KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • クリエイティブ
  • 付加価値
  • 伝統文化
  • 名声
  • 国家
  • 地域
  • 大工
  • 実現
  • 平成
  • 成長

「丸彫」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Holy-water font.

    Holy-water font. Stupovi in Biskupija near Knin. Medieval art. Croatia. Museum of Croatian Archaeological Monuments. Split. Croatia.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021080900312

  • 1975年02月04日
    日本最古の石神像を発見

    坂出市の神谷神社の石のご神体。国立京都博物館が「神々と美術展」開催に当たり同神社の神像を調べた際に「文化財資料として極めて貴重で価値も高い神像」であることが分かった。凝灰岩の丸彫り座像で、高さ約20センチ無彩色、10世紀藤原時代のものと推定される

    商品コード: 2012073100425

  • 2018年10月27日
    名声をとどろかす美しい恵安石彫福建省泉州市

    27日、鼎立芸術館に展示されている瑠璃製の作品。中国福建省泉州市恵安県の石彫には長い歴史があり、最古のものは1600年以上前の晋の時代まで遡る。恵安石彫は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。現在は、丸彫、浮彫、線彫、影彫、沈彫、彩彫の6大工法を確立するまでに発展している。同県の石彫産業は近年、構造転換と高度化の過程で、産業の発展と文化・クリエイティブの2つの路線を堅持し、革新と研究開発によって製品の付加価値を向上させてきた。同県の石材産業の総生産高は2018年上半期、160億元(1元=約16円)を超え、前年同期比2桁増の成長を実現した。製品は日本や韓国、東南アジア、欧米など100以上の国と地域で販売されている。(恵安=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103012985

  • 2018年10月27日
    名声をとどろかす美しい恵安石彫福建省泉州市

    27日、泉州市の工芸美術職人・無形文化遺産伝承者の張文山(ちょう・ぶんさん)さんが水晶で磨き上げたカップ。中国福建省泉州市恵安県の石彫には長い歴史があり、最古のものは1600年以上前の晋の時代まで遡る。恵安石彫は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。現在は、丸彫、浮彫、線彫、影彫、沈彫、彩彫の6大工法を確立するまでに発展している。同県の石彫産業は近年、構造転換と高度化の過程で、産業の発展と文化・クリエイティブの2つの路線を堅持し、革新と研究開発によって製品の付加価値を向上させてきた。同県の石材産業の総生産高は2018年上半期、160億元(1元=約16円)を超え、前年同期比2桁増の成長を実現した。製品は日本や韓国、東南アジア、欧米など100以上の国と地域で販売されている。(恵安=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103012889

  • 2018年10月27日
    名声をとどろかす美しい恵安石彫福建省泉州市

    27日、鼎立芸術館に展示されている漢白玉の石彫作品。中国福建省泉州市恵安県の石彫には長い歴史があり、最古のものは1600年以上前の晋の時代まで遡る。恵安石彫は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。現在は、丸彫、浮彫、線彫、影彫、沈彫、彩彫の6大工法を確立するまでに発展している。同県の石彫産業は近年、構造転換と高度化の過程で、産業の発展と文化・クリエイティブの2つの路線を堅持し、革新と研究開発によって製品の付加価値を向上させてきた。同県の石材産業の総生産高は2018年上半期、160億元(1元=約16円)を超え、前年同期比2桁増の成長を実現した。製品は日本や韓国、東南アジア、欧米など100以上の国と地域で販売されている。(恵安=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103012902

  • 2018年10月27日
    名声をとどろかす美しい恵安石彫福建省泉州市

    27日、恵安県山霞(さんか)鎮赤湖工業区の石彫企業に展示されている同県の伝統的な石彫作品。中国福建省泉州市恵安県の石彫には長い歴史があり、最古のものは1600年以上前の晋の時代まで遡る。恵安石彫は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。現在は、丸彫、浮彫、線彫、影彫、沈彫、彩彫の6大工法を確立するまでに発展している。同県の石彫産業は近年、構造転換と高度化の過程で、産業の発展と文化・クリエイティブの2つの路線を堅持し、革新と研究開発によって製品の付加価値を向上させてきた。同県の石材産業の総生産高は2018年上半期、160億元(1元=約16円)を超え、前年同期比2桁増の成長を実現した。製品は日本や韓国、東南アジア、欧米など100以上の国と地域で販売されている。(恵安=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103012975

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月27日
    名声をとどろかす美しい恵安石彫福建省泉州市

    27日、従業員に石彫の指導をする福建民間工芸職人の張建奎(ちょう・けんけい)さん(右)。中国福建省泉州市恵安県の石彫には長い歴史があり、最古のものは1600年以上前の晋の時代まで遡る。恵安石彫は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。現在は、丸彫、浮彫、線彫、影彫、沈彫、彩彫の6大工法を確立するまでに発展している。同県の石彫産業は近年、構造転換と高度化の過程で、産業の発展と文化・クリエイティブの2つの路線を堅持し、革新と研究開発によって製品の付加価値を向上させてきた。同県の石材産業の総生産高は2018年上半期、160億元(1元=約16円)を超え、前年同期比2桁増の成長を実現した。製品は日本や韓国、東南アジア、欧米など100以上の国と地域で販売されている。(恵安=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103012886

  • 2018年10月27日
    名声をとどろかす美しい恵安石彫福建省泉州市

    27日、鼎立芸術館の中庭にある彫刻作品「天地の間」。中国福建省泉州市恵安県の石彫には長い歴史があり、最古のものは1600年以上前の晋の時代まで遡る。恵安石彫は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。現在は、丸彫、浮彫、線彫、影彫、沈彫、彩彫の6大工法を確立するまでに発展している。同県の石彫産業は近年、構造転換と高度化の過程で、産業の発展と文化・クリエイティブの2つの路線を堅持し、革新と研究開発によって製品の付加価値を向上させてきた。同県の石材産業の総生産高は2018年上半期、160億元(1元=約16円)を超え、前年同期比2桁増の成長を実現した。製品は日本や韓国、東南アジア、欧米など100以上の国と地域で販売されている。(恵安=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103013036

  • 2018年10月27日
    名声をとどろかす美しい恵安石彫福建省泉州市

    27日、鼎立芸術館に展示されている漢白玉(アラバスター)の石彫作品。中国福建省泉州市恵安県の石彫には長い歴史があり、最古のものは1600年以上前の晋の時代まで遡る。恵安石彫は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。現在は、丸彫、浮彫、線彫、影彫、沈彫、彩彫の6大工法を確立するまでに発展している。同県の石彫産業は近年、構造転換と高度化の過程で、産業の発展と文化・クリエイティブの2つの路線を堅持し、革新と研究開発によって製品の付加価値を向上させてきた。同県の石材産業の総生産高は2018年上半期、160億元(1元=約16円)を超え、前年同期比2桁増の成長を実現した。製品は日本や韓国、東南アジア、欧米など100以上の国と地域で販売されている。(恵安=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103012830

  • 2018年10月27日
    名声をとどろかす美しい恵安石彫福建省泉州市

    27日、鼎立芸術館に展示されている石彫作品「夜の月が包む嘉峪関」。中国福建省泉州市恵安県の石彫には長い歴史があり、最古のものは1600年以上前の晋の時代まで遡る。恵安石彫は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。現在は、丸彫、浮彫、線彫、影彫、沈彫、彩彫の6大工法を確立するまでに発展している。同県の石彫産業は近年、構造転換と高度化の過程で、産業の発展と文化・クリエイティブの2つの路線を堅持し、革新と研究開発によって製品の付加価値を向上させてきた。同県の石材産業の総生産高は2018年上半期、160億元(1元=約16円)を超え、前年同期比2桁増の成長を実現した。製品は日本や韓国、東南アジア、欧米など100以上の国と地域で販売されている。(恵安=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103012842

  • 2018年10月27日
    名声をとどろかす美しい恵安石彫福建省泉州市

    27日、恵安県の鼎立芸術館に展示されている石彫作品。中国福建省泉州市恵安県の石彫には長い歴史があり、最古のものは1600年以上前の晋の時代まで遡る。恵安石彫は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。現在は、丸彫、浮彫、線彫、影彫、沈彫、彩彫の6大工法を確立するまでに発展している。同県の石彫産業は近年、構造転換と高度化の過程で、産業の発展と文化・クリエイティブの2つの路線を堅持し、革新と研究開発によって製品の付加価値を向上させてきた。同県の石材産業の総生産高は2018年上半期、160億元(1元=約16円)を超え、前年同期比2桁増の成長を実現した。製品は日本や韓国、東南アジア、欧米など100以上の国と地域で販売されている。(恵安=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103013030

  • 1