KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 台車亀裂
  • 油井亀美也
  • 京都府亀岡市
  • 亀井静香
  • 亀岡剛社長
  • 亀茲石窟
  • 新疆亀茲
  • のぞみ亀裂
  • 三重県亀山市
  • 亀井亜紀子

「亀」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
76
( 1 76 件を表示)
  • 1
76
( 1 76 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:53.58
    2021年04月25日
    尼崎JR脱線事故から16年 社長の追悼の言葉・献花

    乗客ら107人が死亡し、562人が重軽傷を負った尼崎JR脱線事故は25日、発生から16年となった。JR西日本の長谷川一明(はせがわ・かずあき)社長は兵庫県尼崎市の事故現場にある慰霊施設「祈りの杜(もり)」で「反省を深く心に刻み、安全な鉄道を築き上げるため不断の努力を積み重ねていく」と述べ、役員らと献花した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、追悼慰霊式は昨年に続いて2年連続で中止に。同県では緊急事態宣言が発令され、一部の遺族らが祭壇や献花台が設けられた同施設を訪れ、静かに祈りをささげた。JR西の役員は遺族の一人から預かった慰霊の言葉を代読。2017年の新幹線のぞみの台車亀裂問題に触れ「教訓を生かせなかった残念な結果だ。あなたが天国から何とか事故を未然に防いでくれたような気がします」とつづっている。<映像内容> 長谷川一明(はせがわ・かずあき)社長の「お詫びと追悼のことば」、代読された「慰霊のことば」、JR西日本役員による献花。長谷川社長のぶら下がり会見、撮影日:2021(令和3)年4月25日、撮影場所:兵庫県尼崎市

    撮影: 2021(令和3)年4月25日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:09.62
    2021年04月21日
    「新華社」新疆キジル石窟研究所、恒例の春季石窟パトロール

    中国新疆ウイグル自治区にある新疆キジル石窟研究所の若手職員たちは、季節の変わり目ごとに管轄下の石窟や遺跡をパトロールしている。毎回のパトロールには、石窟や遺跡の測量と保護が含まれ、石窟壁画に膨らみや顔料の剥離、風化などを発見した場合は速やかに登録し、今後の修復・保護活動に備える。同自治区天山山脈南麓の古代亀茲(きじ)国があったエリアでは、かつて仏教が盛んだったことから、今でものろし台や仏教寺院、仏教仏窟などが多く残る。亀茲石窟と総称される石窟群には、キジル(克孜爾)石窟やクムトラ(庫木吐喇)石窟、シムシム(森木塞姆)石窟、キジルガハ(克孜爾尕哈)石窟などが含まれる。(記者/宿伝義、潘瑩、侯昭康) =配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:14.00
    2021年03月07日
    「新華社」操作ミスでオートバイ転倒、路面を100メートル近く滑走浙江省義烏市

    中国浙江省義烏市で2月28日昼ごろ、1台のオートバイが操作を誤り事故を起こした。スピードを出していたため、運転していた男性は転倒した後そのまま路面を97メートル滑走。骨盤の亀裂骨折と左肩甲骨を骨折する大けがを負った。(記者/丁鵬程) =配信日: 2021(令和3)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:54.05
    2021年02月16日
    空撮 住宅火災で3人死亡 香川・丸亀、親子か

    16日午前3時10分ごろ、香川県丸亀市郡家町、職業不詳西風公照(にしかぜ・まさてる)さん(64)宅から火が出ていると近隣住民から119番があった。木造2階建てが全焼し、焼け跡から3人の遺体が見つかった。丸亀署によると、西風さんは妻(61)、息子(34)と暮らしており、3人とも連絡が取れていない。 県警は火災の原因を調べるとともに、遺体は西風さん親子とみて、17日以降に遺体を司法解剖し、身元の特定を進める。<映像内容>香川県丸亀市で全焼した民家の空撮、撮影日:2021(令和3)年2月16日、撮影場所:香川県丸亀市

    撮影: 2021(令和3)年2月16日

  • 00:44.80
    2021年01月30日
    「新華社」鉄道警備員、銀嶺トンネルの安全を守る浙江省松陽県

    中国浙江省麗水市松陽県内に位置する銀嶺トンネルは、同省衢州(くしゅう)市と福建省寧徳市を結ぶ衢寧(くねい)鉄道の路線上にある。トンネルの上方100メートルほどの場所には巨大な岩がそびえ立ち、いつ崩れ落ちてもおかしくない危険な状態で、鉄道の安全運行を脅かす存在となっている。このため、一帯の鉄道を管轄する中国鉄路上海局集団杭州工務区間は、管内唯一となる1級治水監視所を設け、警備員4人を2班に分けて24時間体制で監視に当たらせている。警備員は毎回列車が通過する前に岩の状態を確認し、さらに毎日現場で亀裂や位置にずれが生じていないかを検査している。監視所は山の奥深くにあり、昼間でも訪れる人は少なく、夜は肌を突き刺すほどの冷たい風が吹きすさぶ。警備員らは孤独と寒さの中、細心の注意を払って、線路や列車の運行の安全確保に努めている。(記者/林光耀、江漢) =配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:29.54
    2021年01月23日
    「新華社」特大橋を爆破して撤去湖南省常徳市

    中国湖南省常徳市安郷県の旧石亀山大橋が22日、発破工法で撤去された。旧石亀山大橋は全長1572・44メートルで、省道S306号線にあり、澧水(れいすい)航路上に架かっていた。同省で特大橋が撤去されたのは約30年ぶり。旧橋の近くには2017年に開通した新しい石亀山大橋(全長2022メートル)がある。(記者/丁春雨) =配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.82
    2020年12月10日
    「新華社」北京動物園で動物たちの寒さ対策

    12月に入り寒さが本格化するのに合わせ、中国北京動物園では動物たちが暖かく冬を過ごせるよう設備を整えている。防寒・保温対策は動物の生活習慣に合わせており、カバの一家の「入浴」には一定温度に保った水を使用。また、熱帯性のサルや爬虫類の飼育室ではヒーターなどの暖房設備で室温を20度以上に保っている。屋外獣舎にはトラやシベリアアイベックスなど自身の冬毛で防寒できる動物を配置し、入園者を迎えている。(記者/馬曉冬魏夢佳)<映像内容>北京動物園の動物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:33.72
    2020年11月11日
    女川2号機再稼働に同意 宮城知事、立地首長と表明

    宮城県の村井嘉浩(むらい・よしひろ)知事は11日午後、東北電力女川原発2号機(同県女川町、石巻市)の再稼働に同意すると表明した。石巻市内で須田善明(すだ・よしあき)町長、亀山紘(かめやま・ひろし)市長との3者会談後にそろって記者会見した。再稼働に必要な地元同意手続きは完了し、村井氏は今後、梶山弘志経済産業相や東北電力に報告する。<映像内容>3者会談の会場外観、階段の頭撮り、3人による記者会見(左から須田女川町長、村井知事、亀山石巻市長)、撮影日:2020(令和2)年11月11日、撮影場所:宮城県石巻市

    撮影: 2020(令和2)年11月11日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:08.12
    2020年07月27日
    「新華社」湖南省祁陽市の宅地内で陥没、67人が緊急避難死傷者の報告なし

    中国湖南省永州市祁陽(きよう)県八宝鎮火田坳村で27日、民家の敷地内の地面が突然陥没し、住宅の入り口が著しく変形した。周辺の家屋の地下全体に空洞が広がり、壁には多くの亀裂が走ったほか、地面に直径3メートルほどの大きな陥没穴が出現した。地元政府は直ちに救援チームを編成し、周辺の10世帯67人の村民を緊急避難させた。また、現場周辺に非常線を張り、警備員を24時間体制で配置、村民の通行や接近を禁じた。これまでに死傷者は出ていない。同省地質鉱産探査開発局の専門家が28日午前、陥没現場の調査を行い、埋め戻し作業を指導した。(記者/柳王敏)<映像内容>民家の敷地内の地面が陥没、被害の様子、撮影日:2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:15.04
    2020年07月22日
    「新華社」中国最長の洞窟「双河洞」を訪ねて貴州省綏陽県

    中国貴州省遵義市綏陽県の洞窟「双河洞」は、国内外の専門家による30年以上にわたる考察を経て、中国最長であることが分かった。また、世界最長の白雲岩(ドロマイト)洞窟、世界最大の天青石(セレスタイト)洞窟として、天然のカルスト地形博物館とも呼ばれている。内部には地下渓谷、陥没穴の上から流れ落ちる滝、亀裂など貴重な景観が数多く存在しており、最新の計測値は総延長280キロ、深さ665メートル。72の開口部が発見されている。(記者/呉思)<映像内容>中国最長の洞窟「双河洞」の景観、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:28.94
    2020年07月12日
    「新華社」河北省唐山市でM5・1の地震死傷者の報告なし

    中国河北省唐山市古冶区で12日午前6時38分(日本時間同7時38分)、マグニチュード(M)5・1の地震があった。その後、7時2分、26分にそれぞれM2・2と2・0の余震が観測された。唐山市応急管理局によると、これまでに震源地で人的被害の報告はないが、老朽化した家屋の一部に亀裂が生じた。(記者/李継偉、楊帆)<映像内容>河北省唐山市でM5・1の地震発生、撮影日:2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:14.37
    2020年05月25日
    「西日本新聞」福岡の川でワニガメ見つかる 「捨て亀」か、警察が捕獲

    福岡県大川市の川で北米原産のワニガメ(甲羅の長さ45センチ、体重約18キロ)が見つかった。捕獲した筑後署は25日、保健所や動物園などに引き取りを打診したが断られた。カメは24日、川釣り中の近隣男性のさおに掛かった魚に食らいついてきたという。人に危害を加える恐れのある「特定動物」に指定されており、飼育は許可制だが、紛失届もなく署は捨てられたとみている、撮影日:2020(令和2)年5月25日、撮影場所:福岡県大川市、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年5月25日、福岡県大川市

  • 00:30.76
    2020年05月07日
    「新華社」巣湖を望む亀山公園安徽省巣湖市

    中国安徽省巣湖市の亀山公園は、山を背に巣湖を望む風光明媚な地に位置する。観光客は山に登り、かすみに包まれた水面が夕日に照らされるさまを眺めることができる。亀山の頂上から見ると、西側の巣湖に夕日が落ち、雲間から放たれる光で湖面が黄金色に染まる絶景が広がる。(記者/戴威、湯文)<映像内容>亀山公園の景色、日が沈む様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:45.51
    2020年04月30日
    空撮 交番相談員切り付けられる 殺人未遂容疑で57歳男逮捕

    30日午前9時半ごろ、東京都葛飾区の警視庁亀有署南水元交番で、訪ねてきた男が交番相談員の男性に刃物で切り付けた。相談員は負傷し病院に搬送されたが、命に別条はないとみられる。男は現場から逃走したが、同署が間もなく身柄を確保し、殺人未遂や公務執行妨害などの容疑で現行犯逮捕した。<映像内容>現場付近の空撮。※一部揺れ、ブレがあります、撮影日:2020(令和2)年4月30日、撮影場所:東京都葛飾区

    撮影: 2020(令和2)年4月30日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:45.65
    2020年04月29日
    「新華社」江口沈銀遺跡で「蜀世子宝」金印が出土四川省眉山市

    中国四川省眉山市彭山区は29日、記者会見を開き、同区の江口沈銀遺跡で2019~20年度に実施した考古発掘調査で、金銀器を中心とする1万点余りの遺物が出土したと発表した。うち「蜀世子宝」と記された金印は、国内で初めて見つかった世子の金印だという。世子は明清時代の世襲親王の嫡男を指す。遺跡は省都の成都市から約60キロ、岷江と府河が合流する地点にある。民間の歴史書には、明末期の農民反乱軍の首領、張献忠(ちょう・けんちゅう)が1646年、船に財宝を積み岷江を南下した際に彭山で明朝の将軍、楊展(よう・てん)の待ち伏せに遭い敗れ、船も沈んだと記されている。地元では数百年にわたり千隻分の金銀財宝が川底に沈んでいると伝えられてきた。四川省文物考古研究院は2016年から同遺跡の考古発掘調査を実施し、伝説が事実であることを証明した。発掘調査を指揮した劉志岩(りゅう・しがん)氏によると、今年は1月10日に発掘を開始し、約3カ月で5千平方メートルを発掘したほか、1万平方メートルで調査を実施した。1万点余りの出土品のうち重要な遺物は約2千点。金・銀製の貨幣や地金、食器、首飾り、装飾品などが含まれ、中でも方形の印台に亀の形の印紐(いんちゅう)が付き、印面に「蜀世子宝」と記された金印が最も重要な発見とされた。印台の大きさは10センチ四方で厚さは3ミリ、金の含有率は95%と非常に高かった。「蜀」は明代に成都に置かれた蜀王府、「世子」は親王の嫡男を示すことから、金印が蜀王の世子の所有物として、その身分を象徴し、歴代受け継がれてきた貴重な宝であったことが分かる。今年度の調査では、張献忠が国号を「大西」とした地方政権が所有した銀地金も多数発見された。同政権の財政制度や統治区域を研究する上で重要な意義を持つという。また、昨年度の発掘で明代の火器「火銃」が発見され、今年度に大きさの異なる鉛の弾が出土したことは、同地が古戦場だとする新たな証拠となった。<映像内容>江口沈銀遺跡で金印などの遺物が出土、発掘調査の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:57.12
    2020年04月01日
    「新華社」キジル石窟、一般公開を再開新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区にある大型仏教石窟寺院遺跡、キジル石窟は1日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け1月25日から停止していた一般公開を再開した。同石窟の保護・管理と研究を行う新疆亀茲(きじ)研究院によると、今回の一般公開に先立ち3月21日から10日間の試験公開を実施したという。同研究院の職員は、現時点の見学客受け入れプロセスや洞窟の収容人数、見学時間などについて運営部門が合理性を測定していると説明。今後も感染防止策を着実に実施した上で、安全かつ秩序的に石窟を公開していくと語った。ユネスコ世界文化遺産にも登録されている同石窟は自治区南部のバイ県にある。3世紀に造営され、これまで349窟が発見されている。(記者/阿曼、張暁竜、李志浩)<映像内容>キジル石窟の風景、撮影日:2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:27.71
    2020年01月31日
    JBCに4千万円賠償命令 亀田3兄弟訴訟、東京地裁

    日本ボクシングコミッション(JBC)による処分を巡り、元世界王者の亀田興毅さんら3兄弟側が、JBCと理事長らに総額約6億6400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は31日、計4550万円の支払いを命じた。判決によると、兄弟の次男大毅さんの世界戦を巡るトラブルで、JBCは2014年2月、亀田ジムの会長と、マネジャーの資格更新を認めない決定をした。これにより、3兄弟は国内で試合ができなくなった。<映像内容>判決後に行われた記者会見。出席者は亀田興毅さんと北村晴男弁護士、撮影日:2020(令和2)年1月31日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2020(令和2)年1月31日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:13.04
    2019年12月24日
    「新華社」武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。関羽像の高さは約2メートル。よろいを身に着け、右手に馬を洗うブラシを持ち、川に向かって立っている。兵士は腰をかがめて馬にくらを乗せる準備をしている。赤兎馬は前足を高く上げ、躍動感に満ちている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。同地は武漢の「三国文化」を代表する場所であり、周辺の「洗馬長街」付近には晴川閣や鉄門関、魯粛(ろしゅく)墓など多くの歴史・文化遺跡が保存されているほか、近年整備された「大禹神話園」もある。晴川閣の西の亀山では「兵法三十六計」を説明する「計謀殿」の建設も進んでいる。(記者/馮国棟)<映像内容>関羽洗馬処の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:30.97
    2019年12月14日
    「西日本新聞」久留米の池でワニガメ見つかる こう見えて温厚です

    福岡県久留米市は13日、動物愛護法で人に危害を加える恐れがある「特定動物」に指定される北米原産のワニガメ1匹(体長76センチ、体重13・2キロ)が、市内の農業用貯水池で見つかったと発表した。 12日に池で作業中の工事業者が土中から発見。回収した市によると、無断で飼育した個体が逃げ出したか捨てられたとみられる。「動きが鈍いので、冬眠中だったのかも」と市担当者。温厚な性格で、積極的に人に危害は加える心配はないというが、甲羅を持ち上げたり触ったりすると、かみつきそうに口を大きく開ける動きも。眠りを邪魔されてご機嫌ななめ?、撮影日:2019(令和元)年12月14日、撮影場所:福岡県久留米市、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2019(令和元)年12月14日、福岡県久留米市

  • 03:24.87
    2019年10月30日
    漫画家の秋本治さんに紫綬褒章

    政府は2019年秋の褒章受章者を2日付で発表した。学問や芸術などで功績を残した人に贈られる紫綬褒章に漫画家の秋本治さんらが選ばれた。<映像内容>東京都内で行われた漫画家の秋本治さんの記者会見、撮影日:2019(令和元)年10月30日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2019(令和元)年10月30日

  • 01:53.51
    2019年10月15日
    文科副大臣「厳正処分を」 教諭いじめ、教育長と面談

    神戸市立東須磨小の教諭4人が同僚をいじめていた問題で、文部科学省の亀岡偉民副大臣らが15日、市教育委員会を訪れて長田淳教育長と面談し、経緯の説明を受けた。亀岡氏は冒頭に「いじめをなくす指導をすべき教師がこのような事態を起こし信じがたい。厳正な処分を検討してほしい」と述べた。<映像内容>神戸市教委の長田教育長との面談の冒頭で苦言を呈する亀岡副大臣、学校外観、撮影日:2019(令和元)年10月15日、撮影場所:神戸市

    撮影: 2019(令和元)年10月15日

  • 00:50.07
    2019年09月02日
    「新華社」シルクロードの古城「永泰亀城」を訪ねて

    中国甘粛省白銀市景泰県寺灘郷にある永泰古城は、明の万暦36(1608)年に建造され、400年以上の歴史を持つ。同古城はシルクロード沿いに現存する代表的な明代の軍事要塞で、良好に保存されており、形が亀に似ていることから「永泰亀城」とも呼ばれる。城壁は長さ1・7キロメートル、高さ12メートルに及び、明代の長城による国境防衛体制の重要部分を担っていた。永泰古城は2006年に全国重点文物保護単位に指定された。(記者/范培珅)<映像内容>明代の軍事要塞、永泰古城の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.87
    2019年08月30日
    「心配掛けた」と謝罪 台車亀裂で南海取締役が会見

    南海電鉄の特急ラピートの台車に亀裂が見つかった問題で、同社取締役の梶谷知志鉄道営業本部長が30日、記者会見し「関係する皆さまに多大な心配、不安な思いをお掛けしたことを深くおわびする」と謝罪した。<映像内容>大阪市内で開かれた南海電鉄の記者会見、梶谷取締役らによる謝罪と事実関係の説明、撮影日:2019(令和元)年8月30日、撮影場所:大阪市内

    撮影: 2019(令和元)年8月30日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:08.03
    2019年08月29日
    空撮 猛烈な雨から一夜死者3人 佐賀県の孤立病院など現場

    九州北部を襲った猛烈な雨で29日、佐賀県武雄市の浸水住宅から女性1人の遺体が見つかった。一連の大雨による死者は3人となった。猛烈な雨による冠水で孤立状態となっている佐賀県大町町の順天堂病院は29日、飲料水や食料のほか、医療用の水をボートで供給する態勢を整えた。<映像内容>猛烈な雨による冠水で孤立状態となっている順天堂病院(佐賀県大町町)、裏山の土砂が崩れて押しつぶされた寺(佐賀県武雄市の長泉寺)、路面に亀裂が入り盛り上がっているのが見つかった長崎自動車道(佐賀県武雄市)、撮影日:2019(令和元)年8月29日、撮影場所:佐賀県 大町町 武雄市

    撮影: 2019(令和元)年8月29日

  • 00:45.91
    2019年08月08日
    「新華社」釣り人が16キロの巨大スッポンを発見陝西省紫陽県

    陝西省安康(あんこう)市紫陽(しよう)県に住む村民がこのほど、釣りをしていた際、思いがけず大きなスッポンを発見した。同県の林業作業員が重さを量ったところ、スッポンは甲羅の幅が38センチ、体長が52センチで、体重は16キロに達していた。特徴や体型から見て、一応国家2級重点保護動物のイボクビスッポンと判断した。同県の関連部門がすでにイボクビスッポンを適切に飼育しており、今後の保護活動も進めている。(記者/孫正好)<映像内容>巨大スッポン発見の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:05.98
    2019年07月17日
    「新華社」「おばあちゃんの澎湖湾」で知られる澎湖、福州で観光プロモーション

    澎湖(ほうこ)県政府は17日、福建省福州市で観光プロモーションを開き、四季の彩り豊かな澎湖の観光資源を紹介し、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の観光市場開拓を積極的に模索した。かつて大ヒットしたフォークソング「外婆的澎湖湾」(おばあちゃんの澎湖湾)の影響もあり、同地の知名度は海峡両岸で非常に高い。同県の陳美齢(ちん・びれい)観光処長によると、澎湖は2011年、世界的に有名な旅行ガイドブック、LONELYPLANET(ロンリープラネット)が選ぶ世界十大秘島の一つに選ばれた。また、多様な特色のある観光、ユニークな自然と文化的景観、そして四季を通じて楽しめる素晴らしい観光イベントが、澎湖を独特の観光名所にしているという。元宵節(旧暦1月15日)期間にもち米で亀を作り新しい年の平安を祈る「乞亀」の行事、国際海上花火フェスティバル、今年7月から9月にかけて開催される澎湖オーシャンパーティーカーニバル、「地元の食卓」をコンセプトに企画された秋冬グルメフェア、さらには澎湖の冬季特有の風俗「覆面頭巾」をかぶっての農漁業体験ツアーまで、澎湖では季節を問わず旅行客が地元の文化を体験することができる。同県観光協会の陳仁和(ちん・じんか)理事長は次のように述べた。澎湖には毎年約110万人の観光客が訪れるが、そのほとんどが台湾本島からで、中国大陸の市場には大きな開拓の余地がある。しかし、現時点で澎湖への移動手段は、金門島とアモイを結ぶ「小三通」(福建沿岸と金門、馬祖を結ぶ)ルートの船で行くか、台湾本島から飛行機で行くしかない。交通がやや不便で観光客が少ないため、今後この面で大きな飛躍が望まれる。(記者/陳旺)<映像内容>澎湖の観光プロモーション、撮影日:2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:40.63
    2019年06月07日
    「新華社」ちまきをおいしそうに食べる動物たち福建省アモイ

    中国福建省アモイ市の霊鈴動物王国で端午節(旧暦5月5日)に当たる7日、動物たちにも伝統の祝日の雰囲気を楽しんでもらおうと、飼育員たちがさまざまな味のちまきを用意した。飼育員は、それぞれの動物の習性と好みに合わせてちまきを手作りした。普段から好む果物や新鮮な草、肉、魚介類などに、トウモロコシや小麦、カルシウムの粉末、魚粉などの具を練り込んだ特製のちまきを、動物たちは美味しそうに食べていた。(記者/付敏、陳旺)<映像内容>特製のちまきを食べる動物たち、撮影日:2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:51.47
    2019年05月24日
    「新華社」世界遺産の文化財保護新疆·キジル石窟

    初夏を迎え、中国新疆ウイグル自治区アクス地区バイ県キジル郷にあるキジル石窟は観光シーズンを迎えた。キジル石窟は3世紀に建設が始まり、同地一帯で栄えた亀茲(きじ)国の仏教芸術の発展を垣間見ることができる。山のさらに奥地では、文化財保護を手掛ける職員が現在、損壊の危機にひんしている壁画の補強を行っている。世界文化遺産に登録されているキジル石窟は、現時点で中国最古の大型仏教石窟寺院遺跡であり、349の洞窟が残存している。キジル石窟芸術の際立った業績であり、壁画は独創性と多様性を併せ持ち、面積は約1万平方メートルに及ぶ。新疆亀茲研究院はここ20年余りで「亀茲石窟文物保護実験室」「壁画保護修復センター」「キジル石窟環境モニタリングセンター」を相次いで設立し、石窟保護作業は、監視による見守り型の保護から科学的保護による発展の道へと急速に移行した。(記者/阿曼、李志浩、張暁竜)<映像内容>キジル石窟の風景、壁画補強の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 04:20.82
    2019年03月06日
    「新華社」受け継がれてきた老舗の中国医薬製造法山東省済寧市

    中国医薬文化は学識が幅広くて奥が深く、中国医薬の製造工程も非常に緻密だ。このほど、中国山東省済寧(さいねい)市にある400年以上の歴史を持つ老舗「広育堂」を訪れ、中国医薬の「古方」(古くから伝わる処方)を体験した。広育堂にある二仙膏(にせんこう)の古方製造技術工房では、数人の薬剤師が二仙膏の薬液を煎出、濃縮して、ペースト状にしていた。薬剤師はその前に、蒸して天日干しする工程を何度も繰り返す「九蒸九晒」による何首烏(かしゅう、ツルドクダミの根)の毒抜きや、牛鞭(ぎゅうべん)の臭み取り、亀板膠(きばんきょう)や蜂蜜の酸化など、薬剤の加工処理を済ませていた。広育堂の二仙膏製造技術は400年以上にわたって受け継がれてきた。その処方は古代の珍しい滋養剤にまでさかのぼり、明清時代には宮廷への貢ぎ物になったこともあった。同製造技術は2014年に国家級無形文化遺産に登録され、2018年には第1回国家伝統工芸振興リストにも登録された。<映像内容>中国医薬老舗「広育堂」の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:17.10
    2018年10月15日
    輪島さんに最後の別れ 告別式に八角理事長ら

    大相撲の第54代横綱輪島で、8日に下咽頭がんと肺がんの影響による衰弱のため70歳で死去した輪島大士さん(本名輪島博)の葬儀・告別式が15日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)らが参列した。〈映像内容〉八角理事長や亀井静香元金融担当相の会場入り、会場外の雑観。出棺時の様子や、出棺時の風船飛ばし、囲みは俳優・タレントの錦野旦さん、デーモン閣下さん、撮影日:2018(平成30)年10月15日、撮影場所:東京都港区

    撮影: 2018(平成30)年10月15日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:21.59
    2018年08月08日
    「新華社」九寨溝地震一周年特別報道―「おとぎの国」から生まれた新たな風景

    2017年8月8日、「おとぎの国」と称される中国四川省九寨溝の静寂を突如として切り裂いたマグニチュード7の地震は、世界自然遺産保護区に大きな被害をもたらした。九寨溝地震から1年を迎え、再び「おとぎの国」に足を踏み入れた。九寨溝管理局の職員の先導で九寨溝景観区に入ると、流れ落ちる瀑布や青く透明な湖だけでなく、地震で新たにできた地形までもが見え、すでに地盤が安定し麗しい風景を形作っていることがわかる。九寨溝の従来の景勝地である双龍海は、木々の間から緩やかに流れ出た水流が、断崖絶壁箇所で下方へ勢いよく落下し、L字型をした瀑布となっている。九寨溝景勝地にある27カ所の世界自然遺産において、火花海以外の景観変化は比較的小さい。下季節海、諾日朗瀑布、珍珠灘瀑布、五花海などの観光スポットでは、秀麗な景色は数年前と全く変わっていない。五花海では、石灰華(炭酸カルシウムの沈積物)が澄みきった湖水をびっしりと埋め尽くしている。九寨溝管理局地質災害観測員の任貴元氏は、五花海の中心付近の湖底から澄みきった水が数カ所湧き出しており、これらの湧き水が九寨溝の水を傑出したものにしている秘密の一つだと明らかにした。(記者/周相吉、李力可、薛晨)<映像内容>九寨溝地震で新たにできた地形、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:01.22
    2018年06月21日
    安藤さん設計「光の教会」被害 大阪北部地震

    建築家の安藤忠雄さんが設計し、「光の教会」の愛称で知られる大阪府茨木市の茨木春日丘教会が、大阪北部地震で、ガラスが割れたりパイプオルガンの音が鳴りにくくなる被害を受けていたことが21日、分かった。外光を取り入れて十字を作り出すことで有名な礼拝堂の「光の十字架」は無事だった。教会によると、礼拝堂は1989年に完成。95年の阪神大震災でもガラスが1、2枚割れたが、今回は6枚割れたという。<映像内容>茨木春日丘教会の外観、礼拝堂のガラス窓が割れた様子、建物に亀裂が入った様子、同教会の大石健一牧師のインタビューなど、撮影日:2018(平成30)年6月21日、撮影場所:大阪府茨木市 茨木春日丘協会

    撮影: 2018(平成30)年6月21日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:51.07
    2018年06月21日
    JR西株主総会で社長陳謝 大阪府北部地震の対応など

    JR西日本は21日、大阪市内のホテルで株主総会を開いた。冒頭、来島達夫(きじま・たつお)社長が新幹線の台車亀裂問題や人身事故で車両が破損したまま運行したトラブルについて陳謝した。2005年の尼崎JR脱線事故について「改めて深くおわび申し上げます」と謝罪し、出席した株主らと共に黙とう。大阪府北部地震に関しても、夜間まで運転見合わせが続いたことについて謝罪した。 <映像内容>株主総会の会場に入る株主ら。陳謝する来島社長(株主総会映像は、モニター画面の接写です)、株主総会後、囲み取材に応じる尼崎JR脱線事故の遺族、藤崎光子(ふじさき・みつこ)さんの様子など。※株主は人物が特定されないようにして、ご使用下さい、撮影日:2018(平成30)年6月21日、撮影場所:大阪市内

    撮影: 2018(平成30)年6月21日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:49.15
    2018年04月25日
    尼崎JR脱線事故13年 改めて誓う「安全最優先」

    乗客106人と運転士が死亡し、562人が重軽傷を負った尼崎JR脱線事故は25日、発生から13年となった。JR西日本は兵庫県尼崎市で追悼慰霊式を営み、来島達夫(きじま・たつお)社長が昨年12月に新幹線の台車に破断寸前の亀裂が見つかった問題に触れ「鉄道の安全に対する信頼を揺るがした。事故を心に刻み、安全最優先の風土を構築する」と改めて誓った。慰霊式の前には、来島社長や真鍋精志(まなべ・せいじ)会長らJR西の幹部31人が現場を訪れて献花した。電車が激突した9階建てのマンションは保存工事で4階建てとなり、アーチ状の屋根が据え付けられた。<映像内容>来島社長らJR西幹部による現場での献花、献花後の来島社長の囲み、事故発生時刻ごろに警笛を鳴らしながら事故現場を徐行運転する電車、高所作業車からの現場雑感、撮影日:2018(平成30)年4月25日、撮影場所:兵庫県尼崎市

    撮影: 2018(平成30)年4月25日

  • 04:28.66
    2018年04月12日
    マリモの阿寒湖で氷割り 遊覧船、春の航路づくり

    国の特別天然記念物マリモが生息する北海道釧路市の阿寒湖で16日、結氷のため運休している遊覧船「ましゅう丸」(188トン)が、湖面の氷を割って航路をつくる作業を本格的に始めた。運航する阿寒観光汽船(同市)によると、湖は例年、気温が氷点下15度近くになる12月下旬ごろに結氷し、氷の厚さは最大60~80センチほどになる。同社によると、16日の氷は例年より薄い約20~30センチ。船は午前10時に出航し、ガリガリと音を立てて進むと湖面には亀裂が入り、割れ目からは深緑色の水面が現れた。今月21日から約1週間、観光客もましゅう丸に乗って「氷割り」を体験できる。ましゅう丸は5月1日から11月末まで、湖内のチュウルイ島にある「マリモ展示観察センター」や湖畔を約85分かけて巡る定期便として運航する。<映像内容>氷を割る「ましゅう丸」の作業雑感と俯瞰映像、撮影日:2018(平成30)年4月12日、撮影場所:北海道釧路市

    撮影: 2018(平成30)年4月12日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:54.06
    2018年04月11日
    空撮 山崩落 1人死亡、5人不明 自衛隊に救助要請

    11日午前3時50分ごろ、大分県中津市耶馬渓町金吉で住宅の裏山が幅約200メートル、高さ約100メートルにわたって崩れた。4棟が土砂に巻き込まれ、6人と連絡が取れなくなった。県警や消防が計約200人態勢で捜索。同日午後、土砂に埋もれた状態で男性(45)が見つかり、死亡が確認された。県から災害派遣要請を受けた自衛隊も現場で作業を始めた。中津市によると、安否が分かっていないのは、21~90歳の女性5人。県によると、崩落した山の上部に亀裂が確認された。天候が悪化すればさらに崩壊する可能性もあるとして、慎重に捜索を進めている。〈映像内容〉山が崩落した現場の空撮(現場近くに寄った)映像、地上撮(捜索する人たち、現場の様子、重機作業など雑観)、撮影日:2018(平成30)年4月11日、撮影場所:大分県中津市耶馬渓町金吉

    撮影: 2018(平成30)年4月11日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:49.86
    2018年04月11日
    空撮 山崩れで1人死亡、5人不明 大分県中津市

    11日午前3時50分ごろ、大分県中津市耶馬渓町金吉で住宅の裏山が幅約200メートル、高さ約100メートルにわたって崩れた。4棟が土砂に巻き込まれ、6人と連絡が取れなくなった。県警や消防が計約200人態勢で捜索。同日午後、土砂に埋もれた状態で男性(45)が見つかり、死亡が確認された。県から災害派遣要請を受けた自衛隊も現場で作業を始めた。中津市によると、安否が分かっていないのは、21~90歳の女性5人。県によると、崩落した山の上部に亀裂が確認された。天候が悪化すればさらに崩壊する可能性もあるとして、慎重に捜索を進める。一帯は耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園に指定。渓谷「耶馬渓」としても知られ、毎年約80万人が訪れる観光地。 〈映像内容〉山が崩落した現場の空撮映像、県から災害派遣要請を受けた自衛隊らが現場で作業する様子、重機での作業など、地上撮(重機や車の入り、現場での作業状況など)、撮影日:2018(平成30)年4月11日、撮影場所:大分県中津市

    撮影: 2018(平成30)年4月11日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:50.29
    2018年03月27日
    有識者会議が最終提言 JR西日本、のぞみ台車亀裂問題

    新幹線のぞみの台車に破断寸前の亀裂が見つかった問題で、多くの異変を認識しながら運転を継続させたJR西日本の対応を検証する有識者会議が27日、大阪市内で開かれた。新幹線のトラブルをJRグループ全体で共有することなどを盛り込んだ最終提言書をまとめ、来島達夫社長に手渡した。国内の新幹線で過去に大事故が起きていないことから、提言は「JR西のリスク認識に甘さや油断があった」と指摘。新幹線の運行停止は「人的判断に依拠するのみでは限界がある」として、車両の異常を感知する装置を早期に導入することも求めた。日常業務の中で誤解を招くような言葉や表現を避けるなど、コミュニケーション能力を高める訓練の必要性なども示した。 〈映像内容〉有識者会議座長の安部誠治・関西大教授(交通政策論)が来島社長に提言書を手渡しする様子。有識者会議の記者会見、撮影日:2018(平成30)年3月27日、撮影場所:大阪市内

    撮影: 2018(平成30)年3月27日

  • 05:00.33
    2018年02月28日
    空撮と地上撮 「迷惑と心配かけた」と謝罪 台車亀裂問題で川重社長

    JR西日本の新幹線のぞみの台車に亀裂が見つかった問題で、川崎重工業が2007年に台車を製造した際に鋼材を削り、最も薄い箇所の厚さが設計上の8ミリ(加工後7ミリ以上)より3・3ミリ薄く強度に問題が生じた可能性があることが28日、分かった。川重が、作業時の注意事項などを記したマニュアルに反して削るミスをしていた。JR西と川重がそれぞれ記者会見で明らかにした。底面の溶接不備で割れが生じていた恐れがあり、周辺の鋼材が薄く強度が不足したことから、亀裂が広がったとの見解を示した。今回亀裂が生じた台車以外にも、鋼材の厚さが基準に満たない台車がJR西に100台、JR東海に46台ある。1年以内に順次、取り換え作業を進める。ダイヤに影響はない。川重が、交換に必要な台車枠の製造費を全額負担する。川重の金花芳則(かねはな・よしのり)社長は会見で「多大なるご迷惑とご心配をかけた。深くおわびする」と謝罪。月額報酬の5割を3カ月返上すると明らかにした。<映像内容>新幹線のぞみの台車亀裂問題についての川崎重工業社長と小河原誠(おがわら・まこと)常務取締役ら記者会見冒頭。川崎重工業の神戸本社ビルと兵庫工場の空撮。(神戸本社ビルは神戸市中央区、兵庫工場は神戸市兵庫区)、撮影日:2018(平成30)年2月28日、撮影場所:神戸市

    撮影: 2018(平成30)年2月28日

  • 05:50.78
    2018年02月28日
    底面削り、亀裂に進展 JR西がのぞみ亀裂の原因公表

    新幹線のぞみの台車に亀裂が見つかった問題で、JR西日本は28日、大阪市内で記者会見し、台車の亀裂の原因について、製造過程で底面を削ったため溶接部が割れ、大きな亀裂に進展したと推定されるとする調査結果を明らかにした。台車枠の鋼材の厚さが設計より薄くなっており、最も薄い箇所で4・7ミリだった。同社は、製造した川崎重工業から台車枠の底面の鋼材を削るのは「本来してはいけない作業だった」と説明されたと明らかにした。<映像内容>大阪市内のホテルで午後3時半から開かれたJR西日本の記者会見。(出席者は来島達夫社長、平野賀久副社長ら)、撮影日:2018(平成30)年2月28日、撮影場所:大阪市内

    撮影: 2018(平成30)年2月28日

  • 03:47.76
    2018年02月23日
    特大鏡餅をよいしょ! 京都・醍醐寺で力比べ

    京都市伏見区の醍醐寺で23日、特大鏡餅を持ち上げた時間を競う「餅上げ力奉納」があり、男女45人が力比べをした。「五大力(ごだいりき)さん」として親しまれ、無病息災を祈る法要「五大力尊仁王会(にんのうえ)」の行事の一つ。 女性は約90キロ、男性は約150キロの紅白二段重ねの鏡餅に挑んだ。持ち上げられない人や尻もちをつく人も続出。膝の上に乗せ、抱えるように持ち上げると、参拝客から「頑張れ」と拍手が送られた。 女性の部では、6分28秒で京都府亀岡市の主婦藤田桃子さん(31)、男性の部では、5分16秒で京都市北区の造園業岡村和哉さん(35)が優勝した。〈映像内容〉醍醐寺の境内雑観、参加者が餅上げをする様子と観客雑観、撮影日:2018(平成30)年2月23日、撮影場所:京都市伏見区 醍醐寺

    撮影: 2018(平成30)年2月23日

  • 04:35.70
    2017年12月27日
    床下点検要請、聞き逃し JR西日本、のぞみ台車亀裂

    新幹線のぞみの異常を認識しながら運転を約3時間続け台車に亀裂が見つかった問題で、岡山駅から乗車した車両保守担当社員が新大阪駅での床下点検を要請したが、東京の指令員が聞き逃していたことが27日、分かった。JR西日本が記者会見で明らかした。 <映像内容>大阪市内で行われたJR西日本が記者会見など。27日午後1時から2時半ごろまで撮影。

  • 03:39.15
    2017年12月19日
    新幹線トラブルを謝罪 JR西日本、副社長が謝罪

    博多発東京行き新幹線のぞみの台車に亀裂が見つかった問題で、車両を所有するJR西日本は19日、台車の亀裂の長さが底面で16センチ、側面で14センチに達していたと明らかにした。記者会見した吉江則彦副社長は「極めて重大なインシデントで、新幹線の安全に対する信頼を裏切るもの。深くおわび申し上げる」と陳謝した。亀裂は鋼製の台車の枠で見つかり、運輸安全委員会は重大インシデントと認定。台車は博多総合車両所に移され、運輸安全委とJR西が原因を調べている。<映像内容>記者会見で重大インシデントが発生したことについて謝罪、調査結果について説明するJR西日本の吉江副社長(向かって右)と森川国昭・新幹線管理本部長。19日午後2時ごろから午後4時ごろにかけて大阪市北区のJR西日本本社で撮影。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:42.38
    2017年12月13日
    空撮と地上撮 運輸安全委が調査 新幹線「のぞみ」台車の亀裂問題

    博多発東京行きのぞみ34号の台車から亀裂が見つかり、運輸安全委員会が新幹線で初の重大インシデントと認定した問題で、トラブル前日の10日の目視点検では異常を確認できなかったことが13日、車両を所有するJR西日本への取材で分かった。運輸安全委の鉄道事故調査官が13日、乗務員など関係者の聞き取りをした。トラブルがあった車両は亀裂が拡大する恐れがあるとして、名古屋駅のホームに停車したままになっている。JR東海によると、運輸安全委の調査が終わり次第、名古屋駅近くにある東海の車両所に移動させた後、JR西日本と共同で原因などを詳しく調べる方針という。<映像内容>名古屋駅に停車したままの新幹線のぞみ34号、名古屋駅の外観(13日午前10時ごろ)、名古屋駅とその付近で撮影、のぞみ号の車両を調べる運輸安全委の鉄道事故調査官ら。13日午後2時ごろから同2時半ごろ、名古屋駅とその付近で撮影。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:20.64
    2017年07月04日
    北朝鮮が弾道ミサイル 40分飛行、EEZ内に落下

    北朝鮮は日本時間4日午前9時40分ごろ、北西部の平安北道(ピョンアンプクト)亀城(クソン)市方/ケン/(パンヒョン)付近から日本海に向け、弾道ミサイルを発射した。菅義偉官房長官は、ミサイルが日本海の排他的経済水域(EEZ)内に着水したとみられ、約40分間飛んだと明らかにした。〈映像内容〉官房長官の記者会見。

  • 04:42.21
    2017年05月09日
    出光興産 昭和シェル 合併 創業家 反対 増資 持ち株比率 3割以下 合併待たず包括業務提携 出光と昭和シェル

    出光興産と昭和シェル石油は9日、原油の調達や精製、物流を含め包括的に業務提携することで合意した。調達など一部で既に行っている提携を広範な業務に広げ、3年以内に年間250億円以上の利益押し上げ効果を目指す。合併を待たずに両社が一体となって経営の効率化を進めることで、出光創業家の反対で合併が滞っている現状を打開する狙いがある。<映像内容>キックオフイベントであいさつする出光の月岡隆(つきおか・たかし)社長(向かって右)と昭和シェルの亀岡剛(かめおか・つよし)社長(左)など。協働事業についての記者会見の様子。向かって右が出光の丹生谷晋(にぶや・すすむ)取締役、左が昭和シェルの渡辺宏常務執行委員。

  • 03:44.15
    2017年04月17日
    代表に池江、萩野、瀬戸ら選出 競泳の世界選手権

    日本水連は17日、世界選手権(7月・ブダペスト)の競泳代表として、17日までの日本選手権で女子初の5冠に輝いた16歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)や男子で右肘の手術から復帰し4種目を制した萩野公介(ブリヂストン)、400メートル個人メドレーで萩野を破った瀬戸大也(ANA)、平泳ぎ3冠の小関也朱篤(ミキハウス)ら18人を選出した。 〈映像内容〉選手7人と平井伯昌監督が出席した記者会見の模様とフォトセッション、会見後の選手の囲み取材(瀬戸・萩野・池江)。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:55.62
    2017年02月22日
    令状なしGPS捜査、3月にも判決 最高裁大法廷

    捜査対象者の車に、裁判所の令状がないまま衛星利用測位システム(GPS)端末を取り付けた警察捜査の違法性が争われた窃盗事件の上告審弁論が22日、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎(てらだ・いつろう)長官)で開かれた。弁護側は改めて「プライバシーの重大な侵害だ」と違法性を主張、検察側は適法だったとし、結審した。判決は後日、期日指定され、3月中にも言い渡される見通し。<映像内容>弁論終了後に行われた被告側弁護団による記者会見(中心で話している女性は亀石倫子(かめいし・みちこ)弁護士)。

  • 04:46.45
    2016年12月09日
    こうのとり打ち上げ成功 6回連続、信頼性高める

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は9日午後10時26分、国際宇宙ステーションに物資を運ぶ無人補給機「こうのとり」6号機を鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Bロケットで打ち上げた。こうのとりは約15分後、予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。〈映像内容〉ロケット打ち上げの模様、喜ぶ関係者ら、打ち上げ後の記者会見(水谷久和三菱重工業防衛・宇宙ドメイン長、奥村直樹JAXA理事長)。宇宙飛行士油井亀美也さんの打ち上げ成功後の囲み取材

  • 04:33.37
    2016年12月09日
    こうのとり打ち上げ成功 6回連続、信頼性高める

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は9日午後10時26分、国際宇宙ステーションに物資を運ぶ無人補給機「こうのとり」6号機を鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Bロケットで打ち上げた。こうのとりは約15分後、予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。〈映像内容〉ロケット打ち上げの模様、喜ぶ関係者ら、打ち上げ後の記者会見(水谷久和三菱重工業防衛・宇宙ドメイン長、奥村直樹JAXA理事長)。宇宙飛行士油井亀美也さんの打ち上げ成功後の囲み取材。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:43.04
    2016年11月20日
    悠仁さま(10)が乗られていたワゴン車が前を走る乗用車に追突 空撮 紀子妃、悠仁さまの車が追突 けがなし、中央道

    20日午前7時半ごろ、相模原市緑区の中央自動車道下りで、秋篠宮妃紀子さまと悠仁(ひさひと)さまらを乗せたワゴン車が渋滞中の車に追突した。警視庁や宮内庁によると、けが人はなかった。ワゴン車は宮内庁職員が運転し、紀子さまら計6人が乗っていた。渋滞していた車の最後尾の乗用車に追突し、バンパー部分に亀裂が入った。〈映像内容〉相模原市緑区の中央自動車道下りで、秋篠宮妃紀子さまと悠仁さまらを乗せたワゴン車が渋滞中の車に追突した現場周辺の空撮。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:16.29
    2016年10月21日
    空撮 鳥取中部で震度6弱 家屋損壊や道路にひびなど

    21日午後2時7分ごろ、鳥取県中部の倉吉市や湯梨浜町、北栄町で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は鳥取県中部で、震源の深さは約11キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・6と推定される。湯梨浜町では3階建ての町庁舎のタイル壁がはがれて落下したほか、家屋1軒が倒壊したとの情報がある。北栄町でも道路に亀裂が入ったり、屋根の瓦が落ちたりしたという情報が入った。鳥取県内の約3万9800戸で停電も発生した。 〈映像内容〉鳥取県倉吉市の空撮で午後3時から午後4時にかけて撮影。墓石が倒れている墓場、瓦が落ちている家屋、外壁が落ちた建物、学校の校庭に避難している生徒ら(学校名は不明)。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:47.02
    2016年10月21日
    空撮 鳥取中部で震度6弱 家屋損壊や道路にひびなど

    21日午後2時7分ごろ、鳥取県中部の倉吉市や湯梨浜町、北栄町で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は鳥取県中部で、震源の深さは約11キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・6と推定される。湯梨浜町では3階建ての町庁舎のタイル壁がはがれて落下したほか、家屋1軒が倒壊したとの情報がある。北栄町でも道路に亀裂が入ったり、屋根の瓦が落ちたりしたという情報が入った。鳥取県内の約3万9800戸で停電も発生した。〈映像内容〉鳥取県倉吉市の空撮で午後3時から午後4時にかけて撮影。墓石が倒れている墓場、瓦が落ちている家屋、外壁が落ちた建物、学校の校庭に避難している生徒ら(学校名は不明)。

  • 02:58.44
    2016年10月13日
    出光、昭和シェルとの合併延期 計画実現は不透明に

    出光興産と昭和シェル石油13日、来年4月に予定していた合併時期を延期すると正式発表した。変更後の時期は「未定」とし、合併に反対する出光創業家への説得を続ける。出光の月岡隆社長は記者会見で、合併計画に関し「進めることはいささかも揺るがない」と強調した。〈映像内容〉出光の月岡隆社長、昭和シェルの亀岡剛社長2人の記者会見の様子、会見場雑観など。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:45.85
    2016年10月12日
    西郷隆盛などの合祀を要請 石原元都知事ら

    2018年に明治維新から150年となるのを前に、亀井静香・元金融担当相や石原慎太郎・元都知事らが靖国神社を訪れ、戊辰戦争で敗れた幕府や会津藩、西南戦争で倒れた西郷隆盛など「賊軍」とされた戦没者の合祀を宮司に要請した。 <映像内容>亀井静香・元金融担当相や石原慎太郎・元都知事、原口一博元総務相らの入りや出、亀井・元金融担当相のぶら下がり取材など、撮影日:2016(平成28)年10月12日、撮影場所:東京都の靖国神社

    撮影: 2016(平成28)年10月12日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:43.62
    2016年06月16日
    北海道函館市で震度6弱 地面に亀裂の入った小学校

    16日午後2時21分ごろ、北海道函館市川汲町で震度6弱の地震があった。同市泊町では5弱、北海道から東北にかけての広い範囲で1〜4を観測した。気象庁によると、震源地は北海道・渡島半島東側の内浦湾で、震源の深さは約?キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・3と推定される。津波はなかった。同市臼尻町の臼尻小では、地震で敷地内の地面に数㍍の亀裂ができたほか、体育館の窓ガラスが割れるなどの被害が出た。<映像内容>敷地の地面に入った亀裂、窓ガラスの割れた体育館など臼尻小の被害雑観、撮影日:2016(平成28)年6月16日、撮影場所:北海道函館市

    撮影: 2016(平成28)年6月16日

  • 06:24.08
    2016年02月23日
    宇宙飛行士の油井さん 帰国記者会見

    国際宇宙ステーションに昨年滞在した宇宙飛行士の 油井亀美也さん(46)が23日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の東京事務所で記者会見し、「次に行くフライトでは、米国とロシアをとりもてるような船長になりたい」と意欲を示した。油井さんは、ステーションの船長に必要な資質としてコミュニケーション能力を重視。「コミュニケーションをうまくやるとチームの一体感が出てくる。学んでいきたい」と話した。無人補給機「こうのとり」をロボットアームでつかんだ任務を振り返り「中年の星として1等星として輝けた瞬間だった」と笑顔を見せた。 〈映像内容〉油井さんの記者会見、撮影日:2016(平成28)年2月23日、撮影場所:宇宙航空研究開発機構 JAXA 東京事務所

    撮影: 2016(平成28)年2月23日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:14.30
    2015年12月11日
    震度6強を10階建て建物で実験、4階の損傷大、兵庫

    防災科学技術研究所は11日、兵庫県三木市の「実大三次元震動破壊実験施設(E―ディフェンス)」で、10階建て鉄筋コンクリート造りの建物に震度6強の揺れを加えて損傷具合を調べる実験をした。耐震化技術開発につなげるのが目的という。実験では、阪神大震災で観測した震度6強の揺れを約10秒加えると、建物全体がうねり、所々に亀裂が入った。その後、震度6弱の余震を想定した揺れも加えた。研究所によると、4階部分の変形や損傷が特に大きく、柱とはりがつながる部分にひび割れが集中した。〈映像内容〉実験の様子、研究員の記者会見など、撮影日:2015(平成27)年12月11日、撮影場所:兵庫県三木市 実大三次元震動破壊実験施設

    撮影: 2015(平成27)年12月11日

  • 15:20.01
    2015年08月26日
    宇宙飛行士 油井亀美也 日本実験棟 きぼう 安倍首相 交信 スコット・ケリーらと登場 金井宣茂 国際宇宙ステーション 長期滞在決定 宇宙飛行士の油井さん安倍首相と交信

    国際宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士の油井亀美也さん(45)は26日、日本科学未来館と衛星回線をつなぎ、安倍晋三首相や都内の高校生らと交信した。出席者は安倍首相のほか、宇宙飛行士の毛利衛さん(67)や古川聡さん(51)など。油井さんは、1年間の長期滞在に挑戦している米国のスコット・ケリーさんらと計3人で登場した。また席上、元海上自衛隊の医師で宇宙飛行士の金井宣茂さん(38)が2017年11月ごろから約6カ月間、国際宇宙ステーションに長期滞在することが決まっ たと発表があった。金井さんの宇宙飛行は初めて。〈映像内容〉安倍首相と油井さんの交信、高校生らの質問と油井さんの答え、一回転して拍手を浴びる油井さんら、安倍首相らフォトセッション、金井さんと古川さんの囲み取材など、撮影日:2015(平成27)年8月26日、撮影場所:東京都 日本科学未来館

    撮影: 2015(平成27)年8月26日

  • 09:23.16
    2015年07月30日
    出光興産と昭和シェル石油が統合へ

    石油元売り2位の出光興産は30日、同5位の昭和シェル石油の株式の約33%を取得し筆頭株主になると発表した。出光興産の月岡隆社長は記者会見し、経営統合を基本方針としていると説明した。出光と昭和シェルの連結売上高を合計すると8兆円に近づき、首位のJXホールディングス(HD)に迫る規模になる。 石油元売り業界の合従連衡や製油所の再編が加速しそうだ。〈映像内容〉出光興産の月岡隆社長と昭和シェル石油の亀岡剛社長の会見、撮影日:2015(平成27)年7月30日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2015(平成27)年7月30日

  • 08:15.72
    2015年07月23日
    油井さん国際宇宙ステーションに向け出発

    油井亀美也さん(45)ら3人が搭乗するソユーズ宇宙船を載せたロケットが23日午前3時2分(日本時間同6時2分)、国際宇宙ステーションに向けてバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。宇宙船は予定通りロケットから分離され、打ち上げは成功した。約6時間かけて高度約400キロのステーションに近づき、日本時間午前11時46分に到着する。初飛行の油井さんは12月まで5カ月間滞在し、日本実験棟「きぼう」での科学実験やステーションの運用に携わる。〈映像内容〉ホテルからの出発、家族の前で最終の宇宙服の確認、出発式、打ち上げ、打ち上げ後に行われた父親の誧司(すけじ)さんの囲み、撮影日:2015(平成27)年7月23日、撮影場所:バイコヌール

    撮影: 2015(平成27)年7月23日

  • 04:00.84
    2015年07月22日
    国際宇宙ステーションへ 油井亀美也さん記者会見

    国際宇宙ステーションに向かう油井亀美也さん(45)は21日、宇宙基地のあるバイコヌールで記者会見に臨み「全てを前向きに考えている。飛行でき、幸せな気持ちだ」と心境を語った。会見ではソユーズ宇宙船に同乗するロシアのオレッグ・コノネンコ飛行士(51)と米航空宇宙局(NASA)のチェル・リングリン飛行士(42)らと着席。油井さんは2日後の23日に迫った打ち上げを前に「何も心配することはない。できるだけ家族に安心して打ち上げを見てもらいたい」と笑顔で話した。〈映像内容〉記者会見の様子、雑観など、撮影日:2015(平成27)年7月22日、撮影場所:ロシア バイコヌール

    撮影: 2015(平成27)年7月22日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:59.41
    2013年02月19日
    「納得できない」と遺族 京都地裁判決受け

    京都地裁の判決で無職の少年(19)に懲役5年以上8年以下の不定期刑が19日、言い渡されたことを受けて遺族らが記者会見した。<映像内容>判決後の遺族の記者会見の様子、撮影日:2013(平成25)年2月19日、撮影場所:京都地裁

    撮影: 2013(平成25)年2月19日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:46.13
    2013年02月19日
    19歳少年に懲役5~8年 京都地裁、10人死傷の集団登校事故

    京都府亀岡市で昨年4月、集団登校中の児童らの列に車が突っ込み、10人が死傷した事故で、自動車運転過失致死傷と道交法違反(無免許運転)の罪に問われた無職の少年(19)に、京都地裁(市川太志裁判長)は19日、懲役5年以上8年以下の不定期刑の判決を言い渡した。<映像内容>2012年の事故現場の様子、遺族の入り、撮影日:2013(平成25)年2月19日、撮影場所:京都地裁

    撮影: 2013(平成25)年2月19日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:21.14
    2012年04月23日
    空撮と地上撮 児童の列に車、2人死亡 京都・亀岡、8人けが

    京都府亀岡市で23日、集団登校中の小学生らの列に車が突っ込み、2人が死亡、8人がけが。<映像内容>京都府亀岡市の事故現場の空撮、警察の実況検分の様子、撮影日:2012(平成24)年4月23日、撮影場所:京都府亀岡市

    撮影: 2012(平成24)年4月23日

  • 02:48.86
    2007年10月19日
    「うな太郎」を身体測定 長崎、井戸で育って20年

    長崎市沖の樺島で19日、深さ約4メートルの井戸に約20年前から生息していることで知られるオオウナギの長さや重さを測る催しがあった。ウナギは「うな太郎」の愛称で呼ばれ、普段は近くの幕亀太郎さん(83)がアジの切り身などを与えている。市職員ら大人5、6人で井戸から網で引き上げ、毛布の上に押さえ付けて長さや胴回りを計測。体重16.7キロ、体長1.71メートル、胴回りは9.7センチだった<映像内容>オオウナギが生息する井戸、オオウナギに触れる子どもたち、オオウナギを計測する職員ら、オオウナギについてコメントする幕さん、撮影日:2007(平成19)年10月19日、撮影場所:長崎県長崎市樺島町

    撮影: 2007(平成19)年10月19日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:32.65
    2007年09月21日
    中華航空機の胴体に亀裂 那覇の炎上事故と同型

    佐賀空港に20日着陸した中華航空ボーイング737―800型機の尾翼の底部分に長さ約77センチの亀裂1本が見つかっていたことが21日分かった。国土交通省佐賀空港出張所などが原因を調べている。中華航空の同型機は8月20日、那覇空港で爆発炎上事故を起こした<映像内容>中華航空機の尾翼周辺を調べる担当者、駐機中の同機全景、部分ヨリ、管制塔込み、撮影日:2007(平成19)年9月21日、撮影場所:佐賀空港

    撮影: 2007(平成19)年9月21日

  • 01:08.83
    2007年07月29日
    国民新党の亀井亜紀子氏当確 参院選島根

    参院選挙島根選挙区で当選を確実にし、笑顔で万歳する国民新党の亀井亜紀子氏<映像内容>支持者から拍手を送られる亀井氏、万歳三唱をする、くす玉を割る様子、撮影日:2007(平成19)年7月29日、撮影場所:島根県松江市

    撮影: 2007(平成19)年7月29日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:43.09
    2007年04月15日
    空撮 三重県亀山市で震度5強 三重中部で初のM5以上

    15日午後0時19分ごろ、東海地方から近畿、北陸などにかけて広い範囲で地震があり、三重県北部の亀山市で震度5強、津、鈴鹿市などで震度5弱を記録した。気象庁によると、震源地は三重県中部で、震源の深さは約16キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・4と推定される。三重県中部でM5以上の地震を記録したのは1923年の観測開始以来、初めてという<映像内容>崩落した亀山城の石垣、被災したドライブイン、卓上に料理が残されたままの宴席、上空からの亀山城、駅舎、ドライブイン、高速道路、一部空撮、撮影日:2007(平成19)年4月15日、撮影場所:三重県亀山市

    撮影: 2007(平成19)年4月15日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:28.04
    2006年09月08日
    空撮 貨物船とコンテナ船衝突 浸水し航行できず

    8日午前11時50分ごろ、「神戸港内で貨物船と衝突した」とコンテナ船の乗組員から神戸海上保安部に通報があった。貨物船は浸水し自力航行できなくなり、埠頭(ふとう)にえい航された。貨物船はシンガポール船籍のレッドナクル(38,364トン、24人乗り組み)。コンテナ船は韓国船籍のスカイデューク(3,998トン、15人乗り組み)<映像内容>神戸港内での衝突事故後、へさきがつぶれたコンテナ船と右舷に亀裂が入った貨物船、空撮、撮影日:2006(平成18)年9月8日、撮影場所:兵庫県神戸市

    撮影: 2006(平成18)年9月8日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:55.42
    1995年03月22日
    オウム真理教新東京総本部道場(亀戸)一斉家宅捜査

    オウム真理教新東京総本部道場(亀有)家宅捜査の雑感。<映像内容>亀戸のオウム真理教新東京総本部の建物外観、警察や報道関係者などで雑然とする総本部前、撮影日:1995(平成7)年3月22日、撮影場所:東京都 江東区 亀戸

    撮影: 1995(平成7)年3月22日

  • 06:41.02
    1972年12月01日
    「中日映画社」水俣からの告発 亀裂に消える怨念

    患者発生から20年、チッソ株式会社に座込みも1年、未認定患者も多い。<映像内容> 水俣病自主交渉、チッソ本社で訴える住民と会社側の対立、座り込み、2月23日自主交渉の様子、水俣病胎児性患者(寝たきり)の生活、患者家族のインタビュー、田中角栄演説、港風景、撮影日不明・公開日:1972(昭和47)年12月1日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

  • 02:19.23
    1970年06月30日
    海洋科学博物館

    キーワード:海洋科学博物館、展示、学生、骨、亀、水槽、従業員、骨格標本、ダイビング、東海大学海洋科学博物館=製作年:1970(昭和45)年6月、静岡県静岡市、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1970

  • 00:56.22
    1967年12月08日
    「中日映画社」礼宮さま2歳のお誕生日

    11月30日は礼宮さまの2度目のお誕生日。すっかり成長された礼宮さま、撮影日不明・公開日:1967(昭和42)年12月08日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:29.79
    1963年06月14日
    「中日映画社」地すべり地帯

    入梅シーズンに入り、地滑りに悩まされる新潟県糸魚川地方で豪雨による地滑り続出する中での農家を特集。自然の猛威にめげることなく、懸命に生きる農家の皆さんに、頭が垂れる思い。昭和36年の傷跡が各地に残る。<映像内容>糸魚川地方俯瞰 山肌 亀裂 作業する男性たち 行政本部で対策会議する人々 避難する人 崩壊する千枚田 地すべりを起こした土地 市議会議員を招いて住民大会 ゆがんだ家屋の部屋 家屋外観 糸魚川市議会での訴えの様子など、※撮影日不明・公開日:1963年(昭和38年)6月14日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

  • 02:38.84
    1960年11月06日
    「福島民報」「民報ニュース」新人進出の総選挙

    11月6日、池田総理が福島へ来県、演説会場盛況。公明選挙実現のため信夫村の中学生がプラカードやむしろ旗で行進。こうして11月20日の投票日を迎えた。民報の速報板前は黒山の人。新人5人が当選。新人で当選の伊藤幟氏、亀岡高夫氏など。一年生議員は早速上京する。伊藤幟氏は、大竹作摩氏と池田派の会合に出席した。 撮影日:1960(昭和35)年11月20日、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

  • 1