KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中華民国
  • 中国湖南省
  • 湖南省長沙市
  • 中国山西省
  • ゲストハウス
  • ネットで話題
  • 保護単位
  • 公館湖南省
  • 写真映え
  • 建築修復

「中華民国時代」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
66
( 1 66 件を表示)
  • 1
66
( 1 66 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月04日
    (7)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    山西督軍府旧址の敷地内に植えられている樹齢900年のエンジュ。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (6)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    茶の製造工程を説明するコーナー(一部)。(2020年12月28日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (3)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    山西督軍府旧址の自省堂。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (2)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    1日、山西督軍府旧址の正門。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (4)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    山西督軍府旧址の自省堂に掛かる扁額。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (5)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    晋商博物院で、晋商が茶を運ぶために切り拓いた道「万里茶路」にまつわる展示品を見つめる来場者。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (2)190年前の不動産契約書を発見河北省邢台市

    28日、邢台市任沢区で見つかった清の道光年間から中華民国時代にかけての不動産契約書の一部。中国河北省邢台(けいだい)市任沢区の文化財保護部門は28日、同区で清の道光年間の不動産契約書が見つかったと明らかにした。同区の住民が古い家屋を修繕した際、土地や家屋に関する契約書18点を見つけたという。最も古いものは道光10(1830)年の記載があり、190年の歴史を持つ。(邢台=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (1)190年前の不動産契約書を発見河北省邢台市

    28日、邢台市任沢区で見つかった清の道光年間から中華民国時代にかけての不動産契約書の一部。中国河北省邢台(けいだい)市任沢区の文化財保護部門は28日、同区で清の道光年間の不動産契約書が見つかったと明らかにした。同区の住民が古い家屋を修繕した際、土地や家屋に関する契約書18点を見つけたという。最も古いものは道光10(1830)年の記載があり、190年の歴史を持つ。(邢台=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    山西督軍府旧址の淵誼堂。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)=配信日:2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月06日
    慈善活動に尽力した李一族の豪邸「李家大院」山西省

    6日、中華民国時代の軍人、閻錫山(えん・しゃくざん)が災害救援活動をたたえ、李氏一族に贈った扁額。中国山西省運城市万栄県にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される李家大院は、かつての豪商の邸宅で、今では地元の観光スポットになっている。古色蒼然(そうぜん)とした住居は、中国式と西洋式が調和した「中西折衷」の造りをしているだけでなく、慈善文化の「生きた教材」でもある。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    古民家修繕で残す「都市の記憶」河北省邢台市

    14日、河北省邢台市襄都区の羊市道で、中華民国時代の古民家を修繕する作業員。中国河北省邢台市襄都(じょうと)区は2020年から、羊市道の古民家の保護・修繕プロジェクトを実施している。「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づき、伝統的な材料と技法を用いて重要な部位を修復。古民家に新たな命を吹き込むとともに、歴史の記憶を今に伝えている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    古民家修繕で残す「都市の記憶」河北省邢台市

    14日、河北省邢台市襄都区の羊市道で、中華民国時代の古民家を修繕する作業員。中国河北省邢台市襄都(じょうと)区は2020年から、羊市道の古民家の保護・修繕プロジェクトを実施している。「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づき、伝統的な材料と技法を用いて重要な部位を修復。古民家に新たな命を吹き込むとともに、歴史の記憶を今に伝えている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    古民家修繕で残す「都市の記憶」河北省邢台市

    14日、河北省邢台市襄都区の羊市道で、中華民国時代の古民家を修繕する作業員。中国河北省邢台市襄都(じょうと)区は2020年から、羊市道の古民家の保護・修繕プロジェクトを実施している。「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づき、伝統的な材料と技法を用いて重要な部位を修復。古民家に新たな命を吹き込むとともに、歴史の記憶を今に伝えている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    古民家修繕で残す「都市の記憶」河北省邢台市

    14日、河北省邢台市襄都区の羊市道で、中華民国時代の古民家を修繕す作業員たち。中国河北省邢台市襄都(じょうと)区は2020年から、羊市道の古民家の保護・修繕プロジェクトを実施している。「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づき、伝統的な材料と技法を用いて重要な部位を修復。古民家に新たな命を吹き込むとともに、歴史の記憶を今に伝えている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    古民家修繕で残す「都市の記憶」河北省邢台市

    14日、河北省邢台市襄都区の羊市道に立ち並ぶ中華民国時代の古民家。(小型無人機から)中国河北省邢台市襄都(じょうと)区は2020年から、羊市道の古民家の保護・修繕プロジェクトを実施している。「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づき、伝統的な材料と技法を用いて重要な部位を修復。古民家に新たな命を吹き込むとともに、歴史の記憶を今に伝えている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    古民家修繕で残す「都市の記憶」河北省邢台市

    14日、河北省邢台市襄都区の羊市道で、中華民国時代の古民家を修繕する作業員。(小型無人機から)中国河北省邢台市襄都(じょうと)区は2020年から、羊市道の古民家の保護・修繕プロジェクトを実施している。「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づき、伝統的な材料と技法を用いて重要な部位を修復。古民家に新たな命を吹き込むとともに、歴史の記憶を今に伝えている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    古民家修繕で残す「都市の記憶」河北省邢台市

    14日、河北省邢台市襄都区の羊市道にある中華民国時代の古民家。中国河北省邢台市襄都(じょうと)区は2020年から、羊市道の古民家の保護・修繕プロジェクトを実施している。「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づき、伝統的な材料と技法を用いて重要な部位を修復。古民家に新たな命を吹き込むとともに、歴史の記憶を今に伝えている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月29日
    有名人の旧居が集まるスポット、イタリア街を訪ねて天津市

    天津イタリア街にある中華民国時代のジャーナリスト、劉髯公(りゅう・ぜんこう)の旧居。(6月29日撮影)天津イタリア街(意式風情区)は中国天津市河北区(旧イタリア租界)にあり、1902年に建設が始まった。総建築面積は約40万平方メートル。区域内の建物は全てイタリア人が設計したもので、現在、イタリア本土を除くアジアで唯一、良好な状態で保存されているイタリア風の建築群となっている。また、歴史上の有名人の旧居があり、貴重な歴史的・文化的価値を持つ。同市政府は2002年末から、イタリア街の建物の保護と開発に着手。イタリア人技術者と協力し、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づいて、歴史的建物の修繕を行っている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:45.46
    2020年06月13日
    「新華社」湖南省張家界市、豪雨で400年の「風雨橋」が崩落

    中国湖南省張家界市の永定区は13日、豪雨に見舞われ、同区王家坪鎮や沅古坪鎮などの郷鎮の一部が大きな被害を受けた。水位の上昇にともない、王家坪鎮馬頭渓村にある400年余りの歴史を持つ中国南部の伝統的建築様式の橋「風雨橋」が洪水で崩落。橋脚だけが残された。同橋は明末清初に建設され、中華民国時代に改修工事が行われたという。現在、雨の勢いは収まっており、地元住民は生産・救助活動を積極的に展開し、道路の復旧と同地の復興に全力で取り組んでいる。(記者/阮周囲)<映像内容>豪雨による洪水で風雨橋が崩落、撮影日:2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の噴水池。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居に残る閻錫山自筆の家訓。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居内の都督府。ロマネスク様式の風格を持つ。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の給水塔。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の新南院。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の須弥壇(しゅみだん)の一部分。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の建具に施された木彫。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の東花園の中庭にある貴賓室。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の正門。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居に残る孫文(そん・ぶん)が閻錫山に寄せた揮毫を彫った壁。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月06日
    都会の喧騒にたたずむ中華民国時代の公館湖南省長沙市

    6日、馬益順捌玖公館の一角。中国湖南省長沙市の中心部に中華民国時代に建てられた3棟の公館(当時の富裕層の邸宅)があり、市の文物保護単位(文化財)に指定されている。台湾の戴翎怡(たい・れいい)さんは2015年、この3棟を借り、修復を加えゲストハウス「馬益順捌玖公館」を開業した。これらのゲストハウスは現在、写真映えする観光地としてネットで話題になっており、古建築修復学を専門とする多くの学者も研究に訪れている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月06日
    都会の喧騒にたたずむ中華民国時代の公館湖南省長沙市

    6日、馬益順捌玖公館の前で記念撮影するゲストハウス創設者の戴翎怡さん。中国湖南省長沙市の中心部に中華民国時代に建てられた3棟の公館(当時の富裕層の邸宅)があり、市の文物保護単位(文化財)に指定されている。台湾の戴翎怡(たい・れいい)さんは2015年、この3棟を借り、修復を加えゲストハウス「馬益順捌玖公館」を開業した。これらのゲストハウスは現在、写真映えする観光地としてネットで話題になっており、古建築修復学を専門とする多くの学者も研究に訪れている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月06日
    都会の喧騒にたたずむ中華民国時代の公館湖南省長沙市

    6日、長沙市の馬益順捌玖公館。中国湖南省長沙市の中心部に中華民国時代に建てられた3棟の公館(当時の富裕層の邸宅)があり、市の文物保護単位(文化財)に指定されている。台湾の戴翎怡(たい・れいい)さんは2015年、この3棟を借り、修復を加えゲストハウス「馬益順捌玖公館」を開業した。これらのゲストハウスは現在、写真映えする観光地としてネットで話題になっており、古建築修復学を専門とする多くの学者も研究に訪れている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月06日
    都会の喧騒にたたずむ中華民国時代の公館湖南省長沙市

    6日、長沙市の馬益順捌玖公館。中国湖南省長沙市の中心部に中華民国時代に建てられた3棟の公館(当時の富裕層の邸宅)があり、市の文物保護単位(文化財)に指定されている。台湾の戴翎怡(たい・れいい)さんは2015年、この3棟を借り、修復を加えゲストハウス「馬益順捌玖公館」を開業した。これらのゲストハウスは現在、写真映えする観光地としてネットで話題になっており、古建築修復学を専門とする多くの学者も研究に訪れている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月06日
    都会の喧騒にたたずむ中華民国時代の公館湖南省長沙市

    6日、馬益順捌玖公館の室内。中国湖南省長沙市の中心部に中華民国時代に建てられた3棟の公館(当時の富裕層の邸宅)があり、市の文物保護単位(文化財)に指定されている。台湾の戴翎怡(たい・れいい)さんは2015年、この3棟を借り、修復を加えゲストハウス「馬益順捌玖公館」を開業した。これらのゲストハウスは現在、写真映えする観光地としてネットで話題になっており、古建築修復学を専門とする多くの学者も研究に訪れている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月06日
    都会の喧騒にたたずむ中華民国時代の公館湖南省長沙市

    6日、長沙市の馬益順捌玖公館。中国湖南省長沙市の中心部に中華民国時代に建てられた3棟の公館(当時の富裕層の邸宅)があり、市の文物保護単位(文化財)に指定されている。台湾の戴翎怡(たい・れいい)さんは2015年、この3棟を借り、修復を加えゲストハウス「馬益順捌玖公館」を開業した。これらのゲストハウスは現在、写真映えする観光地としてネットで話題になっており、古建築修復学を専門とする多くの学者も研究に訪れている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月06日
    都会の喧騒にたたずむ中華民国時代の公館湖南省長沙市

    6日、馬益順捌玖公館の一角。中国湖南省長沙市の中心部に中華民国時代に建てられた3棟の公館(当時の富裕層の邸宅)があり、市の文物保護単位(文化財)に指定されている。台湾の戴翎怡(たい・れいい)さんは2015年、この3棟を借り、修復を加えゲストハウス「馬益順捌玖公館」を開業した。これらのゲストハウスは現在、写真映えする観光地としてネットで話題になっており、古建築修復学を専門とする多くの学者も研究に訪れている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月06日
    都会の喧騒にたたずむ中華民国時代の公館湖南省長沙市

    6日、馬益順捌玖公館の一角。中国湖南省長沙市の中心部に中華民国時代に建てられた3棟の公館(当時の富裕層の邸宅)があり、市の文物保護単位(文化財)に指定されている。台湾の戴翎怡(たい・れいい)さんは2015年、この3棟を借り、修復を加えゲストハウス「馬益順捌玖公館」を開業した。これらのゲストハウスは現在、写真映えする観光地としてネットで話題になっており、古建築修復学を専門とする多くの学者も研究に訪れている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月06日
    都会の喧騒にたたずむ中華民国時代の公館湖南省長沙市

    6日、馬益順捌玖公館の一角。中国湖南省長沙市の中心部に中華民国時代に建てられた3棟の公館(当時の富裕層の邸宅)があり、市の文物保護単位(文化財)に指定されている。台湾の戴翎怡(たい・れいい)さんは2015年、この3棟を借り、修復を加えゲストハウス「馬益順捌玖公館」を開業した。これらのゲストハウスは現在、写真映えする観光地としてネットで話題になっており、古建築修復学を専門とする多くの学者も研究に訪れている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月06日
    都会の喧騒にたたずむ中華民国時代の公館湖南省長沙市

    6日、馬益順捌玖公館の室内。中国湖南省長沙市の中心部に中華民国時代に建てられた3棟の公館(当時の富裕層の邸宅)があり、市の文物保護単位(文化財)に指定されている。台湾の戴翎怡(たい・れいい)さんは2015年、この3棟を借り、修復を加えゲストハウス「馬益順捌玖公館」を開業した。これらのゲストハウスは現在、写真映えする観光地としてネットで話題になっており、古建築修復学を専門とする多くの学者も研究に訪れている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月06日
    都会の喧騒にたたずむ中華民国時代の公館湖南省長沙市

    6日、馬益順捌玖公館の一角。中国湖南省長沙市の中心部に中華民国時代に建てられた3棟の公館(当時の富裕層の邸宅)があり、市の文物保護単位(文化財)に指定されている。台湾の戴翎怡(たい・れいい)さんは2015年、この3棟を借り、修復を加えゲストハウス「馬益順捌玖公館」を開業した。これらのゲストハウスは現在、写真映えする観光地としてネットで話題になっており、古建築修復学を専門とする多くの学者も研究に訪れている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月06日
    都会の喧騒にたたずむ中華民国時代の公館湖南省長沙市

    6日、馬益順捌玖公館が収蔵する中華民国時代の貨幣。中国湖南省長沙市の中心部に中華民国時代に建てられた3棟の公館(当時の富裕層の邸宅)があり、市の文物保護単位(文化財)に指定されている。台湾の戴翎怡(たい・れいい)さんは2015年、この3棟を借り、修復を加えゲストハウス「馬益順捌玖公館」を開業した。これらのゲストハウスは現在、写真映えする観光地としてネットで話題になっており、古建築修復学を専門とする多くの学者も研究に訪れている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:35.90
    2019年10月07日
    「新華社」故宮博物院の貴重な書画を展示南昌市八大山人記念館

    中国の国慶節連休(10月1~7日)期間中、江西省南昌市の八大山人(はちだいさんじん)記念館には、芸術愛好家が次々と訪れ、故宮博物院所蔵の貴重な書画を鑑賞している。同記念館ではこのほど、故宮博物院と南昌市政府の共催による「伝承を振り返る-八大山人記念館設立60周年記念故宮コレクション特別展」が開幕。期間中、同博物院が所蔵する倪瓚(げい・さん)や沈周(しん・しゅう)、呂紀(りょ・き)など、元代から中華民国時代の書画界の大家19人による貴重な作品58点が展示される。同展では「伝承展」「比較展」「継承展」が約1カ月ずつ3期に分けて開かれることとなっており、それぞれ異なった作品が鑑賞できる。(記者/黄和遜)<映像内容>元代から中華民国時代の書画の展示の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月10日
    三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県

    中華民国時代に撮影された趙雲墓。(資料写真)中国四川省成都市大邑(だいゆう)県は、三国志の名将、趙雲(字は子竜)が晩年に守備を任された地と伝えられており、子竜祠などの三国時代の遺跡が残され、独特の子竜文化を今に伝えている。専門家の考証によると、三国時代の大邑は蜀漢の存亡に関わる戦略的要地であり、当時の都、成都の西側を守る障壁の役目を果たした。晩年に成都の「首都警備司令官」を務めた趙雲は、病没するまでの十数年間、この地に駐留した。(成都=新華社配信/大邑県文化管理所提供)=撮影日不明、クレジット:大邑県文化管理所/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月10日
    三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県

    10日、大邑県檔案館(資料館)が保管する中華民国時代編纂(へんさん)の「大邑県志」。趙雲墓に関する記載がある。中国四川省成都市大邑(だいゆう)県は、三国志の名将、趙雲(字は子竜)が晩年に守備を任された地と伝えられており、子竜祠などの三国時代の遺跡が残され、独特の子竜文化を今に伝えている。専門家の考証によると、三国時代の大邑は蜀漢の存亡に関わる戦略的要地であり、当時の都、成都の西側を守る障壁の役目を果たした。晩年に成都の「首都警備司令官」を務めた趙雲は、病没するまでの十数年間、この地に駐留した。(成都=新華社配信/大邑県檔案館提供)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:大邑県檔案館/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月05日
    三国志の名将、太史慈の墓を訪ねて江蘇省鎮江市

    中華民国時代の太史慈の墓の写真。(資料写真)中国後漢末期の有名な武将、太史慈(たいし・じ、166年~206年)は、青州東莱郡黄県(現在の山東省)の出身で、のちに呉の孫策、孫権に重用された。太史慈は弓による狙撃を得意とし「一人で一部隊」に匹敵すると称された。太史慈の墓は江蘇省鎮江市北固山中峰の南麓にあり、墓前の大理石の石碑には大きな文字で「東莱太史慈之墓」と刻まれている。墓は清代の同治年間(1862~1874年)に城壁を修復した際に見つかった。その後も補修と整備が繰り返され、現在の墓は1985年に再建された。(鎮江=新華社配信/蔡慶来提供)=撮影日不明、クレジット:蔡慶来/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2019年07月02日
    動物をテーマにした文物展、南京博物院で開催

    2日撮影した中華民国時代の「銅胎掐絲琺琅羊」(どうたいこうしほうろうよう、有線七宝技法で作られた羊の置物)。夏の到来を迎え、中国江蘇省の南京博物院特別展示館では、「夏の動物『縁』親子体験展」が開催されている。来場者はさまざまな文物や動物の剥製、インタラクティブな装置による没入型の体験を通じて、歴史や自然に関する知識を学び、人と動物を結ぶ素晴らしい縁を感じることができる。(南京=新華社記者/朱筱)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月24日
    中華民国時代の女性書画家作品70余点を公開湖南省長沙市

    24日、湖南省文化館で展示された寿石工(じゅ・せっこう)夫婦が描いた扇絵。中華民国時代の女性書画家の作品70点余りを集めた展覧会が24日、中国湖南省長沙市の湖南省文化館で開幕した。掛け軸、扇子、巻物など、さまざまな形式の作品が集められ、中には張充和(ちょう・じゅうわ)、孫多慈(そん・たじ)、呉青霞(ご・せいか)、陳小翠(ちん・しょうすい)ら名人の書画作品も含まれている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月24日
    中華民国時代の女性書画家作品70余点を公開湖南省長沙市

    24日、湖南省文化館で盛愛頤(せい・あいい)氏の「清風竹韻」を鑑賞する来場者。中華民国時代の女性書画家の作品70点余りを集めた展覧会が24日、中国湖南省長沙市の湖南省文化館で開幕した。掛け軸、扇子、巻物など、さまざまな形式の作品が集められ、中には張充和(ちょう・じゅうわ)、孫多慈(そん・たじ)、呉青霞(ご・せいか)、陳小翠(ちん・しょうすい)ら名人の書画作品も含まれている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月24日
    中華民国時代の女性書画家作品70余点を公開湖南省長沙市

    24日、湖南省文化館で費文卿(ひ・ぶんけい)氏の「芙蓉翠鳥図」を鑑賞する来場者。中華民国時代の女性書画家の作品70点余りを集めた展覧会が24日、中国湖南省長沙市の湖南省文化館で開幕した。掛け軸、扇子、巻物など、さまざまな形式の作品が集められ、中には張充和(ちょう・じゅうわ)、孫多慈(そん・たじ)、呉青霞(ご・せいか)、陳小翠(ちん・しょうすい)ら名人の書画作品も含まれている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月24日
    中華民国時代の女性書画家作品70余点を公開湖南省長沙市

    24日、湖南省文化館で民国時期女性の書画作品を鑑賞する来場者。中華民国時代の女性書画家の作品70点余りを集めた展覧会が24日、中国湖南省長沙市の湖南省文化館で開幕した。掛け軸、扇子、巻物など、さまざまな形式の作品が集められ、中には張充和(ちょう・じゅうわ)、孫多慈(そん・たじ)、呉青霞(ご・せいか)、陳小翠(ちん・しょうすい)ら名人の書画作品も含まれている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月24日
    中華民国時代の女性書画家作品70余点を公開湖南省長沙市

    24日、湖南省文化館で盛愛頤(せい・あいい)氏の「清風竹韻」を鑑賞する来場者。中華民国時代の女性書画家の作品70点余りを集めた展覧会が24日、中国湖南省長沙市の湖南省文化館で開幕した。掛け軸、扇子、巻物など、さまざまな形式の作品が集められ、中には張充和(ちょう・じゅうわ)、孫多慈(そん・たじ)、呉青霞(ご・せいか)、陳小翠(ちん・しょうすい)ら名人の書画作品も含まれている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月24日
    中華民国時代の女性書画家作品70余点を公開湖南省長沙市

    24日、湖南省文化館で林徽因(りん・きいん)氏と陸小曼(りく・しょうばん)氏の肖像画を鑑賞する来場者。中華民国時代の女性書画家の作品70点余りを集めた展覧会が24日、中国湖南省長沙市の湖南省文化館で開幕した。掛け軸、扇子、巻物など、さまざまな形式の作品が集められ、中には張充和(ちょう・じゅうわ)、孫多慈(そん・たじ)、呉青霞(ご・せいか)、陳小翠(ちん・しょうすい)ら名人の書画作品も含まれている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月24日
    中華民国時代の女性書画家作品70余点を公開湖南省長沙市

    24日、湖南省文化館で謝月眉(しゃ・げつび)氏の「紅花小鳥」を鑑賞する来場者。中華民国時代の女性書画家の作品70点余りを集めた展覧会が24日、中国湖南省長沙市の湖南省文化館で開幕した。掛け軸、扇子、巻物など、さまざまな形式の作品が集められ、中には張充和(ちょう・じゅうわ)、孫多慈(そん・たじ)、呉青霞(ご・せいか)、陳小翠(ちん・しょうすい)ら名人の書画作品も含まれている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月24日
    中華民国時代の女性書画家作品70余点を公開湖南省長沙市

    24日、湖南省文化館で盛愛頤(せい・あいい)氏の「清風竹韻」を鑑賞する来場者。中華民国時代の女性書画家の作品70点余りを集めた展覧会が24日、中国湖南省長沙市の湖南省文化館で開幕した。掛け軸、扇子、巻物など、さまざまな形式の作品が集められ、中には張充和(ちょう・じゅうわ)、孫多慈(そん・たじ)、呉青霞(ご・せいか)、陳小翠(ちん・しょうすい)ら名人の書画作品も含まれている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月24日
    中華民国時代の女性書画家作品70余点を公開湖南省長沙市

    24日、湖南省文化館で民国時期女性の書画作品を鑑賞する来場者。中華民国時代の女性書画家の作品70点余りを集めた展覧会が24日、中国湖南省長沙市の湖南省文化館で開幕した。掛け軸、扇子、巻物など、さまざまな形式の作品が集められ、中には張充和(ちょう・じゅうわ)、孫多慈(そん・たじ)、呉青霞(ご・せいか)、陳小翠(ちん・しょうすい)ら名人の書画作品も含まれている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月24日
    中華民国時代の女性書画家作品70余点を公開湖南省長沙市

    24日、湖南省文化館で鄭有慧(てい・ゆうけい)氏の「山水」を鑑賞する来場者。中華民国時代の女性書画家の作品70点余りを集めた展覧会が24日、中国湖南省長沙市の湖南省文化館で開幕した。掛け軸、扇子、巻物など、さまざまな形式の作品が集められ、中には張充和(ちょう・じゅうわ)、孫多慈(そん・たじ)、呉青霞(ご・せいか)、陳小翠(ちん・しょうすい)ら名人の書画作品も含まれている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月24日
    中華民国時代の女性書画家作品70余点を公開湖南省長沙市

    24日、湖南省文化館で陳霖(ちん・りん)氏の「蔬食図」を鑑賞する来場者。中華民国時代の女性書画家の作品70点余りを集めた展覧会が24日、中国湖南省長沙市の湖南省文化館で開幕した。掛け軸、扇子、巻物など、さまざまな形式の作品が集められ、中には張充和(ちょう・じゅうわ)、孫多慈(そん・たじ)、呉青霞(ご・せいか)、陳小翠(ちん・しょうすい)ら名人の書画作品も含まれている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月21日
    影絵を守る無形文化遺産伝承者安徽省宣城市

    5月21日、皖南皮影博物館の展示品、中華民国時代の「海瑞大審」。中国安徽省南部に伝わる無形文化遺産の影絵芝居「皖南皮影戯」。その伝承者である何沢華(か·たくか)さんは、幼少の頃から「皮影戯」を愛してきた。何さんは「皮影戯」を上演するだけでなく、影絵人形の制作も行う。「皮影戯」を伝承、保護するため2010年に、同省宣城市宣州区水東鎮に皖南皮影博物館を設立した。館内には1万点を超える影絵人形が保管され、無料で公開している。何さんは現在、定期的に宣城市第11小学校に出向き、子どもたちに影絵人形の動かし方や作り方を教えている。何さんは「皮影戯」は文化であり、より多くの人にこの芸術を知ってもらいたいと語った。(合肥=新華社記者/楊丁淼)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月20日
    悠久の歴史を誇る古代泉州の名窯「磁竃窯」を訪ねて福建省

    20日、「泉州古代外銷陶瓷(輸出陶磁器)博物館」に展示された清代末期~中華民国時代の「醤釉高圏足竜紋蓋罐」(竜の模様が入った蓋付きつぼ)。中国福建省泉州市晋江市(しんこうし、泉州市の管轄下にある県級市)磁竈(じそう)鎮にある磁竃窯は、宋・元代に輸出向けの陶磁器を焼いていた泉州の重要な窯で、1500年以上の歴史を誇る。窯跡は同市梅渓(ばいけい)両岸に多く分布し、その数は26カ所にのぼる。中でも、その代表格といえる金交椅山(きんこういざん)窯跡は、五代十国時代から南宋時代のもので、ここからさまざまな形の青釉や醤黑釉などの陶磁器が出土している。磁竃窯は2006年5月、国務院により第6次全国重点文物保護単位に指定された。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    媽祖関連の展示物が豊富莆田市博物館を訪ねて福建省

    15日、莆田市博物館に展示されている中華民国時代の「寿山石羅漢座像」。「羅漢」とは「阿羅漢(あらかん)」の省略形で、最高の悟りを得て仏法を守護する聖人を指す。中国福建省莆田(ほでん)市の綬渓公園の東側にある莆田博物館は、敷地面積23・3ムー(約1万5500平方メートル)、建築面積2万8800平方メートル、展示ホール面積1万3千平方メートル。同館には文化財1万点余りが所蔵され、その内容は陶磁器や青銅器、石器、書画など、さまざまな分野におよぶ。うち3級以上の貴重な文化財は1378点。同館が所蔵する媽祖(まそ、航海と漁業の女神)文化にまつわる文化財200点余りは、莆田市が世界規模の媽祖文化の中心地を建設するための資料となっている。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    媽祖関連の展示物が豊富莆田市博物館を訪ねて福建省

    15日、莆田市博物館に展示されている中華民国時代の「黄楊木(ツゲ)彫刻麻姑(中国の伝説上の仙女)立像」。中国福建省莆田(ほでん)市の綬渓公園の東側にある莆田博物館は、敷地面積23・3ムー(約1万5500平方メートル)、建築面積2万8800平方メートル、展示ホール面積1万3千平方メートル。同館には文化財1万点余りが所蔵され、その内容は陶磁器や青銅器、石器、書画など、さまざまな分野におよぶ。うち3級以上の貴重な文化財は1378点。同館が所蔵する媽祖(まそ、航海と漁業の女神)文化にまつわる文化財200点余りは、莆田市が世界規模の媽祖文化の中心地を建設するための資料となっている。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:35.83
    2019年04月28日
    「新華社」「簫笛のふるさと」貴州省玉屏の伝統的な笛の展覧会始まる上海

    中国上海市の上海音楽学院芸術成果展示ホールで4月28日、貴州省玉屏(ぎょくへい)トン族自治県の簫笛(しょうてき)を展示する展覧会が開幕した。中国の「音楽家のゆりかご」と称される上海音楽学院と「中国の簫笛のふるさと」と呼ばれる同県が、今回の中国無形文化遺産の展覧会で「巡り合った」。開会式では、玉屏から来た簫笛楽団が祝いの曲「歓慶」を演奏し、抑揚のある軽快で美しい笛の音色で会場をお祝いムードに包んだ。今回の展覧会では、清朝、中華民国時代と新中国成立以降の約30本の簫笛が展示され、玉屏の簫笛文化の起源、各時期の工芸特色、現在の発展状況などを紹介している。同展は5月31日までの会期中、複数の専門講座や特別演奏会を行う。主催者は、今回の展示を通じて多くの人に玉屏の簫笛を知り、玉屏簫笛文化の発展に注目してもらい、共に国家級無形文化遺産の伝承と保護を行っていきたいと語った。(記者/有之炘、孫青)<映像内容>簫笛の展示、演奏の様子、撮影日:2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月18日
    中華民国時代の軍人于珍氏の遺品、子孫が寄贈遼寧省瀋陽市

    18日、瀋陽博物院が授与した寄贈証明書を手にする于珍氏の子孫ら。中華民国時代に東北陸軍の師長を務めた軍人、于珍(う・ちん)氏の遺品が遺族から瀋陽博物院に寄贈され、その寄贈式が18日午前、瀋陽金融博物館で行われた。(瀋陽=新華社配信/張氏帥府博物館提供)=2019(平成31)年4月18日、クレジット:張氏帥府博物館/新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月18日
    中華民国時代の軍人于珍氏の遺品、子孫が寄贈遼寧省瀋陽市

    18日に撮影した于珍氏の子孫が寄贈した文物。中華民国時代に東北陸軍の師長を務めた軍人、于珍(う・ちん)氏の遺品が遺族から瀋陽博物院に寄贈され、その寄贈式が18日午前、瀋陽金融博物館で行われた。(瀋陽=新華社配信/張氏帥府博物館提供)=2019(平成31)年4月18日、クレジット:張氏帥府博物館/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月19日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    19日、安仁古鎮にある中華民国時代の軍人、劉文輝(りゅう・ぶんき)の邸宅の敷地内に建つ「延慶園」の様子。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月19日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    19日、安仁古鎮にある中華民国時代の軍人、劉文輝(りゅう・ぶんき)の邸宅の入り口。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1