KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 東京電力
  • 会見
  • 記者
  • 医学博士
  • 医師
  • 日本外国特派員協会
  • 日本学術会議会長
  • 福島原発事故
  • 昭和
  • 質問

「事故調査委員会」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
351
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
351
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1971年08月01日
    全日空機事故調査委員会が初会合

    席上の山県昌夫委員長=1971(昭和46)年7月31日

    商品コード: 1971080100008

  • 1978年08月03日
    (いき・しょうじ) 伊木正二

    東大名誉教授(鉱山学)、日本バレーボール協会会長、学術会議会員、三井三池有明鉱事故調査委員会委員長=1978(昭和53)年7月19日撮影

    商品コード: 2004112200043

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1980年10月25日
    岡田實

    岡田實、学者・研究者、おかだ・みのる、岡田実、同名異人あり、死去・1997年6月15日、工学者、大阪大学教授・学長、日本学術会議会員、航空事故調査委員会委員長、大阪府教委委員長、勲一等瑞宝章受章=1980(昭和55)年10月25日

    商品コード: 1980111500006

  • 1982年02月09日
    航空事故調査委が中間報告

    記者会見する運輸省航空事故調査委員会の八田桂三委員長(中央)=1982(昭和57)年2月19日、運輸省

    商品コード: 1982020900016

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1982年02月09日
    航空事故調査委発足

    記者会見する八田桂三・運輸省航空事故調査委員会委員長=1982(昭和57)年2月9日、運輸省(羽田沖日航機墜落事故で)

    商品コード: 1982020900014

  • 1982年02月09日
    航空事故調査委が中間報告

    小坂徳三郎運輸相(左)に報告書を見せる八田桂三・運輸省航空事故調査委員会委員長=1982(昭和57)年2月19日、運輸省

    商品コード: 1982020900015

  • 1982年02月19日
    航空事故調査委が中間報告

    運輸省航空事故調査委員会の中間報告を受けて記者会見する高木養根日航社長=1982(昭和57)年2月19日、運輸省

    商品コード: 1982021900012

  • 1982年12月22日
    羽田沖事故聴聞会

    証言を聞く八田桂三・航空事故調査委員会委員長=1982(昭和57)年12月22日、運輸省(JAL事故聴聞会)

    商品コード: 1982122200016

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1984年09月28日
    三池炭鉱事故調査委員会が最終報告

    最終報告を受けて開かれた三池坑内火災対策本部の最終会議=1984(昭和59)年9月28日、通産省

    商品コード: 1984092800005

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1984年09月28日
    三池炭鉱事故調査委員会が最終報告

    小此木彦三郎通産相(右)に最終報告をする伊木正二・三池炭鉱事故調査委員会委員長=1984(昭和59)年9月28日、通産省

    商品コード: 1984092800004

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1984年09月28日
    三池炭鉱事故調査委員会が最終報告

    伊木正二・三池炭鉱事故調査委員会委員長=1984(昭和59)年9月28日、通産省

    商品コード: 1984092800006

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1984年10月31日
    八田桂三

    八田桂三、学者、研究者、はった・けいぞう、死去・1995年6月13日、東大教授・名誉教授、東大宇宙航空研究所長、中央公害対策審議会大気部会自動車公害専門委員会委員長、運輸省航空事故調査委員会委員長=1984(昭和59)年10月

    商品コード: 1984122000053

  • 1985年02月21日
    (はった・けいぞう) 八田桂三

    東大工学部教授、自動車公害専門委員会委員長、日航羽田沖事故の航空事故調査委員長、運輸省航空事故調査委員会委員長=1984(昭和59)年10月撮影

    商品コード: 2004012000084

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年08月14日
    墜落現場から回収 日航ジャンボ機墜落事故

    段ボールに詰められ運輸省航空事故調査委員会に運び込まれたフライトレコーダーとボイスレコーダー=1985(昭和60)年8月15日午前0時40分、運輸省(1985年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2009101300061

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年08月15日
    調査する運輸省事故調査委員 日航ジャンボ機御巣鷹山墜落事故

    日航ジャンボ機の残骸の中を調査する運輸省事故調査委員会の人たち=1985(昭和60)年8月14日、群馬県・御巣鷹山

    商品コード: 1985081550003

  • 1985年08月17日
    藤原次席調査官が記者会見 日航ジャンボ機墜落事故

    日航機墜落事故の調査活動について黒板に隔壁を書き記者会見する運輸省航空事故調査委員会の藤原次席調査官(中央)=1985(昭和60)年8月17日、運輸省

    商品コード: 2007062600087

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年08月18日
    日航ジャンボ機墜落事故

    回収されたボイスレコーダーや機体の残がいから、運輸省航空事故調査委員会が事故原因を分析。圧力隔壁の破裂により垂直尾翼の一部が吹き飛び、油圧系統の破損へと連鎖的に破壊が進行したためと結論した。写真は8月18日、圧力隔壁の残がいを調べる日航職員=群馬県・御巣鷹山(1985年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2003071700061

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年08月27日
    日航ジャンボ機墜落事故

    操縦室内の部品を選別する運輸省航空事故調査委員会の調査官=1985(昭和60)年8月27日午後2時ごろ、群馬県・御巣鷹山(1985年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2009102000200

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年08月27日
    提出する八田委員長 事故調査委が中間報告

    日航ジャンボ機墜落事故の中間報告書を山下徳夫運輸相(左)に提出する八田桂三・航空事故調査委員会委員長=1985(昭和60)年8月27日、運輸省

    商品コード: 1985082700024

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年08月27日
    説明する八田委員長 事故調査委が中間報告

    山下徳夫運輸相(左)に説明する八田桂三・航空事故調査委員会委員長=1985(昭和60)年8月27日、運輸省(日航ジャンボ機墜落事故)

    商品コード: 1985082700025

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年04月25日
    開かれた聴聞会 日航機墜落事故で聴聞会開く

    昨年の日航機墜落事故について開かれた運輸省の航空事故調査委員会の聴聞会=1986(昭和61)年4月25日、運輸省

    商品コード: 1986042500024

  • 1994年03月01日
    事故調が現場検証 ジャンボ機がエンジン火災

    脱落した左翼外側の第1エンジン部分を検証する運輸省航空事故調査委員会の調査官=1日午後5時10分、成田空港(航空機事故)

    商品コード: 1994030100065

  • 1994年03月02日
    NW機事故で本格調査

    事故機からフライトレコーダーなどを運び出す事故調査委員会の職員ら=2日正午、成田空港(ノースウエスト機事故)

    商品コード: 1994030200021

  • 1994年05月10日
    報告する松本事故調査官 事故調委が中間報告

    中華航空機墜落事故調査の中間報告をする運輸省航空事故調査委員会の松本学首席航空事故調査官=10日午後、運輸省

    商品コード: 1994051000052

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月19日
    朝日の事故機を検証 現場や接触ヘリを検証

    朝日新聞社ヘリの墜落事故で事故機を検証する大阪府警、運輸省航空事故調査委員会=19日午前10時40分、大阪府泉佐野市上之郷(カラーネガ)(朝日新聞ヘリ墜落事故・航空機事故・まいどり)

    商品コード: 1994101900013

  • 1994年10月19日
    事故調査委が会見 ヘリ事故で事故調委会見

    白板を使って事故の状況を説明する運輸省航空事故調査委員会の中辻吉郎次席調査官(右)ら=19日午後6時40分、関西空港事務所(カラーネガ)(朝日新聞ヘリ墜落事故・航空機事故・まいどり)

    商品コード: 1994101900077

  • 1994年10月19日
    会見する調査官ら ヘリ事故で事故調委会見

    朝日新聞ヘリの墜落事故で記者会見する運輸省航空事故調査委員会の事故調査官ら=19日午後6時30分、関西空港事務所(カラーネガ)(朝日新聞ヘリ墜落事故・航空機事故・まいどり)

    商品コード: 1994101900080

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月21日
    会見する調査官ら ヘリ事故で事故調委会見

    朝日新聞ヘリ墜落事故について記者会見する運輸省航空事故調査委員会の調査官ら=21日午後2時10分、大阪空港事務所(カラーネガ)

    商品コード: 1994102100057

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年02月22日
    海自の事故調委員長 高知沖の海自飛行艇事故

    岩国基地に到着した海上自衛隊事故調査委員会の金子豊委員長=22日午前10時、山口県岩国市

    商品コード: 1995022200024

  • 1996年06月19日
    聴取を終えた調査官 事故調委が機長から初聴取

    機長からの聴取を終え木村外科病院を出る航空事故調査委員会の吉川調査官=19日午後0時5分、福岡市博多区千代(カラーネガ)

    商品コード: 1996061900025

  • 1996年07月19日
    亀井運輸相と竹内委員長 中華航空機事故で最終報告

    中華航空機事故の事故調査報告書を亀井善之運輸相(左)に提出する竹内和之航空事故調査委員会委員長=19日午後、運輸省

    商品コード: 1996071900058

  • 1996年07月19日
    竹内委員長が談話発表 中華航空機事故で最終報告

    中華航空機事故の調査報告書を提出後、談話を発表する竹内和之航空機事故調査委員会委員長=19日午後、運輸省

    商品コード: 1996071900083

  • 1996年09月14日
    報告書を提出する調査委 トンネル事故で最終報告書

    北条紘次・北海道開発局長(右)に最終報告書を提出する事故調査委員会の芳村仁委員長=14日午後0時8分、札幌市内のホテル

    商品コード: 1996091400013

  • 1997年01月25日
    記者会見する事故調 8人全員を遺体で収容

    ヘリコプター墜落事故現場の調査後、記者会見する運輸省航空事故調査委員会の調査官=25日午後6時15分、愛知県警岡崎署

    商品コード: 1997012500087

  • 1997年03月13日
    事故調査委初会合 動燃再処理工場爆発事故

    原因解明に向け開かれた動燃再処理工場の火災爆発事故調査委員会の初会合=13日午後4時25分、茨城県東海村の動燃東海事業所(科学技術庁の火災爆発事故調査委員会(主査・金川昭名古屋大名誉教授))

    商品コード: 1997031300078

  • 1997年03月13日
    事故調が現場を視察 動燃再処理工場爆発事故

    爆発事故があったアスファルト固化施設を訪れ、動燃職員(左端)の説明を受ける科学技術庁の火災爆発事故調査委員会のメンバー=13日午後5時50分、茨城県東海村の動燃東海事業所

    商品コード: 1997031300089

  • 1997年03月17日
    事故調査委が記者会見 動燃再処理工場爆発事故

    事故現場の実地調査を終え、記者会見する科技庁の火災爆発事故調査委員会主査の金川昭名古屋大学名誉教授(中央)ら=17日午後7時40分、茨城県東海村の動燃東海事業所

    商品コード: 1997031700095

  • 1997年03月19日
    公述する薮野会長 ガルーダ事故で意見聴取会

    運輸省航空事故調査委員会が開いたガルーダ航空機炎上事故の意見聴取会で公述する日本航空操縦士会の薮野了平会長=19日午前11時、運輸省

    商品コード: 1997031900025

  • 1997年03月19日
    公述人の意見聞く委員会 ガルーダ事故で意見聴取会

    昨年6月福岡空港で起きたガルーダ航空機の炎上事故で、運輸省航空事故調査委員会が開いた意見聴取会=19日午前、運輸省

    商品コード: 1997031900021

  • 1997年04月10日
    説明する池田安全局長 科技庁が調査結果を説明

    動燃の再処理工場爆発事故の事故調査委員会で虚偽報告問題について説明する(左から)田中徳夫原子力安全局次長と池田要局長=10日午前、科学技術庁

    商品コード: 1997041000032

  • 1997年04月24日
    地元で開かれた調査委 動燃再処理工場爆発事故

    茨城県東海村で開かれた科学技術庁の第7回事故調査委員会。左後方は傍聴する地元住民ら=24日午前10時10分

    商品コード: 1997042400020

  • 1997年05月01日
    事故調査委員会が現場視察 事故調査委員会が現場視察

    アスファルト固化施設の視察に向かう事故調査委員会のメンバーら=1日午後、2時50分、茨城県東海村の動燃東海村事業所

    商品コード: 1997050100111

  • 1997年05月07日
    事故調査委 科技庁が中間報告書案提出

    動燃再処理工場の火災・爆発事故で、科技庁の中間報告書案を検討する事故調査委員会=7日午前、科学技術庁

    商品コード: 1997050700010

  • 1997年05月19日

    「カラー」「人物通信」 ◎金川昭(かながわ・あきら)、動燃事故調査委員会主査、1997.05.07、出稿19970605

    商品コード: 1997051900020

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年07月04日
    運輸省事故調委が見分 三重県警と合同で実況見分

    山中に墜落し乗員4人が死亡したヘリの事故原因を調査する運輸省航空事故調査委員会の係員と三重県警の捜査員=4日午前10時20分、三重県名張市赤目町長坂

    商品コード: 1997070400021

  • 1997年07月12日
    説明を聞く事故調の主査 事故シナリオは動燃主導

    動燃職員の説明を聞く事故調査委員会の金川昭主査(左端)=6月4日、茨城県東海村の動燃東海事業所(かながわ・あきら)

    商品コード: 1997071200047

  • 1997年12月15日
    金川主査が谷垣長官に提出 動燃爆発事故で最終報告

    動燃東海事業所の火災・爆発事故に関する最終報告書を谷垣禎一科技庁長官(右)に提出した金川昭・事故調査委員会主査=15日午後、科学技術庁(たにがき・さだかず)(かながわ・あきら)

    商品コード: 1997121500066

  • 1998年04月30日

    「カラー」◎金川昭 動燃事故調査委員会主査 会見=97(平成9)年5月7日、顔

    商品コード: 1998043000045

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年05月13日
    エンジン調べる事故調査委 UA機事故の解明進める

    出火したと見られるユナイテッド航空ジャンボ機の第1エンジンを調べる運輸省航空事故調査委員会の係官ら=13日午後4時、成田空港

    商品コード: 1998051300137

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年05月22日
    現場検証する調査官ら 30メートルまで浮上後に墜落

    軽飛行機が離陸時に横転した事故で、現場検証する運輸省航空事故調査委員会の調査官や捜査員ら=22日午後5時15分、大阪府八尾市の八尾空港

    商品コード: 1998052200207

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年09月24日
    会見する事故調委調査官 機体一部脱落、空中分解か

    軽飛行機が墜落、乗員5人が死亡した事故で記者会見する、運輸省航空事故調査委員会の(左から)佐久間光夫運航担当調査官、岡村与紀夫次席調査官、楠原利行無線担当調査官=24日午後8時20分、大阪府・高槻市役所

    商品コード: 1998092400135

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年01月30日
    「交換ホール」を視察 調査委の弁護士が現場視察

    患者の取り違えがあった横浜市立大病院の「交換ホール」を視察する事故調査委員会メンバーの村瀬統一弁護士=30日午後、横浜市金沢区

    商品コード: 1999013000061

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年03月23日
    報告書受け取る横浜市長 横浜市大の患者取り違え

    横浜市大病院の患者取り違えで、事故調査委員会がとりまとめた最終報告書を受け取る高秀秀信横浜市長(右)=23日午後2時、横浜市役所

    商品コード: 1999032300120

  • 1999年10月08日
    傍聴する人たち 事故調査委が初会合

    公開で開かれた原子力安全委員会の事故調査委員会を傍聴する人たち=8日午後、通産省

    商品コード: 1999100800146

  • 1999年10月08日
    あいさつする中曽根長官 事故調査委が初会合

    原子力安全委員会の事故調査委員会であいさつする中曽根科技庁長官。左は吉川弘之委員長=8日午後、通産省(吉川会長の首相表敬訪問あり)

    商品コード: 1999100800123

  • 1999年10月15日
    JCO社長が調査委に出席 被ばく者20人増え69人に

    原子力安全委員会の「ウラン加工工場臨界事故調査委員会」に出席し、安全管理体制などについて説明するジェー・シー・オーの木谷宏治社長(左)と越島建三東海事業所長=15日午後、科学技術庁

    商品コード: 1999101500101

  • 1999年10月15日
    臨界事故調査委員会 被ばく者20人増え69人に

    科学技術庁で開かれた原子力安全委員会の「ウラン加工工場臨界事故調査委員会」第2回会合=15日午後

    商品コード: 1999101500100

  • 1999年10月16日
    現場視察する事故調委 事故調査委が現地入り

    事故現場となった転換試験棟周辺を視察する事故調査委員会メンバー=16日午前、茨城県東海村のジェー・シー・オー東海事業所(代表撮影)

    商品コード: 1999101600068

  • 1999年10月16日
    頭を下げる越島所長 事故調査委が現地入り

    事故調査委員会の調査を前に、頭を下げるJCO東海事業所の越島建三所長。左端奥は吉川弘之委員長=16日午前10時50分、茨城県東海村のジェー・シー・オー東海事業所(出稿データ、サブデータのCD-Rあり)

    商品コード: 1999101600017

  • 1999年10月22日
    事故調委で橋本茨城県知事 科技庁の危機管理不十分

    原子力安全委員会の事故調査委員会で意見を述べた橋本昌茨城県知事(左)=22日午後、科学技術庁

    商品コード: 1999102200092

  • 1999年12月24日
    事故調査委 臨界事故調査委が最終報告

    東海村臨界事故の最終報告書をまとめた事故調査委員会=24日午前、東京・麹町の東条会館

    商品コード: 1999122400018

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年01月26日
    原因を調べる専門家ら 建設省が崩落原因を調査

    崩落事故現場で原因を調査する専門家と事故調査委員会メンバー=26日午後0時20分、大分県日出町の宇佐別府道路速見インター

    商品コード: 2000012600055

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年04月26日
    日航機長組合が会見 機長側が事故調報告を否定

    運輸省航空事故調査委員会の報告内容について記者会見する日本航空機長組合のメンバーら=26日、名古屋市中区三の丸

    商品コード: 2000042600136

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年06月28日
    到着した事故調メンバー 空自C1輸送機が墜落

    C1輸送機墜落の調査のため航空自衛隊美保基地に到着した事故調査委員会のメンバーら=28日午後10時5分、鳥取県境港市

    商品コード: 2000062800160

  • 2000年08月04日
    会見する長田調査委員長 通産の事故調が現地調査

    日本油脂武豊工場の火薬爆発事故で現地調査後、記者会見する中部通産局事故調査委員会の長田英世委員長=4日午後、愛知県武豊町

    商品コード: 2000080400117

  • 2000年08月11日
    記者会見する長田委員長 保管火薬53キロの安全性低下

    日本油脂武豊工場の爆発事故で記者会見する事故調査委員会の長田英世委員長(右)=11日午後、名古屋市中区の中部通産局

    商品コード: 2000081100162

  • 2000年10月23日
    第3回事故調査委員会 不適切管理で爆発招く

    通産省で開かれた第3回日本油脂武豊工場事故調査委員会=23日午後

    商品コード: 2000102300164

  • 2000年10月23日
    記者会見する長田委員長 不適切管理で爆発招く

    日本油脂武豊工場爆発事故について記者会見する事故調査委員会の長田英世委員長=23日午後、通産省

    商品コード: 2000102300168

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年11月28日
    ヘリを調べる調査官ら ヘリ墜落事故で実況見分

    墜落した純国産ヘリコプター「MH2000」を調べる運輸省航空事故調査委員会の調査官ら=28日午前9時30分、三重県鈴鹿市柳町

    商品コード: 2000112800016

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年03月26日
    墜落現場を調べる調査官 小型機事故で2遺体確認

    香川県・豊島(てしま)の小型機墜落現場を調べる航空事故調査委員会の調査官=26日午後5時

    商品コード: 2001032600203

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年05月19日
    ヘリ調べる事故調査委 ヘリ軽飛行機が接触、墜落

    ヘリコプターの墜落現場を調べる国土交通省航空事故調査委員会のメンバーら=19日午後8時7分、三重県桑名市播磨

    商品コード: 2001051900158

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年05月19日
    軽飛行機調べる事故調査委 ヘリ軽飛行機が接触、墜落

    軽飛行機の墜落現場を調べる国土交通省航空事故調査委員会のメンバーら=19日午後8時40分、三重県桑名市播磨

    商品コード: 2001051900157

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年05月20日
    軽飛行機墜落現場 墜落原因を本格究明へ

    花束が供えられた軽飛行機の墜落現場を調べる国土交通省航空事故調査委員会の調査官ら=20日午前10時、三重県桑名市播磨

    商品コード: 2001052000016

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年05月20日
    ヘリ墜落現場の検証 墜落原因を本格究明へ

    ヘリコプター墜落現場を調べる国土交通省の航空事故調査委員会のメンバーと三重県警の捜査員ら=20日午前9時5分、三重県桑名市播磨

    商品コード: 2001052000013

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年05月20日
    機体を調べる調査官 墜落原因を本格究明へ

    墜落現場周辺に散乱した機体の一部を調べる国土交通省航空事故調査委員会の調査官(左から2人目)ら=20日午前10時45分、三重県桑名市播磨

    商品コード: 2001052000014

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年05月23日
    会見する鈴木次席調査官 ヘリ回転翼が主翼を切断

    記者会見する国土交通省航空事故調査委員会の鈴木宣勝次席調査官=23日午後、三重県警桑名署

    商品コード: 2001052300216

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年05月24日
    空港事務所に入る調査官 中日本航空から聴取

    事情聴取のため中日本航空の空港事務所に入る航空事故調査委員会の調査官=24日午前、愛知県豊山町

    商品コード: 2001052400034

  • 2001年07月01日
    誤射した空自F4戦闘機 F4誤射事故から1週間

    航空自衛隊事故調査委員会による調査を受ける訓練弾を誤射した空自F4戦闘機=6月26日午前、北海道の航空自衛隊千歳基地

    商品コード: 2001070100095

  • 2001年08月02日
    事故調査委員会 事故調査委員会が初会合

    兵庫県明石市の花火大会事故調査委員会の初会合であいさつする原田直郎委員(中央)=2日午前、明石市役所

    商品コード: 2001080200030

  • 2001年08月30日
    会見する有馬さん夫妻 遺族から初の聞き取り調査

    兵庫県明石市の花火大会事故で事故調査委員会の聞き取り調査後、記者会見する有馬正春さんと友起子さん=30日午後、兵庫県明石市

    商品コード: 2001083000123

  • 2001年09月02日
    会見する警備会社支社長 花火大会事故の事故調査委

    兵庫県明石市の花火大会事故調査委員会に出席後、記者会見に臨む警備会社「ニシカン」の新田敬一郎・大阪支社長=2日午後、明石市役所

    商品コード: 2001090200067

  • 2001年09月02日
    調査委員会に臨む遺族 花火大会事故の事故調査委

    兵庫県明石市の花火大会事故調査委員会に臨む遺族ら=2日午後、明石市役所

    商品コード: 2001090200072

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年09月02日
    会見する原田委員長 花火大会事故の事故調査委

    記者会見する花火大会事故の事故調査委員会の原田直郎委員長=2日午後、明石市役所

    商品コード: 2001090200066

  • 2001年09月02日
    会見する遺族 花火大会事故の事故調査委

    兵庫県明石市の花火大会事故調査委員会に出席後、記者会見する多田潤さん(右端)ら遺族=2日午後、明石市役所

    商品コード: 2001090200073

  • 2001年09月30日
    会見する委員長ら 警察の警備は「準備不足」

    花火大会事故で5回目の事故調査委員会の後、会見する原田直郎委員長(中央)ら=9月30日午後、明石市役所

    商品コード: 2001093000073

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月05日
    機体調べる調査官ら 小型機墜落で実況見分

    墜落現場で機体を調べる国交省の航空・鉄道事故調査委員会の調査官(左から2人目)ら=5日午後、熊本県球磨村

    商品コード: 2002010500127

  • 2002年01月30日
    報告書を受け取る岡田市長 「群衆雪崩」の責任認定

    明石市の花火大会事故で事故調査委員会の原田直郎委員長(左)から報告書を受け取る岡田進裕市長=30日午後、明石市役所

    商品コード: 2002013000147

  • 2002年01月30日
    会見する遺族 「群衆雪崩」の責任認定

    事故調査委員会の報告書提出後、記者会見する亡くなった下村智仁ちゃんの父誠治さん(右)と三木優衣菜ちゃんの父清さん=30日夕、明石市役所

    商品コード: 2002013000224

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年02月23日
    車両内調べる調査官ら 県警が事故車両を検証

    事故車両の内部を調べる国交省の航空・鉄道事故調査委員会の調査官ら=23日午後、福岡県宗像市のJR赤間駅

    商品コード: 2002022300261

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年02月23日
    調査開始した調査官 事故調が衝突列車を調査

    JR鹿児島線の列車追突事故現場で調査を開始した、国交省の航空・鉄道事故調査委員会の調査官ら=23日午前、福岡県宗像市武丸

    商品コード: 2002022300081

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年02月23日
    車両調べる調査官 事故調が衝突列車を調査

    JR鹿児島線の列車追突事故現場で車両を調べる国交省の航空・鉄道事故調査委員会の調査官=23日午前、福岡県宗像市武丸

    商品コード: 2002022300088

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年02月23日
    事故車両調べる調査官ら 県警が事故車両を検証

    事故車両を調べる国交省の航空・鉄道事故調査委員会の調査官ら=23日午後、福岡県宗像市のJR赤間駅

    商品コード: 2002022300248

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年02月24日
    会見する調査官 運転士聴取、信号異常なし

    JR鹿児島線の列車追突事故で会見する国交省の航空・鉄道事故調査委員会の佐伯洋首席調査官=24日午後、福岡市の九州運輸局

    商品コード: 2002022400166

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年03月08日
    現場調べる事故調メンバー 自衛隊ヘリ墜落、4人死亡

    自衛隊ヘリコプターが墜落した現場付近を調べる、陸上自衛隊の事故調査委員会メンバー=8日午前7時45分、大分県九重町

    商品コード: 2002030800027

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年03月08日
    機体調べる事故調メンバー 自衛隊ヘリ墜落、4人死亡

    墜落した自衛隊ヘリコプターを調べる、陸上自衛隊の事故調査委員会メンバー=8日午前7時50分、大分県九重町

    商品コード: 2002030800028

  • 2002年05月09日
    遺族会の下村さん 花火大会事故で書類送検

    花火大会事故調査委員会に遺族会の要望書を提出する下村誠治さん(左)=01年11月7日、兵庫・明石市役所

    商品コード: 2002050900143

  • 2002年07月12日
    最終報告受け取る扇大臣 日航機ニアミスで調査報告

    航空・鉄道事故調査委員会の佐藤委員長(右)から、日航機ニアミス事故の最終報告書を受け取る扇国交相=12日午後、国交省

    商品コード: 2002071200159

  • 2003年02月12日
    コロンビア事故調査委員会 事故原因はまだ見えず

    11日、米テキサス州ジョンソン宇宙センターでシャトル空中分解事故の原因調査作業について説明する「コロンビア事故調査委員会」のゲーマン委員長(中央)(ロイター=共同)

    商品コード: 2003021200019

  • 2003年02月19日
    会見するゲーマン委員長 損傷の原因はまだ不明

    18日、米テキサス州ヒューストンの米航空宇宙局ジョンソン宇宙センターで、会見するコロンビア事故調査委員会のゲーマン委員長(右端)(ロイター=共同)

    商品コード: 2003021900027

  • 2003年03月12日
    会見する事故調メンバー 老朽化も一因との見方

    11日、米シャトル空中分解事故で、機体の老朽化が事故の一因となった可能性などについて記者会見で説明する事故調査委員会のメンバー(ロイター=共同)

    商品コード: 2003031200023

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4