KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国浙江省
  • 中国河北省
  • 中国福建省
  • 中国江西省
  • 中国湖北省
  • 中国陝西省
  • 中国貴州省
  • 中国雲南省
  • 中国湖南省
  • 中国広東省

「中国」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
8,268
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
8,268
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.60
    2021年02月26日
    「新華社」幻想的な銀世界、車師古道の冬景色新疆ジムサル県

    中国新疆ウイグル自治区の天山山脈を南北に貫く車師古道にこのほど雪が降り、森林や渓谷などが真っ白な雪で覆われ、辺り一面に銀世界が広がっている。同古道は同自治区ジムサル県泉子街鎮から南へ天山を越えて同自治区トルファン市ルクチン(魯克沁)鎮まで続く道で、2千年以上の歴史を有し、「金嶺古道」とも呼ばれている。(記者/高晗) =配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.94
    2021年02月26日
    「新華社」中欧班列の安定運行に尽力天津貨物輸送センター

    中国の天津新港から24日、自動車、家具、日用品を満載した中国と欧州を結ぶ国際貨物定期列車「中欧班列」が出発した。これにより今年天津を出発し、内モンゴル自治区の満洲里、エレンホト(二連浩特)、新疆ウイグル自治区の阿拉山口の各口岸(通関地)を経由して出国する中欧班列の運行本数が、前年同期比8・2%増の60便、3240両となった。北京鉄路局天津貨物輸送センターはここ数年、さまざまな措置を実施して中欧班列の安定的運行に努めている。同センター新港営業部の孫凱(そん・かい)経理によると、同センターは中欧班列の安定的運行のため、迅速に通関手続きを行う優先措置「緑色通道」を導入し、天津港水上輸送センターに中欧班列のサービス窓口を設けて迅速な輸出手続きを実施しているという。受け付けから積み込み、発送までワンストップのサービスが受けられる。天津貨物輸送センターは、同市の税関や検疫部門との協力や調整を積極的に進め、通関時間を短縮するなど口岸の通関効率向上を図っている。また、輸出企業のニーズに応え、さまざまな鉄道輸送関連企業による中欧班列貨物の優先的積み込みや積み替え、輸送を促進。貨物の安全で効率的な輸送を実現している。(記者/鄧浩然) =配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.14
    2021年02月26日
    「新華社」無形文化遺産伝承人、切り紙細工のランタン作りを伝授北京市

    中国北京市東城区の体育館路街道は25日、同区の無形文化遺産、剪紙(せんし、切り絵細工)技術の伝承人を招き「正月十五閙花灯、非遺伝承迎冬奥」(旧暦1月15日のランタン祭り、無形文化遺産を伝承し北京冬季五輪を迎えよう)と題したイベントを開催、青少年らとその保護者らが剪紙とランタン作りを学んだ。参加者は、干支の動物や冬季五輪をモチーフとした剪紙作品を手作りし、中国伝統文化の魅力を感じた。(記者/馬暁冬) =配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:32.64
    2021年02月26日
    「新華社」生産・貯油プラットフォーム「深海1号」、南中国海で設置完了

    南中国海で開発が進むガス田「陵水17-2」でこのほど、中国が独自開発した最初の10万トン級深水半潜水式の生産・貯油プラットフォーム「深海1号」エネルギーステーションに係留アンカー16本が接続され、同ステーションの設置が完了した。水深1500メートル海域でのアンカー接続作業は、中国の深海アンカー工事の新記録となった。天津港保税区の企業、海洋石油工程がEPCI(設計・資材調達・建造・据付)を一括して請け負った深海1号は、中国初の水深1500メートル自主運営大型ガス田「陵水17-2」プロジェクトのために建造された。同ステーションは今後、生産設備の設置や調整を約4カ月実施する。6月下旬には稼働条件が整うという。生産開始後は、広東省や香港特別行政区、海南省などに毎年30億立方メートルの深海天然ガスを供給する。(記者/李帥映像提供/海洋石油工程有限公司) =配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.35
    2021年02月26日
    「新華社」肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(記者/壮錦、映像提供/肇慶市広播電視台) =配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.92
    2021年02月26日
    「新華社」ロマンチックな雰囲気漂う「ピンクビーチ」江西省九江市

    中国江西省九江市の八里湖風景区に作られた「ピンクビーチ」は、ネット上で人気の観光スポットとなっている。ピンク色の砂浜が演出する初春のロマンチックな雰囲気を感じてみよう。(記者/彭菁) =配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.76
    2021年02月26日
    「新華社」山々に囲まれた牧場で越冬する家畜新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州テケス(特克斯)県包扎得爾地区の冬季の牧場は、山々に囲まれていることから家畜が越冬するのに適している。ここで冬を過ごす家畜は、まもなく一年で最も寒い時期を迎える。(記者/張嘯誠) =配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:23.89
    2021年02月25日
    「新華社」聴覚障害者のための新ツール「リアルタイム字幕」導入

    中国聴覚障害者協会が開発を指導し、電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の先端科学技術研究機関「達摩院(DAMOアカデミー)」が無償提供した音声認識技術と計算処理能力が組み込まれる初めての字幕セットトップボックスが旧暦大みそかの11日夜、中国の100以上の聴覚障害者の家庭がいる社区(コミュニティー)に導入された。音声をリアルタイムで文字に変換する先進技術によって、聴覚障害者らは初めて年越し特別番組「春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)」やニュースなどの生放送番組を支障なく視聴できるようになった。第三者機関による評価では、達摩院の音声AIによるニュース番組の認識精度は99・19%に達しており、類似技術の中でトップレベルにある。(記者/夏亮、李濤) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.20
    2021年02月25日
    「新華社」春の菜の花畑に酔う福州市

    中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(記者/魏培全) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:41.72
    2021年02月25日
    「新華社」甘くてもっちり、伝統餅菓子「米糕」江蘇省宿遷市

    王海霞(おう・かいか)さん(40)は、中国江蘇省宿遷市泗陽(しよう)県で、伝統的な餅菓子「米糕(ミーガオ)」の店を経営している。この米糕作りに必要なものには、白玉粉や餡、蒸し器などがある。40年以上続くこの店は、王さんが3年ほど前に姑から受け継いだ。以前は伝統的な黒糖ゴマ味しかなかったが、客のニーズに応じて、新しい味の餅を次々に生み出してきたと王さんは話す。蒸し器から出したばかりの熱々の米糕は、「生活向上」「日々繁栄」を意味するという。(記者/劉嫄) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.32
    2021年02月25日
    「新華社」全路線を暗記、「春運」を支える切符販売員陝西省

    春節(旧正月)の帰省やUターンのための特別輸送態勢「春運」の実施期間、中国陝西省の西安駅では切符販売員の李聡(り・そう)さんが「生きた地図」と呼ばれ、活躍している。彼女は、記憶だけを頼りに1時間ほどで全国の鉄道路線図を描くことができる。路線図に描かれた807の駅名(うち運賃計算駅は606)、343の路線名をすべて記憶し、旅行客に最適なルートをすぐに案内できる。(記者/孫正好) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:14.95
    2021年02月25日
    「新華社」夢中で竹を食べる野生パンダの映像公開甘粛省

    中国甘粛省の白水江国家級自然保護区はこのほど、赤外線カメラが捉えた野生のジャイアントパンダの貴重な映像を公開した。映像には夢中で竹を食べるパンダがはっきりと映っている。撮影日は2019年10月11日。映像から判断すると、パンダは体重約80キロの成体で、身体はがっちりしており、赤外線カメラから5メートル足らずの場所にいたと思われる。甘粛省南部に位置する同保護区は野生パンダの楽園として知られており、省内で確認された132頭のうち110頭が生息している。(記者/馬莎) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.91
    2021年02月25日
    「新華社」春の耕作を前ににぎわう苗木市場湖南省新田県

    中国湖南省永州市新田県では、間もなく始まる種まきに備え、農家の人々が農機を使って広大な田畑の土起こしに励んでいる。地元の市場には質の高い苗木が並び、栽培農家が次々に訪れる。モクセイ、クスノキ、コウヨウザンなどのほか、イヌマキ、紅丹桂(モクセイの一種)など貴重な種類の木、さまざまな花卉や盆栽も販売されており、多くの市民が足を止めて選んでいる。(記者/程済安) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:22.30
    2021年02月25日
    「新華社」純国産人工心臓「ロケットハート」、西南地区初の移植患者が退院

    中国の純国産人工心臓、第3世代植込型磁気浮上心室補助装置(HeartCon)を植え込んだ患者が22日、四川省成都市の四川大学華西医院を無事退院した。中国西南地区では初めての事例で、今回の成功は同地区の重度心不全患者に朗報をもたらした。装置は、中国のロケット開発・製造大手、中国航天科技集団傘下の航天泰心科技が開発。ロケットの研究開発経験と技術を用いたことから「ロケットハート」と名付けられた。同院心臓・大血管外科の安琪(あん・き)主任医師は「臓器提供者が不足する中、ロケットハートは末期心不全患者を救う有効な治療法になる」と語った。今後は移植を受けた患者の減量プランを策定し、体質向上と健康回復を図るという。安氏によると、ロケットハートの植込装置はわずか180グラムと小さく、心膜内に直接植え込むことができる。導線も細い。制御装置と電池も小型化されており、装置全体で3キロ前後と患者の日常生活への影響を軽減している。同装置は昨年、中国国家薬品監督管理局の承認を受け、現在は臨床試験段階にある。(記者/董小紅) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.80
    2021年02月25日
    「新華社」廬山西海周辺の桜が満開に江西省

    春を迎えた中国江西省九江市武寧県の廬山西海風景区周辺では、5万本以上の桜が満開となり、多くの観光客の目を楽しませている。この花見スポットは600ムー(40ヘクタール)以上の土地にツバキカンザクラ、シダレザクラ、フジザクラなど十数種の桜が植えられており、1カ月余りにわたり花見を楽しむことができる。(記者/余剛) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:32.53
    2021年02月24日
    Lantern Festival Light Show

    Fengjing, a famous historical and cultural town in China, holds an intangible cultural heritage lantern fair to celebrate the Lantern Festival on February 23, 2021 in Shanghai, China.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:28.62
    2021年02月24日
    Lantern Festival Light Show

    Fengjing, a famous historical and cultural town in China, holds an intangible cultural heritage lantern fair to celebrate the Lantern Festival on February 23, 2021 in Shanghai, China.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:29.74
    2021年02月24日
    Lantern Festival Light Show

    Fengjing, a famous historical and cultural town in China, holds an intangible cultural heritage lantern fair to celebrate the Lantern Festival on February 23, 2021 in Shanghai, China.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:30.51
    2021年02月24日
    Lantern Festival Light Show

    Fengjing, a famous historical and cultural town in China, holds an intangible cultural heritage lantern fair to celebrate the Lantern Festival on February 23, 2021 in Shanghai, China.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:18.95
    2021年02月24日
    Lantern Festival Light Show

    Fengjing, a famous historical and cultural town in China, holds an intangible cultural heritage lantern fair to celebrate the Lantern Festival on February 23, 2021 in Shanghai, China.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:30.40
    2021年02月24日
    Huawei Mate X2 Mobile World Congress 2021 in Shanghai

    A visitor experiences Huawei‘s newest foldable phone, the Mate X2, during Mobile World Congress 2021 in Shanghai, China, Feb 23, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:21.51
    2021年02月24日
    Huawei Mate X2 Mobile World Congress 2021 in Shanghai

    A visitor experiences Huawei‘s newest foldable phone, the Mate X2, during Mobile World Congress 2021 in Shanghai, China, Feb 23, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:21.25
    2021年02月24日
    Huawei Mate X2 Mobile World Congress 2021 in Shanghai

    A visitor experiences Huawei‘s newest foldable phone, the Mate X2, during Mobile World Congress 2021 in Shanghai, China, Feb 23, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 01:00.55
    2021年02月24日
    「新華社」一面に咲き誇る桜江西省瑞金市

    中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村では現在、桜が見頃を迎え、見渡す限り花の色に染まった見事な風景が広がっている。(記者/劉彬、彭菁) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.96
    2021年02月24日
    「新華社」春らんまん浙江省桐廬県でヤマザクラが満開

    中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮に位置する天子地生態風景観光区ではここ数日、暖かな陽気が続き、1万ムー(約667ヘクタール)以上にわたって桜が満開となった。春ならではの見事な風景が観光客を魅了している。同区内の桜は主にヤマザクラで、一般的には3月初めに咲くが、昨年がうるう年だったことや今年の旧正月前後に気温が上昇した影響により、例年より20日以上早い開花となった。(記者/王懌文、李濤) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.16
    2021年02月24日
    「新華社」衡水湖にハクチョウ137羽、湖面で一休み河北省

    中国河北省の衡水湖(こうすいこ)でこのほど、衡水湖自然保護区の職員が鳥類の調査を行い、中国の国家2級保護鳥類に指定されているオオハクチョウとコハクチョウ計137羽を確認した。両種は毎年2月中旬頃から同湖へ飛来し、2、3日休息した後、北方への移動を再開する。コハクチョウは同湖で越冬するヒシクイと共に羽を休める。衡水湖は渡り鳥の重要な中継地となっており、気温の上昇とともに多くの鳥たちを迎えている。また、華北平原の自然保護区で唯一、湖沼、水域、干潟、草地、森林など完全な湿地生態系を備え、多くの渡り鳥の移動ルートが交差する場所でもある。(記者/張碩) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.08
    2021年02月24日
    「新華社」「オレンジサービス」が高齢者の「かかりつけ医不足」解消を促進

    中国のスマート医療サービスは近年、オフラインからオンラインへの移行が進んでいる。一方で、多くの高齢者が尻込みするケースもみられる。高齢者の受診難を解消するため、江西省南昌市の南昌大学第一付属医院外来診療部は、高齢者向けの「健康コードの提示なしで通過できる通路」の開設、「サポートチーム」の設立、「スマート外来サービス拠点」の設置などを含む一連の「オレンジサービス」活動を実施。高齢患者が外来を受診するまでの過程で生じうる問題の解決を後押ししている。(記者/彭菁) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.76
    2021年02月24日
    「新華社」ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(記者/張濤)=配信日:2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:38.87
    2021年02月24日
    「新華社」新疆初の総合交通安全教育施設、コルラ市で運用開始

    中国新疆ウイグル自治区初となる総合交通安全教育施設がこのほど、コルラ(庫爾勒)市で運用を開始した。同市公安局交通警察大隊はドライバー30人を同施設に招き、各種シミュレーションエリアで交通法規の順守や交通安全、交通マナーの重要性を実感してもらった。同施設の敷地面積は240平方メートルで、主に交通安全の学習エリアと体験エリアに分かれる。マルチメディアや3D、ドライブシミュレーター、体感型ゲームなど各種テクノロジーを活用し、交通法規や交通安全に関する知識、違反行為の危険性などについて、さまざまな角度から総合的に伝えている。(記者/阿曼) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.34
    2021年02月24日
    「新華社」山の斜面を駆け上るアイベックスの群れを発見新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州和静(わせい)県を流れる開都河中流の峡谷でこのほど、アイベックスの群れが山の斜面を勢いよく駆け上る姿が発見された。今年確認したアイベックスは例年よりも数が多く、100頭以上に達している。国家2級保護動物に指定されるアイベックスは山登りとジャンプが得意で、標高3500~6千メートルの高原や山腹に生息し、最も標高の高い場所に住む哺乳動物の一種とされる。中国最大の亜高山帯草原、バインブルク草原では今年、標高2千メートル以上の春の牧草地に、餌を求めて移動するアイベックスの群れが何度も確認されている。(記者/宿伝義) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.12
    2021年02月24日
    「新華社」スマート港湾構築を目指す寧波舟山港浙江省

    え間ない技術革新に伴い、港湾のスマート化推進は時代の流れになっている。中国浙江省にある寧波舟山港は、12年連続で世界最大の貨物取扱量を誇る港として、梅山港区を試行地区に、従来型港湾に適した複製・普及可能な再開発の道筋を積極的に模索している。コンテナターミナルを運営する寧波梅東集装箱碼頭の遠隔制御システムは現在、走行クレーン18台とガントリークレーン48台を管理下に置いている。同社は今年、走行クレーン4台とガントリークレーン10台を改造し、2022年の全面的な技術変革に向け基盤作りを進めることにしている。(記者/魏一駿、李濤) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.62
    2021年02月24日
    「新華社」優良資源で観光の安定した回復を後押しチベット自治区

    中国チベット自治区ニンティ(林芝)市内にあるナムチャバルワ峰は標高7782メートルで、一年中雪に覆われている。「ナムチャバルワ」とはチベット語で「天空に突き刺す長矛」を意味し、頂上が独特な三角形をしていることから、そのように呼ばれている。今年の春節(旧正月)の連休期間中、ナムチャバルワ峰を望む色季拉山の展望台には、国道318号線を通って観光客が続々と訪れた。同自治区は2020年末、感染防止対策が常態化する中、新たな政策でチベット観光の安定した回復を推進するため、チベットを訪れる観光客に対し、観光地の入場料やホテルの宿泊費などが優遇されるキャンペーンを打ち出している。(記者/洛卓嘉措、孫陽)=配信日:2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:29.64
    2021年02月24日
    「新華社」茶園のモクレンが満開江西省南昌県

    少しずつ暖かくなってきた中国江西省南昌市南昌県の鳳凰溝風景区にある生態茶園では、千本のモクレンが満開を迎え、春の訪れを感じさせる風景が広がっている。見頃は2月末頃まで。(記者/王中慶) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.08
    2021年02月24日
    「新華社」「オレンジサービス」が高齢者の「受診難」解消を促進

    中国のスマート医療サービスは近年、オフラインからオンラインへの移行が進んでいる。一方で、多くの高齢者が尻込みするケースもみられる。高齢者の「受診難」を解消するため、江西省南昌市の南昌大学第一付属医院外来診療部は、高齢者向けの「健康コードの提示なしで通過できる通路」の開設、「サポートチーム」の設立、「スマート外来サービス拠点」の設置などを含む一連の「オレンジサービス」活動を実施。高齢患者が外来を受診するまでの過程で生じうる問題の解決を後押ししている。(記者/彭菁)=配信日:2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.72
    2021年02月24日
    「新華社」春の日差し浴びて咲くカラミザクラ湖北省南漳県

    中国湖北省襄陽市南漳県城関鎮では、うららかな春の日差しの下、1万ムー(約667ヘクタール)以上にわたり植えられたカラミザクラが咲き誇っている。村は見渡す限り花で覆われ、多くの観光客が花見や写真撮影を楽しんでいる。同県はここ数年、農村振興戦略の実施に力を入れ、カラミザクラ栽培の発展に取り組んできた。サクランボ狩りのイベントや観光による貧困扶助活動を行い、農家の増産・増収と貧困脱却をけん引している。(記者/侯文坤)=配信日:2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:37.68
    2021年02月24日
    「新華社」武陵源に春告げる梅の花湖南省張家界市

    中国湖南省張家界市武陵源の黄石寨(こうせきさい)風景区ではこのところ晴天が続き、数万本の梅の開花が進んだ。多くの観光客が訪れ、花見を楽しんでいる。(記者/薛宇舸、姚羽) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.10
    2021年02月23日
    Panda Life

    Two giant pandas play at the big panda house of Beijing Zoo in Beijing, capital of China, Feb 22, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:09.35
    2021年02月23日
    Panda Life

    Two giant pandas play at the big panda house of Beijing Zoo in Beijing, capital of China, Feb 22, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 01:22.33
    2021年02月23日
    First Class Begins

    A fire rescue worker explains earthquake knowledge to students in Gaogang Experimental Primary School in Taizhou City, east China‘s Hebei Province, Feb 22, 2021. Gaogang Experimental Primary School in Taizhou City, Jiangsu Province, together with the Fire and Rescue Brigade of Gaogang District in Taizhou City, launched the “First Class of the Term“ with the theme of “Safety Awareness Accompanioned“. The course contents include fire knowledge, drowning self-rescue, disaster prevention and escape and other safety education contents, which enhance students‘ safety awareness, prevention awareness and self-protection ability.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:20.96
    2021年02月23日
    Panda Life

    A giant pandas sleeps at the big panda house of Beijing Zoo in Beijing, capital of China, Feb 22, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:08.35
    2021年02月23日
    Panda Life

    A giant panda eats bamboo at the big panda house of Beijing Zoo in Beijing, capital of China, Feb 22, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:15.96
    2021年02月23日
    Panda Life

    A giant panda eats bamboo at the big panda house of Beijing Zoo in Beijing, capital of China, Feb 22, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:40.38
    2021年02月23日
    Panda Life

    A giant panda plays at the big panda house of Beijing Zoo in Beijing, capital of China, Feb 22, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:18.46
    2021年02月23日
    Panda Life

    A giant panda sleeps at the big panda house of Beijing Zoo in Beijing, capital of China, Feb 22, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:44.88
    2021年02月23日
    「新華社」渤海で1億トン級の新たな大型石油・ガス田見つかる

    中国石油大手の中国海洋石油集団は22日、渤海で1億トン級の大型石油・天然ガス田を発見したと明らかにした。中国の海洋石油・天然ガス資源の基盤をより確かなものにし、海洋石油・ガス田の安定生産や増産、国のエネルギー安全保障を確実にする上で重要な意味を持つ。「渤中13-2」と名付けられた同石油・ガス田は、渤海の中部海域に位置する。渤海ではここ数年、大型コンデンセートガス田「渤中19-6」や1億トン級油田「墾利6-1」など一連の重要な石油・天然ガスの発見が相次いでいる。同社の関係責任者によると、「渤中13-2」が発見された主要エリアは太古代の潜丘構造に属するため、探査難度が高いという。同社の探査要員は、太古代の潜丘に良質な石油・ガス貯留層があるかどうか、油層・ガス層を形成できるかどうかという二つの難題をめぐり、これまでの地質学的理解を刷新することで、油層・ガス層形成の新モデルを提示。大型で軽質かつ高品質の油層「渤中13-2」の発見に成功した。(記者/李帥) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:20.66
    2021年02月23日
    「新華社」鄱陽湖でスナメリが頻繁に出現江西省

    中国江西省の鄱陽湖(はようこ)では、全面禁漁の措置を開始してから1年がたち、スナメリが頻繁に現れるようになった。スナメリは長江流域の生態環境を評価する「指標生物」で、「水中のパンダ」と呼ばれている。鄱陽湖のある江西省九江市都昌県の朱袍山水域ではこのほど、スナメリが楽しそうに水中から顔を出す姿が見られた。スナメリは数頭で水中の餌を捕ったり戯れたりしていた。長江スナメリは、世界のスナメリの中で唯一、淡水に生息する種で、現在確認されている個体数は約千頭。うち450頭ほどが鄱陽湖水域に生息している。(記者/彭菁) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.97
    2021年02月23日
    「新華社」国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(記者/柳王敏) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.95
    2021年02月23日
    「新華社」ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:11.10
    2021年02月23日
    「新華社」ラクダの放牧に衛星測位システム「北斗」を活用新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ(博湖)県では、衛星測位システム「北斗」を搭載した首輪をラクダに装着することで、牧畜民が自宅にいながらラクダの放牧ができるようにしている。同県ラクダ飼育合作社(協同組合)の牧畜民で、ラクダ300頭余りを管理する巴都瑪拉(バトマラ)さんはこの冬、厳しい寒さに耐えながらゴビ砂漠でラクダを追う必要がなくなった。現在は「北斗」システムを活用して、毎日家から出ずにラクダの様子を把握している。巴都瑪拉さんは3年前から「北斗」システム搭載の首輪を活用し始めた。これによりスマートフォンからリモートかつリアルタイムでラクダの群れの位置と移動スピードを知ることができる。同県では現在、1千頭余りのラクダで「北斗」衛星測位サービスが利用されている。(記者/宿伝義)=配信日:2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.16
    2021年02月23日
    「新華社」【パンダフル】好奇心旺盛だから何でも食べちゃう

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で暮らすジャイアントパンダは、毎日元気いっぱいで、好奇心も旺盛。おいしいものを見ると、すぐ手に取ってもぐもぐと食べてしまう。(記者/パンダフル蕭永航)=配信日:2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.20
    2021年02月23日
    「新華社」十堰市でカラミザクラが満開湖北省

    早春を迎えた中国湖北省十堰(じゅうえん)市鄖陽(うんよう)区桜桃溝村では、カラミザクラの花が咲き誇り、訪れた多くの観光客を魅了している。(記者/李偉)=配信日:2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 13:02.04
    2021年02月23日
    「新華社」習近平氏が率いた貧困との闘いの足跡

    新華社「習近平氏が率いた貧困との闘いの足跡」ドキュメンタリー8年間で1億人近くの人口を貧困から脱却させる。これは中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席が果敢に挑戦し、実行した約束だった。勝利を収めた背景にある大きな勇気と苦労を13分のドキュメンタリーで明らかにする。=配信日:2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.36
    2021年02月23日
    「新華社」武漢市の東湖で梅の花が見頃に湖北省

    中国湖北省武漢市は21日、好天に恵まれ、同市東湖の中央部にある梅園では、多くの観光客が見頃を迎えた2万本余りの梅を観賞に訪れた。同園に植えられた梅の品種は300種類余りで、世界の約80%をカバーしている。(記者/饒饒、季暁荘) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.84
    2021年02月23日
    「新華社」タングラ峠の道路補修班、天空の道を守り続けて67年

    中国青海省西寧市とチベット自治区ラサ市を結ぶ青蔵公路の最高地点、タングラ(唐古拉)峠の標高は5231メートル。「天下一の道路補修班」と呼ばれる国道109号線補修班は、この峠の道を守り続けて67年になる。年間を通じて青蔵公路タングラ峠区間のスムーズな通行を確保している。(記者/旦増尼瑪曲珠) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.30
    2021年02月23日
    「新華社」春の訪れ告げる梅の花が満開安徽省

    中国安徽省合肥市の匡河公園では春節(旧正月)以降、数千本の梅が咲き誇り、多くの市民や観光客が訪れる人気の観光スポットになっている。(記者/陳諾) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.91
    2021年02月23日
    「新華社」ハルビンの映画館が営業再開黒竜江省

    中国黒竜江省ハルビン市で23日、正式な営業許可を持ち、規定の新型コロナウイルス感染対策を講じた映画館、旅館、カフェが営業を再開した。同市の感染予防・抑制指揮部(対策本部)が明らかにした。映画館は、混雑を緩和するためオンライン予約によるチケット販売を実施。入場者に対し、感染有無を確認するスマートフォンアプリ「健康コード」の提示、体温検査、マスク着用を義務付けた。上映が終わるごとに劇場内の消毒も実施する。同市は18日午前0時、市内全域の新型コロナの感染リスクレベルが「低リスク」に引き下げられた。(記者/楊思琪)=配信日:2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.63
    2021年02月23日
    「新華社」春の農作業を前に農業機械の点検を実施黒竜江省克山県

    中国黒竜江省チチハル市の克山県は、農業が盛んな地域として知られる。3月中旬までに全県で春耕作業に必要な各種農業機械・器具3万4800セットの点検・修理を完了するため、同県は機械の点検・修理と農業資材の発注を早めに行うことで、「感染症対策と春耕作業の両立」を実現している。現在、既に点検・修理した各種農業機械の台数は6700台(セット)に上る。(記者/唐鉄富) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.76
    2021年02月23日
    「新華社」果てしなく広がる銀世界、氷雪のサリム湖新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区ボルタラ・モンゴル自治州の北天山山脈に位置し、「大西洋最後の一粒の涙」と称されるサリム湖は、一面氷雪で覆われ、白銀の大地が果てしなく広がっている。(記者/高晗) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:20.10
    2021年02月23日
    「新華社」コクチョウ一家に11羽のひなが誕生河北省広平県

    中国河北省邯鄲(かんたん)市広平県の天鵝湖公園ではこのほど、コクチョウのひな11羽が次々と誕生し、ふわふわの羽に包まれた愛らしい姿で人気を集めている。公園は、ヒナが安全な環境で健康に育つよう、特別にフェンスを設置した。天鵝湖公園はここ数年、湿地の保護と修復を継続的に強化しており、多くの水鳥がここで生息・繁殖するようになった。コクチョウの個体数は、2012年は24羽だったが、現在では70羽余りまで増加している。(記者/范世輝)=配信日:2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:11.75
    2021年02月22日
    China RMB Global Payments Rise

    The People‘s Bank of China building on West Chang ‘an Avenue in Beijing, China, Feb 22, 2021. The share of global payments made by China‘s yuan jumped to a five-year high of 2.42 percent in January from 1.88 percent in December, keeping the yuan the fifth largest global currency, Reuters reported, citing the latest Swift data.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:16.96
    2021年02月22日
    China RMB Global Payments Rise

    The People‘s Bank of China building on West Chang ‘an Avenue in Beijing, China, Feb 22, 2021. The share of global payments made by China‘s yuan jumped to a five-year high of 2.42 percent in January from 1.88 percent in December, keeping the yuan the fifth largest global currency, Reuters reported, citing the latest Swift data.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:45.44
    2021年02月22日
    「新華社」幻想的な美しさ、霧の中に浮かぶ海陵島広東省陽江市

    中国広東省陽江市にある海陵島は「中国の美しい島トップ10」の一つとして知られる。同島は22日、一面濃い霧に包まれ、飛鵝嶺や大角山、大角湾などの風景区一帯に霧の海のような珍しい光景が現れた。立ち込める霧の中に見え隠れする緑の山々や紺碧の海と建物が、美しい風景画のような景色を生み出していた。(記者/鄧瑞璇)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.12
    2021年02月22日
    「新華社」中国四大書院の岳麓書院を訪ねて湖南省長沙市

    国湖南省長沙市岳麓区にある岳麓(がくろく)書院は、北宋の開宝九(976)年の設立。「書院」は中国で近代以前の民間教育機関を指す。同書院は各地に残る書院の中で最も保存状態が良いとされ、河南省商丘市の応天府書院、河南省登封市の嵩陽書院、江西省廬山の白鹿洞書院と並び中国四大書院として知られる。1980年代以降、岳麓書院は現代的書院への転換の道を歩んできた。今では伝統文化の継続と革新発展の成功事例となっている。(記者/姚羽) =配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.67
    2021年02月22日
    「新華社」ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.96
    2021年02月22日
    「新華社」冬季五輪の街、延慶区を舞うハクチョウの群れ北京市

    中国北京市で開催予定の冬季五輪・パラリンピックの競技エリアがある延慶区にこのほど、ハクチョウの群れが飛来した。同区を流れる嬀河(きが)の水面で戯れたり、舞い上がったりする純白の姿が背後にそびえる海陀山に映え、一層の優雅さを醸し出している。(記者/魏夢佳) =配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.40
    2021年02月22日
    「新華社」農村を鮮やかに彩る満開の菜の花江西省泰和県

    農作業の準備を始める目安とされる二十四節気の「雨水(うすい)」が過ぎ、中国江西省吉安市泰和県の農村では菜の花が満開となった。緑色の野山に鮮やかな黄色の菜の花が彩を添え、大勢の観光客を魅了している。(記者/余剛)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.55
    2021年02月22日
    「新華社」春の訪れを知らせる桃の花湖南省道県

    中国湖南省永州市道県の大坪鋪農場ではこのところ、「鷹嘴桃」の花が100ムー(約6・67ヘクタール)余りにわたり咲き乱れ、多くの観光客が鮮やかな紅色の花を写真に収めている。鷹嘴桃は果実がタカのくちばしのようにとがっていることからこの名が付いた。(記者/丁春雨) =配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.92
    2021年02月22日
    「新華社」【パンダフル】おやつタイムを邪魔しないで

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で、1頭のパンダが午後のおやつを食べていたところ、別のパンダが突然目の前に現れた。おやつを食べていたパンダは「邪魔しないで」とやって来たパンダを追い払うと、再び午後のおやつタイムを楽しんでいた。(記者/パンダフル蕭永航)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.79
    2021年02月22日
    「新華社」マカオ、一般市民への国産ワクチン接種開始

    中国マカオ特別行政区政府は22日、国産の新型コロナウイルスワクチンの一般市民への接種を開始した。同日全ての接種拠点で作業が順調に行われた。特区政府によると、これまでに市民約1万5千人が接種を予約しており、現時点で各接種拠点の対応能力には余裕がある。今後接種希望者が増えれば、接種拠点と定員を徐々に増やしていくという。(記者/王愛華、李寒芳)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:32.42
    2021年02月21日
    Iron Flower

    Folk artists perform “Iron Flower“ in Zhangjiakou, Hebei province, China, Feb 17, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:08.20
    2021年02月21日
    Firefighters Fight A Fire

    Firefighters fight a fire with village workers in Hefei, Anhui province, China, on the afternoon of February 20, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 01:19.83
    2021年02月21日
    「新華社」昼間に活動するミミセンザンコウを撮影福建省武夷山

    中国福建省の武夷山国家公園で18日、日中に洞穴から出て餌を探すミミセンザンコウの姿が確認された。日中は洞穴で眠り、夜に食べ物を探す夜行性のミミセンザンコウが、昼間に撮影されることは非常に少ないという。ミミセンザンコウは国家2級保護野生動物に指定されていたが、2020年6月に1級に引き上げられた。同公園ではここ数年、生態環境と野生動物の保護を強化しており、野生動物の生育環境が改善され、個体数も年を追うごとに増加している。(記者/郭圻) =配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.88
    2021年02月21日
    「新華社」武漢大学で早咲きの桜が見頃湖北省

    中国湖北省の武漢大学では20日、桜の開花が進み、多くの観光客が足を止めて鑑賞した。同大学は市内有数の桜の名所として知られている。ピーク時に人数制限を行わない場合、キャンパス内で花見をする人は10万人を超えるという統計もある。(記者/方亜東、季暁荘) =配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.96
    2021年02月21日
    「新華社」桃の花咲く果樹農園湖南省新田県

    晴天が続いた中国湖南省永州市新田県驥村(きそん)鎮ではこのところ、果物農園の桃の花が咲き、辺りに甘い香りを漂わせている。訪れた近隣住民や観光客は木々の間を散策し、春の風景を楽しんでいる。(記者/柳王敏) =配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.34
    2021年02月21日
    「新華社」春節連休中の北京主要商業企業100社の売り上げ、4割以上増

    中国北京市商務局は18日、今年の春節(旧正月)連休における主要商業企業100社(百貨店やスーパーマーケット、専門店、飲食店、eコマースなど)の売上高が前年同期比43・1%増、2019年同期比15・5%増の54億7千万元(1元=約16円)だったと発表した。うち実店舗は前年同期比59・5%増、19年比14・4%増だった。比較対象となった前年同期の数値が低かったことや、連休中も北京にとどまる消費者が倍増したことが要因となった。西単商場や北京首創奥特莱斯(キャピタル・アウトレット)、王府井百貨大楼などの売上高は前年同期から6倍以上となった。王府井や西単、三里屯などの主要商圏を訪れた人は、前年同期比約90%増加した。(記者/吉寧、馬暁冬) =配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:23.98
    2021年02月21日
    「新華社」【パンダフル】何をしようかな?

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で暮らすジャイアントパンダは竹を食べたり、寝たりして、うらやましがられる生活を送っているが、何をすればいいのか悩むこともある。でも、悩んだ後はやっぱりぐっすり寝てしまう。(記者/パンダフル蕭永航、胥氷潔) =配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:08.68
    2021年02月21日
    「新華社」黄河の解氷、重要な段階に内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県バヤンゴル(巴彦高勒)鎮で21日、黄河の解氷が三盛公基幹水利施設まで到達した。このごろ、黄河の解氷は重要な段階に入った。中国水利部黄河水利委員会防御局の関係責任者によると、同自治区内では気温上昇の影響で黄河の解氷が進んでいる。バヤンゴル地域では1970年~2015年の平均(3月13日)と比べ約20日早く、過去10年の平均(3月6日)と比べても約13日早かった。解氷の勢いは現在おおむね安定している。同委員会は解氷の進展を注視し、上流の水が下流の氷塊にせき止められて起きる突発的な増水や緊急事態、災害に対応できるよう準備を整えて黄河の安全確保に努めている。(記者/李雲平)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.61
    2021年02月21日
    「新華社」ハニ棚田で田植えの準備雲南省紅河県

    早春を迎え、中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州紅河県三村郷南哈上寨、中寨などのハニ族の村では棚田に水が引かれ、農民らが田植えの準備作業に精を出している。(記者/陳欣波) =配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.81
    2021年02月21日
    「新華社」麗江のうららかな春景色雲南省

    中国雲南省麗江市では春節(旧正月)期間中、うららかな春の陽気に誘われ、さまざまな花が咲いた。例年と比べ観光客は少ないが、散策を楽しむ人の姿もあった。(記者/孫敏) =配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.20
    2021年02月21日
    「新華社」まるで雪景色、一面に咲き誇るカラミザクラ重慶市

    中国重慶市巫溪(ふけい)県城廂鎮漁渡村ではカラミザクラの開花が進み、100ムー(約6・67ヘクタール)余りにわたり田園風景を雪のように白く染めている。同市内では春節(旧正月)を迎えて以来、好天が続いている。(記者/黄偉) =配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.12
    2021年02月21日
    「新華社」シノバック製コロナワクチン、メキシコに到着

    キシコのメキシコシティ国際空港で20日午前、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンを積んだ航空機の第1便が到着した。(記者/呉昊、康文軍) =配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:10.30
    2021年02月20日
    Spring Tea

    Spring tea is picked at the early tea base in Yichang City, Hubei Province, China, which is located in the Three Gorges Project reservoir area, Feb 19, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:10.07
    2021年02月20日
    Spring Tea

    Spring tea is picked at the early tea base in Yichang City, Hubei Province, China, which is located in the Three Gorges Project reservoir area, Feb 19, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:10.39
    2021年02月20日
    Spring Tea

    Spring tea is picked at the early tea base in Yichang City, Hubei Province, China, which is located in the Three Gorges Project reservoir area, Feb 19, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:11.99
    2021年02月20日
    Spring Tea

    Spring tea is picked at the early tea base in Yichang City, Hubei Province, China, which is located in the Three Gorges Project reservoir area, Feb 19, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:07.55
    2021年02月20日
    Spring Tea

    Spring tea is picked at the early tea base in Yichang City, Hubei Province, China, which is located in the Three Gorges Project reservoir area, Feb 19, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:13.32
    2021年02月20日
    Spring Tea

    Spring tea is picked at the early tea base in Yichang City, Hubei Province, China, which is located in the Three Gorges Project reservoir area, Feb 19, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:09.62
    2021年02月20日
    Spring Tea

    Spring tea is picked at the early tea base in Yichang City, Hubei Province, China, which is located in the Three Gorges Project reservoir area, Feb 19, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:47.40
    2021年02月20日
    「新華社」【パンダフル】眠れない時はどうすればいい?

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で、お昼寝タイムを過ごす2頭のパンダ。ぐっすりと眠っている1頭のそばで、もう1頭がなかなか寝付けない様子。木の上でもぞもぞと動き回ったかと思えば、こっそりと逃げ出しそうなそぶりも見せた。(記者/パンダフル蕭永航) =配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.56
    2021年02月20日
    「新華社」シノバック製コロナワクチン、香港に第1便到着

    中国香港特別行政区政府が18日に緊急使用を承認した中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの第1便となる100万回分が19日午後、香港に到着した。特区政府公務員事務局の聶徳権(パトリック・ニップ)局長、食品・衛生局の陳肇始(ソフィア・チャン)局長ら特区政府関係者や中国中央人民政府駐香港特別行政区連絡弁公室(中連弁)の仇鴻(きゅう・こう)副主任らが空港で出迎えた。26日から接種を始める。特区政府は香港の全市民が接種できる2250万回分のワクチンを確保しており、今回に続き、中国の製薬大手、上海復星医薬とドイツのバイオ企業ビオンテックが共同開発したワクチン100万回分が2月末までに到着する予定となっている。陳局長は18日、シノバック製ワクチンの香港での緊急使用を関連規定に基づき承認したと表明。林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は同日、中国内地で開発・生産されたワクチンを接種する予定だと会員制交流サイト(SNS)で明らかにしている。 =配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.28
    2021年02月20日
    「新華社」古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(記者/高晗) =配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:23.27
    2021年02月19日
    Panda Life

    A panda eats and plays in the big panda house of Beijing Zoo in early spring, Beijing, China, Feb. 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:10.15
    2021年02月19日
    Panda Life

    A panda eats and plays in the big panda house of Beijing Zoo in early spring, Beijing, China, Feb. 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:03.05
    2021年02月19日
    Panda Life

    A panda eats and plays in the big panda house of Beijing Zoo in early spring, Beijing, China, Feb. 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:14.76
    2021年02月19日
    Panda Life

    A panda eats and plays in the big panda house of Beijing Zoo in early spring, Beijing, China, Feb. 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:14.36
    2021年02月19日
    Panda Life

    A panda eats and plays in the big panda house of Beijing Zoo in early spring, Beijing, China, Feb. 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:14.26
    2021年02月19日
    Panda Life

    A panda eats and plays in the big panda house of Beijing Zoo in early spring, Beijing, China, Feb. 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:16.96
    2021年02月19日
    Panda Life

    A panda eats and plays in the big panda house of Beijing Zoo in early spring, Beijing, China, Feb. 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:12.55
    2021年02月19日
    Panda Life

    A panda eats and plays in the big panda house of Beijing Zoo in early spring, Beijing, China, Feb. 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:10.89
    2021年02月19日
    2021 Spring Festival Travel Rush

    A large number of tourists take advantage of the spring holiday to visit the old Chenghuang Temple Yuyuan Garden business district in Shanghai, China, Feb 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...