KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 銀川
  • トングリ砂漠
  • 黄河
  • 位置
  • 全長
  • 風景
  • ムー
  • 通過

「中衛」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
234
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
234
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1989年03月18日
    「左兵衛府」が墨書きされている土器の破片 軍隊名入り土器片が出土

    軍隊名の「中衛府」と律令制下の正規軍の一つ「左兵衛府」が墨書きされている土器の破片

    商品コード: 2019111401211

  • 1999年06月11日
    砂漠と化した集落 迫る干害、つのる貧苦

    砂漠と化した集落。「10年前は緑地だったのに」と地元民は言う。中央は黄河=中国・中衛県(共同)

    商品コード: 1999061100069

  • 1999年11月30日
    上申書とみられる木簡 紫香楽宮の政治運営示す

    滋賀県信楽町の宮町遺跡から出土した、太政官への上申書とみられる木簡(左)と「中衛」と記された木簡

    商品コード: 1999113000062

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年06月20日
    霜中衛町長 買収で福井の町長逮捕へ

    福井県上中町の霜中衛町長

    商品コード: 2002062000209

  • 2017年05月21日
    会見する陳時中氏 不参加、国際社会に不利益

    21日、ジュネーブで日本メディアと会見する台湾の陳時中衛生福利部長(共同)

    商品コード: 2017052100592

  • 2017年05月21日
    台湾の衛生福利部長 不参加、国際社会に不利益

    21日、ジュネーブで日本メディアと会見する台湾の陳時中衛生福利部長(共同)

    商品コード: 2017052100593

  • 2018年03月15日
    寧夏中寧伝統戯曲・文化を学校に「根付かせる」

    劇曲の「花旦」(劇曲の中の女性役の一つ)役の立ち振る舞いを教える寧夏回族自治区中衛市中寧県文化館の職員。生徒たちに伝統劇曲にまつわる文化を理解し、学び、継承してもらおうと、中国寧夏回族自治区中衛市の中寧県文化館の職員が2014年から県内の学校に赴き、「伝統劇曲教室」を定期的に開いている。現在、同文化館は中寧県内の学校6校でこのような活動を行っているという。(中衛=新華社記者/隋先凱)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018031900977

  • 2018年03月15日
    寧夏中寧伝統戯曲・文化を学校に「根付かせる」

    劇曲の「水袖」(古典劇・古典舞踊の舞台衣装で、袖口につけられた長い白い薄絹)を使ったしぐさを教える寧夏回族自治区中衛市中寧県文化館の職員。生徒たちに伝統劇曲にまつわる文化を理解し、学び、継承してもらおうと、中国寧夏回族自治区中衛市の中寧県文化館の職員が2014年から県内の学校に赴き、「伝統劇曲教室」を定期的に開いている。現在、同文化館は中寧県内の学校6校でこのような活動を行っているという。(中衛=新華社記者/隋先凱)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018031900971

  • 2018年06月26日
    空から見た寧夏回族自治区

    空から見た寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市トングリ砂漠の周辺を流れる黄河。(6月26日、小型無人機から)中国北西部に位置する寧夏回族自治区の山や川、草原、砂漠、湖は絵画のように美しく、訪れた人を魅了する。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816877

  • 2018年06月26日
    クラウド事業を強化する砂漠の小都市寧夏中衛市

    6月26日、寧夏回族自治区中衛市内を流れる黄河。(小型無人機から)トングリ砂漠の南端に位置する中国寧夏回族自治区の中衛市は、同自治区で最も若い地級市(中国の地方行政単位)にあたる。今から60年前、ここから広大な砂漠地帯を走る中国初の砂漠鉄道、「包蘭鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)が正式に開通し、その際に考案された「麦草方格」という砂漠化を効果的に防ぐ方法が、世界中に広まった。現在、同市は資源・環境制約を克服するため、IT(情報技術)革命がもたらすチャンスをつかみ、米アリゾナ州フェニックスでベンチマーキングを実施し、砂漠の端で世界をリードする「クラウド情報ハイウェイ」を構築している。近代的なデータセンターが次々に落成し、国内外の著名なクラウド企業が次々に入居し、クラウドコンピューティング専攻の大学生が続々と社会に出てゆくに伴い、クラウドコンピューティング産業は中衛に質の高い発展によるメリットをもたらし、世界がこの砂漠都市を再認識するための新たな名刺的存在にもなりつつある。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900543

  • 2018年06月26日
    クラウド事業を強化する砂漠の小都市寧夏中衛市

    6月26日、中衛市内から砂漠地帯を貫いて走る包蘭鉄道。(小型無人機から)トングリ砂漠の南端に位置する中国寧夏回族自治区の中衛市は、同自治区で最も若い地級市(中国の地方行政単位)にあたる。今から60年前、ここから広大な砂漠地帯を走る中国初の砂漠鉄道、「包蘭鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)が正式に開通し、その際に考案された「麦草方格」という砂漠化を効果的に防ぐ方法が、世界中に広まった。現在、同市は資源・環境制約を克服するため、IT(情報技術)革命がもたらすチャンスをつかみ、米アリゾナ州フェニックスでベンチマーキングを実施し、砂漠の端で世界をリードする「クラウド情報ハイウェイ」を構築している。近代的なデータセンターが次々に落成し、国内外の著名なクラウド企業が次々に入居し、クラウドコンピューティング専攻の大学生が続々と社会に出てゆくに伴い、クラウドコンピューティング産業は中衛に質の高い発展によるメリットをもたらし、世界がこの砂漠都市を再認識するための新たな名刺的存在にもなりつつある。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900497

  • 2018年06月27日
    クラウド事業を強化する砂漠の小都市寧夏中衛市

    6月27日、寧夏回族自治区中衛市内を流れる黄河。(小型無人機から)トングリ砂漠の南端に位置する中国寧夏回族自治区の中衛市は、同自治区で最も若い地級市(中国の地方行政単位)にあたる。今から60年前、ここから広大な砂漠地帯を走る中国初の砂漠鉄道、「包蘭鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)が正式に開通し、その際に考案された「麦草方格」という砂漠化を効果的に防ぐ方法が、世界中に広まった。現在、同市は資源・環境制約を克服するため、IT(情報技術)革命がもたらすチャンスをつかみ、米アリゾナ州フェニックスでベンチマーキングを実施し、砂漠の端で世界をリードする「クラウド情報ハイウェイ」を構築している。近代的なデータセンターが次々に落成し、国内外の著名なクラウド企業が次々に入居し、クラウドコンピューティング専攻の大学生が続々と社会に出てゆくに伴い、クラウドコンピューティング産業は中衛に質の高い発展によるメリットをもたらし、世界がこの砂漠都市を再認識するための新たな名刺的存在にもなりつつある。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900496

  • 2018年07月05日
    クラウド事業を強化する砂漠の小都市寧夏中衛市

    7月5日、寧夏回族自治区中衛市にある「クラウドベース(Cloudbase)」。(小型無人機から)トングリ砂漠の南端に位置する中国寧夏回族自治区の中衛市は、同自治区で最も若い地級市(中国の地方行政単位)にあたる。今から60年前、ここから広大な砂漠地帯を走る中国初の砂漠鉄道、「包蘭鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)が正式に開通し、その際に考案された「麦草方格」という砂漠化を効果的に防ぐ方法が、世界中に広まった。現在、同市は資源・環境制約を克服するため、IT(情報技術)革命がもたらすチャンスをつかみ、米アリゾナ州フェニックスでベンチマーキングを実施し、砂漠の端で世界をリードする「クラウド情報ハイウェイ」を構築している。近代的なデータセンターが次々に落成し、国内外の著名なクラウド企業が次々に入居し、クラウドコンピューティング専攻の大学生が続々と社会に出てゆくに伴い、クラウドコンピューティング産業は中衛に質の高い発展によるメリットをもたらし、世界がこの砂漠都市を再認識するための新たな名刺的存在にもなりつつある。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900495

  • 2018年07月05日
    クラウド事業を強化する砂漠の小都市寧夏中衛市

    7月5日、寧夏回族自治区中衛市にある「クラウドベース(Cloudbase)」。(小型無人機から)トングリ砂漠の南端に位置する中国寧夏回族自治区の中衛市は、同自治区で最も若い地級市(中国の地方行政単位)にあたる。今から60年前、ここから広大な砂漠地帯を走る中国初の砂漠鉄道、「包蘭鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)が正式に開通し、その際に考案された「麦草方格」という砂漠化を効果的に防ぐ方法が、世界中に広まった。現在、同市は資源・環境制約を克服するため、IT(情報技術)革命がもたらすチャンスをつかみ、米アリゾナ州フェニックスでベンチマーキングを実施し、砂漠の端で世界をリードする「クラウド情報ハイウェイ」を構築している。近代的なデータセンターが次々に落成し、国内外の著名なクラウド企業が次々に入居し、クラウドコンピューティング専攻の大学生が続々と社会に出てゆくに伴い、クラウドコンピューティング産業は中衛に質の高い発展によるメリットをもたらし、世界がこの砂漠都市を再認識するための新たな名刺的存在にもなりつつある。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900537

  • 03:46.83
    2018年08月19日
    「新華社」「橋」で見る寧夏回族自治区

    中国の黄河は、寧夏回族自治区の中衛市を過ぎると北へ流れを変える。広大な沃野が続く寧夏平原を397キロにわたり潤し、その流れは絶えることがない。黄河に架かる数々の橋は、同自治区の勢い良い発展の証であり、輝かしい未来へと導く「高速発展の道」だ。自治区成立60周年にあたり、呉忠市内にある黄河大橋を訪ねてみよう。葉盛黄河公路大橋は呉忠市と霊武市の間にかかる橋で、自治区が独自に設計・施工した最初の黄河公路大橋。1970年12月に開通した。自治区内を流れる黄河の架橋の歴史を見つめてきた証人であり、その後の黄河深水橋建設において貴重な経験をもたらした。青銅峡黄河大橋は呉忠市内の青銅峡水利中枢ダムの下流にある。1989年7月に着工し、1991年9月に開通した。呉忠黄河公路特大橋は、呉忠市と青銅峡市を結ぶ重要な基幹工事で、「黄河金岸」(自治区内の黄河流域都市開発構想)建設のシンボル的なプロジェクトでもある。双方向4車線の主橋部はPC箱桁橋で多柱基礎形式が採用されている。2010年11月15日に開通した。(記者/唐亜蒙)<映像内容>黄河大橋の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801285

  • 2018年08月31日
    空から見た寧夏回族自治区

    8月31日、空から見た寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市の太陽光発電産業パークの太陽光発電所。(小型無人機から)中国北西部に位置する寧夏回族自治区の山や川、草原、砂漠、湖は絵画のように美しく、訪れた人を魅了する。(銀川=新華社記者/郭緒雷)=2018(平成30)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816942

  • 2018年09月07日
    空から見た寧夏回族自治区

    7日、空から見た寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市を通る「包蘭(ほうらん)鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)。(小型無人機から)中国北西部に位置する寧夏回族自治区の山や川、草原、砂漠、湖は絵画のように美しく、訪れた人を魅了する。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816762

  • 2018年10月14日
    「ミス·ツーリズム·ワールド2018」決勝戦、寧夏で閉幕

    14日、決勝戦の会場で美を競い合う参加者たち。「大漠風尚・璀璨中衛」(砂漠スタイル・輝く中衛)をテーマにする「ミス・ツーリズム・ワールド2018」ミスコンテストの決勝戦が14日、中国の寧夏回族自治区中衛市の沙坡頭(さはとう)区で閉幕した。世界各地から選ばれた女性47人が参加した。(寧夏=新華社配信/張風)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607128

  • 2018年10月14日
    「ミス·ツーリズム·ワールド2018」決勝戦、寧夏で閉幕

    14日、決勝戦の会場で美を競い合う参加者たち。「大漠風尚・璀璨中衛」(砂漠スタイル・輝く中衛)をテーマにする「ミス・ツーリズム・ワールド2018」ミスコンテストの決勝戦が14日、中国の寧夏回族自治区中衛市の沙坡頭(さはとう)区で閉幕した。世界各地から選ばれた女性47人が参加した。(寧夏=新華社配信/張風)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607166

  • 2018年10月14日
    「ミス·ツーリズム·ワールド2018」決勝戦、寧夏で閉幕

    14日、決勝戦の会場で美を競い合う参加者たち。「大漠風尚・璀璨中衛」(砂漠スタイル・輝く中衛)をテーマにする「ミス・ツーリズム・ワールド2018」ミスコンテストの決勝戦が14日、中国の寧夏回族自治区中衛市の沙坡頭(さはとう)区で閉幕した。世界各地から選ばれた女性47人が参加した。(寧夏=新華社配信/張風)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607112

  • 2018年10月14日
    「ミス·ツーリズム·ワールド2018」決勝戦、寧夏で閉幕

    14日、決勝戦の会場で美を競い合う参加者たち。「大漠風尚・璀璨中衛」(砂漠スタイル・輝く中衛)をテーマにする「ミス・ツーリズム・ワールド2018」ミスコンテストの決勝戦が14日、中国の寧夏回族自治区中衛市の沙坡頭(さはとう)区で閉幕した。世界各地から選ばれた女性47人が参加した。(寧夏=新華社配信/張風)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607153

  • 2018年10月14日
    「ミス·ツーリズム·ワールド2018」決勝戦、寧夏で閉幕

    14日、決勝戦の会場で美を競い合う参加者たち。「大漠風尚・璀璨中衛」(砂漠スタイル・輝く中衛)をテーマにする「ミス・ツーリズム・ワールド2018」ミスコンテストの決勝戦が14日、中国の寧夏回族自治区中衛市の沙坡頭(さはとう)区で閉幕した。世界各地から選ばれた女性47人が参加した。(寧夏=新華社配信/張風)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607169

  • 2018年12月20日
    「西気東輸」第3ルートのポンプステーション運用開始

    20日、中衛連絡ガスポンプステーションのインバーター室で設備の運行状況を確認するスタッフ。中国西部の天然ガスを東部へ送るプロジェクト「西気東輸」の第3ルート中部区間(寧夏中衛-江西吉安)の中衛連絡ガスポンプステーション(増圧施設)が20日、正式に運用を開始した。これによって、地域相互補完・緊急ピークシフト能力を効果的に高め、京津冀(北京市・天津市・河北省)地域の冬季暖房供給を保障する。(中衛=新華社配信/馮開華)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122520890

  • 2018年12月20日
    「西気東輸」第3ルートのポンプステーション運用開始

    20日、中衛連絡ガスポンプステーションが所在する第3ルートの生産技術区。(小型無人機から)中国西部の天然ガスを東部へ送るプロジェクト「西気東輸」の第3ルート中部区間(寧夏中衛-江西吉安)の中衛連絡ガスポンプステーション(増圧施設)が20日、正式に運用を開始した。これによって、地域相互補完・緊急ピークシフト能力を効果的に高め、京津冀(北京市・天津市・河北省)地域の冬季暖房供給を保障する。(中衛=新華社配信/馮開華)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122520896

  • 2018年12月20日
    「西気東輸」第3ルートのポンプステーション運用開始

    20日、中衛連絡ガスポンプステーションのコンプレッサー作業場の様子。中国西部の天然ガスを東部へ送るプロジェクト「西気東輸」の第3ルート中部区間(寧夏中衛-江西吉安)の中衛連絡ガスポンプステーション(増圧施設)が20日、正式に運用を開始した。これによって、地域相互補完・緊急ピークシフト能力を効果的に高め、京津冀(北京市・天津市・河北省)地域の冬季暖房供給を保障する。(中衛=新華社配信/馮開華)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521001

  • 2018年12月20日
    「西気東輸」第3ルートのポンプステーション運用開始

    20日、中衛連絡ガスポンプステーションで潤滑油投入パイプのバルブを検査するスタッフ。中国西部の天然ガスを東部へ送るプロジェクト「西気東輸」の第3ルート中部区間(寧夏中衛-江西吉安)の中衛連絡ガスポンプステーション(増圧施設)が20日、正式に運用を開始した。これによって、地域相互補完・緊急ピークシフト能力を効果的に高め、京津冀(北京市・天津市・河北省)地域の冬季暖房供給を保障する。(中衛=新華社配信/馮開華)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122520891

  • 2019年01月26日
    Soccer 1. Bundesliga / Borussia Dortmund - Hanover 96 5: 1.

    Andre BREITENREITER (coach, H) looks to the front, halfback, Soccer 1. Bundesliga, 19. matchday, Borussia Dortmund (DO) - Hanover 96 (H) 5: 1, on 26.01.2019 in Dortmund / Germany. ャ | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013000098

  • 2019年07月03日
    大型計量型ライシメーターを備えた施設が引き渡される中国砂漠地域初

    3日、中国北部砂漠地域の水収支を自動で観測するライシメーター施設。中国科学院西北生態環境資源研究院はこのほど、寧夏回族自治区中衛市にある同院沙坡頭砂漠研究試験ステーションに建設された、中国北部砂漠地域の水収支を自動で観測するライシメーター施設の引き渡しを受けたと発表した。同施設は大型の計量型ライシメーターを中心とし、可動式シェードとスマート降水シミュレーションシステム、地下水制御システムを備えている。中国北部の砂漠地域のさまざまな気候帯における降雨や地下水位が再現でき、各砂漠地域から運んだ土壌に、それぞれの砂漠地域に対応した主な流砂固定用低木を植え、降水の浸透や地下水の涵養、土壌の水分動態、蒸発散、植物の成長などの過程を正確に測定し、北部砂漠地域における水収支の統合シミュレーション研究を実現できる。同施設は中国の砂漠地域で唯一の大型の計量型ライシメーターを備えた施設となっている。(北京=新華社配信/楊昊天)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901522

  • 2019年07月03日
    大型計量型ライシメーターを備えた施設が引き渡される中国砂漠地域初

    3日、ライシメーター内の土壌溶液を採取する中国科学院沙坡頭砂漠研究試験ステーションの霍建強(かく・けんきょう)研究員。中国科学院西北生態環境資源研究院はこのほど、寧夏回族自治区中衛市にある同院沙坡頭砂漠研究試験ステーションに建設された、中国北部砂漠地域の水収支を自動で観測するライシメーター施設の引き渡しを受けたと発表した。同施設は大型の計量型ライシメーターを中心とし、可動式シェードとスマート降水シミュレーションシステム、地下水制御システムを備えている。中国北部の砂漠地域のさまざまな気候帯における降雨や地下水位が再現でき、各砂漠地域から運んだ土壌に、それぞれの砂漠地域に対応した主な流砂固定用低木を植え、降水の浸透や地下水の涵養、土壌の水分動態、蒸発散、植物の成長などの過程を正確に測定し、北部砂漠地域における水収支の統合シミュレーション研究を実現できる。同施設は中国の砂漠地域で唯一の大型の計量型ライシメーターを備えた施設となっている。(北京=新華社配信/楊昊天)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901485

  • 2019年07月03日
    大型計量型ライシメーターを備えた施設が引き渡される中国砂漠地域初

    3日、中国北部砂漠地域の水収支を自動で観測するライシメーター施設。(小型無人機から)中国科学院西北生態環境資源研究院はこのほど、寧夏回族自治区中衛市にある同院沙坡頭砂漠研究試験ステーションに建設された、中国北部砂漠地域の水収支を自動で観測するライシメーター施設の引き渡しを受けたと発表した。同施設は大型の計量型ライシメーターを中心とし、可動式シェードとスマート降水シミュレーションシステム、地下水制御システムを備えている。中国北部の砂漠地域のさまざまな気候帯における降雨や地下水位が再現でき、各砂漠地域から運んだ土壌に、それぞれの砂漠地域に対応した主な流砂固定用低木を植え、降水の浸透や地下水の涵養、土壌の水分動態、蒸発散、植物の成長などの過程を正確に測定し、北部砂漠地域における水収支の統合シミュレーション研究を実現できる。同施設は中国の砂漠地域で唯一の大型の計量型ライシメーターを備えた施設となっている。(北京=新華社配信/楊昊天)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901512

  • 2019年07月03日
    大型計量型ライシメーターを備えた施設が引き渡される中国砂漠地域初

    3日、中国北部砂漠地域の水収支を自動で観測するライシメーター施設。(小型無人機から)中国科学院西北生態環境資源研究院はこのほど、寧夏回族自治区中衛市にある同院沙坡頭砂漠研究試験ステーションに建設された、中国北部砂漠地域の水収支を自動で観測するライシメーター施設の引き渡しを受けたと発表した。同施設は大型の計量型ライシメーターを中心とし、可動式シェードとスマート降水シミュレーションシステム、地下水制御システムを備えている。中国北部の砂漠地域のさまざまな気候帯における降雨や地下水位が再現でき、各砂漠地域から運んだ土壌に、それぞれの砂漠地域に対応した主な流砂固定用低木を植え、降水の浸透や地下水の涵養、土壌の水分動態、蒸発散、植物の成長などの過程を正確に測定し、北部砂漠地域における水収支の統合シミュレーション研究を実現できる。同施設は中国の砂漠地域で唯一の大型の計量型ライシメーターを備えた施設となっている。(北京=新華社配信/楊昊天)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901509

  • 2019年07月03日
    大型計量型ライシメーターを備えた施設が引き渡される中国砂漠地域初

    3日、ライシメーター内に植えた植物の根の生育状況を観察する中国科学院沙坡頭砂漠研究試験ステーションの楊昊天(よう・こうてん)研究員。中国科学院西北生態環境資源研究院はこのほど、寧夏回族自治区中衛市にある同院沙坡頭砂漠研究試験ステーションに建設された、中国北部砂漠地域の水収支を自動で観測するライシメーター施設の引き渡しを受けたと発表した。同施設は大型の計量型ライシメーターを中心とし、可動式シェードとスマート降水シミュレーションシステム、地下水制御システムを備えている。中国北部の砂漠地域のさまざまな気候帯における降雨や地下水位が再現でき、各砂漠地域から運んだ土壌に、それぞれの砂漠地域に対応した主な流砂固定用低木を植え、降水の浸透や地下水の涵養、土壌の水分動態、蒸発散、植物の成長などの過程を正確に測定し、北部砂漠地域における水収支の統合シミュレーション研究を実現できる。同施設は中国の砂漠地域で唯一の大型の計量型ライシメーターを備えた施設となっている。(北京=新華社配信/趙傑才)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901504

  • 2019年07月03日
    大型計量型ライシメーターを備えた施設が引き渡される中国砂漠地域初

    3日、中国北部砂漠地域の水収支を自動で観測するライシメーター施設。(小型無人機から)中国科学院西北生態環境資源研究院はこのほど、寧夏回族自治区中衛市にある同院沙坡頭砂漠研究試験ステーションに建設された、中国北部砂漠地域の水収支を自動で観測するライシメーター施設の引き渡しを受けたと発表した。同施設は大型の計量型ライシメーターを中心とし、可動式シェードとスマート降水シミュレーションシステム、地下水制御システムを備えている。中国北部の砂漠地域のさまざまな気候帯における降雨や地下水位が再現でき、各砂漠地域から運んだ土壌に、それぞれの砂漠地域に対応した主な流砂固定用低木を植え、降水の浸透や地下水の涵養、土壌の水分動態、蒸発散、植物の成長などの過程を正確に測定し、北部砂漠地域における水収支の統合シミュレーション研究を実現できる。同施設は中国の砂漠地域で唯一の大型の計量型ライシメーターを備えた施設となっている。(北京=新華社配信/楊昊天)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901449

  • 2019年07月23日
    果物栽培で農民の収入増を後押し寧夏回族自治区中寧県

    23日、市場で果物を販売する寧夏回族自治区中衛市中寧県喊叫水郷の農家。中国寧夏回族自治区中部の乾燥帯の中央に位置する中衛市中寧県喊叫水郷は、空気が乾燥し、風が強く砂ぼこりが多いという厳しい気候条件と自然環境の中にある。同地ではここ数年、寧夏固海灌漑拡張揚水プロジェクトと喊叫水揚水プロジェクトを推進しており、現地の自然条件を生かし、亜鉛やセレンなどの微量元素を含むスイカ「硒砂瓜(せいさか)」などの果物の栽培に力を入れてきた。農家1人当たりの可処分所得は現在、8千元(1元=約16円)以上に達している。(中寧=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601748

  • 2019年07月23日
    果物栽培で農民の収入増を後押し寧夏回族自治区中寧県

    23日、寧夏回族自治区中衛市中寧県喊叫水郷の喊叫水村で、スイカの生育状態を確認する農家の張平礼(ちょう・へいれい)さん。中国寧夏回族自治区中部の乾燥帯の中央に位置する中衛市中寧県喊叫水郷は、空気が乾燥し、風が強く砂ぼこりが多いという厳しい気候条件と自然環境の中にある。同地ではここ数年、寧夏固海灌漑拡張揚水プロジェクトと喊叫水揚水プロジェクトを推進しており、現地の自然条件を生かし、亜鉛やセレンなどの微量元素を含むスイカ「硒砂瓜(せいさか)」などの果物の栽培に力を入れてきた。農家1人当たりの可処分所得は現在、8千元(1元=約16円)以上に達している。(中寧=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601772

  • 2019年07月23日
    果物栽培で農民の収入増を後押し寧夏回族自治区中寧県

    23日、寧夏回族自治区中衛市中寧県喊叫水郷の喊叫水村で、スイカの生育状態を確認する農家。中国寧夏回族自治区中部の乾燥帯の中央に位置する中衛市中寧県喊叫水郷は、空気が乾燥し、風が強く砂ぼこりが多いという厳しい気候条件と自然環境の中にある。同地ではここ数年、寧夏固海灌漑拡張揚水プロジェクトと喊叫水揚水プロジェクトを推進しており、現地の自然条件を生かし、亜鉛やセレンなどの微量元素を含むスイカ「硒砂瓜(せいさか)」などの果物の栽培に力を入れてきた。農家1人当たりの可処分所得は現在、8千元(1元=約16円)以上に達している。(中寧=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601807

  • 2019年07月23日
    果物栽培で農民の収入増を後押し寧夏回族自治区中寧県

    23日、寧夏回族自治区中衛市中寧県喊叫水郷の喊叫水村でメロンを収穫する農家。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中部の乾燥帯の中央に位置する中衛市中寧県喊叫水郷は、空気が乾燥し、風が強く砂ぼこりが多いという厳しい気候条件と自然環境の中にある。同地ではここ数年、寧夏固海灌漑拡張揚水プロジェクトと喊叫水揚水プロジェクトを推進しており、現地の自然条件を生かし、亜鉛やセレンなどの微量元素を含むスイカ「硒砂瓜(せいさか)」などの果物の栽培に力を入れてきた。農家1人当たりの可処分所得は現在、8千元(1元=約16円)以上に達している。(中寧=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601769

  • 2019年10月03日
    特色ある砂漠観光が人気寧夏回族自治区

    3日、中衛市の沙坡頭風景区でサンドスキーを体験する観光客。10月になり、本格的な観光シーズンが始まったトングリ砂漠の南側にある中国寧夏回族自治区中衛市の沙坡頭(さはとう)風景区には、国慶節の大型連休(10月1~7日)の最初の3日間で延べ8万人の観光客が訪れた。南に黄河、北にトングリ砂漠が隣接する同地の独特な風景が、多くの観光客を魅了している。(中衛=新華社配信/楊植森)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700397

  • 2019年10月03日
    特色ある砂漠観光が人気寧夏回族自治区

    3日、中衛市の沙坡頭風景区で、羊皮筏子(ヤンピーファーズ、羊皮いかだ)を漕いで黄河を渡る観光客。10月になり、本格的な観光シーズンが始まったトングリ砂漠の南側にある中国寧夏回族自治区中衛市の沙坡頭(さはとう)風景区には、国慶節の大型連休(10月1~7日)の最初の3日間で延べ8万人の観光客が訪れた。南に黄河、北にトングリ砂漠が隣接する同地の独特な風景が、多くの観光客を魅了している。(中衛=新華社配信/楊植森)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700319

  • 2019年10月03日
    特色ある砂漠観光が人気寧夏回族自治区

    3日、沙坡頭風景区内の砂漠の中に設置されたエスカレーター。10月になり、本格的な観光シーズンが始まったトングリ砂漠の南側にある中国寧夏回族自治区中衛市の沙坡頭(さはとう)風景区には、国慶節の大型連休(10月1~7日)の最初の3日間で延べ8万人の観光客が訪れた。南に黄河、北にトングリ砂漠が隣接する同地の独特な風景が、多くの観光客を魅了している。(中衛=新華社配信/楊植森)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700456

  • 2019年10月03日
    特色ある砂漠観光が人気寧夏回族自治区

    3日、中衛市の沙坡頭風景区でラクダに乗る観光客。10月になり、本格的な観光シーズンが始まったトングリ砂漠の南側にある中国寧夏回族自治区中衛市の沙坡頭(さはとう)風景区には、国慶節の大型連休(10月1~7日)の最初の3日間で延べ8万人の観光客が訪れた。南に黄河、北にトングリ砂漠が隣接する同地の独特な風景が、多くの観光客を魅了している。(中衛=新華社配信/楊植森)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700454

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月29日
    絶対的貧困からの脱却果たした寧夏西海固地区

    寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市海原県賈塘郷王塘村の畑で、殻物の収穫作業を行うコンバイン。(2019年10月29日撮影)中国寧夏回族自治区の中南部に位置する西海固地区は、かつて10年のうち9年は干ばつといわれるほど土地が痩せていた。国連の専門家も「人間の生存に必要な基本条件を備えていない地域」との結論を下していたが、自治区政府は16日、同地区にある西吉(せいきつ)県を貧困県リストから除外したと発表した。西海固は絶対的貧困に歴史的な別れを告げた。(中衛=新華社記者/楊植森)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511820

  • 2020年03月31日
    クコの挿し木作業が本格化寧夏回族自治区

    3月31日、中寧県にある杞鑫枸杞苗木専業合作社(協同組合)の農園で、クコの苗木を挿し木する農民。春本番を迎え、「中国クコの里」と呼ばれる寧夏回族自治区中衛市中寧県では、クコの挿し木作業が始まった。現在、同県のクコ栽培面積は20万ムー(約1万3333ヘクタール)を超え、乾燥クコの実の生産量は年間4万5千トンに上っている。2019年の総生産額は102億元(1元=約15円)に達した。(銀川=新華社記者/楊穏璽)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701882

  • 2020年03月31日
    クコの挿し木作業が本格化寧夏回族自治区

    3月31日、中寧県にある杞鑫枸杞苗木専業合作社(協同組合)の農園で、クコの木の枯れ枝を取り除く農民。春本番を迎え、「中国クコの里」と呼ばれる寧夏回族自治区中衛市中寧県では、クコの挿し木作業が始まった。現在、同県のクコ栽培面積は20万ムー(約1万3333ヘクタール)を超え、乾燥クコの実の生産量は年間4万5千トンに上っている。2019年の総生産額は102億元(1元=約15円)に達した。(銀川=新華社記者/楊穏璽)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701861

  • 2020年03月31日
    クコの挿し木作業が本格化寧夏回族自治区

    3月31日、中寧県にある杞鑫枸杞苗木専業合作社(協同組合)の農園で、挿し木をしたクコの苗木周辺の土壌を足で踏み固める農民。春本番を迎え、「中国クコの里」と呼ばれる寧夏回族自治区中衛市中寧県では、クコの挿し木作業が始まった。現在、同県のクコ栽培面積は20万ムー(約1万3333ヘクタール)を超え、乾燥クコの実の生産量は年間4万5千トンに上っている。2019年の総生産額は102億元(1元=約15円)に達した。(銀川=新華社記者/楊穏璽)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701863

  • 2020年03月31日
    クコの挿し木作業が本格化寧夏回族自治区

    3月31日、中寧県にある杞鑫枸杞苗木専業合作社(協同組合)の農園で除草作業を行う農民。春本番を迎え、「中国クコの里」と呼ばれる寧夏回族自治区中衛市中寧県では、クコの挿し木作業が始まった。現在、同県のクコ栽培面積は20万ムー(約1万3333ヘクタール)を超え、乾燥クコの実の生産量は年間4万5千トンに上っている。2019年の総生産額は102億元(1元=約15円)に達した。(銀川=新華社記者/楊穏璽)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701888

  • 2020年03月31日
    クコの挿し木作業が本格化寧夏回族自治区

    3月31日、中寧県にある杞鑫枸杞苗木専業合作社(協同組合)の農園で、クコの木の枯れ枝を取り除く農民。春本番を迎え、「中国クコの里」と呼ばれる寧夏回族自治区中衛市中寧県では、クコの挿し木作業が始まった。現在、同県のクコ栽培面積は20万ムー(約1万3333ヘクタール)を超え、乾燥クコの実の生産量は年間4万5千トンに上っている。2019年の総生産額は102億元(1元=約15円)に達した。(銀川=新華社記者/楊穏璽)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701937

  • 2020年03月31日
    クコの挿し木作業が本格化寧夏回族自治区

    3月31日、中寧県にある杞鑫枸杞苗木専業合作社(協同組合)の農園で、クコの苗木を挿し木する農民。春本番を迎え、「中国クコの里」と呼ばれる寧夏回族自治区中衛市中寧県では、クコの挿し木作業が始まった。現在、同県のクコ栽培面積は20万ムー(約1万3333ヘクタール)を超え、乾燥クコの実の生産量は年間4万5千トンに上っている。2019年の総生産額は102億元(1元=約15円)に達した。(銀川=新華社記者/楊穏璽)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701874

  • 2020年03月31日
    クコの挿し木作業が本格化寧夏回族自治区

    3月31日、中寧県にある杞鑫枸杞苗木専業合作社(協同組合)の農園で除草作業を行う農民。春本番を迎え、「中国クコの里」と呼ばれる寧夏回族自治区中衛市中寧県では、クコの挿し木作業が始まった。現在、同県のクコ栽培面積は20万ムー(約1万3333ヘクタール)を超え、乾燥クコの実の生産量は年間4万5千トンに上っている。2019年の総生産額は102億元(1元=約15円)に達した。(銀川=新華社記者/楊穏璽)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701877

  • 2020年03月31日
    クコの挿し木作業が本格化寧夏回族自治区

    3月31日、中寧県にある杞鑫枸杞苗木専業合作社(協同組合)の農園で、クコの苗木を挿し木する農民。春本番を迎え、「中国クコの里」と呼ばれる寧夏回族自治区中衛市中寧県では、クコの挿し木作業が始まった。現在、同県のクコ栽培面積は20万ムー(約1万3333ヘクタール)を超え、乾燥クコの実の生産量は年間4万5千トンに上っている。2019年の総生産額は102億元(1元=約15円)に達した。(銀川=新華社記者/楊穏璽)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701859

  • 2020年03月31日
    クコの挿し木作業が本格化寧夏回族自治区

    3月31日、中寧県にある杞鑫枸杞苗木専業合作社(協同組合)の農園で除草作業を行う農民。春本番を迎え、「中国クコの里」と呼ばれる寧夏回族自治区中衛市中寧県では、クコの挿し木作業が始まった。現在、同県のクコ栽培面積は20万ムー(約1万3333ヘクタール)を超え、乾燥クコの実の生産量は年間4万5千トンに上っている。2019年の総生産額は102億元(1元=約15円)に達した。(銀川=新華社記者/楊穏璽)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701833

  • 2020年03月31日
    クコの挿し木作業が本格化寧夏回族自治区

    3月31日、中寧県にある杞鑫枸杞苗木専業合作社(協同組合)の農園で、挿し木をしたクコの苗木周辺の土壌を足で踏み固める農民。春本番を迎え、「中国クコの里」と呼ばれる寧夏回族自治区中衛市中寧県では、クコの挿し木作業が始まった。現在、同県のクコ栽培面積は20万ムー(約1万3333ヘクタール)を超え、乾燥クコの実の生産量は年間4万5千トンに上っている。2019年の総生産額は102億元(1元=約15円)に達した。(銀川=新華社記者/楊穏璽)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701827

  • 2020年04月16日
    進む湖や湿地の生態系修復寧夏回族自治区石嘴山市

    16日、寧夏回族自治区石嘴山市にある星海湖湿地の生態系修復現場で生物水質改善材を制作する作業員。中国寧夏回族自治区石嘴山市はここ数年、湖と湿地の生態環境の総合的な整備と管理を強化し続けており、水質は年々改善され、黄河流域の生態系が持続的に好転している。同自治区は黄河流域の9省・自治区の中で唯一、全域が黄河流域にあり、黄河は中衛市南長灘から青銅峡を抜けて石嘴山市麻黄溝まで、全長397キロにわたって同自治区内を流れている。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301671

  • 2020年04月16日
    進む湖や湿地の生態系修復寧夏回族自治区石嘴山市

    16日、寧夏回族自治区石嘴山市にある星海湖湿地の生態系修復現場で生物水質改善材を制作する作業員。中国寧夏回族自治区石嘴山市はここ数年、湖と湿地の生態環境の総合的な整備と管理を強化し続けており、水質は年々改善され、黄河流域の生態系が持続的に好転している。同自治区は黄河流域の9省・自治区の中で唯一、全域が黄河流域にあり、黄河は中衛市南長灘から青銅峡を抜けて石嘴山市麻黄溝まで、全長397キロにわたって同自治区内を流れている。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301694

  • 2020年04月16日
    進む湖や湿地の生態系修復寧夏回族自治区石嘴山市

    16日、寧夏回族自治区石嘴山市にある星海湖湿地の生態系修復現場で生物水質改善材を制作する作業員。中国寧夏回族自治区石嘴山市はここ数年、湖と湿地の生態環境の総合的な整備と管理を強化し続けており、水質は年々改善され、黄河流域の生態系が持続的に好転している。同自治区は黄河流域の9省・自治区の中で唯一、全域が黄河流域にあり、黄河は中衛市南長灘から青銅峡を抜けて石嘴山市麻黄溝まで、全長397キロにわたって同自治区内を流れている。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301668

  • 2020年04月16日
    進む湖や湿地の生態系修復寧夏回族自治区石嘴山市

    16日、寧夏回族自治区石嘴山市にある星海湖湿地の生態系修復現場で生物水質改善材を制作する作業員。中国寧夏回族自治区石嘴山市はここ数年、湖と湿地の生態環境の総合的な整備と管理を強化し続けており、水質は年々改善され、黄河流域の生態系が持続的に好転している。同自治区は黄河流域の9省・自治区の中で唯一、全域が黄河流域にあり、黄河は中衛市南長灘から青銅峡を抜けて石嘴山市麻黄溝まで、全長397キロにわたって同自治区内を流れている。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301691

  • 2020年04月16日
    進む湖や湿地の生態系修復寧夏回族自治区石嘴山市

    16日、寧夏回族自治区石嘴山市の生態系修復現場。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区石嘴山市はここ数年、湖と湿地の生態環境の総合的な整備と管理を強化し続けており、水質は年々改善され、黄河流域の生態系が持続的に好転している。同自治区は黄河流域の9省・自治区の中で唯一、全域が黄河流域にあり、黄河は中衛市南長灘から青銅峡を抜けて石嘴山市麻黄溝まで、全長397キロにわたって同自治区内を流れている。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301702

  • 2020年04月16日
    進む湖や湿地の生態系修復寧夏回族自治区石嘴山市

    16日、寧夏回族自治区石嘴山市にある星海湖湿地の生態系修復現場。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区石嘴山市はここ数年、湖と湿地の生態環境の総合的な整備と管理を強化し続けており、水質は年々改善され、黄河流域の生態系が持続的に好転している。同自治区は黄河流域の9省・自治区の中で唯一、全域が黄河流域にあり、黄河は中衛市南長灘から青銅峡を抜けて石嘴山市麻黄溝まで、全長397キロにわたって同自治区内を流れている。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301782

  • 2020年04月16日
    進む湖や湿地の生態系修復寧夏回族自治区石嘴山市

    16日、寧夏回族自治区石嘴山市にある星海湖湿地の生態系修復現場で生物水質改善材を制作する作業員。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区石嘴山市はここ数年、湖と湿地の生態環境の総合的な整備と管理を強化し続けており、水質は年々改善され、黄河流域の生態系が持続的に好転している。同自治区は黄河流域の9省・自治区の中で唯一、全域が黄河流域にあり、黄河は中衛市南長灘から青銅峡を抜けて石嘴山市麻黄溝まで、全長397キロにわたって同自治区内を流れている。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301785

  • 2020年04月16日
    進む湖や湿地の生態系修復寧夏回族自治区石嘴山市

    16日、寧夏回族自治区石嘴山市にある星海湖湿地の生態系修復現場で生物水質改善材を制作する作業員。中国寧夏回族自治区石嘴山市はここ数年、湖と湿地の生態環境の総合的な整備と管理を強化し続けており、水質は年々改善され、黄河流域の生態系が持続的に好転している。同自治区は黄河流域の9省・自治区の中で唯一、全域が黄河流域にあり、黄河は中衛市南長灘から青銅峡を抜けて石嘴山市麻黄溝まで、全長397キロにわたって同自治区内を流れている。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301701

  • 2020年05月02日
    天湖国家湿地公園を訪ねて寧夏回族自治区

    2日、空から見た寧夏天湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛市中寧県の長山頭農場内にある寧夏天湖国家湿地公園は、総面積1791ヘクタールのうち1649ヘクタールを湿地が占め、同自治区内で手つかずの自然資源が最もよく保存された湿地の一つとなっている。同公園は動植物資源が豊富で、「黄土旱塬(中国西北部の黄土地帯に見られる台状の高地)の真珠湖」と称されている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804926

  • 2020年05月02日
    天湖国家湿地公園を訪ねて寧夏回族自治区

    2日、空から見た寧夏天湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛市中寧県の長山頭農場内にある寧夏天湖国家湿地公園は、総面積1791ヘクタールのうち1649ヘクタールを湿地が占め、同自治区内で手つかずの自然資源が最もよく保存された湿地の一つとなっている。同公園は動植物資源が豊富で、「黄土旱塬(中国西北部の黄土地帯に見られる台状の高地)の真珠湖」と称されている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804994

  • 2020年05月02日
    天湖国家湿地公園を訪ねて寧夏回族自治区

    2日、空から見た寧夏天湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛市中寧県の長山頭農場内にある寧夏天湖国家湿地公園は、総面積1791ヘクタールのうち1649ヘクタールを湿地が占め、同自治区内で手つかずの自然資源が最もよく保存された湿地の一つとなっている。同公園は動植物資源が豊富で、「黄土旱塬(中国西北部の黄土地帯に見られる台状の高地)の真珠湖」と称されている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050805010

  • 2020年05月02日
    天湖国家湿地公園を訪ねて寧夏回族自治区

    2日、空から見た寧夏天湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛市中寧県の長山頭農場内にある寧夏天湖国家湿地公園は、総面積1791ヘクタールのうち1649ヘクタールを湿地が占め、同自治区内で手つかずの自然資源が最もよく保存された湿地の一つとなっている。同公園は動植物資源が豊富で、「黄土旱塬(中国西北部の黄土地帯に見られる台状の高地)の真珠湖」と称されている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050805013

  • 2020年05月02日
    天湖国家湿地公園を訪ねて寧夏回族自治区

    2日、空から見た寧夏天湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛市中寧県の長山頭農場内にある寧夏天湖国家湿地公園は、総面積1791ヘクタールのうち1649ヘクタールを湿地が占め、同自治区内で手つかずの自然資源が最もよく保存された湿地の一つとなっている。同公園は動植物資源が豊富で、「黄土旱塬(中国西北部の黄土地帯に見られる台状の高地)の真珠湖」と称されている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804927

  • 2020年05月02日
    天湖国家湿地公園を訪ねて寧夏回族自治区

    2日、空から見た寧夏天湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛市中寧県の長山頭農場内にある寧夏天湖国家湿地公園は、総面積1791ヘクタールのうち1649ヘクタールを湿地が占め、同自治区内で手つかずの自然資源が最もよく保存された湿地の一つとなっている。同公園は動植物資源が豊富で、「黄土旱塬(中国西北部の黄土地帯に見られる台状の高地)の真珠湖」と称されている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804951

  • 2020年05月02日
    天湖国家湿地公園を訪ねて寧夏回族自治区

    2日、空から見た寧夏天湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛市中寧県の長山頭農場内にある寧夏天湖国家湿地公園は、総面積1791ヘクタールのうち1649ヘクタールを湿地が占め、同自治区内で手つかずの自然資源が最もよく保存された湿地の一つとなっている。同公園は動植物資源が豊富で、「黄土旱塬(中国西北部の黄土地帯に見られる台状の高地)の真珠湖」と称されている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804938

  • 2020年05月02日
    天湖国家湿地公園を訪ねて寧夏回族自治区

    2日、空から見た寧夏天湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛市中寧県の長山頭農場内にある寧夏天湖国家湿地公園は、総面積1791ヘクタールのうち1649ヘクタールを湿地が占め、同自治区内で手つかずの自然資源が最もよく保存された湿地の一つとなっている。同公園は動植物資源が豊富で、「黄土旱塬(中国西北部の黄土地帯に見られる台状の高地)の真珠湖」と称されている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804741

  • 2020年05月02日
    天湖国家湿地公園を訪ねて寧夏回族自治区

    2日、空から見た寧夏天湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛市中寧県の長山頭農場内にある寧夏天湖国家湿地公園は、総面積1791ヘクタールのうち1649ヘクタールを湿地が占め、同自治区内で手つかずの自然資源が最もよく保存された湿地の一つとなっている。同公園は動植物資源が豊富で、「黄土旱塬(中国西北部の黄土地帯に見られる台状の高地)の真珠湖」と称されている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804929

  • 2020年05月02日
    天湖国家湿地公園を訪ねて寧夏回族自治区

    2日、空から見た寧夏天湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛市中寧県の長山頭農場内にある寧夏天湖国家湿地公園は、総面積1791ヘクタールのうち1649ヘクタールを湿地が占め、同自治区内で手つかずの自然資源が最もよく保存された湿地の一つとなっている。同公園は動植物資源が豊富で、「黄土旱塬(中国西北部の黄土地帯に見られる台状の高地)の真珠湖」と称されている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050805016

  • 2020年05月06日
    記者会見する陳時中氏 WHO参加で情報共有化を

    外国メディア向けに記者会見する台湾の陳時中衛生福利部長(衛生相)=6日、台北市(共同)

    商品コード: 2020050600075

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    10日、烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間で工事を進める作業員。中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304185

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    10日、烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間で工事を進める作業員。中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304252

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    10日、烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間で工事を進める作業員。中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304323

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    10日、急ピッチで建設が進む烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304230

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    10日、急ピッチで建設が進む烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304258

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    10日、急ピッチで建設が進む烏瑪高速道路の青銅峡-中衛区間。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京-ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304309

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    10日、急ピッチで建設が進む烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304330

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    10日、急ピッチで建設が進む烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304168

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.40
    2020年07月12日
    「新華社」寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(記者/馮開華、許晋豫)<映像内容>烏瑪高速道路の建設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300518

  • 2020年07月16日
    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区

    16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷のスイカ選果場の敷地内に止まるトラックの中で、休憩する農家。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800920

  • 2020年07月16日
    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区

    16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地で、「硒砂瓜」をトラックに積む農家。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800925

  • 2020年07月16日
    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区

    16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地で、「硒砂瓜」の収穫作業をする農家。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800931

  • 2020年07月16日
    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区

    16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷のスイカ選果場で、「硒砂瓜」を自動仕分け装置の上に載せる農家。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800969

  • 2020年07月16日
    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区

    16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800980

  • 2020年07月16日
    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区

    16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地で、「硒砂瓜」をトラックに積む農家。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800720

  • 2020年07月16日
    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区

    16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地で、「硒砂瓜」の収穫作業をする農家。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800974

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月16日
    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区

    16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷のスイカ選果場で、選別された「硒砂瓜」を運ぶ従業員。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800804

  • 2020年08月27日
    砂漠の高速道路建設、緑化の取り組み進む

    麦わらを格子状に埋め込んで砂の移動を防ぐ「草方格」を設置する作業の合間に水を飲む作業員。(8月27日撮影)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設工事が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっている。砂漠の自然環境は厳しく、砂ぼこりが巻き上がり、至る所に高さ10メートルを超える流動砂丘がある。重機が行き交う工事現場には建設作業員のほか、緑化を担う人たちがおり、砂の移動を防ぐ作業に励んでいる。道路の両側では、砂が風に吹かれて路面に積もるのを極力抑えるため、風上側と風下側にそれぞれ幅200メートルと100メートルの防砂堤を設置している。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605207

  • 2020年08月27日
    砂漠の高速道路建設、緑化の取り組み進む

    烏瑪高速道路の青銅峡-中衛区間の建設工事現場で、砂の移動を防ぐ「草方格」の材料となる麦わらを運ぶ作業員ら。(8月27日撮影)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設工事が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっている。砂漠の自然環境は厳しく、砂ぼこりが巻き上がり、至る所に高さ10メートルを超える流動砂丘がある。重機が行き交う工事現場には建設作業員のほか、緑化を担う人たちがおり、砂の移動を防ぐ作業に励んでいる。道路の両側では、砂が風に吹かれて路面に積もるのを極力抑えるため、風上側と風下側にそれぞれ幅200メートルと100メートルの防砂堤を設置している。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605224

  • 2020年09月02日
    農村の小学校で新学期最初の給食寧夏回族自治区

    2日、給食を調理する西安鎮中心小学校の食堂スタッフ。中国寧夏回族自治区中衛市海原県の西安鎮中心小学校では2日、新学期に伴い給食が開始された。同日のメニューはセロリと春雨の牛肉炒めと、じゃがいもの千切り炒め。肉と野菜を組み合わせ、栄養バランスに配慮したおいしい給食は、子どもたちにとって学校生活の楽しみの一つとなっている。(銀川=新華社記者/楊穏璽)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701274

  • 2020年09月02日
    農村の小学校で新学期最初の給食寧夏回族自治区

    2日、食堂で給食を受け取る西安鎮中心小学校の児童ら。中国寧夏回族自治区中衛市海原県の西安鎮中心小学校では2日、新学期に伴い給食が開始された。同日のメニューはセロリと春雨の牛肉炒めと、じゃがいもの千切り炒め。肉と野菜を組み合わせ、栄養バランスに配慮したおいしい給食は、子どもたちにとって学校生活の楽しみの一つとなっている。(銀川=新華社記者/楊穏璽)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701332

  • 2020年09月02日
    農村の小学校で新学期最初の給食寧夏回族自治区

    2日、給食の時間に食堂入り口に並ぶ西安鎮中心小学校の児童ら。中国寧夏回族自治区中衛市海原県の西安鎮中心小学校では2日、新学期に伴い給食が開始された。同日のメニューはセロリと春雨の牛肉炒めと、じゃがいもの千切り炒め。肉と野菜を組み合わせ、栄養バランスに配慮したおいしい給食は、子どもたちにとって学校生活の楽しみの一つとなっている。(銀川=新華社記者/楊穏璽)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701335

  • 2020年09月02日
    農村の小学校で新学期最初の給食寧夏回族自治区

    2日、西安鎮中心小学校の新学期最初の給食用に調理されたじゃがいもの千切り炒め。中国寧夏回族自治区中衛市海原県の西安鎮中心小学校では2日、新学期に伴い給食が開始された。同日のメニューはセロリと春雨の牛肉炒めと、じゃがいもの千切り炒め。肉と野菜を組み合わせ、栄養バランスに配慮したおいしい給食は、子どもたちにとって学校生活の楽しみの一つとなっている。(銀川=新華社記者/楊穏璽)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701380

  • 2020年09月02日
    農村の小学校で新学期最初の給食寧夏回族自治区

    2日、給食を調理する西安鎮中心小学校の食堂スタッフ。中国寧夏回族自治区中衛市海原県の西安鎮中心小学校では2日、新学期に伴い給食が開始された。同日のメニューはセロリと春雨の牛肉炒めと、じゃがいもの千切り炒め。肉と野菜を組み合わせ、栄養バランスに配慮したおいしい給食は、子どもたちにとって学校生活の楽しみの一つとなっている。(銀川=新華社記者/楊穏璽)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701263

  • 2020年09月07日
    砂漠の高速道路建設、緑化の取り組み進む

    7日、烏瑪高速道路の青銅峡-中衛区間の建設工事現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設工事が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっている。砂漠の自然環境は厳しく、砂ぼこりが巻き上がり、至る所に高さ10メートルを超える流動砂丘がある。重機が行き交う工事現場には建設作業員のほか、緑化を担う人たちがおり、砂の移動を防ぐ作業に励んでいる。道路の両側では、砂が風に吹かれて路面に積もるのを極力抑えるため、風上側と風下側にそれぞれ幅200メートルと100メートルの防砂堤を設置している。(中衛=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605237

  • 2020年09月07日
    砂漠の高速道路建設、緑化の取り組み進む

    7日、烏瑪高速道路の青銅峡-中衛区間の建設工事現場で、麦わらを格子状に埋め込んで砂の移動を防ぐ「草方格」を設置する作業員ら。中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設工事が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっている。砂漠の自然環境は厳しく、砂ぼこりが巻き上がり、至る所に高さ10メートルを超える流動砂丘がある。重機が行き交う工事現場には建設作業員のほか、緑化を担う人たちがおり、砂の移動を防ぐ作業に励んでいる。道路の両側では、砂が風に吹かれて路面に積もるのを極力抑えるため、風上側と風下側にそれぞれ幅200メートルと100メートルの防砂堤を設置している。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605300

  • 2020年09月07日
    砂漠の高速道路建設、緑化の取り組み進む

    7日、烏瑪高速道路の青銅峡-中衛区間の建設工事現場で、麦わらを格子状に埋め込んで砂の移動を防ぐ「草方格」を設置する作業員ら。中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設工事が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっている。砂漠の自然環境は厳しく、砂ぼこりが巻き上がり、至る所に高さ10メートルを超える流動砂丘がある。重機が行き交う工事現場には建設作業員のほか、緑化を担う人たちがおり、砂の移動を防ぐ作業に励んでいる。道路の両側では、砂が風に吹かれて路面に積もるのを極力抑えるため、風上側と風下側にそれぞれ幅200メートルと100メートルの防砂堤を設置している。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605305

  • 2020年09月07日
    砂漠の高速道路建設、緑化の取り組み進む

    7日、麦わらを格子状に埋め込んで砂の移動を防ぐ「草方格」の設置が進む烏瑪高速道路青銅峡-中衛区間の建設工事現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設工事が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっている。砂漠の自然環境は厳しく、砂ぼこりが巻き上がり、至る所に高さ10メートルを超える流動砂丘がある。重機が行き交う工事現場には建設作業員のほか、緑化を担う人たちがおり、砂の移動を防ぐ作業に励んでいる。道路の両側では、砂が風に吹かれて路面に積もるのを極力抑えるため、風上側と風下側にそれぞれ幅200メートルと100メートルの防砂堤を設置している。(中衛=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605336

  • 2020年09月07日
    砂漠の高速道路建設、緑化の取り組み進む

    7日、烏瑪高速道路の青銅峡-中衛区間の建設工事現場で、砂の移動を防ぐ「草方格」の材料となる麦わらを運ぶ作業員。中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設工事が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっている。砂漠の自然環境は厳しく、砂ぼこりが巻き上がり、至る所に高さ10メートルを超える流動砂丘がある。重機が行き交う工事現場には建設作業員のほか、緑化を担う人たちがおり、砂の移動を防ぐ作業に励んでいる。道路の両側では、砂が風に吹かれて路面に積もるのを極力抑えるため、風上側と風下側にそれぞれ幅200メートルと100メートルの防砂堤を設置している。(中衛=新華社記者/賈浩成)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605345

  • 1
  • 2
  • 3