KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 主体思想塔
  • 主体思想国際研究所
  • 平成
  • 銅像
  • 千里馬
  • アトリエ
  • チョンリマ
  • ピョンヤン
  • マンスデ
  • 個人

「主体思想」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
85
( 1 85 件を表示)
  • 1
85
( 1 85 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1994年07月09日
    金主席急死に憶測飛び交う 金正日後継体制に不安

    金日成主席(右)と主席70歳の誕生日を記念して建設された主体思想塔を参観する金正日書記=1982(昭和57)年4月(共同)

    商品コード: 1994070900105

  • 1994年11月09日
    金日成、金正日父子 平壌放送が重大放送

    金日成主席(右)と主席の70歳の誕生日を記念して建設された主体思想塔を視察する金正日書記=1982年4月(共同)

    商品コード: 1994110900023

  • 1997年10月08日
    視察する父子 金正日氏総書記就任(3)

    金日成主席(右)と主席70歳の誕生日を記念して建設された主体思想塔を視察する金正日書記=1982年4月(共同)

    商品コード: 1997100800042

  • 1997年11月07日
    金日成広場の主体思想塔 薄暗い夜の平壌市内

    金正日総書記就任後約1カ月の夜の金日成広場。中央はライトアップされた主体(チュチェ)思想塔=6日午後8時30分、北朝鮮・平壌(共同)

    商品コード: 1997110700003

  • 1999年05月28日
    視察する米調整官一行 北朝鮮高官招き夕食会

    平壌市内の主体思想塔を視察するペリー米政策調整官らの一行(朝鮮通信=共同)

    商品コード: 1999052800052

  • 1999年12月13日
    ボールを投げる女子生徒 平壌点描

    平壌の主体思想塔前の広場で独特のドッジボールをする高等中学校の女子生徒=2日(同行記者団撮影)

    商品コード: 1999121300037

  • 2000年06月13日
    金日成主席と金正日書記 実現した南北首脳会談

    1982年4月、金日成主席(右)の70歳の誕生日を記念して建設された主体思想塔を、一緒に視察する金正日書記(共同)(海外78087)

    商品コード: 2000061300163

  • 2001年08月17日
    北朝鮮 主体思想塔

    150メートルの塔の上に20メートルの烽火(ほうか)のモニュメント。金日成主席70歳の誕生日を記念して1982年に建てられた。朝鮮新報社のガイドブックによると、主体思想は金日成主席が創始した国づくりの指針。「革命と建設の主人は人民大衆であり、革命と建設を推し進める力も人民大衆にある」 =2001(平成13)年8月17日、北朝鮮・平壌、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072808953

  • 2002年08月23日

    K2002-8618~35 「カラー」 ◎主体思想塔、中央はライトアップされた主体(チュチェ)思想塔、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)・平壌、2002年8月撮影、共同

    商品コード: 2002082300177

  • 2002年08月23日

    K2002-8618~35 「カラー」 ◎主体思想塔、主体(チュチェ)思想塔、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)、平壌市内、2002年8月撮影、共同

    商品コード: 2002082300178

  • 2003年08月18日

    「カラー」「北朝鮮資料」【】 ◎主体思想塔のプレート  【編注】東京発、ヨコ 平壌の主体思想塔に掲示された各国の団体から贈られたプレート=02年4月(共同)

    商品コード: 2003081800285

  • 2003年08月18日

    「カラー」「北朝鮮資料」【】 ◎主体思想塔  【編注】東京発、タテ 平壌の主体思想塔=02年4月(共同)

    商品コード: 2003081800283

  • 2003年08月19日

    「カラー」「北朝鮮資料」【】 ◎平壌市内全景  【編注】東京発、ヨコ 主体思想塔から見た平壌市内=02年4月(共同)

    商品コード: 2003081900034

  • 2003年08月19日

    「カラー」「北朝鮮資料」【】 ◎平壌市内全景(金日成広場)  【編注】東京発、ヨコ 主体思想塔から見た金日成広場と人民大学習堂=平壌、02年4月(共同)

    商品コード: 2003081900033

  • 2003年08月19日

    「カラー」「北朝鮮資料」【】 ◎平壌市内全景(主体思想塔)  【編注】東京発、ヨコ 羊角ホテルから見た主体思想塔方向の平壌市内=02年4月(共同)

    商品コード: 2003081900032

  • 2003年08月19日

    「カラー」「北朝鮮資料」【】 ◎平壌市内全景(メーデースタジアム)  【編注】東京発、ヨコ 主体思想塔から見たメーデースタジアム=平壌、02年4月(共同)

    商品コード: 2003081900031

  • 2003年08月19日

    「カラー」「北朝鮮資料」【】 ◎平壌市内全景  【編注】東京発、ヨコ 主体思想塔から見た平壌市内=02年4月(共同)

    商品コード: 2003081900028

  • 2006年10月19日

    「カラー」【】 ◎北朝鮮資料 主体思想塔とたいまつ行進 【編注】平壌発、タテ、 「打倒帝国主義同盟」の結成80周年を記念して行われたたいまつ行進と主体思想塔=06年10月17日、平壌市内(共同)

    商品コード: 2006101900133

  • 2006年12月16日

    「カラー」【】 ◎北朝鮮の平壌市中心部の様子。高麗ホテルから見た主体思想塔の方面。中央の川は大同江(共同)、2006年11月23日撮影、資料

    商品コード: 2006121600054

  • 2007年02月12日
    朝鮮中央通信資料 平壌の日の出

    平壌の日の出。左は主体思想塔で、手前には党旗がビルの屋上に据えられ、その手前に「先軍革命総進軍」と書かれた看板が見える=2007年2月12日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010100500254

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年08月25日
    増水の大同江と主体思想塔 北朝鮮の集中豪雨被害

    豪雨で増水した大同江と、復旧作業に当たる人たち。奥の塔は主体思想塔=8月上旬、平壌市内(共同)

    商品コード: 2007082500132

  • 2007年09月08日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮が建国59周年

    建国59周年(9月9日)を迎える北朝鮮の首都平壌。シンボルの千里馬銅像(中央)と主体思想塔(右後方)が見える=2007年9月8日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010110900251

  • 2007年09月09日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮建国59周年で祝賀

    北朝鮮の建国59周年を祝賀して、首都平壌の主体思想塔前広場でダンスを楽しむ全国から集まった学生や若者たち=2007年9月9日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010110900265

  • 2008年04月14日
    朝鮮中央通信資料 ライトアップされた平壌

    北朝鮮の金日成主席の生誕96周年記念日前夜、ライトアップされた北朝鮮の首都平壌の主体思想塔=2008年4月14日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010120600129

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年04月26日
    スタート地点の主体思想塔 初の五輪聖火待つ平壌

    平壌で行われる北京五輪の聖火リレーの、スタート地点となる主体思想塔広場=26日午後(共同)

    商品コード: 2008042600444

  • 2008年04月28日
    朝鮮中央通信資料 平壌で五輪聖火リレー

    北朝鮮の首都平壌の主体思想塔前広場を出発、沿道で応援する多数の平壌市民の前を、トーチを高く掲げて走る北京五輪の聖火ランナー=2008年4月28日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010120600300

  • 2008年04月28日
    朝鮮中央通信資料 平壌で五輪聖火リレー

    北朝鮮の首都平壌の主体思想塔前広場で行われた北京五輪聖火リレー出発式=2008年4月28日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010120600242

  • 2008年04月28日
    朝鮮中央通信資料 平壌で五輪聖火リレー

    北朝鮮の首都平壌の主体思想塔前広場(後方)を出発、沿道で応援する平壌市民や中国人留学生らの前をリレーされる北京五輪聖火=2008年4月28日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010120600281

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年04月28日
    出発する聖火リレー 平壌で五輪聖火リレー

    平壌の主体思想塔前から第1走者のサッカー元北朝鮮代表の朴斗翼さんによってスタートする北京五輪の聖火リレー=28日午前(共同)

    商品コード: 2008042800213

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年04月28日
    聖火を手渡す金永南委員長 平壌で五輪聖火リレー

    平壌の主体思想塔前で行われた北京五輪聖火リレーの出発式で、第1走者に聖火を手渡す北朝鮮の金永南最高人民会議常任委員長(右)=28日午前(共同)

    商品コード: 2008042800226

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年04月28日
    主体思想塔と聖火リレー 平壌で五輪聖火リレー

    平壌の主体思想塔(奥)をスタートし、沿道の人たちの歓迎を受ける北京五輪聖火リレー=28日午前(共同)

    商品コード: 2008042800227

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年04月28日
    主体思想塔前で旗振る人 平壌で五輪聖火リレー

    北京五輪の聖火リレーが平壌で行われ、出発地点の主体思想塔前で歓迎の旗を振る人たち=28日午前(共同)

    商品コード: 2008042800232

  • 2008年11月21日
    平壌全景 北朝鮮は例年通りの年末

    平壌中心部の主体思想塔から眺めた市内。今年に入り、アパートや公共施設の改築工事があちこちで進められている=11月(共同)

    商品コード: 2008112100105

  • 2009年04月14日
    朝鮮中央通信資料 平壌で大規模な花火行事

    北朝鮮の故金日成主席の生誕記念日(4月15日)に際し、平壌市の大同江河畔で行われた花火行事。中央は主体思想塔=2009年4月14日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2011011700195

  • 2009年04月14日
    朝鮮中央通信資料 平壌で大規模な花火行事

    北朝鮮の故金日成主席の生誕記念日(4月15日)に際し、平壌市の大同江河畔で行われた花火行事。中央は主体思想塔=2009年4月14日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2011011700198

  • 2009年04月14日
    朝鮮中央通信資料 平壌で大規模な花火行事

    北朝鮮の故金日成主席の生誕記念日(4月15日)に際し、平壌市の大同江河畔で行われた花火行事。中央は主体思想塔=2009年4月14日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2011011700200

  • 2009年04月15日
    平壌の川面を彩る花火 緊張とは対照的な平壌

    14日夜、平壌市の主体思想塔(中央奥)を中心に、建国以来初めて行われた大規模な花火行事「祝砲夜会・強盛大国の火花」(共同)

    商品コード: 2009041500454

  • 2009年11月18日
    積み木と保母 働く北朝鮮女性

    平壌市内の「9・15 週託児所」で、北朝鮮のシンボル「主体思想塔」の積み木で子どもと遊ぶ保母(共同)

    商品コード: 2009111800522

  • 2010年05月01日
    北朝鮮館訪れた人たち 上海万博が開幕

    開幕した上海万博の北朝鮮館を訪れた来場者。内部には平壌中心部にある北朝鮮のシンボル「主体思想塔」の模型が展示されていた=1日午後(共同)

    商品コード: 2010050100433

  • 2010年05月01日
    「主体思想塔」の模型 上海万博が開幕

    開幕した上海万博の北朝鮮館に展示されている、北朝鮮のシンボル「主体思想塔」の模型=1日午後(共同)

    商品コード: 2010050100766

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年11月25日
    平壌市内の夜景 砲撃戦3日目の平壌

    平壌市内の夜景。上中央はライトアップされた主体思想塔=25日午後7時すぎ(共同)

    商品コード: 2010112500900

  • 2011年04月26日
    朝鮮中央通信資料 海外代表らと握手する金委員長

    北朝鮮の首都平壌の万寿台議事堂で国際金日成賞理事会書記長のビシュワナス・主体思想国際研究所理事長らと握手を交わす金永南最高人民会議常任委員長(右から2人目)=2011年4月13日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2011042600244

  • 2011年04月26日
    朝鮮中央通信資料 主体思想研究所理事らと会見

    北朝鮮の首都平壌の万寿台議事堂で国際金日成賞理事会書記長のビシュワナス・主体思想国際研究所理事長ら会談する金永南最高人民会議常任委員長(右)=2011年4月13日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2011042600246

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年12月19日
    金日成主席と金正日書記 金総書記が死去

    1982年4月、金日成主席(右)と主席70歳の誕生日を記念して建設された主体思想塔を視察する金正日書記(共同)

    商品コード: 2011121900196

  • 2012年03月29日
    朝鮮中央通信資料 全国主体思想討論会開く

    北朝鮮の首都平壌で開かれた全国主体思想討論会=2012年2月2日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2012032900540

  • 2012年04月12日
    金正日体制に幻滅 黄長〓(☆火ヘンに華)北朝鮮元書記が亡命

    1997(平成9)年4月20日、韓国に亡命を果たした北朝鮮の黄長〓(☆火ヘンに華)・元朝鮮労働党書記(左)と側近の金徳弘氏がソウル空港で万歳。北京の韓国大使館で亡命意思を伝え、フィリピン経由で到着。北朝鮮の「主体思想」を体系化し金正日総書記の側近として要職を歴任したが体制に幻滅。政治姿勢を厳しく批判した。(共同)

    商品コード: 2012041200495

  • 2012年04月13日
    朝鮮中央通信資料 平壌で主体思想世界大会

    北朝鮮の首都平壌で故金日成主席生誕100年に際して開かれた主体思想世界大会=2012年4月12日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2012041300299

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年04月15日
    戦闘機と主体思想塔 新型の移動式ミサイルか

    金日成主席の生誕100年を祝う軍事パレードで、飛行する「ミグ29」とみられる戦闘機。右は主体思想塔=15日、平壌の金日成広場(共同)

    商品コード: 2012041500236

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年04月15日
    夜会の花火 軍事優先路線の継承宣言

    北朝鮮の金日成主席の生誕100年を記念して平壌で行われた「祝砲夜会」で披露された花火。奥中央は主体思想塔=15日(共同)

    商品コード: 2012041500402

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年04月15日
    祝砲夜会の花火 軍事優先路線の継承宣言

    北朝鮮の金日成主席の生誕100年を記念して平壌で行われた「祝砲夜会」で披露された花火。奥中央は主体思想塔=15日(共同)

    商品コード: 2012041500426

  • 2012年04月23日
    朝鮮中央通信資料 各国代表と握手する金委員長

    北朝鮮の首都平壌で金日成主席生誕100年を祝い開かれた主体思想世界大会参加者と握手する金永南最高人民会議常任委員長(左)=2012年4月16日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2012042300313

  • 2012年04月23日
    朝鮮中央通信資料 金委員長が参加者と会見

    朝鮮の首都平壌で金日成主席生誕100年を祝い開かれた主体思想世界大会参加者と会見する金永南最高人民会議常任委員長(中央)=2012年4月16日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2012042300347

  • 2012年06月11日
    朝鮮中央通信資料 平壌で主体思想世界大会

    北朝鮮の首都平壌で開かれた主体思想世界大会=2012年4月12日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2012061100621

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年12月17日
    半旗と主体思想塔 「宇宙強国」自尊心に訴え

    金正日総書記の死去から1年を迎え、平壌市内に掲げられた半旗。奥は主体思想塔=17日(共同)

    商品コード: 2012121700586

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年04月12日
    主体思想塔前の人たち 金正恩体制「予測不能」

    12日、平壌市の中心部を歩く人たち。後方は主体思想塔(共同)

    商品コード: 2013041200325

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年04月21日
    平壌市の夜明け 短距離ミサイル追加配置か

    明け方の平壌市で目を引く、ライトアップされた金日成主席と金正日総書記の肖像画(右下)。左奥は主体思想塔=21日(共同)

    商品コード: 2013042100351

  • 2013年04月24日
    主体思想塔と北朝鮮国旗 北朝鮮きょう軍創建記念日

    平壌の主体思想塔(奥)と風になびく北朝鮮国旗=24日(共同)

    商品コード: 2013042400384

  • 2014年02月16日
    平壌の主体思想塔

    平壌の主体思想塔=2014年2月15日(共同)

    商品コード: 2014021600663

  • 2014年04月10日
    万歳する黄元書記 黄長〓(☆火ヘンに華)元書記、韓国に到着

    1997(平成9)年4月20日、韓国への亡命を果たした北朝鮮の黄長〓(☆火ヘンに華)・元朝鮮労働党書記(左)と側近の金徳弘氏がソウル空港で万歳。北京の韓国大使館で亡命意思を伝え、フィリピン経由で到着した。北朝鮮の「主体思想」を体系化し金正日総書記の側近として要職を歴任したが体制に幻滅、政治姿勢を厳しく批判した。

    商品コード: 2014041000411

  • 2015年01月13日
    朝鮮中央通信資料 平壌中心部

    2015年1月6日の平壌中心部。手前は金日成広場。奧は主体思想塔(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2015011300202

  • 2015年06月13日
    主体思想塔の夜景 資料・北朝鮮の夜景

    北朝鮮の夜景、平壌の主体思想塔(チュチェ思想塔)=2013年12月11日撮影(共同)

    商品コード: 2015061300326

  • 2017年02月17日
    朝鮮中央通信資料 平壌で国際金正日賞を授与

    2017年2月15日、北朝鮮の平壌で、主体思想国際研究所の尾上健一事務局長(右側)に国際金正日賞を授与する金永南最高人民会議常任委員長(左から2人目)(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2017021700329

  • 2017年09月20日
    狭まる包囲網、裏腹な平穏

    キーワード:早朝、夜明け、薄暗い、街並、ビル、主体思想塔=2017(平成29)年9月20日、北朝鮮・平壌

    商品コード: 2017102000944

  • 2017年09月20日
    狭まる包囲網、裏腹な平穏

    キーワード:主体思想塔、早朝、夜明け、薄暗い、朝焼け=2017(平成29)年9月20日、北朝鮮・平壌

    商品コード: 2017102000947

  • 2018年09月23日
    大同江と主体思想塔 大同江の水質に懸念示す

    北朝鮮の首都平壌を流れる大同江。右岸にそびえるのは主体思想塔=5日(共同)

    商品コード: 2018092300533

  • 2019年01月01日
    朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて

    万寿台創作社が手がけた、平壌市内の代表的建造物である凱旋門。石柱には朝鮮の元最高指導者、故金日成(キム・イルソン)氏が革命に身を投じた年と、凱旋帰国した年が彫られている。(1月1日撮影)朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200423

  • 2019年01月05日
    朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて

    平壌市の大同江のほとりにあり、金日成広場と川を挟んで向かい合っている、万寿台創作社が制作した主体思想塔。塔の下には労働者、農民、知識人がハンマー、鎌、筆を手に持つ朝鮮労働党のシンボルをデザインした銅像が建てられている。塔の両側にある建物の屋上には「一心」「団結」の朝鮮語の文字が掲げられている。(1月5日撮影)朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200473

  • 2019年03月15日
    平壌の主体思想塔 金日成主席の生年が基準

    平壌の主体思想塔=2月(共同)

    商品コード: 2019031505236

  • 2019年03月15日
    主体思想塔 金日成主席の生年が基準

    平壌の主体思想塔=2月(共同)

    商品コード: 2019031505232

  • 2019年03月20日
    朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて

    20日に撮影した万寿台創作社内にある朝鮮(北朝鮮)の前最高指導者、金日成(キム・イルソン)氏と金正日(キム・ジョンイル)氏が千里馬にまたがる銅像。朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902194

  • 2019年03月20日
    朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて

    20日に撮影した画家の李竜国(リ・リョングク)さんとその作品。朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200409

  • 2019年03月20日
    朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて

    20日に撮影した万寿台創作社の正門。朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902287

  • 2019年03月20日
    朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて

    20日に撮影した万寿台創作社内にある朝鮮(北朝鮮)の前最高指導者、金日成(キム・イルソン)氏と金正日(キム・ジョンイル)氏の記念碑。朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902291

  • 2019年03月20日
    朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて

    20日、万寿台創作社の青磁工房内で、青磁器に白の模様を描く従業員。朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200412

  • 2019年03月20日
    朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて

    20日、絵を制作する万寿台創作社の画家、李竜国(リ・リョングク)さん。李さんは山水油絵で有名。朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200470

  • 2019年03月20日
    朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて

    20日、万寿台創作社の青磁工房内で、磁器を制作する従業員。朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200488

  • 2019年03月20日
    朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて

    20日に撮影した万寿台創作社の庭にある宣伝画。朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902270

  • 2019年03月20日
    朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて

    20日、万寿台創作社のアトリエ内で撮影に応じる今年79歳になる画家、李慶南(リ・キョンナム)さん。李さんは朝鮮(北朝鮮)の国樹である松の木の絵を得意とすることで有名。朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200481

  • 2019年03月20日
    朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて

    20日、万寿台創作社の青磁工房内で、磁器を制作する従業員。朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200476

  • 2019年03月20日
    朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて

    20日、作品に手を入れる万寿台創作社の画家、文正雄(ムン・ジョンウン)さん。朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200417

  • 2019年03月20日
    朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて

    20日、1985年にモザンビーク大統領のもてなしを受けた際の写真を見せる万寿台創作社の画家、文正雄(ムン・ジョンウン)さん。朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200410

  • 2019年03月20日
    朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて

    20日、制作した大型朝鮮画の前でほほ笑む今年77歳になる万寿台創作社の画家、文正雄(ムン・ジョンウン)さん。朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200411

  • 02:01.55
    2019年03月29日
    「新華社」朝鮮最高レベルの芸術拠点、万寿台創作社を訪ねて

    朝鮮(北朝鮮)の万寿台(マンスデ)創作社は1959年11月17日に設立された、同国で芸術レベルが最も高く、規模の最も大きい総合芸術創作の殿堂(拠点)。創作社には現在計3500人の従業員がおり、画家は約700人で、このうち60人余りが「人民芸術家」「功勲芸術家」の栄誉称号を有している。「人民芸術家」は朝鮮(北朝鮮)の芸術界における最高の名誉で、国内外の大型コンテストで少なくとも20の大賞を受賞した者だけが、評価選出される資格を有する。現在、創作社の下には朝鮮画、油絵、刺しゅう、陶磁器、彫刻などさまざま分野を網羅する20余りの創作団が設けられており、一部の著名な芸術家は個人のアトリエを有している。大型彫刻は創作社が国を代表する芸術の殿堂となった重要な基盤の一つで、平壌(ピョンヤン)市内の「千里馬」(チョンリマ)の銅像、万寿台大記念碑、主体思想塔、凱旋門などの代表的建造物はいずれも万寿台創作社が手がけたものだ。国家級の芸術の殿堂として、万寿台創作社は国際的にも名声を有している。2018年には、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領やキューバのディアスカネル国家評議会議長・閣僚評議会議長が相次いで創作社を見学し、その芸術作品を高く評価した。万寿台創作社の芸術家たちは、毎年さまざまな芸術作品を千点以上制作し、一部は国内で販売されるという。作品には朝鮮(北朝鮮)の地方の特色があふれているため、一部の収集家に愛され、価格も年々上昇している。(記者/劉艶霞)<映像内容>北朝鮮の総合芸術創作の拠点である万寿台創作社の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902052

  • 01:13.70
    2019年04月13日
    平壌で正恩氏支持集会 ナンバー2崔氏が演説

    北朝鮮の首都平壌の金日成広場で13日、金正恩朝鮮労働党委員長が国家の最高指導者として再任されたことを祝う大会が開かれた。最高人民会議常任委員長に就任し、事実上の体制ナンバー2の立場を固めた崔竜海氏が報告演説を行い、「自力更生」で経済建設を目指すとの方針を訴えた。〈映像内容〉万寿台の丘の銅像、金正恩氏の国務委員長推戴記念の慶祝行事のため市民らが金日成広場に集まって開始を待っている様子(主体思想塔から撮影)、橋を渡って広場に向かう市民らの列(主体思想塔から撮影)、金日成広場で金正恩氏の国務委員長推戴記念の祝賀行事 撮影日:2019(平成31)年4月13日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    商品コード: 2019041508153

  • 2020年01月17日
    主体思想塔 韓国人の北朝鮮旅行許可も

    北朝鮮・平壌の観光名所、主体思想塔(共同)

    商品コード: 2020011700946

  • 1