KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 日本
  • 強化
  • 成功
  • ロシア
  • 個体
  • 動物
  • 危機
  • 生き物

「乱獲」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
98
( 1 98 件を表示)
  • 1
98
( 1 98 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1961年12月31日
    漁民に冷たい新春の風 歯舞群島いつ帰る

    ソ連の監視と乱獲で沿岸漁業は年々弱まる。雪の降る港の漁船に魚を買いに来る主婦ら=1961(昭和36)年12月、北海道・羅臼漁港(37年内地034)

    商品コード: 2009033100374

  • 1975年01月24日
    ボク“珍ザル”の赤ちゃん

    母ザルにしっかり抱かれお目見えしたクロシロコロブスの赤ちゃん。サル仲間では最も美しいと言われ、乱獲でパンダ並みの“珍獣”となったクロシロコロブス(オナガザル科)の赤ちゃんが誕生、初公開された。日本での2世誕生は初めて=1975(昭和50)年1月24日、東京・上野動物園(50年内地 477)

    商品コード: 2012073100408

  • 1975年02月27日
    ソ連漁船団が三陸沖で操業

    接近した岩手県漁業取締船「はやちね」に手を振って合図するソ連漁船乗組員。日本近海で活発な操業を続けているソ連漁船団の“乱獲”は深刻な事態と、自民党水産部会が対策を政府に要請=1975(昭和50)年2月27日(50年内地 1384)

    商品コード: 2012090700138

  • 1975年03月16日
    北洋魚乱獲で生態系狂う?

    生態系が狂い小型化したスケトウダラ。体長40センチを超えるタラの一種だが、2~3年前から体長が小型化し20~30センチ台が少なくない。北洋で捕れる魚の成熟年数が早まるなどの新しい現象がみられ、乱獲によって生態系が狂ったのでは?-と専門家を慌てさせている=1975(昭和50)年3月16日、北海道・釧路港

    商品コード: 2012091200152

  • 1977年09月26日
    千歳川採卵場 サケの一生

    畜養のサケを網ですくい、採卵の準備に忙しい。右の水車はサケ捕獲用のインディアン水車−サケが「母なる川」に戻ってきた。200カイリで海は狭くなる一方だが、秋サケ漁はそれを補う栽培漁業のエースとして期待されている。乱獲と川の汚染で一時は見る影もなくなったサケを、今、人間が育てる。ことしの予想は、4年続きの豊漁と出た=千歳川採卵場(52年内地 7272)(写真グラフ「サケの一生」6枚組の1)

    商品コード: 2014111300129

  • 1994年04月09日
    稚魚の乱獲を防止 甘エビ漁に助っ人

    網目の広さが違う甘エビ漁のかご。後ろは魚介類の保護に取り組む武野泰之研究員=富山県滑川市の富山県水産試験場

    商品コード: 1994040900001

  • 1996年11月22日
    釣り上げたタイ 伝統の一本釣りに危機

    )、企画91、30日付朝刊以降使用  この日の漁はタイとハマチが2匹ずつ。伝統を誇る「明石の一本釣り」も底引き網による乱獲で危機にひんしている=兵庫県淡路町沖

    商品コード: 1996112200038

  • 1998年12月08日
    チベットアンテロープ 超高級ショールを違法販売

    ショールづくりの乱獲のために絶滅が心配されているチベットアンテロープ(チールー)(インド野生生物保護協会提供)

    商品コード: 1998120800011

  • 1999年09月04日
    店頭の銀ムツ 乱獲で銀ムツがピンチ

    店頭に並べられた銀ムツの切り身=4日午前、東京・築地

    商品コード: 1999090400007

  • 2001年06月24日
    「日本沿岸捕鯨の興亡」 鯨乱獲の歴史を本に

    捕鯨会社の元役員近藤勲さんが出版した「日本沿岸捕鯨の興亡」

    商品コード: 2001062400022

  • 2002年04月20日
    店頭の銀ムツ 銀ムツもワシントン条約に

    東京・築地の店頭に並んだ銀ムツの切り身。乱獲が問題になっているが、日本は世界最大の輸入国となっている

    商品コード: 2002042000126

  • 2002年06月22日
    チンパンジー 笑顔戻った「自由の町」

    フリータウン郊外の保護区で遊ぶ3歳のチンパンジー、「スーレちゃん」。シエラレオネではチンパンジーは食用として高く売れるため乱獲され、この10年間に激減した(共同)

    商品コード: 2002062200065

  • 2005年03月26日
    水揚げされるクロマグロ 漁業対象種、24%で乱獲

    鳥取県の境港で水揚げされるクロマグロ。世界的な資源の減少が指摘されている種の一つ=04年6月

    商品コード: 2005032600016

  • 2008年03月24日
    クロマグロの乱獲に歯止め

    クロマグロの価格

    商品コード: 2008062300164

  • 2008年03月24日
    クロマグロの乱獲に歯止め

    クロマグロの価格

    商品コード: 2008062300162

  • 2008年08月26日
    美しいトキ色の羽根 トキ、再び日本の空へ

    トキ展示資料館に並べられたトキの羽根。「トキ色」と呼ばれる美しい羽毛のために乱獲された

    商品コード: 2008082600132

  • 2009年07月04日
    エチゼンクラゲ 温暖化と魚の乱獲が原因

    2003年に日本近海で異常発生したエチゼンクラゲ=福井県越前町沖

    商品コード: 2009070400026

  • 2010年01月26日
    クロマグロ クロマグロ禁漁の新決議案

    乱獲による個体数の減少が指摘されるクロマグロ

    商品コード: 2010012600142

  • 2010年03月13日
    勝川俊雄三重大准教授 乱獲が招いた当然の結果

    勝川俊雄三重大准教授

    商品コード: 2010031300214

  • 2010年05月27日
    カツオ乱獲に高まる懸念

    中西部太平洋の漁法別カツオ漁獲数

    商品コード: 2010052700022

  • 2010年05月27日
    カツオ乱獲に高まる懸念

    中西部太平洋の漁法別カツオ漁獲数

    商品コード: 2010052700023

  • 2010年05月27日
    水揚げされたカツオ カツオ乱獲に高まる懸念

    水揚げされた初ガツオ=09年4月、福島県いわき市の中之作港

    商品コード: 2010052700024

  • 2010年05月27日
    デモ行進する漁師ら カツオ乱獲に高まる懸念

    大型船による巻き網漁の漁獲規制などを求め、宮崎市内をデモ行進するカツオ一本釣り漁師ら=2月

    商品コード: 2010052700025

  • 2010年05月27日
    MSCカツオが並ぶ店頭 カツオ乱獲に高まる懸念

    MSCの認証を取得した一本釣りカツオが並ぶ東京都内のスーパー

    商品コード: 2010052700027

  • 2010年10月19日
    イサベラ・ロビーンさん

    魚の乱獲防止を訴えるスウェーデン出身の欧州議会議員、イサベラ・ロビーンさん

    商品コード: 2010101900434

  • 2010年10月30日
    タコ持つ地元漁師 モロッコの乱獲タコ復活を

    モロッコ西部スイリアケディマ港で、水揚げされたタコを持つ地元漁師=5日(共同)

    商品コード: 2010103000043

  • 2010年10月30日
    廃材使った人工漁礁 モロッコの乱獲タコ復活を

    モロッコ西部スイリアケディマ港で、地元漁師らが廃材などを使ってつくった人工漁礁=5日(共同)

    商品コード: 2010103000044

  • 2010年10月30日
    地元漁師と小野さん モロッコの乱獲タコ復活を

    水揚げされたタコを持つ地元漁師(左)とJICA専門派遣員の小野岩雄さん=モロッコ西部スイリアケディマ港、5日(共同)

    商品コード: 2010103000052

  • 2010年11月19日
    取材受ける宮原審議官 乱獲国の禁漁を正式提案

    19日、大西洋まぐろ類保存国際委員会で欧米メディアの取材に答える宮原正典水産庁審議官(右)=パリ(共同)

    商品コード: 2010111900565

  • 2011年03月09日
    乱獲の損害、世界で3兆円

    乱獲がなかった場合の推定漁獲量

    商品コード: 2011030900017

  • 2011年03月09日
    乱獲の損害、世界で3兆円

    乱獲がなかった場合の推定漁獲量

    商品コード: 2011030900018

  • 2011年03月09日
    乱獲の損害、世界で3兆円

    乱獲がなかった場合の推定漁獲量

    商品コード: 2011030900019

  • 2011年03月09日
    乱獲の損害、世界で3兆円

    乱獲がなかった場合の推定漁獲量

    商品コード: 2011030900020

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年10月31日
    群れ

    チリ中部バルパライソで、新しい漁業法が海産資源の乱獲につながると抗議する人々。“外敵”には群れで対抗?(ロイター=共同)

    商品コード: 2012103100168

  • 2013年05月15日
    僕が守る

    ベルギーで開かれた魚の乱獲反対を訴える集会に参加した少年。魚は僕が守る!(ロイター=共同)

    商品コード: 2013051500203

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月25日
    漁場目指す漁船団 ロシアの乱獲が一番問題

    北方領土の貝殻島周辺でコンブ漁が解禁となり、漁場を目指す漁船団。右上は貝殻島の灯台=2012年6月、北海道根室市の納沙布岬

    商品コード: 2013112500340

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月25日
    水揚げされたホッケ ロシアの乱獲が一番問題

    羅臼漁港に水揚げされた根室海峡のホッケ。ロシアのトロール船の乱獲で資源の先行きが心配されている=北海道羅臼町

    商品コード: 2013112500348

  • 2013年12月24日
    メスは特に人気 今年は男鹿半島に異変

    秋田市民市場に並んだ地元男鹿半島産のハタハタ。ブリコ(卵)を持ったメスは特に人気がある=12月12日

    商品コード: 2013122400513

  • 2013年12月24日
    ハタハタの仕分け 今年は男鹿半島に異変

    今年は例年より遅れてやってきたハタハタ。雌雄、大きさで分ける作業に熱がこもる=12月12日、秋田県男鹿市の北浦漁港

    商品コード: 2013122400564

  • 2015年04月07日
    乱獲が脅かす川の漁業

    ミャンマー・イラワジ川、ピアポン、マラト村、ヤンゴン

    商品コード: 2015040700171

  • 2015年04月07日
    乱獲が脅かす川の漁業

    ミャンマー・イラワジ川、ピアポン、マラト村、ヤンゴン

    商品コード: 2015040700172

  • 2015年04月07日
    川魚を捕る漁師 乱獲が脅かす川の漁業

    大きな魚を捕らえたイラワジ川流域デルタ地帯の漁師。最近はこんな魚の漁獲はめっきり減ったという=ミャンマー・ヤンゴン近郊のマラト村(撮影・井田徹治、共同)

    商品コード: 2015040700234

  • 2015年04月07日
    タウナギの養殖池 乱獲が脅かす川の漁業

    新たに造ったタウナギの養殖池の前で、中国への輸出計画などを語るミン・セイン=ミャンマー・ヤンゴン近郊のマラト村(撮影・井田徹治、共同)

    商品コード: 2015040700236

  • 2015年05月09日
    メバチマグロも乱獲深刻

    中西部太平洋のメバチマグロの漁獲量

    商品コード: 2015050900291

  • 2015年05月09日
    メバチマグロも乱獲深刻

    中西部太平洋のメバチマグロの漁獲量

    商品コード: 2015050900293

  • 2015年05月09日
    メバチマグロも乱獲深刻

    中西部太平洋のメバチマグロの漁獲量

    商品コード: 2015050900294

  • 2015年05月09日
    メバチマグロも乱獲深刻

    中西部太平洋のメバチマグロの漁獲量

    商品コード: 2015050900295

  • 2015年05月09日
    メバチマグロ メバチマグロも乱獲深刻

    水揚げされたメバチマグロ=神奈川県三浦市

    商品コード: 2015050900354

  • 2016年01月20日
    保護と乱獲、揺れた政策

    ニホンジカをめぐる政策の変遷

    商品コード: 2016012000520

  • 2016年01月20日
    保護と乱獲、揺れた政策

    ニホンジカをめぐる政策の変遷

    商品コード: 2016012000522

  • 2016年02月24日
    メコン川の漁民 乱獲やダムで減る魚

    夕暮れが迫るメコン川で投網を使って魚を取る漁民=2013年4月、カンボジア・クラティエ州(共同)

    商品コード: 2016022400438

  • 2016年02月24日
    メコン川の魚 乱獲やダムで減る魚

    メコン川で取った魚を買い求めるカンボジア・クラティエの人々=2013年10月(共同)

    商品コード: 2016022400439

  • 2016年09月15日
    フロマン米通商代表 漁業補助禁止へ13カ国連合

    乱獲を助長する漁業補助金の禁止に向けた取り組みについて、記者会見する米通商代表部のフロマン代表=14日、ワシントン(共同)

    商品コード: 2016091500166

  • 2017年07月11日
    サンマ規制で乱獲歯止め

    北太平洋での主要国・地域のサンマ漁獲量

    商品コード: 2017071100800

  • 2017年07月11日
    サンマ規制で乱獲歯止め

    北太平洋での主要国・地域のサンマ漁獲量

    商品コード: 2017071100816

  • 2017年12月28日
    マグロ乱獲、罰則で抑止

    クロマグロ漁獲規制の変化

    商品コード: 2017122800495

  • 2017年12月28日
    マグロ乱獲、罰則で抑止

    クロマグロ漁獲規制の変化

    商品コード: 2017122800496

  • 2018年11月06日
    乱獲防ぐ仕組み強化へ

    日本の漁業・養殖業の生産量

    商品コード: 2018110627173

  • 2018年11月06日
    乱獲防ぐ仕組み強化へ

    日本の漁業・養殖業の生産量

    商品コード: 2018110627181

  • 2018年11月06日
    乱獲防ぐ仕組み強化へ

    日本の漁業・養殖業の生産量

    商品コード: 2018110627195

  • 2018年11月06日
    乱獲防ぐ仕組み強化へ

    日本の漁業・養殖業の生産量

    商品コード: 2018110627207

  • 2019年02月21日
    Granddaughter of researcher Cousteau fights for conservation of the oceans

    21 February 2019, France (France), Paris: Environmental activist Alexandra Cousteau, granddaughter of the legendary French marine researcher Cousteau, at the gastronomy festival “Gout de France“ at the Ministry of Foreign Affairs. It has called for fish to be consumed much more responsibly. In the trade and in the gastronomy according to their impression “always the same 15 kinds of fish“ are offered. That increases the risk of overfishing. (to dpa “granddaughter of researcher Cousteau fights for conservation of the oceans“) Photo: Christian Böhmer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032300137

  • 2019年03月20日
    陝西省洋県のトキ生態園を訪ねて

    20日、陝西省漢中市洋県にあるトキ生態園で撮影したトキ。「東洋の宝石」と呼ばれる鳥、トキはかつて中国や日本、ロシア、朝鮮(北朝鮮)などに広く生息していたが、20世紀半ば以降、乱獲や環境破壊などにより絶滅の危機に瀕していた。中国陝西省漢中市洋県で1981年5月23日、野生のトキ7羽が発見された。その後30年余りで保護体系が改善され、研究者が人工飼育や繁殖、ケージで飼育されたトキの自然繁殖、野生復帰に向けた順化訓練など、重要な技術的課題を相次いで克服したことで、中国のトキの個体数は2600羽以上まで増え、世界のトキの個体数は3千羽近くに達した。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032502078

  • 2019年03月20日
    陝西省洋県のトキ生態園を訪ねて

    20日、陝西省漢中市洋県にあるトキ生態園で撮影したトキ。「東洋の宝石」と呼ばれる鳥、トキはかつて中国や日本、ロシア、朝鮮(北朝鮮)などに広く生息していたが、20世紀半ば以降、乱獲や環境破壊などにより絶滅の危機に瀕していた。中国陝西省漢中市洋県で1981年5月23日、野生のトキ7羽が発見された。その後30年余りで保護体系が改善され、研究者が人工飼育や繁殖、ケージで飼育されたトキの自然繁殖、野生復帰に向けた順化訓練など、重要な技術的課題を相次いで克服したことで、中国のトキの個体数は2600羽以上まで増え、世界のトキの個体数は3千羽近くに達した。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032501947

  • 2019年03月20日
    陝西省洋県のトキ生態園を訪ねて

    20日、陝西省漢中市洋県にあるトキ生態園で撮影したトキ。「東洋の宝石」と呼ばれる鳥、トキはかつて中国や日本、ロシア、朝鮮(北朝鮮)などに広く生息していたが、20世紀半ば以降、乱獲や環境破壊などにより絶滅の危機に瀕していた。中国陝西省漢中市洋県で1981年5月23日、野生のトキ7羽が発見された。その後30年余りで保護体系が改善され、研究者が人工飼育や繁殖、ケージで飼育されたトキの自然繁殖、野生復帰に向けた順化訓練など、重要な技術的課題を相次いで克服したことで、中国のトキの個体数は2600羽以上まで増え、世界のトキの個体数は3千羽近くに達した。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032502049

  • 2019年03月20日
    陝西省洋県のトキ生態園を訪ねて

    20日、陝西省漢中市洋県にあるトキ生態園で撮影したトキ。「東洋の宝石」と呼ばれる鳥、トキはかつて中国や日本、ロシア、朝鮮(北朝鮮)などに広く生息していたが、20世紀半ば以降、乱獲や環境破壊などにより絶滅の危機に瀕していた。中国陝西省漢中市洋県で1981年5月23日、野生のトキ7羽が発見された。その後30年余りで保護体系が改善され、研究者が人工飼育や繁殖、ケージで飼育されたトキの自然繁殖、野生復帰に向けた順化訓練など、重要な技術的課題を相次いで克服したことで、中国のトキの個体数は2600羽以上まで増え、世界のトキの個体数は3千羽近くに達した。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032502079

  • 2019年03月20日
    陝西省洋県のトキ生態園を訪ねて

    20日、陝西省漢中市洋県にあるトキ生態園で撮影したトキ。「東洋の宝石」と呼ばれる鳥、トキはかつて中国や日本、ロシア、朝鮮(北朝鮮)などに広く生息していたが、20世紀半ば以降、乱獲や環境破壊などにより絶滅の危機に瀕していた。中国陝西省漢中市洋県で1981年5月23日、野生のトキ7羽が発見された。その後30年余りで保護体系が改善され、研究者が人工飼育や繁殖、ケージで飼育されたトキの自然繁殖、野生復帰に向けた順化訓練など、重要な技術的課題を相次いで克服したことで、中国のトキの個体数は2600羽以上まで増え、世界のトキの個体数は3千羽近くに達した。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032502135

  • 2019年03月20日
    陝西省洋県のトキ生態園を訪ねて

    20日、陝西省漢中市洋県にあるトキ生態園で撮影したトキ。「東洋の宝石」と呼ばれる鳥、トキはかつて中国や日本、ロシア、朝鮮(北朝鮮)などに広く生息していたが、20世紀半ば以降、乱獲や環境破壊などにより絶滅の危機に瀕していた。中国陝西省漢中市洋県で1981年5月23日、野生のトキ7羽が発見された。その後30年余りで保護体系が改善され、研究者が人工飼育や繁殖、ケージで飼育されたトキの自然繁殖、野生復帰に向けた順化訓練など、重要な技術的課題を相次いで克服したことで、中国のトキの個体数は2600羽以上まで増え、世界のトキの個体数は3千羽近くに達した。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032501938

  • 2019年03月20日
    陝西省洋県のトキ生態園を訪ねて

    20日、陝西省漢中市洋県にあるトキ生態園で撮影したトキ。「東洋の宝石」と呼ばれる鳥、トキはかつて中国や日本、ロシア、朝鮮(北朝鮮)などに広く生息していたが、20世紀半ば以降、乱獲や環境破壊などにより絶滅の危機に瀕していた。中国陝西省漢中市洋県で1981年5月23日、野生のトキ7羽が発見された。その後30年余りで保護体系が改善され、研究者が人工飼育や繁殖、ケージで飼育されたトキの自然繁殖、野生復帰に向けた順化訓練など、重要な技術的課題を相次いで克服したことで、中国のトキの個体数は2600羽以上まで増え、世界のトキの個体数は3千羽近くに達した。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032502106

  • 2019年07月19日
    水揚げされたサンマ 中国のサンマ乱獲に歯止め

    水揚げされたサンマ=2017年10月、福島県いわき市の小名浜港

    商品コード: 2019071900254

  • 2019年07月19日
    水産庁の担当者ら 中国のサンマ乱獲に歯止め

    北太平洋漁業委員会の年次会合が閉幕し、記者会見する水産庁の担当者ら=19日未明、東京都内のホテル

    商品コード: 2019071900290

  • 2019年12月26日
    農業技術でトリュフ資源の回復を促進雲南省陸良県

    26日、トリュフ犬を連れてトリュフを探す訓練士。中国雲南省では、「世界三大珍味」の一つ、トリュフが広範囲に生育している。資源量は豊富だが、1990年代にトリュフ資源の開発が始まってから乱獲が深刻化し、トリュフの成長に適した土壌環境が破壊されたことで、生産量は年々減少している。中国はトリュフ資源の保護と開発を強化するため、2016年から同省曲靖市陸良県竜海郷でトリュフ資源保護・回復プロジェクト研究を開始。約300ムー(20ヘクタール)の林地に2つの研究基地を設置し、トリュフの生産量と品質を効果的に引き上げることに成功した。竜海郷は現在、豊かな天然資源に着目し、森林を活用する「林下経済」を発展させる道を見いだし始めている。これまでの統計によると、竜海郷の約400世帯が2018年にトリュフ産業で得た収入は、1千万元(1元=約16円)を超えた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602105

  • 2019年12月26日
    農業技術でトリュフ資源の回復を促進雲南省陸良県

    26日、トリュフを採取する基地管理員と農業専門家。中国雲南省では、「世界三大珍味」の一つ、トリュフが広範囲に生育している。資源量は豊富だが、1990年代にトリュフ資源の開発が始まってから乱獲が深刻化し、トリュフの成長に適した土壌環境が破壊されたことで、生産量は年々減少している。中国はトリュフ資源の保護と開発を強化するため、2016年から同省曲靖市陸良県竜海郷でトリュフ資源保護・回復プロジェクト研究を開始。約300ムー(20ヘクタール)の林地に2つの研究基地を設置し、トリュフの生産量と品質を効果的に引き上げることに成功した。竜海郷は現在、豊かな天然資源に着目し、森林を活用する「林下経済」を発展させる道を見いだし始めている。これまでの統計によると、竜海郷の約400世帯が2018年にトリュフ産業で得た収入は、1千万元(1元=約16円)を超えた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602106

  • 2019年12月26日
    農業技術でトリュフ資源の回復を促進雲南省陸良県

    26日、林で撮影したトリュフ。中国雲南省では、「世界三大珍味」の一つ、トリュフが広範囲に生育している。資源量は豊富だが、1990年代にトリュフ資源の開発が始まってから乱獲が深刻化し、トリュフの成長に適した土壌環境が破壊されたことで、生産量は年々減少している。中国はトリュフ資源の保護と開発を強化するため、2016年から同省曲靖市陸良県竜海郷でトリュフ資源保護・回復プロジェクト研究を開始。約300ムー(20ヘクタール)の林地に2つの研究基地を設置し、トリュフの生産量と品質を効果的に引き上げることに成功した。竜海郷は現在、豊かな天然資源に着目し、森林を活用する「林下経済」を発展させる道を見いだし始めている。これまでの統計によると、竜海郷の約400世帯が2018年にトリュフ産業で得た収入は、1千万元(1元=約16円)を超えた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602337

  • 2019年12月26日
    農業技術でトリュフ資源の回復を促進雲南省陸良県

    26日、採取したばかりのトリュフ。中国雲南省では、「世界三大珍味」の一つ、トリュフが広範囲に生育している。資源量は豊富だが、1990年代にトリュフ資源の開発が始まってから乱獲が深刻化し、トリュフの成長に適した土壌環境が破壊されたことで、生産量は年々減少している。中国はトリュフ資源の保護と開発を強化するため、2016年から同省曲靖市陸良県竜海郷でトリュフ資源保護・回復プロジェクト研究を開始。約300ムー(20ヘクタール)の林地に2つの研究基地を設置し、トリュフの生産量と品質を効果的に引き上げることに成功した。竜海郷は現在、豊かな天然資源に着目し、森林を活用する「林下経済」を発展させる道を見いだし始めている。これまでの統計によると、竜海郷の約400世帯が2018年にトリュフ産業で得た収入は、1千万元(1元=約16円)を超えた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602104

  • 2019年12月26日
    農業技術でトリュフ資源の回復を促進雲南省陸良県

    26日、トリュフを採取する基地管理員。中国雲南省では、「世界三大珍味」の一つ、トリュフが広範囲に生育している。資源量は豊富だが、1990年代にトリュフ資源の開発が始まってから乱獲が深刻化し、トリュフの成長に適した土壌環境が破壊されたことで、生産量は年々減少している。中国はトリュフ資源の保護と開発を強化するため、2016年から同省曲靖市陸良県竜海郷でトリュフ資源保護・回復プロジェクト研究を開始。約300ムー(20ヘクタール)の林地に2つの研究基地を設置し、トリュフの生産量と品質を効果的に引き上げることに成功した。竜海郷は現在、豊かな天然資源に着目し、森林を活用する「林下経済」を発展させる道を見いだし始めている。これまでの統計によると、竜海郷の約400世帯が2018年にトリュフ産業で得た収入は、1千万元(1元=約16円)を超えた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602430

  • 2019年12月26日
    農業技術でトリュフ資源の回復を促進雲南省陸良県

    26日、採取したばかりのトリュフ。中国雲南省では、「世界三大珍味」の一つ、トリュフが広範囲に生育している。資源量は豊富だが、1990年代にトリュフ資源の開発が始まってから乱獲が深刻化し、トリュフの成長に適した土壌環境が破壊されたことで、生産量は年々減少している。中国はトリュフ資源の保護と開発を強化するため、2016年から同省曲靖市陸良県竜海郷でトリュフ資源保護・回復プロジェクト研究を開始。約300ムー(20ヘクタール)の林地に2つの研究基地を設置し、トリュフの生産量と品質を効果的に引き上げることに成功した。竜海郷は現在、豊かな天然資源に着目し、森林を活用する「林下経済」を発展させる道を見いだし始めている。これまでの統計によると、竜海郷の約400世帯が2018年にトリュフ産業で得た収入は、1千万元(1元=約16円)を超えた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602442

  • 2019年12月26日
    農業技術でトリュフ資源の回復を促進雲南省陸良県

    26日、採取したばかりのトリュフ。中国雲南省では、「世界三大珍味」の一つ、トリュフが広範囲に生育している。資源量は豊富だが、1990年代にトリュフ資源の開発が始まってから乱獲が深刻化し、トリュフの成長に適した土壌環境が破壊されたことで、生産量は年々減少している。中国はトリュフ資源の保護と開発を強化するため、2016年から同省曲靖市陸良県竜海郷でトリュフ資源保護・回復プロジェクト研究を開始。約300ムー(20ヘクタール)の林地に2つの研究基地を設置し、トリュフの生産量と品質を効果的に引き上げることに成功した。竜海郷は現在、豊かな天然資源に着目し、森林を活用する「林下経済」を発展させる道を見いだし始めている。これまでの統計によると、竜海郷の約400世帯が2018年にトリュフ産業で得た収入は、1千万元(1元=約16円)を超えた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602278

  • 2019年12月26日
    農業技術でトリュフ資源の回復を促進雲南省陸良県

    26日、トリュフを採取する雲南省農業科学院の研究員。中国雲南省では、「世界三大珍味」の一つ、トリュフが広範囲に生育している。資源量は豊富だが、1990年代にトリュフ資源の開発が始まってから乱獲が深刻化し、トリュフの成長に適した土壌環境が破壊されたことで、生産量は年々減少している。中国はトリュフ資源の保護と開発を強化するため、2016年から同省曲靖市陸良県竜海郷でトリュフ資源保護・回復プロジェクト研究を開始。約300ムー(20ヘクタール)の林地に2つの研究基地を設置し、トリュフの生産量と品質を効果的に引き上げることに成功した。竜海郷は現在、豊かな天然資源に着目し、森林を活用する「林下経済」を発展させる道を見いだし始めている。これまでの統計によると、竜海郷の約400世帯が2018年にトリュフ産業で得た収入は、1千万元(1元=約16円)を超えた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602341

  • 2019年12月26日
    農業技術でトリュフ資源の回復を促進雲南省陸良県

    26日、トリュフを採取するスタッフ。中国雲南省では、「世界三大珍味」の一つ、トリュフが広範囲に生育している。資源量は豊富だが、1990年代にトリュフ資源の開発が始まってから乱獲が深刻化し、トリュフの成長に適した土壌環境が破壊されたことで、生産量は年々減少している。中国はトリュフ資源の保護と開発を強化するため、2016年から同省曲靖市陸良県竜海郷でトリュフ資源保護・回復プロジェクト研究を開始。約300ムー(20ヘクタール)の林地に2つの研究基地を設置し、トリュフの生産量と品質を効果的に引き上げることに成功した。竜海郷は現在、豊かな天然資源に着目し、森林を活用する「林下経済」を発展させる道を見いだし始めている。これまでの統計によると、竜海郷の約400世帯が2018年にトリュフ産業で得た収入は、1千万元(1元=約16円)を超えた。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602348

  • 01:15.17
    2020年01月01日
    「新華社」長江の重点水域、通年禁漁に

    中国農業農村部はこのほど、「長江流域の重点水域における禁漁範囲と時期に関する通告」を発表し、2020年1月1日午前0時から長江流域の332の水生生物自然保護区と水産種資源保護区での産業的な漁獲を全面的に禁止した。長江は世界有数の水生生物の多様性を持つ。主流と重要支流の自然保護区および水産種質資源保護区を除く天然水域では、遅くとも2021年1月1日から10年間の暫定的な禁漁を実施する。長江の水生生物は、人間の活動による水質汚染や乱獲などにより長期にわたって繁殖を脅かされ続けてきた。例えば2006年に1800頭だったヨウスコウカワイルカの生息数は18年には1012頭となったことが調査で分かった。農業農村部の統計によると、長江流域の絶滅危惧魚類は92種、絶滅危惧種は300種近くに上る。今回の禁漁措置は従来の春季禁漁とは全く異なる。長江重点水域の禁漁は沿岸の10の省と直轄市で漁民28万人に影響を及ぼすと推計されている。同部は廃業した漁業者に対する一時的な生活支援や社会保障、職業技能訓練などの施策の計画・実施を保証し、希少種に対する保護対策を講じて長江の水生生物の調査と監視測定のプラットホームを構築していく。(記者/劉美子、水金辰)<映像内容>長江の重点水域の風景など、撮影日:2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005927

  • 2020年02月22日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    22日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203675

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園でマガモの群れと共に過ごすアカハジロ(上)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203677

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で羽ばたくアカハジロ(中央)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/汪金芳)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203634

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203651

  • 01:13.48
    2020年02月27日
    「新華社」絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(記者/林碧鋒)<映像内容>絶滅危惧種であるアカハジロの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022804531

  • 01:06.16
    2020年04月05日
    「新華社」内モンゴルの湿地、渡り鳥の楽園に

    中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼中旗の湿地では、湖の雪解けにより新たな景観が加わった。渡り鳥が群れを成し、例年通りにホルチン国家級自然保護区に飛来し羽を休め、静かな草原地帯に賑わいを添えている。同自然保護区は、総面積12万ヘクタール以上で、森林・草原・湿地・湖沼などの多様な生態系があり、渡り鳥の重要ルートなっている。ここ数年、観測・巡回・検査の強化とともに乱獲などの違法行為を厳格に取り締まり、渡り鳥の生息に良好な環境を守っている。観測によると、同自然保護区に飛来した渡り鳥の第1陣は数千羽に達したという。(記者/劉懿徳)<映像内容>湿地の渡り鳥の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040901917

  • 2020年05月23日
    交尾するオオルリシジミ 希少なチョウ、乱獲で激減

    交尾するオオルリシジミ=6日、大分県竹田市久住町

    商品コード: 2020052301481

  • 2020年05月23日
    条例が書かれた看板 希少なチョウ、乱獲で激減

    大分県竹田市久住町に設置されている、オオルリシジミなどの捕獲行為に罰則を科す条例が書かれた看板=6日

    商品コード: 2020052301482

  • 00:56.76
    2020年06月12日
    「新華社」洞庭湖のほとりで暮らすシフゾウの群れ湖南省

    中国湖南省の東洞庭湖国家級自然保護区管理局のシフゾウ保護専門家がこのほど、洞庭湖の奥にある湿地でシフゾウの個体数、生まれた子どもや群れの状況を観察した。得られたデータによると、同地には現在、野生のシフゾウ200頭近くが生息している。シフゾウはシカの一種で、中国固有の希少動物。かつては長江流域や野生動物の多い地域に生息していた。生息地の破壊や乱獲のため、一度は中国から姿を消し、18頭が英国で飼育されるのみとなっていた。中国が1980年代半ばに再導入し、数奇な運命をたどったシフゾウはついに故国に戻った。湖南省はここ数年、総合的法執行、特別整備などを通じて洞庭湖湿地の生態環境の改善を続けている。シフゾウの中国帰還30周年記念式典では、洞庭湖区域のシフゾウが最も若く最も将来性のある個体群として認定された。(記者/丁春雨、蔡瀟瀟、史衛燕)<映像内容>洞庭湖のほとりで暮らすシフゾウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706266

  • 2020年08月06日
    ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    6日、温室でキエビネの苗の生育状況を観察する楊柏雲教授(左から2人目)と学生。キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(南昌=新華社配信/呉亜芬)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705384

  • 2020年08月06日
    ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    6日、楊柏雲教授のチームが構築した無菌培養と共生培養の繁殖システムにより、実験室で行われているキエビネの育苗。キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(南昌=新華社配信/呉亜芬)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705485

  • 2020年08月06日
    ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    6日、温室でキエビネの苗の生育状況を確認する楊柏雲教授(中央)と学生。キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(南昌=新華社配信/呉亜芬)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705491

  • 2020年08月06日
    ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    6日、実験室で育てられたキエビネの苗。キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(南昌=新華社配信/呉亜芬)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705385

  • 2020年08月26日
    ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    江西省内で森林保護員が発見したキエビネ。(資料写真)キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705372

  • 00:34.92
    2020年08月26日
    「新華社」ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(記者/熊家林)<映像内容>ラン科の希少植物の育成の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705313

  • 01:23.35
    2021年06月10日
    商業捕鯨船、下関を出港 3年目、5カ月操業

    沖合操業で商業捕鯨を行う共同船舶(東京)の「第3勇新丸」が10日、山口県の下関港を出港した。11日には広島県の因島港から捕鯨母船「日新丸」も出港。2隻は15日から捕鯨を開始し、11月中旬に下関港に戻る。日本が商業捕鯨を再開してから今年で3年目。太平洋側の日本の排他的経済水域(EEZ)内で操業し、ニタリクジラ150頭とイワシクジラ25頭の捕獲を予定している。乱獲を防ぐために国際捕鯨委員会(IWC)で採択された方法で算出した。8月に水揚げのため仙台港に寄港する。 新型コロナウイルスの感染対策のため出港式などの行事は中止した。<映像内容>「第3勇新丸」の出発風景、撮影日:2021(令和3)年6月10日、撮影場所:山口県下関市

    商品コード: 2021061104974

  • 00:37.67
    2021年07月15日
    「新華社」赤水河流域、全面的な禁漁で生態環境が大幅に改善貴州省

    中国の雲南、貴州、四川3省を流れる赤水河は、長江上流の希少特有魚類国家級自然保護区に指定されている。しかし数年前まで、同河の水生生物資源は乱獲によって破壊されていた。魚類資源の保護強化のため、貴州省区間の天然水域では、2017年1月1日から全面禁漁が実施されている。禁漁により魚類資源は大幅に回復し、多様性のレベルも徐々に向上している。生息する魚類は149種に達し、魚を餌とする多くの鳥類も巣を作るようになった。赤水河には現在、アオウオが泳ぎ、コサギが飛び交う美しい風景が広がっている。(記者/劉勤兵、呉思) =配信日: 2021(令和3)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071506720

  • 1