KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 歴史
  • インド
  • 三蔵法師
  • 令和
  • 入滅
  • 六祖壇経
  • 再興
  • 史書
  • 境内
  • 弘忍

「中宗」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
21
( 1 21 件を表示)
  • 1
21
( 1 21 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Great Wisdom Sutra from the Chusonji Temple Sutra Collection (Chusonjikyo), ????(????), Heian period (7941185), ca.
    -
    Great Wisdom Sutra from the Chusonji Temple Sutra Collection (Chusonjikyo), ????(????), Heian period (7941185), ca.

    Great Wisdom Sutra from the Chusonji Temple Sutra Collection (Chusonjikyo), ????(????), Heian period (7941185), ca. 1175, Japan, Handscroll; gold and silver on indigo-dyed paper, 10 x 7 1/8 in. (25.4 x 18.1 cm), Paintings, The frontispiece of this sutra chapter illustrates the Buddhas first sermon, at the Deer Park near Sarnarth in India. The Buddha and the two bodhisattvas who flank him are seated on lotus platforms. Behind the bodhisattvas sit the five ascetics, dressed in simple robes, who became the Buddhas disciples.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022061801660

  • (たなか・むねたか) 田中宗孝
    1991年02月07日
    (たなか・むねたか) 田中宗孝

    自治省選挙担当審議官、1990(平成2)年11月9日撮影

    商品コード: 1999081000124

  • 2004年09月03日

    「カラー」【】 ◎田中宗孝 たなか・むねたか、日大法学部教授、2004年9月3日撮影、顔、千代田区三崎町の法学部本館

    商品コード: 2004090300105

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年12月03日
    全焼した荒木さん宅 埼玉県志木市で民家全焼

    火災で全焼し、妻と次女が行方不明となっている荒木輝之さん宅=3日午前9時、埼玉県志木市中宗岡

    商品コード: 2008120300025

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年12月03日
    民家を調べる捜査員 埼玉県志木市で民家全焼

    火災で全焼し、妻と次女が行方不明になった荒木輝之さん宅を調べる捜査員ら=3日午前9時39分、埼玉県志木市中宗岡で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2008120300031

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年12月03日
    全焼した民家 埼玉県志木市で民家全焼

    火災で全焼し、2人の遺体が見つかった荒木輝之さん宅=3日午前9時38分、埼玉県志木市中宗岡で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2008120300033

  •  Nepal
    2013年04月04日
    Nepal

    April 4, 2013, Bagmati Province, Nepal: A ceramic bust of Buddha. Interior decor at the Chhahari Retreat, a boutique lodge in Kathmandu, Nepal. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122311693

  •  「新華社」唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区
    02:38.36
    2019年12月24日
    「新華社」唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施された。太平公主は則天武后の寵愛を受け政治を補佐し、武后の死後は中宗と睿宗の復位、玄宗の擁立に関与するなど朝廷で権勢を振るった。後に玄宗と対立し、宮中で兵変を図るも機先を制され、その後死を賜った。薛紹は681年、太平公主が16歳(推定)の時に駙馬(皇女の夫)となったが、688年に皇族の反乱への関与を疑われ下獄され、翌年獄死した。17年後の706年に中宗皇帝により名誉を回復され、礼を以て改葬された。墓は空港新城底張街道岩村で見つかった。長安城遺跡から23キロ離れており、西北7・3キロには則天武后に仕えた才女・上官婉児(じょうかん・えんじ)の墓がある。同研究院の李明(り・みん)研究員によると、墓の全長は34・68メートルで深さは11・11メートル。封土と傾斜墓道、四つの天井(墓道と地上をつなぐ竪穴)と過道、六つの壁龕(へきがん、壁に掘られたくぼみ)、前後の甬道(ようどう、墓室をつなぐ通路)と墓室からなる。過去に2度盗掘に遭っているが、彩色陶俑を中心に120数点の遺物が出土した。墓室からは墓誌も見つかり、墓の主の家系や官職、死因などが記されていた。李氏は、今回の発見により新旧唐書に記載のない薛紹に関する事跡が明らかになったと指摘。墓誌や墓葬形式の研究を通じ、唐代の則天武后から玄宗初期にいたる政治文化の深層を概括することができると述べた。(記者/梁愛平)<映像内容>大型唐代墓葬の発掘調査、太平公主の夫の墓を発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401722

  •  (3)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月07日
    (3)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺の山門殿。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705974

  •  (11)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月07日
    (11)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    境内に植えられた古い菩提樹の葉。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705976

  •  (4)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月07日
    (4)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    「大鑑禅寺」と書かれた扁額。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705947

  •  (9)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月07日
    (9)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    六祖・慧能大師が説法を行ったとされる場所に植えられている2本の古い菩提樹。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705948

  •  (5)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月07日
    (5)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺付近の様子。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705961

  •  (12)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月07日
    (12)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    陽の光に照らされて輝く古い菩提樹。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705963

  •  (7)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月07日
    (7)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大雄宝殿の後ろにある拝庭と古い菩提樹。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705808

  •  (6)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月07日
    (6)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺の大雄宝殿。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705984

  •  (1)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月07日
    (1)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    「菜根香」と書かれた扁額。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705987

  •  (10)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月07日
    (10)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    古い菩提樹と大雄宝殿。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060706023

  •  (8)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月07日
    (8)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大雄宝殿の内部に置かれている香案(こうあん、香炉をのせる机)。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705962

  •  (2)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月07日
    (2)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺付近を流れる湞江(ていこう)。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705970

  •  (13)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月07日
    (13)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺天王殿の内部の様子。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705986

  • 1