KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中日文化
  • 文化交流
  • 国際交流
  • 日中交流
  • 日中文化
  • 中国福建省
  • 中日両国
  • 中国浙江省
  • 浙江省杭州市
  • 南宋時代

「中日文化交流」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
185
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
185
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:45.59
    2021年02月05日
    「新華社」福建省寄贈の「世界平和の鐘」、長崎県興福寺に到着

    中国福建省が友好県の長崎県に寄贈した梵鐘「世界平和の鐘」が2日、長崎市の興福寺へ運ばれた。梵鐘は隠元禅師東渡366周年と興福寺開創400周年を記念して鋳造されたもので、昨年11月12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、39年前に友好省県関係を結び、近年黄檗文化交流が盛んに行われた。福建省福清出身の明の臨済宗の高僧、隠元禅師は明末に長崎の興福寺逸然住持や唐人らの招請により日本に渡り、長崎の興福寺や崇福寺の住持をつとめ、その後、京都の宇治で萬福寺を開創し、日本仏教の一派、臨済宗黄檗派の開祖となった。隠元禅師と文化人らが日本に伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、印刷、煎茶道、音楽などは日本で黄檗文化と呼ばれ、中日文化交流の重要なきずなとなった。(興福寺提供、記者/魏培全) =配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (3)広州市で中日文化交流イベント繁華街に日本の古都の街並み

    23日、広州市天河区の天河路商圏に再現された日本の街並みで買い物を楽しむ人々。中国広東省広州市の繁華街、天河路商圏で23日、中日文化芸術フェアが開幕した。会場には平城京や唐招提寺、鳥居など日本の要素が盛り込まれたほか、古都京都、奈良の街並みが再現され、多くの市民や観光客が訪れている。同フェアは、同市政府が主催し同市商務局、天河区政府が運営する「広州国際ショッピングフェア」の一環。着物のファッション展示会や和太鼓演奏会、相撲大会などが開かれる。同市に住む日本人の文化専門家や中国国内の専門家らを招いた現代生活に関する座談会や中日文化芸術交流会、中日美食文化対話会なども開催され、両国の文化交流と相互学習を後押しする。(広州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (4)広州市で中日文化交流イベント繁華街に日本の古都の街並み

    23日、中日文化芸術フェアで開かれた着物のファッション展示。中国広東省広州市の繁華街、天河路商圏で23日、中日文化芸術フェアが開幕した。会場には平城京や唐招提寺、鳥居など日本の要素が盛り込まれたほか、古都京都、奈良の街並みが再現され、多くの市民や観光客が訪れている。同フェアは、同市政府が主催し同市商務局、天河区政府が運営する「広州国際ショッピングフェア」の一環。着物のファッション展示会や和太鼓演奏会、相撲大会などが開かれる。同市に住む日本人の文化専門家や中国国内の専門家らを招いた現代生活に関する座談会や中日文化芸術交流会、中日美食文化対話会なども開催され、両国の文化交流と相互学習を後押しする。(広州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (5)広州市で中日文化交流イベント繁華街に日本の古都の街並み

    23日、広州市天河区の天河路商圏に再現された日本の街並み。中国広東省広州市の繁華街、天河路商圏で23日、中日文化芸術フェアが開幕した。会場には平城京や唐招提寺、鳥居など日本の要素が盛り込まれたほか、古都京都、奈良の街並みが再現され、多くの市民や観光客が訪れている。同フェアは、同市政府が主催し同市商務局、天河区政府が運営する「広州国際ショッピングフェア」の一環。着物のファッション展示会や和太鼓演奏会、相撲大会などが開かれる。同市に住む日本人の文化専門家や中国国内の専門家らを招いた現代生活に関する座談会や中日文化芸術交流会、中日美食文化対話会なども開催され、両国の文化交流と相互学習を後押しする。(広州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (2)広州市で中日文化交流イベント繁華街に日本の古都の街並み

    23日、広州市天河区の天河路商圏に再現された「日本の古都」で着物を着て歩く観光客。中国広東省広州市の繁華街、天河路商圏で23日、中日文化芸術フェアが開幕した。会場には平城京や唐招提寺、鳥居など日本の要素が盛り込まれたほか、古都京都、奈良の街並みが再現され、多くの市民や観光客が訪れている。同フェアは、同市政府が主催し同市商務局、天河区政府が運営する「広州国際ショッピングフェア」の一環。着物のファッション展示会や和太鼓演奏会、相撲大会などが開かれる。同市に住む日本人の文化専門家や中国国内の専門家らを招いた現代生活に関する座談会や中日文化芸術交流会、中日美食文化対話会なども開催され、両国の文化交流と相互学習を後押しする。(広州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (1)広州市で中日文化交流イベント繁華街に日本の古都の街並み

    23日、広州市天河区の天河路商圏に施された日本風の飾りつけ。中国広東省広州市の繁華街、天河路商圏で23日、中日文化芸術フェアが開幕した。会場には平城京や唐招提寺、鳥居など日本の要素が盛り込まれたほか、古都京都、奈良の街並みが再現され、多くの市民や観光客が訪れている。同フェアは、同市政府が主催し同市商務局、天河区政府が運営する「広州国際ショッピングフェア」の一環。着物のファッション展示会や和太鼓演奏会、相撲大会などが開かれる。同市に住む日本人の文化専門家や中国国内の専門家らを招いた現代生活に関する座談会や中日文化芸術交流会、中日美食文化対話会なども開催され、両国の文化交流と相互学習を後押しする。(広州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式

    12日、隠元禅師東渡366周年と長崎県興福寺開創400周年を記念して鋳造された梵鐘の出発式会場の様子。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式

    12日、「世界平和の鐘」の出発式で、読経し、梵鐘を浄める儀式を行う黄檗山万福寺の僧侶ら。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式

    12日、福建省福清市で行われた「世界平和の鐘」の出発式であいさつする黄檗山万福寺の再建に尽力した大檀越(だいだんおつ)、曹徳旺(そう・とくおう)氏。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式

    12日、福建省福清市で行われた「世界平和の鐘」の出発式の様子。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式

    12日、「世界平和の鐘」の出発式で、読経し、梵鐘を浄める儀式を行う黄檗山万福寺の僧侶ら。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式

    12日、隠元禅師東渡366周年と長崎県興福寺開創400周年を記念して鋳造された梵鐘の出発式会場の様子。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式

    12日、「世界平和の鐘」の出発式であいさつする同省の各界の代表。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式

    12日、「世界平和の鐘」の出発式であいさつする福清市黄檗山万福寺の定明(ていめい)住職。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式

    12日、「世界平和の鐘」の出発式であいさつする福建省仏教協会の向願(しょうがん)副会長。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式

    12日、福建省から長崎県に寄贈される「世界平和の鐘」の出発式の様子。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式

    12日、隠元禅師東渡366周年と長崎県興福寺開創400周年を記念して鋳造された梵鐘の出発式会場で、記念撮影する来賓ら。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.04
    2020年08月07日
    「新華社」銭瘦鉄・橋本関雪交流回顧展、杭州市で開催浙江省

    中国浙江省杭州市の西湖畔にある浙江美術館で現在、「銭瘦鉄(せん・そうてつ)・橋本関雪交流回顧展」が開催されている。会期は今月1~30日の1カ月間。中国の書画・篆刻の大家、銭瘦鉄氏と日本の関西画壇の泰斗、橋本関雪氏は生前、深い友情で結ばれていた。同展は中日文化交流史に残るこの美談を記念して企画された。橋本氏は1913年以降、30回余り訪中し「中国に生まれたかった」と感嘆していた。銭氏とは1922年に面識を得て友情を結び、日本へ招くなどして交流。銭氏は京都市内で橋本氏の自邸「白沙村荘」に長期滞在して制作に取り組んだこともある。展覧会では2人の作品150点余りと文献を展示している。両氏が共同制作した絵画や、橋本氏が杭州を描いた写生作品も多数含まれている。(記者/馮源)<映像内容>「銭瘦鉄・橋本関雪交流回顧展」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    「2020上海・日本映画週間」開幕、中日文化交流を後押し

    26日、第23回上海国際映画祭「2020上海・日本映画週間」の開幕式の様子。第23回上海国際映画祭の正式イベント「2020上海・日本映画週間」が26日午後、中国上海市長寧区の天山映画館で開幕した。1週間の会期中に「〝隠れビッチ〞やってました。」「mellow」「ぐらんぶる」など最新の日本映画を集中的に上映し、中国の観客に日本社会の現状を紹介する。今年は中日文化・スポーツ交流推進年で、上海国際映画祭の日本映画週間15周年にも当たる。映画週間は開始以来、一貫して中日文化交流に積極的な役割を果たし、両国間の文化交流を後押ししてきた。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    「2020上海・日本映画週間」開幕、中日文化交流を後押し

    26日、開会式であいさつをする在上海総領事館の福田高幹副総領事。第23回上海国際映画祭の正式イベント「2020上海・日本映画週間」が26日午後、中国上海市長寧区の天山映画館で開幕した。1週間の会期中に「〝隠れビッチ〞やってました。」「mellow」「ぐらんぶる」など最新の日本映画を集中的に上映し、中国の観客に日本社会の現状を紹介する。今年は中日文化・スポーツ交流推進年で、上海国際映画祭の日本映画週間15周年にも当たる。映画週間は開始以来、一貫して中日文化交流に積極的な役割を果たし、両国間の文化交流を後押ししてきた。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    「2020上海・日本映画週間」開幕、中日文化交流を後押し

    26日、開幕式で演奏を披露する沖縄三線奏者のKeisukeさん。第23回上海国際映画祭の正式イベント「2020上海・日本映画週間」が26日午後、中国上海市長寧区の天山映画館で開幕した。1週間の会期中に「〝隠れビッチ〞やってました。」「mellow」「ぐらんぶる」など最新の日本映画を集中的に上映し、中国の観客に日本社会の現状を紹介する。今年は中日文化・スポーツ交流推進年で、上海国際映画祭の日本映画週間15周年にも当たる。映画週間は開始以来、一貫して中日文化交流に積極的な役割を果たし、両国間の文化交流を後押ししてきた。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    「2020上海・日本映画週間」開幕、中日文化交流を後押し

    26日、第23回上海国際映画祭の正式イベント「2020上海・日本映画週間」開幕式の様子。第23回上海国際映画祭の正式イベント「2020上海・日本映画週間」が26日午後、中国上海市長寧区の天山映画館で開幕した。1週間の会期中に「〝隠れビッチ〞やってました。」「mellow」「ぐらんぶる」など最新の日本映画を集中的に上映し、中国の観客に日本社会の現状を紹介する。今年は中日文化・スポーツ交流推進年で、上海国際映画祭の日本映画週間15周年にも当たる。映画週間は開始以来、一貫して中日文化交流に積極的な役割を果たし、両国間の文化交流を後押ししてきた。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    「2020上海・日本映画週間」開幕、中日文化交流を後押し

    26日、開幕式の入り口に設置された健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)をスキャンして個人情報を登録する開幕式出席のゲストと観客。第23回上海国際映画祭の正式イベント「2020上海・日本映画週間」が26日午後、中国上海市長寧区の天山映画館で開幕した。1週間の会期中に「〝隠れビッチ〞やってました。」「mellow」「ぐらんぶる」など最新の日本映画を集中的に上映し、中国の観客に日本社会の現状を紹介する。今年は中日文化・スポーツ交流推進年で、上海国際映画祭の日本映画週間15周年にも当たる。映画週間は開始以来、一貫して中日文化交流に積極的な役割を果たし、両国間の文化交流を後押ししてきた。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    「2020上海・日本映画週間」開幕、中日文化交流を後押し

    26日、第23回上海国際映画祭の正式イベント「2020上海・日本映画週間」の開幕式の様子。第23回上海国際映画祭の正式イベント「2020上海・日本映画週間」が26日午後、中国上海市長寧区の天山映画館で開幕した。1週間の会期中に「〝隠れビッチ〞やってました。」「mellow」「ぐらんぶる」など最新の日本映画を集中的に上映し、中国の観客に日本社会の現状を紹介する。今年は中日文化・スポーツ交流推進年で、上海国際映画祭の日本映画週間15周年にも当たる。映画週間は開始以来、一貫して中日文化交流に積極的な役割を果たし、両国間の文化交流を後押ししてきた。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    「2020上海・日本映画週間」開幕、中日文化交流を後押し

    26日、開幕式で演奏を披露する中日両国のミュージシャン。第23回上海国際映画祭の正式イベント「2020上海・日本映画週間」が26日午後、中国上海市長寧区の天山映画館で開幕した。1週間の会期中に「〝隠れビッチ〞やってました。」「mellow」「ぐらんぶる」など最新の日本映画を集中的に上映し、中国の観客に日本社会の現状を紹介する。今年は中日文化・スポーツ交流推進年で、上海国際映画祭の日本映画週間15周年にも当たる。映画週間は開始以来、一貫して中日文化交流に積極的な役割を果たし、両国間の文化交流を後押ししてきた。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    「2020上海・日本映画週間」開幕、中日文化交流を後押し

    26日、開幕式に出席したゲストによる記念撮影。第23回上海国際映画祭の正式イベント「2020上海・日本映画週間」が26日午後、中国上海市長寧区の天山映画館で開幕した。1週間の会期中に「〝隠れビッチ〞やってました。」「mellow」「ぐらんぶる」など最新の日本映画を集中的に上映し、中国の観客に日本社会の現状を紹介する。今年は中日文化・スポーツ交流推進年で、上海国際映画祭の日本映画週間15周年にも当たる。映画週間は開始以来、一貫して中日文化交流に積極的な役割を果たし、両国間の文化交流を後押ししてきた。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:48.55
    2020年07月03日
    「新華社」成都博物館で伊万里焼展開幕中国と日本の逸品を展示

    中国四川省の成都博物館で3日、「妍(けん)を競う-清代中日『伊万里』特別展」が開幕した。中日の審美性を融合させた伊万里焼は、海のシルクロードにおける東洋と西洋の技術と文化の交流と融合を見届けてきた。同展の展示品は全て広東省の東莞(とうかん)展覧館の所蔵品で、計168点(組)のうち14点(組)が日本製、154点(組)が中国製となっている。同展では中日会館(四川省中日青年友好交流センター)などの機関と共同で、「中日文化交流」や「工芸美術の革新と伝承」などのテーマをめぐって、一連のイベントを展開する。伊万里焼は17~18世紀に中国江西省の景徳鎮磁器の影響を受け日本で生まれた磁器で、その名は佐賀県の伊万里港から輸出されたことに由来する。明末清初に中国で海禁政策が実施され磁器の輸出が停滞すると、オランダ東インド会社は磁器の注文先を日本に切り替えた。大きなチャンスを掴んだ日本では、これを機に本格的な磁器の輸出時代の幕が開けた。伊万里焼は、色や構図、題材などで欧州市場のニーズを積極的に取り入れる一方、自国文化の特色と民族的特質を兼ね備えることで、上品さと華やかさの絶妙なバランスを確立し、欧州各国の人気を得た。中国で1684年に海禁が解除されると、景徳鎮は欧州市場を取り戻すため、日本の伊万里様式を参考にした磁器の製造を始めた。(記者/童芳)<映像内容>「妍を競う-清代中日『伊万里』特別展」が開幕、撮影日:2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、茶の表面にできた泡に文字を書く茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺の曲橋。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺の山門。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、杭州市余杭区径山鎮に広がる茶畑。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶を入れる際に必要な道具を紹介する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、自身の茶園を紹介する周方林(しゅう・ほうりん)さん。周さんは省級無形文化遺産に指定されている径山茶の釜炒り技術の伝承者。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山寺で写真を撮る観光客。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:11.75
    2020年06月23日
    「新華社」800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。径山寺の定賢(ていけん)法師によると、同寺は中日の仏教および文化交流の歴史において重要な地位を占めており、日本の仏教宗派の一つ臨済宗は、同寺を祖庭としている。また、多くの学者や関係者が日本の茶道の起源は「径山茶宴」にあると考えている。定賢法師は「日本の僧侶や観光客が毎年、径山寺を訪れ、仏法や茶道などについて交流している。径山寺と径山茶は中日友好交流の長い歴史の証人となっている」と語った。(記者/商意盈、許舜達、翁忻暘)<映像内容>点茶と呼ばれるお茶の作法、杭州市の街並みなど風景、撮影日:2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    竜泉青磁の逸品「馬蝗絆」を再現した若手陶芸家

    17日、杭州市の自宅で自身が再現した南宋青磁「馬蝗絆(ばこうはん)」を手にする劉傑さん。中国浙江省竜泉市の若手陶芸家、劉傑(りゅう・けつ)さんは、12~13世紀の南宋時代に日本へ伝わった竜泉窯青磁茶碗の名品「馬蝗絆(ばこうはん)」の再現に昨年から没頭している。日本で重要文化材に指定される同茶碗は昨年、北京市の北京故宮博物院と浙江省杭州市の浙江省博物館で開かれた竜泉青磁の特別展に出展されており、劉さんも両市に足を運び、現物を間近で観察した。劉さんはその後、専門家に幅広く教えを請いながら器形と釉色の研究を重ね、地元で取れる鉄分を多く含んだ「紫金土」で鎹(かすがい、ひび割れ箇所を固定する金具)部分を再現することで、馬蝗絆の持つ風格を現代によみがえらせた。劉氏は「馬蝗絆は中日文化交流の証。その優美さを再現し、昔の匠の心を理解したい」と語った。馬蝗絆には、明代(日本の室町時代)にひび割れが生じ、新品と交換するために中国へ送られたが、これほどの名品に代わるものはないとする職人が鎹6個で固定して送り返したという逸話がある。現在は東京国立博物館に収蔵されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    竜泉青磁の逸品「馬蝗絆」を再現した若手陶芸家

    17日、劉傑さんが再現した馬蝗絆。中国浙江省竜泉市の若手陶芸家、劉傑(りゅう・けつ)さんは、12~13世紀の南宋時代に日本へ伝わった竜泉窯青磁茶碗の名品「馬蝗絆(ばこうはん)」の再現に昨年から没頭している。日本で重要文化材に指定される同茶碗は昨年、北京市の北京故宮博物院と浙江省杭州市の浙江省博物館で開かれた竜泉青磁の特別展に出展されており、劉さんも両市に足を運び、現物を間近で観察した。劉さんはその後、専門家に幅広く教えを請いながら器形と釉色の研究を重ね、地元で取れる鉄分を多く含んだ「紫金土」で鎹(かすがい、ひび割れ箇所を固定する金具)部分を再現することで、馬蝗絆の持つ風格を現代によみがえらせた。劉氏は「馬蝗絆は中日文化交流の証。その優美さを再現し、昔の匠の心を理解したい」と語った。馬蝗絆には、明代(日本の室町時代)にひび割れが生じ、新品と交換するために中国へ送られたが、これほどの名品に代わるものはないとする職人が鎹6個で固定して送り返したという逸話がある。現在は東京国立博物館に収蔵されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    竜泉青磁の逸品「馬蝗絆」を再現した若手陶芸家

    17日、劉傑さんが再現した馬蝗絆。中国浙江省竜泉市の若手陶芸家、劉傑(りゅう・けつ)さんは、12~13世紀の南宋時代に日本へ伝わった竜泉窯青磁茶碗の名品「馬蝗絆(ばこうはん)」の再現に昨年から没頭している。日本で重要文化材に指定される同茶碗は昨年、北京市の北京故宮博物院と浙江省杭州市の浙江省博物館で開かれた竜泉青磁の特別展に出展されており、劉さんも両市に足を運び、現物を間近で観察した。劉さんはその後、専門家に幅広く教えを請いながら器形と釉色の研究を重ね、地元で取れる鉄分を多く含んだ「紫金土」で鎹(かすがい、ひび割れ箇所を固定する金具)部分を再現することで、馬蝗絆の持つ風格を現代によみがえらせた。劉氏は「馬蝗絆は中日文化交流の証。その優美さを再現し、昔の匠の心を理解したい」と語った。馬蝗絆には、明代(日本の室町時代)にひび割れが生じ、新品と交換するために中国へ送られたが、これほどの名品に代わるものはないとする職人が鎹6個で固定して送り返したという逸話がある。現在は東京国立博物館に収蔵されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    竜泉青磁の逸品「馬蝗絆」を再現した若手陶芸家

    15日、劉傑さん(中央)の作品の感想を語る浙江省博物館陶磁部の沈瓊華(しん・けいか)主任(右)。中国浙江省竜泉市の若手陶芸家、劉傑(りゅう・けつ)さんは、12~13世紀の南宋時代に日本へ伝わった竜泉窯青磁茶碗の名品「馬蝗絆(ばこうはん)」の再現に昨年から没頭している。日本で重要文化材に指定される同茶碗は昨年、北京市の北京故宮博物院と浙江省杭州市の浙江省博物館で開かれた竜泉青磁の特別展に出展されており、劉さんも両市に足を運び、現物を間近で観察した。劉さんはその後、専門家に幅広く教えを請いながら器形と釉色の研究を重ね、地元で取れる鉄分を多く含んだ「紫金土」で鎹(かすがい、ひび割れ箇所を固定する金具)部分を再現することで、馬蝗絆の持つ風格を現代によみがえらせた。劉氏は「馬蝗絆は中日文化交流の証。その優美さを再現し、昔の匠の心を理解したい」と語った。馬蝗絆には、明代(日本の室町時代)にひび割れが生じ、新品と交換するために中国へ送られたが、これほどの名品に代わるものはないとする職人が鎹6個で固定して送り返したという逸話がある。現在は東京国立博物館に収蔵されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    竜泉青磁の逸品「馬蝗絆」を再現した若手陶芸家

    15日、浙江省博物館で同館陶磁部の沈瓊華(しん・けいか)主任(右)に自身が再現した馬蝗絆を見せる劉傑さん(左)。中国浙江省竜泉市の若手陶芸家、劉傑(りゅう・けつ)さんは、12~13世紀の南宋時代に日本へ伝わった竜泉窯青磁茶碗の名品「馬蝗絆(ばこうはん)」の再現に昨年から没頭している。日本で重要文化材に指定される同茶碗は昨年、北京市の北京故宮博物院と浙江省杭州市の浙江省博物館で開かれた竜泉青磁の特別展に出展されており、劉さんも両市に足を運び、現物を間近で観察した。劉さんはその後、専門家に幅広く教えを請いながら器形と釉色の研究を重ね、地元で取れる鉄分を多く含んだ「紫金土」で鎹(かすがい、ひび割れ箇所を固定する金具)部分を再現することで、馬蝗絆の持つ風格を現代によみがえらせた。劉氏は「馬蝗絆は中日文化交流の証。その優美さを再現し、昔の匠の心を理解したい」と語った。馬蝗絆には、明代(日本の室町時代)にひび割れが生じ、新品と交換するために中国へ送られたが、これほどの名品に代わるものはないとする職人が鎹6個で固定して送り返したという逸話がある。現在は東京国立博物館に収蔵されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月07日
    竜泉青磁の逸品「馬蝗絆」を再現した若手陶芸家

    浙江省竜泉市のアトリエでろくろを回す劉傑さん。(5月7日撮影)中国浙江省竜泉市の若手陶芸家、劉傑(りゅう・けつ)さんは、12~13世紀の南宋時代に日本へ伝わった竜泉窯青磁茶碗の名品「馬蝗絆(ばこうはん)」の再現に昨年から没頭している。日本で重要文化材に指定される同茶碗は昨年、北京市の北京故宮博物院と浙江省杭州市の浙江省博物館で開かれた竜泉青磁の特別展に出展されており、劉さんも両市に足を運び、現物を間近で観察した。劉さんはその後、専門家に幅広く教えを請いながら器形と釉色の研究を重ね、地元で取れる鉄分を多く含んだ「紫金土」で鎹(かすがい、ひび割れ箇所を固定する金具)部分を再現することで、馬蝗絆の持つ風格を現代によみがえらせた。劉氏は「馬蝗絆は中日文化交流の証。その優美さを再現し、昔の匠の心を理解したい」と語った。馬蝗絆には、明代(日本の室町時代)にひび割れが生じ、新品と交換するために中国へ送られたが、これほどの名品に代わるものはないとする職人が鎹6個で固定して送り返したという逸話がある。現在は東京国立博物館に収蔵されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月07日
    竜泉青磁の逸品「馬蝗絆」を再現した若手陶芸家

    浙江省竜泉市のアトリエで、素地にたがねで馬蝗絆のひび割れを再現する劉傑さん。(5月7日撮影)中国浙江省竜泉市の若手陶芸家、劉傑(りゅう・けつ)さんは、12~13世紀の南宋時代に日本へ伝わった竜泉窯青磁茶碗の名品「馬蝗絆(ばこうはん)」の再現に昨年から没頭している。日本で重要文化材に指定される同茶碗は昨年、北京市の北京故宮博物院と浙江省杭州市の浙江省博物館で開かれた竜泉青磁の特別展に出展されており、劉さんも両市に足を運び、現物を間近で観察した。劉さんはその後、専門家に幅広く教えを請いながら器形と釉色の研究を重ね、地元で取れる鉄分を多く含んだ「紫金土」で鎹(かすがい、ひび割れ箇所を固定する金具)部分を再現することで、馬蝗絆の持つ風格を現代によみがえらせた。劉氏は「馬蝗絆は中日文化交流の証。その優美さを再現し、昔の匠の心を理解したい」と語った。馬蝗絆には、明代(日本の室町時代)にひび割れが生じ、新品と交換するために中国へ送られたが、これほどの名品に代わるものはないとする職人が鎹6個で固定して送り返したという逸話がある。現在は東京国立博物館に収蔵されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月07日
    竜泉青磁の逸品「馬蝗絆」を再現した若手陶芸家

    浙江省竜泉市にある劉傑さんのアトリエに並んだ5種類の馬蝗絆。風格を研究するために焼いた茶碗は500点を超える。(5月7日撮影)中国浙江省竜泉市の若手陶芸家、劉傑(りゅう・けつ)さんは、12~13世紀の南宋時代に日本へ伝わった竜泉窯青磁茶碗の名品「馬蝗絆(ばこうはん)」の再現に昨年から没頭している。日本で重要文化材に指定される同茶碗は昨年、北京市の北京故宮博物院と浙江省杭州市の浙江省博物館で開かれた竜泉青磁の特別展に出展されており、劉さんも両市に足を運び、現物を間近で観察した。劉さんはその後、専門家に幅広く教えを請いながら器形と釉色の研究を重ね、地元で取れる鉄分を多く含んだ「紫金土」で鎹(かすがい、ひび割れ箇所を固定する金具)部分を再現することで、馬蝗絆の持つ風格を現代によみがえらせた。劉氏は「馬蝗絆は中日文化交流の証。その優美さを再現し、昔の匠の心を理解したい」と語った。馬蝗絆には、明代(日本の室町時代)にひび割れが生じ、新品と交換するために中国へ送られたが、これほどの名品に代わるものはないとする職人が鎹6個で固定して送り返したという逸話がある。現在は東京国立博物館に収蔵されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月07日
    竜泉青磁の逸品「馬蝗絆」を再現した若手陶芸家

    浙江省麗水市竜泉市のアトリエで素地に葵口(花びらの形の装飾)を施す劉傑さん。(5月7日撮影)中国浙江省竜泉市の若手陶芸家、劉傑(りゅう・けつ)さんは、12~13世紀の南宋時代に日本へ伝わった竜泉窯青磁茶碗の名品「馬蝗絆(ばこうはん)」の再現に昨年から没頭している。日本で重要文化材に指定される同茶碗は昨年、北京市の北京故宮博物院と浙江省杭州市の浙江省博物館で開かれた竜泉青磁の特別展に出展されており、劉さんも両市に足を運び、現物を間近で観察した。劉さんはその後、専門家に幅広く教えを請いながら器形と釉色の研究を重ね、地元で取れる鉄分を多く含んだ「紫金土」で鎹(かすがい、ひび割れ箇所を固定する金具)部分を再現することで、馬蝗絆の持つ風格を現代によみがえらせた。劉氏は「馬蝗絆は中日文化交流の証。その優美さを再現し、昔の匠の心を理解したい」と語った。馬蝗絆には、明代(日本の室町時代)にひび割れが生じ、新品と交換するために中国へ送られたが、これほどの名品に代わるものはないとする職人が鎹6個で固定して送り返したという逸話がある。現在は東京国立博物館に収蔵されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月07日
    竜泉青磁の逸品「馬蝗絆」を再現した若手陶芸家

    浙江省麗水市竜泉市のアトリエで「紫金土」で鎹(かすがい)を作る劉傑さん。(5月7日撮影)中国浙江省竜泉市の若手陶芸家、劉傑(りゅう・けつ)さんは、12~13世紀の南宋時代に日本へ伝わった竜泉窯青磁茶碗の名品「馬蝗絆(ばこうはん)」の再現に昨年から没頭している。日本で重要文化材に指定される同茶碗は昨年、北京市の北京故宮博物院と浙江省杭州市の浙江省博物館で開かれた竜泉青磁の特別展に出展されており、劉さんも両市に足を運び、現物を間近で観察した。劉さんはその後、専門家に幅広く教えを請いながら器形と釉色の研究を重ね、地元で取れる鉄分を多く含んだ「紫金土」で鎹(かすがい、ひび割れ箇所を固定する金具)部分を再現することで、馬蝗絆の持つ風格を現代によみがえらせた。劉氏は「馬蝗絆は中日文化交流の証。その優美さを再現し、昔の匠の心を理解したい」と語った。馬蝗絆には、明代(日本の室町時代)にひび割れが生じ、新品と交換するために中国へ送られたが、これほどの名品に代わるものはないとする職人が鎹6個で固定して送り返したという逸話がある。現在は東京国立博物館に収蔵されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月07日
    竜泉青磁の逸品「馬蝗絆」を再現した若手陶芸家

    浙江省竜泉市のアトリエで再現した馬蝗絆の焼成データを記録する劉傑さん。(5月7日撮影)中国浙江省竜泉市の若手陶芸家、劉傑(りゅう・けつ)さんは、12~13世紀の南宋時代に日本へ伝わった竜泉窯青磁茶碗の名品「馬蝗絆(ばこうはん)」の再現に昨年から没頭している。日本で重要文化材に指定される同茶碗は昨年、北京市の北京故宮博物院と浙江省杭州市の浙江省博物館で開かれた竜泉青磁の特別展に出展されており、劉さんも両市に足を運び、現物を間近で観察した。劉さんはその後、専門家に幅広く教えを請いながら器形と釉色の研究を重ね、地元で取れる鉄分を多く含んだ「紫金土」で鎹(かすがい、ひび割れ箇所を固定する金具)部分を再現することで、馬蝗絆の持つ風格を現代によみがえらせた。劉氏は「馬蝗絆は中日文化交流の証。その優美さを再現し、昔の匠の心を理解したい」と語った。馬蝗絆には、明代(日本の室町時代)にひび割れが生じ、新品と交換するために中国へ送られたが、これほどの名品に代わるものはないとする職人が鎹6個で固定して送り返したという逸話がある。現在は東京国立博物館に収蔵されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月07日
    竜泉青磁の逸品「馬蝗絆」を再現した若手陶芸家

    浙江省竜泉市のアトリエで紫金土を用いて馬蝗絆の鎹を再現する劉傑氏。(5月7日撮影)中国浙江省竜泉市の若手陶芸家、劉傑(りゅう・けつ)さんは、12~13世紀の南宋時代に日本へ伝わった竜泉窯青磁茶碗の名品「馬蝗絆(ばこうはん)」の再現に昨年から没頭している。日本で重要文化材に指定される同茶碗は昨年、北京市の北京故宮博物院と浙江省杭州市の浙江省博物館で開かれた竜泉青磁の特別展に出展されており、劉さんも両市に足を運び、現物を間近で観察した。劉さんはその後、専門家に幅広く教えを請いながら器形と釉色の研究を重ね、地元で取れる鉄分を多く含んだ「紫金土」で鎹(かすがい、ひび割れ箇所を固定する金具)部分を再現することで、馬蝗絆の持つ風格を現代によみがえらせた。劉氏は「馬蝗絆は中日文化交流の証。その優美さを再現し、昔の匠の心を理解したい」と語った。馬蝗絆には、明代(日本の室町時代)にひび割れが生じ、新品と交換するために中国へ送られたが、これほどの名品に代わるものはないとする職人が鎹6個で固定して送り返したという逸話がある。現在は東京国立博物館に収蔵されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式

    福建省から友好県の長崎県に寄贈される梵鐘。(3月20日撮影)隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月24日
    「山川異域、風月同天」が結ぶ縁上海博物館の唐招提寺展が延長へ

    「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展」のポスター。(資料写真)中日文化交流協定締結40周年を記念して昨年12月16日に上海博物館で開幕した「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展(鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展)」では、鑑真の半生を描いた「東征伝絵巻」の巻二・巻五や日本の国宝「金亀舎利塔」など貴重な文化財が中国で初公開された。同展は、新型コロナウイルスによる肺炎の流行で上海博物館が1月24日に閉館したことを受け、2月16日までの会期を繰り上げ終了したが、その後の博物館と日本側の協議により3月20日までの延長が決まった。(上海=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月24日
    「山川異域、風月同天」が結ぶ縁上海博物館の唐招提寺展が延長へ

    「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展」の展示ホール。(資料写真)中日文化交流協定締結40周年を記念して昨年12月16日に上海博物館で開幕した「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展(鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展)」では、鑑真の半生を描いた「東征伝絵巻」の巻二・巻五や日本の国宝「金亀舎利塔」など貴重な文化財が中国で初公開された。同展は、新型コロナウイルスによる肺炎の流行で上海博物館が1月24日に閉館したことを受け、2月16日までの会期を繰り上げ終了したが、その後の博物館と日本側の協議により3月20日までの延長が決まった。(上海=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月14日
    花々が咲き誇る鑑真ゆかりの地、海南省三亜市をゆく

    海南省三亜市の南山文化観光区に咲き誇るキワタ。(2月14日撮影)中国最南端のリゾート地、海南省三亜市の南山文化観光区では、キワタが競うように咲き誇り、春の訪れを告げている。また、鳥やリスが蜜を求めて次々と集まり、訪れた観光客も春の花々を満喫している。同市の南山寺は、中日文化交流の名勝地でもある。唐の名僧、鑑真は1200余年前に戒律を伝えるため、日本への渡航を5度試みるも失敗。5度目の渡航で南山に流れ着き、同地に1年半滞在して大雲寺を建立し、仏教を広めた。その後、6度目の挑戦で、ついに日本へとたどり着いた。(三亜=新華社配信)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月14日
    花々が咲き誇る鑑真ゆかりの地、海南省三亜市をゆく

    海南省三亜市の南山文化観光区に咲き誇るキワタ。(2月14日撮影)中国最南端のリゾート地、海南省三亜市の南山文化観光区では、キワタが競うように咲き誇り、春の訪れを告げている。また、鳥やリスが蜜を求めて次々と集まり、訪れた観光客も春の花々を満喫している。同市の南山寺は、中日文化交流の名勝地でもある。唐の名僧、鑑真は1200余年前に戒律を伝えるため、日本への渡航を5度試みるも失敗。5度目の渡航で南山に流れ着き、同地に1年半滞在して大雲寺を建立し、仏教を広めた。その後、6度目の挑戦で、ついに日本へとたどり着いた。(三亜=新華社配信)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月14日
    花々が咲き誇る鑑真ゆかりの地、海南省三亜市をゆく

    海南省三亜市の南山文化観光区に咲き誇るキワタ。(2月14日撮影)中国最南端のリゾート地、海南省三亜市の南山文化観光区では、キワタが競うように咲き誇り、春の訪れを告げている。また、鳥やリスが蜜を求めて次々と集まり、訪れた観光客も春の花々を満喫している。同市の南山寺は、中日文化交流の名勝地でもある。唐の名僧、鑑真は1200余年前に戒律を伝えるため、日本への渡航を5度試みるも失敗。5度目の渡航で南山に流れ着き、同地に1年半滞在して大雲寺を建立し、仏教を広めた。その後、6度目の挑戦で、ついに日本へとたどり着いた。(三亜=新華社配信)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月14日
    花々が咲き誇る鑑真ゆかりの地、海南省三亜市をゆく

    海南省三亜市の南山風景区で、観光客がキワタの花びらを集めて作った「中国加油」(中国頑張れ)「武漢加油」(武漢頑張れ)の文字。(2月14日撮影)中国最南端のリゾート地、海南省三亜市の南山文化観光区では、キワタが競うように咲き誇り、春の訪れを告げている。また、鳥やリスが蜜を求めて次々と集まり、訪れた観光客も春の花々を満喫している。同市の南山寺は、中日文化交流の名勝地でもある。唐の名僧、鑑真は1200余年前に戒律を伝えるため、日本への渡航を5度試みるも失敗。5度目の渡航で南山に流れ着き、同地に1年半滞在して大雲寺を建立し、仏教を広めた。その後、6度目の挑戦で、ついに日本へとたどり着いた。(三亜=新華社配信)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月15日
    鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展、来場者に好評

    15日、上海博物館で東山魁夷の障壁画を鑑賞する来場者。冬休みに入り春節(旧正月)も近づき、中国の上海博物館は冬季の見学ピークを迎えている。開催中の「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展(日本語名:鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展)」は開期の半ばを過ぎても依然、注目度が高く人気があり、連日大勢の来場者が詰め掛けている。2019年12月17日から始まった同展は、日本の唐招提寺が所蔵する鑑真和上の一生や活動に関する貴重な文化財5点が中国で初公開されたほか、日本の著名な画家、東山魁夷が唐招提寺で鑑真和上坐像を安置する御影堂のために制作した障壁画68面を展示した。展示品の年代は8世紀から20世紀までの1200年にわたり、中日文化交流の歴史の証人となっている。東山魁夷の障壁画には中国の黄山、揚州、桂林などの風景を題材にした作品もある。画風に中国の水墨画の形式を取り入れ、さらに同氏が何度も中国へ取材に訪れた経験も加味されているため、中国の来場者の親近感や共感を呼び高い評価につながっている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月15日
    鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展、来場者に好評

    15日、上海博物館で唐招提寺の文化財を鑑賞する来場者。冬休みに入り春節(旧正月)も近づき、中国の上海博物館は冬季の見学ピークを迎えている。開催中の「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展(日本語名:鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展)」は開期の半ばを過ぎても依然、注目度が高く人気があり、連日大勢の来場者が詰め掛けている。2019年12月17日から始まった同展は、日本の唐招提寺が所蔵する鑑真和上の一生や活動に関する貴重な文化財5点が中国で初公開されたほか、日本の著名な画家、東山魁夷が唐招提寺で鑑真和上坐像を安置する御影堂のために制作した障壁画68面を展示した。展示品の年代は8世紀から20世紀までの1200年にわたり、中日文化交流の歴史の証人となっている。東山魁夷の障壁画には中国の黄山、揚州、桂林などの風景を題材にした作品もある。画風に中国の水墨画の形式を取り入れ、さらに同氏が何度も中国へ取材に訪れた経験も加味されているため、中国の来場者の親近感や共感を呼び高い評価につながっている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月15日
    鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展、来場者に好評

    15日、上海博物館で東山魁夷の障壁画を鑑賞する来場者。冬休みに入り春節(旧正月)も近づき、中国の上海博物館は冬季の見学ピークを迎えている。開催中の「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展(日本語名:鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展)」は開期の半ばを過ぎても依然、注目度が高く人気があり、連日大勢の来場者が詰め掛けている。2019年12月17日から始まった同展は、日本の唐招提寺が所蔵する鑑真和上の一生や活動に関する貴重な文化財5点が中国で初公開されたほか、日本の著名な画家、東山魁夷が唐招提寺で鑑真和上坐像を安置する御影堂のために制作した障壁画68面を展示した。展示品の年代は8世紀から20世紀までの1200年にわたり、中日文化交流の歴史の証人となっている。東山魁夷の障壁画には中国の黄山、揚州、桂林などの風景を題材にした作品もある。画風に中国の水墨画の形式を取り入れ、さらに同氏が何度も中国へ取材に訪れた経験も加味されているため、中国の来場者の親近感や共感を呼び高い評価につながっている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月15日
    鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展、来場者に好評

    15日、上海博物館で東山魁夷の障壁画を鑑賞する来場者。冬休みに入り春節(旧正月)も近づき、中国の上海博物館は冬季の見学ピークを迎えている。開催中の「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展(日本語名:鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展)」は開期の半ばを過ぎても依然、注目度が高く人気があり、連日大勢の来場者が詰め掛けている。2019年12月17日から始まった同展は、日本の唐招提寺が所蔵する鑑真和上の一生や活動に関する貴重な文化財5点が中国で初公開されたほか、日本の著名な画家、東山魁夷が唐招提寺で鑑真和上坐像を安置する御影堂のために制作した障壁画68面を展示した。展示品の年代は8世紀から20世紀までの1200年にわたり、中日文化交流の歴史の証人となっている。東山魁夷の障壁画には中国の黄山、揚州、桂林などの風景を題材にした作品もある。画風に中国の水墨画の形式を取り入れ、さらに同氏が何度も中国へ取材に訪れた経験も加味されているため、中国の来場者の親近感や共感を呼び高い評価につながっている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月15日
    鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展、来場者に好評

    15日、上海博物館の鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展の展示ホール入り口。冬休みに入り春節(旧正月)も近づき、中国の上海博物館は冬季の見学ピークを迎えている。開催中の「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展(日本語名:鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展)」は開期の半ばを過ぎても依然、注目度が高く人気があり、連日大勢の来場者が詰め掛けている。2019年12月17日から始まった同展は、日本の唐招提寺が所蔵する鑑真和上の一生や活動に関する貴重な文化財5点が中国で初公開されたほか、日本の著名な画家、東山魁夷が唐招提寺で鑑真和上坐像を安置する御影堂のために制作した障壁画68面を展示した。展示品の年代は8世紀から20世紀までの1200年にわたり、中日文化交流の歴史の証人となっている。東山魁夷の障壁画には中国の黄山、揚州、桂林などの風景を題材にした作品もある。画風に中国の水墨画の形式を取り入れ、さらに同氏が何度も中国へ取材に訪れた経験も加味されているため、中国の来場者の親近感や共感を呼び高い評価につながっている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月15日
    鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展、来場者に好評

    15日、上海博物館で東山魁夷の障壁画を鑑賞する来場者。冬休みに入り春節(旧正月)も近づき、中国の上海博物館は冬季の見学ピークを迎えている。開催中の「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展(日本語名:鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展)」は開期の半ばを過ぎても依然、注目度が高く人気があり、連日大勢の来場者が詰め掛けている。2019年12月17日から始まった同展は、日本の唐招提寺が所蔵する鑑真和上の一生や活動に関する貴重な文化財5点が中国で初公開されたほか、日本の著名な画家、東山魁夷が唐招提寺で鑑真和上坐像を安置する御影堂のために制作した障壁画68面を展示した。展示品の年代は8世紀から20世紀までの1200年にわたり、中日文化交流の歴史の証人となっている。東山魁夷の障壁画には中国の黄山、揚州、桂林などの風景を題材にした作品もある。画風に中国の水墨画の形式を取り入れ、さらに同氏が何度も中国へ取材に訪れた経験も加味されているため、中国の来場者の親近感や共感を呼び高い評価につながっている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月15日
    鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展、来場者に好評

    15日、上海博物館で唐招提寺の文化財を鑑賞する来場者。冬休みに入り春節(旧正月)も近づき、中国の上海博物館は冬季の見学ピークを迎えている。開催中の「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展(日本語名:鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展)」は開期の半ばを過ぎても依然、注目度が高く人気があり、連日大勢の来場者が詰め掛けている。2019年12月17日から始まった同展は、日本の唐招提寺が所蔵する鑑真和上の一生や活動に関する貴重な文化財5点が中国で初公開されたほか、日本の著名な画家、東山魁夷が唐招提寺で鑑真和上坐像を安置する御影堂のために制作した障壁画68面を展示した。展示品の年代は8世紀から20世紀までの1200年にわたり、中日文化交流の歴史の証人となっている。東山魁夷の障壁画には中国の黄山、揚州、桂林などの風景を題材にした作品もある。画風に中国の水墨画の形式を取り入れ、さらに同氏が何度も中国へ取材に訪れた経験も加味されているため、中国の来場者の親近感や共感を呼び高い評価につながっている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月15日
    鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展、来場者に好評

    15日、上海博物館で展覧会を鑑賞する来場者。冬休みに入り春節(旧正月)も近づき、中国の上海博物館は冬季の見学ピークを迎えている。開催中の「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展(日本語名:鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展)」は開期の半ばを過ぎても依然、注目度が高く人気があり、連日大勢の来場者が詰め掛けている。2019年12月17日から始まった同展は、日本の唐招提寺が所蔵する鑑真和上の一生や活動に関する貴重な文化財5点が中国で初公開されたほか、日本の著名な画家、東山魁夷が唐招提寺で鑑真和上坐像を安置する御影堂のために制作した障壁画68面を展示した。展示品の年代は8世紀から20世紀までの1200年にわたり、中日文化交流の歴史の証人となっている。東山魁夷の障壁画には中国の黄山、揚州、桂林などの風景を題材にした作品もある。画風に中国の水墨画の形式を取り入れ、さらに同氏が何度も中国へ取材に訪れた経験も加味されているため、中国の来場者の親近感や共感を呼び高い評価につながっている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月15日
    鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展、来場者に好評

    15日、東山魁夷の人物紹介を読む来場者。冬休みに入り春節(旧正月)も近づき、中国の上海博物館は冬季の見学ピークを迎えている。開催中の「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展(日本語名:鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展)」は開期の半ばを過ぎても依然、注目度が高く人気があり、連日大勢の来場者が詰め掛けている。2019年12月17日から始まった同展は、日本の唐招提寺が所蔵する鑑真和上の一生や活動に関する貴重な文化財5点が中国で初公開されたほか、日本の著名な画家、東山魁夷が唐招提寺で鑑真和上坐像を安置する御影堂のために制作した障壁画68面を展示した。展示品の年代は8世紀から20世紀までの1200年にわたり、中日文化交流の歴史の証人となっている。東山魁夷の障壁画には中国の黄山、揚州、桂林などの風景を題材にした作品もある。画風に中国の水墨画の形式を取り入れ、さらに同氏が何度も中国へ取材に訪れた経験も加味されているため、中国の来場者の親近感や共感を呼び高い評価につながっている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    「知行合一-王陽明の贛州時代・陽明文化対外交流会」東京で開催

    23日、写真展「知行合一-王陽明の贛州時代」を鑑賞する来賓。中国江西省の贛州(かんしゅう)市は23日、東京で「陽明文化」を媒介として中日文化交流の促進を目指す「知行合一-王陽明の贛州時代・陽明文化対外交流会」を開催した。(東京=新華社記者/冮冶)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    「知行合一-王陽明の贛州時代・陽明文化対外交流会」東京で開催

    23日、写真展「知行合一-王陽明の贛州時代」を鑑賞する日本の阿南惟茂元駐中国大使(左から3人目)。中国江西省の贛州(かんしゅう)市は23日、東京で「陽明文化」を媒介として中日文化交流の促進を目指す「知行合一-王陽明の贛州時代・陽明文化対外交流会」を開催した。(東京=新華社記者/冮冶)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    「知行合一-王陽明の贛州時代・陽明文化対外交流会」東京で開催

    23日、「知行合一-王陽明の贛州時代・陽明文化対外交流会」であいさつする日本の阿南惟茂元駐中国大使。中国江西省の贛州(かんしゅう)市は23日、東京で「陽明文化」を媒介として中日文化交流の促進を目指す「知行合一-王陽明の贛州時代・陽明文化対外交流会」を開催した。(東京=新華社記者/冮冶)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    「知行合一-王陽明の贛州時代・陽明文化対外交流会」東京で開催

    23日、「知行合一-王陽明の贛州時代・陽明文化対外交流会」であいさつする贛州市宣伝部の彭業明(ほう・ぎょうめい)部長。中国江西省の贛州(かんしゅう)市は23日、東京で「陽明文化」を媒介として中日文化交流の促進を目指す「知行合一-王陽明の贛州時代・陽明文化対外交流会」を開催した。(東京=新華社記者/冮冶)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月16日
    「山川異域、風月同天」が結ぶ縁上海博物館の唐招提寺展が延長へ

    「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展」で展示された文化財。(2019年12月16日撮影)中日文化交流協定締結40周年を記念して昨年12月16日に上海博物館で開幕した「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展(鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展)」では、鑑真の半生を描いた「東征伝絵巻」の巻二・巻五や日本の国宝「金亀舎利塔」など貴重な文化財が中国で初公開された。同展は、新型コロナウイルスによる肺炎の流行で上海博物館が1月24日に閉館したことを受け、2月16日までの会期を繰り上げ終了したが、その後の博物館と日本側の協議により3月20日までの延長が決まった。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2019(令和元)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月16日
    鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展、上海で開幕

    16日、「鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展」開幕式の会場。中国の上海博物館で16日、中日共催の「鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展」が開幕した。中日両国文化界の人々は、1200年にわたって中日文化交流の悠久の歴史を見守ってきた文化財が上海で改めて両国友好の懸け橋となるよう期待している。会期は2020年2月16日まで。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2019(令和元)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月16日
    鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展、上海で開幕

    16日、中国で初めて展示された日本の国宝「金亀舎利塔」。中国の上海博物館で16日、中日共催の「鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展」が開幕した。中日両国文化界の人々は、1200年にわたって中日文化交流の悠久の歴史を見守ってきた文化財が上海で改めて両国友好の懸け橋となるよう期待している。会期は2020年2月16日まで。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2019(令和元)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月16日
    鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展、上海で開幕

    16日、上海博物館で行われた「鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展」の記者会見の様子。中国の上海博物館で16日、中日共催の「鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展」が開幕した。中日両国文化界の人々は、1200年にわたって中日文化交流の悠久の歴史を見守ってきた文化財が上海で改めて両国友好の懸け橋となるよう期待している。会期は2020年2月16日まで。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2019(令和元)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月09日
    映画が中日文化交流で果たす役割に期待ユニジャパン椎名保副理事長

    9日、新華社の取材に応じるユニジャパンの椎名保副理事長(右)。公益財団法人ユニジャパンの椎名保副理事長は9日、北京で新華社の独占取材を受け、映画が中日文化交流で果たす役割への期待を示した。(北京=新華社記者/李佼俐)=2019(令和元)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月07日
    竜泉青磁の逸品「馬蝗絆」を再現した若手陶芸家

    浙江省博物館で自作の茶碗(上)と馬蝗絆の実物を比較する劉傑さん。(2019年12月7日撮影)中国浙江省竜泉市の若手陶芸家、劉傑(りゅう・けつ)さんは、12~13世紀の南宋時代に日本へ伝わった竜泉窯青磁茶碗の名品「馬蝗絆(ばこうはん)」の再現に昨年から没頭している。日本で重要文化材に指定される同茶碗は昨年、北京市の北京故宮博物院と浙江省杭州市の浙江省博物館で開かれた竜泉青磁の特別展に出展されており、劉さんも両市に足を運び、現物を間近で観察した。劉さんはその後、専門家に幅広く教えを請いながら器形と釉色の研究を重ね、地元で取れる鉄分を多く含んだ「紫金土」で鎹(かすがい、ひび割れ箇所を固定する金具)部分を再現することで、馬蝗絆の持つ風格を現代によみがえらせた。劉氏は「馬蝗絆は中日文化交流の証。その優美さを再現し、昔の匠の心を理解したい」と語った。馬蝗絆には、明代(日本の室町時代)にひび割れが生じ、新品と交換するために中国へ送られたが、これほどの名品に代わるものはないとする職人が鎹6個で固定して送り返したという逸話がある。現在は東京国立博物館に収蔵されている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月05日
    唐招提寺の宝物、新鑑真号で中国到着上海博物館で特別展

    5日、上海市内に設置された「新鑑真号」を歓迎するのぼり旗。日本画家、東山魁夷の作品「唐招提寺御影堂障壁画」60数点を載せた中日両国間の定期フェリー「新鑑真号」がこのほど、50時間の船旅を終え中国上海に到着した。これらの作品は17日から来年2月16日まで、中日文化交流協定締結40周年を記念して上海博物館で開かれる「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展(日本語名:鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展)」に重要出展作品として展示される。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月05日
    唐招提寺の宝物、新鑑真号で中国到着上海博物館で特別展

    5日、作品とリストを照合するスタッフ。日本画家、東山魁夷の作品「唐招提寺御影堂障壁画」60数点を載せた中日両国間の定期フェリー「新鑑真号」がこのほど、50時間の船旅を終え中国上海に到着した。これらの作品は17日から来年2月16日まで、中日文化交流協定締結40周年を記念して上海博物館で開かれる「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展(日本語名:鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展)」に重要出展作品として展示される。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月05日
    唐招提寺の宝物、新鑑真号で中国到着上海博物館で特別展

    5日、作品の受け渡しをするスタッフ。日本画家、東山魁夷の作品「唐招提寺御影堂障壁画」60数点を載せた中日両国間の定期フェリー「新鑑真号」がこのほど、50時間の船旅を終え中国上海に到着した。これらの作品は17日から来年2月16日まで、中日文化交流協定締結40周年を記念して上海博物館で開かれる「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展(日本語名:鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展)」に重要出展作品として展示される。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月05日
    唐招提寺の宝物、新鑑真号で中国到着上海博物館で特別展

    5日、上海に到着した定期フェリー「新鑑真号」。日本画家、東山魁夷の作品「唐招提寺御影堂障壁画」60数点を載せた中日両国間の定期フェリー「新鑑真号」がこのほど、50時間の船旅を終え中国上海に到着した。これらの作品は17日から来年2月16日まで、中日文化交流協定締結40周年を記念して上海博物館で開かれる「滄海の虹:唐招提寺鑑真文物・東山魁夷障壁画展(日本語名:鑑真和上と唐招提寺東山魁夷作品展)」に重要出展作品として展示される。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月30日
    第1回「早道杯」中国日本語作文コンクール表彰式大連市

    11月30日、貢献学校賞を受賞した各教育機関の代表者。中国遼寧省大連市で11月30日、第1回「早道杯」全国日本語作文コンクールの表彰式が開催され、入賞者と多くの日本語専門家、学者が出席した。同コンクールは早道(大連)教育科技が主催し、大連中日文化交流協会とJ.TEST中国事務局、大連理工大学出版社が協賛した。今回のコンクールは中国内外177の学校から2218人が申し込み、1816点の作品の応募があった。中学校・高校・成人部門に分かれ、各部門それぞれ特賞1人、一等賞1人、二等賞2人、優秀賞6人が選出されたほか、貢献教師賞20人、貢献学校賞21校、指導教師賞11人が表彰された。(大連=新華社配信)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月30日
    第1回「早道杯」中国日本語作文コンクール表彰式大連市

    11月30日、記念撮影する受賞者ら。中国遼寧省大連市で11月30日、第1回「早道杯」全国日本語作文コンクールの表彰式が開催され、入賞者と多くの日本語専門家、学者が出席した。同コンクールは早道(大連)教育科技が主催し、大連中日文化交流協会とJ.TEST中国事務局、大連理工大学出版社が協賛した。今回のコンクールは中国内外177の学校から2218人が申し込み、1816点の作品の応募があった。中学校・高校・成人部門に分かれ、各部門それぞれ特賞1人、一等賞1人、二等賞2人、優秀賞6人が選出されたほか、貢献教師賞20人、貢献学校賞21校、指導教師賞11人が表彰された。(大連=新華社配信)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月30日
    第1回「早道杯」中国日本語作文コンクール表彰式大連市

    11月30日、大連市で開催された全国日本語作文コンクールの表彰式の様子。中国遼寧省大連市で11月30日、第1回「早道杯」全国日本語作文コンクールの表彰式が開催され、入賞者と多くの日本語専門家、学者が出席した。同コンクールは早道(大連)教育科技が主催し、大連中日文化交流協会とJ.TEST中国事務局、大連理工大学出版社が協賛した。今回のコンクールは中国内外177の学校から2218人が申し込み、1816点の作品の応募があった。中学校・高校・成人部門に分かれ、各部門それぞれ特賞1人、一等賞1人、二等賞2人、優秀賞6人が選出されたほか、貢献教師賞20人、貢献学校賞21校、指導教師賞11人が表彰された。(大連=新華社配信)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月30日
    第1回「早道杯」中国日本語作文コンクール表彰式大連市

    11月30日、開幕のあいさつをする在瀋陽日本国総領事館在大連領事事務所広報文化交流担当の牛田貴広副領事。中国遼寧省大連市で11月30日、第1回「早道杯」全国日本語作文コンクールの表彰式が開催され、入賞者と多くの日本語専門家、学者が出席した。同コンクールは早道(大連)教育科技が主催し、大連中日文化交流協会とJ.TEST中国事務局、大連理工大学出版社が協賛した。今回のコンクールは中国内外177の学校から2218人が申し込み、1816点の作品の応募があった。中学校・高校・成人部門に分かれ、各部門それぞれ特賞1人、一等賞1人、二等賞2人、優秀賞6人が選出されたほか、貢献教師賞20人、貢献学校賞21校、指導教師賞11人が表彰された。(大連=新華社配信)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月30日
    第1回「早道杯」中国日本語作文コンクール表彰式大連市

    11月30日、開幕のあいさつをする大連外国語大学の陳岩(ちん・がん)教授。中国遼寧省大連市で11月30日、第1回「早道杯」全国日本語作文コンクールの表彰式が開催され、入賞者と多くの日本語専門家、学者が出席した。同コンクールは早道(大連)教育科技が主催し、大連中日文化交流協会とJ.TEST中国事務局、大連理工大学出版社が協賛した。今回のコンクールは中国内外177の学校から2218人が申し込み、1816点の作品の応募があった。中学校・高校・成人部門に分かれ、各部門それぞれ特賞1人、一等賞1人、二等賞2人、優秀賞6人が選出されたほか、貢献教師賞20人、貢献学校賞21校、指導教師賞11人が表彰された。(大連=新華社配信)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月12日
    中日文化交流劇「暖流」之親子情~ペコロスの母に会いに行く、北京で上演

    12日、あいさつする胡徳平氏。中国北京市の民族文化宮大劇院で12日夜、「中日文化交流劇『暖流』之親子情~ペコロスの母に会いに行く」が上演された。北京億心一益社会工作発展センターと日中国際芸術家協会が主催した同作は、認知症患者と患者を介護する家族、友人および近隣の人々との触れ合いを描いている。日本の加藤勝信厚生労働相が祝賀メッセージを寄せ、公演の成功に祝意を表した。また、横井裕駐中国大使とドキュメンタリー「暖流」の中国側実行委員会会長、胡徳平(こ・とくへい)氏が出席し、あいさつした。(北京=新華社記者/張帆)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月12日
    中日文化交流劇「暖流」之親子情~ペコロスの母に会いに行く、北京で上演

    12日、北京市の民族文化宮大劇院で上演された「中日文化交流劇『暖流』之親子情~ペコロスの母に会いに行く」の一場面。中国北京市の民族文化宮大劇院で12日夜、「中日文化交流劇『暖流』之親子情~ペコロスの母に会いに行く」が上演された。北京億心一益社会工作発展センターと日中国際芸術家協会が主催した同作は、認知症患者と患者を介護する家族、友人および近隣の人々との触れ合いを描いている。日本の加藤勝信厚生労働相が祝賀メッセージを寄せ、公演の成功に祝意を表した。また、横井裕駐中国大使とドキュメンタリー「暖流」の中国側実行委員会会長、胡徳平(こ・とくへい)氏が出席し、あいさつした。(北京=新華社記者/張帆)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月12日
    中日文化交流劇「暖流」之親子情~ペコロスの母に会いに行く、北京で上演

    12日、北京市の民族文化宮大劇院で上演された「中日文化交流劇『暖流』之親子情~ペコロスの母に会いに行く」の一場面。中国北京市の民族文化宮大劇院で12日夜、「中日文化交流劇『暖流』之親子情~ペコロスの母に会いに行く」が上演された。北京億心一益社会工作発展センターと日中国際芸術家協会が主催した同作は、認知症患者と患者を介護する家族、友人および近隣の人々との触れ合いを描いている。日本の加藤勝信厚生労働相が祝賀メッセージを寄せ、公演の成功に祝意を表した。また、横井裕駐中国大使とドキュメンタリー「暖流」の中国側実行委員会会長、胡徳平(こ・とくへい)氏が出席し、あいさつした。(北京=新華社記者/常博深)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月12日
    中日文化交流劇「暖流」之親子情~ペコロスの母に会いに行く、北京で上演

    12日、北京市の民族文化宮大劇院で上演された「中日文化交流劇『暖流』之親子情~ペコロスの母に会いに行く」の一場面。中国北京市の民族文化宮大劇院で12日夜、「中日文化交流劇『暖流』之親子情~ペコロスの母に会いに行く」が上演された。北京億心一益社会工作発展センターと日中国際芸術家協会が主催した同作は、認知症患者と患者を介護する家族、友人および近隣の人々との触れ合いを描いている。日本の加藤勝信厚生労働相が祝賀メッセージを寄せ、公演の成功に祝意を表した。また、横井裕駐中国大使とドキュメンタリー「暖流」の中国側実行委員会会長、胡徳平(こ・とくへい)氏が出席し、あいさつした。(北京=新華社記者/張帆)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月12日
    中日文化交流劇「暖流」之親子情~ペコロスの母に会いに行く、北京で上演

    12日、あいさつする横井裕氏。中国北京市の民族文化宮大劇院で12日夜、「中日文化交流劇『暖流』之親子情~ペコロスの母に会いに行く」が上演された。北京億心一益社会工作発展センターと日中国際芸術家協会が主催した同作は、認知症患者と患者を介護する家族、友人および近隣の人々との触れ合いを描いている。日本の加藤勝信厚生労働相が祝賀メッセージを寄せ、公演の成功に祝意を表した。また、横井裕駐中国大使とドキュメンタリー「暖流」の中国側実行委員会会長、胡徳平(こ・とくへい)氏が出席し、あいさつした。(北京=新華社記者/張帆)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月12日
    中日文化交流劇「暖流」之親子情~ペコロスの母に会いに行く、北京で上演

    12日、北京市の民族文化宮大劇院で上演された「中日文化交流劇『暖流』之親子情~ペコロスの母に会いに行く」の一場面。中国北京市の民族文化宮大劇院で12日夜、「中日文化交流劇『暖流』之親子情~ペコロスの母に会いに行く」が上演された。北京億心一益社会工作発展センターと日中国際芸術家協会が主催した同作は、認知症患者と患者を介護する家族、友人および近隣の人々との触れ合いを描いている。日本の加藤勝信厚生労働相が祝賀メッセージを寄せ、公演の成功に祝意を表した。また、横井裕駐中国大使とドキュメンタリー「暖流」の中国側実行委員会会長、胡徳平(こ・とくへい)氏が出席し、あいさつした。(北京=新華社記者/張帆)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月12日
    中日文化交流劇「暖流」之親子情~ペコロスの母に会いに行く、北京で上演

    12日、記念撮影をする出席者および関係者ら。中国北京市の民族文化宮大劇院で12日夜、「中日文化交流劇『暖流』之親子情~ペコロスの母に会いに行く」が上演された。北京億心一益社会工作発展センターと日中国際芸術家協会が主催した同作は、認知症患者と患者を介護する家族、友人および近隣の人々との触れ合いを描いている。日本の加藤勝信厚生労働相が祝賀メッセージを寄せ、公演の成功に祝意を表した。また、横井裕駐中国大使とドキュメンタリー「暖流」の中国側実行委員会会長、胡徳平(こ・とくへい)氏が出席し、あいさつした。(北京=新華社記者/張帆)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月12日
    中日文化交流劇「暖流」之親子情~ペコロスの母に会いに行く、北京で上演

    12日、北京市の民族文化宮大劇院で上演された「中日文化交流劇『暖流』之親子情~ペコロスの母に会いに行く」の一場面。中国北京市の民族文化宮大劇院で12日夜、「中日文化交流劇『暖流』之親子情~ペコロスの母に会いに行く」が上演された。北京億心一益社会工作発展センターと日中国際芸術家協会が主催した同作は、認知症患者と患者を介護する家族、友人および近隣の人々との触れ合いを描いている。日本の加藤勝信厚生労働相が祝賀メッセージを寄せ、公演の成功に祝意を表した。また、横井裕駐中国大使とドキュメンタリー「暖流」の中国側実行委員会会長、胡徳平(こ・とくへい)氏が出席し、あいさつした。(北京=新華社記者/張帆)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:33.03
    2019年07月09日
    「新華社」特別展「三国志」東京国立博物館で開幕

    中日文化交流協定締結40周年記念特別展「三国志」が9日、東京・上野の東京国立博物館で始まった。9月16日までの期間中、「揺銭樹」など中国の国家1級文化財42点を含む文化財161点が展示される。三国時代は群雄が割拠し、多くの英雄を輩出した時代であり、政治、文化、軍事などの面で後世に深い影響を与えた。唐代の詩歌にも三国時代に関する内容が登場し、17世紀以降は三国時代の物語がアジア一帯で広く語られるようになった。日本では「三国志」が小説や漫画、人形劇やゲームなどさまざまな形で描かれており、三国時代の人物もよく知られている。(記者/姜俏梅、梁賽玉、鄧敏)<映像内容>東京国立博物館の特別展「三国志」の様子、撮影日:2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月08日
    特別展「三国志」9日に開幕新たな三国志像の構築目指す

    8日、特別展「三国志」の展示室。中日文化交流協定締結40周年を記念して東京・上野の東京国立博物館で9日から始まる特別展「三国志」の開会式と内覧会が8日、同博物館の平成館で行われた。同展は東京国立博物館と中国文物交流中心、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社が共同で主催し、中国で近年発掘された最新の考古学成果161点を展示、「三国志」の世界の実像に迫る。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月08日
    特別展「三国志」9日に開幕新たな三国志像の構築目指す

    8日、特別展「三国志」で展示された甘粛省博物館所蔵の一級文化財「酒樽」(手前)。中日文化交流協定締結40周年を記念して東京・上野の東京国立博物館で9日から始まる特別展「三国志」の開会式と内覧会が8日、同博物館の平成館で行われた。同展は東京国立博物館と中国文物交流中心、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社が共同で主催し、中国で近年発掘された最新の考古学成果161点を展示、「三国志」の世界の実像に迫る。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2