KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 雲南省保山市
  • 国家湿地
  • 湿地公園
  • 華海国家
  • 公園管理
  • 管理センター
  • 確認雲南省
  • レッドリスト
  • 野生動物
  • 国際交流

「中国雲南省保山市」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
143
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
143
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:23.44
    2021年01月14日
    「新華社」絶滅危惧種のアカハジロ、雲南省保山市で確認

    中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園で9日、職員が絶滅危惧種のアカハジロの姿を確認した。カモ科のアカハジロは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前(CR)」に指定されている。保山市はここ数年、湿地の生態回復事業を進めており、同湿地公園に生息する鳥類は2016年の172種から、現在では279種まで増加している。(記者/王安浩維) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (3)国家1級保護動物のナベコウ7羽が飛来 雲南省保山市

    21日、青華海国家湿地公園で餌を探すナベコウ。中国雲南省保山市にある青華海国家湿地公園に21日、国家1級保護動物のナベコウ7羽が姿を現した。ナベコウは世界に約3千羽しか生息しておらず、希少性から「鳥類のパンダ」と呼ばれている。渡り鳥の飛行ルートが重なる地域に位置する同公園は湿地の回復と生態系修復、環境改善に力を入れており、渡り鳥約2万羽の越冬地となっている。公園内でこれまでに確認された鳥は279種類に上る。(保山=新華社配信/毛三)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:53.24
    2020年12月24日
    「新華社」自動運転建機が高速道路を舗装雲南省保山市

    中国雲南省保山市の高速道路の建設現場でこのほど、自動運転建機がアスファルト舗装技術を披露するイベントが行われた。実演したのは、舗装機械2台、タンデム式ロードローラー3台、タイヤローラー2台の計7台で、1キロの区間にわたり路面舗装と整地作業を行った。これらの建機は衛星測位システム「北斗」から位置情報を受信して自動運転を行った。(記者/王安浩維) =配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月21日
    国家1級保護動物のナベコウ7羽が飛来雲南省保山市

    21日、青華海国家湿地公園の空を舞うナベコウ。中国雲南省保山市にある青華海国家湿地公園に21日、国家1級保護動物のナベコウ7羽が姿を現した。ナベコウは世界に約3千羽しか生息しておらず、希少性から「鳥類のパンダ」と呼ばれている。渡り鳥の飛行ルートが重なる地域に位置する同公園は湿地の回復と生態系修復、環境改善に力を入れており、渡り鳥約2万羽の越冬地となっている。公園内でこれまでに確認された鳥は279種類に上る。(保山=新華社配信/楊磊)=配信日:2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    クロヅルの大群、渡りの途中で雲南省竜陵県を初通過

    6日、一列に並んで飛ぶクロヅル。中国雲南省保山市竜陵県の小黒山省級自然保護区でこのほど、森林区をパトロールしていた職員が、移動中のクロヅル200羽余りを確認した。これほど大規模なクロヅルの群れが渡りの途中で同県を通過するのは初めてだという。(保山=新華社配信)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    クロヅルの大群、渡りの途中で雲南省竜陵県を初通過

    5日、大空を飛ぶクロヅル。中国雲南省保山市竜陵県の小黒山省級自然保護区でこのほど、森林区をパトロールしていた職員が、移動中のクロヅル200羽余りを確認した。これほど大規模なクロヅルの群れが渡りの途中で同県を通過するのは初めてだという。(保山=新華社配信)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    クロヅルの大群、渡りの途中で雲南省竜陵県を初通過

    5日、大空を飛ぶクロヅル。中国雲南省保山市竜陵県の小黒山省級自然保護区でこのほど、森林区をパトロールしていた職員が、移動中のクロヅル200羽余りを確認した。これほど大規模なクロヅルの群れが渡りの途中で同県を通過するのは初めてだという。(保山=新華社配信)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    クロヅルの大群、渡りの途中で雲南省竜陵県を初通過

    5日、雲南省保山市の小黒山省級自然保護区内の沼地の草むらで羽を休めるクロヅル。中国雲南省保山市竜陵県の小黒山省級自然保護区でこのほど、森林区をパトロールしていた職員が、移動中のクロヅル200羽余りを確認した。これほど大規模なクロヅルの群れが渡りの途中で同県を通過するのは初めてだという。(保山=新華社配信)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で羽を休めるナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で羽を休めるナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で餌を探すナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で餌を探すナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月26日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月26日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月26日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    たわわに実った甘柿雲南省保山市

    15日、甘柿を収穫する農家。中国雲南省保山市隆陽区蒲縹鎮でこのほど、甘柿の収穫期を迎えた。同鎮は甘柿の栽培面積が3万ムー(2千ヘクタール)、1日当たりの収穫量が約300トンとなっており、年間生産量は約3万トン、生産高は約2億元(1元=約16円)に達する見通し。地元で栽培される甘柿は品質が良く、栄養素セレンの含有量が高いため、農家の収入増を後押しする特色ある産業となっている。(保山=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    たわわに実った甘柿雲南省保山市

    15日、たわわに実った蒲縹鎮の甘柿。中国雲南省保山市隆陽区蒲縹鎮でこのほど、甘柿の収穫期を迎えた。同鎮は甘柿の栽培面積が3万ムー(2千ヘクタール)、1日当たりの収穫量が約300トンとなっており、年間生産量は約3万トン、生産高は約2億元(1元=約16円)に達する見通し。地元で栽培される甘柿は品質が良く、栄養素セレンの含有量が高いため、農家の収入増を後押しする特色ある産業となっている。(保山=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    たわわに実った甘柿雲南省保山市

    15日、蒲縹鎮の甘柿栽培拠点。中国雲南省保山市隆陽区蒲縹鎮でこのほど、甘柿の収穫期を迎えた。同鎮は甘柿の栽培面積が3万ムー(2千ヘクタール)、1日当たりの収穫量が約300トンとなっており、年間生産量は約3万トン、生産高は約2億元(1元=約16円)に達する見通し。地元で栽培される甘柿は品質が良く、栄養素セレンの含有量が高いため、農家の収入増を後押しする特色ある産業となっている。(保山=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    たわわに実った甘柿雲南省保山市

    15日、たわわに実った蒲縹鎮の甘柿。中国雲南省保山市隆陽区蒲縹鎮でこのほど、甘柿の収穫期を迎えた。同鎮は甘柿の栽培面積が3万ムー(2千ヘクタール)、1日当たりの収穫量が約300トンとなっており、年間生産量は約3万トン、生産高は約2億元(1元=約16円)に達する見通し。地元で栽培される甘柿は品質が良く、栄養素セレンの含有量が高いため、農家の収入増を後押しする特色ある産業となっている。(保山=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    たわわに実った甘柿雲南省保山市

    15日、たわわに実った蒲縹鎮の甘柿。中国雲南省保山市隆陽区蒲縹鎮でこのほど、甘柿の収穫期を迎えた。同鎮は甘柿の栽培面積が3万ムー(2千ヘクタール)、1日当たりの収穫量が約300トンとなっており、年間生産量は約3万トン、生産高は約2億元(1元=約16円)に達する見通し。地元で栽培される甘柿は品質が良く、栄養素セレンの含有量が高いため、農家の収入増を後押しする特色ある産業となっている。(保山=新華社記者/孟佳)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.15
    2020年09月27日
    「新華社」中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。論文の筆頭著者で国家林業・草原局昆明勘察設計院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、今回発見した高黎貢サクラランは、森林の質や湿度、気温など生息環境条件に対する要求が非常に厳しく、現在は原生林でしか見られない。新種のランは現時点では、高黎貢山の北側と南側にのみ分布しており、分布場所は10カ所未満となっている。趙氏は、今回の発見で中国のサクララン属は48種と1変種に増えたと説明。研究チームが全体的に評価した結果、高黎貢サクラランは典型的な極小サイズの個体群の種であることが判明したと述べた。(記者/林碧鋒、張雯)<映像内容>雲南省で発見されたランの新種、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    農民に増収をもたらすオオシロアリタケ産業雲南省昌寧県

    「油鶏樅」を作る昌寧県田園鎮文昌社区(コミュニティー)の住民。(資料写真)中国雲南省保山市昌寧県は生態環境が良好で、品質の高い食用キノコ「鶏樅(オオシロアリタケ)」の主要な原産地の一つとなっている。同県では7月以来オオシロアリタケが市場に出回り、多くの加工場が新鮮なオオシロアリタケから「油鶏樅(オオシロアリタケを油で炒めたもの)」や「水鶏樅(オオシロアリタケに香辛料や調味料を加え煮たもの)」を製造する作業に追われている。出来上がった製品は全国各地に販売されている。毎年、オオシロアリタケが出回り始めると、県内各地の業者は村で買い付けて加工場に販売する。同県の年間生産量は約700トンで、5千万元(1元=約15円)以上の収入を地元の農民たちにもたらしているという。(保山=新華社記者/林碧鋒)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    農民に増収をもたらすオオシロアリタケ産業雲南省昌寧県

    オオシロアリタケをきれいに洗う昌寧県田園鎮文昌社区(コミュニティー)の住民。(資料写真)中国雲南省保山市昌寧県は生態環境が良好で、品質の高い食用キノコ「鶏樅(オオシロアリタケ)」の主要な原産地の一つとなっている。同県では7月以来オオシロアリタケが市場に出回り、多くの加工場が新鮮なオオシロアリタケから「油鶏樅(オオシロアリタケを油で炒めたもの)」や「水鶏樅(オオシロアリタケに香辛料や調味料を加え煮たもの)」を製造する作業に追われている。出来上がった製品は全国各地に販売されている。毎年、オオシロアリタケが出回り始めると、県内各地の業者は村で買い付けて加工場に販売する。同県の年間生産量は約700トンで、5千万元(1元=約15円)以上の収入を地元の農民たちにもたらしているという。(保山=新華社記者/林碧鋒)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    農民に増収をもたらすオオシロアリタケ産業雲南省昌寧県

    油で揚げるオオシロアリタケ。(資料写真)中国雲南省保山市昌寧県は生態環境が良好で、品質の高い食用キノコ「鶏樅(オオシロアリタケ)」の主要な原産地の一つとなっている。同県では7月以来オオシロアリタケが市場に出回り、多くの加工場が新鮮なオオシロアリタケから「油鶏樅(オオシロアリタケを油で炒めたもの)」や「水鶏樅(オオシロアリタケに香辛料や調味料を加え煮たもの)」を製造する作業に追われている。出来上がった製品は全国各地に販売されている。毎年、オオシロアリタケが出回り始めると、県内各地の業者は村で買い付けて加工場に販売する。同県の年間生産量は約700トンで、5千万元(1元=約15円)以上の収入を地元の農民たちにもたらしているという。(保山=新華社記者/林碧鋒)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    農民に増収をもたらすオオシロアリタケ産業雲南省昌寧県

    出来上がった「油鶏樅」を見せる昌寧県田園鎮文昌社区(コミュニティー)の住民。(資料写真)中国雲南省保山市昌寧県は生態環境が良好で、品質の高い食用キノコ「鶏樅(オオシロアリタケ)」の主要な原産地の一つとなっている。同県では7月以来オオシロアリタケが市場に出回り、多くの加工場が新鮮なオオシロアリタケから「油鶏樅(オオシロアリタケを油で炒めたもの)」や「水鶏樅(オオシロアリタケに香辛料や調味料を加え煮たもの)」を製造する作業に追われている。出来上がった製品は全国各地に販売されている。毎年、オオシロアリタケが出回り始めると、県内各地の業者は村で買い付けて加工場に販売する。同県の年間生産量は約700トンで、5千万元(1元=約15円)以上の収入を地元の農民たちにもたらしているという。(保山=新華社記者/林碧鋒)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    農民に増収をもたらすオオシロアリタケ産業雲南省昌寧県

    きれいに洗ったオオシロアリタケ。(資料写真)中国雲南省保山市昌寧県は生態環境が良好で、品質の高い食用キノコ「鶏樅(オオシロアリタケ)」の主要な原産地の一つとなっている。同県では7月以来オオシロアリタケが市場に出回り、多くの加工場が新鮮なオオシロアリタケから「油鶏樅(オオシロアリタケを油で炒めたもの)」や「水鶏樅(オオシロアリタケに香辛料や調味料を加え煮たもの)」を製造する作業に追われている。出来上がった製品は全国各地に販売されている。毎年、オオシロアリタケが出回り始めると、県内各地の業者は村で買い付けて加工場に販売する。同県の年間生産量は約700トンで、5千万元(1元=約15円)以上の収入を地元の農民たちにもたらしているという。(保山=新華社記者/林碧鋒)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.05
    2020年09月24日
    「新華社」農民に増収をもたらすオオシロアリタケ産業雲南省昌寧県

    中国雲南省保山市昌寧県は生態環境が良好で、品質の高い食用キノコ「鶏樅(オオシロアリタケ)」の主要な原産地の一つとなっている。同県では7月以来オオシロアリタケが市場に出回り、多くの加工場が新鮮なオオシロアリタケから「油鶏樅(オオシロアリタケを油で炒めたもの)」や「水鶏樅(オオシロアリタケに香辛料や調味料を加え煮たもの)」を製造する作業に追われている。出来上がった製品は全国各地に販売されている。毎年、オオシロアリタケが出回り始めると、県内各地の業者は村で買い付けて加工場に販売する。同県の年間生産量は約700トンで、5千万元(1元=約15円)以上の収入を地元の農民たちにもたらしているという。(記者/林碧鋒)<映像内容>オオシロアリタケの加工、食品製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    22日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で研究者が発見した「高黎貢サクララン」。中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(竜陵=新華社配信/侯雲鵬)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    22日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で研究者が発見した「高黎貢サクララン」。中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(竜陵=新華社配信/郁雲江)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    22日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で研究者が発見した「高黎貢サクララン」。中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(竜陵=新華社配信/侯雲鵬)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    22日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で研究者が発見した「高黎貢サクララン」。中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(竜陵=新華社配信/郁雲江)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    22日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で研究者が発見した「高黎貢サクララン」。中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(竜陵=新華社配信/侯雲鵬)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    22日、「高黎貢サクララン」の花とつぼみ。中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(竜陵=新華社配信/郁雲江)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    22日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で研究者が発見した「高黎貢サクララン」。中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(竜陵=新華社配信/郁雲江)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:48.69
    2020年09月03日
    「新華社」「富をもたらすキノコ」、村民の増収を後押し雲南省昌寧県

    中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県田園鎮にある新城社区(コミュニティー)で、ヒメマツタケの収穫が最盛期を迎えており、同社区にあるヒメマツタケ栽培基地では、村の人たちがヒメマツタケの収穫・加工・梱包・販売に追われている。新城社区党総支部副書記の輝忠(き・ちゅう)氏によると、同基地には80棟の農業用ハウスがあり、ヒメマツタケの栽培面積は15万平方メートル余り、年間生産額は600万元(1元=約16円)近くに上る。また、基地は企業を誘致し、村民と協力してヒメマツタケ産業の発展を推進。製品は主に浙江、福建などの東部沿岸の省で販売され、日本や韓国などへも輸出されている。小さなヒメマツタケは、今では貧困者に増収をもたらす「富をもたらすキノコ」となっている。(記者/林碧鋒)<映像内容>ヒメマツタケの収穫、加工の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:52.87
    2020年08月31日
    「新華社」3メートル超のキングコブラが民家を「訪問」、警察が緊急出動

    中国雲南省保山市施甸(しでん)県の袁家村でこのほど、国家2級重点保護野生動物、キングコブラが農家の住宅に入り込んだ。通報を受けた森林警察がヘビ捕獲棒を持って急行し、現場を封鎖。住民の案内でキングコブラが隠れている場所を見つけた。警察官の1人が捕獲棒でヘビを押さえつけ、もう1人が手で頭部をつかんで無事捕獲した。同県公安局森林警察大隊の警察官によると、キングコブラは全長約3・4メートル、重さ3・5キログラムで、保山市野生動物救護センターに引き渡されたという。(記者/林碧鋒)<映像内容>民家に現れたキングコブラ捕獲の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月10日
    「富をもたらすキノコ」、村民の増収を後押し雲南省昌寧県

    雲南省保山市昌寧県田園鎮新城社区にあるヒメマツタケ栽培基地の農業用ハウス。(8月10日撮影)中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県田園鎮にある新城社区(コミュニティー)で、ヒメマツタケの収穫が最盛期を迎えており、同社区にあるヒメマツタケ栽培基地では、村の人たちがヒメマツタケの収穫・加工・梱包・販売に追われている。新城社区党総支部副書記の輝忠(き・ちゅう)氏によると、同基地には80棟の農業用ハウスがあり、ヒメマツタケの栽培面積は15万平方メートル余り、年間生産額は600万元(1元=約16円)近くに上る。また、基地は企業を誘致し、村民と協力してヒメマツタケ産業の発展を推進。製品は主に浙江、福建などの東部沿岸の省で販売され、日本や韓国などへも輸出されている。小さなヒメマツタケは、今では貧困者に増収をもたらす「富をもたらすキノコ」となっている。(保山=新華社配信/施応発)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月10日
    「富をもたらすキノコ」、村民の増収を後押し雲南省昌寧県

    ヒメマツタケの加工作業をする雲南省保山市昌寧県田園鎮新城社区の村民たち。(8月10日撮影)中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県田園鎮にある新城社区(コミュニティー)で、ヒメマツタケの収穫が最盛期を迎えており、同社区にあるヒメマツタケ栽培基地では、村の人たちがヒメマツタケの収穫・加工・梱包・販売に追われている。新城社区党総支部副書記の輝忠(き・ちゅう)氏によると、同基地には80棟の農業用ハウスがあり、ヒメマツタケの栽培面積は15万平方メートル余り、年間生産額は600万元(1元=約16円)近くに上る。また、基地は企業を誘致し、村民と協力してヒメマツタケ産業の発展を推進。製品は主に浙江、福建などの東部沿岸の省で販売され、日本や韓国などへも輸出されている。小さなヒメマツタケは、今では貧困者に増収をもたらす「富をもたらすキノコ」となっている。(保山=新華社配信/施応発)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月10日
    「富をもたらすキノコ」、村民の増収を後押し雲南省昌寧県

    ヒメマツタケの収穫作業をする雲南省保山市昌寧県田園鎮新城社区の村民。(8月10日撮影)中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県田園鎮にある新城社区(コミュニティー)で、ヒメマツタケの収穫が最盛期を迎えており、同社区にあるヒメマツタケ栽培基地では、村の人たちがヒメマツタケの収穫・加工・梱包・販売に追われている。新城社区党総支部副書記の輝忠(き・ちゅう)氏によると、同基地には80棟の農業用ハウスがあり、ヒメマツタケの栽培面積は15万平方メートル余り、年間生産額は600万元(1元=約16円)近くに上る。また、基地は企業を誘致し、村民と協力してヒメマツタケ産業の発展を推進。製品は主に浙江、福建などの東部沿岸の省で販売され、日本や韓国などへも輸出されている。小さなヒメマツタケは、今では貧困者に増収をもたらす「富をもたらすキノコ」となっている。(保山=新華社配信/施応発)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月10日
    「富をもたらすキノコ」、村民の増収を後押し雲南省昌寧県

    雲南省保山市昌寧県田園鎮新城社区にあるヒメマツタケ栽培基地で栽培しているヒメマツタケ。(8月10日撮影)中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県田園鎮にある新城社区(コミュニティー)で、ヒメマツタケの収穫が最盛期を迎えており、同社区にあるヒメマツタケ栽培基地では、村の人たちがヒメマツタケの収穫・加工・梱包・販売に追われている。新城社区党総支部副書記の輝忠(き・ちゅう)氏によると、同基地には80棟の農業用ハウスがあり、ヒメマツタケの栽培面積は15万平方メートル余り、年間生産額は600万元(1元=約16円)近くに上る。また、基地は企業を誘致し、村民と協力してヒメマツタケ産業の発展を推進。製品は主に浙江、福建などの東部沿岸の省で販売され、日本や韓国などへも輸出されている。小さなヒメマツタケは、今では貧困者に増収をもたらす「富をもたらすキノコ」となっている。(保山=新華社配信/施応発)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月10日
    「富をもたらすキノコ」、村民の増収を後押し雲南省昌寧県

    ヒメマツタケの加工作業をする雲南省保山市昌寧県田園鎮新城社区の村民たち。(8月10日撮影)中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県田園鎮にある新城社区(コミュニティー)で、ヒメマツタケの収穫が最盛期を迎えており、同社区にあるヒメマツタケ栽培基地では、村の人たちがヒメマツタケの収穫・加工・梱包・販売に追われている。新城社区党総支部副書記の輝忠(き・ちゅう)氏によると、同基地には80棟の農業用ハウスがあり、ヒメマツタケの栽培面積は15万平方メートル余り、年間生産額は600万元(1元=約16円)近くに上る。また、基地は企業を誘致し、村民と協力してヒメマツタケ産業の発展を推進。製品は主に浙江、福建などの東部沿岸の省で販売され、日本や韓国などへも輸出されている。小さなヒメマツタケは、今では貧困者に増収をもたらす「富をもたらすキノコ」となっている。(保山=新華社配信/施応発)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月04日
    3メートル超のキングコブラが民家を「訪問」、警察が緊急出動

    キングコブラを捕獲する施甸県公安局森林警察大隊の警察官。(8月4日撮影)中国雲南省保山市施甸(しでん)県の袁家村でこのほど、国家2級重点保護野生動物、キングコブラが農家の住宅に入り込んだ。通報を受けた森林警察がヘビ捕獲棒を持って急行し、現場を封鎖。住民の案内でキングコブラが隠れている場所を見つけた。警察官の1人が捕獲棒でヘビを押さえつけ、もう1人が手で頭部をつかんで無事捕獲した。(保山=新華社配信/朱慶)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月04日
    3メートル超のキングコブラが民家を「訪問」、警察が緊急出動

    キングコブラを捕獲する施甸県公安局森林警察大隊の警察官。(8月4日撮影)中国雲南省保山市施甸(しでん)県の袁家村でこのほど、国家2級重点保護野生動物、キングコブラが農家の住宅に入り込んだ。通報を受けた森林警察がヘビ捕獲棒を持って急行し、現場を封鎖。住民の案内でキングコブラが隠れている場所を見つけた。警察官の1人が捕獲棒でヘビを押さえつけ、もう1人が手で頭部をつかんで無事捕獲した。(保山=新華社配信/段茸茸)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月04日
    3メートル超のキングコブラが民家を「訪問」、警察が緊急出動

    キングコブラを捕獲する施甸県公安局森林警察大隊の警察官。(8月4日撮影)中国雲南省保山市施甸(しでん)県の袁家村でこのほど、国家2級重点保護野生動物、キングコブラが農家の住宅に入り込んだ。通報を受けた森林警察がヘビ捕獲棒を持って急行し、現場を封鎖。住民の案内でキングコブラが隠れている場所を見つけた。警察官の1人が捕獲棒でヘビを押さえつけ、もう1人が手で頭部をつかんで無事捕獲した。(保山=新華社配信/朱慶)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月04日
    3メートル超のキングコブラが民家を「訪問」、警察が緊急出動

    キングコブラを捕獲する施甸県公安局森林警察大隊の警察官。(8月4日撮影)中国雲南省保山市施甸(しでん)県の袁家村でこのほど、国家2級重点保護野生動物、キングコブラが農家の住宅に入り込んだ。通報を受けた森林警察がヘビ捕獲棒を持って急行し、現場を封鎖。住民の案内でキングコブラが隠れている場所を見つけた。警察官の1人が捕獲棒でヘビを押さえつけ、もう1人が手で頭部をつかんで無事捕獲した。(保山=新華社配信/段茸茸)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月04日
    3メートル超のキングコブラが民家を「訪問」、警察が緊急出動

    キングコブラを捕獲する施甸県公安局森林警察大隊の警察官。(8月4日撮影)中国雲南省保山市施甸(しでん)県の袁家村でこのほど、国家2級重点保護野生動物、キングコブラが農家の住宅に入り込んだ。通報を受けた森林警察がヘビ捕獲棒を持って急行し、現場を封鎖。住民の案内でキングコブラが隠れている場所を見つけた。警察官の1人が捕獲棒でヘビを押さえつけ、もう1人が手で頭部をつかんで無事捕獲した。(保山=新華社配信/朱慶)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    重点保護動物のヨーロッパチュウヒを初めて観測雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したヨーロッパチュウヒ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園はこのほど、同公園で撮影されたヨーロッパチュウヒとカラムクドリの写真を公開した。これらの鳥が同地区で観測されたのは初めて。中でもヨーロッパチュウヒは、国家2級重点保護野生動物に指定されている。(昆明=新華社配信/李玉娟)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.32
    2020年07月17日
    「新華社」国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。同センターの段紅蓮(だん・こうれん)シニアエンジニアによると、オオバンは中国では「白骨頂」とも呼ばれ、国の「三有」保護動物に指定されている。今の時期は、ほとんどが繁殖のために北方に戻っている。同市でオオバンの自然繁殖が確認されたのは今回が初めてという。段氏は、オオバンは中国に広く分布しており、通常、夏場は北方の湖や谷川で繁殖すると説明した。また「今回、オオバンの自然繁殖を確認できたことは、科学研究において重要な価値があり、青華海の環境保護の取り組みが優れた成果を上げていることも表している」と語った。(記者/林碧鋒)<映像内容>オオバンの親子の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    直径80センチの巨大霊芝を発見雲南省保山市

    13日、雲南省保山市昌寧県で見つかった霊芝。中国雲南省保山市昌寧県でこのほど、非常に珍しい超大型の霊芝が発見された。計測すると、この霊芝は直径80センチ、高さ39センチ、重さ約6キロあることが分かった。また巨大なだけでなく外観も特徴的で、全体に赤褐色をし、漆のような光沢を持ち、くっきりとした放射状のひだがある。地元の林業専門家によると、野生にしても人工栽培にしても、このように大きな霊芝は非常にまれで、高い収集価値と薬用価値があるという。(保山=新華社配信/王麗雪)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    直径80センチの巨大霊芝を発見雲南省保山市

    13日、雲南省保山市昌寧県で見つかった霊芝。中国雲南省保山市昌寧県でこのほど、非常に珍しい超大型の霊芝が発見された。計測すると、この霊芝は直径80センチ、高さ39センチ、重さ約6キロあることが分かった。また巨大なだけでなく外観も特徴的で、全体に赤褐色をし、漆のような光沢を持ち、くっきりとした放射状のひだがある。地元の林業専門家によると、野生にしても人工栽培にしても、このように大きな霊芝は非常にまれで、高い収集価値と薬用価値があるという。(保山=新華社配信/王麗雪)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    直径80センチの巨大霊芝を発見雲南省保山市

    13日、雲南省保山市昌寧県で見つかった霊芝。中国雲南省保山市昌寧県でこのほど、非常に珍しい超大型の霊芝が発見された。計測すると、この霊芝は直径80センチ、高さ39センチ、重さ約6キロあることが分かった。また巨大なだけでなく外観も特徴的で、全体に赤褐色をし、漆のような光沢を持ち、くっきりとした放射状のひだがある。地元の林業専門家によると、野生にしても人工栽培にしても、このように大きな霊芝は非常にまれで、高い収集価値と薬用価値があるという。(保山=新華社配信/周応彪)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    直径80センチの巨大霊芝を発見雲南省保山市

    13日、雲南省保山市昌寧県で見つかった霊芝。中国雲南省保山市昌寧県でこのほど、非常に珍しい超大型の霊芝が発見された。計測すると、この霊芝は直径80センチ、高さ39センチ、重さ約6キロあることが分かった。また巨大なだけでなく外観も特徴的で、全体に赤褐色をし、漆のような光沢を持ち、くっきりとした放射状のひだがある。地元の林業専門家によると、野生にしても人工栽培にしても、このように大きな霊芝は非常にまれで、高い収集価値と薬用価値があるという。(保山=新華社配信/王麗雪)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    直径80センチの巨大霊芝を発見雲南省保山市

    13日、雲南省保山市昌寧県で見つかった霊芝。中国雲南省保山市昌寧県でこのほど、非常に珍しい超大型の霊芝が発見された。計測すると、この霊芝は直径80センチ、高さ39センチ、重さ約6キロあることが分かった。また巨大なだけでなく外観も特徴的で、全体に赤褐色をし、漆のような光沢を持ち、くっきりとした放射状のひだがある。地元の林業専門家によると、野生にしても人工栽培にしても、このように大きな霊芝は非常にまれで、高い収集価値と薬用価値があるという。(保山=新華社配信/王麗雪)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    直径80センチの巨大霊芝を発見雲南省保山市

    13日、霊芝の重さを測るスタッフ。中国雲南省保山市昌寧県でこのほど、非常に珍しい超大型の霊芝が発見された。計測すると、この霊芝は直径80センチ、高さ39センチ、重さ約6キロあることが分かった。また巨大なだけでなく外観も特徴的で、全体に赤褐色をし、漆のような光沢を持ち、くっきりとした放射状のひだがある。地元の林業専門家によると、野生にしても人工栽培にしても、このように大きな霊芝は非常にまれで、高い収集価値と薬用価値があるという。(保山=新華社配信/周応彪)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    直径80センチの巨大霊芝を発見雲南省保山市

    13日、霊芝の直径を測るスタッフ。中国雲南省保山市昌寧県でこのほど、非常に珍しい超大型の霊芝が発見された。計測すると、この霊芝は直径80センチ、高さ39センチ、重さ約6キロあることが分かった。また巨大なだけでなく外観も特徴的で、全体に赤褐色をし、漆のような光沢を持ち、くっきりとした放射状のひだがある。地元の林業専門家によると、野生にしても人工栽培にしても、このように大きな霊芝は非常にまれで、高い収集価値と薬用価値があるという。(保山=新華社配信/周応彪)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    重点保護動物のヨーロッパチュウヒを初めて観測雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したカラムクドリ(右端)。(7月7日撮影)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園はこのほど、同公園で撮影されたヨーロッパチュウヒとカラムクドリの写真を公開した。これらの鳥が同地区で観測されたのは初めて。中でもヨーロッパチュウヒは、国家2級重点保護野生動物に指定されている。(昆明=新華社配信/黄木嬌)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    重点保護動物のヨーロッパチュウヒを初めて観測雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したカラムクドリ。(7月7日撮影)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園はこのほど、同公園で撮影されたヨーロッパチュウヒとカラムクドリの写真を公開した。これらの鳥が同地区で観測されたのは初めて。中でもヨーロッパチュウヒは、国家2級重点保護野生動物に指定されている。(昆明=新華社配信/黄木嬌)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月27日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で餌を捕まえるオオバン。(6月27日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/段紅蓮)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/汪金芳)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園でひなに餌を与えるオオバン。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンのひな。(6月26撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/段紅蓮)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月24日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/段紅蓮)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.45
    2020年05月06日
    「新華社」写真愛好家がレンカクの撮影に成功雲南省保山市

    中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園でこのほど、写真愛好家がレンカク(中国名:水雉)の群れの撮影に成功した。レンカクは湿地に生息する水鳥で、足指が非常に長いため、スイレンやハスなど水生植物の葉の上を軽々と歩き回ることができる。優雅で気品ある姿が美しい。同園ではこれまでに20羽近い生息が確認されている。(記者/林碧鋒)<映像内容>青華海国家湿地公園のレンカクの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月06日
    写真愛好家がレンカクの撮影に成功雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で写真愛好家が撮影したレンカク。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園でこのほど、写真愛好家がレンカク(中国名:水雉)の群れの撮影に成功した。レンカクは湿地に生息する水鳥で、足指が非常に長いため、スイレンやハスなど水生植物の葉の上を軽々と歩き回ることができる。優雅で気品ある姿が美しい。同園ではこれまでに20羽近い生息が確認されている。(保山=新華社配信/蔡友彪)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月06日
    写真愛好家がレンカクの撮影に成功雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で写真愛好家が撮影したレンカク。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園でこのほど、写真愛好家がレンカク(中国名:水雉)の群れの撮影に成功した。レンカクは湿地に生息する水鳥で、足指が非常に長いため、スイレンやハスなど水生植物の葉の上を軽々と歩き回ることができる。優雅で気品ある姿が美しい。同園ではこれまでに20羽近い生息が確認されている。(保山=新華社配信/蔡友彪)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月06日
    写真愛好家がレンカクの撮影に成功雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で写真愛好家が撮影したレンカク。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園でこのほど、写真愛好家がレンカク(中国名:水雉)の群れの撮影に成功した。レンカクは湿地に生息する水鳥で、足指が非常に長いため、スイレンやハスなど水生植物の葉の上を軽々と歩き回ることができる。優雅で気品ある姿が美しい。同園ではこれまでに20羽近い生息が確認されている。(保山=新華社配信/蔡友彪)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月06日
    写真愛好家がレンカクの撮影に成功雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で写真愛好家が撮影したレンカク。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園でこのほど、写真愛好家がレンカク(中国名:水雉)の群れの撮影に成功した。レンカクは湿地に生息する水鳥で、足指が非常に長いため、スイレンやハスなど水生植物の葉の上を軽々と歩き回ることができる。優雅で気品ある姿が美しい。同園ではこれまでに20羽近い生息が確認されている。(保山=新華社配信/蔡友彪)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月06日
    写真愛好家がレンカクの撮影に成功雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で写真愛好家が撮影したレンカク。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園でこのほど、写真愛好家がレンカク(中国名:水雉)の群れの撮影に成功した。レンカクは湿地に生息する水鳥で、足指が非常に長いため、スイレンやハスなど水生植物の葉の上を軽々と歩き回ることができる。優雅で気品ある姿が美しい。同園ではこれまでに20羽近い生息が確認されている。(保山=新華社配信/蔡友彪)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月06日
    写真愛好家がレンカクの撮影に成功雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で写真愛好家が撮影したレンカク。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園でこのほど、写真愛好家がレンカク(中国名:水雉)の群れの撮影に成功した。レンカクは湿地に生息する水鳥で、足指が非常に長いため、スイレンやハスなど水生植物の葉の上を軽々と歩き回ることができる。優雅で気品ある姿が美しい。同園ではこれまでに20羽近い生息が確認されている。(保山=新華社配信/蔡友彪)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月06日
    写真愛好家がレンカクの撮影に成功雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で写真愛好家が撮影したレンカク。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園でこのほど、写真愛好家がレンカク(中国名:水雉)の群れの撮影に成功した。レンカクは湿地に生息する水鳥で、足指が非常に長いため、スイレンやハスなど水生植物の葉の上を軽々と歩き回ることができる。優雅で気品ある姿が美しい。同園ではこれまでに20羽近い生息が確認されている。(保山=新華社配信/蔡友彪)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.61
    2020年04月23日
    「新華社」希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(記者/林碧鋒)<映像内容>ハリオハチクイの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月23日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/汪金芳)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月23日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/汪金芳)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.48
    2020年02月27日
    「新華社」絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(記者/林碧鋒)<映像内容>絶滅危惧種であるアカハジロの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園でマガモの群れと共に過ごすアカハジロ(上)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で羽ばたくアカハジロ(中央)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/汪金芳)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    22日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    ビデオ会議で協定締結、豪企業を誘致雲南省保山市

    13日、雲南省保山市とオーストラリアのコスタ・グループの間で行われたビデオ会議。中国雲南省保山市とオーストラリアのコスタ・グループがこのほど、遠隔ビデオ会議を通して協力協定を締結した。同グループの「現代化ブルーベリー栽培科学技術モデル基地プロジェクト」が正式に保山市で実施されることになった。(昆明=新華社配信/莽淑蓮)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    ビデオ会議で協定締結、豪企業を誘致雲南省保山市

    13日、オーストラリアのコスタ・グループとの契約に臨む雲南省保山市の関係者ら。中国雲南省保山市とオーストラリアのコスタ・グループがこのほど、遠隔ビデオ会議を通して協力協定を締結した。同グループの「現代化ブルーベリー栽培科学技術モデル基地プロジェクト」が正式に保山市で実施されることになった。(昆明=新華社配信/莽淑蓮)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    ビデオ会議で協定締結、豪企業を誘致雲南省保山市

    13日、雲南省保山市とオーストラリアのコスタ・グループの間で行われたビデオ会議。中国雲南省保山市とオーストラリアのコスタ・グループがこのほど、遠隔ビデオ会議を通して協力協定を締結した。同グループの「現代化ブルーベリー栽培科学技術モデル基地プロジェクト」が正式に保山市で実施されることになった。(昆明=新華社配信/莽淑蓮)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    ビデオ会議で協定締結、豪企業を誘致雲南省保山市

    13日、雲南省保山市とオーストラリアのコスタ・グループの間で行われたビデオ会議。中国雲南省保山市とオーストラリアのコスタ・グループがこのほど、遠隔ビデオ会議を通して協力協定を締結した。同グループの「現代化ブルーベリー栽培科学技術モデル基地プロジェクト」が正式に保山市で実施されることになった。(昆明=新華社配信/莽淑蓮)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    ビデオ会議で協定締結、豪企業を誘致雲南省保山市

    13日、雲南省保山市とオーストラリアのコスタ・グループの間で行われたビデオ会議。中国雲南省保山市とオーストラリアのコスタ・グループがこのほど、遠隔ビデオ会議を通して協力協定を締結した。同グループの「現代化ブルーベリー栽培科学技術モデル基地プロジェクト」が正式に保山市で実施されることになった。(昆明=新華社配信/莽淑蓮)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月20日
    中国とミャンマー、「一線両園」で生産能力の協力推進

    ミャンマーのマンダレー・ミョータ工業パークに建設中の保山市-マンダレー・ミョータ経済貿易協力区。(資料写真)ミャンマーと国境を接する中国雲南省保山市はここ数年、「一帶一路」構想に積極的に関与し、国外での産業パーク(園区)建設を模索し、「一線両園」の建設を推進している。「一線両園」は、同市とミャンマーのマンダレー、ミッチーナを結ぶ交通網を「線」とし、保山工業貿易パークや騰衝(とうしょう)辺境経済協力区など中国国内の産業パークと、「保山市-マンダレー・ミョータ経済貿易協力区」「ミャンマー・ミッチーナ経済開発区」といったミャンマーの産業パークを相互に接続する構想。(昆明=新華社記者/林碧鋒)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月26日
    「永子杯」国際囲碁大師戦で中日韓の著名棋士が対局雲南省保山市

    26日、「永子杯」国際囲碁大師戦の決勝で対局する日本の高尾紳路九段(右)と韓国の李昌鎬九段。中国雲南省保山市の永子棋院でこのほど、中国、日本、韓国の著名棋士が参加した2019中国・保山「永子杯」国際囲碁大師戦が開催された。決勝では韓国の李昌鎬(イ・チャンホ)九段が日本の高尾紳路九段に297手までで黒番中押し勝ちし、優勝した。(保山=新華社配信/侯開曠)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月26日
    「永子杯」国際囲碁大師戦で中日韓の著名棋士が対局雲南省保山市

    26日、「永子杯」国際囲碁大師戦の決勝の対局に臨む日本の高尾紳路九段。中国雲南省保山市の永子棋院でこのほど、中国、日本、韓国の著名棋士が参加した2019中国・保山「永子杯」国際囲碁大師戦が開催された。決勝では韓国の李昌鎬(イ・チャンホ)九段が日本の高尾紳路九段に297手までで黒番中押し勝ちし、優勝した。(保山=新華社配信/侯開曠)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月25日
    「永子杯」国際囲碁大師戦で中日韓の著名棋士が対局雲南省保山市

    25日、「永子杯」国際囲碁大師戦の準決勝で対局する韓国の李昌鎬九段(左)と中国の馬暁春(ば・ぎょうしゅん)九段。中国雲南省保山市の永子棋院でこのほど、中国、日本、韓国の著名棋士が参加した2019中国・保山「永子杯」国際囲碁大師戦が開催された。決勝では韓国の李昌鎬(イ・チャンホ)九段が日本の高尾紳路九段に297手までで黒番中押し勝ちし、優勝した。(保山=新華社配信/侯開曠)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月25日
    「永子杯」国際囲碁大師戦で中日韓の著名棋士が対局雲南省保山市

    25日、対局会場の雲南省保山市の永子棋院。中国雲南省保山市の永子棋院でこのほど、中国、日本、韓国の著名棋士が参加した2019中国・保山「永子杯」国際囲碁大師戦が開催された。決勝では韓国の李昌鎬(イ・チャンホ)九段が日本の高尾紳路九段に297手までで黒番中押し勝ちし、優勝した。(保山=新華社配信/侯開曠)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月25日
    「永子杯」国際囲碁大師戦で中日韓の著名棋士が対局雲南省保山市

    25日、「永子杯」国際囲碁大師戦の準決勝の対局に臨む日本の高尾紳路九段。中国雲南省保山市の永子棋院でこのほど、中国、日本、韓国の著名棋士が参加した2019中国・保山「永子杯」国際囲碁大師戦が開催された。決勝では韓国の李昌鎬(イ・チャンホ)九段が日本の高尾紳路九段に297手までで黒番中押し勝ちし、優勝した。(保山=新華社配信/侯開曠)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月25日
    「永子杯」国際囲碁大師戦で中日韓の著名棋士が対局雲南省保山市

    25日、「永子杯」国際囲碁大師戦の準決勝の対局に臨む韓国の李昌鎬九段。中国雲南省保山市の永子棋院でこのほど、中国、日本、韓国の著名棋士が参加した2019中国・保山「永子杯」国際囲碁大師戦が開催された。決勝では韓国の李昌鎬(イ・チャンホ)九段が日本の高尾紳路九段に297手までで黒番中押し勝ちし、優勝した。(保山=新華社配信/侯開曠)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月25日
    「永子杯」国際囲碁大師戦で中日韓の著名棋士が対局雲南省保山市

    25日、「永子杯」国際囲碁大師戦の準決勝の対局に臨む中国の常昊(じょう・こう)九段。中国雲南省保山市の永子棋院でこのほど、中国、日本、韓国の著名棋士が参加した2019中国・保山「永子杯」国際囲碁大師戦が開催された。決勝では韓国の李昌鎬(イ・チャンホ)九段が日本の高尾紳路九段に297手までで黒番中押し勝ちし、優勝した。(保山=新華社配信/侯開曠)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月25日
    「永子杯」国際囲碁大師戦で中日韓の著名棋士が対局雲南省保山市

    25日、保山市囲碁公開対局に臨む地元の子ども棋士。中国雲南省保山市の永子棋院でこのほど、中国、日本、韓国の著名棋士が参加した2019中国・保山「永子杯」国際囲碁大師戦が開催された。決勝では韓国の李昌鎬(イ・チャンホ)九段が日本の高尾紳路九段に297手までで黒番中押し勝ちし、優勝した。(保山=新華社配信/侯開曠)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月25日
    「永子杯」国際囲碁大師戦で中日韓の著名棋士が対局雲南省保山市

    25日、「永子杯」国際囲碁大師戦の会期中に行われた囲碁交流イベント。中国雲南省保山市の永子棋院でこのほど、中国、日本、韓国の著名棋士が参加した2019中国・保山「永子杯」国際囲碁大師戦が開催された。決勝では韓国の李昌鎬(イ・チャンホ)九段が日本の高尾紳路九段に297手までで黒番中押し勝ちし、優勝した。(保山=新華社配信/侯開曠)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月25日
    「永子杯」国際囲碁大師戦で中日韓の著名棋士が対局雲南省保山市

    25日、「永子杯」国際囲碁大師戦の準決勝で対局する日本の高尾紳路九段(左)と中国の常昊(じょう・こう)九段。中国雲南省保山市の永子棋院でこのほど、中国、日本、韓国の著名棋士が参加した2019中国・保山「永子杯」国際囲碁大師戦が開催された。決勝では韓国の李昌鎬(イ・チャンホ)九段が日本の高尾紳路九段に297手までで黒番中押し勝ちし、優勝した。(保山=新華社配信/侯開曠)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2