KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 小型無人機
  • ドローン
  • 民族文化
  • 雲南省普
  • ミャンマー
  • シーサンパンナ
  • 新型コロナウイルス
  • 保護動物
  • スタッフ
  • チンポー

「中国雲南」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
3,355
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
3,355
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月26日
    (1)白鶴灘水力発電所建設の立ち退き移住者、5万人超が新居へ雲南省

    22日、白鶴灘水力発電所の巧家貯水池区域に住んでいた住民が転入する巧家県の金塘遷建集鎮。(小型無人機から)中国雲南省昭通市巧家県の金塘遷建集鎮で22日、金沙江白鶴灘水力発電所巧家貯水池区域からの移住者転入セレモニーが行われた。これにより、同発電所建設による立ち退き移住者数で最大規模となる、同区域の5万人余りが新居への移転を始める。雲南省巧家県と四川省寧南県の県境を流れる金沙江の主流に位置する同発電所は、現在建設中の水力発電所の中で世界最大規模を誇る。総設備容量は1600万キロワットで、今年7月に第1陣の発電ユニットが発電を開始し、2022年7月には全てのユニットが稼働する予定。(巧家=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月26日
    (2)白鶴灘水力発電所建設の立ち退き移住者、5万人超が新居へ雲南省

    22日、白鶴灘水力発電所巧家貯水池区域移住者転入セレモニーの様子。(小型無人機から)中国雲南省昭通市巧家県の金塘遷建集鎮で22日、金沙江白鶴灘水力発電所巧家貯水池区域からの移住者転入セレモニーが行われた。これにより、同発電所建設による立ち退き移住者数で最大規模となる、同区域の5万人余りが新居への移転を始める。雲南省巧家県と四川省寧南県の県境を流れる金沙江の主流に位置する同発電所は、現在建設中の水力発電所の中で世界最大規模を誇る。総設備容量は1600万キロワットで、今年7月に第1陣の発電ユニットが発電を開始し、2022年7月には全てのユニットが稼働する予定。(巧家=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月24日
    (2)雲南省塩津県でM4・7の地震4人軽傷

    23日、塩津県で救援活動にあたる地元の消防隊員。中国雲南省昭通市塩津県で23日、マグニチュード(M)4・7の地震があり、同県新聞(報道)弁公室は同日夜、県内の10郷鎮(小都市)が異なる程度の被害を受け、軽傷者4人が病院に搬送されたと発表した。被災地では現在、各方面の救援部門が秩序的な救援活動を実施している。中国地震ネットワークセンター(CENC)によると、地震があったのは同日午前9時59分。震源の深さは10キロだった。(昭通=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月24日
    (3)雲南省塩津県でM4・7の地震4人軽傷

    23日、塩津県で救援活動にあたる地元の消防隊員。中国雲南省昭通市塩津県で23日、マグニチュード(M)4・7の地震があり、同県新聞(報道)弁公室は同日夜、県内の10郷鎮(小都市)が異なる程度の被害を受け、軽傷者4人が病院に搬送されたと発表した。被災地では現在、各方面の救援部門が秩序的な救援活動を実施している。中国地震ネットワークセンター(CENC)によると、地震があったのは同日午前9時59分。震源の深さは10キロだった。(昭通=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月24日
    (4)雲南省塩津県でM4・7の地震4人軽傷

    23日、塩津県で救援活動にあたる地元の消防隊員。中国雲南省昭通市塩津県で23日、マグニチュード(M)4・7の地震があり、同県新聞(報道)弁公室は同日夜、県内の10郷鎮(小都市)が異なる程度の被害を受け、軽傷者4人が病院に搬送されたと発表した。被災地では現在、各方面の救援部門が秩序的な救援活動を実施している。中国地震ネットワークセンター(CENC)によると、地震があったのは同日午前9時59分。震源の深さは10キロだった。(昭通=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月24日
    (1)雲南省塩津県でM4・7の地震4人軽傷

    23日、塩津県で救援活動にあたる地元の消防隊員。中国雲南省昭通市塩津県で23日、マグニチュード(M)4・7の地震があり、同県新聞(報道)弁公室は同日夜、県内の10郷鎮(小都市)が異なる程度の被害を受け、軽傷者4人が病院に搬送されたと発表した。被災地では現在、各方面の救援部門が秩序的な救援活動を実施している。中国地震ネットワークセンター(CENC)によると、地震があったのは同日午前9時59分。震源の深さは10キロだった。(昭通=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:09.84
    2021年01月24日
    「新華社」雲南省塩津県でM4・7の地震4人が軽傷

    中国雲南省昭通市塩津県で23日、マグニチュード(M)4・7の地震があり、同県新聞(報道)弁公室は同日夜、県内の10郷鎮(小都市)が異なる程度の被害を受け、軽傷者4人が病院に搬送されたと発表した。被災地では現在、各方面の救援部門が秩序的な救援活動を実施している。中国地震ネットワークセンター(CENC)によると、地震があったのは同日午前9時59分。震源の深さは10キロだった。(記者/林碧鋒) =配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (3)絵画を楽しむ87歳の「農民画家」雲南省大理市

    20日、油絵を描く王秉秀さん。中国雲南省大理ペー族自治州大理市の双廊古鎮に住む王秉秀(おう・へいしゅう)さん(87)は、字は読めないが油絵を描くのが得意で、これまで北京市や上海市などで開かれた絵画展に数多くの作品を出展してきた。78歳で絵を習い始めてから、旺盛な創作意欲を持ち続け、毎日時間をかけて創作活動に励んでいる王さんは、周りの人たちから「農民画家」と呼ばれている。(昆明=新華社記者/厳勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (5)絵画を楽しむ87歳の「農民画家」雲南省大理市

    20日、王秉秀さんが描いた作品の部分拡大写真。中国雲南省大理ペー族自治州大理市の双廊古鎮に住む王秉秀(おう・へいしゅう)さん(87)は、字は読めないが油絵を描くのが得意で、これまで北京市や上海市などで開かれた絵画展に数多くの作品を出展してきた。78歳で絵を習い始めてから、旺盛な創作意欲を持ち続け、毎日時間をかけて創作活動に励んでいる王さんは、周りの人たちから「農民画家」と呼ばれている。(昆明=新華社記者/厳勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (4)絵画を楽しむ87歳の「農民画家」雲南省大理市

    20日、王秉秀さんが描いた作品。中国雲南省大理ペー族自治州大理市の双廊古鎮に住む王秉秀(おう・へいしゅう)さん(87)は、字は読めないが油絵を描くのが得意で、これまで北京市や上海市などで開かれた絵画展に数多くの作品を出展してきた。78歳で絵を習い始めてから、旺盛な創作意欲を持ち続け、毎日時間をかけて創作活動に励んでいる王さんは、周りの人たちから「農民画家」と呼ばれている。(昆明=新華社記者/厳勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (2)絵画を楽しむ87歳の「農民画家」雲南省大理市

    20日、油絵を描く王秉秀さん。中国雲南省大理ペー族自治州大理市の双廊古鎮に住む王秉秀(おう・へいしゅう)さん(87)は、字は読めないが油絵を描くのが得意で、これまで北京市や上海市などで開かれた絵画展に数多くの作品を出展してきた。78歳で絵を習い始めてから、旺盛な創作意欲を持ち続け、毎日時間をかけて創作活動に励んでいる王さんは、周りの人たちから「農民画家」と呼ばれている。(昆明=新華社記者/厳勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (1)絵画を楽しむ87歳の「農民画家」雲南省大理市

    20日、最近描いた作品を見せる王秉秀さん。中国雲南省大理ペー族自治州大理市の双廊古鎮に住む王秉秀(おう・へいしゅう)さん(87)は、字は読めないが油絵を描くのが得意で、これまで北京市や上海市などで開かれた絵画展に数多くの作品を出展してきた。78歳で絵を習い始めてから、旺盛な創作意欲を持ち続け、毎日時間をかけて創作活動に励んでいる王さんは、周りの人たちから「農民画家」と呼ばれている。(昆明=新華社記者/厳勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:23.68
    2021年01月23日
    「新華社」絵画を楽しむ87歳の「農民画家」雲南省大理市

    中国雲南省大理ペー族自治州大理市の双廊古鎮に住む王秉秀(おう・へいしゅう)さん(87)は、字は読めないが油絵を描くのが得意で、これまで北京市や上海市などで開かれた絵画展に数多くの作品を出展してきた。78歳で絵を習い始めてから、旺盛な創作意欲を持ち続け、毎日時間をかけて創作活動に励んでいる王さんは、周りの人たちから「農民画家」と呼ばれている。王さんの作品には、生活の息吹を感じさせる寓意的風景が描かれている。(記者/厳勇) =配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (3)雲南省曲靖市の工場で爆発12人負傷

    20日、事故現場で消火・救援活動に当たる曲靖市の消防隊員。中国雲南省曲靖市政府新聞(報道)弁公室によると、曲靖市燐鉄科技の工場で20日午前10時ごろ、排気ガス回収塔が爆発し、12人が負傷した。負傷者はすでに病院に運ばれ、手当てを受けている。曲靖市政府は事故発生を受け、直ちに現場作業チームを組織した。現場での救助活動はほぼ完了しており、事後処理が順調に進められている。事故原因の調査も行われている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (1)雲南省曲靖市の工場で爆発12人負傷

    20日、事故現場で消火・救援活動に当たる曲靖市の消防隊員。中国雲南省曲靖市政府新聞(報道)弁公室によると、曲靖市燐鉄科技の工場で20日午前10時ごろ、排気ガス回収塔が爆発し、12人が負傷した。負傷者はすでに病院に運ばれ、手当てを受けている。曲靖市政府は事故発生を受け、直ちに現場作業チームを組織した。現場での救助活動はほぼ完了しており、事後処理が順調に進められている。事故原因の調査も行われている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (1)トラックから大量の有害生物の幼虫、税関が押収雲南省

    13日、孟定税関が押収したヤシオオオサゾウムシの幼虫。中国雲南省臨滄(りんそう)市でこのほど、中国・ミャンマー国境に置かれた孟定税関の職員が、有害生物のヤシオオオサゾウムシの生きた幼虫164匹を押収した。幼虫は、入国したトラックの検疫時に運転席に置かれていたシュロの根から見つかった。実験室での鑑定でヤシオオオサゾウムシの幼虫であることが判明した。ヤシ類を枯死させる害虫として知られており、検疫有害生物に指定されている。現在はすでに関連規定により処分されたという。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (7)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (6)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (4)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (1)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (2)雲南省曲靖市の工場で爆発 12人負傷

    20日、事故現場で消火・救援活動に当たる曲靖市の消防隊員。中国雲南省曲靖市政府新聞(報道)弁公室によると、曲靖市燐鉄科技の工場で20日午前10時ごろ、排気ガス回収塔が爆発し、12人が負傷した。負傷者はすでに病院に運ばれ、手当てを受けている。曲靖市政府は事故発生を受け、直ちに現場作業チームを組織した。現場での救助活動はほぼ完了しており、事後処理が順調に進められている。事故原因の調査も行われている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    雲南省普洱市で思瀾高速道路が開通

    20日、思瀾高速道路の重要プロジェクトとなる謙邁河特大橋。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市の思茅(しぼう)区と瀾滄(らんそう)ラフ族自治県を結ぶ思瀾高速道路が20日、開通した。本線の全長は約125キロで、開通により思茅区から瀾滄ラフ族自治県までの所要時間はこれまでの3時間半から1時間半に短縮される。(普洱=新華社記者/陳欣波)=配信日:2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.20
    2021年01月20日
    「新華社」湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(記者/姚兵) =配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (4)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (2)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (2)トラックから大量の有害生物の幼虫、税関が押収雲南省

    13日、孟定税関が押収したヤシオオオサゾウムシの幼虫。中国雲南省臨滄(りんそう)市でこのほど、中国・ミャンマー国境に置かれた孟定税関の職員が、有害生物のヤシオオオサゾウムシの生きた幼虫164匹を押収した。幼虫は、入国したトラックの検疫時に運転席に置かれていたシュロの根から見つかった。実験室での鑑定でヤシオオオサゾウムシの幼虫であることが判明した。ヤシ類を枯死させる害虫として知られており、検疫有害生物に指定されている。現在はすでに関連規定により処分されたという。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (6)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)トラックから大量の有害生物の幼虫、税関が押収雲南省

    13日、孟定税関が押収したヤシオオオサゾウムシの幼虫。中国雲南省臨滄(りんそう)市でこのほど、中国・ミャンマー国境に置かれた孟定税関の職員が、有害生物のヤシオオオサゾウムシの生きた幼虫164匹を押収した。幼虫は、入国したトラックの検疫時に運転席に置かれていたシュロの根から見つかった。実験室での鑑定でヤシオオオサゾウムシの幼虫であることが判明した。ヤシ類を枯死させる害虫として知られており、検疫有害生物に指定されている。現在はすでに関連規定により処分されたという。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    雲南省普洱市で思瀾高速道路が開通

    20日、思瀾高速道路の重要プロジェクトとなる謙邁河特大橋。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市の思茅(しぼう)区と瀾滄(らんそう)ラフ族自治県を結ぶ思瀾高速道路が20日、開通した。本線の全長は約125キロで、開通により思茅区から瀾滄ラフ族自治県までの所要時間はこれまでの3時間半から1時間半に短縮される。(普洱=新華社記者/陳欣波)=配信日:2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    雲南省普洱市で思瀾高速道路が開通

    20日、思瀾高速道路の黒河区間。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市の思茅(しぼう)区と瀾滄(らんそう)ラフ族自治県を結ぶ思瀾高速道路が20日、開通した。本線の全長は約125キロで、開通により思茅区から瀾滄ラフ族自治県までの所要時間はこれまでの3時間半から1時間半に短縮される。(普洱=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (2)雲南省、全16自治州・市の高速道路整備完了

    13日、空から見た雲南省墨臨高速道路の昔帰交差橋。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県と臨滄市を結ぶ高速道路が13日、試験的に供用を始めた。着工から完成まで5年余りを費やしたプロジェクトで、今回の供用開始に伴い、省内の8自治州と8地級市全てに高速道路が整備されたことになる。(昆明=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (1)雲南省、全16自治州・市の高速道路整備完了

    13日、空から見た雲南省墨臨高速道路の昔帰交差橋。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県と臨滄市を結ぶ高速道路が13日、試験的に供用を始めた。着工から完成まで5年余りを費やしたプロジェクトで、今回の供用開始に伴い、省内の8自治州と8地級市全てに高速道路が整備されたことになる。(昆明=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.70
    2021年01月17日
    「新華社」雲南省、全16自治州・市の高速道路整備完了

    中国雲南省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県と臨滄市を結ぶ高速道路が13日、試験的に供用を始めた。着工から完成まで5年余りを費やしたプロジェクトで、今回の供用開始に伴い、省内の8自治州と8地級市全てに高速道路が整備されたことになる。昨年末の時点で、同省の高速道路の総延長は9千キロメートルを超えた。(記者/孫敏、厳勇) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (3)雲南省、全16自治州・市の高速道路整備完了

    13日、空から見た雲南省墨臨高速道路の瀾滄江(昔帰)特大橋。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県と臨滄市を結ぶ高速道路が13日、試験的に供用を始めた。着工から完成まで5年余りを費やしたプロジェクトで、今回の供用開始に伴い、省内の8自治州と8地級市全てに高速道路が整備されたことになる。(昆明=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (4)雲南省、全16自治州・市の高速道路整備完了

    13日、空から見た雲南省墨臨高速道路の瀾滄江(昔帰)特大橋。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県と臨滄市を結ぶ高速道路が13日、試験的に供用を始めた。着工から完成まで5年余りを費やしたプロジェクトで、今回の供用開始に伴い、省内の8自治州と8地級市全てに高速道路が整備されたことになる。(昆明=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (6)雲南省、全16自治州・市の高速道路整備完了

    13日、空から見た雲南省墨臨高速道路の昔帰交差橋。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県と臨滄市を結ぶ高速道路が13日、試験的に供用を始めた。着工から完成まで5年余りを費やしたプロジェクトで、今回の供用開始に伴い、省内の8自治州と8地級市全てに高速道路が整備されたことになる。(昆明=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (5)雲南省、全16自治州・市の高速道路整備完了

    13日、空から見た雲南省墨臨高速道路の文奪特大橋。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県と臨滄市を結ぶ高速道路が13日、試験的に供用を始めた。着工から完成まで5年余りを費やしたプロジェクトで、今回の供用開始に伴い、省内の8自治州と8地級市全てに高速道路が整備されたことになる。(昆明=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)草果の全ゲノムマップを発表雲南省怒江リス族自治州

    摘み取った草果を籠に詰める雲南省怒江リス族自治州福貢県木加甲村の村民。(2019年10月28日撮影)中国雲南省怒江リス族自治州は13日、華南農業大学や米コーネル大学などの研究機関と共同記者会見を開き、15カ月かけて作成した草果(ソウカ)の全ゲノムマップを発表した。研究成果は草果の品種改良や遺伝子組み換えの推進、関連産業の健全かつ持続可能な発展に重要な意味を持つ。(昆明=新華社配信/楊雪輝)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)草果の全ゲノムマップを発表雲南省怒江リス族自治州

    研究チームが作成した草果の全ゲノムマップ。(資料写真)中国雲南省怒江リス族自治州は13日、華南農業大学や米コーネル大学などの研究機関と共同記者会見を開き、15カ月かけて作成した草果(ソウカ)の全ゲノムマップを発表した。研究成果は草果の品種改良や遺伝子組み換えの推進、関連産業の健全かつ持続可能な発展に重要な意味を持つ。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)=配信日:2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:23.44
    2021年01月14日
    「新華社」絶滅危惧種のアカハジロ、雲南省保山市で確認

    中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園で9日、職員が絶滅危惧種のアカハジロの姿を確認した。カモ科のアカハジロは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前(CR)」に指定されている。保山市はここ数年、湿地の生態回復事業を進めており、同湿地公園に生息する鳥類は2016年の172種から、現在では279種まで増加している。(記者/王安浩維) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (5)中国の研究者、雲南省でグロッバの新種を発見

    「瑞麗舞花姜」。(2019年10月21日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の銅壁関省級自然保護区管理保護局によると、研究者が同保護区内でショウガ科グロッバ属の新種を発見し、「瑞麗舞花姜」(Globbaruiliensis)と命名した。研究成果は4日、学術誌「Taiwania」に掲載された。(昆明=新華社配信/申健勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (2)中国の研究者、雲南省でグロッバの新種を発見

    「瑞麗舞花姜」の花。(2019年10月21日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の銅壁関省級自然保護区管理保護局によると、研究者が同保護区内でショウガ科グロッバ属の新種を発見し、「瑞麗舞花姜」(Globbaruiliensis)と命名した。研究成果は4日、学術誌「Taiwania」に掲載された。(昆明=新華社配信/申健勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (6)中国の研究者、雲南省でグロッバの新種を発見

    「瑞麗舞花姜」の葉や花、根を示した図。(資料写真)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の銅壁関省級自然保護区管理保護局によると、研究者が同保護区内でショウガ科グロッバ属の新種を発見し、「瑞麗舞花姜」(Globbaruiliensis)と命名した。研究成果は4日、学術誌「Taiwania」に掲載された。(昆明=新華社配信/申健勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (3)中国の研究者、雲南省でグロッバの新種を発見

    「瑞麗舞花姜」の花序。(2019年10月21日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の銅壁関省級自然保護区管理保護局によると、研究者が同保護区内でショウガ科グロッバ属の新種を発見し、「瑞麗舞花姜」(Globbaruiliensis)と命名した。研究成果は4日、学術誌「Taiwania」に掲載された。(昆明=新華社配信/申健勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (1)中国の研究者、雲南省でグロッバの新種を発見

    「瑞麗舞花姜」の株。(2019年10月21日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の銅壁関省級自然保護区管理保護局によると、研究者が同保護区内でショウガ科グロッバ属の新種を発見し、「瑞麗舞花姜」(Globbaruiliensis)と命名した。研究成果は4日、学術誌「Taiwania」に掲載された。(昆明=新華社配信/申健勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (3)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された虫入り琥珀。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、ジュエリー、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (14)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」の会場。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (8)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (9)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (2)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (7)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品を見つめる来場者。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (4)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で、琥珀の中に閉じ込められた虫。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (6)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月12日
    (2)48時間で薬物事件5件摘発、11キロ余りの薬物を押収雲南省

    7日、警察が宅配便の小包から押収したメタンフェタミン(覚せい剤の一種)と思われる不審物。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州辺境管理分隊は、7~8日の48時間の間に薬物事件5件を摘発、容疑者1人を逮捕し、薬物11キロ余りと事件に関与した車両1台を押収した。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (5)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (12)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月12日
    (1)48時間で薬物事件5件摘発、11キロ余りの薬物を押収雲南省

    7日、郵送された乾燥ナツメの中から、警察が発見したメタンフェタミン(覚せい剤の一種)と思われる不審物。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州辺境管理分隊は、7~8日の48時間の間に薬物事件5件を摘発、容疑者1人を逮捕し、薬物11キロ余りと事件に関与した車両1台を押収した。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (11)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月12日
    (3)48時間で薬物事件5件摘発、11キロ余りの薬物を押収雲南省

    7日、円盤状に圧縮したプーアル茶の中から、警察が発見したメタンフェタミン(覚せい剤の一種)と思われる不審物。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州辺境管理分隊は、7~8日の48時間の間に薬物事件5件を摘発、容疑者1人を逮捕し、薬物11キロ余りと事件に関与した車両1台を押収した。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (13)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された雲南省出身の舞踏家、楊麗萍(よう・れいへい)さんからインスピレーションを得て制作された作品「孔雀眼」。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (10)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (4)新年の大空を舞うカモメ雲南省昆明市

    2日、昆明市の海埂大壩で、観光客が手にした餌をついばむユリカモメ。新年を迎えた中国雲南省昆明市ではここ数日、穏やかな天気が続いている。市内の滇池のほとりにある海埂大壩では元旦の連休中、越冬のために飛来したユリカモメと戯れる市民や観光客の姿が見られた。(昆明=新華社配信/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (8)新年の大空を舞うカモメ雲南省昆明市

    2日、昆明市の海埂大壩で、ユリカモメの餌やりを楽しむ人たち。(小型無人機から)新年を迎えた中国雲南省昆明市ではここ数日、穏やかな天気が続いている。市内の滇池のほとりにある海埂大壩では元旦の連休中、越冬のために飛来したユリカモメと戯れる市民や観光客の姿が見られた。(昆明=新華社配信/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (2)新年の大空を舞うカモメ雲南省昆明市

    2日、昆明市の海埂大壩で、ユリカモメの餌やりを楽しむ観光客。新年を迎えた中国雲南省昆明市ではここ数日、穏やかな天気が続いている。市内の滇池のほとりにある海埂大壩では元旦の連休中、越冬のために飛来したユリカモメと戯れる市民や観光客の姿が見られた。(昆明=新華社配信/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (6)新年の大空を舞うカモメ雲南省昆明市

    2日、昆明市の海埂大壩で、中国の作曲家、聶耳(ニエ・アル)の像の上空を飛ぶユリカモメ。新年を迎えた中国雲南省昆明市ではここ数日、穏やかな天気が続いている。市内の滇池のほとりにある海埂大壩では元旦の連休中、越冬のために飛来したユリカモメと戯れる市民や観光客の姿が見られた。(昆明=新華社配信/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (7)新年の大空を舞うカモメ雲南省昆明市

    2日、船上でカモメの餌やりを楽しむ観光客。(小型無人機から)新年を迎えた中国雲南省昆明市ではここ数日、穏やかな天気が続いている。市内の滇池のほとりにある海埂大壩では元旦の連休中、越冬のために飛来したユリカモメと戯れる市民や観光客の姿が見られた。(昆明=新華社配信/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (3)新年の大空を舞うカモメ雲南省昆明市

    2日、昆明市の海埂大壩で、ユリカモメの餌やりを楽しむ観光客。新年を迎えた中国雲南省昆明市ではここ数日、穏やかな天気が続いている。市内の滇池のほとりにある海埂大壩では元旦の連休中、越冬のために飛来したユリカモメと戯れる市民や観光客の姿が見られた。(昆明=新華社配信/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (5)新年の大空を舞うカモメ雲南省昆明市

    2日、昆明市の海埂大壩で、ユリカモメの餌やりを楽しむ観光客。新年を迎えた中国雲南省昆明市ではここ数日、穏やかな天気が続いている。市内の滇池のほとりにある海埂大壩では元旦の連休中、越冬のために飛来したユリカモメと戯れる市民や観光客の姿が見られた。(昆明=新華社配信/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (1)新年の大空を舞うカモメ雲南省昆明市

    2日、船上でカモメの餌やりを楽しむ観光客。新年を迎えた中国雲南省昆明市ではここ数日、穏やかな天気が続いている。市内の滇池のほとりにある海埂大壩では元旦の連休中、越冬のために飛来したユリカモメと戯れる市民や観光客の姿が見られた。(昆明=新華社配信/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    雲南省普洱市警察、大規模な偽造たばこ密輸事件を摘発

    10日、雲南省普洱市で起きた商標偽造の紙巻きたばこの大規模な密輸事件の関連物品展示台に並べられた押収品。中国雲南省普洱市公安局は記者会見で、同局がこのほど、国境を超えた大規模な商標偽造の紙巻きたばこ密輸事件を一斉摘発し、容疑者32人を逮捕し、偽造紙巻きたばこ1294万6200本を押収したと発表した。事件に関連する押収品の総額は4億9千万元(1元=約16円)に上る。(普洱=新華社記者/陳倩慈)=配信日:2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)=配信日:2021(令和3)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (9)雲南省で撮影されたテナガザル母子、2年前と同じ個体と判明

    カメラマンが撮影したスカイウォーカー・フーロックテナガザル。(2020年12月22日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県香柏村付近でこのほど、カメラマンがスカイウォーカー・フーロックテナガザルの母子が活動する様子の撮影に成功した。専門家による比較検証の結果、母子は2年前に撮影された個体と同一であることが確認された。(徳宏=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (2)雲南省で撮影されたテナガザル母子、2年前と同じ個体と判明

    カメラマンが撮影したスカイウォーカー・フーロックテナガザル。(2020年12月22日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県香柏村付近でこのほど、カメラマンがスカイウォーカー・フーロックテナガザルの母子が活動する様子の撮影に成功した。専門家による比較検証の結果、母子は2年前に撮影された個体と同一であることが確認された。(徳宏=新華社配信/何海燕)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (5)雲南省で撮影されたテナガザル母子、2年前と同じ個体と判明

    カメラマンが撮影したスカイウォーカー・フーロックテナガザル。(2020年12月22日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県香柏村付近でこのほど、カメラマンがスカイウォーカー・フーロックテナガザルの母子が活動する様子の撮影に成功した。専門家による比較検証の結果、母子は2年前に撮影された個体と同一であることが確認された。(徳宏=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:08.43
    2021年01月08日
    「新華社」雲南省で撮影されたテナガザル母子、2年前と同じ個体と判明

    中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県香柏村付近でこのほど、カメラマンがスカイウォーカー・フーロックテナガザル(学名:Hoolocktianxing)の母子が活動する様子の撮影に成功した。専門家による比較検証の結果、母子は2年前に撮影された個体と同一であることが確認された。スカイウォーカー・フーロックテナガザルは中国の科学者が命名した唯一の類人猿で、中国の国家1級保護動物に指定されている。国内の個体数は約150匹で、主に同省高黎貢山の一部地域や盈江県の大娘山エリアに分布している。(記者/姚兵) =配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (1)雲南省で撮影されたテナガザル母子、2年前と同じ個体と判明

    カメラマンが撮影したスカイウォーカー・フーロックテナガザル。(2020年12月22日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県香柏村付近でこのほど、カメラマンがスカイウォーカー・フーロックテナガザルの母子が活動する様子の撮影に成功した。専門家による比較検証の結果、母子は2年前に撮影された個体と同一であることが確認された。(徳宏=新華社配信/杜銀磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (3)雲南省で撮影されたテナガザル母子、2年前と同じ個体と判明

    カメラマンが撮影したスカイウォーカー・フーロックテナガザル。(2020年12月22日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県香柏村付近でこのほど、カメラマンがスカイウォーカー・フーロックテナガザルの母子が活動する様子の撮影に成功した。専門家による比較検証の結果、母子は2年前に撮影された個体と同一であることが確認された。(徳宏=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (6)雲南省で撮影されたテナガザル母子、2年前と同じ個体と判明

    カメラマンが撮影したスカイウォーカー・フーロックテナガザル。(2020年12月22日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県香柏村付近でこのほど、カメラマンがスカイウォーカー・フーロックテナガザルの母子が活動する様子の撮影に成功した。専門家による比較検証の結果、母子は2年前に撮影された個体と同一であることが確認された。(徳宏=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (8)雲南省で撮影されたテナガザル母子、2年前と同じ個体と判明

    カメラマンが撮影したスカイウォーカー・フーロックテナガザル。(2020年12月21日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県香柏村付近でこのほど、カメラマンがスカイウォーカー・フーロックテナガザルの母子が活動する様子の撮影に成功した。専門家による比較検証の結果、母子は2年前に撮影された個体と同一であることが確認された。(徳宏=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (9)ジノー族の文化をさらに大きな舞台へ雲南省景洪市

    12月25日、糸繰りをする何桂英さん。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州景洪市にあるジノー(基諾)族の村、新司土村では、ジノー族の機織りや刺しゅう技術の継承と住民の収入増を目指し、地元の女性たちが手工芸品の専業合作社(協同組合)を設立した。合作社のまとめ役、何桂英(か・けいえい)さん(52)は無形文化遺産「ジノー太鼓舞」の伝承者でもあり、時には村外の学校で太鼓舞の公演を行い、より多くの若者に民族文化を伝えている。(昆明=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (1)ジノー族の文化をさらに大きな舞台へ雲南省景洪市

    12月25日、手工芸品の合作社で機織りをする何桂英さん(中央)。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州景洪市にあるジノー(基諾)族の村、新司土村では、ジノー族の機織りや刺しゅう技術の継承と住民の収入増を目指し、地元の女性たちが手工芸品の専業合作社(協同組合)を設立した。合作社のまとめ役、何桂英(か・けいえい)さん(52)は無形文化遺産「ジノー太鼓舞」の伝承者でもあり、時には村外の学校で太鼓舞の公演を行い、より多くの若者に民族文化を伝えている。(昆明=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (7)ジノー族の文化をさらに大きな舞台へ雲南省景洪市

    12月25日、出来上がった服を検査する何桂英さん。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州景洪市にあるジノー(基諾)族の村、新司土村では、ジノー族の機織りや刺しゅう技術の継承と住民の収入増を目指し、地元の女性たちが手工芸品の専業合作社(協同組合)を設立した。合作社のまとめ役、何桂英(か・けいえい)さん(52)は無形文化遺産「ジノー太鼓舞」の伝承者でもあり、時には村外の学校で太鼓舞の公演を行い、より多くの若者に民族文化を伝えている。(昆明=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (8)ジノー族の文化をさらに大きな舞台へ雲南省景洪市

    12月25日、腕を使って糸巻きをする何桂英さん(右)。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州景洪市にあるジノー(基諾)族の村、新司土村では、ジノー族の機織りや刺しゅう技術の継承と住民の収入増を目指し、地元の女性たちが手工芸品の専業合作社(協同組合)を設立した。合作社のまとめ役、何桂英(か・けいえい)さん(52)は無形文化遺産「ジノー太鼓舞」の伝承者でもあり、時には村外の学校で太鼓舞の公演を行い、より多くの若者に民族文化を伝えている。(昆明=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (5)ジノー族の文化をさらに大きな舞台へ雲南省景洪市

    12月25日、糸を整理する何桂英さん。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州景洪市にあるジノー(基諾)族の村、新司土村では、ジノー族の機織りや刺しゅう技術の継承と住民の収入増を目指し、地元の女性たちが手工芸品の専業合作社(協同組合)を設立した。合作社のまとめ役、何桂英(か・けいえい)さん(52)は無形文化遺産「ジノー太鼓舞」の伝承者でもあり、時には村外の学校で太鼓舞の公演を行い、より多くの若者に民族文化を伝えている。(昆明=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (6)ジノー族の文化をさらに大きな舞台へ雲南省景洪市

    12月25日、手工芸品の合作社で作品について話し合う何桂英さん(中央)ら。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州景洪市にあるジノー(基諾)族の村、新司土村では、ジノー族の機織りや刺しゅう技術の継承と住民の収入増を目指し、地元の女性たちが手工芸品の専業合作社(協同組合)を設立した。合作社のまとめ役、何桂英(か・けいえい)さん(52)は無形文化遺産「ジノー太鼓舞」の伝承者でもあり、時には村外の学校で太鼓舞の公演を行い、より多くの若者に民族文化を伝えている。(昆明=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (10)ジノー族の文化をさらに大きな舞台へ雲南省景洪市

    12月25日、ジノー太鼓舞を披露する何桂英さん。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州景洪市にあるジノー(基諾)族の村、新司土村では、ジノー族の機織りや刺しゅう技術の継承と住民の収入増を目指し、地元の女性たちが手工芸品の専業合作社(協同組合)を設立した。合作社のまとめ役、何桂英(か・けいえい)さん(52)は無形文化遺産「ジノー太鼓舞」の伝承者でもあり、時には村外の学校で太鼓舞の公演を行い、より多くの若者に民族文化を伝えている。(昆明=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (4)ジノー族の文化をさらに大きな舞台へ雲南省景洪市

    12月25日、機織り機を点検する何桂英さん。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州景洪市にあるジノー(基諾)族の村、新司土村では、ジノー族の機織りや刺しゅう技術の継承と住民の収入増を目指し、地元の女性たちが手工芸品の専業合作社(協同組合)を設立した。合作社のまとめ役、何桂英(か・けいえい)さん(52)は無形文化遺産「ジノー太鼓舞」の伝承者でもあり、時には村外の学校で太鼓舞の公演を行い、より多くの若者に民族文化を伝えている。(昆明=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (2)ジノー族の文化をさらに大きな舞台へ雲南省景洪市

    12月25日、刺しゅう作品を持って階段を下りる何桂英さん。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州景洪市にあるジノー(基諾)族の村、新司土村では、ジノー族の機織りや刺しゅう技術の継承と住民の収入増を目指し、地元の女性たちが手工芸品の専業合作社(協同組合)を設立した。合作社のまとめ役、何桂英(か・けいえい)さん(52)は無形文化遺産「ジノー太鼓舞」の伝承者でもあり、時には村外の学校で太鼓舞の公演を行い、より多くの若者に民族文化を伝えている。(昆明=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (3)ジノー族の文化をさらに大きな舞台へ雲南省景洪市

    12月25日、何桂英さんが手掛ける刺しゅう作品。中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州景洪市にあるジノー(基諾)族の村、新司土村では、ジノー族の機織りや刺しゅう技術の継承と住民の収入増を目指し、地元の女性たちが手工芸品の専業合作社(協同組合)を設立した。合作社のまとめ役、何桂英(か・けいえい)さん(52)は無形文化遺産「ジノー太鼓舞」の伝承者でもあり、時には村外の学校で太鼓舞の公演を行い、より多くの若者に民族文化を伝えている。(昆明=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (8)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村で、自分が作った手織りのバッグを点検する村民。中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (7)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村で布を織りながら話をする村民。中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (6)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村で完成した生地を収納する村民。中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (3)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県の文化企業、西盟印象民族文化で布を織る秧洛村の村民。中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (1)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県の文化企業、西盟印象民族文化で布を織る秧洛村の村民。中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...