KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 待乳山
  • 令和
  • 記者
  • 参加
  • 農家
  • ムー
  • 協同組合
  • 米国
  • 食品
  • 風景

「乳山」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
62
( 1 62 件を表示)
  • 1
62
( 1 62 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    浅草待乳山聖天社

    待乳山は言問橋上流右岸にあり、隅田川にある景勝の地。その丘上にあるのが、歓喜矢双身像を本尊とする聖観音宗本龍院、通称聖天さまである。手前に山谷堀に架かる今戸橋が見える。荷風の『すみだ川』にも描かれる。=撮影年月日不明、東京、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号3‐25‐0]

    商品コード: 2017080200778

  • -
    浅草待乳山

    キーワード:浅草、待乳山聖天、船=明治中期~後期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018101900006

  • 1975年05月15日
    播竜山孝晴

    播竜山孝晴、大相撲、ばんりゅうやま・たかはる、本名・田口孝晴(たぐち・たかはる)、三保ヶ関部屋、四股名・揖保川、播竜山(小結)、年寄名・小野川、待乳山=1975(昭和50)年5月15日

    商品コード: 1975082900041

  • 1975年05月29日
    (ばんりゅうやま・たかはる) 播竜山孝晴

    大相撲、小結、本名・田口孝晴、所属部屋・三保ヶ関、四股名・揖保川→播竜山、年寄名・小野川→待乳山=1975(昭和50)年5月15日撮影

    商品コード: 2005033000091

  • 1976年01月13日
    (ますみやま・ごう) 増巳山豪

    大相撲、本名・石谷昌治、所属部屋・三保ケ関→出羽海→三保ケ関、四股名・熊ノ浦→秀ノ海→増巳山、年寄名・阿武松→待乳山(1987年1月定年退職)=1976(昭和51)年1月13日撮影

    商品コード: 2008011000035

  • 1979年01月26日
    播竜山孝晴

    播竜山孝晴、大相撲、ばんりゅうやま・たかはる、本名・田口孝晴、三保ヶ関部屋、四股名・揖保川・播竜山、西小結、年寄名・小野川、待乳山=1979(昭和54)年1月26日

    商品コード: 1979022800031

  • 1979年09月29日
    (ばんりゅうやま・たかはる) 播竜山孝晴

    大相撲、本名・田口孝晴、所属部屋・三保ヶ関、四股名・揖保川→播竜山、年寄名・小野川→待乳山=1979(昭和54)年9月29日撮影

    商品コード: 1979092900037

  • 1981年10月02日
    播竜山孝晴

    播竜山孝晴、大相撲、ばんりゅうやま・たかはる、本名・田口孝晴、三保ヶ関部屋、四股名・揖保川・播竜山孝晴、西小結、年寄名・小野川孝晴、待乳山孝晴=1981(昭和56)年10月2日

    商品コード: 1981102000036

  • 1985年02月10日
    播竜山孝晴

    播竜山孝晴、大相撲、ばんりゅうやま・たかはる、本名・田口孝晴、三保ヶ関部屋、四股名・揖保川・播竜山孝晴、西小結、年寄名・小野川孝晴、待乳山孝晴=1985(昭和60)年2月10日

    商品コード: 1986062000049

  • 1987年06月04日
    (ばんりゅうやま・たかはる) 播竜山孝晴

    大相撲、三保ヶ関部屋、四股名・揖保川、播竜山、年寄名・小野川、待乳山=1987(昭和62)年5月19日撮影

    商品コード: 2003110600029

  • 2000年09月19日
    夢をかなえた中村勘九郎

    「法界坊」の制作発表。左から中村橋之助、串田和美、中村勘九郎、中村福助、中村扇雀=浅草・待乳山聖天(中村勘三郎)

    商品コード: 2000092100095

  • 2007年12月07日
    池波正太郎の生誕碑 浅草に池波正太郎生誕の碑

    浅草の待乳山聖天脇に立つ「池波正太郎生誕の地」碑=東京都台東区

    商品コード: 2007120700092

  • 2019年02月12日
    常香炉

    キーワード:屋外、午後、香炉、寺、寺院、伝統的な、冬、日本、風景、無人、歴史、常香炉、待乳山聖天、テーマメイン写真=2019(平成31)年2月12日、東京都台東区、クレジット:Koutaro Makioka/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122101415

  • 2019年02月12日
    人力車

    キーワード:屋外、人力車、昼、伝統的な、冬、日本、風景、無人、歴史、待乳山聖天、モノメイン写真=2019(平成31)年2月12日、東京都台東区、クレジット:Koutaro Makioka/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122101252

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人。秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800808

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人たち。秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800922

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人。秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800822

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人たち。秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800824

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人たち。秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800832

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人。秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800814

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人たち。(小型無人機から)秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800872

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人たち。(小型無人機から)秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800928

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑で、豊作のショウガを前に笑顔を見せる農家の人。秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800980

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人たち。秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800830

  • 2019年11月08日
    乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省

    8日、乳山華信食品公司でカキの新品種を観察する森勝義氏。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111302918

  • 2019年11月08日
    乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省

    8日、乳山華信食品公司でカキの新品種を手に取る森勝義氏。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111302812

  • 2019年11月08日
    乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省

    8日、乳山華信食品公司でカキの新品種を観察する森勝義氏。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111302902

  • 2019年11月08日
    乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省

    8日、乳山市にある「中国(乳山)カキ産業研究院」を視察するシンポジウムに参加した国内外専門家。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111302856

  • 2019年11月08日
    乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省

    8日、乳山温喜生物公司で展示されたカキ製品を見る森勝義氏。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111302917

  • 2019年11月08日
    乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省

    8日、乳山温喜生物公司で展示されたカキ製品を見る森勝義氏。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111302920

  • 2019年11月08日
    乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省

    8日、世界かき学会会長の森勝義氏(前列左)に乳山市のカキ産業発展状況について説明する同市の周兵(しゅう・へい)党委員会書記(前列右)。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111302900

  • 2019年11月08日
    乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省

    8日、乳山のカキを試食する米国南カリフォルニア大学のデニス・ヘッジコック(DennisHedgecock)教授。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111302810

  • 2019年11月08日
    乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省

    8日、乳山市にある華信食品公司を視察するシンポジウムに参加した国内外専門家。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111302820

  • 2021年02月21日
    (12)済南市博物館で漢代文物展山東省

    16日、双乳山漢墓(済南市)出土の玉枕(前漢時代)。中国山東省の済南市博物館で「生まれは漢王朝-文化財の世界に見る漢代済南展」が開催されている。済南地区の研究所や博物館7カ所が所蔵する漢代の文化財300点余りを展示する。2千年余り前の漢王朝時代の済南に暮らした人々の生活を復元し、悠久の歴史の中で培われた中国文明と輝かしい成果を紹介する。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200374

  • 2021年02月21日
    (5)済南市博物館で漢代文物展山東省

    16日、双乳山漢墓(済南市)出土の玉覆面(前漢時代)。中国山東省の済南市博物館で「生まれは漢王朝-文化財の世界に見る漢代済南展」が開催されている。済南地区の研究所や博物館7カ所が所蔵する漢代の文化財300点余りを展示する。2千年余り前の漢王朝時代の済南に暮らした人々の生活を復元し、悠久の歴史の中で培われた中国文明と輝かしい成果を紹介する。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200357

  • 2021年02月21日
    (10)済南市博物館で漢代文物展山東省

    16日、双乳山漢墓(済南市)出土の馬車の装飾品(前漢時代)。中国山東省の済南市博物館で「生まれは漢王朝-文化財の世界に見る漢代済南展」が開催されている。済南地区の研究所や博物館7カ所が所蔵する漢代の文化財300点余りを展示する。2千年余り前の漢王朝時代の済南に暮らした人々の生活を復元し、悠久の歴史の中で培われた中国文明と輝かしい成果を紹介する。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200359

  • 2021年03月26日
    地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、「膠東花餑餑」作りに励む村の人たち。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)=配信日:2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040205205

  • 2021年03月30日
    (3)イチゴで町おこし山東省乳山市

    25日、山東省乳山市乳山寨鎮のイチゴ栽培拠点で、日本から導入したイチゴの品種を大事に育てる農家。中国山東半島に位置する山東省乳山市乳山寨鎮は、イチゴの町として全国に知られる。地元ではここ数年、イチゴ栽培の専業合作社(協同組合)の支援やハイテク農業プロジェクトの導入、専門人材の育成などを通じて、イチゴ栽培の大規模化、標準化、ブランド化を推進してきた。今では、同鎮のイチゴ栽培面積は4千ムー(約267ヘクタール)に、年間生産額は1億元(1元=約17円)に達している。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033005697

  • 2021年03月30日
    (6)イチゴで町おこし山東省乳山市

    25日、山東省乳山市乳山寨鎮のイチゴ栽培拠点で、日本から導入したイチゴの品種を大事に育てる農家。中国山東半島に位置する山東省乳山市乳山寨鎮は、イチゴの町として全国に知られる。地元ではここ数年、イチゴ栽培の専業合作社(協同組合)の支援やハイテク農業プロジェクトの導入、専門人材の育成などを通じて、イチゴ栽培の大規模化、標準化、ブランド化を推進してきた。今では、同鎮のイチゴ栽培面積は4千ムー(約267ヘクタール)に、年間生産額は1億元(1元=約17円)に達している。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033005698

  • 2021年03月30日
    (7)イチゴで町おこし山東省乳山市

    25日、山東省乳山市乳山寨鎮のイチゴ栽培拠点で、イチゴ狩りを楽しむ市民。中国山東半島に位置する山東省乳山市乳山寨鎮は、イチゴの町として全国に知られる。地元ではここ数年、イチゴ栽培の専業合作社(協同組合)の支援やハイテク農業プロジェクトの導入、専門人材の育成などを通じて、イチゴ栽培の大規模化、標準化、ブランド化を推進してきた。今では、同鎮のイチゴ栽培面積は4千ムー(約267ヘクタール)に、年間生産額は1億元(1元=約17円)に達している。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033005699

  • 2021年03月30日
    (1)イチゴで町おこし山東省乳山市

    25日、山東省乳山市乳山寨鎮のイチゴ栽培拠点で、イチゴを収穫する農家。中国山東半島に位置する山東省乳山市乳山寨鎮は、イチゴの町として全国に知られる。地元ではここ数年、イチゴ栽培の専業合作社(協同組合)の支援やハイテク農業プロジェクトの導入、専門人材の育成などを通じて、イチゴ栽培の大規模化、標準化、ブランド化を推進してきた。今では、同鎮のイチゴ栽培面積は4千ムー(約267ヘクタール)に、年間生産額は1億元(1元=約17円)に達している。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033005693

  • 2021年03月30日
    (4)イチゴで町おこし山東省乳山市

    25日、山東省乳山市乳山寨鎮のイチゴ栽培拠点で、イチゴを収穫する農家。中国山東半島に位置する山東省乳山市乳山寨鎮は、イチゴの町として全国に知られる。地元ではここ数年、イチゴ栽培の専業合作社(協同組合)の支援やハイテク農業プロジェクトの導入、専門人材の育成などを通じて、イチゴ栽培の大規模化、標準化、ブランド化を推進してきた。今では、同鎮のイチゴ栽培面積は4千ムー(約267ヘクタール)に、年間生産額は1億元(1元=約17円)に達している。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033005694

  • 2021年03月30日
    (5)イチゴで町おこし山東省乳山市

    25日、山東省乳山市乳山寨鎮のイチゴ栽培拠点で、日本から導入したイチゴの品種を大事に育てる農家。中国山東半島に位置する山東省乳山市乳山寨鎮は、イチゴの町として全国に知られる。地元ではここ数年、イチゴ栽培の専業合作社(協同組合)の支援やハイテク農業プロジェクトの導入、専門人材の育成などを通じて、イチゴ栽培の大規模化、標準化、ブランド化を推進してきた。今では、同鎮のイチゴ栽培面積は4千ムー(約267ヘクタール)に、年間生産額は1億元(1元=約17円)に達している。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033005696

  • 2021年03月30日
    (8)イチゴで町おこし山東省乳山市

    25日、山東省乳山市乳山寨鎮のイチゴ栽培拠点で、日本から導入したイチゴの品種を大事に育てる農家。中国山東半島に位置する山東省乳山市乳山寨鎮は、イチゴの町として全国に知られる。地元ではここ数年、イチゴ栽培の専業合作社(協同組合)の支援やハイテク農業プロジェクトの導入、専門人材の育成などを通じて、イチゴ栽培の大規模化、標準化、ブランド化を推進してきた。今では、同鎮のイチゴ栽培面積は4千ムー(約267ヘクタール)に、年間生産額は1億元(1元=約17円)に達している。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033005703

  • 2021年03月30日
    (9)イチゴで町おこし山東省乳山市

    25日、山東省乳山市乳山寨鎮のイチゴ栽培拠点で、摘み取ったばかりのイチゴを見せる農家。中国山東半島に位置する山東省乳山市乳山寨鎮は、イチゴの町として全国に知られる。地元ではここ数年、イチゴ栽培の専業合作社(協同組合)の支援やハイテク農業プロジェクトの導入、専門人材の育成などを通じて、イチゴ栽培の大規模化、標準化、ブランド化を推進してきた。今では、同鎮のイチゴ栽培面積は4千ムー(約267ヘクタール)に、年間生産額は1億元(1元=約17円)に達している。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033005702

  • 2021年03月30日
    (2)イチゴで町おこし山東省乳山市

    25日、山東省乳山市乳山寨鎮のイチゴ栽培拠点で、日本から導入したイチゴの品種を大事に育てる農家。中国山東半島に位置する山東省乳山市乳山寨鎮は、イチゴの町として全国に知られる。地元ではここ数年、イチゴ栽培の専業合作社(協同組合)の支援やハイテク農業プロジェクトの導入、専門人材の育成などを通じて、イチゴ栽培の大規模化、標準化、ブランド化を推進してきた。今では、同鎮のイチゴ栽培面積は4千ムー(約267ヘクタール)に、年間生産額は1億元(1元=約17円)に達している。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033005695

  • 2021年03月31日
    (5)地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、「膠東花餑餑」を見せる村の人。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040100875

  • 2021年03月31日
    (4)地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、「膠東花餑餑」作りに励む村の人。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040100873

  • 2021年03月31日
    (6)地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、「膠東花餑餑」を作る村の人。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040100874

  • 2021年03月31日
    (2)地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、「膠東花餑餑」を見せる村の人。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040100877

  • 2021年03月31日
    (8)地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、「膠東花餑餑」を発酵器に入れる村の人。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040100878

  • 2021年03月31日
    (1)地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、スマートフォンのビデオチャットで新製品について話し合う村の人たち。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040100800

  • 2021年03月31日
    (10)地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、成形した「膠東花餑餑」の生地を並べる村の人。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040100879

  • 2021年03月31日
    (9)地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、「膠東花餑餑」の生地に印をつける村の人。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040100880

  • 2021年03月31日
    (7)地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、「膠東花餑餑」を並べる村の人。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040100876

  • 2022年03月07日
    待乳山聖天 荷風が描いた江戸の面影

    待乳山聖天の本堂(奥)=東京都台東区

    商品コード: 2022030707152

  • 2022年03月07日
    大根と巾着の意匠 荷風が描いた江戸の面影

    境内の階段に御利益を表す大根と巾着の彫刻が施されている=東京都台東区の待乳山聖天

    商品コード: 2022030707153

  • 2022年03月08日
    (4)信用システムと思いやり食堂で作る互助社会山東省乳山市

    4日、乳山市南黄鎮院後村の思いやり食堂で、おかずを盛るボランティア。中国では社会信用システムと呼ばれる市民の行動をポイントで評価する制度が導入されているが、山東省乳山市も2021年から農村での信用システム構築を進め、「優れた農家」「高齢者を敬い家族を大切にする」「公益活動への積極的参加」などの評価を個人信用記録に反映している。また、一人暮らしの高齢者などに無料で食事を提供する「思いやり食堂」も各地で増えているが、同市は「社会信用システムを活用した思いやり食堂」という互助養老モデルを模索することで、65歳以上の農村高齢者の食事問題の解決につなげている。同市の高齢者は、思いやり食堂で食事のできる一定のポイントを村から毎年付与されているが、食堂の手伝いや公益活動に参加することで、そのポイントを増やすことができるという。同市では、こうした制度を導入した食堂がすでに100カ所以上開設されている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030806587

  • 2022年03月08日
    (5)信用システムと思いやり食堂で作る互助社会山東省乳山市

    4日、乳山市南黄鎮院後村の思いやり食堂で昼食を取る高齢者。中国では社会信用システムと呼ばれる市民の行動をポイントで評価する制度が導入されているが、山東省乳山市も2021年から農村での信用システム構築を進め、「優れた農家」「高齢者を敬い家族を大切にする」「公益活動への積極的参加」などの評価を個人信用記録に反映している。また、一人暮らしの高齢者などに無料で食事を提供する「思いやり食堂」も各地で増えているが、同市は「社会信用システムを活用した思いやり食堂」という互助養老モデルを模索することで、65歳以上の農村高齢者の食事問題の解決につなげている。同市の高齢者は、思いやり食堂で食事のできる一定のポイントを村から毎年付与されているが、食堂の手伝いや公益活動に参加することで、そのポイントを増やすことができるという。同市では、こうした制度を導入した食堂がすでに100カ所以上開設されている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030806593

  • 2022年03月08日
    (1)信用システムと思いやり食堂で作る互助社会山東省乳山市

    4日、乳山市南黄鎮院後村の思いやり食堂で、ポイントを記録する互助養老手帳を見せる高齢者。中国では社会信用システムと呼ばれる市民の行動をポイントで評価する制度が導入されているが、山東省乳山市も2021年から農村での信用システム構築を進め、「優れた農家」「高齢者を敬い家族を大切にする」「公益活動への積極的参加」などの評価を個人信用記録に反映している。また、一人暮らしの高齢者などに無料で食事を提供する「思いやり食堂」も各地で増えているが、同市は「社会信用システムを活用した思いやり食堂」という互助養老モデルを模索することで、65歳以上の農村高齢者の食事問題の解決につなげている。同市の高齢者は、思いやり食堂で食事のできる一定のポイントを村から毎年付与されているが、食堂の手伝いや公益活動に参加することで、そのポイントを増やすことができるという。同市では、こうした制度を導入した食堂がすでに100カ所以上開設されている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030806029

  • 2022年03月08日
    (3)信用システムと思いやり食堂で作る互助社会山東省乳山市

    4日、乳山市南黄鎮院後村の思いやり食堂で、昼食を配膳するボランティア。中国では社会信用システムと呼ばれる市民の行動をポイントで評価する制度が導入されているが、山東省乳山市も2021年から農村での信用システム構築を進め、「優れた農家」「高齢者を敬い家族を大切にする」「公益活動への積極的参加」などの評価を個人信用記録に反映している。また、一人暮らしの高齢者などに無料で食事を提供する「思いやり食堂」も各地で増えているが、同市は「社会信用システムを活用した思いやり食堂」という互助養老モデルを模索することで、65歳以上の農村高齢者の食事問題の解決につなげている。同市の高齢者は、思いやり食堂で食事のできる一定のポイントを村から毎年付与されているが、食堂の手伝いや公益活動に参加することで、そのポイントを増やすことができるという。同市では、こうした制度を導入した食堂がすでに100カ所以上開設されている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030805992

  • 2022年03月08日
    (2)信用システムと思いやり食堂で作る互助社会山東省乳山市

    4日、乳山市南黄鎮院後村の思いやり食堂で、昼食を取る高齢者。中国では社会信用システムと呼ばれる市民の行動をポイントで評価する制度が導入されているが、山東省乳山市も2021年から農村での信用システム構築を進め、「優れた農家」「高齢者を敬い家族を大切にする」「公益活動への積極的参加」などの評価を個人信用記録に反映している。また、一人暮らしの高齢者などに無料で食事を提供する「思いやり食堂」も各地で増えているが、同市は「社会信用システムを活用した思いやり食堂」という互助養老モデルを模索することで、65歳以上の農村高齢者の食事問題の解決につなげている。同市の高齢者は、思いやり食堂で食事のできる一定のポイントを村から毎年付与されているが、食堂の手伝いや公益活動に参加することで、そのポイントを増やすことができるという。同市では、こうした制度を導入した食堂がすでに100カ所以上開設されている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030805961

  • 1