KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 航海
  • 平成
  • 到着
  • 魚座
  • パイシーズ
  • 風景
  • ギリシャ
  • 経由

「中遠海運」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
66
( 1 66 件を表示)
  • 1
66
( 1 66 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年11月05日
    「数々の成果」が花開く「一帯一路」海外事業巡礼記

    2017年11月5日、アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビで、中国国有の海運最大手、中遠海運港口有限公司による中遠海運港口アブダビふ頭の着工式並びに埠頭利用権の契約締結式が行われた。今年は「一帯一路(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)」国際協力サミットフォーラム開催から1周年を迎える。2017年5月、同フォーラムが北京で成功裏に開催されたことは、「一帯一路」構想の共同構築が理念から行動、計画から実施へと新たな段階に入ったことを示している。「一帯一路」構想が打ち出されてから5年にわたり、中国企業は海外へ次々と進出して国際市場を開拓し、多くのインフラプロジェクトを主宰・実施してきた。ケニアのモンバサ港とナイロビを結ぶ鉄道、ギリシャのピレウス港、中国・パキスタン経済回廊の2大道路といったプロジェクトは、全て秩序よく進められたか、すでに運営が始まっている。今では、「一帯一路」沿線に現れた「数々の成果」のうち、すでに着工している鉄道、道路、港湾、大橋および工業園区(パーク)などのインフラ整備プロジェクトでは、中国の知恵により大地が潤され、あでやかな花が咲き、活力に満ちあふれ、沿線諸国のインフラ環境の改善や同地の経済社会の発展促進に、積極的な役割を果たした。(アブダビ=新華社記者/蘇小坡)=2017(平成29)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800625

  • 2018年08月05日
    アイスクラス船「天恩」、「氷上シルクロード」で演習

    5日、中遠海運のアイスクラス船「天恩」で、船体放棄に備える演習を行う前に集合した船員。中国遠洋海運集団有限公司(COSCO)傘下の中遠海運特種運輸股份有限公司が建造したアイスクラス船「天恩」で5日、船員による消防、船体放棄、油流出および海洋安全保障に関する応急対策演習が相次いで行われた。4日に連雲港を出発してから北へ進み、ベーリング海峡を経由して北極海航路(北東航路)に入り、「氷上シルクロード」に沿って西の欧州へ向かうアイスクラス船「天恩」にとって、今回が初の北極行きとなる。(アイスクラス船「天恩」=新華社記者/劉紅霞)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800384

  • 2018年08月05日
    アイスクラス船「天恩」、「氷上シルクロード」で演習

    5日、中遠海運のアイスクラス船「天恩」で、災害発生時の応急対策に関する演習に参加する船員。中国遠洋海運集団有限公司(COSCO)傘下の中遠海運特種運輸股份有限公司が建造したアイスクラス船「天恩」で5日、船員による消防、船体放棄、油流出および海洋安全保障に関する応急対策演習が相次いで行われた。4日に連雲港を出発してから北へ進み、ベーリング海峡を経由して北極海航路(北東航路)に入り、「氷上シルクロード」に沿って西の欧州へ向かうアイスクラス船「天恩」にとって、今回が初の北極行きとなる。(アイスクラス船「天恩」=新華社記者/劉紅霞)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800386

  • 2018年08月05日
    アイスクラス船「天恩」、「氷上シルクロード」で演習

    5日、中遠海運のアイスクラス船「天恩」で、船員にレーダー反射器について説明する1等航海士(チーフオフィサー)の張進氏(右)。中国遠洋海運集団有限公司(COSCO)傘下の中遠海運特種運輸股份有限公司が建造したアイスクラス船「天恩」で5日、船員による消防、船体放棄、油流出および海洋安全保障に関する応急対策演習が相次いで行われた。4日に連雲港を出発してから北へ進み、ベーリング海峡を経由して北極海航路(北東航路)に入り、「氷上シルクロード」に沿って西の欧州へ向かうアイスクラス船「天恩」にとって、今回が初の北極行きとなる。(アイスクラス船「天恩」=新華社記者/劉紅霞)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800424

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月09日
    アイスクラス船「天恩」、日本海で衝突防止対策演習

    9日、日本海海域で、演習中に指令を出す陳祥武船長(中央手前)。中国遠洋海運集団有限公司(COSCO)傘下の中遠海運特種運輸股份有限公司が建造したアイスクラス船「天恩」はこのほど、北極西廻り航路共同応急対策演習を行った。演習内容は衝突、船体の浸水、船体傾斜となっている。4日に連雲港を出発してから北へ進み、ベーリング海峡を経由して北極海航路(北東航路)に入り、「氷上シルクロード」に沿って西の欧州へ向かう3・6万トンの多目的アイスクラス船「天恩」にとって、今回が初の北極行きとなる。(アイスクラス船「天恩」=新華社記者/劉紅霞)=2018(平成30)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301789

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月09日
    アイスクラス船「天恩」、日本海で衝突防止対策演習

    9日、日本海海域で、陸上職員と連絡をとるアイスクラス船「天恩」の船員。中国遠洋海運集団有限公司(COSCO)傘下の中遠海運特種運輸股份有限公司が建造したアイスクラス船「天恩」はこのほど、北極西廻り航路共同応急対策演習を行った。演習内容は衝突、船体の浸水、船体傾斜となっている。4日に連雲港を出発してから北へ進み、ベーリング海峡を経由して北極海航路(北東航路)に入り、「氷上シルクロード」に沿って西の欧州へ向かう3・6万トンの多目的アイスクラス船「天恩」にとって、今回が初の北極行きとなる。(アイスクラス船「天恩」=新華社記者/劉紅霞)=2018(平成30)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301687

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月09日
    アイスクラス船「天恩」、日本海で衝突防止対策演習

    9日、日本海海域で撮影したアイスクラス船「天恩」の外景。中国遠洋海運集団有限公司(COSCO)傘下の中遠海運特種運輸股份有限公司が建造したアイスクラス船「天恩」はこのほど、北極西廻り航路共同応急対策演習を行った。演習内容は衝突、船体の浸水、船体傾斜となっている。4日に連雲港を出発してから北へ進み、ベーリング海峡を経由して北極海航路(北東航路)に入り、「氷上シルクロード」に沿って西の欧州へ向かう3・6万トンの多目的アイスクラス船「天恩」にとって、今回が初の北極行きとなる。(アイスクラス船「天恩」=新華社記者/劉紅霞)=2018(平成30)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301693

  • 2018年08月15日
    アイスクラス船「天恩」で夕日を楽しむ

    15日、北西太平洋の海域で、中遠海運のアイスクラス船「天恩」の船端で羽を休める海鳥。中国遠洋海運集団有限公司(COSCO)傘下の中遠海運特種運輸股份有限公司が建造した3万6千トンの多目的アイスクラス船「天恩」は4日、中国江蘇省の連雲港を出港した。ベーリング海峡を経由して北極海航路(北東航路)に入り、「氷上シルクロード」に沿って欧州へ向かう航海を続けている。同船にとって、初の北極圏の航海となる。(アイスクラス船「天恩」=新華社記者/劉紅霞)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081700256

  • 2018年08月15日
    アイスクラス船「天恩」で夕日を楽しむ

    15日、中遠海運のアイスクラス船「天恩」からの夕日。遠方に見えるのはロシアのカムチャツカ半島。中国遠洋海運集団有限公司(COSCO)傘下の中遠海運特種運輸股份有限公司が建造した3万6千トンの多目的アイスクラス船「天恩」は4日、中国江蘇省の連雲港を出港した。ベーリング海峡を経由して北極海航路(北東航路)に入り、「氷上シルクロード」に沿って欧州へ向かう航海を続けている。同船にとって、初の北極圏の航海となる。(アイスクラス船「天恩」=新華社記者/劉紅霞)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081700222

  • 2018年08月15日
    アイスクラス船「天恩」で夕日を楽しむ

    15日、中遠海運のアイスクラス船「天恩」からの夕日。遠方に見えるのはロシアのカムチャツカ半島。中国遠洋海運集団有限公司(COSCO)傘下の中遠海運特種運輸股份有限公司が建造した3万6千トンの多目的アイスクラス船「天恩」は4日、中国江蘇省の連雲港を出港した。ベーリング海峡を経由して北極海航路(北東航路)に入り、「氷上シルクロード」に沿って欧州へ向かう航海を続けている。同船にとって、初の北極圏の航海となる。(アイスクラス船「天恩」=新華社記者/劉紅霞)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081700248

  • 2018年08月15日
    アイスクラス船「天恩」で夕日を楽しむ

    15日、中遠海運のアイスクラス船「天恩」からの夕日。遠方に見えるのはロシアのカムチャツカ半島。中国遠洋海運集団有限公司(COSCO)傘下の中遠海運特種運輸股份有限公司が建造した3万6千トンの多目的アイスクラス船「天恩」は4日、中国江蘇省の連雲港を出港した。ベーリング海峡を経由して北極海航路(北東航路)に入り、「氷上シルクロード」に沿って欧州へ向かう航海を続けている。同船にとって、初の北極圏の航海となる。(アイスクラス船「天恩」=新華社記者/劉紅霞)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081700293

  • 2018年09月15日
    「天恩」の「氷上シルクロード」初航海成功無事スウェーデン到着

    タグボートに引かれてスウェーデンの港湾都市ヘルネサンドの港に入り、停泊するアイスクラス船「天恩」。中国遠洋海運集団有限公司(COSCO)傘下の中遠海運特種運輸股份有限公司が建造したアイスクラス船「天恩」は15日、スウェーデン北東部の港湾都市ヘルネサンドの港に到着した。同船にとって初の「氷上シルクロード」航海は、これをもって無事完了した。(ヘルネサンド=新華社記者/劉紅霞)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924835

  • 2018年09月15日
    「天恩」の「氷上シルクロード」初航海成功無事スウェーデン到着

    15日、スウェーデンの港湾都市ヘルネサンドの埠頭で積み荷を下ろすアイスクラス船「天恩」。中国遠洋海運集団有限公司(COSCO)傘下の中遠海運特種運輸股份有限公司が建造したアイスクラス船「天恩」は15日、スウェーデン北東部の港湾都市ヘルネサンドの港に到着した。同船にとって初の「氷上シルクロード」航海は、これをもって無事完了した。(ヘルネサンド=新華社記者/劉紅霞)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924833

  • 2018年09月15日
    「天恩」の「氷上シルクロード」初航海成功無事スウェーデン到着

    スウェーデンの港湾都市ヘルネサンドの港に停泊するアイスクラス船「天恩」。中国遠洋海運集団有限公司(COSCO)傘下の中遠海運特種運輸股份有限公司が建造したアイスクラス船「天恩」は15日、スウェーデン北東部の港湾都市ヘルネサンドの港に到着した。同船にとって初の「氷上シルクロード」航海は、これをもって無事完了した。(ヘルネサンド=新華社記者/劉紅霞)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924841

  • 03:17.86
    2019年01月27日
    「新華社」COSCOの大型コンテナ船が初就航香港に寄港

    中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)の全長400メートル、幅約60メートルのコンテナ貨物船「コスコ・シッピング・パイシーズ(中遠海運双魚座)」が27日未明、香港に到着した。同船は約14時間の停泊と貨物の積み卸しを経て、同日午後に欧州に向け出港した。商業航海への投入は今回が初めてで、初の香港寄港となった。同船は2万TEU(20フィートコンテナ換算)クラスのコンテナ貨物船で、最大積載量は19万7千トン。COSCOが保有する最大クラスの船舶となる。省エネ・環境保護に関する各種設計理念を導入しており、スマートエネルギー効率管理システムによって、燃料・エネルギー消費や航行速度の最適化を監視しコントロールしている。高度な自動運転によりわずか26人の船員で運航ができる。同社は、より多くの輸送能力を香港地区に投入することで、国際海運における香港の中心的役割の向上と繁栄にさらに貢献していくと表明している。<映像内容>香港に寄港したCOSCOコンテナ貨物船の様子、撮影日:2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010521

  • 2019年02月15日
    COSCOの大型コンテナ船、ギリシャ·ピレウス港に寄港

    15日、ギリシャ・ピレウス港に寄港する「コスコ・シッピング・パイシーズ」。中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)の大型コンテナ貨物船「コスコ・シッピング・パイシーズ(中遠海運双魚座)」が15日、約1カ月に及ぶ航海を経て欧州に到着し、ギリシャのピレウス港に寄港した。1月15日に引き渡された同船は今回が初めての航海。(ピレウス=新華社記者/于帥帥)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800495

  • 2019年02月15日
    COSCOの大型コンテナ船、ギリシャ·ピレウス港に寄港

    15日、ギリシャ・ピレウス港に寄港する「コスコ・シッピング・パイシーズ」。(小型無人機から)中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)の大型コンテナ貨物船「コスコ・シッピング・パイシーズ(中遠海運双魚座)」が15日、約1カ月に及ぶ航海を経て欧州に到着し、ギリシャのピレウス港に寄港した。1月15日に引き渡された同船は今回が初めての航海。(ピレウス=新華社記者/呉魯)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800464

  • 2019年02月15日
    COSCOの大型コンテナ船、ギリシャ·ピレウス港に寄港

    15日、ギリシャ・ピレウス港に寄港する「コスコ・シッピング・パイシーズ」。(小型無人機から)中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)の大型コンテナ貨物船「コスコ・シッピング・パイシーズ(中遠海運双魚座)」が15日、約1カ月に及ぶ航海を経て欧州に到着し、ギリシャのピレウス港に寄港した。1月15日に引き渡された同船は今回が初めての航海。(ピレウス=新華社記者/呉魯)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800500

  • 2019年02月15日
    COSCOの大型コンテナ船、ギリシャ·ピレウス港に寄港

    15日、ギリシャ・ピレウス港に寄港する「コスコ・シッピング・パイシーズ」。中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)の大型コンテナ貨物船「コスコ・シッピング・パイシーズ(中遠海運双魚座)」が15日、約1カ月に及ぶ航海を経て欧州に到着し、ギリシャのピレウス港に寄港した。1月15日に引き渡された同船は今回が初めての航海。(ピレウス=新華社記者/于帥帥)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800499

  • 2019年02月15日
    COSCOの大型コンテナ船、ギリシャ·ピレウス港に寄港

    15日、ギリシャ・ピレウス港に寄港した「コスコ・シッピング・パイシーズ」の操縦室で計器を確認するスタッフ。中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)の大型コンテナ貨物船「コスコ・シッピング・パイシーズ(中遠海運双魚座)」が15日、約1カ月に及ぶ航海を経て欧州に到着し、ギリシャのピレウス港に寄港した。1月15日に引き渡された同船は今回が初めての航海。(ピレウス=新華社記者/于帥帥)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800442

  • 2019年02月15日
    COSCOの大型コンテナ船、ギリシャ·ピレウス港に寄港

    15日、ギリシャ・ピレウス港に寄港する「コスコ・シッピング・パイシーズ」。(小型無人機から)中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)の大型コンテナ貨物船「コスコ・シッピング・パイシーズ(中遠海運双魚座)」が15日、約1カ月に及ぶ航海を経て欧州に到着し、ギリシャのピレウス港に寄港した。1月15日に引き渡された同船は今回が初めての航海。(ピレウス=新華社記者/呉魯)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800444

  • 2019年02月15日
    COSCOの大型コンテナ船、ギリシャ·ピレウス港に寄港

    15日、「コスコ・シッピング・パイシーズ」を迎えるピレウス港のコンテナターミナル。中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)の大型コンテナ貨物船「コスコ・シッピング・パイシーズ(中遠海運双魚座)」が15日、約1カ月に及ぶ航海を経て欧州に到着し、ギリシャのピレウス港に寄港した。1月15日に引き渡された同船は今回が初めての航海。(ピレウス=新華社記者/于帥帥)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800460

  • 2019年02月15日
    COSCOの大型コンテナ船、ギリシャ·ピレウス港に寄港

    15日、ギリシャ・ピレウス港に寄港する「コスコ・シッピング・パイシーズ」。(小型無人機から)中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)の大型コンテナ貨物船「コスコ・シッピング・パイシーズ(中遠海運双魚座)」が15日、約1カ月に及ぶ航海を経て欧州に到着し、ギリシャのピレウス港に寄港した。1月15日に引き渡された同船は今回が初めての航海。(ピレウス=新華社記者/呉魯)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800493

  • 2019年02月15日
    COSCOの大型コンテナ船、ギリシャ·ピレウス港に寄港

    15日、ギリシャ・ピレウス港に寄港する「コスコ・シッピング・パイシーズ」。中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)の大型コンテナ貨物船「コスコ・シッピング・パイシーズ(中遠海運双魚座)」が15日、約1カ月に及ぶ航海を経て欧州に到着し、ギリシャのピレウス港に寄港した。1月15日に引き渡された同船は今回が初めての航海。(ピレウス=新華社記者/李暁鵬)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800461

  • 2019年02月15日
    COSCOの大型コンテナ船、ギリシャ·ピレウス港に寄港

    15日、ギリシャ・ピレウス港に寄港した「コスコ・シッピング・パイシーズ」。(小型無人機から)中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)の大型コンテナ貨物船「コスコ・シッピング・パイシーズ(中遠海運双魚座)」が15日、約1カ月に及ぶ航海を経て欧州に到着し、ギリシャのピレウス港に寄港した。1月15日に引き渡された同船は今回が初めての航海。(ピレウス=新華社記者/呉魯)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800484

  • 2019年02月23日
    COSCOの大型コンテナ船、ベルギーに寄港

    23日、ベルギーのアントワープ港に停泊する「コスコ・シッピング・パイシーズ」。中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)の大型コンテナ貨物船「コスコ・シッピング・パイシーズ(中遠海運双魚座)」が23日、1カ月以上に及ぶ航海を経てベルギーのアントワープ港に到着した。同船が1月15日に引き渡されて以来、初めての商業航海となる。(アントワープ=新華社記者/潘革平)=2019(平成31)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022600562

  • 02:16.83
    2019年02月26日
    「新華社」COSCOの大型コンテナ船、ベルギーに寄港

    中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)の大型コンテナ貨物船「コスコ・シッピング・パイシーズ(中遠海運双魚座)」がこのほど、1カ月以上に及ぶ航海を経てベルギーのアントワープ港に到着した。同船が1月15日に引き渡されて以来、初めての商業航海となる。「コスコ・シッピング・パイシーズ」は、中国遠洋海運集団の「星座シリーズ」の10隻目の大型船で、現時点で世界最大級のコンテナ船となる。全長400メートル、幅約60メートル、高さ71メートルで、標準コンテナ2万個を積載できる。同船は、極東から北西ヨーロッパまでの定期船航路を航海し、中国、東南アジア、ギリシャ、北西ヨーロッパの主要国家を結ぶ快速直航サービスを提供する。アントワープ港を出発した後、ドイツのハンブルク、オランダのロッテルダム、イギリスのフェリクストウを経由し、今回の航海のヨーロッパ最終目的地であるベルギーのゼーブルッヘ港へ向かう。同集団のベルギー支社の劉臘春(りゅう・ろうしゅん)総経理によると、同集団が1984年に800TEU(20フィートコンテナ換算)級コンテナ船を初めてアントワープ港に停泊させたときから、中国とベルギー間のコンテナ定期船輸送の歴史が始まった。今ではサービスに投入されているコンテナ船は2万TEU級の大型船舶となり、航路数も当時の1本から13本に増え、中国とベルギー、中国とヨーロッパの貿易の繁栄を大いに促進している。(記者/韓沖、潘革平、趙宇超)<映像内容>中国遠洋海運集団の大型コンテナ船がベルギーに寄港した様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022600456

  • 03:03.68
    2019年05月13日
    「新華社」中国企業がペルーの港買収株式受け渡し完了

    中国遠洋海運集団(COSCO)傘下の中遠海運港口がペルーのチャンカイ港を買収し、その株式の受け渡し式が13日、ペルー大統領府で行われた。同国のビスカラ大統領は式典で次のように述べた。受け渡し式は非常に重要な里程標である。チャンカイ港プロジェクトは投資が巨額であり、ペルーの経済発展および対中貿易を促すだろう。完成すると南米大陸の重要なハブ港、太平洋沿岸の物流センターとなり、地域貿易および中南米・中国貿易の発展を後押しすることになろう。COSCOの許立栄(きょ・りつえい)董事長は次のように述べた。中遠海運がチャンカイ港事業に投資するのは、ペルーの経済発展および中国とペルーの貿易が非常に大きな可能性を秘めていることを目にしたからである。両国の企業は今後さらに手を携えて協力し、強みを生かして、協力の新たな一章を開くだろう。中国の李昀(り・いん)駐ペルー臨時代理大使は、両国政府の力強い支援と両国企業の努力の下で、チャンカイ港プロジェクトが順調に実施され、所期の目標を達成し、ペルーの民生改善と経済発展に積極的に寄与することを期待していると表明した。チャンカイ港は天然の良好な深水港である。ペルーの首都リマの北側58キロの地点に位置する同港は地理的位置に優れている。COSCOは今年1月、ペルー側とチャンカイ港の60%の株式を取得することに関する取り決めを結んだ。中国側は同港に投資して大型の深水コンテナ埠頭と多機能埠頭を建設する予定。(記者/張国英)<映像内容>中国が買収したペルーのチャンカイ港受け渡し式の様子、撮影日:2019(令和元)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051603792

  • 02:28.50
    2019年05月25日
    「新華社」コンテナ貨物船「中遠海運太陽号」が初めてアラブ首長国連邦に到着

    中国の超大型コンテナ船「コスコ・シッピング・ソーラー(中遠海運太陽)号」が25日、1カ月の航行を経てアラブ首長国連邦(UAE)アブダビのハリファ港にある中遠海運アブダビ埠頭に到着した。これは同コンテナ船が正式に引き渡されて以来初めての商用航海。「中遠海運太陽号」は現在世界最大クラスとなるコンテナ船で、長さ400メートル、幅58・6メートル、最大喫水16メートルで、2万1千TEU(20フィートコンテナ換算)の積載が可能。同コンテナ船は、5月5日に中遠海運アブダビ埠頭に到着した積載能力2万TEUの超大型コンテナ船「コスコ・シッピング・パイシーズ(中遠海運双魚座)号」に続き、同埠頭に到着した2番目の2万TEU超のコンテナ船となった。同コンテナ船は極東と中東の間の快速航路を航行し、4月30日に初めて青島港に到着した。同航路の出航日数は49日間で、合計11の港に停泊する。中遠海運アブダビ埠頭は中国遠洋海運集団有限公司傘下の中遠海運港口有限公司とUAEのアブダビ港務局が共同出資して経営を行っており、中国側が合弁会社の支配株主となっている。同埠頭は2017年11月に建設を開始し、今年4月に営業を開始していた。(記者/蘇小坡)<映像内容>中国の超大型コンテナ船が中遠海運アブダビ埠頭に到着した様子、撮影日:2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903928

  • 02:01.06
    2019年05月25日
    「新華社」「コスコ·シッピング·ギャラクシー」就航ベルギーに寄港

    中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)の超大型コンテナ貨物船「コスコ・シッピング・ギャラクシー(中遠海運銀河)」が現地時間25日、1カ月以上の航海を経て、ベルギーのゼーブルージュ港コンテナターミナルに到着した。同船が引き渡されて以降、初めての商業航海だった。中遠海運港口ゼーブルージュターミナルの劉蓬(りゅう・ほう)最高経営責任者(CEO)によると、ゼーブルージュ港はベルギーで2番目に大きな港で、同港のコンテナターミナルはCOSCOが全額出資で買収した北・西欧唯一の自社ターミナルであるという。劉氏は、この重点航路の初めにゼーブルージュ港に寄港することは「一帯一路」の生命力も十分に示していると語った。中遠海運港口ゼーブルージュターミナルCEO劉蓬氏欧州では、たくさんの貨物がこの船によって運ばれ、またこの航路でアジアへ貨物を届けている。これは「一帯一路」の生命力を十分に示している。同船は4月23日に上海の洋山深水港を出港し、初の「海上シルクロード」航海を始めた。今回航行しているのは、東アジアから北・西欧に至るCOSCOの重点航路AEU1ラインで、シンガポール、英国、ベルギー、ポーランド、ドイツ、ギリシア、マレーシアを経由して中国に戻ってくる。「コスコ・シッピング・ギャラクシー」は全長400メートル、幅58・6メートルで、設計航海速力は22ノット、最大積載量は2万1237TEU(20フィートコンテナ換算)となっている。(記者/鄭江華、于躍、潘革平)<映像内容>COSCOの超大型コンテナ貨物船がベルギーの港に到着した様子、撮影日:2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903929

  • 2019年06月26日
    「中国近代工業発祥の地」、日系企業の誘致を加速江蘇省南通市

    南通市にある中日合弁会社、南通中遠海運川崎船舶工程有限公司の造船工場。(6月26日撮影)南通市は長江デルタ地域にあり、上海市と隣接している。清朝末期から民国初期の実業家、張謇(ちょう・けん)氏の故郷であることから「中国近代第一城(近代工業発祥の地)」と呼ばれている。日本からの投資は現在、同市が受け入れる外資の投資のなかで2番目の規模を占める。貿易規模では4番目の貿易相手国となっている。市内には527の日系企業があり、うち「世界500強」企業は17社に上る。徐恵民市長は、日系企業の投資分野は紡績・アパレル、化学工業などから精密機械、ハイテク材料へと徐々に拡大しており、増資による持ち分拡大や「大きく強く」成長する勢いが加速していると説明した。(南通=新華社記者/陸華東)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070501716

  • 2019年09月06日
    江南造船、2万1千TEUの超大型コンテナ船を中遠海運に引渡し

    6日、江南造船(集団)のふ頭に停泊する中遠海運「行星」号。中国の江南造船が中国遠洋海運集団向けに建造した超大型コンテナ船、中遠海運「行星」号が6日、上海で引渡された。「行星」号は江南造船が請け負った、中遠海運2万1千TEU(20フィートコンテナ換算)超大型コンテナ船6隻の建造事業の最後の1隻に当たる。「行星」号は長さ400メートル、幅58・6メートル、深さ33・5メートル、満載喫水16メートルで、設計航海速力は22ノット、最大積載量は19万8千トン、最大コンテナ積載量は2万1237TEUとなっている。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091105002

  • 2019年09月06日
    江南造船、2万1千TEUの超大型コンテナ船を中遠海運に引渡し

    6日、江南造船(集団)のふ頭に停泊する中遠海運「行星」号。中国の江南造船が中国遠洋海運集団向けに建造した超大型コンテナ船、中遠海運「行星」号が6日、上海で引渡された。「行星」号は江南造船が請け負った、中遠海運2万1千TEU(20フィートコンテナ換算)超大型コンテナ船6隻の建造事業の最後の1隻に当たる。「行星」号は長さ400メートル、幅58・6メートル、深さ33・5メートル、満載喫水16メートルで、設計航海速力は22ノット、最大積載量は19万8千トン、最大コンテナ積載量は2万1237TEUとなっている。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091105051

  • 2019年09月06日
    江南造船、2万1千TEUの超大型コンテナ船を中遠海運に引渡し

    6日、江南造船(集団)のふ頭に停泊する中遠海運「行星」号。中国の江南造船が中国遠洋海運集団向けに建造した超大型コンテナ船、中遠海運「行星」号が6日、上海で引渡された。「行星」号は江南造船が請け負った、中遠海運2万1千TEU(20フィートコンテナ換算)超大型コンテナ船6隻の建造事業の最後の1隻に当たる。「行星」号は長さ400メートル、幅58・6メートル、深さ33・5メートル、満載喫水16メートルで、設計航海速力は22ノット、最大積載量は19万8千トン、最大コンテナ積載量は2万1237TEUとなっている。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091105088

  • 2020年07月24日
    多用途貨物船「天恩号」まもなく出港、北極航路で欧州へ

    24日、江蘇省の連雲港港に停泊中の「天恩号」。中国の海運最大手、中国遠洋海運集団(コスコ・グループ)傘下の中遠海運特運が所有する3万6千トン級多用途貨物船「天恩号」が24日、江蘇省連雲港市の連雲港港で貨物の積込みを行った。26日午後の出航を予定しており、北極航路を通って欧州へ向かう。航行距離は約1万1千カイリで、所要日数は約26日間を見込む。通常の欧州航路より約12日短縮できるという。同船は2017年に建造された氷海域での航行が可能な貨物船で、2018年8月に初めて北極航路の航海を実施した。(連雲港=新華社配信/王春)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701066

  • 2020年07月24日
    多用途貨物船「天恩号」まもなく出港、北極航路で欧州へ

    24日、江蘇省の連雲港港で輸出用の風力発電設備を積み込む「天恩号」。(小型無人機から)中国の海運最大手、中国遠洋海運集団(コスコ・グループ)傘下の中遠海運特運が所有する3万6千トン級多用途貨物船「天恩号」が24日、江蘇省連雲港市の連雲港港で貨物の積込みを行った。26日午後の出航を予定しており、北極航路を通って欧州へ向かう。航行距離は約1万1千カイリで、所要日数は約26日間を見込む。通常の欧州航路より約12日短縮できるという。同船は2017年に建造された氷海域での航行が可能な貨物船で、2018年8月に初めて北極航路の航海を実施した。(連雲港=新華社配信/王健民)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701138

  • 2020年07月24日
    多用途貨物船「天恩号」まもなく出港、北極航路で欧州へ

    24日、江蘇省の連雲港港で輸出用の風力発電設備を積み込む「天恩号」。中国の海運最大手、中国遠洋海運集団(コスコ・グループ)傘下の中遠海運特運が所有する3万6千トン級多用途貨物船「天恩号」が24日、江蘇省連雲港市の連雲港港で貨物の積込みを行った。26日午後の出航を予定しており、北極航路を通って欧州へ向かう。航行距離は約1万1千カイリで、所要日数は約26日間を見込む。通常の欧州航路より約12日短縮できるという。同船は2017年に建造された氷海域での航行が可能な貨物船で、2018年8月に初めて北極航路の航海を実施した。(連雲港=新華社配信/王春)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701128

  • 2020年07月24日
    多用途貨物船「天恩号」まもなく出港、北極航路で欧州へ

    24日、江蘇省の連雲港港で輸出用の風力発電設備を積み込む「天恩号」。中国の海運最大手、中国遠洋海運集団(コスコ・グループ)傘下の中遠海運特運が所有する3万6千トン級多用途貨物船「天恩号」が24日、江蘇省連雲港市の連雲港港で貨物の積込みを行った。26日午後の出航を予定しており、北極航路を通って欧州へ向かう。航行距離は約1万1千カイリで、所要日数は約26日間を見込む。通常の欧州航路より約12日短縮できるという。同船は2017年に建造された氷海域での航行が可能な貨物船で、2018年8月に初めて北極航路の航海を実施した。(連雲港=新華社配信/王健民)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701144

  • 2020年07月24日
    多用途貨物船「天恩号」まもなく出港、北極航路で欧州へ

    24日、江蘇省の連雲港港に停泊中の「天恩号」。中国の海運最大手、中国遠洋海運集団(コスコ・グループ)傘下の中遠海運特運が所有する3万6千トン級多用途貨物船「天恩号」が24日、江蘇省連雲港市の連雲港港で貨物の積込みを行った。26日午後の出航を予定しており、北極航路を通って欧州へ向かう。航行距離は約1万1千カイリで、所要日数は約26日間を見込む。通常の欧州航路より約12日短縮できるという。同船は2017年に建造された氷海域での航行が可能な貨物船で、2018年8月に初めて北極航路の航海を実施した。(連雲港=新華社配信/王春)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701054

  • 2020年07月24日
    多用途貨物船「天恩号」まもなく出港、北極航路で欧州へ

    24日、江蘇省の連雲港港で輸出用の風力発電設備を積み込む「天恩号」。中国の海運最大手、中国遠洋海運集団(コスコ・グループ)傘下の中遠海運特運が所有する3万6千トン級多用途貨物船「天恩号」が24日、江蘇省連雲港市の連雲港港で貨物の積込みを行った。26日午後の出航を予定しており、北極航路を通って欧州へ向かう。航行距離は約1万1千カイリで、所要日数は約26日間を見込む。通常の欧州航路より約12日短縮できるという。同船は2017年に建造された氷海域での航行が可能な貨物船で、2018年8月に初めて北極航路の航海を実施した。(連雲港=新華社配信/王健民)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701118

  • 2020年09月01日
    川崎重工の中国合弁会社幹部、全国CQO大会で講演

    1日、全国首席質量官大会の会場。江蘇省南通市で1日、2020年全国首席質量官(最高品質責任者、CQO)大会が開かれた。中国国有海運大手の中国遠洋海運集団(コスコ・グループ)と日本の川崎重工業が共同で運営する南通中遠海運川崎船舶工程(NACKS)の浜西英司日本側総経理が出席し、講演した。(南通=新華社記者/鄭生竹)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701265

  • 2020年09月01日
    川崎重工の中国合弁会社幹部、全国CQO大会で講演

    1日、全国首席質量官大会で講演する南通中遠海運川崎船舶工程の浜西英司日本側総経理。江蘇省南通市で1日、2020年全国首席質量官(最高品質責任者、CQO)大会が開かれた。中国国有海運大手の中国遠洋海運集団(コスコ・グループ)と日本の川崎重工業が共同で運営する南通中遠海運川崎船舶工程(NACKS)の浜西英司日本側総経理が出席し、講演した。(南通=新華社記者/鄭生竹)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701368

  • 2020年09月01日
    川崎重工の中国合弁会社幹部、全国CQO大会で講演

    1日、全国首席質量官大会で講演する南通中遠海運川崎船舶工程の浜西英司日本側総経理。江蘇省南通市で1日、2020年全国首席質量官(最高品質責任者、CQO)大会が開かれた。中国国有海運大手の中国遠洋海運集団(コスコ・グループ)と日本の川崎重工業が共同で運営する南通中遠海運川崎船舶工程(NACKS)の浜西英司日本側総経理が出席し、講演した。(南通=新華社記者/鄭生竹)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701390

  • 2020年10月29日
    海南自由貿易港、現地企業運営の貿易航路開通

    10月29日、「中国ベトナムSHX航路」の開通式。中国の海南自由貿易港でこのほど、海南省の海運企業が共同運航する初の貿易航路「中国ベトナムSHX航路」の運航が始まった。今回、海南洋浦港からベトナム・ハイフォン港に向かったのは「ASFLORA」。海南省の海運企業の中聯航運が中遠海運集団(COSCO)の子会社と連携し、同船を含む積載量1200TEU(20フィートコンテナ換算)のコンテナ船2隻を投入して運航する。新航路は、海南省と東南アジア諸国を結ぶ輸送ルートを広げ、より高密度な国際定期航路ネットワークを形成、海南自由貿易港の物流体系の整備を促す。(海口=新華社記者/呉茂輝)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500111

  • 2020年10月29日
    海南自由貿易港、現地企業運営の貿易航路開通

    10月29日、出航を待つコンテナ船「ASFLORA」号。中国の海南自由貿易港でこのほど、海南省の海運企業が共同運航する初の貿易航路「中国ベトナムSHX航路」の運航が始まった。今回、海南洋浦港からベトナム・ハイフォン港に向かったのは「ASFLORA」。海南省の海運企業の中聯航運が中遠海運集団(COSCO)の子会社と連携し、同船を含む積載量1200TEU(20フィートコンテナ換算)のコンテナ船2隻を投入して運航する。新航路は、海南省と東南アジア諸国を結ぶ輸送ルートを広げ、より高密度な国際定期航路ネットワークを形成、海南自由貿易港の物流体系の整備を促す。(海口=新華社記者/呉茂輝)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500228

  • 2021年10月15日
    (2)第4回輸入博の展示品、船便第1陣が上海で陸揚げ

    13日、上海洋山港第2期埠頭に停泊中の「COSCOSHIPPINGLIBRA」。(小型無人機から)中国上海市で11月5~10日に開催される第4回中国国際輸入博覧会(輸入博)の展示品を載せた最初の船がこのほど、同市洋山港で荷揚げを行った。展示品はドイツ時間9月16日にハンブルグ港で船積みされ、中国海運大手、中遠海運控股(コスコ・シッピング・ホールディングス)の2万TEU(20フィートコンテナ換算)級貨物船「COSCOSHIPPINGLIBRA」で12日夜、上海洋山港に到着した。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101600792

  • 2021年10月15日
    (3)第4回輸入博の展示品、船便第1陣が上海で陸揚げ

    13日、陸揚げを待つ輸入博のデザインを施したコンテナ。中国上海市で11月5~10日に開催される第4回中国国際輸入博覧会(輸入博)の展示品を載せた最初の船がこのほど、同市洋山港で荷揚げを行った。展示品はドイツ時間9月16日にハンブルグ港で船積みされ、中国海運大手、中遠海運控股(コスコ・シッピング・ホールディングス)の2万TEU(20フィートコンテナ換算)級貨物船「COSCOSHIPPINGLIBRA」で12日夜、上海洋山港に到着した。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101600793

  • 2021年10月15日
    (1)第4回輸入博の展示品、船便第1陣が上海で陸揚げ

    13日、輸入博の展示品を載せて埠頭を後にするコンテナ車。中国上海市で11月5~10日に開催される第4回中国国際輸入博覧会(輸入博)の展示品を載せた最初の船がこのほど、同市洋山港で荷揚げを行った。展示品はドイツ時間9月16日にハンブルグ港で船積みされ、中国海運大手、中遠海運控股(コスコ・シッピング・ホールディングス)の2万TEU(20フィートコンテナ換算)級貨物船「COSCOSHIPPINGLIBRA」で12日夜、上海洋山港に到着した。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101600795

  • 2021年12月17日
    (5)寧波舟山港、年間コンテナ取扱量が3千万TEUを初めて突破

    17日、寧波舟山港梅山港区の貨物ヤード。(小型無人機から)中国浙江省の寧波舟山港区7番バースで16日午前8時半(日本時間同9時半)、コンテナ船「中遠海運双魚座」にコンテナが吊り上げられた。これにより、同港の年間コンテナ取扱量が初めて3千万TEU(20フィートコンテナ換算)を上回り、上海港、シンガポール港に続き、世界で3番目の年間3千万TEUを超えた港となった。(寧波=新華社配信/蒋暁東)= 配信日: 2021(令和3)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121711488

  • 2021年12月17日
    (3)寧波舟山港、年間コンテナ取扱量が3千万TEUを初めて突破

    17日、寧波舟山港の梅山港区。(小型無人機から)中国浙江省の寧波舟山港区7番バースで16日午前8時半(日本時間同9時半)、コンテナ船「中遠海運双魚座」にコンテナが吊り上げられた。これにより、同港の年間コンテナ取扱量が初めて3千万TEU(20フィートコンテナ換算)を上回り、上海港、シンガポール港に続き、世界で3番目の年間3千万TEUを超えた港となった。(寧波=新華社配信/蒋暁東)= 配信日: 2021(令和3)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121711463

  • 2021年12月17日
    (6)寧波舟山港、年間コンテナ取扱量が3千万TEUを初めて突破

    17日、寧波舟山港梅山港区の貨物ヤードで行われるコンテナの積み下ろし作業。(小型無人機から)中国浙江省の寧波舟山港区7番バースで16日午前8時半(日本時間同9時半)、コンテナ船「中遠海運双魚座」にコンテナが吊り上げられた。これにより、同港の年間コンテナ取扱量が初めて3千万TEU(20フィートコンテナ換算)を上回り、上海港、シンガポール港に続き、世界で3番目の年間3千万TEUを超えた港となった。(寧波=新華社配信/蒋暁東)= 配信日: 2021(令和3)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121711481

  • 2021年12月17日
    (1)寧波舟山港、年間コンテナ取扱量が3千万TEUを初めて突破

    16日、寧波舟山港の梅山港区制御センターで作業するスタッフ。中国浙江省の寧波舟山港区7番バースで16日午前8時半(日本時間同9時半)、コンテナ船「中遠海運双魚座」にコンテナが吊り上げられた。これにより、同港の年間コンテナ取扱量が初めて3千万TEU(20フィートコンテナ換算)を上回り、上海港、シンガポール港に続き、世界で3番目の年間3千万TEUを超えた港となった。(寧波=新華社配信/楊江琦)= 配信日: 2021(令和3)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121711466

  • 2021年12月17日
    (2)寧波舟山港、年間コンテナ取扱量が3千万TEUを初めて突破

    17日、寧波舟山港の梅山港区にある貨物ヤードで、コンテナを吊り上げるガントリークレーン。(小型無人機から)中国浙江省の寧波舟山港区7番バースで16日午前8時半(日本時間同9時半)、コンテナ船「中遠海運双魚座」にコンテナが吊り上げられた。これにより、同港の年間コンテナ取扱量が初めて3千万TEU(20フィートコンテナ換算)を上回り、上海港、シンガポール港に続き、世界で3番目の年間3千万TEUを超えた港となった。(寧波=新華社配信/蒋暁東)= 配信日: 2021(令和3)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121711461

  • 2021年12月17日
    (4)寧波舟山港、年間コンテナ取扱量が3千万TEUを初めて突破

    16日、寧波舟山港梅山港区で行われるコンテナの積み下ろし作業。中国浙江省の寧波舟山港区7番バースで16日午前8時半(日本時間同9時半)、コンテナ船「中遠海運双魚座」にコンテナが吊り上げられた。これにより、同港の年間コンテナ取扱量が初めて3千万TEU(20フィートコンテナ換算)を上回り、上海港、シンガポール港に続き、世界で3番目の年間3千万TEUを超えた港となった。(寧波=新華社配信/楊江琦)= 配信日: 2021(令和3)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121711462

  • 2021年12月19日
    (1)天津港、今年のコンテナ取扱量が2千万TEU超える

    18日、中遠海運「天盛河」号に積み込まれる天津港の今年2千万個目(20フィートコンテナ換算)の貨物。中国の天津港は18日、年間コンテナ取扱量が初めて2千万TEU(20フィートコンテナ換算)を超え、過去最高を更新した。総貨物取扱量のうち6割以上を「一帯一路」沿線諸国との貿易貨物が占めている。同港では今年、新たに10本の貿易航路が開通、約200カ国・地域の800港と貿易上の往来があった。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(令和3)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121910352

  • 2022年03月02日
    (2)LNG二元燃料システムの超大型タンカー、海南省で登録

    LNG二元燃料システムの超大型タンカー「遠瑞洋」。(資料写真)中国の石油タンカー大手、中遠海運能源運輸(コスコ・シッピング・エナジー・トランスポーテーション、中遠海能)は、同社が所有する超大型原油タンカー「遠瑞洋」が2月28日、造船大手の大連船舶重工集団のふ頭で引き渡され、海南省の洋浦港を船籍港とする船舶登録を済ませたと発表した。(海口=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030208892

  • 2022年03月02日
    (3)LNG二元燃料システムの超大型タンカー、海南省で登録

    LNG二元燃料システムの超大型タンカー「遠瑞洋」。(資料写真)中国の石油タンカー大手、中遠海運能源運輸(コスコ・シッピング・エナジー・トランスポーテーション、中遠海能)は、同社が所有する超大型原油タンカー「遠瑞洋」が2月28日、造船大手の大連船舶重工集団のふ頭で引き渡され、海南省の洋浦港を船籍港とする船舶登録を済ませたと発表した。(海口=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030208890

  • 2022年03月02日
    (1)LNG二元燃料システムの超大型タンカー、海南省で登録

    LNG二元燃料システムの超大型タンカー「遠瑞洋」。(資料写真)中国の石油タンカー大手、中遠海運能源運輸(コスコ・シッピング・エナジー・トランスポーテーション、中遠海能)は、同社が所有する超大型原油タンカー「遠瑞洋」が2月28日、造船大手の大連船舶重工集団のふ頭で引き渡され、海南省の洋浦港を船籍港とする船舶登録を済ませたと発表した。(海口=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030208894

  • 2022年05月28日
    (6)科学的なエネルギー利用で「グリーン工場」建設を後押し江蘇省

    25日、江蘇省揚州市にある揚州中遠海運重工のエネルギー貯蔵発電所で、設備の運行状況を調べる電力供給部門の従業員(右)。中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)傘下の揚州中遠海運重工は近年、低炭素の発展理念を貫き、「グリーン工場」設立の目標を巡り、地元電力供給部門の支援の下、陸電設備、エネルギー貯蔵発電所、太陽光発電所を続々と建設し、科学的なエネルギー利用の推進に力を入れ、効率的な発展の実現に取り組んでいる。(揚州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2022(令和4)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052807300

  • 2022年05月28日
    (7)科学的なエネルギー利用で「グリーン工場」建設を後押し江蘇省

    25日、江蘇省揚州市にある揚州中遠海運重工の埠頭付近に設置されている陸電設備。中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)傘下の揚州中遠海運重工は近年、低炭素の発展理念を貫き、「グリーン工場」設立の目標を巡り、地元電力供給部門の支援の下、陸電設備、エネルギー貯蔵発電所、太陽光発電所を続々と建設し、科学的なエネルギー利用の推進に力を入れ、効率的な発展の実現に取り組んでいる。(揚州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2022(令和4)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052807307

  • 2022年05月28日
    (8)科学的なエネルギー利用で「グリーン工場」建設を後押し江蘇省

    25日、江蘇省揚州市にある揚州中遠海運重工の工場で作業する従業員。中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)傘下の揚州中遠海運重工は近年、低炭素の発展理念を貫き、「グリーン工場」設立の目標を巡り、地元電力供給部門の支援の下、陸電設備、エネルギー貯蔵発電所、太陽光発電所を続々と建設し、科学的なエネルギー利用の推進に力を入れ、効率的な発展の実現に取り組んでいる。(揚州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2022(令和4)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052807302

  • 2022年05月28日
    (3)科学的なエネルギー利用で「グリーン工場」建設を後押し江蘇省

    25日、江蘇省揚州市にある揚州中遠海運重工の工場屋根に設置されているソーラーパネル。(小型無人機から)中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)傘下の揚州中遠海運重工は近年、低炭素の発展理念を貫き、「グリーン工場」設立の目標を巡り、地元電力供給部門の支援の下、陸電設備、エネルギー貯蔵発電所、太陽光発電所を続々と建設し、科学的なエネルギー利用の推進に力を入れ、効率的な発展の実現に取り組んでいる。(揚州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2022(令和4)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052807305

  • 2022年05月28日
    (4)科学的なエネルギー利用で「グリーン工場」建設を後押し江蘇省

    25日、江蘇省揚州市にある揚州中遠海運重工の工場屋根に設置されているソーラーパネル。(小型無人機から)中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)傘下の揚州中遠海運重工は近年、低炭素の発展理念を貫き、「グリーン工場」設立の目標を巡り、地元電力供給部門の支援の下、陸電設備、エネルギー貯蔵発電所、太陽光発電所を続々と建設し、科学的なエネルギー利用の推進に力を入れ、効率的な発展の実現に取り組んでいる。(揚州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2022(令和4)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052807306

  • 2022年05月28日
    (1)科学的なエネルギー利用で「グリーン工場」建設を後押し江蘇省

    25日、江蘇省揚州市にある揚州中遠海運重工のエネルギー貯蔵発電所。(手前右側の灰色の建物、小型無人機から)中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)傘下の揚州中遠海運重工は近年、低炭素の発展理念を貫き、「グリーン工場」設立の目標を巡り、地元電力供給部門の支援の下、陸電設備、エネルギー貯蔵発電所、太陽光発電所を続々と建設し、科学的なエネルギー利用の推進に力を入れ、効率的な発展の実現に取り組んでいる。(揚州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2022(令和4)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052807287

  • 2022年05月28日
    (2)科学的なエネルギー利用で「グリーン工場」建設を後押し江蘇省

    25日、江蘇省揚州市にある揚州中遠海運重工のエネルギー貯蔵発電所。(小型無人機から)中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)傘下の揚州中遠海運重工は近年、低炭素の発展理念を貫き、「グリーン工場」設立の目標を巡り、地元電力供給部門の支援の下、陸電設備、エネルギー貯蔵発電所、太陽光発電所を続々と建設し、科学的なエネルギー利用の推進に力を入れ、効率的な発展の実現に取り組んでいる。(揚州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2022(令和4)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052807365

  • 2022年05月28日
    (5)科学的なエネルギー利用で「グリーン工場」建設を後押し江蘇省

    25日、江蘇省揚州市にある揚州中遠海運重工の工場で作業する従業員。中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)傘下の揚州中遠海運重工は近年、低炭素の発展理念を貫き、「グリーン工場」設立の目標を巡り、地元電力供給部門の支援の下、陸電設備、エネルギー貯蔵発電所、太陽光発電所を続々と建設し、科学的なエネルギー利用の推進に力を入れ、効率的な発展の実現に取り組んでいる。(揚州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2022(令和4)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052807309

  • 1