KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • シーサンパンナ
  • アジアゾウ
  • 自治州勐
  • 象谷風景
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 野生ゾウ
  • 世界ゾウ
  • 取り組み
  • プラットフォーム

「中国雲南省シーサンパンナダイ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
119
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
119
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月17日
    (1)森林保護員、職務にかける情熱雲南省

    8日、雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海県布朗山郷の山中で食事を取る森林保護員ら。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の布朗山郷は同県の郷・鎮で最大の森林地域を擁しており、森林率は78%、森林面積は9万6227ヘクタールに達している。120人の森林保護員は毎日山に入り、いばらをかき分けながら巡回するなど、熱心に職務に打ち込んでいる。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (2)森林保護員、職務にかける情熱雲南省

    12日、雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海県布朗山郷の勐昂林区。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の布朗山郷は同県の郷・鎮で最大の森林地域を擁しており、森林率は78%、森林面積は9万6227ヘクタールに達している。120人の森林保護員は毎日山に入り、いばらをかき分けながら巡回するなど、熱心に職務に打ち込んでいる。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (5)森林保護員、職務にかける情熱雲南省

    12日、雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海県布朗山郷の山中を巡回する森林保護員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の布朗山郷は同県の郷・鎮で最大の森林地域を擁しており、森林率は78%、森林面積は9万6227ヘクタールに達している。120人の森林保護員は毎日山に入り、いばらをかき分けながら巡回するなど、熱心に職務に打ち込んでいる。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (3)森林保護員、職務にかける情熱雲南省

    11日、雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海県布朗山郷勐昂村の住民が植えた苗木。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の布朗山郷は同県の郷・鎮で最大の森林地域を擁しており、森林率は78%、森林面積は9万6227ヘクタールに達している。120人の森林保護員は毎日山に入り、いばらをかき分けながら巡回するなど、熱心に職務に打ち込んでいる。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (4)森林保護員、職務にかける情熱雲南省

    12日、雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海県布朗山郷の勐昂林区。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の布朗山郷は同県の郷・鎮で最大の森林地域を擁しており、森林率は78%、森林面積は9万6227ヘクタールに達している。120人の森林保護員は毎日山に入り、いばらをかき分けながら巡回するなど、熱心に職務に打ち込んでいる。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月11日
    (2)春節のシーサンパンナに野生のアジアゾウ出現雲南省

    12日、野象谷風景区に現れた野生のアジアゾウ。春節(旧正月)を迎えた中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で12日午後、野生のアジアゾウが観光客の前に姿を現した。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 0()年0月0日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)野象谷風景区の子ゾウ「小九」、1歳の誕生日迎える雲南省

    22日、「長卓宴」を楽しむ雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州野象谷風景区のアジアゾウ。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区は22日、自然繁殖で生まれた9頭目のアジアゾウの子ども「小九(シャオジュー)」の1歳の誕生日に合わせ、公益宣伝活動を行った。(シーサンパンナ=新華社記者/陳倩慈)= 配信日: 2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)野象谷風景区の子ゾウ「小九」、1歳の誕生日迎える雲南省

    22日、雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州野象谷風景区で行われたアジアゾウの子ども「小九」の誕生日会。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区は22日、自然繁殖で生まれた9頭目のアジアゾウの子ども「小九(シャオジュー)」の1歳の誕生日に合わせ、公益宣伝活動を行った。(シーサンパンナ=新華社記者/陳倩慈)= 配信日: 2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (1)春節のシーサンパンナに野生のアジアゾウ出現雲南省

    12日、野象谷風景区に現れた野生のアジアゾウ。春節(旧正月)を迎えた中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で12日午後、野生のアジアゾウが観光客の前に姿を現した。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (6)春節のシーサンパンナに野生のアジアゾウ出現雲南省

    12日、野象谷風景区に現れた野生のアジアゾウ。春節(旧正月)を迎えた中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で12日午後、野生のアジアゾウが観光客の前に姿を現した。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (3)春節のシーサンパンナに野生のアジアゾウ出現雲南省

    12日、野象谷風景区に現れた野生のアジアゾウ。春節(旧正月)を迎えた中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で12日午後、野生のアジアゾウが観光客の前に姿を現した。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.03
    2021年02月14日
    「新華社」春節のシーサンパンナに野生のアジアゾウ出現雲南省

    春節(旧正月)を迎えた中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で12日午後、野生のアジアゾウが観光客の前に姿を現した。スタッフによると、同風景区では1月以降、野生のゾウの群れが頻繁に出没し、遊んだり塩分を含む土を食べたりしているという。観光客は高架式の通路で安全な距離を保ちながらゾウを観察したり、生息環境を体験したりすることができる。(記者/姚兵) =配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (5)春節のシーサンパンナに野生のアジアゾウ出現雲南省

    12日、野象谷風景区に現れた野生のアジアゾウ。春節(旧正月)を迎えた中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で12日午後、野生のアジアゾウが観光客の前に姿を現した。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (7)春節のシーサンパンナに野生のアジアゾウ出現雲南省

    12日、野象谷風景区に現れた野生のアジアゾウ。春節(旧正月)を迎えた中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で12日午後、野生のアジアゾウが観光客の前に姿を現した。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (4)春節のシーサンパンナに野生のアジアゾウ出現雲南省

    12日、野象谷風景区に現れた野生のアジアゾウ。春節(旧正月)を迎えた中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で12日午後、野生のアジアゾウが観光客の前に姿を現した。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    中国最大の野生高地イネのジーンバンク、雲南省で着工

    8日、雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海県の野外ジーンバンク建設現場。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県でこのほど、野生の高地イネ品種の野外ジーンバンク(遺伝資源保存施設)の建設が始まった。潜在的な絶滅を防ぐのが目的で、国内最大規模になる。同省農業科学院によると、建設に2年かかるという。中国はイネの栽培面積と消費量が世界一だが、ここ数年は人間の活動により野生資源の枯渇や絶滅のリスクに直面している。中国には現在、広西チワン族自治区と広東省に野生イネの野外ジーンバンクがあり、主に低緯度・低標高地域の野生イネを保護している。今回建設される施設は、高地イネ品種を対象とし、種の多様性の保全を図る。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    中国最大の野生高地イネのジーンバンク、雲南省で着工

    8日、雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海県の野外ジーンバンク建設現場。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県でこのほど、野生の高地イネ品種の野外ジーンバンク(遺伝資源保存施設)の建設が始まった。潜在的な絶滅を防ぐのが目的で、国内最大規模になる。同省農業科学院によると、建設に2年かかるという。中国はイネの栽培面積と消費量が世界一だが、ここ数年は人間の活動により野生資源の枯渇や絶滅のリスクに直面している。中国には現在、広西チワン族自治区と広東省に野生イネの野外ジーンバンクがあり、主に低緯度・低標高地域の野生イネを保護している。今回建設される施設は、高地イネ品種を対象とし、種の多様性の保全を図る。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    「世界ゾウの日」公益活動開催、現状と保護訴え雲南省

    12日、アジアゾウに餌をやる観光客。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区が12日、「世界ゾウの日」チャリティーイベントを開催し、アジアゾウが置かれている厳しい生存現状への理解と、保護活動への参加を呼び掛けた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    「世界ゾウの日」公益活動開催、現状と保護訴え雲南省

    12日、果物のごちそうを楽しむアジアゾウ。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区が12日、「世界ゾウの日」チャリティーイベントを開催し、アジアゾウが置かれている厳しい生存現状への理解と、保護活動への参加を呼び掛けた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    保護したゾウの「羊妞」5歳に雲南省シーサンパンナ

    12日、シーサンパンナ・ダイ族自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターで行われた「羊妞」の誕生日パーティーの様子。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で「ゾウのお父さん」たちが、保護したゾウ「羊妞(ヤンニウ)」の5歳の誕生日を祝った。2015年、生後1カ月にも満たない赤ちゃんゾウが突然、農家に迷い込んできた。連絡を受けた関係部門が、同自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターに連れて行き、赤ちゃんゾウはそこで懸命な応急手当てを受けた。また「ゾウのお父さん」と呼ばれる専門のスタッフ4人も選ばれた。「羊妞」と名付けられた赤ちゃんゾウは、今では各種検査値も正常値に回復、体重も顕著に増加している。(シーサンパンナ=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.15
    2020年08月12日
    「新華社」「世界ゾウの日」公益活動開催、現状と保護訴え雲南省

    中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区が12日、「世界ゾウの日」チャリティーイベントを開催し、アジアゾウが置かれている厳しい生存現状への理解と、保護活動への参加を呼び掛けた。イベントでは、ボランティアがスイカやバナナ、ドラゴンフルーツなど青果の「長卓宴(少数民族の村などで行われる長テーブルを囲んだ宴席)」を用意し、同風景区で生活するアジアゾウ20頭が「特別なごちそう」を楽しんだ。また同イベントでは、アジアゾウに関する写真展や料理コンテスト、青空市場、野外キャンプ、保護成果展示なども開かれた。「世界ゾウの日」は、ゾウの密猟と象牙取引の根絶、生息地保護、アフリカゾウとアジアゾウが置かれた厳しい生存環境への理解を呼び掛けることを目的に、2012年8月12日に制定された。同風景区は2016年から「世界ゾウの日」チャリティーイベントを開催し、多くの人にアジアゾウの生息実態と絶滅の危機に瀕している現状を理解してもらうよう促し、社会全体で保護活動や人とゾウの共存に積極的に貢献するよう働きかけている。野生のアジアゾウは中国の国家1級保護動物に指定されており、国内では主に雲南省のシーサンパンナ・ダイ族自治州、普洱(ふじ)市などに、約300頭が分布している。(記者/孫敏、姚兵、厳勇)<映像内容>「世界ゾウの日」チャリティーイベントの様子、撮影日:2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    「世界ゾウの日」公益活動開催、現状と保護訴え雲南省

    12日、果物のごちそうを楽しむアジアゾウ。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区が12日、「世界ゾウの日」チャリティーイベントを開催し、アジアゾウが置かれている厳しい生存現状への理解と、保護活動への参加を呼び掛けた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    「世界ゾウの日」公益活動開催、現状と保護訴え雲南省

    12日、アジアゾウに餌をやる観光客。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区が12日、「世界ゾウの日」チャリティーイベントを開催し、アジアゾウが置かれている厳しい生存現状への理解と、保護活動への参加を呼び掛けた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    「世界ゾウの日」公益活動開催、現状と保護訴え雲南省

    12日、アジアゾウに餌をやる観光客。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区が12日、「世界ゾウの日」チャリティーイベントを開催し、アジアゾウが置かれている厳しい生存現状への理解と、保護活動への参加を呼び掛けた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    保護したゾウの「羊妞」5歳に雲南省シーサンパンナ

    12日、シーサンパンナ・ダイ族自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターで、ゾウの「羊妞」と触れ合うスタッフ。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で「ゾウのお父さん」たちが、保護したゾウ「羊妞(ヤンニウ)」の5歳の誕生日を祝った。2015年、生後1カ月にも満たない赤ちゃんゾウが突然、農家に迷い込んできた。連絡を受けた関係部門が、同自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターに連れて行き、赤ちゃんゾウはそこで懸命な応急手当てを受けた。また「ゾウのお父さん」と呼ばれる専門のスタッフ4人も選ばれた。「羊妞」と名付けられた赤ちゃんゾウは、今では各種検査値も正常値に回復、体重も顕著に増加している。(シーサンパンナ=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    保護したゾウの「羊妞」5歳に雲南省シーサンパンナ

    12日、シーサンパンナ・ダイ族自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターで、スタッフとボール遊びをして誕生日パーティーを楽しむ「羊妞」。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で「ゾウのお父さん」たちが、保護したゾウ「羊妞(ヤンニウ)」の5歳の誕生日を祝った。2015年、生後1カ月にも満たない赤ちゃんゾウが突然、農家に迷い込んできた。連絡を受けた関係部門が、同自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターに連れて行き、赤ちゃんゾウはそこで懸命な応急手当てを受けた。また「ゾウのお父さん」と呼ばれる専門のスタッフ4人も選ばれた。「羊妞」と名付けられた赤ちゃんゾウは、今では各種検査値も正常値に回復、体重も顕著に増加している。(シーサンパンナ=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    保護したゾウの「羊妞」5歳に雲南省シーサンパンナ

    12日、シーサンパンナ・ダイ族自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターで「羊妞」に誕生日ケーキを食べさせるスタッフ。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で「ゾウのお父さん」たちが、保護したゾウ「羊妞(ヤンニウ)」の5歳の誕生日を祝った。2015年、生後1カ月にも満たない赤ちゃんゾウが突然、農家に迷い込んできた。連絡を受けた関係部門が、同自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターに連れて行き、赤ちゃんゾウはそこで懸命な応急手当てを受けた。また「ゾウのお父さん」と呼ばれる専門のスタッフ4人も選ばれた。「羊妞」と名付けられた赤ちゃんゾウは、今では各種検査値も正常値に回復、体重も顕著に増加している。(シーサンパンナ=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    「世界ゾウの日」公益活動開催、現状と保護訴え雲南省

    12日、アジアゾウに果物のごちそうを用意するアジアゾウ保護ボランティア。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区が12日、「世界ゾウの日」チャリティーイベントを開催し、アジアゾウが置かれている厳しい生存現状への理解と、保護活動への参加を呼び掛けた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    保護したゾウの「羊妞」5歳に雲南省シーサンパンナ

    12日、シーサンパンナ・ダイ族自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターで、スタッフとボール遊びをして誕生日パーティーを楽しむ「羊妞」。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で「ゾウのお父さん」たちが、保護したゾウ「羊妞(ヤンニウ)」の5歳の誕生日を祝った。2015年、生後1カ月にも満たない赤ちゃんゾウが突然、農家に迷い込んできた。連絡を受けた関係部門が、同自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターに連れて行き、赤ちゃんゾウはそこで懸命な応急手当てを受けた。また「ゾウのお父さん」と呼ばれる専門のスタッフ4人も選ばれた。「羊妞」と名付けられた赤ちゃんゾウは、今では各種検査値も正常値に回復、体重も顕著に増加している。(シーサンパンナ=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    「世界ゾウの日」公益活動開催、現状と保護訴え雲南省

    12日、果物のごちそうを楽しむアジアゾウ。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区が12日、「世界ゾウの日」チャリティーイベントを開催し、アジアゾウが置かれている厳しい生存現状への理解と、保護活動への参加を呼び掛けた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    「世界ゾウの日」公益活動開催、現状と保護訴え雲南省

    12日、果物のごちそうを楽しむアジアゾウ。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区が12日、「世界ゾウの日」チャリティーイベントを開催し、アジアゾウが置かれている厳しい生存現状への理解と、保護活動への参加を呼び掛けた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:38.86
    2020年08月12日
    「新華社」保護したゾウの「羊妞」5歳に雲南省シーサンパンナ

    「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で「ゾウのお父さん」たちが、保護したゾウ「羊妞(ヤンニウ)」の5歳の誕生日を祝った。2015年、生後1カ月にも満たない赤ちゃんゾウが突然、農家に迷い込んできた。連絡を受けた関係部門が、同自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターに連れて行き、赤ちゃんゾウはそこで懸命な応急手当てを受けた。また「ゾウのお父さん」と呼ばれる専門のスタッフ4人も選ばれた。「羊妞」と名付けられた赤ちゃんゾウは、今では各種検査値も正常値に回復、体重も顕著に増加している。「お父さん」の1人、陳継銘(ちん・けいめい)さんは、羊妞が来たばかりの頃は(ゾウの乳が手に入らなかったため)新鮮な羊乳を与えていたが、今では羊妞は他の大人のゾウと一緒に野外に出て、数十種類の植物が食べられるようになったと紹介した。(記者/孫敏、姚兵、厳勇)<映像内容>保護したゾウの5歳の誕生日を祝う様子、撮影日:2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月09日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    9日、山の上のトウモロコシ畑にいる野生のアジアゾウ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月09日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    9日、野生アジアゾウの活動区域に警告用の看板を設置する普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月09日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    9日、野生アジアゾウの出没情報を早期警戒プラットフォームに提供するため写真を撮る普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月09日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    9日、野生アジアゾウを発見した後、朝食を取る普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月09日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    9日、野生アジアゾウの活動場所を発見し、警告用の看板を持って道路封鎖に向かう普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    8日、野生アジアゾウを探すルートについて同僚と相談する普宗信さん(中央)。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    8日、ソーシャルメディアの微信(ウィーチャット)を使って同僚と連絡を取る普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    8日、野生アジアゾウの足跡を測る普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    8日、ドローンと赤外線カメラを使って野生アジアゾウを探す普宗信さん(右)と同僚の向志傑(こう・しけつ)さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    8日、同僚の向志傑(こう・しけつ)さんと協力してドローンを飛ばす普宗信さん(右)。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    8日、野生アジアゾウが食べたトウモロコシを調べる普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    8日、赤外線カメラが捉えた、道路を歩く2頭の野生アジアゾウ。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    8日、野生アジアゾウの活動区域を通過しようとする車を止め、運転者にゾウの活動状況を伝える普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    8日、路上で野生アジアゾウに追いかけられた時の写真を見せる普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    8日、同僚らと共に野生アジアゾウを探す普宗信さん(左端)。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    8日、野生アジアゾウの活動状況を知るため、ゾウのふんを調べる普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:39.06
    2020年07月20日
    「新華社」あなたはできる?スイレンの葉の上でヨガ!

    中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園では盛夏を迎え、同園の目玉である世界最大の葉を持つスイレン科の水生生物「オオオニバス」がたくましく成長している。成長したオオオニバスの葉は直径2メートル以上になり、水面でかなりの重さに耐えられる。大きく丈夫な葉の上ではヨガの練習さえできるという。もちろんバランスを保つことが必要となる。この葉が最大でどれほどの重量を支えることができるのか気になるところだが、職員によると最大負荷重量は70キロで、もしヨガをするなら体重50キロ以下が望ましいという。(記者/岳冉冉、孫敏)<映像内容>オオオニバスの葉の上でヨガをする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    農地を荒らす野生のアジアゾウ。(7月13日、小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:50.55
    2020年07月09日
    「新華社」「オオオニバスに乗る」イベント始まる雲南省シーサンパンナ

    中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園でこのほど、世界最大の葉を持つスイレン科の水生生物「オオオニバス」に乗ることができる年に1度の恒例イベントが始まった。オオオニバスは直径が最大で2メートルほどまで成長し、傘の骨のように丈夫な葉脈があるため、人を乗せることができる。このほか、園内各所にオオオニバスの生態を学べる展示パネルも設置された。同園では毎年夏になると緑色の大きな皿のような葉が池いっぱいに広がり、来場者の目を楽しませている。イベントは10月7日まで開かれる。(記者/孫敏、岳冉冉)<映像内容>世界最大の葉を持つオオオニバス、葉の上に乗る様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月28日
    茶葉の香り広がる生態茶園雲南省勐海県

    5月28日、自身が管理する生態茶園で茶の木の分布特性について説明する勐海県格朗和郷向陽寨村の村民。。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県はプーアル茶発祥の地の一つで、プーアル茶産業によって地域ブランド化を促進するモデル地区でもある。同県はここ数年、有機茶畑や生態茶園の建設を推進し、古い茶園の管理や摘み取り、メンテナンス技術の基準を定めて普及させることで、茶葉の品質向上と茶産業全体の発展を後押ししている。同県の2019年の茶葉栽培面積は80万ムー(約5万3333ヘクタール)余りで、うち生態茶園が61万ムー(約4万667ヘクタール)、有機茶園は8万1200ムー(約5413ヘクタール)だった。また毛茶(荒茶)の生産量は2万8400トン、精製茶の生産量は2万5600トンに達した。(勐海=新華社記者/呉寒)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月28日
    茶葉の香り広がる生態茶園雲南省勐海県

    5月28日、自身が管理する生態茶園で茶葉を摘む勐海県格朗和郷向陽寨村の村民。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県はプーアル茶発祥の地の一つで、プーアル茶産業によって地域ブランド化を促進するモデル地区でもある。同県はここ数年、有機茶畑や生態茶園の建設を推進し、古い茶園の管理や摘み取り、メンテナンス技術の基準を定めて普及させることで、茶葉の品質向上と茶産業全体の発展を後押ししている。同県の2019年の茶葉栽培面積は80万ムー(約5万3333ヘクタール)余りで、うち生態茶園が61万ムー(約4万667ヘクタール)、有機茶園は8万1200ムー(約5413ヘクタール)だった。また毛茶(荒茶)の生産量は2万8400トン、精製茶の生産量は2万5600トンに達した。(勐海=新華社記者/姚兵)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月28日
    茶葉の香り広がる生態茶園雲南省勐海県

    5月28日、勐海県南糯山村の生態茶園で顔を出した茶の新芽。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県はプーアル茶発祥の地の一つで、プーアル茶産業によって地域ブランド化を促進するモデル地区でもある。同県はここ数年、有機茶畑や生態茶園の建設を推進し、古い茶園の管理や摘み取り、メンテナンス技術の基準を定めて普及させることで、茶葉の品質向上と茶産業全体の発展を後押ししている。同県の2019年の茶葉栽培面積は80万ムー(約5万3333ヘクタール)余りで、うち生態茶園が61万ムー(約4万667ヘクタール)、有機茶園は8万1200ムー(約5413ヘクタール)だった。また毛茶(荒茶)の生産量は2万8400トン、精製茶の生産量は2万5600トンに達した。(勐海=新華社記者/呉寒)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月28日
    茶葉の香り広がる生態茶園雲南省勐海県

    5月28日、自身が管理する生態茶園で茶葉を摘む勐海県格朗和郷向陽寨村の村民。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県はプーアル茶発祥の地の一つで、プーアル茶産業によって地域ブランド化を促進するモデル地区でもある。同県はここ数年、有機茶畑や生態茶園の建設を推進し、古い茶園の管理や摘み取り、メンテナンス技術の基準を定めて普及させることで、茶葉の品質向上と茶産業全体の発展を後押ししている。同県の2019年の茶葉栽培面積は80万ムー(約5万3333ヘクタール)余りで、うち生態茶園が61万ムー(約4万667ヘクタール)、有機茶園は8万1200ムー(約5413ヘクタール)だった。また毛茶(荒茶)の生産量は2万8400トン、精製茶の生産量は2万5600トンに達した。(勐海=新華社記者/呉寒)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月28日
    茶葉の香り広がる生態茶園雲南省勐海県

    5月28日、勐海県南糯山村の生態茶園。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県はプーアル茶発祥の地の一つで、プーアル茶産業によって地域ブランド化を促進するモデル地区でもある。同県はここ数年、有機茶畑や生態茶園の建設を推進し、古い茶園の管理や摘み取り、メンテナンス技術の基準を定めて普及させることで、茶葉の品質向上と茶産業全体の発展を後押ししている。同県の2019年の茶葉栽培面積は80万ムー(約5万3333ヘクタール)余りで、うち生態茶園が61万ムー(約4万667ヘクタール)、有機茶園は8万1200ムー(約5413ヘクタール)だった。また毛茶(荒茶)の生産量は2万8400トン、精製茶の生産量は2万5600トンに達した。(勐海=新華社記者/呉寒)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:39.47
    2020年05月19日
    「新華社」辞典の中に隠した違法薬物5・87キロを押収雲南省

    中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の辺境管理支隊は19日、同支隊の大開河辺境検査ステーションがこのほど薬物密輸事件を摘発し、「ビルマ語・中国語辞典」6冊の中から覚せい剤の一種メタンフェタミン5・87キロを押収、容疑者2人を逮捕したことを明らかにした。13日正午ごろ、関坪の取締地点に勤務する警察官が公開取り締まりを行っていた際、ハイヤーの乗客2人が所持していた辞典を不審に思い確認したところ、中身がくりぬかれ、青い複写紙で包まれた薬物らしきものが詰まっているのを発見した。調査の結果、高さ27・3センチ、幅19・7センチの辞典6冊に計5・87キロのメタンフェタミンが隠されていたことが判明した。同案件は現在、さらなる捜査が進められている。(記者/姚兵)<映像内容>辞典に隠されていたメタンフェタミンを押収、撮影日:2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.03
    2020年05月13日
    「新華社」アジアゾウの大群がシーサンパンナの野象谷に出現

    中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷景区はこのほど、野生のアジアゾウ41頭の群れが同区で観測されたと発表した。これほど多くのゾウが同時に出現するのは珍しく、壮観な光景が見られたという。同区のアジアゾウ観察保護チームのスタッフが13日に撮影した動画には、ゾウの群れが長い列を成して林の中をゆっくり歩いたり、池で水遊びしたりする様子が映っていた。同区スタッフによると、ゾウの群れは4家族で構成されており、うち6頭は1歳以下の子どもだという。現地では3日以降、野生のゾウが断続的に観測されていたが、41頭が同時出現するのは非常に珍しい。現在は同区スタッフが群れの動向を詳しく観察している。アジアゾウは中国の国家1級重点保護野生動物で、国内では主に雲南省のシーサンパンナ・ダイ族自治州、普洱市、臨滄市に分布する。同省には現在、野生のゾウ約300頭が生息している。(記者/姚兵)<映像内容>野生のゾウの群れの様子、撮影日:2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※前半部分のサイズの小さいです。

  • 00:30.10
    2020年03月20日
    「新華社」ゾウの群れが村に出現雲南省勐海県

    中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県政府によると、9日以降、アジアゾウ14頭が同県勐満(もうまん)鎮から勐阿(もうあ)鎮に入って活動し、その後民家に侵入して食べ物をあさり、民家の屋根や戸、窓などを破壊した。人的被害はなかった。現在はスタッフが小型無人機ドローンなどを使ってゾウの群れの活動を継続的に監視し、人とゾウの衝突を回避している。ゾウの群れが勐阿鎮の管轄エリアに進入した後、勐海県は直ちに監視を開始し、群れの位置情報を発表した。また、住民の避難誘導を確実に行えるよう村幹部に通知することで人的被害を防止。関係する道路では直ちに交通規制を実施し、人や車の通行を禁止した。さらに現地の砂糖工場と協力してサトウキビの収穫地点を調整し、ゾウの群れが通過する村落で先に収穫作業を終え、村民の損失を軽減するとともにゾウがサトウキビを食べるために長時間留まらないようにした。アジアゾウは中国の国家1級重点保護野生動物で、主に雲南省のシーサンパンナ・ダイ族自治州、普洱市、臨滄市に分布。現在、同省内には約300頭の野生アジアゾウが生息している。(記者/厳勇)<映像内容>ゾウの群れが村に出現、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月17日
    ゾウの群れが村に出現雲南省勐海県

    17日、サトウキビ畑に入ったアジアゾウの群れ。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県政府によると、9日以降、アジアゾウ14頭が同県勐満(もうまん)鎮から勐阿(もうあ)鎮に入って活動し、その後民家に侵入して食べ物をあさり、民家の屋根や戸、窓などを破壊した。人的被害はなかった。現在はスタッフが小型無人機ドローンなどを使ってゾウの群れの活動を継続的に監視し、人とゾウの衝突を回避している。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月17日
    ゾウの群れが村に出現雲南省勐海県

    17日、民家に入り込んだアジアゾウの群れ。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県政府によると、9日以降、アジアゾウ14頭が同県勐満(もうまん)鎮から勐阿(もうあ)鎮に入って活動し、その後民家に侵入して食べ物をあさり、民家の屋根や戸、窓などを破壊した。人的被害はなかった。現在はスタッフが小型無人機ドローンなどを使ってゾウの群れの活動を継続的に監視し、人とゾウの衝突を回避している。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月17日
    ゾウの群れが村に出現雲南省勐海県

    17日、民家に入り込んだアジアゾウの群れ。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県政府によると、9日以降、アジアゾウ14頭が同県勐満(もうまん)鎮から勐阿(もうあ)鎮に入って活動し、その後民家に侵入して食べ物をあさり、民家の屋根や戸、窓などを破壊した。人的被害はなかった。現在はスタッフが小型無人機ドローンなどを使ってゾウの群れの活動を継続的に監視し、人とゾウの衝突を回避している。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月16日
    ゾウの群れが村に出現雲南省勐海県

    16日、サトウキビ畑に侵入したアジアゾウの群れ。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県政府によると、9日以降、アジアゾウ14頭が同県勐満(もうまん)鎮から勐阿(もうあ)鎮に入って活動し、その後民家に侵入して食べ物をあさり、民家の屋根や戸、窓などを破壊した。人的被害はなかった。現在はスタッフが小型無人機ドローンなどを使ってゾウの群れの活動を継続的に監視し、人とゾウの衝突を回避している。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月14日
    ゾウの群れが村に出現雲南省勐海県

    14日、サトウキビ畑に入ったアジアゾウの群れ。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県政府によると、9日以降、アジアゾウ14頭が同県勐満(もうまん)鎮から勐阿(もうあ)鎮に入って活動し、その後民家に侵入して食べ物をあさり、民家の屋根や戸、窓などを破壊した。人的被害はなかった。現在はスタッフが小型無人機ドローンなどを使ってゾウの群れの活動を継続的に監視し、人とゾウの衝突を回避している。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月13日
    ゾウの群れが村に出現雲南省勐海県

    13日、サトウキビ畑に入ったアジアゾウの群れ。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県政府によると、9日以降、アジアゾウ14頭が同県勐満(もうまん)鎮から勐阿(もうあ)鎮に入って活動し、その後民家に侵入して食べ物をあさり、民家の屋根や戸、窓などを破壊した。人的被害はなかった。現在はスタッフが小型無人機ドローンなどを使ってゾウの群れの活動を継続的に監視し、人とゾウの衝突を回避している。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開

    13日、プーアル茶の生産現場で働く工場従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開

    13日、スマートフォンで2次元バーコードを読み取ってから工場に入る従業員ら。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開

    13日、プーアル茶の成型状況を確認する製茶企業の従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開

    13日、検温を受ける製茶企業の従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開

    13日、検温を受ける製茶企業の従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開

    13日、プーアル茶の生産状況を確認する工場の従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開

    13日、プーアル茶の生産現場で働く工場従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:08.96
    2019年09月03日
    「新華社」野生鳥類、保護して放つ雲南省勐臘県

    中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の森林公安局勐侖派出所と新聞(報道)弁公室はこのほど、勐臘県勐侖鎮林業サービスセンターと協力し、勐臘県で希少な野生鳥類計22羽を自然に返した。今回放鳥されたのは、国家2級重点保護野生動物のオオバンケン1羽と生態的・科学的・社会的価値を備えた「三有」保護動物のガビチョウ19羽、ウンナンコジュケイ2羽。シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局勐侖派出所が先ごろ実施した違法な野生動物資源破壊犯罪を撲滅する特別活動の際に押収した鳥たちで、治療により健康を回復し、専門家が野生に戻しても生存可能と判断していることを条件に放鳥された。(シーサンパンナ森林公安局提供)<映像内容>保護していた鳥を自然に返す様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:シーサンパンナ森林公安局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月12日
    雲南省でアジアゾウ愛護イベント開催世界ゾウの日

    12日、救助されたゾウ「羊妞」(ヤンニウ)の4歳の誕生日を祝う飼育員。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で、アジアゾウ愛護を呼びかける公益活動が行われた。中国各地から集まったボランティアが、ゾウにニンジンやパイナップル、スイカなどを与え、アジアゾウの愛護と生息環境保護を呼びかけた。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月12日
    雲南省でアジアゾウ愛護イベント開催世界ゾウの日

    12日、シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で行われたアジアゾウのパレード。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で、アジアゾウ愛護を呼びかける公益活動が行われた。中国各地から集まったボランティアが、ゾウにニンジンやパイナップル、スイカなどを与え、アジアゾウの愛護と生息環境保護を呼びかけた。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月12日
    雲南省でアジアゾウ愛護イベント開催世界ゾウの日

    12日、シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区でアジアゾウに餌を与えるボランティア。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で、アジアゾウ愛護を呼びかける公益活動が行われた。中国各地から集まったボランティアが、ゾウにニンジンやパイナップル、スイカなどを与え、アジアゾウの愛護と生息環境保護を呼びかけた。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月12日
    雲南省でアジアゾウ愛護イベント開催世界ゾウの日

    12日、シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区でアジアゾウに餌を与えるスタッフ。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で、アジアゾウ愛護を呼びかける公益活動が行われた。中国各地から集まったボランティアが、ゾウにニンジンやパイナップル、スイカなどを与え、アジアゾウの愛護と生息環境保護を呼びかけた。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月12日
    雲南省でアジアゾウ愛護イベント開催世界ゾウの日

    12日、シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区でアジアゾウに餌を与える観光客。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で、アジアゾウ愛護を呼びかける公益活動が行われた。中国各地から集まったボランティアが、ゾウにニンジンやパイナップル、スイカなどを与え、アジアゾウの愛護と生息環境保護を呼びかけた。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月12日
    雲南省でアジアゾウ愛護イベント開催世界ゾウの日

    12日、シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区でアジアゾウに餌を与えるボランティア。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で、アジアゾウ愛護を呼びかける公益活動が行われた。中国各地から集まったボランティアが、ゾウにニンジンやパイナップル、スイカなどを与え、アジアゾウの愛護と生息環境保護を呼びかけた。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月12日
    雲南省でアジアゾウ愛護イベント開催世界ゾウの日

    12日、シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で餌を食べるアジアゾウ。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で、アジアゾウ愛護を呼びかける公益活動が行われた。中国各地から集まったボランティアが、ゾウにニンジンやパイナップル、スイカなどを与え、アジアゾウの愛護と生息環境保護を呼びかけた。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月09日
    野生「お騒がせゾウ」の捕獲に成功雲南省

    9日午前、中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに移送される野生ゾウのナーウェン。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局によると、8日、地元政府、林業・草原局、森林公安局などが連携し野生のアジアゾウを捕獲した。このゾウは当地の「トラブル常習犯」として有名だったという。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局提供)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月09日
    野生「お騒がせゾウ」の捕獲に成功雲南省

    9日午前、中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに移送される野生ゾウのナーウェン。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局によると、8日、地元政府、林業・草原局、森林公安局などが連携し野生のアジアゾウを捕獲した。このゾウは当地の「トラブル常習犯」として有名だったという。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州公安局提供)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月09日
    野生「お騒がせゾウ」の捕獲に成功雲南省

    9日午前、中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに移送される野生ゾウのナーウェン。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局によると、8日、地元政府、林業・草原局、森林公安局などが連携し野生のアジアゾウを捕獲した。このゾウは当地の「トラブル常習犯」として有名だったという。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局提供)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月09日
    野生「お騒がせゾウ」の捕獲に成功雲南省

    9日午前、中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに移送される野生ゾウのナーウェン。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局によると、8日、地元政府、林業・草原局、森林公安局などが連携し野生のアジアゾウを捕獲した。このゾウは当地の「トラブル常習犯」として有名だったという。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州公安局提供)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月09日
    野生「お騒がせゾウ」の捕獲に成功雲南省

    9日午前、中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに移送される野生ゾウのナーウェン。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局によると、8日、地元政府、林業・草原局、森林公安局などが連携し野生のアジアゾウを捕獲した。このゾウは当地の「トラブル常習犯」として有名だったという。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局提供)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月09日
    野生「お騒がせゾウ」の捕獲に成功雲南省

    9日未明、オリに追い込まれるナーウェン。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局によると、8日、地元政府、林業・草原局、森林公安局などが連携し野生のアジアゾウを捕獲した。このゾウは当地の「トラブル常習犯」として有名だったという。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局提供)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月08日
    野生「お騒がせゾウ」の捕獲に成功雲南省

    8日、ナーウェンが中学校周辺に出没したため、景洪市公安局の特殊警察が直ちに現場に急行し市民の安全を確保、捕獲作戦をサポートした。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局によると、8日、地元政府、林業・草原局、森林公安局などが連携し野生のアジアゾウを捕獲した。このゾウは当地の「トラブル常習犯」として有名だったという。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州公安局提供)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年07月08日
    野生「お騒がせゾウ」の捕獲に成功雲南省

    8日、捕獲チームが放った麻酔薬の吹き矢がナーウェンのシリに命中。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局によると、8日、地元政府、林業・草原局、森林公安局などが連携し野生のアジアゾウを捕獲した。このゾウは当地の「トラブル常習犯」として有名だったという。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局提供)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月08日
    野生「お騒がせゾウ」の捕獲に成功雲南省

    8日、ドローンを使い、野生のゾウの活動を監視する捕獲チーム。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局によると、8日、地元政府、林業・草原局、森林公安局などが連携し野生のアジアゾウを捕獲した。このゾウは当地の「トラブル常習犯」として有名だったという。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局提供)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月08日
    雲南省で覚せい剤140キロを押収

    8日、押収薬物を確認する警察官。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の国境管理支隊はこのほど、同支隊が管轄する大開河国境検査場の警察官が大規模な覚せい剤密輸事件を摘発し、メタンフェタミン約140キロを押収したと発表した。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州国境管理支隊提供)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州国境管理支隊/新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月08日
    雲南省で覚せい剤140キロを押収

    8日、袋を開けて薬物の重さを量る警察官。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の国境管理支隊はこのほど、同支隊が管轄する大開河国境検査場の警察官が大規模な覚せい剤密輸事件を摘発し、メタンフェタミン約140キロを押収したと発表した。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州国境管理支隊提供)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州国境管理支隊/新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月08日
    雲南省で覚せい剤140キロを押収

    8日に撮影した押収薬物。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の国境管理支隊はこのほど、同支隊が管轄する大開河国境検査場の警察官が大規模な覚せい剤密輸事件を摘発し、メタンフェタミン約140キロを押収したと発表した。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州国境管理支隊提供)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州国境管理支隊/新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月08日
    雲南省で覚せい剤140キロを押収

    8日に撮影した押収薬物。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の国境管理支隊はこのほど、同支隊が管轄する大開河国境検査場の警察官が大規模な覚せい剤密輸事件を摘発し、メタンフェタミン約140キロを押収したと発表した。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州国境管理支隊提供)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州国境管理支隊/新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月01日
    ベーコンに隠された覚せい剤10キロ超を押収雲南省

    1日、発送前の郵便小包。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の辺境管理支隊は5日、同支隊の勐竜(もうりゅう)辺境派出所が麻薬密輸事件を摘発し、郵便小包のベーコンに隠された覚せい剤(メタンフェタミン)10・268キロを発見し押収したことを明らかにした。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州辺境管理支隊提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州辺境管理支隊/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月01日
    ベーコンに隠された覚せい剤10キロ超を押収雲南省

    1日、ベーコンに隠された覚せい剤(メタンフェタミン)と見られる物質。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の辺境管理支隊は5日、同支隊の勐竜(もうりゅう)辺境派出所が麻薬密輸事件を摘発し、郵便小包のベーコンに隠された覚せい剤(メタンフェタミン)10・268キロを発見し押収したことを明らかにした。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州辺境管理支隊提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州辺境管理支隊/新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月27日
    雲南省で絶滅危惧種のセンザンコウ見つかる追跡装置付け保護区に戻す

    27日、保護区に帰す前にセンザンコウの検査をする職員ら。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐臘(もうろう)県でこのほど、警察と市民が協力して国家2級重点保護動物のセンザンコウを救助した。センザンコウは追跡装置装着のうえ、27日に自然保護区に戻された。自治州の自然資源公安局が明らかにした。(昆明=新華社配信/雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州自然資源公安局)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月27日
    雲南省で絶滅危惧種のセンザンコウ見つかる追跡装置付け保護区に戻す

    27日、センザンコウに野外追跡装置を装着する職員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐臘(もうろう)県でこのほど、警察と市民が協力して国家2級重点保護動物のセンザンコウを救助した。センザンコウは追跡装置装着のうえ、27日に自然保護区に戻された。自治州の自然資源公安局が明らかにした。(昆明=新華社配信/雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州自然資源公安局)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月23日
    雲南省で絶滅危惧種のセンザンコウ見つかる追跡装置付け保護区に戻す

    23日、センザンコウを調べる警察官。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐臘(もうろう)県でこのほど、警察と市民が協力して国家2級重点保護動物のセンザンコウを救助した。センザンコウは追跡装置装着のうえ、27日に自然保護区に戻された。自治州の自然資源公安局が明らかにした。(昆明=新華社配信/雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州自然資源公安局)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月23日
    雲南省で絶滅危惧種のセンザンコウ見つかる追跡装置付け保護区に戻す

    23日、センザンコウを調べる警察官。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐臘(もうろう)県でこのほど、警察と市民が協力して国家2級重点保護動物のセンザンコウを救助した。センザンコウは追跡装置装着のうえ、27日に自然保護区に戻された。自治州の自然資源公安局が明らかにした。(昆明=新華社配信/雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州自然資源公安局)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月23日
    雲南省で絶滅危惧種のセンザンコウ見つかる追跡装置付け保護区に戻す

    23日、センザンコウを調べる警察官。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐臘(もうろう)県でこのほど、警察と市民が協力して国家2級重点保護動物のセンザンコウを救助した。センザンコウは追跡装置装着のうえ、27日に自然保護区に戻された。自治州の自然資源公安局が明らかにした。(昆明=新華社配信/雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州自然資源公安局)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2