KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国山西省
  • 清朝末期
  • ドナルドトランプ
  • 米大統領
  • 中国湖南省
  • 湖南省長沙市
  • 中国陝西省
  • 万国建築
  • 中国輸出
  • 中国銀製品

「中華民国」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
406
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
406
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月04日
    (7)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    山西督軍府旧址の敷地内に植えられている樹齢900年のエンジュ。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (6)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    茶の製造工程を説明するコーナー(一部)。(2020年12月28日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (3)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    山西督軍府旧址の自省堂。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (2)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    1日、山西督軍府旧址の正門。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (4)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    山西督軍府旧址の自省堂に掛かる扁額。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (5)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    晋商博物院で、晋商が茶を運ぶために切り拓いた道「万里茶路」にまつわる展示品を見つめる来場者。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (2)190年前の不動産契約書を発見河北省邢台市

    28日、邢台市任沢区で見つかった清の道光年間から中華民国時代にかけての不動産契約書の一部。中国河北省邢台(けいだい)市任沢区の文化財保護部門は28日、同区で清の道光年間の不動産契約書が見つかったと明らかにした。同区の住民が古い家屋を修繕した際、土地や家屋に関する契約書18点を見つけたという。最も古いものは道光10(1830)年の記載があり、190年の歴史を持つ。(邢台=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (1)190年前の不動産契約書を発見河北省邢台市

    28日、邢台市任沢区で見つかった清の道光年間から中華民国時代にかけての不動産契約書の一部。中国河北省邢台(けいだい)市任沢区の文化財保護部門は28日、同区で清の道光年間の不動産契約書が見つかったと明らかにした。同区の住民が古い家屋を修繕した際、土地や家屋に関する契約書18点を見つけたという。最も古いものは道光10(1830)年の記載があり、190年の歴史を持つ。(邢台=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    山西督軍府旧址の淵誼堂。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)=配信日:2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (3)広州市街地から宋代大型建築の基礎遺構各時代の遺物も多数出土

    11日、広州市越秀区中山六路の発掘現場から出土した各時代の遺物。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市越秀区中山六路東段の北側で実施していた発掘調査が11日に完了したと発表した。漢代から中華民国期までの重要遺物2500点余りが出土したほか、宋代の大型建造物の基礎を発見した。(広州=新華社記者/鄧瑞?)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (5)広州市街地から宋代大型建築の基礎遺構各時代の遺物も多数出土

    11日、広州市越秀区中山六路の発掘現場。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市越秀区中山六路東段の北側で実施していた発掘調査が11日に完了したと発表した。漢代から中華民国期までの重要遺物2500点余りが出土したほか、宋代の大型建造物の基礎を発見した。(広州=新華社記者/鄧瑞?)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (6)広州市街地から宋代大型建築の基礎遺構各時代の遺物も多数出土

    11日、広州市越秀区中山六路の発掘現場。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市越秀区中山六路東段の北側で実施していた発掘調査が11日に完了したと発表した。漢代から中華民国期までの重要遺物2500点余りが出土したほか、宋代の大型建造物の基礎を発見した。(広州=新華社記者/鄧瑞?)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (8)広州市街地から宋代大型建築の基礎遺構各時代の遺物も多数出土

    11日、広州市越秀区中山六路の発掘現場で見つかった宋代建築の基礎遺構。「??(そうとん)」と呼ばれる礎石の下に築かれたレンガ積みの基礎が出土した。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市越秀区中山六路東段の北側で実施していた発掘調査が11日に完了したと発表した。漢代から中華民国期までの重要遺物2500点余りが出土したほか、宋代の大型建造物の基礎を発見した。(広州=新華社記者/鄧瑞?)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (1)広州市街地から宋代大型建築の基礎遺構各時代の遺物も多数出土

    11日、広州市越秀区中山六路の発掘現場。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市越秀区中山六路東段の北側で実施していた発掘調査が11日に完了したと発表した。漢代から中華民国期までの重要遺物2500点余りが出土したほか、宋代の大型建造物の基礎を発見した。(広州=新華社記者/鄧瑞?)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (4)広州市街地から宋代大型建築の基礎遺構各時代の遺物も多数出土

    11日、広州市越秀区中山六路の発掘現場。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市越秀区中山六路東段の北側で実施していた発掘調査が11日に完了したと発表した。漢代から中華民国期までの重要遺物2500点余りが出土したほか、宋代の大型建造物の基礎を発見した。(広州=新華社記者/鄧瑞?)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (2)広州市街地から宋代大型建築の基礎遺構各時代の遺物も多数出土

    11日、広州市越秀区中山六路の発掘現場。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市越秀区中山六路東段の北側で実施していた発掘調査が11日に完了したと発表した。漢代から中華民国期までの重要遺物2500点余りが出土したほか、宋代の大型建造物の基礎を発見した。(広州=新華社記者/鄧瑞?)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (7)広州市街地から宋代大型建築の基礎遺構各時代の遺物も多数出土

    11日、広州市越秀区中山六路の発掘現場から出土した各時代の遺物。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市越秀区中山六路東段の北側で実施していた発掘調査が11日に完了したと発表した。漢代から中華民国期までの重要遺物2500点余りが出土したほか、宋代の大型建造物の基礎を発見した。(広州=新華社記者/鄧瑞?)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月16日
    邯鄲市博物館で文化財の魅力に触れる河北省

    16日、邯鄲市博物館で展示された中華民国期の磁器人形「青花褐彩和合二仙磁塑」。中国河北省の邯鄲(かんたん)市博物館で現在、磁州窯や古代仏教彫刻など幾つかのテーマ展が開催されている。多くの市民や児童生徒が訪れ、文化財の魅力に触れている。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月07日
    Taiwan Nationalism

    October 7, 2020, Taipei, N/A for Taiwan, Taiwan: Taiwanese national flags hang from Wanshou Bridge in Taipei in preparation for the National Day of the Republic of China. The holiday commemorates the start of Wuchang Uprising of October 10, 1911, which led to the end of Qing Dyanasty in China. China sees the island republic as an extension of its country but many Taiwanese believe Taiwan is an independent nation. Recent engagements with the US is upsetting the Chinese Communist Party. (Credit Image: © Brennan O‘Connor/ZUMA Wire)、クレジット:©Brennan O'Connor/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月07日
    Taiwan Nationalism

    October 7, 2020, Taipei, N/A for Taiwan, Taiwan: Taiwanese national flags hang from Wanshou Bridge in Taipei in preparation for the National Day of the Republic of China. The holiday commemorates the start of Wuchang Uprising of October 10, 1911, which led to the end of Qing Dyanasty in China. China sees the island republic as an extension of its country but many Taiwanese believe Taiwan is an independent nation. Recent engagements with the US is upsetting the Chinese Communist Party. (Credit Image: © Brennan O‘Connor/ZUMA Wire)、クレジット:©Brennan O'Connor/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 01:08.92
    2020年10月02日
    「新華社」始まりは「けがの功名」?広東風月餅誕生秘話

    中国広東省の飲食文化を代表する食べ物の一つ広東風月餅は、餡の違いによって大きく純白蓮蓉餡(ハスの実白餡)と雑餡(各種素材がミックスされた餡)の2種類に分けられる。純白蓮蓉餡は広州市の老舗レストラン「蓮香楼」が発祥で、その製造技法は同省の省級無形文化遺産リストに登録されている。清末から中華民国初期の頃、蓮香楼の点心師、陳維青(ちん・いせい)さんがハスの実のシロップを作っていた時、うっかり煮汁がなくなるまで煮込んでしまった。当時の飲食業界では原材料を無駄にしないことが非常に重んじられていたため、陳さんは煮詰まったハスの実をつぶして餡にし月餅を作ってみてはどうかと考えた。結果的に、この月餅は大好評を博すことになる。広東風月餅の特徴はシロップを混ぜて作った皮にあり、シロップの良し悪しが月餅の食感と売れ行きを左右する。広州市蓮香楼の責任者で40年余り月餅を作り続けてきた潘偉志(はん・いし)さんは、いい月餅を作るには、職人の技術に対する尊敬の念と客への責任感が重要だと語っている。(記者/鄧瑞璇)<映像内容>広東風月餅の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月01日
    Hong Kong News - October 1, 2020

    October 1, 2020, Hong Kong, CHINA: Police officers in Causeway Bay as protesters gathered in the area despite the march being banned for health and safety reasons. Online calls for action were also made as the city marks 71st anniversary of Peopleツ。Hツ。H Republic of China. 01OCT20 SCMP / Sam Tsang (Credit Image: © Sam Tsang/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Sam Tsang/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月01日
    Hong Kong News - October 1, 2020

    October 1, 2020, Hong Kong, CHINA: Anti-government protestors arrested with plastic cuffs in Causeway Bay on National Day. Despite the march being banned for health and safety reasons, protestors gathered in the district, and online calls for action were also made as the city marks 71st anniversary of Peopleツ。Hツ。H Republic of China. 01OCT20 SCMP / Sam Tsang (Credit Image: © Sam Tsang/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Sam Tsang/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月01日
    Hong Kong News - October 1, 2020

    October 1, 2020, Hong Kong, CHINA: Police officers in Causeway Bay as anti-government protesters gathered in the area despite the march being banned for health and safety reasons. Online calls for action were also made as the city marks 71st anniversary of Peopleツ。Hツ。H Republic of China. 01OCT20 SCMP / Sam Tsang (Credit Image: © Sam Tsang/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Sam Tsang/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月01日
    Hong Kong News - October 1, 2020

    October 1, 2020, Hong Kong, CHINA: Police officers in Causeway Bay as protestors gathered in the area despite the march being banned for health and safety reasons. Online calls for action were also made as the city marks 71st anniversary of Peopleツ。Hツ。H Republic of China. 01OCT20 SCMP / Jonathan Wong (Credit Image: © Jonathan Wong/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Jonathan Wong/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月01日
    Hong Kong News - October 1, 2020

    October 1, 2020, Hong Kong, CHINA: Police officer in riot gear holds up a purple flag warning anti-government protestors of violating the National Security Law during an illegal demonstration on National Day, Causeway Bay. Flag reads: This is a police warning. You are displaying flags or banners / chanting slogans / or conducting yourselves with an intent such as secession or subversion, which may constitute offences under the ツ。Hツ。HKSAR National Security Lawツ。Hツ。H You may be arrested and prosecuted.Despite the march being banned for health and safety reasons, protestors gathered in the district, and online calls for action were also made as the city marks 71st anniversary of Peopleツ。Hツ。H Republic of China. 01OCT20 SCMP / Sam Tsang (Credit Image: © Sam Tsang/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Sam Tsang/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月01日
    Hong Kong News - October 1, 2020

    October 1, 2020, Hong Kong, CHINA: A man orders a drink at a tea shop as police officers stand outside the store in Causeway Bay as anti-government protestors gathered in the area despite the march being banned for health and safety reasons. Online calls for action were also made as the city marks 71st anniversary of Peopleツ。Hツ。H Republic of China. 01OCT20 SCMP / Nora Tam (Credit Image: © Nora Tam/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Nora Tam/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月01日
    Hong Kong News - October 1, 2020

    October 1, 2020, Hong Kong, CHINA: Anti-government protestors arrested with plastic cuffs in Causeway Bay on National Day. Despite the march being banned for health and safety reasons, protestors gathered in the district, and online calls for action were also made as the city marks 71st anniversary of Peopleツ。Hツ。H Republic of China. 01OCT20 SCMP / Sam Tsang (Credit Image: © Sam Tsang/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Sam Tsang/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の外観。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の西側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の西側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の西側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の全体図。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の西側の壁に描かれた壁画の全体図。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の西側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の西側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の西側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月06日
    慈善活動に尽力した李一族の豪邸「李家大院」山西省

    6日、中華民国時代の軍人、閻錫山(えん・しゃくざん)が災害救援活動をたたえ、李氏一族に贈った扁額。中国山西省運城市万栄県にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される李家大院は、かつての豪商の邸宅で、今では地元の観光スポットになっている。古色蒼然(そうぜん)とした住居は、中国式と西洋式が調和した「中西折衷」の造りをしているだけでなく、慈善文化の「生きた教材」でもある。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    中国国際サービス貿易交易会の文化サービス展示エリア

    5日、中国国際サービス貿易交易会の文化サービス展示エリアで、清代末期から中華民国初期の絹織物を修復する参加企業のスタッフ。中国北京市で4日、2020年中国国際サービス貿易交易会(CIFTIS)が始まった。9日まで開かれる。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    Taipei Street

    August 12, 2020, Taipei, N/A for Taiwan, Taiwan: A cyclist in Taipei, Taiwan. (Credit Image: © Brennan O‘Connor/ZUMA Wire)、クレジット:©Brennan O'Connor/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:21.40
    2020年07月29日
    「新華社」9日間で55メートル、浙江省で百年の古建築を曳家で移設

    中国浙江省嵊州(じょうしゅう)市甘霖鎮蒼岩村で7月29日、百年を越える古建築「基成台門」を建物ごと移動させる曳家(ひきや)作業が完了し、55メートルの移動に成功した。台門とは同省紹興地区で邸宅を意味する。基成台門の敷地面積は700平方メートル近くあり、建物の重量は300トンを超える。曳家作業は全てコンピュータ操作で行われ、移動速度と振幅を正確に制御しながら実施された。基成台門は清朝末期から中華民国初期にかけての建築で、洪水被害を避けるため7月21日に曳家を開始。作業は9日間で完了した。(記者/許舜達)<映像内容>古建築「基成台門」の曳家作業の様子、撮影日:2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月24日
    独特な作品400余点を展示貴州省美術館で「演劇仮面展」

    24日、貴州省美術館で開かれている仮面展のポスター。中国貴州省には17の少数民族が住んでおり、演劇で使われる仮面が数多く存在する。同省貴陽市にある貴州省美術館では、7月18日から8月10日まで、「神秘の面構え-貴州演劇仮面展」が開かれている。同展は清代、中華民国期および中華人民共和国成立以降の各時代の仮面作品400点余りを展示し、独特な文化的魅力を伝えている。その中でも、巨大な「仮面王」は、見る者の想像を無限に掻き立てる。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月24日
    独特な作品400余点を展示貴州省美術館で「演劇仮面展」

    24日、貴州省美術館に展示されたさまざまな仮面。中国貴州省には17の少数民族が住んでおり、演劇で使われる仮面が数多く存在する。同省貴陽市にある貴州省美術館では、7月18日から8月10日まで、「神秘の面構え-貴州演劇仮面展」が開かれている。同展は清代、中華民国期および中華人民共和国成立以降の各時代の仮面作品400点余りを展示し、独特な文化的魅力を伝えている。その中でも、巨大な「仮面王」は、見る者の想像を無限に掻き立てる。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月24日
    独特な作品400余点を展示貴州省美術館で「演劇仮面展」

    24日、会場で見かけた「仮面王」の紹介文。中国貴州省には17の少数民族が住んでおり、演劇で使われる仮面が数多く存在する。同省貴陽市にある貴州省美術館では、7月18日から8月10日まで、「神秘の面構え-貴州演劇仮面展」が開かれている。同展は清代、中華民国期および中華人民共和国成立以降の各時代の仮面作品400点余りを展示し、独特な文化的魅力を伝えている。その中でも、巨大な「仮面王」は、見る者の想像を無限に掻き立てる。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月24日
    独特な作品400余点を展示貴州省美術館で「演劇仮面展」

    24日、貴州省美術館に展示されたさまざまな表情の仮面。中国貴州省には17の少数民族が住んでおり、演劇で使われる仮面が数多く存在する。同省貴陽市にある貴州省美術館では、7月18日から8月10日まで、「神秘の面構え-貴州演劇仮面展」が開かれている。同展は清代、中華民国期および中華人民共和国成立以降の各時代の仮面作品400点余りを展示し、独特な文化的魅力を伝えている。その中でも、巨大な「仮面王」は、見る者の想像を無限に掻き立てる。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月24日
    独特な作品400余点を展示貴州省美術館で「演劇仮面展」

    24日、清代から保存されてきた「儺面(なめん)」(厄払いの儀式などに用いられた仮面)。中国貴州省には17の少数民族が住んでおり、演劇で使われる仮面が数多く存在する。同省貴陽市にある貴州省美術館では、7月18日から8月10日まで、「神秘の面構え-貴州演劇仮面展」が開かれている。同展は清代、中華民国期および中華人民共和国成立以降の各時代の仮面作品400点余りを展示し、独特な文化的魅力を伝えている。その中でも、巨大な「仮面王」は、見る者の想像を無限に掻き立てる。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月24日
    独特な作品400余点を展示貴州省美術館で「演劇仮面展」

    24日、貴州省美術館に展示された「仮面王」を見つめる来場者。中国貴州省には17の少数民族が住んでおり、演劇で使われる仮面が数多く存在する。同省貴陽市にある貴州省美術館では、7月18日から8月10日まで、「神秘の面構え-貴州演劇仮面展」が開かれている。同展は清代、中華民国期および中華人民共和国成立以降の各時代の仮面作品400点余りを展示し、独特な文化的魅力を伝えている。その中でも、巨大な「仮面王」は、見る者の想像を無限に掻き立てる。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    古民家修繕で残す「都市の記憶」河北省邢台市

    14日、河北省邢台市襄都区の羊市道で、中華民国時代の古民家を修繕する作業員。中国河北省邢台市襄都(じょうと)区は2020年から、羊市道の古民家の保護・修繕プロジェクトを実施している。「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づき、伝統的な材料と技法を用いて重要な部位を修復。古民家に新たな命を吹き込むとともに、歴史の記憶を今に伝えている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    古民家修繕で残す「都市の記憶」河北省邢台市

    14日、河北省邢台市襄都区の羊市道で、中華民国時代の古民家を修繕する作業員。中国河北省邢台市襄都(じょうと)区は2020年から、羊市道の古民家の保護・修繕プロジェクトを実施している。「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づき、伝統的な材料と技法を用いて重要な部位を修復。古民家に新たな命を吹き込むとともに、歴史の記憶を今に伝えている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    古民家修繕で残す「都市の記憶」河北省邢台市

    14日、河北省邢台市襄都区の羊市道で、中華民国時代の古民家を修繕する作業員。中国河北省邢台市襄都(じょうと)区は2020年から、羊市道の古民家の保護・修繕プロジェクトを実施している。「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づき、伝統的な材料と技法を用いて重要な部位を修復。古民家に新たな命を吹き込むとともに、歴史の記憶を今に伝えている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    古民家修繕で残す「都市の記憶」河北省邢台市

    14日、河北省邢台市襄都区の羊市道で、中華民国時代の古民家を修繕す作業員たち。中国河北省邢台市襄都(じょうと)区は2020年から、羊市道の古民家の保護・修繕プロジェクトを実施している。「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づき、伝統的な材料と技法を用いて重要な部位を修復。古民家に新たな命を吹き込むとともに、歴史の記憶を今に伝えている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    古民家修繕で残す「都市の記憶」河北省邢台市

    14日、河北省邢台市襄都区の羊市道に立ち並ぶ中華民国時代の古民家。(小型無人機から)中国河北省邢台市襄都(じょうと)区は2020年から、羊市道の古民家の保護・修繕プロジェクトを実施している。「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づき、伝統的な材料と技法を用いて重要な部位を修復。古民家に新たな命を吹き込むとともに、歴史の記憶を今に伝えている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    古民家修繕で残す「都市の記憶」河北省邢台市

    14日、河北省邢台市襄都区の羊市道で、中華民国時代の古民家を修繕する作業員。(小型無人機から)中国河北省邢台市襄都(じょうと)区は2020年から、羊市道の古民家の保護・修繕プロジェクトを実施している。「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づき、伝統的な材料と技法を用いて重要な部位を修復。古民家に新たな命を吹き込むとともに、歴史の記憶を今に伝えている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    古民家修繕で残す「都市の記憶」河北省邢台市

    14日、河北省邢台市襄都区の羊市道にある中華民国時代の古民家。中国河北省邢台市襄都(じょうと)区は2020年から、羊市道の古民家の保護・修繕プロジェクトを実施している。「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づき、伝統的な材料と技法を用いて重要な部位を修復。古民家に新たな命を吹き込むとともに、歴史の記憶を今に伝えている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:16.96
    2020年07月13日
    「新華社」300台の貴重な映像機器を収蔵西部電影集団の映画博物館

    中国陝西省西安市にある西部電影集団の映画博物館は、視覚残像効果装置や、中華民国期に「西洋鏡」と呼ばれたのぞき込み式映写機、そして最も古い「VR装置」であり現代3D映像装置の元祖ともいうべき、1850年代のイギリスに登場した初期のステレオスコープなど、世界各地の映像機器300台余りを収蔵している。また、1904年に西太后(慈禧太后)70歳の誕生日の映画上映で使用されたものと同型の映写機や、1905年に中国人により初めて製作された映画「定軍山」の撮影で使用されたものと同型のカメラも収蔵されている。これら300台余りの機器は、映画の撮影、上映が手動から電動へ、機器の材質が木製から金属製へ、作品がサイレントからトーキーへ、白黒からカラーへと移り変わる過程を見事に表している。(記者/李亜楠)<映像内容>映画博物館の映写機などの展示、上映の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月29日
    有名人の旧居が集まるスポット、イタリア街を訪ねて天津市

    天津イタリア街にある清末、中華民国の軍人、湯玉麟(とう・ぎょくりん)の旧居。(6月29日撮影)天津イタリア街(意式風情区)は中国天津市河北区(旧イタリア租界)にあり、1902年に建設が始まった。総建築面積は約40万平方メートル。区域内の建物は全てイタリア人が設計したもので、現在、イタリア本土を除くアジアで唯一、良好な状態で保存されているイタリア風の建築群となっている。また、歴史上の有名人の旧居があり、貴重な歴史的・文化的価値を持つ。同市政府は2002年末から、イタリア街の建物の保護と開発に着手。イタリア人技術者と協力し、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づいて、歴史的建物の修繕を行っている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月29日
    有名人の旧居が集まるスポット、イタリア街を訪ねて天津市

    天津イタリア街にある中華民国の政治家、程克(てい・こく)の旧居。(6月29日撮影)天津イタリア街(意式風情区)は中国天津市河北区(旧イタリア租界)にあり、1902年に建設が始まった。総建築面積は約40万平方メートル。区域内の建物は全てイタリア人が設計したもので、現在、イタリア本土を除くアジアで唯一、良好な状態で保存されているイタリア風の建築群となっている。また、歴史上の有名人の旧居があり、貴重な歴史的・文化的価値を持つ。同市政府は2002年末から、イタリア街の建物の保護と開発に着手。イタリア人技術者と協力し、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づいて、歴史的建物の修繕を行っている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月29日
    有名人の旧居が集まるスポット、イタリア街を訪ねて天津市

    天津イタリア街にある中華民国時代のジャーナリスト、劉髯公(りゅう・ぜんこう)の旧居。(6月29日撮影)天津イタリア街(意式風情区)は中国天津市河北区(旧イタリア租界)にあり、1902年に建設が始まった。総建築面積は約40万平方メートル。区域内の建物は全てイタリア人が設計したもので、現在、イタリア本土を除くアジアで唯一、良好な状態で保存されているイタリア風の建築群となっている。また、歴史上の有名人の旧居があり、貴重な歴史的・文化的価値を持つ。同市政府は2002年末から、イタリア街の建物の保護と開発に着手。イタリア人技術者と協力し、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づいて、歴史的建物の修繕を行っている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月29日
    有名人の旧居が集まるスポット、イタリア街を訪ねて天津市

    天津イタリア街にある清末、中華民国の政治家、龔心湛(きょう・しんたん)の旧居。(6月29日撮影)天津イタリア街(意式風情区)は中国天津市河北区(旧イタリア租界)にあり、1902年に建設が始まった。総建築面積は約40万平方メートル。区域内の建物は全てイタリア人が設計したもので、現在、イタリア本土を除くアジアで唯一、良好な状態で保存されているイタリア風の建築群となっている。また、歴史上の有名人の旧居があり、貴重な歴史的・文化的価値を持つ。同市政府は2002年末から、イタリア街の建物の保護と開発に着手。イタリア人技術者と協力し、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づいて、歴史的建物の修繕を行っている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    Giant Bicycles Logo on Smartphone

    June 15, 2020, Asuncion, Paraguay: Illustration photo - Logo of Giant Group, a Taiwanese bicycle manufacturer, is displayed on a smartphone backdropped by cropped waving flag of Taiwan, officially the Republic of China (ROC), on screen. (Credit Image: © Andre M. Chang/ZUMA Wire)、クレジット:©Andre M. Chang/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    Giant Bicycles Logo on Smartphone

    June 15, 2020, Asuncion, Paraguay: Illustration photo - Logo of Giant Group, a Taiwanese bicycle manufacturer, is displayed on a smartphone backdropped by cropped waving flag of Taiwan, officially the Republic of China (ROC), on screen. (Credit Image: © Andre M. Chang/ZUMA Wire)、クレジット:©Andre M. Chang/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    Giant Bicycles Logo on Smartphone

    June 15, 2020, Asuncion, Paraguay: Illustration photo - Logo of Giant Group, a Taiwanese bicycle manufacturer, is displayed on a smartphone backdropped by cropped waving flag of Taiwan, officially the Republic of China (ROC), on screen. (Credit Image: © Andre M. Chang/ZUMA Wire)、クレジット:©Andre M. Chang/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:45.46
    2020年06月13日
    「新華社」湖南省張家界市、豪雨で400年の「風雨橋」が崩落

    中国湖南省張家界市の永定区は13日、豪雨に見舞われ、同区王家坪鎮や沅古坪鎮などの郷鎮の一部が大きな被害を受けた。水位の上昇にともない、王家坪鎮馬頭渓村にある400年余りの歴史を持つ中国南部の伝統的建築様式の橋「風雨橋」が洪水で崩落。橋脚だけが残された。同橋は明末清初に建設され、中華民国時代に改修工事が行われたという。現在、雨の勢いは収まっており、地元住民は生産・救助活動を積極的に展開し、道路の復旧と同地の復興に全力で取り組んでいる。(記者/阮周囲)<映像内容>豪雨による洪水で風雨橋が崩落、撮影日:2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:37.99
    2020年06月02日
    「新華社」築100年以上の古建築を曳家で移動浙江省嵊州市

    中国浙江省嵊州(じょうしゅう)市甘霖鎮蒼岩村に位置する古建築「基成台門」ではこのほど連日、作業員らが建物の基礎工事のために穴を掘り、曳家(ひきや)の準備を進めている。基成台門は大部分が木造であるため、現場での保護作業が非常に重要となるが、関連する全ての保護措置はすでに適切に施されたという。基成台門は清代末期から中華民国初期の建築で、100年以上の歴史を持ち、敷地面積は700平方メートル近くに上る。独特かつ緻密な構造と合理的な配置が特徴で、外部に面した屋根付きの門と中庭、外庭を備え、梁受けや格子戸に施された彫刻は精巧で美しい。保存状態が比較的良いため、伝統的な家屋を研究する上で高い資料的価値がある。今回実施されている公共事業のための土地収用に伴う移転作業では、建築面積約2万5千平方メートルが対象となっており、すでに9割で撤去を完了した。作業中は歴史的建築物に対して一連の保護措置を取っており、基成台門の曳家工事の他にも「街心亭」の移築、「高屋台門」や「兪家台門」などの主要部材に対する保護措置も施されている。(記者/許舜達)<映像内容>古建築「基成台門」の曳家の準備の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、「万里郵路」で使われた郵便ラバ車。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、大竜郵票のサンプル。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、大竜郵票3分銀のシート。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、清朝末期に外交を取り仕切った「総理衙門(そうりがもん)」の電報のエンタイア。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、清朝政府が発布した郵便事業の規定をまとめた文書「大清郵政章程」。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、大竜郵票1分銀のシート。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、秦皇古駅道の「車轍石」。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、大竜郵票が張られたエンタイア。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、天津郵政博物館の外観。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した張紹曽(ちょう・しょうそ)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した李勉之(り・べんし)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した雍剣秋(よう・けんしゅう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した張学銘(ちょう・がくめい)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した陳光遠(ちん・こうえん)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日、北洋政府の総統、徐世昌(じょ・せいしょう)の娘の旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した呉頌平(ご・しょうへい)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した疙瘩楼。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日、徐樹強(じょ・しゅきょう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した張志潭(ちょう・したん)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月20日
    巧みな手仕事で名声を広めるしん粉細工職人の優美な人生

    20日、しんこ細工を作る王さん。1948年生まれの王玓(おう・てき)さんは、「津派面塑(天津市に伝わるしん粉細工)」の第3代伝承者。もち米や小麦粉を練って小さな人形を作るしんこ細工に携わり40年近くになる。しん粉細工は俗称を「揑面人(粉を練る人)」ともいう。小さなひとかたまりの生地が、王さんの見事な手つきで生き生きとした作品に変えられていく。王さんは長年にわたり、中国の少数民族の特色や異国の風情、中華民国期の典型的要素、古典的要素などを作品に取り入れ、さまざまな場面や色鮮やかな服装、多種多様な装飾をしん粉細工で表現してきた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月20日
    巧みな手仕事で名声を広めるしん粉細工職人の優美な人生

    20日、王さんが制作したしんこ細工作品。1948年生まれの王玓(おう・てき)さんは、「津派面塑(天津市に伝わるしん粉細工)」の第3代伝承者。もち米や小麦粉を練って小さな人形を作るしんこ細工に携わり40年近くになる。しん粉細工は俗称を「揑面人(粉を練る人)」ともいう。小さなひとかたまりの生地が、王さんの見事な手つきで生き生きとした作品に変えられていく。王さんは長年にわたり、中国の少数民族の特色や異国の風情、中華民国期の典型的要素、古典的要素などを作品に取り入れ、さまざまな場面や色鮮やかな服装、多種多様な装飾をしん粉細工で表現してきた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月20日
    巧みな手仕事で名声を広めるしん粉細工職人の優美な人生

    20日、王さんが制作したしんこ細工作品。1948年生まれの王玓(おう・てき)さんは、「津派面塑(天津市に伝わるしん粉細工)」の第3代伝承者。もち米や小麦粉を練って小さな人形を作るしんこ細工に携わり40年近くになる。しん粉細工は俗称を「揑面人(粉を練る人)」ともいう。小さなひとかたまりの生地が、王さんの見事な手つきで生き生きとした作品に変えられていく。王さんは長年にわたり、中国の少数民族の特色や異国の風情、中華民国期の典型的要素、古典的要素などを作品に取り入れ、さまざまな場面や色鮮やかな服装、多種多様な装飾をしん粉細工で表現してきた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月26日
    「文化財のお医者さん」、博物館で活躍甘粛省天水市

    26日、天水市博物館文物保護修復センターの紙質文物修復室で、中華民国期の対聯(対句を書いた掛け物)を修復する専門技術スタッフ。中国甘粛省の天水市博物館文物保護修復センターには、14人の専門技術スタッフから成る文化財修復チームが設置されている。チームは2012年の発足以来、博物館の所蔵品や館外の文化財の修復作業のほか、文化遺跡の調査や緊急発掘調査、古建築の彩色画保護、墳墓の移転・復元などに数多く携わってきた。欠損や破損のあった文化財が、熟練の技術による修復で輝きを取り戻し、人々に公開されている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の噴水池。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居に残る閻錫山自筆の家訓。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5