KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 乗客乗員
  • 乗客全員
  • 乗客定員
  • 新型肺炎
  • 高速鉄道
  • 羽田空港
  • システム
  • 旅客輸送
  • スマート
  • クルーズ船

「乗客」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
432
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
432
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:02.56
    2021年06月19日
    特急あそぼーい!10周年 くまモン駆け付け出発式

    JR九州は19日、阿蘇山の自然の中を走る特急「あそぼーい!」の運行開始10周年を記念し、熊本駅で出発式を開いた。鉄道ファンや家族連れが集まる中、熊本県のPRキャラクター「くまモン」が駆け付け、出発の合図。列車はゆっくりと動きだし、車内の乗客らが笑顔でくまモンに手を振った。 列車は、景色を見渡せる大きな窓のパノラマシートや子どもが遊べるスペースを備える。沿線の熊本と大分県の名産品を車内で販売する。熊本―宮地で運行を開始。2016年の熊本地震で被災し、一時運転を見合わせた。昨年8月からは九州を横断する熊本―別府を走行している。<映像内容>列車の入線、駅案内板、くまモンも立ち会った出発の模様など、撮影日:2021(令和3)年6月19日、撮影場所:熊本県熊本市

    商品コード: 2021062107419

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:09.98
    2021年06月08日
    「新華社」パキスタンで列車衝突36人死亡、70人負傷

    パキスタン南部シンド州で7日、2本の旅客列車が衝突する事故があり、少なくとも36人が死亡し、70人以上が負傷した。(記者/李浩、蔣超) =配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805104

  • 00:55.16
    2021年05月30日
    「新華社」京哈鉄道で国内最大規模の保線工事24時間以内に完了

    中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ京哈鉄道の河北省秦皇島市-遼寧省瀋陽市区間で26日午前6時から27日午前5時にかけて、国内最大規模の保線作業が実施された。同区間の山海関駅-遼中駅間320キロの線路上には、作業員1万2千人余りと大型機械500台(組)余りが投入され、壮観な光景を作り出した。秦皇島-瀋陽区間の全長は405キロ。中国が独自に設計・建設した最初の複線電化快速旅客専用路線となっている。(記者/姜兆臣) =配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053010452

  • 01:00.02
    2021年05月09日
    「新華社」成都市に「三星堆文化」テイストを取り入れた列車が登場四川省

    中国の鉄道車両最大手、中国中車(CRRC)傘下の中国中車長春軌道客車はこのほど、三星堆(さんせいたい)文化の「太陽神鳥」や「黄金仮面」からインスピレーションを得て塗装を施した都市間軌道動車組(新型全自動運転スマート市内列車)を発表した。四川省成都市の「1時間通勤圏」に投入される。同列車は最高時速160キロ、8両編成の定員は最大2956人。技術専門家の張洪軍(ちょう・こうぐん)氏によると、列車は最高レベルの自動運転技術を採用し、自動的にスリープを解除、発車および停車、車庫に戻ることを可能にするスマート走行機能を搭載している。また、業界で初めて自動昇降運転席を設置。無人運転の場合は運転台を車内に隠すことができる。特筆すべきは、車窓と一体化したOLEDディスプレイを搭載している点で、乗客は乗車中も交通情報を調べたり、ライブ配信動画を視聴したりできる。張氏は、高速大容量通信を実現する第5世代移動通信システム(5G)技術を導入したことで、情報の緻密なやり取りが可能になったとの見方を示した。同列車は高速鉄道「復興号」と同じ高強度車体断面構造、流線形の先頭車両のデザイン、騒音防止技術を採用しており、高速走行時の車内の騒音は平均70デシベル。スマート検知システムにより車内の温度や明るさ、内外圧力差が自動的に調整され、より快適な車内環境を実現している。(記者/張楠、段続)=配信日:2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011852

  • 00:27.56
    2021年05月05日
    May Day Holiday Hit Travel Peak in China

    Passengers are seen at Yichang East Railway Station in Yichang, Hubei Province, China, May 5, 2021. A total of 17.2 million passengers were expected to travel on China‘s railways on May 5, according to the China National Railway Corporation.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052613098

  • 00:16.79
    2021年05月05日
    May Day Holiday Hit Travel Peak in China

    Passengers are seen at Yichang East Railway Station in Yichang, Hubei Province, China, May 5, 2021. A total of 17.2 million passengers were expected to travel on China‘s railways on May 5, according to the China National Railway Corporation.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052613143

  • 01:51.10
    2021年05月05日
    Beijing Shanghai High Speed Railway

    Passengers take a bullet train at Xuzhou East Station of the Beijing-Shanghai high-speed railway in east China‘s Jiangsu Province, May 4, 2021. Xuzhou East Railway Station is located in Xuzhou City, Jiangsu Province, China. It is managed by China Railway Shanghai Bureau Group Co., Ltd. It is one of the seven central high-speed Railway hubs on the Beijing-Shanghai High-speed Railway.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052613086

  • 00:27.00
    2021年05月05日
    Beijing Shanghai High Speed Railway

    Passengers take a bullet train at Xuzhou East Station of the Beijing-Shanghai high-speed railway in east China‘s Jiangsu Province, May 4, 2021. Xuzhou East Railway Station is located in Xuzhou City, Jiangsu Province, China. It is managed by China Railway Shanghai Bureau Group Co., Ltd. It is one of the seven central high-speed Railway hubs on the Beijing-Shanghai High-speed Railway.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052613178

  • 01:07.16
    2021年05月01日
    空撮 「飛鳥Ⅱ」が横浜港到着 乗客男性がコロナ感染

    乗客の60代男性が新型コロナウイルスに感染したクルーズ船「飛鳥Ⅱ」が1日、横浜港大さん橋(横浜市中区)に到着した。男性と家族の女性は船から下り、東京都内に向かった。他の乗客らに症状は確認されておらず、順次、下船した。<映像内容>横浜港に到着した「飛鳥Ⅱ」の様子の空撮映像、撮影日:2021(令和3)年5月1日、撮影場所:横浜市中区

    商品コード: 2021050605340

  • 00:12.00
    2021年04月30日
    May Day Holiday Hit Travel Peak

    A large number of passengers enter a railway station in Nanjing, East China‘s Jiangsu province, on April 30, 2021. During the May day holiday, more than 200 million people will travel in Chinese mainland.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052613149

  • 00:17.83
    2021年04月30日
    May Day Holiday Hit Travel Peak

    Passengers queue up for a train in Nanjing, east China‘s Jiangsu Province, April 30, 2021. During the May day holiday, more than 200 million people will travel in Chinese mainland.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052613090

  • 00:13.70
    2021年04月30日
    May Day Holiday Hit Travel Peak

    Passengers queue up for a train ride in Nanjing, east China‘s Jiangsu Province, April 30, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052613142

  • 02:09.02
    2021年04月28日
    手を触れずに出られる機内トイレ ANAが順次導入へ

    ANAと航空機用内装品メーカー「ジャムコ」(東京)が「手を触れずに出られる機内トイレ」のドアを共同開発し、28日に羽田空港で報道陣に披露した。5月1日から国内線に順次導入する。 新型コロナウイルス禍の中、トイレでの感染に不安を感じる乗客が多かったことなどから、昨年5月から開発に取り組んだ。ANAは「世界初の試み」としている。新たな機内トイレのドアは、内側のドアロックのノブを大型にし、引き手部分にハンドルを追加したことで、ひじでロックを解除し、ドアハンドルを引いてトイレから出られる。洗った手でハンドルに触れずに済む仕組みだという。ANAの眞野知彦・CX推進室商品企画部長は「お手伝いの必要な方や子どもを抱いた方なども利用しやすく、コロナ収束後も導入を続けていきたい」と話している。 <映像内容>機内トイレ雑観、ドアを開けるパフォーマンス、ANAの眞野知彦・CX推進室商品企画部長(向かって右)とジャムコの大栗強プロダクトイノベーション室長の囲みインタビューなど、撮影日:2021(令和3)年4月28日、撮影場所:東京都大田区

    商品コード: 2021043005439

  • 01:18.64
    2021年04月28日
    「新華社」中国の億航智能、福建省で「空飛ぶタクシー」を実演飛行

    中国の小型無人機(ドローン)メーカー、広州億航智能技術(イーハン)が開発した2人乗りの「空飛ぶタクシー」が26日、福建省福州市で開かれた第4回デジタル中国建設サミットの会場で実演飛行を実施した。電動の垂直離着陸機(eVTOL)で、操縦者が搭乗しない自律飛行型。乗客は機内に設置されたスクリーンの離陸ボタンをタッチするだけで指定した目的地まで飛行することができる。第4世代(4G)・第5世代(5G)移動通信システムの高速ネットワークを活用し、遠隔操作や飛行データのリアルタイム伝送を実現した。この日の実演飛行では乗客2人を乗せ、会場周辺を一周した。(記者/魏培全) =配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042800191

  • 01:01.93
    2021年04月25日
    「新華社」列車内を歩き回るブタやヒツジが話題に四川省

    ブタやヒツジなどの家畜が群れを成して列車内を移動。そんな動画がこのほど、中国四川省を走るローカル列車で撮影され、ネットで話題となっている。動画は同省涼山イ族自治州越西県普雄鎮の普雄駅から攀枝花(はんしか)市の攀枝花南駅に向かう5633/5634号列車で撮影された。列車は全26駅353キロの距離を時速40キロで9時間8分かけて走る。山間部を走行するため速度は遅いものの、山中で暮らす少数民族イ族の人々にとっては欠かせないライフラインとなっている。1970年の開業以来、運賃は2元(1元=約17円)~26・5元。運賃が安く、安全で利便性か高いことから、沿線の人々の買い物や通学の足となっている。列車には家畜や貨物用の車両があり、ブタやヒツジなどは通常、乗客とは別に載せられる。換気のため多くの天窓を開き、備え付けの消毒液で定期的に消毒も行っている。(記者/薛晨)=配信日:2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042608197

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:53.58
    2021年04月25日
    尼崎JR脱線事故から16年 社長の追悼の言葉・献花

    乗客ら107人が死亡し、562人が重軽傷を負った尼崎JR脱線事故は25日、発生から16年となった。JR西日本の長谷川一明(はせがわ・かずあき)社長は兵庫県尼崎市の事故現場にある慰霊施設「祈りの杜(もり)」で「反省を深く心に刻み、安全な鉄道を築き上げるため不断の努力を積み重ねていく」と述べ、役員らと献花した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、追悼慰霊式は昨年に続いて2年連続で中止に。同県では緊急事態宣言が発令され、一部の遺族らが祭壇や献花台が設けられた同施設を訪れ、静かに祈りをささげた。JR西の役員は遺族の一人から預かった慰霊の言葉を代読。2017年の新幹線のぞみの台車亀裂問題に触れ「教訓を生かせなかった残念な結果だ。あなたが天国から何とか事故を未然に防いでくれたような気がします」とつづっている。<映像内容> 長谷川一明(はせがわ・かずあき)社長の「お詫びと追悼のことば」、代読された「慰霊のことば」、JR西日本役員による献花。長谷川社長のぶら下がり会見、撮影日:2021(令和3)年4月25日、撮影場所:兵庫県尼崎市

    商品コード: 2021042610457

  • 00:53.54
    2021年04月21日
    「新華社」ゲノム解析のBGI、エチオピア空港内に新型コロナ検査室を開設

    中国の遺伝情報(ゲノム)解析大手、華大基因(BGI)グループがエチオピアのボレ国際空港に建設していた新型コロナウイルス検査実験室が、このほど運用を開始した。中国企業がアフリカに投資して運用する、初めての国際線旅客向けの新型コロナ検査サービス実験室となる。 =配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111421

  • 00:56.88
    2021年04月19日
    「新華社」高速鉄道時代に味わうローカル列車のぬくもり黒竜江省

    中国黒竜江省チチハル市のチチハル駅と同省漠河市の古蓮駅を結ぶ6245、6246便は中国鉄道網の最北端を走るローカル列車で、冬には気温が氷点下40度を下回る大興安嶺地区を駆け抜ける。同列車は1978年に運行を開始し、地元住民の生活の足となっている。60余りの停車駅の多くは他の列車が止まらない。石炭を使っていた暖房は最近、空調システムへと変更され、運行区間や時刻表も改定された。乗客の利便性は高まっている。(記者/王君宝、孫暁宇) =配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000244

  • 02:11.05
    2021年04月05日
    Sunken ferry retrieved after at least 26 die in accident

    Rescuers retrieve a sunken ferry and search for bodies after at least 26 people died when a small ferry packed with up to 50 passengers sank after colliding with another boat, in central Bangladesh. The ferry was extracted from the heavily polluted Shitalakshya river in the central district of Narayanganj as hundreds of onlookers and relatives of the missing watched from the shore.、作成日:2021(令和3)年4月5日、撮影場所:バングラデシュ・ナラヤンガンジ、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

    商品コード: 2021040605158

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:07.52
    2021年04月02日
    亡き息子、桜に例え曲に 尼崎JR脱線事故16年

    乗客106人が死亡した尼崎JR脱線事故から今月25日で16年となる。事故で負傷後に精神的な不調をきたし、3年後に自ら命を絶った兵庫県宝塚市の岸本遼太(きしもと・りょうた)さん=当時(25)=の母親早苗(さなえ)さん(77)が亡き息子を桜に例えて作詞し、ピアノ講師の女性が「さくらの涙」と題した曲を作った。同県西宮市の音楽ホールで1日、声楽科の学生が歌い初披露された。 曲は長調と短調の2種類あり、遼太さんにピアノを教えていた神戸市灘区の熊谷啓子(くまがい・けいこ)さん(59)が作曲した。舞い散る桜に息子の気配を感じる切ない心情を表現した。<映像内容> 歌唱を披露した東京芸術大の声楽科2年根津桃子(ねづ・ももこ)さん(19)のインタビュー、岸本早苗さんのインタビュー、熊谷さんと根津さんによる2種類の曲の演奏、早苗さんの友人らによる曲の合唱、会場の雑観など、撮影日:2021(令和3)年4月2日、撮影場所:兵庫県西宮市

    商品コード: 2021040508461

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.78
    2021年03月31日
    空撮 風化防止「生命」の花文字 JR脱線事故、現場近く

    兵庫県尼崎市で乗客ら107人が死亡した尼崎JR脱線事故から4月25日で16年になるのを前に、現場近くの畑にダイコンの花でかたどった「命」の文字が浮かび上がった。所有者が命の大切さを訴えるために栽培を続けている。<映像内容>兵庫県尼崎市の尼崎JR脱線事故現場近くの畑にダイコンの花でかたどった「命」「生」の文字の空撮、撮影日:2021(令和3)年3月31日、撮影場所:兵庫県尼崎市

    商品コード: 2021040106330

  • 00:49.29
    2021年03月22日
    「新華社」北京大興国際空港、省を跨ぐリムジンバスの運行を再開

    中国河北省廊坊市の固安県にある固安シティーエアターミナル(固安CAT)と北京大興国際空港を結ぶリムジンバスが16日、運行を再開した。北京市の感染症対策措置の調整に伴う再開で、空港利用客のニーズを満たす。運行再開後、旅客は固安CATでチェックインや保安検査、手荷物預け入れなどの手続きを行い、リムジンバスで同空港まで行けるようになった。今回の運行再開により、京津冀(北京市・天津市・河北省)地域の旅客の利便性が向上したほか、空港周辺エリアの交通渋滞も緩和され、公共交通による移動がいっそう円滑化した。(記者/馮維健) =配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032206249

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.24
    2021年03月21日
    「新華社」復興号、砂ぼこりを洗い流して再出発

    中国北方の多くの地区がこのほど、砂嵐に見舞われた。このため、中国鉄路蘭州局集団の蘭州車両段銀川動車運用所では、運行を終えた動車組(動力分散式列車)の新型高速鉄道列車「CR300BF型復興号」の洗浄が行われた。列車の安全で安定した運行を保障し、乗客に快適な車内環境を提供するため、清掃スタッフは碍子(がいし)やエアフィルター、フロントガラスなどを重点的に洗浄した。(記者/馮開華) =配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102112

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:11.50
    2021年03月20日
    「新華社」福建省の海にヘリ墜落3人死亡

    中国福建省アモイ市の観音山付近の海域で19日午後、ベル式206型の民間ヘリコプターが行方不明になった。同海域で墜落したとみられる。ヘリコプターには機長と副操縦士のほか、乗客2人が乗っていた。同市の関係部門が明らかにした。墜落したヘリコプターはある民間航空会社に所属していたという。事故現場ではこれまでに3人の死亡が確認されており、行方不明者1人の捜索が続いている。(記者/顔之宏) =配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003138

  • 01:03.69
    2021年03月18日
    アプリで入国者の位置確認 成田と羽田で水際対策強化

    新型コロナウイルスの水際対策で、政府は18日、入国後の居場所や健康状態を把握するため、入国者に利用を求めている位置情報確認アプリなどがスマートフォンにインストールされているか確かめる作業を成田と羽田両空港で始めた。<映像内容>フィリピンから到着した航空機の乗客、入国者に対するスマホアプリ確認作業の様子、入国者に貸し出されるスマホなど、撮影日:2021(令和3)年3月18日、撮影場所:千葉県成田市

    商品コード: 2021031903328

  • 02:12.16
    2021年03月17日
    飛行点検のYS11が引退 空自入間基地で最終飛行

    戦後初の国産旅客機「YS11」のうち航空自衛隊の飛行点検隊が運用する機体「YS11FC」が17日、埼玉県の入間基地でラストフライトに臨んだ。この部隊は全国の陸海空3自衛隊の飛行場にある無線設備や管制施設に異常がないか確認するのが任務で、自衛隊唯一の存在。FCは飛行点検機を意味するフライトチェッカーの略だ。後継のU680Aが昨年12月から任務に就いたため、引退することになった。 17日午前9時半、晴天の入間基地を離陸した白地に赤い帯が入ったYS11FCは約1時間にわたり周辺を飛行。着陸後は放水を受けた。 空自によると、YS11FCは全長約26メートル、幅約32メートルで、航続距離は約2300キロに及ぶ。点検隊は1971年から運用を始めた。 <映像内容>機体ブツ撮り、ラストフライト、機長の渡辺潤一3等空佐(54)インタビューなど、撮影日:2021(令和3)年3月17日、撮影場所:埼玉県狭山市

    商品コード: 2021031802160

  • 00:52.64
    2021年03月08日
    「新華社」鉄道瀋陽駅指揮センターを訪ねて遼寧省

    中国で「東北第一の鉄道駅」と呼ばれる遼寧省瀋陽市の鉄道瀋陽駅は1899年に建設され、現在の年間旅客輸送量は2千万人に達し、1日に400本以上の列車を送り出している。各列車の運行の背後では多数の高速鉄道管制スタッフが日夜指揮を行っている。突発状況に対応するため、同駅指揮センターのスタッフは、全員構内の線路配線図を暗記している。(記者/姜兆臣、崔師豪) =配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041600757

  • 01:55.44
    2021年02月23日
    北朝鮮、地下鉄でも消毒徹底 駅の改修進む

    北朝鮮の首都平壌で地下鉄の改修工事が進んでいる。金正恩朝鮮労働党総書記は1月の党大会でも駅の現代化工事を推進し、管理運用を向上するよう指示した。平壌地下鉄は1973年に開通。2016年から国産新型車両が導入され、2019年からは平壌地下鉄の16の駅を順次改修している。新型コロナウイルス対策のため乗客らはマスクを着用。運行開始と終了後には駅や車両を徹底して消毒している。<映像内容>北朝鮮・平壌の地下鉄千里馬(チョンリマ)線の戦友(ジョンウ)駅に入ってくる新型車両と車両内の様子、地下鉄千里馬線の凱旋(ケソン)駅、地下鉄の消毒作業、市民らのインタビューなど、撮影日:2021(令和3)年2月23日、撮影場所:北朝鮮・平壌

    商品コード: 2021022400790

  • 00:49.58
    2021年02月18日
    「新華社」重慶市の鉄道部門、さまざまな措置を講じUターンラッシュに対応

    中国重慶市の重慶駅は春節(旧正月)休暇最終日の17日、Uターンラッシュのピークを迎えた。同駅ではチケット売り場や待合ロビーのスタッフを増員、交代勤務を行って旅客がスムーズに出発できるよう保障している。(記者/趙小帥) =配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801659

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:36.47
    2021年02月15日
    「新華社」大みそかの広西賀州駅、勤務を終えた駅員がダンスで喜びを表現

    中国広西チワン族自治区の賀州駅で、旧正月の大みそかに当たる11日午後10時過ぎ、最終の旅客列車D4938号が同駅を出発した。業務を終えた駅員の李媛(り・えん)さんが突然、誰もいなくなったプラットホームで軽快に踊り出した。駅の防犯カメラがその様子を捉えていた。李さんの故郷は湖南省だが、今年は旧正月の帰省を自粛し、自ら大みそかの勤務を志願した。李さんは踊り出した理由について、仕事が終わって両親にビデオ通話で新年のあいさつができると思うと嬉しくて、自然と体が動いたと話している。(記者/徐海涛) =配信日: 2021(令和3)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021600848

  • 00:58.58
    2021年02月03日
    「新華社」春節に向け列車を洗浄ハルビン車両基地

    中国黒竜江省ハルビン市にある中国鉄路ハルビン局集団三棵樹車両区の整備基地で1日、ハルビンと広州を往復する旅客列車が車体洗浄のため到着した。同基地では春節(旧正月)時期の特別輸送態勢に備え、作業員数十人が連日車両の洗浄にあたっている。(記者/王建威) =配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020309527

  • 00:58.19
    2021年02月01日
    「新華社」春節の特別輸送「春運」始まる車両点検など強化

    国では、春節(旧正月)の帰省やUターンのための特別輸送態勢「春運」が1月28日から正式にスタートした。河南省の鄭州動車段(動力分散式列車の点検・整備を行う車両基地)は輸送資源を合理的に配置し、動車組車両内の消毒と空調フィルターの清掃に力を入れている。またスマートロボットによる保守、点検で作業効率を高め、乗客により安全な鉄道の旅を確保している。(記者/李安、許雅楠、李嘉南、郝源) =配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020101123

  • 00:48.55
    2021年01月31日
    「新華社」旧正月の列車移動に安心を、リネン類の消毒で感染防止福建省福州市

    国南昌鉄路局の福州旅客輸送区間では、春節(旧正月)を間近に控え、列車で使用するリネン類の洗濯・消毒プロセスを調整した。寝台列車の乗客が使用する布団カバー、枕カバー、テーブルクロスと動車組(動力分散式列車)用のヘッドレストカバー、座席カバーなどを対象に、「高温殺菌」と「列車出庫時の消毒」の2項目を追加。旅客サービスの品質を高めつつ、車内での全面的な感染拡大防止対策を徹底し、列車移動の安全を保障している。同区間のリネン類のクリーニングを手掛けている工場では、1日に約5万点を洗濯しているという。(記者/魏培全) =配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100312

  • 01:07.44
    2021年01月30日
    「新華社」浙江省建徳市、「春運」期間の感染対策を強化

    中国で28日、春節(旧正月)の帰省やUターンのための特別輸送態勢「春運」が始まった。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制が長期化する中、浙江省建徳市では、高速鉄道駅と市の中心エリアに総合サービスステーションを設置し、感染予防体制を強化しており、帰省する人々に対し、新型コロナウイルスの核酸検査をすぐできるよう備えている。28日午前9時55分、浙江省の杭州東駅から安徽省の黄山駅へ向かう高速鉄道の列車が建徳駅に停車した。乗客は通路を出る際に検温と行程コードのスキャンを行った後、それぞれ振り分けられた。帰省する人々の一部は自宅隔離され、最初の7日間が過ぎるとスタッフが訪問して検温を行う。「春運」の開始とともに帰省する人々の数が増え続けており、建徳市の主要交通ゲートは全て検温や行程コードのスキャンなどの措置が取られている。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100342

  • 00:50.28
    2021年01月27日
    「新華社」春節期間の旅客輸送量、約17億人に感染防止対策を徹底

    今年の春節(旧正月)期間中、中国の旅客輸送量は約17億人となる見込みで、今月28日から3月8日までの40日間に、前年同期比10%以上増の1日平均4千万人が移動する。春節前後の特別輸送態勢「春運」は、定期的な人員移動として世界最大規模を誇り、中国の新型コロナウイルス感染症対策にとっては新たな試練となる。交通部門は大規模な感染拡大を防ぐため、厳格な対策を取っている。(記者/馬毅敏) =配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902970

  • 00:59.00
    2021年01月22日
    「北海道新聞」ガリンコ号Ⅲイメル 流氷帯を初航行 紋別沖

    1月9日就航した流氷観光船「ガリンコ号Ⅲイメル」が22日、紋別沖の流氷帯を初めて航行した。乗客は見晴らしが良くなった船から、海上で輝く流氷を眺めた。イメルは午後1時半に出航し、45分後に沖合約18キロの流氷帯に到着。ガリンコ号Ⅱでは行くことのできない距離だったが、速度が向上し、遠くまで航海できるイメルの本領が発揮された。乗客11人は3階のデッキで、大きな板氷や砕け氷を見下ろし、写真撮影などを楽しんだ。紋別市では20日に流氷初日を観測。ガリンコ号の流氷帯での航行は昨年と比べ13日早かった。、撮影日:2021(令和3)年1月22日、撮影場所:北海道紋別市沖 クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020305288

  • 01:00.38
    2021年01月17日
    「AFP」Passengers arrive in UK ahead of ‘travel corridor‘ closure

    Passengers arrive at Heathrow airport the day before the UK government closes all ‘travel corridors‘, which allow people to not have to self-isolate upon arrival from another country. From 0400GMT on Monday, all people arriving in the UK by train, plane or boat, regardless of origin, will have to present a negative PCR test and self-isolate for up to 10 days. IMAGES、作成日:2021(令和3)年1月17日、撮影場所:イギリス・ロンドン・ヒリンドン区、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

    商品コード: 2021012803129

  • 00:50.03
    2021年01月16日
    Spring Festival Travel Rush Drop

    A moving high-speed train is seen at Yichang East Railway Station in Yichang, central China‘s Hubei province, Jan 16, 2021. The number of passenger trips is expected to drop to 296 million, as ticket sales before the Spring Festival travel rush drop by nearly 60 percent compared with the same period in previous years to keep pace with epidemic prevention and control.
=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012100629

  • 00:50.45
    2021年01月16日
    Spring Festival Travel Rush Drop

    A moving high-speed train is seen at Yichang East Railway Station in Yichang, central China‘s Hubei province, Jan 16, 2021. The number of passenger trips is expected to drop to 296 million, as ticket sales before the Spring Festival travel rush drop by nearly 60 percent compared with the same period in previous years to keep pace with epidemic prevention and control.
=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012100625

  • 00:25.37
    2021年01月16日
    Spring Festival Travel Rush Drop

    A moving high-speed train is seen at Yichang East Railway Station in Yichang, central China‘s Hubei province, Jan 16, 2021. The number of passenger trips is expected to drop to 296 million, as ticket sales before the Spring Festival travel rush drop by nearly 60 percent compared with the same period in previous years to keep pace with epidemic prevention and control.
=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012100616

  • 00:53.12
    2021年01月14日
    「新華社」極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    厳冬期の中国黒竜江省で、K7093列車が夜の森林地帯や雪原を走っている。同省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(記者/王建威) =配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407259

  • 01:00.88
    2021年01月08日
    「新華社」中国、今年は3700キロの鉄道が開通予定

    中国国家鉄路集団は4日、今年は約3700キロの鉄道路線が開通すると発表した。同社によると、中国で昨年開通した鉄道路線は4933キロで、鉄道部門の実行ベースの固定資産投資額は7819億元(1元=約16円)だった。同社の昨年の旅客輸送量は延べ21億6千万人で、今年は前年比約44%増の31億1千万人を見込んでいる。貨物輸送量は前年比3・4%増の37億トンになる見通し。 =配信日: 2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010803690

  • 01:14.96
    2020年12月29日
    「新華社」中国の高速鉄道、「サイレント車両」を試験導入

    中国の鉄道部門は、成渝高速鉄道(四川省成都市‐重慶市)と京滬(けいこ)高速鉄道(北京市‐上海市)で24日から、車内の静粛性に重点を置いた「サイレント車両」サービスの試行を開始した。同サービスを利用する旅客は、関連規約を遵守しなければならないという。成都旅客輸送区間の呉松霖(ご・しょうりん)列車長によると、サイレント車両では注意書きのカードやヘッドレスト部分の説明文、静音を示すロゴを通じて、乗車マナーに関する注意喚起を行う。また、車内放送の音量は通常の40%に調整し、車両両端のドアは自動的に閉じるように設定することで、静かで快適な車内環境を構築すると説明した。旅客は座席に印刷された2次元バーコードをスマートフォンで読み取ることで、イヤホンや耳栓、いびき防止グッズなどを購入することもできる。注文後、5分以内に専任乗務員が商品を届けるという。中国鉄道の予約モバイルアプリ「12306」にログインして乗車券を購入すると、注文を送信する前に、従来の「座席選択オプション」に加えて、「サイレント車両」設置列車の表示が出る。同表示をタップすると、「サイレント車両」内では静かにする、各種電子機器を利用する際はイヤホンを着用するかスピーカーをオフにする、携帯電話はマナーモードにするかバイブレーション設定にするなどの関連規約が、自動でポップアップ表示される。また、乳幼児連れの旅客が利用するには不向きであることが特に付記されている。(記者/尹恒) =配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122903703

  • 01:06.71
    2020年12月27日
    「新華社」時速350キロの貨物用高速鉄道車両がラインオフ

    中国の鉄道車両大手、中国中車傘下の中車唐山機車車両(中車唐車)が製造した時速350キロの貨物用高速鉄道車両が23日、ラインオフした。世界初の時速350キロでの鉄道貨物輸送が実現する。軌道交通設備における中国の自主イノベーションの水準を大幅に高めることにもなる。中車唐車の技術者によると、今回の車両は時速350キロの旅客輸送用高速鉄道車両を基に、積載システムや走行システム、スマート荷役設備、迅速荷役など軌道交通の貨物輸送時間短縮に関わる複数の中核技術を採用。大重量、大容量貨物の迅速な荷役や輸送段階の貨物管理を実現した。中・長距離(600~1500キロ)の迅速輸送ニーズに対応し、高い輸送効率・頻度、低い輸送コスト、天候に左右されない運行など顕著な優位性を持つという。(記者/曲瀾娟) =配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800171

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:13.44
    2020年12月09日
    「新華社」格庫鉄道が全線開通中国西部の鉄道網に新たな動脈

    中国の新疆ウイグル自治区コルラ(庫爾勒)と青海省ゴルムド(格爾木)を結ぶ格庫鉄道が9日、6年の建設期間を経て全線開通した。中国西部に新疆と他地域を結ぶ鉄道幹線ルートが新たに加わった。同日午前には、旅客列車と貨物列車各1便がコルラ駅を出発した。同鉄道の総延長は1206キロ。うち新疆区間は734キロで、青海区間は6月30日に既に営業を開始している。新疆ウイグル自治区にとっては、蘭新鉄道(阿拉山口-甘粛省蘭州)、臨哈鉄道(ハミ-内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区)に続く自治区内外を結ぶ第3の鉄道となる。オアシスや砂漠、ゴビ、高原、山脈などさまざまな地形を走り、最大標高差は2500メートルを超える。同鉄道は中国西部の鉄道網の重要幹線として、青蔵鉄道(青海省西寧-チベット自治区ラサ)と接続する。新疆南部と青海省、チベット自治区を一つに結ぶだけでなく、中国から西アジアや地中海、黒海地方に至る陸上輸送の大動脈となる。今後、旅客列車と貨物列車の運行が恒常化すると、新疆南部の鉄道輸送能力は効果的に増強され、沿線の人々の交通の便も飛躍的に向上する。西部のエネルギー・鉱物資源の流通、地域社会・経済の発展を促進するだけでなく、西部地域全体に巨大な発展チャンスをもたらすことが見込まれる。(記者/関俏俏、周生斌)<映像内容>格庫鉄道が開通、乗客の様子、建設の様子など、撮影日:2020(令和2)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121403132

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.25
    2020年12月07日
    空撮 旅客船の引き上げ作業 香川沖

    香川県坂出市沖で小学生ら62人が乗った旅客船が岩礁にぶつかり沈没した事故で、沈んでいた旅客船の引き揚げ作業が7日、始まった <映像内容>沈没した旅客船を引き上げる準備が始まった様子、撮影日:2020(令和2)年12月7日、撮影場所:香川県坂出市沖

    商品コード: 2020120802697

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:01.12
    2020年11月29日
    衝突転覆の遊漁船を引き揚げ 運輸安全委が事故原因調査

    茨城県の鹿島港の港口近くで鹿嶋市の遊漁船「第5不動丸」(4・95トン)と広島市の貨物船「はやと」(498トン)が衝突し、1人が死亡した事故で、転覆した遊漁船が29日、作業船により海上に引き揚げられ港に到着した。事故は28日午前5時半ごろ発生。遊漁船の乗客乗員12人が投げ出され、乗客1人が死亡した。運輸安全委員会の船舶事故調査官は29日午前、既に着岸していた貨物船を調査し、船首部分に傷と塗料が付着したような痕跡があるのを確認した。<映像内容>引き揚げられた漁船の様子、撮影日:2020(令和2)年11月29日、撮影場所:茨城県神栖市

    商品コード: 2020113004208

  • 01:06.24
    2020年11月19日
    「新華社」遅延の列車内で馬頭琴を演奏内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区の包頭市と赤峰市を結ぶK896号列車に19日、降雪による遅延が発生した。乗り合わせた同自治区オルドス市ダラト旗の芸術団体「オラーンムチル(烏蘭牧騎)」のメンバー3人がコンテストで演奏予定だった曲を乗客らに披露し、冷え込んだ車内を温かな雰囲気で包み込んだ。(記者/朱文哲)<映像内容>遅延の列車内で馬頭琴を演奏する様子、撮影日:2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

    商品コード: 2020112602323

  • 00:46.31
    2020年11月17日
    「新華社」浦東開発開放30周年テーマ展、一般公開始まる上海市

    中国の改革開放の先駆けとなった上海市浦東は、開発開放の道を既に30年間歩み続けてきた。これを記念し「国家戦略のけん引の下で浦東開発開放30周年テーマ展」がこのほど、予約制による一般公開を開始した。同展では写真千点余りとビデオ33本、実景の再現展示4セット、実物資料100点近くを活用し、浦東開発開放30年の驚異的な変化を余すところなく紹介している。また、国産ジェット旅客機C919の第3世代フライトシミュレーターやスマートカーの模型など、実演と参加型展示が今回の見どころになっている。テーマ展では団体と一般客の予約受付を行っており、参観の3日前までの予約が必要となる。(記者/張夢潔、李海偉)<映像内容>浦東開発開放30周年テーマ展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806613

  • 00:44.26
    2020年11月02日
    「新華社」中国南方航空、冬ダイヤで国内30路線余りを新規開設

    中国航空大手の中国南方航空は、冬ダイヤで国内線30路線以上を新規開設するとともに、北京大興国際空港の離発着便については運航スケジュールを重点的に調整し、1日平均延べ400便以上のフライトを予定していると発表した。10月25日~来年3月27日まで、国内全ての民間航空会社が新たな冬ダイヤで運航する。多くの航空会社が国内線の新規路線を複数開設し、路線網のさらなる最適化を図る。中国南方航空の冬ダイヤの運航計画は、1日平均延べ2500便以上、約600路線を運航し、広州や深圳、長沙、三亜、長春、ウルムチなど多くの都市で、国内線30路線余りを新規開設する。新型コロナウイルスの予防・抑制措置が常態化する中、中国の民間航空会社の旅客輸送量は急速に回復傾向を示している。(記者/田建川、胡林果)<映像内容>北京大興国際空港の空撮、空港内の様子、中国南方航空の飛行機が離陸する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500407

  • 00:40.82
    2020年10月31日
    「新華社」国産ジェット旅客機C919、航空展示会に登場江西省南昌市

    中国江西省南昌市で10月31日、航空展示会「2020南昌飛行大会」が開幕し、国産ジェット旅客機C919が同市の瑶湖空港で航空ショーを行った。C919が展示会で航空ショーを行うのは初めて。同空港では、アクロバット飛行チームが1万人以上の観客に華麗なパフォーマンスを披露した。<映像内容>2020南昌飛行大会の様子、撮影日:2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500396

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:45.02
    2020年10月11日
    「新華社」ウルムチ­‐­西安北直通の「動車組」、運行を開始

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市から陝西省西安市に向かう初の直通動力分散方式列車「動車組」が11日、運行を開始した。走行距離は2354キロで、運行時間は13時間15分まで短縮された。ウルムチ駅と西北部鉄道交通ハブの西安北駅が直通列車で結ばれ、新疆鉄道網は国家高速鉄道幹線網に接続された。従来のウルムチと蘭州西を結ぶ動車組列車D2708(ウルムチ発)/D2701(蘭州発)の運行区間を、ウルムチと西安北駅間に調整したことで、午前にウルムチを出発しその日のうちに西安に到着することが可能になり、移動時間が従来の旅客列車より12時間以上短縮された。(記者/符暁波、沙達提)<映像内容>直通動力分散方式列車「動車組」が運行開始、撮影日:2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101310748

  • 00:55.36
    2020年10月11日
    「新華社」自動運転バスの試験運行実施湖南省長沙市

    中国湖南省長沙市で11日、自動運転バスの試験運行が行われた。地元政府が明らかにした。試験運行は信号のある交差点5か所、バス停4か所、ラウンドアバウト1か所がある6キロのコースで行われ、バスは加減速、信号機の認識、バス停での停車を自動的に行った。第5世代移動通信システム(5G)を使用したこのスマートバスは、乗客が乗り降りする時間やバス停のデータをリアルタイムで提供でき、公共交通機関の輸送能力の調整や、路線の設定とバス停配置の最適化を支援する。このバスの自動運転プラットフォームは遠隔操作や監視の機能も備えている。中車時代電動汽車(中車電動)の自律運転技術部の朱田(しゅ・でん)部長によると、毎日のバスの走行データを処理することで、最適な路線案を作ることができるという。(記者/丁春雨)<映像内容>自動運転バスの試験運行の様子、撮影日:2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101501590

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.36
    2020年10月07日
    JR北海道、列車緊急停止し避難訓練 津波に備える

    JR北海道や道警、消防などは7日、地震と津波に備え、北海道釧路市のJR根室線大楽毛(おたのしけ)駅のホーム手前で列車を緊急停止させ、乗客を駅前の広場などに避難させる訓練を行った。政府が今年4月に公表した日本海溝・千島海溝地震の想定によると釧路市中心部には最大8・3メートルの津波が襲来し、市役所などが被害を受ける可能性がある。  <映像内容>列車緊急停止させて行った避難訓練の様子、撮影日:2020(令和2)年10月7日、撮影場所:北海道釧路市

    商品コード: 2020100804225

  • 00:25.16
    2020年10月04日
    「新華社」中国企業建設のナイジェリアの鉄道、商業運用開始

    ナイジェリア政府はこのほど、国土を南北に貫くイタクペ・アジャオクタ・ワリ鉄道の商業運用を開始した。同鉄道の建設は、中国の鉄道建設大手・中国鉄建傘下の中国土木工程集団が請け負った。総延長326キロの単線路線で、標準軌鉄道は同国初。中部コギ州と南部デルタ州を結ぶ。同鉄道は旅客輸送に加え、中部イタクペからワリ港へ鉄鉱石を運ぶ重要な役割を担う。沿線地域の農業・鉱業分野の発展が期待される。ナイジェリアのブハリ大統領は、同鉄道の開業により、年間100万人近い乗客と約350万トンの貨物が見込まれると述べた。中国土木工程集団は2017年に同鉄道を着工。事業には線路の修復工事や新設される10駅と付帯施設の建設が含まれる。<映像内容>ナイジェリアのイタクペ・アジャオクタ・ワリ鉄道の商業運用が開始、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500376

  • 01:18.46
    2020年09月27日
    「新華社」広州白雲国際空港の第3期拡張工事始まる広東省

    中国広東省の広州白雲国際空港第3期拡張工事が27日、正式に着工した。新滑走路2本と42万平方メートルの第3ターミナル(T3)ビル、190機余りの駐機スポットを持つエプロンの建設を主体としている。同空港は昨年、海外約90カ所を含む230カ所余りとの間で運航実績があり、年間利用者数は延べ7338万人と、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)民間航空旅客数の約3分の1を占めている。今回の拡張工事が完成すると、同省広州市、東莞市と深圳市を結ぶ「穗莞深都市間鉄道」、広州市と河源市を結ぶ「広河高速道路」、広州市と中山市、珠海市、マカオを結ぶ「広中珠澳高速鉄道、第2空港高速道路と広州市地下鉄22号の北延長区間などと結び付き、第3ターミナルは航空・高速道路・鉄道が一体化した交通複合施設になる。専門家によると、このプロジェクトは、粤港澳大湾区の急速に増大する航空輸送需要を満たし、同区の国際レベル都市群建設を後押しして、地域経済の発展を促すという。(記者/田建川)<映像内容>広州白雲国際空港の拡張工事が開始、撮影日:2020(令和2)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020093008728

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:02.20
    2020年09月15日
    「新華社」ウルムチ航空の「カナス号」が就航新疆ウイグル自治区

    中国ウルムチ航空の特別塗装機「カナス号」が15日、新疆ウイグル自治区ウルムチ市のウルムチ地窩堡(ちかほう)国際空港で披露された後、同自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)空港に向けて飛び立った。(記者/丁磊、符曉波)<映像内容>ウルムチ航空の特別塗装機「カナス号」が就航、乗客が搭乗する様子、撮影日:2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091701971

  • 00:32.92
    2020年09月07日
    「新華社」南昌鉄路局、浪費防止に列車内で小鉢料理弁当を発売

    国鉄路南昌局集団(南昌鉄路局)はこのほど、15本の「動車組(動力分散式列車)」内で、染め付け風デザインの容器に盛った「小碗菜(小鉢料理)」を相次いで発売した。今回販売の小鉢料理弁当は、これまで提供していた弁当とは異なり、料理とご飯が個別に小分けで盛られている。1人前1小鉢、1料理1包装で、肉類と野菜の組み合わせが合理的で、乗客は人数や味の好みに合わせて自由に注文することができる。小鉢料理の試験販売を始めて以来、乗客の評判は良好で、食品の浪費も減少し、列車1本の販売量が最高で500人前以上に達したこともあるという。(記者/彭菁)<映像内容>列車で小碗菜(小鉢料理)の販売、食事する乗客の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090803188

  • 00:56.40
    2020年09月07日
    「新華社」中国南方航空北方分公司、9月に全就航都市への便を再開

    中国南方航空北方分公司のCZ6519便が7日、遼寧省の瀋陽桃仙国際空港を離陸し、新型コロナウイルス感染症流行による停止から228日ぶりに瀋陽と武漢を結ぶ路線が再開された。11日からは瀋陽とウルムチを結ぶ路線が再開の見通し。これにより、同社国内線就航の全都市で路線が再開することになる。同社は7月以降、旅客の移動ニーズを満たすため輸送能力を速やかに調整し、瀋陽と青島、桂林、珠海、重慶、長沙を結ぶ航空路線、瀋陽からフフホトを経由して銀川に向かう路線、瀋陽から合肥を経由して掲陽に向かう路線など計17路線を相次いで運航開始、増便数は1786便に達し、過去最高を記録した。(記者/姜兆臣)<映像内容>瀋陽と武漢を結ぶ路線が再開、飛行機の離陸の様子、空港の様子、撮影日:2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201385

  • 00:45.70
    2020年08月31日
    「AFP」Hendaye-Paris TGV passengers stranded in the South-West

    Passengers on a TGV train from Hendaye to Paris are still stuck in Hendaye station after a night of misery. The train left around 6pm and had to turn back in the middle of the night due to a succession of power supply problems. IMAGES、作成日:2020(令和2)年8月31日、撮影場所:フランス・アンダイエ、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

    商品コード: 2020090104022

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:57.17
    2020年08月12日
    事故35年、520人に祈り 日航機墜落の慰霊

    乗客乗員520人が犠牲となった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から35年となった12日、遺族らが墜落現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」に慰霊登山した。今年は台風被害と新型コロナウイルスの影響を考慮して、12日を含む数日間は遺族と関係者のみの入山とし、例年より少ない人数が、照りつける日差しの中でマスクを着用して山を登った。  午後6時からは上野村の「慰霊の園」で、遺族らが参列せず関係者だけの追悼行事が行われた。520本のろうそくには、村の職員が点火した。   <映像内容>群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」の昇魂之碑の前でシャボン玉を飛ばす遺族らの雑観、上野村の「慰霊の園」で開かれた式典の様子、慰霊の園を運営する財団法人の理事長を務める上野村の黒沢八郎(くろさわ・はちろう)村長のあいさつなど。※登山の様子はありません、撮影日:2020(令和2)年8月12日、撮影場所:群馬県上野村

    商品コード: 2020081302603

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:30.42
    2020年08月07日
    「新華社」インド南部で旅客機が着陸失敗18人死亡

    インド南部ケララ州コーリコードにある空港で7日夜、乗員乗客191人を乗せたエア・インディア・エクスプレスのボーイング737型旅客機が着陸に失敗し、滑走路を大きく外れて大破した。同国民間航空部門責任者によると、この事故でパイロット2人を含む18人が死亡し、127人以上が負傷した。事故を起こした旅客機はこの日、国外のインド人を帰国させるため、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを出発。機内には子ども10人を含む乗客184人と乗員7人が搭乗していた。現地時間7日午後7時40分(日本時間同11時10分)ごろ、同機はコーリコードの空港に着陸する際に滑走路を大きく外れ、斜面を約9メートル下まで落下した。火災は起きなかった。地元テレビ局の中継映像からは、滑走路を外れて二つに割れた機体や、滑走路上に散乱した残骸が確認できた。事故原因は今のところ明らかになっていないが、報道によると、当時、空港周辺では激しい雨が降っており、悪天候で操縦不能に陥った可能性がある。また、着陸時にランディングギア(降着装置)に問題が起きたとの情報もある。(記者/姜磊)<映像内容>インド南部で旅客機が着陸失敗、事故の様子、大破した機体など、撮影日:2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※一部サイズが小さい動画です。※画質が良くありません。

    商品コード: 2020081201822

  • 01:20.61
    2020年08月07日
    北朝鮮、バス乗車時も消毒 新型コロナで防疫強化

    新型コロナウイルスが流入した恐れがあるとして一部地域に非常事態を宣言した北朝鮮が、首都平壌での防疫対策を強化している。スーパーなどへの入店時だけでなく、トロリーバスなど公共交通機関の乗車前にも一人一人、手を消毒する対策を取っている。 北朝鮮は7月下旬、新型コロナに感染した疑いのある脱北者が密かに韓国から南西部開城市に戻っていたとして同市を完全封鎖した。ただ、その後、確定診断は伝えられず、感染実態は不明だ。  <映像内容>北朝鮮の平壌の市内雑観、大聖(テソン)百貨店、日常生活でのコロナ予防対策を伝える大型モニター、入店前に消毒と検温、消毒液の散布、北朝鮮は公共の場所でのマスク着用を義務化、トロリーバスでは乗客一人一人が乗車前に手を消毒などの様子、撮影日:2020(令和2)年8月7日、撮影場所:北朝鮮平壌

    商品コード: 2020081201852

  • 01:08.08
    2020年07月30日
    「新華社」杭州アジア競技大会に向け、特別塗装機6機を披露

    中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会をテーマとした特別塗装を施した旅客機6機がこのほど、杭州蕭山国際空港で披露された。機体には同大会のエンブレムやマスコットなどがデザインされ、強烈な視覚的インパクトと識別性の高いイメージを備えている。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>第19回アジア競技大会をテーマとした旅客機を披露、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073106779

  • 01:29.06
    2020年07月30日
    「新華社」中国国産旅客機ARJ21、国内全ての高地の空港で運用可能

    中国の航空機製造大手、中国商用飛機(COMAC)は7月30日、独自開発したリージョナルジェット機「ARJ21」が、高地にある全ての空港において運用可能であることを明らかにした。ARJ21は同日、約半月の試験飛行を終えてCOMACが拠点を置く上海市の空港に帰還した。今回のテストでは、同機が高地の空港で運用できるかどうかが徹底的に検証された。ARJ21の最大離着陸高度に関する性能拡張試験は、四川省カンゼ・チベット族自治州の稲城亜丁(とうじょうあてい)空港で行われた。同空港は海抜4411メートルに位置し、民間航空の中では世界で最も高い場所に位置している。COMACは、一連のテストを通してARJ21が全ての高高原空港(海抜2438メートル以上に位置する空港)で運用できることが確認されたと述べ、各航空会社がこの機体を活用してより高度の高い飛行ルートを開拓する基礎を築いたとの見方を表明した。<映像内容>中国国産旅客機ARJ21の運用の検証をする様子、撮影日:2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080301587

  • 01:00.97
    2020年07月27日
    「新華社」文化クリエーティブで、生まれ変わる運河沿いの町浙江省杭州市

    国の北京市と浙江省杭州市を結ぶ京杭大運河の南の起点、杭州市拱墅(きょうしょ)区の運河沿いは景観が優美で、旧跡の保存状態が良い。運河には船の往来が絶えず、現在でも貨物・旅客輸送の機能を果たしている。運河沿いのかつての工業団地は現在では文化クリエーティブ基地になっている。古い工場は博物館や昔ながらの手工芸を見学・体験できる施設「手工芸活態館」に姿を変え、産業と生活、文化を融合させており、生まれ変わった歴史的建築は、新たな輝きを放っている。運河が持つ輸送や取水、汚水排出といった便利な機能により、19世紀後半に沿岸地区は他に先駆けて工業時代に突入した。現在では従来型の工業企業はすでに閉鎖・移転しており、残った建物を主な受け皿とする経済形態と、産業と都市の融合を特徴とする重点産業が、運河沿岸で力強く成長している。かつての紡績工場、通益公紗廠を改造した手工芸活態館では、無形文化遺産の手工芸など伝統的工芸が実演され、市民や観光客に見学・体験の場を提供している。(記者/鄭夢雨)<映像内容>杭州市の街並みなど風景、手工芸を見学・体験できる施設の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072805035

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:26.15
    2020年07月25日
    御巣鷹尾根に遺族の祈り 日航事故35年を前に

    乗客乗員520人が犠牲となった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から8月で35年になるのを前に25日、墜落現場となった「御巣鷹の尾根」(群馬県上野村)で遺族と関係者だけが入山する慰霊登山が始まった。今年は台風被害と新型コロナウイルスの影響で遺族のための入山日程を7月と8月に分散。この日は遺族らでつくる「8・12連絡会」事務局長の美谷島邦子さん(73)らが登山道を歩き、尾根に立つ慰霊碑に祈りをささげた。 雨の降る中、美谷島さんは日航関係者らと一緒にぬかるむ登山道を慎重に歩き、休憩を挟みながら約1時間かけて慰霊碑「昇魂之碑」に到着。10秒ほど手を合わせた後、「安全の鐘」を鳴らし、尾根に鐘の音を響かせた。その後、事故で亡くした次男健君=当時(9)=の墓標にお菓子、シャボン玉、新幹線のおもちゃを供え、線香花火をともした。 <映像内容>美谷島さんが「昇魂之碑」で手を合わせ、「安全の鐘」を鳴らす様子、登山道を歩く様子、健君の墓標にお供えし、線香花火をともす様子など、撮影日:2020(令和2)年7月25日、撮影場所:群馬県上野村

    商品コード: 2020072701601

  • 00:48.00
    2020年07月20日
    「新華社」牡佳高速鉄道、全線でレール敷設段階に入る黒竜江省

    中国鉄路ハルビン局集団はこのほど、牡佳(黒竜江省牡丹江市‐ジャムス市)高速鉄道のジャムス市樺南県の工事現場で20日、レール敷設工事が開始されたことに伴い、同高速鉄道が全線でレール敷設段階に入ったことを明らかにした。2022年に開通し営業運行が始まる見通し。同高速鉄道は全長370キロメートル余り、設計時速250キロで、鶏西市や七台河市などを経由する。開通後は哈佳(ハルビン市‐ジャムス市)旅客鉄道と共に同省東部の高速鉄道環状線を形成し、同省の経済発展に重要な意義を持つ。(記者/王君宝)<映像内容>牡佳高速鉄道の工事現場、撮影日:2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072905537

  • 01:10.36
    2020年07月17日
    「新華社」都市間鉄道に2次元バーコード改札導入浙江省

    中国浙江省紹興市と同省杭州市を結ぶ紹興都市間鉄道でこのほど、スマートフォンの画面に表示した2次元バーコードで改札を通過することが可能となった。これまでは乗車券を事前に予約購入し、駅で受け取る必要があった。インターネットの普及で購入の手間が減っても、乗車券の確認には依然として時間がかかっていた。運営を担当する紹興市軌道交通集団の責任者によると、同鉄道は長江デルタ地域の都市鉄道で初めてコード読み取りによる改札を導入した。デジタル乗車券の採用により、改札を数秒で通過できるようになり、乗車券購入のために窓口で並ぶ必要もなくなったため、乗客の利便性が大幅に向上したという。紹興都市間鉄道は今月に入り、杭州市まで正式に開通し、杭州、寧波、紹興の3市で地下鉄に連結した。浙江省と長江デルタ地域の交通の一体化がさらに加速している。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>紹興都市間鉄道で2次元バーコードを使い改札を通過する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800499

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:18.07
    2020年07月13日
    海の上〝飛ぶ〞高速船就航 25年ぶり建造、離島路線で

    海水を噴き出して進む高速旅客船「ジェットフォイル」が13日、東京都や静岡県と伊豆諸島を結ぶ路線で就航した。運航する東海汽船(東京)が鉄道建設・運輸施設整備支援機構と共同で川崎重工業に発注し、6月末に完成した。ジェットフォイルの新規建造は25年ぶり。 船体の前後から垂直に伸びる三つの水中翼が海水を吸い込み、ガスタービンの力で後方に噴射する仕組み。全長27・4㍍、総トン数176㌧の船体が浮き上がって最高時速80㌔で進み、海面の上を飛んでいるように見える。 12日に役目を終えた「セブンアイランド虹」の後継船で「セブンアイランド結」と名付けられた。定員は241人。バリアフリーに対応し、多目的トイレなどを整備。クジラとの衝突などに備え、座席下部にスプリングを入れて乗客の安全性を高めた。 船体の基調である藍色は、東京五輪の大会エンブレムを手掛けた美術家の野老朝雄氏が選び、命名も担当した。 <映像内容>東京・竹芝客船ターミナル、船に乗り込む乗客ら、船が桟橋を離れ出航する様子=以上が東京・竹芝周辺、海面を飛ぶように走行する様子、撮影日:2020(令和2)年7月13日、撮影場所:東京都大田区

    商品コード: 2020072300495

  • 01:38.06
    2020年07月09日
    「新華社」中国企業が建設の鉄道、ケニアの新型コロナ対策を支援

    中国企業がアフリカで建設を請け負った重要プロジェクトの一つであるケニア標準軌鉄道(SGR)は、新型コロナウイルスの感染流行期間中、急を要する医療物資や生活必需品を輸送する貨物列車の運行を続け、同国の新型コロナ対策を支援している。SGR運営会社アフリカ・スター・レールウェイ・オペレーション(アフリスター)の広報アドバイザー、バージニア・ムニャオ氏がこのほど地元紙「スタンダード」に発表した論評によると、SGRの貨物輸送量はこの4カ月で急増し、6月30日までに食糧や医療物資など合計19万6千TEU(20フィートコンテナ換算)の貨物を輸送したという。SGRは東アフリカ鉄道網の重要な一部を構成している。このうちケニア東部の港湾都市モンバサと首都ナイロビを結ぶモンバサ・ナイロビ鉄道は2017年5月に開通。全長480キロの同鉄道は、東アフリカ鉄道網の最初の区間に当たる。同鉄道を延伸した路線となるナイロビ・マラバ鉄道第1期の旅客輸送サービスは昨年10月に開業し、12月に貨物輸送サービスを開始した。(記者/白林、馮燚偉)<映像内容>ケニア標準軌鉄道の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300434

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:14.58
    2020年07月07日
    「新華社」路線バスがダムに転落、乗員乗客の安否不明貴州省安順市

    中国貴州省応急管理庁によると、同省安順市西秀区で7日、虹山ダムを通りかかった路線バスが湖に転落した。車内には生徒が乗っていたという。乗員・乗客の安否は現時点でまだ不明。消防や応急部門が既に現場に駆け付け、懸命の救助活動を行っている。(記者/楊焱彬、楊欣)<映像内容>路線バスがダムに転落、救助の様子、撮影日:2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

    商品コード: 2020072300416

  • 01:36.34
    2020年07月05日
    「新華社」中国製の感染症対策バス、キプロスの交通システムで運用開始

    キプロス政府は5日、中国から輸入した感染症対策バス155台を、首都のニコシアと南東部の都市ラルナカの公共交通システムに正式に導入した。これらの車両は自動消毒システムを搭載しており、停車後に自動で車内に消毒液を噴霧できる。(記者/張保平)<映像内容>キプロスが中国から感染症対策バスを輸入、乗客の様子、自動消毒の様子、撮影日:2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300506

  • 01:22.32
    2020年07月04日
    「新華社」ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。特別列車はビジネス車、文化サロン車、売店車などさまざまな車両を連結している。また車内には観光、レジャー、娯楽各エリアもあるため、乗客は道中の景色を十分に堪能しながら、それ以外の過ごし方も楽しめる。新型コロナウイルスの感染予防・抑制対策を強化するため、中国鉄路ハルビン局集団ハイラル区間は、事前に列車の換気や消毒、清掃などを徹底し、観光客が安全に草原の風景を満喫できる乗車環境を提供している。(記者/馬知遥)<映像内容>観光特別列車「フルンボイル号」、乗客の様子など、撮影日:2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705488

  • 01:19.64
    2020年06月23日
    「新華社」中国初の千トン級電気推進客船が就航、武漢市の観光業を後押し

    中国初の千トン級完全電気推進客船「君旅号」が23日午後8時、湖北省武漢市の武漢関埠頭(ふとう)を出発、長江流域での観光ツアーサービスを正式に開始した。「君旅号」は、武漢旅遊発展投資集団が投資し、中国船舶重工集団公司第七一二研究所が研究開発・製造した。全長約53メートル、全幅約14メートルの客船で、乗客定員は300人。全動力源をリチウムイオン電池とする推進システムを採用し、中国船級社の「完全電気推進船舶検査ガイド」の要件を満たし、関連認証を取得した中国初の完全電気推進大型客船となる。中国船舶重工集団公司第七一二研究所の桂文彬(けい・ぶんひん)所長によると、最高時速18・5キロで、フル充電で8時間の航行が可能だという。汚染物質や廃棄物を出さない航行を実現し、全体的な騒音もより抑えられている。(記者/馮国棟)<映像内容>長江流域での観光ツアーの様子、撮影日:2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804971

  • 02:21.07
    2020年06月22日
    「新華社」ネパール向け医療物資のスピード通関を実施チベット自治区

    中国チベット自治区シガツェ市ニャラム県の樟木(ダム)口岸(通関地)では、「健康申告カード」の確認や検温、衛生検疫、立ち入り検査などを済ませたネパールのトラック14台が、中国・ネパール友誼大橋を渡ってニャラム税関監督管理区に入り、貨物の積み換えを行った。ダム口岸は以前、チベット自治区最大の国家1類陸路通商口岸だった。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、ネパールが一時的に通関地を閉鎖し、国際旅客便の運航も停止したため、ダム口岸がネパールにとって、中国から医療物資を輸入する唯一のルートとなった。医療物資の迅速な通関を最大限確保するため、同口岸は輸出用医療物資を優先的に申告、検査させる「グリーンゲート」を設けている。(記者/羅博、唐弢、侯捷、陳尚才)<映像内容>ネパールが中国から医療物資を輸入、スピード通関を実施、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403300

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:45.44
    2020年06月22日
    空撮 阪神電鉄車庫で電車乗り上げ 兵庫県尼崎市

    22日午後5時45分ごろ、兵庫県尼崎市の阪神電鉄尼崎駅東側にある車庫の敷地内で、試験走行中の電車が車止めに乗り上げて脱線した。阪神電鉄によると、乗っていた社員がけがをしたとみられる。乗客はいなかった。 同電鉄と県警が原因を調べている。<映像内容>兵庫県尼崎市の阪神電鉄尼崎駅東側にある車庫の敷地内での電車脱線の様子、撮影日:2020(令和2)年6月22日、撮影場所:兵庫県尼崎市

    商品コード: 2020062306102

  • 01:00.03
    2020年06月19日
    「新華社」安順と六盤水を結ぶ安六鉄道で、列車走行試験始まる貴州省

    中国貴州省で新たに建設された安順市と六盤水(ろくばんすい)市を結ぶ安六鉄道でこのほど、列車の走行試験が始まった。今回の走行試験では主に各システムの通常時と非常時における輸送体系の適応性を検査し、運行体系・方式が運営要件を満たしているかどうかを検証する。同鉄道は全長約125キロの旅客専用線で、設計速度は時速250キロ。新たに5駅を建設し、2駅を改修した。全線で橋梁81本、トンネル62本があり、両者を足した距離は88・13キロに達する。2015年末に建設が始まり、19年末に全線のレール敷設が完了した。同鉄道は同省初となる時速250キロの都市間鉄道で、運用開始後は貴陽市から六盤水市までの所要時間がこれまでの3時間半から約1時間に短縮される。同省は今後さらに都市間鉄道網を整備し、貴陽市全域および遵義市と畢節市、安順市、黔東南ミャオ族トン族自治州、黔南プイ族ミャオ族自治州の一部地域を含む黔中経済区の発展を後押ししていくという。(記者/劉続、劉勤兵)<映像内容>安六鉄道の列車の走行試験、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508315

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:02.96
    2020年06月16日
    空撮 クルーズ船「飛鳥Ⅱ」火災 横浜港に停泊、乗客なし

    16日午後1時すぎ、横浜市中区の横浜港大さん橋に停泊中のクルーズ船「飛鳥Ⅱ」の最上階で「火災が発生し、乗組員が消火活動をしている」と、第3管区海上保安本部に無線で通報があった。3管によると、乗客はおらず、けが人の情報もない。船からは煙が上がり、横浜市消防局などが消火活動に当たった。横浜市によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響で運航を中止しており、4月1日から横浜港に停泊していた。乗組員は約150人。運航会社の親会社、日本郵船によると、出火元は最上階デッキの資材置き場という。飛鳥Ⅱは2006年2月に就航。全長241メートル、約5万トンの日本最大級のクルーズ船で、乗客定員は872人。<映像内容>火災が起きた横浜港に停泊中の「飛鳥Ⅱ」の空撮、撮影日:2020(令和2)年6月16日、撮影場所:横浜市中区の横浜港大さん橋

    商品コード: 2020061701424

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:56.65
    2020年06月14日
    日空のドルフィン引退 95年就航、国内線で活躍

    「スーパードルフィン」の愛称で親しまれた全日空のボーイング737―500が14日午後の福岡発羽田行き254便を最後に引退した。1995年、国内線向けに就航。126席で小回りの利く機体を生かし、グループで計25機がローカル路線を中心に活躍。航空機の寿命とされる20年程度が過ぎ、順次退役が進んでいた。 ラストフライトとなった機体の総飛行時間は4万5000時間超。エンジンを覆う「エンジンカウル」にイルカがペイントされたおなじみの姿で、航空ファンらで満席だった。運航したANAウイングスの大山聖二機長(64)は、自らも定年退職前のラストフライト。「この機体のおかげで、北海道から沖縄までいろいろな景色を見せてもらった」と話した。<映像内容>機体到着のスポットイン、機体外観、社員らによる感謝の横断幕、大山聖二機長インタビューなど、撮影日:2020(令和2)年6月14日、撮影場所:東京都大田区の羽田空港

    商品コード: 2020061502953

  • 00:35.03
    2020年06月12日
    「新華社」首都空港線が5Gに対応、スマート地下鉄がさらに進化北京市

    中国北京市の北京地下鉄空港線はこのほど、EUHT(超高速無線通信)システムを用いた地下鉄通信伝送プラットフォームの試験運用を開始した。地下鉄車両と地上指令センターとの間に目に見えないファイバーチャネルを構築することで、北京地下鉄を長年悩ませてきた車両と地上間の通信問題を解決する。EUHTシステムが搭載された列車に乗ると、車内の液晶ディスプレイが27インチのスマート・マルチメディアディスプレイに変更されており、空港のフライト情報や乗換案内、天気予報などを表示していた。ドアの上の表示も液晶マップに交換され、異なるニーズに応じて画面レイアウトを変更し路線図などを表示できるようになっていた。第5世代移動通信システム「5G」の技術を利用して開発されたEUHTシステムは、理論上の最大帯域幅が200Mbpsに達する。高スループット(処理速度)と低遅延の長所を持つ最先端の通信技術とされる。同システムは自動列車制御装置(ATC)や車載監視カメラシステム、乗客情報システム、車内放送、緊急時のインターホン通話などの機能も搭載しており、列車と指令センター間の通信効率を大幅に向上させている。車内ディスプレイは、フルHD画像とインターネット接続によるストリーミング動画再生をサポートしている。ライブ配信と録画配信の切り替え機能なども備えており、より多様化した乗客のさまざまなニーズを満たすことができる。(記者/王修楠)<映像内容>北京地下鉄空港線が5Gに対応、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061504074

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:54.18
    2020年06月12日
    空撮 京成で脱線、けが人なし 調査官派遣

    12日午前10時15分ごろ、東京都葛飾区の京成電鉄青砥駅で、入ってきた京成高砂発羽田空港第1・第2ターミナル行き普通電車(8両編成)が脱線した。約10分後に乗客約100人は青砥駅で全員電車から降り、けが人はいない。運輸安全委員会は鉄道事故調査官2人の派遣を決めた。<映像内容>青砥駅と脱線車両の空撮、撮影日:2020(令和2)年6月12日、撮影場所:東京都葛飾区の京成電鉄青砥駅

    商品コード: 2020061502946

  • 00:21.93
    2020年05月27日
    「新華社」豪シドニー向けの2階建て列車、中国の生産工場で完成

    オーストラリア・シドニーで使用される時速130キロで設計された2階建て列車が27日、中国北東部吉林省長春市にある生産工場で完成した。生産を受注したのは、中国の鉄道車両製造大手の中国中車(CRRC)とオーストラリアの提携企業ダウナーEDI。2019年初頭、シドニーから2度目の2階建て列車の発注を受けた。発注によると、CRRCは計17台の2階建て列車をシドニー向けに生産することになっている。CRRCとダウナーEDIは、これまでに732台の旅客列車をオーストラリアへ発送している。(記者/段続、張楠、李文超)<映像内容>シドニーで使用される2階建て列車が中国の工場で完成、撮影日:2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401885

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:53.18
    2020年05月26日
    まだまだマスクは必要 着せ替えられた小便小僧

    新型コロナウイルスの緊急事態宣言解除から一夜明けた26日、さまざまな衣装で乗客の目を楽しませてくれるJR浜松町駅(東京都港区)のアイドル、小便小僧の定期的な着せ替えが行われた。地元の手芸グループ「あじさい」の後藤和子会長らの手によって、レインコートと長靴に衣装は替わったものの、マスク姿は前回のまま。新型コロナの収束が見えないなか、「まだまだマスクは必要。気を緩めないで、新しい生活スタイルを取り入れていこう」という呼び掛けのつもりだという。<映像内容>小便小僧の着せ替えの様子。後藤和子会長のコメント、撮影日:2020(令和2)年5月26日、撮影場所:東京都港区

    商品コード: 2020052801555

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:45.32
    2020年05月23日
    「新華社」パキスタン旅客機墜落、97人の遺体収容地上の17人負傷

    パキスタン軍は23日、南部シンド州の州都カラチで22日に起きた旅客機墜落事故の後、救助隊が97人の遺体を収容し、搭乗者2人の生存を確認したことを明らかにした。同州保健当局によると、事故の際地上にいた17人が負傷したという。現地メディアはパキスタン国際航空の広報担当者の話として、エアバスA320型機が乗客91人、乗員8人を乗せ、東部ラホールからカラチに向かっていたと伝えた。保健当局は現地メディアに対し、墜落現場は人口が密集した住宅地だが、これまでに地上で巻き込まれて死亡した人の報告は入っていないと説明した。保健当局は23日に死者のうち19人の身元を確認したと発表している。(記者/蔣超、李浩)<映像内容>パキスタン旅客機墜落、棺を運ぶ様子、負傷者の搬送、空港の様子、撮影日:2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※前半部分の画質が良くありません。

    商品コード: 2020052701218

  • 00:37.00
    2020年05月22日
    「新華社」中国の鉄道で走行距離最長の旅客列車、今年60歳に

    中国の北京を出発し、モンゴルのウランバートルを経由してロシアのモスクワに向かうK3/K4国際列車が今年60歳を迎える。3カ国を通る片道7818キロの同列車の累計走行距離はすでに5千万キロ以上に達しており、100カ国余りの乗客200万人以上を安全に輸送してきた。現在、同列車は新型コロナウイルス感染症の影響で運休している。(記者/丁静、張漫子)<映像内容>今年で60歳の3カ国を通る旅客列車、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602187

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:39.47
    2020年05月19日
    「新華社」辞典の中に隠した違法薬物5・87キロを押収雲南省

    中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の辺境管理支隊は19日、同支隊の大開河辺境検査ステーションがこのほど薬物密輸事件を摘発し、「ビルマ語・中国語辞典」6冊の中から覚せい剤の一種メタンフェタミン5・87キロを押収、容疑者2人を逮捕したことを明らかにした。13日正午ごろ、関坪の取締地点に勤務する警察官が公開取り締まりを行っていた際、ハイヤーの乗客2人が所持していた辞典を不審に思い確認したところ、中身がくりぬかれ、青い複写紙で包まれた薬物らしきものが詰まっているのを発見した。調査の結果、高さ27・3センチ、幅19・7センチの辞典6冊に計5・87キロのメタンフェタミンが隠されていたことが判明した。同案件は現在、さらなる捜査が進められている。(記者/姚兵)<映像内容>辞典に隠されていたメタンフェタミンを押収、撮影日:2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104594

  • 02:08.66
    2020年05月11日
    「新華社」安六鉄道で総合試験調整作業始まる貴州省

    中国貴州省で建設が進む安順市と六盤水市を結ぶ安六鉄道で11日、総合試験調整作業が始まり、工事検収の重要な段階に入った。同鉄道は延長約125キロ、国家1級複線旅客輸送専用線で、設計速度は時速250キロとなっている。2015年末に着工し、19年末に全線のレール敷設が完了、3月25日から静的検収が始まっている。(記者/劉続、劉勤兵)<映像内容>安六鉄道の空撮、撮影日:2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402420

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:54.08
    2020年05月10日
    「新華社」作業の安全を保障、女性天井クレーンオペレーターの妙技

    天井クレーンを操作して、吊り下げた重さ15キロの部品を数個の鶏卵の上に割らずに載せる。また、吊り下げた重りを30センチ間隔で設置した鉄棒に触れずにスラロームで前進させる。大きな「マッチ」を使い、地上のたいまつに正確に点火する。これらを行う「達人」は天井クレーンの女性オペレーター、董艶紅(とう・えんこう)さん。熟練した技術を頼りに、彼女は機関車の点検修理を行う作業員のために各種部品を吊り下げて運ぶ作業を、10メートルの高さで操作している。董さんが働く中国鉄路ハルビン局集団牡丹江機務段(機関車の整備、修理、維持などを行う部署)は、毎年延べ600両余りの機関車の点検修理を行っている。機関車は点検修理を経て、再び旅客列車のけん引任務を担当することができ、機関車の高品質な点検修理は、物資の安全な輸送の保障となっている。48歳になる董さんは、同機務段点検修理工場天井クレーン班の職長をしており、天井クレーンを操作してディーゼルエンジン、ボギー台車、ラジエーターなどの機関車部品を吊り下げ、機関車を点検修理する作業員に運ぶ作業を担当している。天井クレーンの操作では、吊り下げた部品を他の設備に誤ってぶつけないように注意しなければならない。クレーン操作技術を磨くため、彼女は他の作業員らと一緒に「迷路ゲーム」や「鶏卵載せゲーム」を行っている。「迷路ゲーム」は地上にワイヤーと鉄の棒を使ってコースを作り、オペレーターは天井クレーンを操作して1本1本の鉄の棒の間をスラロームで素早く進み、その間は鉄の棒に接触してはならない。操作の感覚をトレーニングするため、天井クレーンのオペレーターはゴムシートの上に数個の鶏卵を固定し、ゴムに覆われた15キロ余りの鉄製部品を運んで鶏卵の上に割れないように置く。ほかにも、大きさの異なる的を地面に描き、フックを操作して物体を落下させ、的に命中させるトレーニングも行っている。(記者/馬知遥)<映像内容>天井クレーンの女性オペレーター、天井クレーンを操作する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051302726

  • 01:15.94
    2020年05月10日
    「新華社」「田植え専用列車」の乗客数、1日平均3400人に黒竜江省

    中国で農作業が本格化する時期を迎え、田植え作業のため鉄道を利用して黒竜江省の穀倉地帯、三江平原へ向かう人が増えている。中国鉄路ハルビン局集団は農作業を後押しするため、5日から10日に計18本の「田植え専用列車」の運行を予定しており、9日までに15本が運行された。1日平均の乗客数は延べ3400人余り、ピーク時には4千人近くに達している。(記者/馬知遥)<映像内容>田植え作業のため鉄道を利用して移動する人たちの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051302724

  • 00:32.93
    2020年05月09日
    「新華社」美蘭空港の2期工事、連休中も着々海南省海口市

    中国海南省海口市で建設が進む美蘭国際空港2期プロジェクトの工事現場では、メーデー連休にも関わらず4千人以上が飛行エリアやターミナルビルなどで作業に従事した。2016年9月に全面着工した同プロジェクトは既に最終段階に入り、本体工事は来月30日の竣工を見込む。海南島と周辺島しょからなる海南省にとって、航空輸送は世界と通じる最適な交通手段だが、同空港の発着便と旅客輸送量は現時点で既に飽和状態にある。2期プロジェクトは、2025年の年間旅客数を延べ3500万人、貨物・郵便取扱量を40万トンに高めることを設計目標としている。運用開始後は、同市江東新区の外資企業地域本部誘致と臨空産業の発展を後押しするとともに、同省の観光業と大量旅客輸送を支えるインフラを保障する。(記者/王軍鋒)<映像内容>美蘭国際空港の工事現場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103291

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:53.22
    2020年05月08日
    空撮 JR外房線で先頭車両脱線 乗客1人負傷、千葉

    8日午後3時55分ごろ、千葉県鴨川市のJR外房線安房鴨川―安房天津間で、6両編成で走行中の普通電車の先頭車両が脱線した。JR東日本千葉支社や国土交通省によると、乗客乗員約20人のうち、1人が腰の痛みを訴えている。運輸安全委員会は同日、鉄道事故調査官2人を現地に派遣した。<映像内容>脱線した普通電車の空撮映像、撮影日:2020(令和2)年5月8日、撮影場所:千葉県鴨川市

    商品コード: 2020051100366

  • 00:56.35
    2020年05月07日
    空撮 新幹線・特急利用者95%減 JR、定期列車削減へ

    JR旅客6社は7日、ゴールデンウイーク期間(4月24日~5月6日)の利用実績をまとめた。新幹線と在来線特急の主要線区は、前年同期の5%にとどまり激減した。1987年のJR発足以来、最大の落ち込みという。<映像内容>東京都品川区の大井車両基地に並ぶ新幹線車両の空撮映像、撮影日:2020(令和2)年5月7日、撮影場所:東京都品川区の大井車両基地

    商品コード: 2020050804396

  • 02:33.81
    2020年05月01日
    「新華社」ワンタップで配車、自動運転タクシーの乗車体験スタート湖南省

    中国湖南省長沙市でこのほど、自動運転タクシー「ApolloRobotaxi(アポロ・ロボタクシー)」の乗車体験が全面的に実施され、長沙市民に新たな外出手段が加わった。湖南阿波羅智行科技テスト・車両運営部の責任者、成李(せい・り)氏によると、同社は現在、長沙市に計45台のロボタクシーを投入して運行を行い、関連のテストを実施している。市民は地図アプリの「百度地図」で直接配車を予約し、規定の時間と範囲内でロボタクシーの乗車体験ができる。自動運転テストには計135キロの道路が開放されている。新型コロナウイルス感染症対策のため、スタッフが事前に車内を消毒し、乗客に対しても検温と消毒を行う。乗車後、乗客が後部座席のディスプレーに表示された2次元バーコードをスキャンすると、自動運転がスタートする。車両の前部座席には、保安要員とテストエンジニアが座る。保安要員は車両の運行状況をリアルタイムにモニタリングし、危険な状況が発生した場合は直ちに運転操作を行う。テストエンジニアは車両運行情報と乗客の反応を記録する。各車両の上部には360度をスキャンできるレーザーレーダーを設置しており、200メートルの範囲のスキャンが可能。スキャンによって、ルート上の車両、車線、交差点、信号などを含む360度の映像を車両のセンターコンソールと後部座席のディスプレーに正確に表示する。乗客は、ディスプレー上で時速や目的地までの距離などの運転情報もリアルタイムで確認できる。(記者/丁春雨)<映像内容>自動運転タクシーの配車、乗車の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103098

  • 00:47.88
    2020年04月30日
    空撮 羽田の駐機場に多くの旅客機 航空業界が苦境

    日本航空は30日、1~3月期連結決算を発表する。新型コロナによる急激な需要縮小で純損益は赤字になる見通し。四半期赤字は12年の再上場以来初めてで、同様に赤字のANAホールディングスを含む航空大手2社が苦境に。<映像内容>羽田の駐機場の空撮、撮影日:2020(令和2)年4月30日、撮影場所:東京都大田区の羽田空港

    商品コード: 2020050104920

  • 01:11.83
    2020年04月29日
    大型連休、閑散続く 新幹線0%も

    新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうとゴールデンウイーク中も自宅にとどまる「ステイホーム」の呼び掛けが続き、「昭和の日」で祝日の29日も各交通機関は例年のような混雑は見られなかった。新幹線の予約は上り、下りとも極めて低調で、一部は自由席の乗車率が0%となった。空の便も同様で、高速道路も激しい渋滞はない見通しだ。<映像内容>JR東京駅・東北新幹線ホームの雑観。閑散としたホーム、閉まっている売店、乗客が極端に少ない車両の乗り降り、発着風景など、撮影日:2020(令和2)年4月29日、撮影場所:東京都東京駅

    商品コード: 2020043002504

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:02.62
    2020年04月25日
    空撮と地上撮 尼崎脱線15年、安全誓う コロナで初の慰霊式中止

    乗客106人と運転士が死亡し、562人が重軽傷を負った尼崎JR脱線事故から25日で15年となった。今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、JR西は事故後に毎年実施していた追悼慰霊式を初めて中止。同施設は20日から30日まで閉鎖し、遺族らには特に希望する人以外は原則、来場しないよう求めた。<映像内容>事故発生時刻ごろに事故現場を通過する電車、クレーンから撮影した事故現場にある追悼施設「祈りの杜(もり)」周辺、追悼施設「祈りの杜(もり)」周辺の空撮。撮影日:2020(令和2)年4月25日、撮影場所:兵庫県尼崎市

    商品コード: 2020042803349

  • 01:57.31
    2020年04月18日
    「新華社」ハルビン税関、国境通関地の新型コロナ対策を厳格化黒竜江省

    中国黒竜江省ハルビン税関は18日、新型コロナウイルスの国外からの感染輸入が拡大していることを受け、通関地での感染防止策を見直し、衛生検疫をさらに強化したと明らかにした。同省綏芬河(すいふんが)市の通関地エリアでは、旅客検査場の外に検体採取のための臨時医療施設を開設。検体採取にかかる時間を短縮することで、人の密集を防ぎ、交差感染を減少させている。全ての入国車両や人員に検疫検査を実施し、入国地点での集中隔離を行うことで、入国から出国までの一貫した管理を徹底している。(記者/馬知遥、斉泓鑫)<映像内容>ハルビン税関の新型コロナウイルス対策、検疫検査の様子など、撮影日:2020(令和2)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301874

  • 01:39.56
    2020年04月08日
    「新華社」乗客のマスク着用を判別、北京で「首都スマート地下鉄」が運行開始

    中国北京市の地下鉄6号線でこのほど、「首都スマート地下鉄」が運行を開始した。車内には乗客のマスク着用有無を判別できるセンサーカメラが設置され、窓には乗客に次の駅の情報を知らせる動画が流れる。車両は黄色とグレーのカラーリングで、ドア上部に新たに設置された4K高精細モニターには路線の各駅や乗り換えルート、前後車両の混雑状況などの情報が繰り返し表示され、乗客は必要な情報を迅速に知ることができる。各車両の窓は55インチの「マジックミラー」になり、発車すると現在位置や路線図、前方駅の3Dイメージの再生を開始する。(記者/王修楠)<映像内容>首都スマート地下鉄の運行の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040901888

  • 00:33.92
    2020年04月08日
    「新華社」「都市封鎖」解除後初の旅客便、武漢天河空港に到着

    新型コロナウイルスの感染拡大により中国湖北省武漢市で今年1月23日から実施されていた「都市封鎖」(ロックダウン)が8日、正式に解除された。同日午前7時19分、杭州発のアモイ航空MF8095便が無事に武漢天河国際空港に到着し、封鎖解除後武漢に到着した最初の旅客便となった。空港では飛行機の両側にスタンバイした消防車が放水アーチを作り、同便を歓迎した。(記者/林凱)<映像内容>杭州発の飛行便が武漢天河国際空港に到着、撮影日:2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

    商品コード: 2020041300154

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5