KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 長江大橋
  • 併用大橋
  • 道路鉄道
  • 中国江蘇省
  • 高速鉄道
  • ケーブル
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 公鉄大橋
  • 平潭海峡

「中鉄大橋」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
93
( 1 93 件を表示)
  • 1
93
( 1 93 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年11月14日
    福廈鉄道の烏竜江大橋、箱桁設置に成功福建省

    14日、箱桁設置に成功した福廈鉄道の烏竜江大橋。(小型無人機から)中国中鉄大橋局が建設を請け負う福廈(福建省福州市‐アモイ市)高速鉄道の烏竜江(うりゅうこう)大橋で14日、箱桁の設置に成功した。同橋は大スパンを持つ複々線(線路4本)形式、高低差のある主塔から二重ケーブルで支える斜張橋で、全長は約740メートル。今後、同大橋の上部構造の工事が全面的にスタートする。福廈高速鉄道は設計時速350キロ、開通は2022年を予定している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    福廈鉄道の烏竜江大橋、箱桁設置に成功福建省

    14日、福廈鉄道の烏竜江大橋で進む箱桁設置作業。中国中鉄大橋局が建設を請け負う福廈(福建省福州市‐アモイ市)高速鉄道の烏竜江(うりゅうこう)大橋で14日、箱桁の設置に成功した。同橋は大スパンを持つ複々線(線路4本)形式、高低差のある主塔から二重ケーブルで支える斜張橋で、全長は約740メートル。今後、同大橋の上部構造の工事が全面的にスタートする。福廈高速鉄道は設計時速350キロ、開通は2022年を予定している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    福廈鉄道の烏竜江大橋、箱桁設置に成功福建省

    14日、福廈鉄道の烏竜江大橋で箱桁を吊り上げる作業員。中国中鉄大橋局が建設を請け負う福廈(福建省福州市‐アモイ市)高速鉄道の烏竜江(うりゅうこう)大橋で14日、箱桁の設置に成功した。同橋は大スパンを持つ複々線(線路4本)形式、高低差のある主塔から二重ケーブルで支える斜張橋で、全長は約740メートル。今後、同大橋の上部構造の工事が全面的にスタートする。福廈高速鉄道は設計時速350キロ、開通は2022年を予定している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    福廈鉄道の烏竜江大橋、箱桁設置に成功福建省

    14日、福廈鉄道の烏竜江大橋で進む箱桁設置作業。(小型無人機から)中国中鉄大橋局が建設を請け負う福廈(福建省福州市‐アモイ市)高速鉄道の烏竜江(うりゅうこう)大橋で14日、箱桁の設置に成功した。同橋は大スパンを持つ複々線(線路4本)形式、高低差のある主塔から二重ケーブルで支える斜張橋で、全長は約740メートル。今後、同大橋の上部構造の工事が全面的にスタートする。福廈高速鉄道は設計時速350キロ、開通は2022年を予定している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.28
    2020年11月14日
    「新華社」福廈鉄道の烏竜江大橋、箱桁設置に成功福建省

    中国中鉄大橋局が建設を請け負う福廈(福建省福州市‐アモイ市)高速鉄道の烏竜江(うりゅうこう)大橋で14日、箱桁の設置に成功した。同橋は大スパンを持つ複々線(線路4本)形式、高低差のある主塔から二重ケーブルで支える斜張橋で、全長は約740メートル。今後、同大橋の上部構造の工事が全面的にスタートする。福廈高速鉄道は設計時速350キロ、開通は2022年を予定している。(記者/林善伝)<映像内容>烏竜江大橋で箱桁の設置に成功、撮影日:2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    福廈鉄道の烏竜江大橋、箱桁設置に成功福建省

    14日、福廈鉄道の烏竜江大橋で進む箱桁設置作業。(小型無人機から)中国中鉄大橋局が建設を請け負う福廈(福建省福州市‐アモイ市)高速鉄道の烏竜江(うりゅうこう)大橋で14日、箱桁の設置に成功した。同橋は大スパンを持つ複々線(線路4本)形式、高低差のある主塔から二重ケーブルで支える斜張橋で、全長は約740メートル。今後、同大橋の上部構造の工事が全面的にスタートする。福廈高速鉄道は設計時速350キロ、開通は2022年を予定している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    福廈鉄道の烏竜江大橋、箱桁設置に成功福建省

    14日、福廈鉄道の烏竜江大橋で進む箱桁設置作業。中国中鉄大橋局が建設を請け負う福廈(福建省福州市‐アモイ市)高速鉄道の烏竜江(うりゅうこう)大橋で14日、箱桁の設置に成功した。同橋は大スパンを持つ複々線(線路4本)形式、高低差のある主塔から二重ケーブルで支える斜張橋で、全長は約740メートル。今後、同大橋の上部構造の工事が全面的にスタートする。福廈高速鉄道は設計時速350キロ、開通は2022年を予定している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    福廈鉄道の烏竜江大橋、箱桁設置に成功福建省

    14日、箱桁設置に成功した福廈鉄道の烏竜江大橋。(小型無人機から)中国中鉄大橋局が建設を請け負う福廈(福建省福州市‐アモイ市)高速鉄道の烏竜江(うりゅうこう)大橋で14日、箱桁の設置に成功した。同橋は大スパンを持つ複々線(線路4本)形式、高低差のある主塔から二重ケーブルで支える斜張橋で、全長は約740メートル。今後、同大橋の上部構造の工事が全面的にスタートする。福廈高速鉄道は設計時速350キロ、開通は2022年を予定している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    福廈鉄道の烏竜江大橋、箱桁設置に成功福建省

    14日、福廈鉄道の烏竜江大橋で進む箱桁設置作業。(小型無人機から)中国中鉄大橋局が建設を請け負う福廈(福建省福州市‐アモイ市)高速鉄道の烏竜江(うりゅうこう)大橋で14日、箱桁の設置に成功した。同橋は大スパンを持つ複々線(線路4本)形式、高低差のある主塔から二重ケーブルで支える斜張橋で、全長は約740メートル。今後、同大橋の上部構造の工事が全面的にスタートする。福廈高速鉄道は設計時速350キロ、開通は2022年を予定している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    中国初の単洞4車線、超大型高速鉄道トンネルが完成

    10月28日、浙江省台州市で完成した杭紹台鉄道の下北山トンネル。中国浙江省の杭州と紹興、台州を結ぶ杭紹台高速鉄道の下北山トンネルがこのほど、完成した。中鉄大橋局集団が建設を請け負った中国初の単洞4車線となる超大断面高速鉄道トンネルで、同高速鉄道の2021年運用開始に重要な基礎を築いた。同トンネルは台州市に位置し、全長596メートル、設計速度は時速350キロ。トンネルの断面積は350平方メートルに達し、国内最大の断面積を持つ高速鉄道トンネルとなる。(台州=新華社配信/楊凝)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    中国初の単洞4車線、超大型高速鉄道トンネルが完成

    10月28日、浙江省台州市で完成した杭紹台鉄道の下北山トンネル。中国浙江省の杭州と紹興、台州を結ぶ杭紹台高速鉄道の下北山トンネルがこのほど、完成した。中鉄大橋局集団が建設を請け負った中国初の単洞4車線となる超大断面高速鉄道トンネルで、同高速鉄道の2021年運用開始に重要な基礎を築いた。同トンネルは台州市に位置し、全長596メートル、設計速度は時速350キロ。トンネルの断面積は350平方メートルに達し、国内最大の断面積を持つ高速鉄道トンネルとなる。(台州=新華社配信/楊凝)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月19日
    中国企業が建設するバングラ最長の橋、工事が順調に進む

    19日、バングラデシュの首都ダッカ郊外のムンシガンジ県で行われているパドマ橋の架橋工事。中国企業が建設を進めるバングラデシュ最長の橋パドマ橋で19日、33本目の橋桁が架設され、主要構造部のおよそ5キロがはっきりと見えるようになった。パドマ多目的橋プロジェクトの上席技師であるデワン・アブドゥル・カデル氏は、中鉄大橋局集団(MBEC)の技師らが同日朝、重さ約3200トンの橋桁を3番目と4番目の橋脚の間に架設したと明らかにした。(ムンシガンジ=新華社配信)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月19日
    中国企業が建設するバングラ最長の橋、工事が順調に進む

    19日、バングラデシュの首都ダッカ郊外のムンシガンジ県で行われているパドマ橋の架橋工事。中国企業が建設を進めるバングラデシュ最長の橋パドマ橋で19日、33本目の橋桁が架設され、主要構造部のおよそ5キロがはっきりと見えるようになった。パドマ多目的橋プロジェクトの上席技師であるデワン・アブドゥル・カデル氏は、中鉄大橋局集団(MBEC)の技師らが同日朝、重さ約3200トンの橋桁を3番目と4番目の橋脚の間に架設したと明らかにした。(ムンシガンジ=新華社配信)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月19日
    中国企業が建設するバングラ最長の橋、工事が順調に進む

    19日、バングラデシュの首都ダッカ郊外のムンシガンジ県で行われているパドマ橋の架橋工事。中国企業が建設を進めるバングラデシュ最長の橋パドマ橋で19日、33本目の橋桁が架設され、主要構造部のおよそ5キロがはっきりと見えるようになった。パドマ多目的橋プロジェクトの上席技師であるデワン・アブドゥル・カデル氏は、中鉄大橋局集団(MBEC)の技師らが同日朝、重さ約3200トンの橋桁を3番目と4番目の橋脚の間に架設したと明らかにした。(ムンシガンジ=新華社配信)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月07日
    急ピッチで進む鄭済鉄路鄭州黄河特大橋の建設工事河南省鄭州市

    7日、建設中の鄭済鉄路鄭州黄河特大橋。中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄大橋局集団が建設を請け負う国家重点プロジェクト、「鄭済鉄路鄭州黄河特大橋」建設工事が現在、主橋の最終的な橋面舗装段階に入っている。同特大橋は黄河に架かる鉄道道路併用橋で、主橋部の全長は2016メートル。橋は上下構造で、上層には6車線の高速道路、下層には4本の線路が通る。完成後は、鄭州と山東省済南市を結ぶ「鄭済高速鉄道」の一部となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月07日
    急ピッチで進む鄭済鉄路鄭州黄河特大橋の建設工事河南省鄭州市

    7日、建設中の鄭済鉄路鄭州黄河特大橋。(小型無人機から)中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄大橋局集団が建設を請け負う国家重点プロジェクト、「鄭済鉄路鄭州黄河特大橋」建設工事が現在、主橋の最終的な橋面舗装段階に入っている。同特大橋は黄河に架かる鉄道道路併用橋で、主橋部の全長は2016メートル。橋は上下構造で、上層には6車線の高速道路、下層には4本の線路が通る。完成後は、鄭州と山東省済南市を結ぶ「鄭済高速鉄道」の一部となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月07日
    急ピッチで進む鄭済鉄路鄭州黄河特大橋の建設工事河南省鄭州市

    7日、建設中の鄭済鉄路鄭州黄河特大橋。(小型無人機から)中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄大橋局集団が建設を請け負う国家重点プロジェクト、「鄭済鉄路鄭州黄河特大橋」建設工事が現在、主橋の最終的な橋面舗装段階に入っている。同特大橋は黄河に架かる鉄道道路併用橋で、主橋部の全長は2016メートル。橋は上下構造で、上層には6車線の高速道路、下層には4本の線路が通る。完成後は、鄭州と山東省済南市を結ぶ「鄭済高速鉄道」の一部となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月07日
    急ピッチで進む鄭済鉄路鄭州黄河特大橋の建設工事河南省鄭州市

    7日、建設中の鄭済鉄路鄭州黄河特大橋。中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄大橋局集団が建設を請け負う国家重点プロジェクト、「鄭済鉄路鄭州黄河特大橋」建設工事が現在、主橋の最終的な橋面舗装段階に入っている。同特大橋は黄河に架かる鉄道道路併用橋で、主橋部の全長は2016メートル。橋は上下構造で、上層には6車線の高速道路、下層には4本の線路が通る。完成後は、鄭州と山東省済南市を結ぶ「鄭済高速鉄道」の一部となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月07日
    急ピッチで進む鄭済鉄路鄭州黄河特大橋の建設工事河南省鄭州市

    7日、建設中の鄭済鉄路鄭州黄河特大橋。中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄大橋局集団が建設を請け負う国家重点プロジェクト、「鄭済鉄路鄭州黄河特大橋」建設工事が現在、主橋の最終的な橋面舗装段階に入っている。同特大橋は黄河に架かる鉄道道路併用橋で、主橋部の全長は2016メートル。橋は上下構造で、上層には6車線の高速道路、下層には4本の線路が通る。完成後は、鄭州と山東省済南市を結ぶ「鄭済高速鉄道」の一部となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月07日
    急ピッチで進む鄭済鉄路鄭州黄河特大橋の建設工事河南省鄭州市

    7日、建設中の鄭済鉄路鄭州黄河特大橋。中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄大橋局集団が建設を請け負う国家重点プロジェクト、「鄭済鉄路鄭州黄河特大橋」建設工事が現在、主橋の最終的な橋面舗装段階に入っている。同特大橋は黄河に架かる鉄道道路併用橋で、主橋部の全長は2016メートル。橋は上下構造で、上層には6車線の高速道路、下層には4本の線路が通る。完成後は、鄭州と山東省済南市を結ぶ「鄭済高速鉄道」の一部となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月07日
    急ピッチで進む鄭済鉄路鄭州黄河特大橋の建設工事河南省鄭州市

    7日、建設中の鄭済鉄路鄭州黄河特大橋。中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄大橋局集団が建設を請け負う国家重点プロジェクト、「鄭済鉄路鄭州黄河特大橋」建設工事が現在、主橋の最終的な橋面舗装段階に入っている。同特大橋は黄河に架かる鉄道道路併用橋で、主橋部の全長は2016メートル。橋は上下構造で、上層には6車線の高速道路、下層には4本の線路が通る。完成後は、鄭州と山東省済南市を結ぶ「鄭済高速鉄道」の一部となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    蘇州と南通を結ぶ「滬蘇通長江公鉄大橋」が開通江蘇省

    1日、滬蘇通長江公鉄大橋の開通式で写真を撮る中鉄大橋局集団の建設者代表。中国江蘇省の蘇州市と南通市を結ぶ滬蘇通(こそつう)長江公鉄大橋が1日、開通した。鉄道道路併用橋として建設され、高速道路と在来の旅客・貨物併用線、高速鉄道線の三つが同時に長江をまたぐ。大橋を渡る滬蘇通鉄道(上海‐蘇州‐南通)も同日開業した。同橋は滬蘇通鉄道の重要な結節点であり、同路線の建設を左右する最も重要な工程とされた。全長は11・072キロ。建設は中国国有鉄道運営会社の中国国家鉄路集団が主導し、完成までに6年4カ月の年月を要した。同橋の開通により、長江両岸の高速道路網が効果的に接続され、蘇通大橋や江陰長江大橋の交通圧力も緩和される。(張家港=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:26.14
    2020年05月26日
    「新華社」設計時速350キロの鉄道橋、鯿魚洲長江大橋で桁の架設始まる

    中国で建設が進む安徽省安慶市と江西省九江市を結ぶ鉄道の鯿魚洲長江大橋(安九鉄路長江大橋)で26日午前10時ごろ、南岸側の主塔の桁の上に重さ592トンの鋼箱桁が慎重に設置された。全国初の長江に架かる設計時速350キロの鉄道橋として、最初の鋼箱桁の架設が完了し、今後は上部構造の施工段階に入る。同大橋は2本の主塔からのケーブルが交差する2面吊りの斜張橋で、主径間長は672メートル、4線の鉄道が走行できる設計。うち2線は時速350キロの高速鉄道、2線は時速200キロの貨客併用鉄道となる。施工を担当する中鉄大橋局の責任者によると、同大橋は中国初の設計時速350キロの長江をまたぐ鉄道橋で、高速鉄道列車が減速せずに通過することができるという。これまでの斜張橋では主塔を中心としてケーブルが左右対称に広がっており、ケーブル同士が重なり合うことはなかったが、同大橋では2本の主塔の間のケーブルを72メートルにわたって交差させることで、橋全体の安定性をより一層高めている。中国初の交差ケーブル方式の斜張橋ともなる。(記者/熊琦)<映像内容>鯿魚洲長江大橋の桁の架設の様子、撮影日:2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    中国初の単洞4車線、超大型高速鉄道トンネルが完成

    杭紹台鉄道の下北山トンネルの工事現場。(2020年4月撮影)中国浙江省の杭州と紹興、台州を結ぶ杭紹台高速鉄道の下北山トンネルがこのほど、完成した。中鉄大橋局集団が建設を請け負った中国初の単洞4車線となる超大断面高速鉄道トンネルで、同高速鉄道の2021年運用開始に重要な基礎を築いた。同トンネルは台州市に位置し、全長596メートル、設計速度は時速350キロ。トンネルの断面積は350平方メートルに達し、国内最大の断面積を持つ高速鉄道トンネルとなる。(台州=新華社配信/戴志強)=2020(令和2)年4月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:05.60
    2020年04月29日
    「新華社」赤壁長江大橋、主塔の構造工事が完了3交代勤務で工期挽回

    中国湖北省赤壁市で中鉄大橋局が建設を進める赤壁長江大橋は、4月29日までに主塔2本の主体構造工事が完了した。合成斜張橋としては世界最大の主径間を持つ同橋の主塔工事は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けたものの、工事再開後は三交代勤務を実施して工期を1カ月短縮。作業中止による工期の遅延を半分まで縮めた。全長5572メートル、主径間長720メートルの同橋は、後漢末期の「三国志」の時代に赤壁の戦いがあったとされる地点の上流約6キロに位置する。片側3車線で最高時速100キロの2塔2面吊り方式端2箱桁RC梁斜張橋で、プロジェクト投資総額は32憶5千万元元(1元=約15円)。主塔の高さは北側217・33メートル、南側223メートルで、使用したコンクリートは4万2262立方メートル。主塔構造の工事が完了したことで、今後は橋梁の架設に入る。(記者/熊琦)<映像内容>赤壁長江大橋の建設、撮影日:2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.16
    2020年01月08日
    「新華社」赤壁長江公路大橋、最初の鋼梁架設に成功湖北省赤壁市

    中国湖北省咸寧(かんねい)市管轄下の赤壁市(県級市)に建設中の赤壁長江公路大橋で8日、主橋部最初の鋼梁の架設が成功した。この大橋は中鉄大橋局が建設中で、鋼梁架設の成功は上部構造の全面的な施工段階に入ったことを意味する。同大橋の主橋部は主塔2本、2面吊り方式を用いた合成斜張橋で、全長は1380メートル、メインスパンは720メートルとなっている。(記者/熊琦、李勁峰)<映像内容>建設中の赤壁長江公路大橋の様子、撮影日:2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月18日
    中国初の総合型橋梁博物館、湖北省武漢市に開館

    18日、橋の模型を見学する来館者。中国初の総合型橋梁博物館が18日、湖北省武漢市に正式に開館した。同館は建築面積約3千平方メートルで、中鉄大橋局が建築と開館準備を担った。館内には中国古代の橋、中国近現代の橋、世界の橋の総覧、橋梁文化展示、橋の双方向体験など八つの展示エリアがある。豊富な収蔵品と最新の音響光学技術を通じ、中国の橋の発展の軌跡をひもとき、橋梁建設の成果を全面的に展示している。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月18日
    中国初の総合型橋梁博物館、湖北省武漢市に開館

    18日、館内でVRを体験する来館者。中国初の総合型橋梁博物館が18日、湖北省武漢市に正式に開館した。同館は建築面積約3千平方メートルで、中鉄大橋局が建築と開館準備を担った。館内には中国古代の橋、中国近現代の橋、世界の橋の総覧、橋梁文化展示、橋の双方向体験など八つの展示エリアがある。豊富な収蔵品と最新の音響光学技術を通じ、中国の橋の発展の軌跡をひもとき、橋梁建設の成果を全面的に展示している。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月18日
    中国初の総合型橋梁博物館、湖北省武漢市に開館

    18日、橋の模型を見学する来館者。中国初の総合型橋梁博物館が18日、湖北省武漢市に正式に開館した。同館は建築面積約3千平方メートルで、中鉄大橋局が建築と開館準備を担った。館内には中国古代の橋、中国近現代の橋、世界の橋の総覧、橋梁文化展示、橋の双方向体験など八つの展示エリアがある。豊富な収蔵品と最新の音響光学技術を通じ、中国の橋の発展の軌跡をひもとき、橋梁建設の成果を全面的に展示している。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月18日
    中国初の総合型橋梁博物館、湖北省武漢市に開館

    18日、展示された古い道具類を見学する来館者。中国初の総合型橋梁博物館が18日、湖北省武漢市に正式に開館した。同館は建築面積約3千平方メートルで、中鉄大橋局が建築と開館準備を担った。館内には中国古代の橋、中国近現代の橋、世界の橋の総覧、橋梁文化展示、橋の双方向体験など八つの展示エリアがある。豊富な収蔵品と最新の音響光学技術を通じ、中国の橋の発展の軌跡をひもとき、橋梁建設の成果を全面的に展示している。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月18日
    中国初の総合型橋梁博物館、湖北省武漢市に開館

    18日、館内を見学する来館者。中国初の総合型橋梁博物館が18日、湖北省武漢市に正式に開館した。同館は建築面積約3千平方メートルで、中鉄大橋局が建築と開館準備を担った。館内には中国古代の橋、中国近現代の橋、世界の橋の総覧、橋梁文化展示、橋の双方向体験など八つの展示エリアがある。豊富な収蔵品と最新の音響光学技術を通じ、中国の橋の発展の軌跡をひもとき、橋梁建設の成果を全面的に展示している。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:06.32
    2019年09月30日
    「新華社」海峡をまたぐ「世界の奇跡」中国の橋梁工事が新たな段階に

    中国福建省で道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の建設を請け負う中鉄大橋局がこのほど、同橋を構成する3基航道橋の一つ、鼓嶼門航道橋の施工現場で、橋の接合成功を祝う式典を行った。中国初、世界最長の海峡をまたぐ道路・鉄道併用大橋が連結した。「平潭海峡公鉄大橋」は、福建省福州市長楽区松下鎮から四つの島を経由して平潭まで結んでおり、全長は16・34キロメートル。橋が架かる台湾海峡はバミューダ、喜望峰と並ぶ世界三大強風海域で、6級(風速毎秒10・8~13・8メートル)以上の強風が吹く日が年平均300日を超える。古くは海のシルクロードの主要ルートであったが、10隻以上の古代の沈没船が海中で発見され、海況の厳しさを証明した。(記者/邰暁安、林善伝、張逸之、呉剣鋒)<映像内容>海峡をまたぐ平潭海峡公鉄大橋の建設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月24日
    五峰山長江大橋、最初の鋼桁架設を完了

    24日、五峰山長江大橋の鋼桁架設作業。中国江蘇省で建設中の五峰山長江大橋で24日午後、メインスパン(主径間)最初のブロックの鋼梁架設が無事完了し、中国初となる鉄道道路併用つり橋の建設は大きな進展を得た。(鎮江=新華社配信/中鉄大橋局提供)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:中鉄大橋局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月24日
    五峰山長江大橋、最初の鋼桁架設を完了

    24日、五峰山長江大橋の鋼桁架設作業。中国江蘇省で建設中の五峰山長江大橋で24日午後、メインスパン(主径間)最初のブロックの鋼梁架設が無事完了し、中国初となる鉄道道路併用つり橋の建設は大きな進展を得た。(鎮江=新華社配信/中鉄大橋局提供)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:中鉄大橋局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月24日
    五峰山長江大橋、最初の鋼桁架設を完了

    24日、五峰山長江大橋の鋼桁架設作業。中国江蘇省で建設中の五峰山長江大橋で24日午後、メインスパン(主径間)最初のブロックの鋼梁架設が無事完了し、中国初となる鉄道道路併用つり橋の建設は大きな進展を得た。(鎮江=新華社配信/中鉄大橋局提供)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:中鉄大橋局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月24日
    五峰山長江大橋、最初の鋼桁架設を完了

    24日、五峰山長江大橋の鋼桁架設作業。中国江蘇省で建設中の五峰山長江大橋で24日午後、メインスパン(主径間)最初のブロックの鋼梁架設が無事完了し、中国初となる鉄道道路併用つり橋の建設は大きな進展を得た。(鎮江=新華社配信/中鉄大橋局提供)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:中鉄大橋局/新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月21日
    海峡をまたぐ「世界の奇跡」中国の橋梁工事に新たな段階に

    21日、平潭海峡公鉄大橋を構成する鼓嶼門航道橋の接合部の鋼桁をゆっくり持ち上げるクレーン。(小型無人機から)中国福建省で道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の建設を請け負う中鉄大橋局がこのほど、同橋を構成する3基航道橋の一つ、鼓嶼門航道橋の施工現場で、橋の接合成功を祝う式典を行った。中国初、世界最長の海峡をまたぐ道路・鉄道併用大橋が連結した。「平潭海峡公鉄大橋」は、福建省福州市長楽区松下鎮から四つの島を経由して平潭まで結んでおり、全長は16・34キロメートル。橋が架かる台湾海峡はバミューダ、喜望峰と並ぶ世界三大強風海域で、6級(風速毎秒10・8~13・8メートル)以上の強風が吹く日が年平均300日を超える。古くは海のシルクロードの主要ルートであったが、10隻以上の古代の沈没船が海中で発見され、海況の厳しさを証明した。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月21日
    海峡をまたぐ「世界の奇跡」中国の橋梁工事に新たな段階に

    21日、平潭海峡公鉄大橋を構成する鼓嶼門航道橋の接合部の鋼桁のつり上げ作業。(小型無人機から)中国福建省で道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の建設を請け負う中鉄大橋局がこのほど、同橋を構成する3基航道橋の一つ、鼓嶼門航道橋の施工現場で、橋の接合成功を祝う式典を行った。中国初、世界最長の海峡をまたぐ道路・鉄道併用大橋が連結した。「平潭海峡公鉄大橋」は、福建省福州市長楽区松下鎮から四つの島を経由して平潭まで結んでおり、全長は16・34キロメートル。橋が架かる台湾海峡はバミューダ、喜望峰と並ぶ世界三大強風海域で、6級(風速毎秒10・8~13・8メートル)以上の強風が吹く日が年平均300日を超える。古くは海のシルクロードの主要ルートであったが、10隻以上の古代の沈没船が海中で発見され、海況の厳しさを証明した。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月21日
    海峡をまたぐ「世界の奇跡」中国の橋梁工事に新たな段階に

    21日、平潭海峡公鉄大橋を構成する鼓嶼門航道橋の接合部の鋼桁のつり上げ作業。(小型無人機から)中国福建省で道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の建設を請け負う中鉄大橋局がこのほど、同橋を構成する3基航道橋の一つ、鼓嶼門航道橋の施工現場で、橋の接合成功を祝う式典を行った。中国初、世界最長の海峡をまたぐ道路・鉄道併用大橋が連結した。「平潭海峡公鉄大橋」は、福建省福州市長楽区松下鎮から四つの島を経由して平潭まで結んでおり、全長は16・34キロメートル。橋が架かる台湾海峡はバミューダ、喜望峰と並ぶ世界三大強風海域で、6級(風速毎秒10・8~13・8メートル)以上の強風が吹く日が年平均300日を超える。古くは海のシルクロードの主要ルートであったが、10隻以上の古代の沈没船が海中で発見され、海況の厳しさを証明した。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月21日
    海峡をまたぐ「世界の奇跡」中国の橋梁工事に新たな段階に

    21日、平潭海峡公鉄大橋を構成する鼓嶼門航道橋の接合部の鋼桁のつり上げ作業。(小型無人機から)中国福建省で道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の建設を請け負う中鉄大橋局がこのほど、同橋を構成する3基航道橋の一つ、鼓嶼門航道橋の施工現場で、橋の接合成功を祝う式典を行った。中国初、世界最長の海峡をまたぐ道路・鉄道併用大橋が連結した。「平潭海峡公鉄大橋」は、福建省福州市長楽区松下鎮から四つの島を経由して平潭まで結んでおり、全長は16・34キロメートル。橋が架かる台湾海峡はバミューダ、喜望峰と並ぶ世界三大強風海域で、6級(風速毎秒10・8~13・8メートル)以上の強風が吹く日が年平均300日を超える。古くは海のシルクロードの主要ルートであったが、10隻以上の古代の沈没船が海中で発見され、海況の厳しさを証明した。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月21日
    海峡をまたぐ「世界の奇跡」中国の橋梁工事に新たな段階に

    21日、平潭海峡公鉄大橋を構成する鼓嶼門航道橋の接合部の鋼桁のつり上げ作業。(小型無人機から)中国福建省で道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の建設を請け負う中鉄大橋局がこのほど、同橋を構成する3基航道橋の一つ、鼓嶼門航道橋の施工現場で、橋の接合成功を祝う式典を行った。中国初、世界最長の海峡をまたぐ道路・鉄道併用大橋が連結した。「平潭海峡公鉄大橋」は、福建省福州市長楽区松下鎮から四つの島を経由して平潭まで結んでおり、全長は16・34キロメートル。橋が架かる台湾海峡はバミューダ、喜望峰と並ぶ世界三大強風海域で、6級(風速毎秒10・8~13・8メートル)以上の強風が吹く日が年平均300日を超える。古くは海のシルクロードの主要ルートであったが、10隻以上の古代の沈没船が海中で発見され、海況の厳しさを証明した。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月21日
    海峡をまたぐ「世界の奇跡」中国の橋梁工事に新たな段階に

    21日、平潭海峡公鉄大橋の接合成功を祝うテープカットに出席した全国労働模範、「全国五一労働者表彰メダル」受賞者、国務院の政府特殊手当を受けている専門家などの同橋建設関係者。中国福建省で道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の建設を請け負う中鉄大橋局がこのほど、同橋を構成する3基航道橋の一つ、鼓嶼門航道橋の施工現場で、橋の接合成功を祝う式典を行った。中国初、世界最長の海峡をまたぐ道路・鉄道併用大橋が連結した。「平潭海峡公鉄大橋」は、福建省福州市長楽区松下鎮から四つの島を経由して平潭まで結んでおり、全長は16・34キロメートル。橋が架かる台湾海峡はバミューダ、喜望峰と並ぶ世界三大強風海域で、6級(風速毎秒10・8~13・8メートル)以上の強風が吹く日が年平均300日を超える。古くは海のシルクロードの主要ルートであったが、10隻以上の古代の沈没船が海中で発見され、海況の厳しさを証明した。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月21日
    海峡をまたぐ「世界の奇跡」中国の橋梁工事が新たな段階に

    21日、クレーンがゆっくり持ち上げる、平潭海峡公鉄大橋を構成する鼓嶼門航道橋の接合部の鋼桁。(小型無人機から)中国福建省で道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の建設を請け負う中鉄大橋局がこのほど、同橋を構成する3基航道橋の一つ、鼓嶼門航道橋の施工現場で、橋の接合成功を祝う式典を行った。中国初、世界最長の海峡をまたぐ道路・鉄道併用大橋が連結した。「平潭海峡公鉄大橋」は、福建省福州市長楽区松下鎮から四つの島を経由して平潭まで結んでおり、全長は16・34キロメートル。橋が架かる台湾海峡はバミューダ、喜望峰と並ぶ世界三大強風海域で、6級(風速毎秒10・8~13・8メートル)以上の強風が吹く日が年平均300日を超える。古くは海のシルクロードの主要ルートであったが、10隻以上の古代の沈没船が海中で発見され、海況の厳しさを証明した。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月21日
    海峡をまたぐ「世界の奇跡」中国の橋梁工事に新たな段階に

    21日、平潭海峡公鉄大橋を構成する鼓嶼門航道橋の接合部の鋼桁のつり上げ作業。(小型無人機から)中国福建省で道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の建設を請け負う中鉄大橋局がこのほど、同橋を構成する3基航道橋の一つ、鼓嶼門航道橋の施工現場で、橋の接合成功を祝う式典を行った。中国初、世界最長の海峡をまたぐ道路・鉄道併用大橋が連結した。「平潭海峡公鉄大橋」は、福建省福州市長楽区松下鎮から四つの島を経由して平潭まで結んでおり、全長は16・34キロメートル。橋が架かる台湾海峡はバミューダ、喜望峰と並ぶ世界三大強風海域で、6級(風速毎秒10・8~13・8メートル)以上の強風が吹く日が年平均300日を超える。古くは海のシルクロードの主要ルートであったが、10隻以上の古代の沈没船が海中で発見され、海況の厳しさを証明した。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月21日
    海峡をまたぐ「世界の奇跡」中国の橋梁工事に新たな段階に

    21日、平潭海峡公鉄大橋を構成する鼓嶼門航道橋接合部の鋼桁を持ち上げて組み立てるクレーン。中国福建省で道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の建設を請け負う中鉄大橋局がこのほど、同橋を構成する3基航道橋の一つ、鼓嶼門航道橋の施工現場で、橋の接合成功を祝う式典を行った。中国初、世界最長の海峡をまたぐ道路・鉄道併用大橋が連結した。「平潭海峡公鉄大橋」は、福建省福州市長楽区松下鎮から四つの島を経由して平潭まで結んでおり、全長は16・34キロメートル。橋が架かる台湾海峡はバミューダ、喜望峰と並ぶ世界三大強風海域で、6級(風速毎秒10・8~13・8メートル)以上の強風が吹く日が年平均300日を超える。古くは海のシルクロードの主要ルートであったが、10隻以上の古代の沈没船が海中で発見され、海況の厳しさを証明した。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月21日
    海峡をまたぐ「世界の奇跡」中国の橋梁工事に新たな段階に

    21日、平潭海峡公鉄大橋を構成する鼓嶼門航道橋の接合部の鋼桁のつり上げ作業。(小型無人機から)中国福建省で道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の建設を請け負う中鉄大橋局がこのほど、同橋を構成する3基航道橋の一つ、鼓嶼門航道橋の施工現場で、橋の接合成功を祝う式典を行った。中国初、世界最長の海峡をまたぐ道路・鉄道併用大橋が連結した。「平潭海峡公鉄大橋」は、福建省福州市長楽区松下鎮から四つの島を経由して平潭まで結んでおり、全長は16・34キロメートル。橋が架かる台湾海峡はバミューダ、喜望峰と並ぶ世界三大強風海域で、6級(風速毎秒10・8~13・8メートル)以上の強風が吹く日が年平均300日を超える。古くは海のシルクロードの主要ルートであったが、10隻以上の古代の沈没船が海中で発見され、海況の厳しさを証明した。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    世界最長径間の鉄道道路併用斜張橋が接合江蘇省

    20日、長江を途切れることなく往来する船舶の近くに雄大に立つ滬通長江大橋。中国江蘇省で建設中の滬通(こつう、上海・南通)長江大橋が20日、最終区間の鋼桁の溶接を終え接合した。これにより、世界最長径間を持つ鉄道道路併用斜張橋の本体構造が完成した。同大橋は中国国家鉄路集団が建設を主導し、中鉄大橋勘測設計院が設計、中鉄大橋局が施工した。全長1万1072メートル、主橋部分の長さ2296メートル、主径間長1092メートルに達し、中国最長の径間を持つ斜張橋、また世界で初めて径間が千メートルを超える鉄道道路併用斜張橋となる。これまでに同大橋の工事に使われた鋼鉄は48万トン、コンクリートは230万立方メートルに上る。この施工量は世界の橋建設史上、極めて珍しい。完成後は、風力13級の台風(最大風力37・0~41・4メートル)と10万トン級の船舶の衝突に耐えることができる。(張家港=新華社配信/中鉄大橋局)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    世界最長径間の鉄道道路併用斜張橋が接合江蘇省

    20日、空に架かった橋のように伸びる滬通長江大橋の主塔。単体ケーブルの吊り上げ重量は1千トン近くあり、乗用車600台以上を十分につり上げることができる。中国江蘇省で建設中の滬通(こつう、上海・南通)長江大橋が20日、最終区間の鋼桁の溶接を終え接合した。これにより、世界最長径間を持つ鉄道道路併用斜張橋の本体構造が完成した。同大橋は中国国家鉄路集団が建設を主導し、中鉄大橋勘測設計院が設計、中鉄大橋局が施工した。全長1万1072メートル、主橋部分の長さ2296メートル、主径間長1092メートルに達し、中国最長の径間を持つ斜張橋、また世界で初めて径間が千メートルを超える鉄道道路併用斜張橋となる。これまでに同大橋の工事に使われた鋼鉄は48万トン、コンクリートは230万立方メートルに上る。この施工量は世界の橋建設史上、極めて珍しい。完成後は、風力13級の台風(最大風力37・0~41・4メートル)と10万トン級の船舶の衝突に耐えることができる。(張家港=新華社配信/中鉄大橋局)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    世界最長径間の鉄道道路併用斜張橋が接合江蘇省

    20日、朝日に照らされた滬通長江大橋。中国江蘇省で建設中の滬通(こつう、上海・南通)長江大橋が20日、最終区間の鋼桁の溶接を終え接合した。これにより、世界最長径間を持つ鉄道道路併用斜張橋の本体構造が完成した。同大橋は中国国家鉄路集団が建設を主導し、中鉄大橋勘測設計院が設計、中鉄大橋局が施工した。全長1万1072メートル、主橋部分の長さ2296メートル、主径間長1092メートルに達し、中国最長の径間を持つ斜張橋、また世界で初めて径間が千メートルを超える鉄道道路併用斜張橋となる。これまでに同大橋の工事に使われた鋼鉄は48万トン、コンクリートは230万立方メートルに上る。この施工量は世界の橋建設史上、極めて珍しい。完成後は、風力13級の台風(最大風力37・0~41・4メートル)と10万トン級の船舶の衝突に耐えることができる。(張家港=新華社配信/中鉄大橋局)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    世界最長径間の鉄道道路併用斜張橋が接合江蘇省

    20日、空を目指して高く伸びる滬通長江大橋の主塔。中国江蘇省で建設中の(こつう、上海・南通)長江大橋が20日、最終区間の鋼桁の溶接を終え接合した。これにより、世界最長径間を持つ鉄道道路併用斜張橋の本体構造が完成した。同大橋は中国国家鉄路集団が建設を主導し、中鉄大橋勘測設計院が設計、中鉄大橋局が施工した。全長1万1072メートル、主橋部分の長さ2296メートル、主径間長1092メートルに達し、中国最長の径間を持つ斜張橋、また世界で初めて径間が千メートルを超える鉄道道路併用斜張橋となる。これまでに同大橋の工事に使われた鋼鉄は48万トン、コンクリートは230万立方メートルに上る。この施工量は世界の橋建設史上、極めて珍しい。完成後は、風力13級の台風(最大風力37・0~41・4メートル)と10万トン級の船舶の衝突に耐えることができる。(張家港=新華社配信/中鉄大橋局)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    世界最長径間の鉄道道路併用斜張橋が接合江蘇省

    20日、接合作業が進む滬通長江大橋。中国江蘇省で建設中の滬通(こつう、上海・南通)長江大橋が20日、最終区間の鋼桁の溶接を終え接合した。これにより、世界最長径間を持つ鉄道道路併用斜張橋の本体構造が完成した。同大橋は中国国家鉄路集団が建設を主導し、中鉄大橋勘測設計院が設計、中鉄大橋局が施工した。全長1万1072メートル、主橋部分の長さ2296メートル、主径間長1092メートルに達し、中国最長の径間を持つ斜張橋、また世界で初めて径間が千メートルを超える鉄道道路併用斜張橋となる。これまでに同大橋の工事に使われた鋼鉄は48万トン、コンクリートは230万立方メートルに上る。この施工量は世界の橋建設史上、極めて珍しい。完成後は、風力13級の台風(最大風力37・0~41・4メートル)と10万トン級の船舶の衝突に耐えることができる。(張家港=新華社配信/中鉄大橋局)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    世界最長径間の鉄道道路併用斜張橋が接合江蘇省

    20日、江蘇省南通市と張家港区間を結ぶ滬通長江大橋。中国江蘇省で建設中の滬通(こつう、上海・南通)長江大橋が20日、最終区間の鋼桁の溶接を終え接合した。これにより、世界最長径間を持つ鉄道道路併用斜張橋の本体構造が完成した。同大橋は中国国家鉄路集団が建設を主導し、中鉄大橋勘測設計院が設計、中鉄大橋局が施工した。全長1万1072メートル、主橋部分の長さ2296メートル、主径間長1092メートルに達し、中国最長の径間を持つ斜張橋、また世界で初めて径間が千メートルを超える鉄道道路併用斜張橋となる。これまでに同大橋の工事に使われた鋼鉄は48万トン、コンクリートは230万立方メートルに上る。この施工量は世界の橋建設史上、極めて珍しい。完成後は、風力13級の台風(最大風力37・0~41・4メートル)と10万トン級の船舶の衝突に耐えることができる。(張家港=新華社配信/中鉄大橋局)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:07.89
    2019年09月20日
    「新華社」世界最長径間の鉄道道路併用斜張橋が接合江蘇省

    中国江蘇省で建設中の滬通(こつう、上海・南通)長江大橋が20日、最終区間の鋼桁の溶接を終え接合した。これにより、世界最長径間を持つ鉄道道路併用斜張橋の本体構造が完成した。同大橋は中国国家鉄路集団が建設を主導し、中鉄大橋勘測設計院が設計、中鉄大橋局が施工した。全長1万1072メートル、主橋部分の長さ2296メートル、主径間長1092メートルに達し、中国最長の径間を持つ斜張橋、また世界で初めて径間が千メートルを超える鉄道道路併用斜張橋となる。中鉄大橋局集団の羅兵(ら・へい)副総経理は、今回の接合により中国の高速鉄道橋が「千メートル級時代」に入ったと表明した。橋の径間が長いほど、鋼桁にかかる負荷は大きくなる。羅氏は「技術面の課題を克服し、大橋の『カスタマイズ』強度を2千メガパスカルに達する斜張橋にし、単体ケーブルの吊り上げ重量は1千トン近くあり、乗用車600台以上を十分につり上げることができる」と語った。これまでに同大橋の工事に使われた鋼鉄は48万トン、コンクリートは230万立方メートルに上る。この施工量は世界の橋建設史上、極めて珍しい。完成後は、風力13級の台風(最大風力37・0~41・4メートル)と10万トン級の船舶の衝突に耐えることができる。同大橋は、2020年1月に鉄道橋面に石を敷いてレールが敷設される予定。開通後は、沿海の鉄道交通が円滑化し、区間の交通輸送体系が改善され、長江をまたぐ輸送力が高まり、長江デルタ地域を一体化した発展の促進に役立つ。(記者/劉宇軒)<映像内容>滬通長江大橋の建設の様子、撮影日:2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    世界最長径間の鉄道道路併用斜張橋が接合江蘇省

    20日、接合に成功した滬通長江大橋。中国江蘇省で建設中の滬通(こつう、上海・南通)長江大橋が20日、最終区間の鋼桁の溶接を終え接合した。これにより、世界最長径間を持つ鉄道道路併用斜張橋の本体構造が完成した。同大橋は中国国家鉄路集団が建設を主導し、中鉄大橋勘測設計院が設計、中鉄大橋局が施工した。全長1万1072メートル、主橋部分の長さ2296メートル、主径間長1092メートルに達し、中国最長の径間を持つ斜張橋、また世界で初めて径間が千メートルを超える鉄道道路併用斜張橋となる。これまでに同大橋の工事に使われた鋼鉄は48万トン、コンクリートは230万立方メートルに上る。この施工量は世界の橋建設史上、極めて珍しい。完成後は、風力13級の台風(最大風力37・0~41・4メートル)と10万トン級の船舶の衝突に耐えることができる。(張家港=新華社配信/中鉄大橋局)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    世界最長径間の鉄道道路併用斜張橋が接合江蘇省

    20日、滬通長江大橋。中国江蘇省で建設中の滬通(こつう、上海・南通)長江大橋が20日、最終区間の鋼桁の溶接を終え接合した。これにより、世界最長径間を持つ鉄道道路併用斜張橋の本体構造が完成した。同大橋は中国国家鉄路集団が建設を主導し、中鉄大橋勘測設計院が設計、中鉄大橋局が施工した。全長1万1072メートル、主橋部分の長さ2296メートル、主径間長1092メートルに達し、中国最長の径間を持つ斜張橋、また世界で初めて径間が千メートルを超える鉄道道路併用斜張橋となる。これまでに同大橋の工事に使われた鋼鉄は48万トン、コンクリートは230万立方メートルに上る。この施工量は世界の橋建設史上、極めて珍しい。完成後は、風力13級の台風(最大風力37・0~41・4メートル)と10万トン級の船舶の衝突に耐えることができる。(張家港=新華社配信/中鉄大橋局)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    世界最長径間の鉄道道路併用斜張橋が接合江蘇省

    20日、空に向かって伸びる滬通長江大橋の主塔。中国江蘇省で建設中の滬通(こつう、上海・南通)長江大橋が20日、最終区間の鋼桁の溶接を終え接合した。これにより、世界最長径間を持つ鉄道道路併用斜張橋の本体構造が完成した。同大橋は中国国家鉄路集団が建設を主導し、中鉄大橋勘測設計院が設計、中鉄大橋局が施工した。全長1万1072メートル、主橋部分の長さ2296メートル、主径間長1092メートルに達し、中国最長の径間を持つ斜張橋、また世界で初めて径間が千メートルを超える鉄道道路併用斜張橋となる。これまでに同大橋の工事に使われた鋼鉄は48万トン、コンクリートは230万立方メートルに上る。この施工量は世界の橋建設史上、極めて珍しい。完成後は、風力13級の台風(最大風力37・0~41・4メートル)と10万トン級の船舶の衝突に耐えることができる。(張家港=新華社配信/中鉄大橋局)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    世界最長径間の鉄道道路併用斜張橋が接合江蘇省

    20日、朝日に照らされた滬通長江大橋。中国江蘇省で建設中の滬通(こつう、上海・南通)長江大橋が20日、最終区間の鋼桁の溶接を終え接合した。これにより、世界最長径間を持つ鉄道道路併用斜張橋の本体構造が完成した。同大橋は中国国家鉄路集団が建設を主導し、中鉄大橋勘測設計院が設計、中鉄大橋局が施工した。全長1万1072メートル、主橋部分の長さ2296メートル、主径間長1092メートルに達し、中国最長の径間を持つ斜張橋、また世界で初めて径間が千メートルを超える鉄道道路併用斜張橋となる。これまでに同大橋の工事に使われた鋼鉄は48万トン、コンクリートは230万立方メートルに上る。この施工量は世界の橋建設史上、極めて珍しい。完成後は、風力13級の台風(最大風力37・0~41・4メートル)と10万トン級の船舶の衝突に耐えることができる。(張家港=新華社配信/中鉄大橋局)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:31.01
    2019年07月17日
    「新華社」平潭海峡道路鉄道併用大橋、平潭区間が連結

    中国福建省の長楽市松下鎮と平潭島間で建設中の平潭海峡道路鉄道併用大橋で17日午前、平潭区間の道路・鉄道両部分の上部構造が連結した。同省省都の福州市と平潭島を結ぶ福平線のレール敷設に向け基礎を固めた。同橋の全長は16・34キロ。途中四つ島を経由する。道路鉄道併用の海峡大橋としては世界最長となる。中鉄大橋勘測設計院が設計し、中国鉄建大橋局集団が建設を請け負う。橋の下段は時速200キロで走行可能な1級複線規格で設計されており、上段は時速100キロで走れる片側3車線の高速道路となる。同集団福平鉄道プロジェクトの樊立竜(はん・りつりゅう)総括エンジニアは、同橋には橋梁建設における多くの新たな技術や構造、技法、設備が結集されていると説明。「埋植式RC構造海洋プラットフォーム」と「双孔連続セグメント組立架橋機(diploporeconnectingsectionalassemblybridgingmachine)」の二つの革新技術は世界初だという。同橋は合福鉄道(安徽省合肥-福建省福州)の延線区間であり、京台(北京-台北)高速道路の重要な構成部分とされる。全面開通は2019年10月を見込んでいる。(記者/邰暁安、林善伝)<映像内容>建設中の平潭海峡道路鉄道併用大橋の風景、撮影日:2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:47.94
    2019年07月15日
    「新華社」バングラデシュ・パドマ大橋、主橋の鋼杭打ち込みが完了

    中国湖北省武漢市に本部を置く中鉄大橋局集団によると、同社が建設を請け負うバングラデシュ最大の橋、パドマ大橋で15日、直径3メートル、長さ約110メートル、重さ500トンの鋼杭の最後の1本が所定の深さに打ち込まれ、主橋の鋼杭打ち込みが全て完了した。バングラデシュの首都ダッカから南西約40キロに位置するパドマ大橋は、主橋が長さ6・15キロの鉄道道路併用鋼トラス橋で、上が片側2車線の高速道路で下が単線の鉄道となっている。さらに、天然ガスや光ケーブルなどを通すためのパイプも予め設置されている。同大橋は中国の「一帯一路」構想の重要な交通拠点事業であり、バングラデシュの「夢の橋」として、完成後は現地の交通を高度化させ、商品流通の加速に有益な役割を果たす。関係部門の試算では、同大橋が完成するとバングラデシュの国内総生産(GDP)が約1・5%上昇するとみられている。(記者/李勁峰、王斯班)<映像内容>中国企業が建設を請け負うバングラデシュのパドマ大橋の様子、撮影日:2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月09日
    滬通長江大橋、南側主塔が高さ300メートル超に

    8日、滬通長江大橋南側主塔の29号橋脚の施工現場。(小型無人機から)中国江蘇省で建設中の滬通(こつう)長江大橋南側主塔の29号橋脚がこのほど、高さ300メートルを超え、305・5メートルに達した。工事を担当する中鉄大橋局滬通長江大橋プロジェクト部の関係者が明らかにした。7月には頂部が完成する見込み。(南通=新華社配信/許叢軍)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月08日
    滬通長江大橋、南側主塔が高さ300メートル超に

    8日、滬通長江大橋南側主塔の29号橋脚の施工現場。(小型無人機から)中国江蘇省で建設中の滬通(こつう)長江大橋南側主塔の29号橋脚がこのほど、高さ300メートルを超え、305・5メートルに達した。工事を担当する中鉄大橋局滬通長江大橋プロジェクト部の関係者が明らかにした。7月には頂部が完成する見込み。(南通=新華社配信/許叢軍)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月08日
    滬通長江大橋、南側主塔が高さ300メートル超に

    8日、滬通長江大橋南側主塔の29号橋脚の施工現場。中国江蘇省で建設中の滬通(こつう)長江大橋南側主塔の29号橋脚がこのほど、高さ300メートルを超え、305・5メートルに達した。工事を担当する中鉄大橋局滬通長江大橋プロジェクト部の関係者が明らかにした。7月には頂部が完成する見込み。(南通=新華社配信/許叢軍)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月08日
    滬通長江大橋、南側主塔が高さ300メートル超に

    8日、滬通長江大橋南側主塔の29号橋脚で行われた鋼桁の架設工事。(小型無人機から)中国江蘇省で建設中の滬通(こつう)長江大橋南側主塔の29号橋脚がこのほど、高さ300メートルを超え、305・5メートルに達した。工事を担当する中鉄大橋局滬通長江大橋プロジェクト部の関係者が明らかにした。7月には頂部が完成する見込み。(南通=新華社配信/許叢軍)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月08日
    滬通長江大橋、南側主塔が高さ300メートル超に

    8日、滬通長江大橋南側主塔の29号橋脚(右)の施工現場。(小型無人機から)中国江蘇省で建設中の滬通(こつう)長江大橋南側主塔の29号橋脚がこのほど、高さ300メートルを超え、305・5メートルに達した。工事を担当する中鉄大橋局滬通長江大橋プロジェクト部の関係者が明らかにした。7月には頂部が完成する見込み。(南通=新華社配信/許叢軍)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月08日
    滬通長江大橋、南側主塔が高さ300メートル超に

    8日、滬通長江大橋南側主塔の29号橋脚で行われた鋼桁の架設工事。(小型無人機から)中国江蘇省で建設中の滬通(こつう)長江大橋南側主塔の29号橋脚がこのほど、高さ300メートルを超え、305・5メートルに達した。工事を担当する中鉄大橋局滬通長江大橋プロジェクト部の関係者が明らかにした。7月には頂部が完成する見込み。(南通=新華社配信/許叢軍)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月08日
    滬通長江大橋、南側主塔が高さ300メートル超に

    8日、滬通長江大橋南側主塔の29号橋脚の施工現場。(小型無人機から)中国江蘇省で建設中の滬通(こつう)長江大橋南側主塔の29号橋脚がこのほど、高さ300メートルを超え、305・5メートルに達した。工事を担当する中鉄大橋局滬通長江大橋プロジェクト部の関係者が明らかにした。7月には頂部が完成する見込み。(南通=新華社配信/許叢軍)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:51.30
    2019年04月29日
    「新華社」高速鉄道「商合杭」線、蕪湖長江大橋の連結工事が完了

    中国で建設中の高速鉄道路線、商合杭線(河南省商丘~安徽省合肥~浙江省杭州)の蕪湖(ぶこ)長江大橋(安徽省蕪湖市)で26日、最後の鋼桁ブロックの吊り上げ作業が行われ、橋の連結が完了した。京福鉄路客運専線安徽公司が建設し、中鉄大橋局が工事を請け負う同橋は、旅客鉄道と市域軌道交通、都市幹線道路が共用する鉄道道路併用橋で、商合杭線建設の要となる工事とされている。同橋では主塔橋脚部を除き、橋げたを両岸から伸ばす片持架設工法が採用されている。主橋の橋げたは陸揚げせず、鉄道橋部分と道路橋部分の上下2段をそれぞれ吊り上げ据え付ける。鉄道橋部分の吊り上げ荷重は800トン近く、道路橋部分は340トンになる。同線は、中国全土を南北8本・東西8本で結ぶ高速鉄道網計画「八縦八横」と京港(北京~香港)高速鉄道の重要な構成部分であり、完成後は河南省から安徽省を経て浙江省に至る交通網の「シームレスな接続」が実現する。また、長江デルタ地区の都市間鉄道網とも相互接続され、中国の中部と東部の経済の結びつきを強める重要な役割を果たす。(記者/王斯班、李勁峰)<映像内容>建設中の高速鉄道路線の様子と完成イメージ映像、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.66
    2019年04月18日
    「新華社」「夢の橋」パドマ橋を空から撮影バングラデシュ

    バングラデシュの「夢の橋」パドマ橋は2015年に着工した。同橋の建設プロジェクトの総投資額は30億ドル(1ドル=約112円)で、すべてバングラデシュが自己資金から投入している。同プロジェクトの建設期間は4年で、本体工事は中国中鉄大橋局が請け負う全長9・8キロのパドマ橋の主橋建設事業と、中国電建が請け負う全長13キロの河川整備事業が含まれる。(記者/仇博、劉春濤)<映像内容>バングラデシュのパドマ橋の工事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:47.00
    2018年12月29日
    「新華社」世界最大支間長の2層式道路橋が接合湖北省武漢市

    中国湖北省武漢市で建設中の楊泗港(ようしこう)長江大橋で2018年12月29日、鋼トラスの最後の1本のつり上げと接合作業が無事終了した。これにより、上下2層式道路橋として世界最大支間長を誇る同大橋は、主要構造部が竣工し、橋面舗装の段階に入った。同大橋は中鉄大橋勘測設計院が設計し、中鉄大橋局が施工を担当。武漢市内の長江に架かる橋としては10本目で、初の2層式道路橋となる。橋の西側で漢陽区の国際博覧センター立体交差橋に、東側で武昌区の八坦立体交差橋にそれぞれ接続し、武漢三鎮(武漢市の中心部である武昌・漢口・漢陽の総称)の漢陽区と武昌区を結び、今年に開催される第7回世界軍人運動会を支えるルートの1つとなる。中鉄大橋勘測設計院のエンジニア、李恒(り・こう)氏によると、同大橋の最大支間長は1700メートル、上の道路は都市高速道路で片側3車線、設計速度が時速80キロとなっている。下の道路は都市幹線道路で片側3車線、設計速度が時速60キロとなっており、両側には軽車両用レーンと歩行者用観光通路が設けられている。独特な景観をもつ同大橋は、武漢の新しい名所になることが期待される。楊泗港長江大橋に使用された鋼トラスは長さ36メートル、幅32・5メートル。1つのトラスの重さは1050トンで、大人のゾウ約200頭分に相当する。中鉄大橋局副チーフエンジニアの李興華(り・こうか)氏は、同大橋のメイントラスが全溶接鋼トラス構造を採用していると説明。各トラスは工場で全体を溶接組立してから現場まで船で輸送し、つり上げ能力900トンのケーブルクレーン2台を使って高い精度で設置したので、施工効率が大幅に向上し、「2カ月以内に49本のトラス全てが所定の場所に設置された」と明らかにした。武漢市城市建設投資開発集団の担当者は、今年に竣工、開通する同大橋が、武漢市の高速道路網を効果的に改善し、川を渡る交通ストレスを軽減すると説明。都市のバランスの取れた発展を促し、都市の空間構成を最適化するとの見解を示した。(記者/王斯班)<映像内容>世界最大支間長の楊泗港長江大橋の建設の様子、撮影日:2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、平潭海峡道路・鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」の上で作業する2台のクレーン。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道併用大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、平潭海峡道路・鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」の連結式が開催された。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道併用大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、「大小練島航道橋」で鋼トラス桁の架設状況をチェックする作業員。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道併用大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、連結に成功した平潭海峡道路・鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、「大小練島航道橋」の連結の際、橋面舗装をする作業員。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道併用大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、連結に成功した平潭海峡道路・鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、連結に成功した平潭海峡道路・鉄道両用大橋の「大小練島航道橋」。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道併用大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、平潭海峡道路・鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」の上で作業する2台のクレーン。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道併用大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、平潭海峡道路・鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」の連結式の様子。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月28日
    高さ世界一の鉄道道路併用橋、滬通長江大橋の主塔頂部が完工

    28日、滬通長江大橋北側主塔の施工現場。鉄道道路併用橋としては世界一となる、高さ330メートルの滬通長江大橋で28日、主塔頂部のコンクリート注入が完了した。北側主塔頂部の完成により、中鉄大橋勘測設計院が設計し、中鉄大橋局が施工する同大橋の建設は大きく前進した。滬通長江公鉄(道路・鉄道)併用大橋は全長1万1072メートル、最大支間長1092メートルで、中国で最も径間が長い斜張橋で、世界で初めて径間が千メートルを超えた鉄道道路併用橋となる。(南通=新華社配信/許叢軍撮影)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月28日
    高さ世界一の鉄道道路併用橋、滬通長江大橋の主塔頂部が完工

    28日、滬通長江大橋北側主塔の施工現場。鉄道道路併用橋としては世界一となる、高さ330メートルの滬通長江大橋で28日、主塔頂部のコンクリート注入が完了した。北側主塔頂部の完成により、中鉄大橋勘測設計院が設計し、中鉄大橋局が施工する同大橋の建設は大きく前進した。滬通長江公鉄(道路・鉄道)併用大橋は全長1万1072メートル、最大支間長1092メートルで、中国で最も径間が長い斜張橋で、世界で初めて径間が千メートルを超えた鉄道道路併用橋となる。(南通=新華社配信/許叢軍撮影)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月28日
    高さ世界一の鉄道道路併用橋、滬通長江大橋の主塔頂部が完工

    28日、滬通長江大橋北側主塔の施工現場。鉄道道路併用橋としては世界一となる、高さ330メートルの滬通長江大橋で28日、主塔頂部のコンクリート注入が完了した。北側主塔頂部の完成により、中鉄大橋勘測設計院が設計し、中鉄大橋局が施工する同大橋の建設は大きく前進した。滬通長江公鉄(道路・鉄道)併用大橋は全長1万1072メートル、最大支間長1092メートルで、中国で最も径間が長い斜張橋で、世界で初めて径間が千メートルを超えた鉄道道路併用橋となる。(南通=新華社配信/許叢軍撮影)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月28日
    高さ世界一の鉄道道路併用橋、滬通長江大橋の主塔頂部が完工

    28日、滬通長江大橋北側主塔の施工現場。鉄道道路併用橋としては世界一となる、高さ330メートルの滬通長江大橋で28日、主塔頂部のコンクリート注入が完了した。北側主塔頂部の完成により、中鉄大橋勘測設計院が設計し、中鉄大橋局が施工する同大橋の建設は大きく前進した。滬通長江公鉄(道路・鉄道)併用大橋は全長1万1072メートル、最大支間長1092メートルで、中国で最も径間が長い斜張橋で、世界で初めて径間が千メートルを超えた鉄道道路併用橋となる。(南通=新華社配信/許叢軍撮影)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月04日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    4日、高さ200メートル余りの足場で作業する重慶市出身の陳飛さん。中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月25日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    6月25日、アプローチスパンに対しメインケーブルの架設作業を行う作業員。中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月25日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    6月25日、楊泗港長江大橋の工事現場。(小型無人機から)中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月25日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    6月25日、同僚と高所で作業する四川省瀘州市出身の作業員、劉能さん(右)。中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月25日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    6月25日、1日の仕事を終え引き上げる四川省宜賓市出身の作業員、馮奎さん。中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月25日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    6月25日、夕日の下で作業する作業員。中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月10日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    6月10日、高所でメインケーブルの架設作業を行う作業員。中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月08日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    6月8日、高さ200メートル余りの高所で施工作業をする作業員。中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月08日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    6月8日、同僚と上空でメインケーブルの架設作業を行う武漢市新洲区の陳暁輝さん(上)。中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月30日
    中米クオリティサミットフォーラム米シアトルで開催

    4月30日、米国・シアトルで開かれた中米クオリティサミットフォーラムで、品質管理の経験について紹介する上海核工程研究設計院の鄭明光院長。中米クオリティサミットフォーラムが同日、米ワシントン州・シアトルで開催された。同サミットフォーラムは米国品質学会(ASQ)が新たに打ち出した世界的なクオリティサミットシリーズの初の活動にあたる。ハイアールや濰柴動力、アモイ航空、上海振華重工集団、中鉄大橋局集団、敦煌研究院といった中国の各機構の役員や専門家、および米国のビジネスコミュニティ、学術界の代表がサミットフォーラムに参加し、デジタル化時代におけるクオリティの新ビジョンについて経験を共有し、意見を交わした。(シアトル=新華社記者/呉暁凌)=2018(平成30)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月30日
    中米クオリティサミットフォーラム米シアトルで開催

    4月30日、米国・シアトルで開かれた中米クオリティサミットフォーラムで式辞を述べる米国品質学会のエルマー・コルビン(ElmerCorbin)会長。中米クオリティサミットフォーラムが同日、米ワシントン州・シアトルで開催された。同サミットフォーラムは米国品質学会(ASQ)が新たに打ち出した世界的なクオリティサミットシリーズの初の活動にあたる。ハイアールや濰柴動力、アモイ航空、上海振華重工集団、中鉄大橋局集団、敦煌研究院といった中国の各機構の役員や専門家、および米国のビジネスコミュニティ、学術界の代表がサミットフォーラムに参加し、デジタル化時代におけるクオリティの新ビジョンについて経験を共有し、意見を交わした。(シアトル=新華社記者/呉暁凌)=2018(平成30)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1