/孫正好)<映像内容>野生のキンシコウにエサを与える様子、食事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:13.67
    2019年12月25日
    「新華社」小さなうちわが海外輸出品に陝西省漢中市

    西に秦嶺山脈、南に巴山を望む中国陝西省漢中市南鄭県黄官鎮は、籐編みの里として知られている。地元住民らが籐のつるやシュロの葉を巧みに扱い、椅子やうちわなどの日用品を編み上げ、生活に趣を与えている。黄官籐編みは2015年に陝西省無形文化遺産に登録された。伝承者の陳良順(ちん・りょうじゅん)さんは伝統の技を守りながら、インターネット販売で各製品に適した市場を探す試みを始めた。小さなうちわは2019年から海外業者の注目を集めるようになり、貿易パートナーとの供給・販売契約を通じて1万枚がロシアやスペインなどの海外市場に輸出された。一枚一枚に物作りの知恵が凝縮されたうちわが、地元住民に400万元(1元=約16円)以上の収入をもたらした。(記者/張晨俊)<映像内容>陝西省漢中市の籐編みの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月19日
    漢江のほとりを彩るトキ陝西省漢中市

    19日、漢江支流の牧馬河のほとりで餌を探すトキ。中国陝西省漢中市を流れる漢江とその支流のほとりや湿地では、毎年冬になるとトキの群れが飛来し、餌を探したり、羽を休めたりする姿が美しい風景となっている。(漢中=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月19日
    漢江のほとりを彩るトキ陝西省漢中市

    19日、陝西省漢中市西郷県峡口鎮を流れる牧馬河の上空を飛ぶトキ。中国陝西省漢中市を流れる漢江とその支流のほとりや湿地では、毎年冬になるとトキの群れが飛来し、餌を探したり、羽を休めたりする姿が美しい風景となっている。(漢中=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月19日
    漢江のほとりを彩るトキ陝西省漢中市

    19日、陝西省漢中市西郷県峡口鎮を流れる牧馬河で餌を探すトキ。中国陝西省漢中市を流れる漢江とその支流のほとりや湿地では、毎年冬になるとトキの群れが飛来し、餌を探したり、羽を休めたりする姿が美しい風景となっている。(漢中=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月19日
    漢江のほとりを彩るトキ陝西省漢中市

    19日、漢江支流の牧馬河のほとりで餌を探すトキ。中国陝西省漢中市を流れる漢江とその支流のほとりや湿地では、毎年冬になるとトキの群れが飛来し、餌を探したり、羽を休めたりする姿が美しい風景となっている。(漢中=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月19日
    漢江のほとりを彩るトキ陝西省漢中市

    19日、漢江支流の牧馬河の上空を飛ぶトキ。中国陝西省漢中市を流れる漢江とその支流のほとりや湿地では、毎年冬になるとトキの群れが飛来し、餌を探したり、羽を休めたりする姿が美しい風景となっている。(漢中=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月19日
    漢江のほとりを彩るトキ陝西省漢中市

    19日、漢江支流の牧馬河のほとりで戯れるトキ。中国陝西省漢中市を流れる漢江とその支流のほとりや湿地では、毎年冬になるとトキの群れが飛来し、餌を探したり、羽を休めたりする姿が美しい風景となっている。(漢中=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月19日
    漢江のほとりを彩るトキ陝西省漢中市

    19日、漢江支流の牧馬河のほとりで餌を探すトキ。中国陝西省漢中市を流れる漢江とその支流のほとりや湿地では、毎年冬になるとトキの群れが飛来し、餌を探したり、羽を休めたりする姿が美しい風景となっている。(漢中=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3