KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 運輸安全委員会
  • 記者
  • 会見
  • 東京電力
  • 令和
  • 質問
  • 昭和
  • 機体
  • 黒川清
  • 死亡

「事故調」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1,417
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,417
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1957年10月01日
    日航機が不時着炎上

    不時着炎上現場上空を飛んで調査をする日航事故調査団の飛行機(大阪・伊丹空港)=1957(昭和32)年10月1日 (32年内地1612)

    商品コード: 2012070900283

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1966年02月07日
    羽田沖で全日空機墜落

    運輸省で開かれた全日空機遭難事故調査団会議。左端は福井運輸政務次官=1966(昭和41)年2月7日

    商品コード: 2011041800103

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1966年03月12日
    全日空機墜落事故

    回収後、羽田空港の格納庫に並べられた全日空のボーイング727型機残がいを調べる事故調査小委員会の委員たち=1966(昭和41)年3月12日

    商品コード: 2011052500225

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1969年01月30日
    報告する木村団長 全日空機事故で中間報告

    昭和41年2月に東京湾に墜落した全日空機事故調査の中間報告について説明する木村秀政技術調査団団長(右)。左は運輸省の松本航空局技術部長=1969(昭和44)年1月31日、運輸省

    商品コード: 2010120900234

  • 1970年05月19日
    南極観測船ふじドック入り

    事故調査のためドック入りした南極観測船ふじ。右のスクリューが脱落している=1970(昭和45)年5月19日、横浜市神奈川区の日本鋼管浅野ドック

    商品コード: 2010122100334

  • 1971年08月01日
    全日空機事故調査委員会が初会合

    席上の山県昌夫委員長=1971(昭和46)年7月31日

    商品コード: 1971080100008

  • 1971年08月02日
    本格的な現場調査を開始(全日空・自衛隊機衝突事故)

    自衛隊機F86Fの残骸を調査する政府の事故調査委員=1971(昭和46)年8月2日、岩手県雫石町

    商品コード: 2011012500192

  • 1971年08月02日
    本格的な現場調査を開始(全日空・自衛隊機衝突事故)

    自衛隊機F86Fの残骸を調査する政府の事故調査委員=1971(昭和46)年8月2日、岩手県雫石町

    商品コード: 2011012500193

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1975年12月18日
    三菱石油重油流出事故調査委

    三菱石油水島製油所タンク原因調査委員会であいさつする木原委員長。右から2人目は佐々木消防庁長官=1975(昭和50)年12月18日、自治省

    商品コード: 2006042000296

  • 1977年12月02日
    米軍機墜落事故調査委開く

    米軍機墜落事故の原因調査のため顔を合わせた日米合同委員会事故分科委員会の両国委員。右端は安斉日本側議長。左端はダイザー米側議長=1977(昭和52)年12月2日、東京都港区芝の駐健保会館(52年内地 9163)

    商品コード: 2015030900172

  • 1978年08月03日
    (いき・しょうじ) 伊木正二

    東大名誉教授(鉱山学)、日本バレーボール協会会長、学術会議会員、三井三池有明鉱事故調査委員会委員長=1978(昭和53)年7月19日撮影

    商品コード: 2004112200043

  • 1979年03月22日
    大清水トンネルで火災事故

    1回目の事故調査を終えて坑口を出る調査隊=1979(昭和54)年3月22日午前5時53分、群馬県側の保登野沢斜坑入口(54年内地2725)

    商品コード: 2015012800275

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1980年10月25日
    岡田實

    岡田實、学者・研究者、おかだ・みのる、岡田実、同名異人あり、死去・1997年6月15日、工学者、大阪大学教授・学長、日本学術会議会員、航空事故調査委員会委員長、大阪府教委委員長、勲一等瑞宝章受章=1980(昭和55)年10月25日

    商品コード: 1980111500006

  • 1981年04月30日
    敦賀原発で放射能漏出

    敦賀発電所放射能漏出事故調査の検討結果について、記者会見する原子力安全委員会の吹田徳雄委員長=1981(昭和56)年4月30日、科学技術庁

    商品コード: 2021102008794

  • 1982年02月09日
    航空事故調査委が中間報告

    記者会見する運輸省航空事故調査委員会の八田桂三委員長(中央)=1982(昭和57)年2月19日、運輸省

    商品コード: 1982020900016

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1982年02月09日
    日航機羽田沖墜落事故

    回収されたフライトレコーダー(左)とボイスレコーダー=1982(昭和57)年2月9日、羽田空港の運輸省航空機事故調査委

    商品コード: 2005041200183

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1982年02月09日
    航空事故調査委発足

    記者会見する八田桂三・運輸省航空事故調査委員会委員長=1982(昭和57)年2月9日、運輸省(羽田沖日航機墜落事故で)

    商品コード: 1982020900014

  • 1982年02月09日
    航空事故調査委が中間報告

    小坂徳三郎運輸相(左)に報告書を見せる八田桂三・運輸省航空事故調査委員会委員長=1982(昭和57)年2月19日、運輸省

    商品コード: 1982020900015

  • 1982年02月09日
    日航機事故で調査委が会見

    日航機羽田沖墜落事故を受けて、記者会見する八田桂三運輸省航空事故調査委員長。右は塚谷首席調査官=1982(昭和57)年2月9日、運輸省

    商品コード: 2021042705654

  • 1982年02月09日
    日航機事故で調査委が会見

    日航機羽田沖墜落事故を受けて、記者会見する運輸省航空事故調査委の八田桂三委員長=1982(昭和57)年2月9日、運輸省

    商品コード: 2021042705717

  • 1982年02月09日
    日航機事故で調査委が会見

    日航機羽田沖墜落事故を受けて、記者会見する運輸省航空事故調査委の八田桂三委員長。右は塚谷首席調査官=1982(昭和57)年2月9日、運輸省

    商品コード: 2021042705722

  • 1982年02月19日
    航空事故調査委が中間報告

    運輸省航空事故調査委員会の中間報告を受けて記者会見する高木養根日航社長=1982(昭和57)年2月19日、運輸省

    商品コード: 1982021900012

  • 1982年02月19日
    航空事故調査委が中間報告

    記者会見で頭を下げる日航の高木養根社長=1982(昭和57)年2月19日、運輸省

    商品コード: 1982021900014

  • 1982年02月19日
    航空事故調査委が中間報告

    記者会見する日航の(左から)高木養根社長、野田親則専務=1982(昭和57)年2月19日、運輸省

    商品コード: 1982021900013

  • 1982年02月19日
    航空事故調査委が中間報告

    中間報告を受けて、記者会見する小坂徳三郎運輸相=1982(昭和57)年2月19日、運輸省

    商品コード: 1982021900004

  • 1982年12月22日
    羽田沖事故聴聞会

    証言を聞く八田桂三・航空事故調査委員会委員長=1982(昭和57)年12月22日、運輸省(JAL事故聴聞会)

    商品コード: 1982122200016

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1984年09月28日
    三池炭鉱事故調査委員会が最終報告

    最終報告を受けて開かれた三池坑内火災対策本部の最終会議=1984(昭和59)年9月28日、通産省

    商品コード: 1984092800005

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1984年09月28日
    三池炭鉱事故調査委員会が最終報告

    小此木彦三郎通産相(右)に最終報告をする伊木正二・三池炭鉱事故調査委員会委員長=1984(昭和59)年9月28日、通産省

    商品コード: 1984092800004

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1984年09月28日
    三池炭鉱事故調査委員会が最終報告

    伊木正二・三池炭鉱事故調査委員会委員長=1984(昭和59)年9月28日、通産省

    商品コード: 1984092800006

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1984年10月31日
    八田桂三

    八田桂三、学者、研究者、はった・けいぞう、死去・1995年6月13日、東大教授・名誉教授、東大宇宙航空研究所長、中央公害対策審議会大気部会自動車公害専門委員会委員長、運輸省航空事故調査委員会委員長=1984(昭和59)年10月

    商品コード: 1984122000053

  • 1985年02月21日
    (はった・けいぞう) 八田桂三

    東大工学部教授、自動車公害専門委員会委員長、日航羽田沖事故の航空事故調査委員長、運輸省航空事故調査委員会委員長=1984(昭和59)年10月撮影

    商品コード: 2004012000084

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年03月27日
    日航ジャンボ機墜落事故

    垂直尾翼取付部胴体フレームの間にからまった断熱材(矢印)(運輸省事故調査委提供)(1986(昭和61)年3月27日出稿)(1985年国内十大ニュース1関連)

    商品コード: 2009102600171

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年03月27日
    日航ジャンボ機墜落事故

    胴体外板のファスナー孔より噴き出したとみられる断熱材(矢印)(運輸省事故調査委提供)(1986(昭和61)年3月27日出稿)(1985年国内十大ニュース1関連)

    商品コード: 2009102600174

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年08月14日
    墜落現場から回収 日航ジャンボ機墜落事故

    段ボールに詰められ運輸省航空事故調査委員会に運び込まれたフライトレコーダーとボイスレコーダー=1985(昭和60)年8月15日午前0時40分、運輸省(1985年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2009101300061

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年08月15日
    調査する運輸省事故調査委員 日航ジャンボ機御巣鷹山墜落事故

    日航ジャンボ機の残骸の中を調査する運輸省事故調査委員会の人たち=1985(昭和60)年8月14日、群馬県・御巣鷹山

    商品コード: 1985081550003

  • 1985年08月16日
    日航ジャンボ機墜落事故

    機体の破片が散乱する墜落現場に到着した米事故調査団=1985(昭和60)年8月16日、群馬県・御巣鷹山

    商品コード: 2006033000261

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年08月16日
    日航ジャンボ機墜落事故

    墜落現場に散乱する機体の破片を見る米事故調査団=1985(昭和60)年8月16日、群馬県・御巣鷹山(1985年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2007062600084

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年08月16日
    日航ジャンボ機墜落事故

    墜落現場に散乱する日航機の機体を見る米事故調査団=1985(昭和60)年8月16日午前9時25分、群馬県・御巣鷹山(1985年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2009101900048

  • 1985年08月17日
    藤原次席調査官が記者会見 日航ジャンボ機墜落事故

    日航機墜落事故の調査活動について黒板に隔壁を書き記者会見する運輸省航空事故調査委員会の藤原次席調査官(中央)=1985(昭和60)年8月17日、運輸省

    商品コード: 2007062600087

  • 1985年08月18日
    日航ジャンボ機墜落事故

    墜落現場を調査する運輸省の航空事故調査官(左)ら=1985(昭和60)年8月18日、群馬県・御巣鷹山

    商品コード: 2006033000268

  • 1985年08月18日
    日航ジャンボ機墜落事故

    墜落事故原因究明のカギとなる隔壁の残がいを調べる運輸省の航空事故調査官ら=1985(昭和60)年8月18日、群馬県・御巣鷹山

    商品コード: 2006033000269

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年08月18日
    日航ジャンボ機墜落事故

    回収されたボイスレコーダーや機体の残がいから、運輸省航空事故調査委員会が事故原因を分析。圧力隔壁の破裂により垂直尾翼の一部が吹き飛び、油圧系統の破損へと連鎖的に破壊が進行したためと結論した。写真は8月18日、圧力隔壁の残がいを調べる日航職員=群馬県・御巣鷹山(1985年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2003071700061

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年08月19日
    日航ジャンボ機墜落事故

    墜落した日航機の垂直尾翼部分を調べる米事故調査団=1985(昭和60)年8月19日、神奈川県警第1機動隊宿舎(1985年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2009101900078

  • 1985年08月22日
    日航ジャンボ機墜落事故

    事故現場で主翼付近を調べる事故調査官=1985(昭和60)年8月22日、群馬県・御巣鷹山

    商品コード: 2006033000276

  • 1985年08月22日
    日航ジャンボ機墜落事故

    事故調査官らの見守る中で進められる隔壁部分の復元作業=1985(昭和60)年8月22日、群馬県・御巣鷹山(1985年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2006033000277

  • 1985年08月22日
    日航ジャンボ機墜落事故

    事故現場に入る米側の事故調査官たち=1985(昭和60)年8月22日、群馬県・御巣鷹山(1985年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2006033000278

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年08月27日
    日航ジャンボ機墜落事故

    操縦室内の部品を選別する運輸省航空事故調査委員会の調査官=1985(昭和60)年8月27日午後2時ごろ、群馬県・御巣鷹山(1985年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2009102000200

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年08月27日
    提出する八田委員長 事故調査委が中間報告

    日航ジャンボ機墜落事故の中間報告書を山下徳夫運輸相(左)に提出する八田桂三・航空事故調査委員会委員長=1985(昭和60)年8月27日、運輸省

    商品コード: 1985082700024

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年08月27日
    説明する八田委員長 事故調査委が中間報告

    山下徳夫運輸相(左)に説明する八田桂三・航空事故調査委員会委員長=1985(昭和60)年8月27日、運輸省(日航ジャンボ機墜落事故)

    商品コード: 1985082700025

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年09月10日
    日航ジャンボ機墜落事故

    墜落事故現場に散乱した機体を調べる米側事故調査団=1985(昭和60)年8月16日、群馬県・御巣鷹山(1985(昭和60)年9月10日出稿)(1985年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2009102600086

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年09月18日
    日航ジャンボ機墜落事故

    復元された与圧隔壁と修理部分を説明する運輸省事故調査官=1985(昭和60)年9月18日、東京・三鷹の航空宇宙技術研究所調布分室(1985年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2009102100046

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年09月18日
    修理部分指し示す調査官 日航ジャンボ機墜落事故

    一直線に亀裂が入った後部与圧隔壁の修理部分を指し示す運輸省事故調査官=1985(昭和60)年9月18日、東京・三鷹市の科学技術庁航空宇宙技術研究所調布飛行場分室

    商品コード: 2006033000284

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年09月18日
    日航ジャンボ機墜落事故

    与圧隔壁のこん包を解く事故調の作業員=1985(昭和60)年9月18日、東京・三鷹の航空宇宙技術研究所調布分室(1985年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2009102100048

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年12月19日
    日航ジャンボ機墜落事故

    日航機事故第3次中間報告をする藤原洋運輸省航空事故調査委員(左)と武田峻委員長=1985(昭和60)年12月19日、運輸省(1985年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2009102100111

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年03月27日
    機体後部に断熱材の破片 日航ジャンボ機墜落事故

    墜落した日航ジャンボ機の後部隔壁L18接続部のリベットNO21付近を開くと、上下対称にたばこのやにが付いていた(矢印)(運輸省事故調委提供)(1986(昭和61)年3月27日出稿)(1985年国内十大ニュース1関連)

    商品コード: 2009102100249

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年04月25日
    開かれた聴聞会 日航機墜落事故で聴聞会開く

    昨年の日航機墜落事故について開かれた運輸省の航空事故調査委員会の聴聞会=1986(昭和61)年4月25日、運輸省

    商品コード: 1986042500024

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年06月10日
    3飛行士が記者会見

    チャレンジャー事故調査報告について記者会見する(右から)毛利衛さん、内藤千秋さん、土井隆雄さん=1986(昭和61)年6月10日、科学技術庁

    商品コード: 1986061000008

  • 1991年03月12日
    説明を受ける事故調査特別委員会 美浜原発を現地調査

    関西電力美浜原子力発電所の中央制御室で、事故当時の説明を受ける通産省資源エネルギー庁の事故調査特別委員会=1991(平成3)年3月12日、福井県美浜町

    商品コード: 2019020616783

  • 1993年11月20日
    厄介な旧ソ連時代のつけ 原潜の事故調査 核汚染に悩むロシア

    原子力潜水艦「コムソモーレッツ」の模型を前に事故調査の打ち合わせをするサンクトペテルブルクの中央海洋施設設計局の専門家(タス=共同)

    商品コード: 1993112000078

  • 1993年12月08日
    調査報告書 歳暮、密告で成績水増し

    成績水増しなどを明らかにした栃木県教育委員会の学校事故調査報告書(教育)

    商品コード: 1993120800094

  • 1994年03月01日
    事故調が現場検証 ジャンボ機がエンジン火災

    脱落した左翼外側の第1エンジン部分を検証する運輸省航空事故調査委員会の調査官=1日午後5時10分、成田空港(航空機事故)

    商品コード: 1994030100065

  • 1994年03月02日
    NW機の取り付け部分 エンジン脱落との関係調査

    事故を起こしたノースウエスト機のエンジン取り付け部分を調査する事故調査委員ら=2日午後、成田空港(ノースウエスト機事故)

    商品コード: 1994030200074

  • 1994年03月02日
    NW機事故で本格調査

    事故機からフライトレコーダーなどを運び出す事故調査委員会の職員ら=2日正午、成田空港(ノースウエスト機事故)

    商品コード: 1994030200021

  • 1994年03月03日
    ボ社も加わり検証再開 成田空港のNW機事故

    脱落したNW機の第1エンジン取り付け部分を調査する事故調査委員ら=3日午前、成田空港(ノースウエスト機事故)

    商品コード: 1994030300022

  • 1994年04月27日
    事故調査委が会見 中華航空機炎上事故

    回収したボイスレコーダー(手前)とフライトレコーダーを前に記者会見する運輸省の松本学首席航空事故調査官(左)。右は杉村守次席調査官=27日午後6時30分、名古屋空港(中華航空機墜落事故)

    商品コード: 1994042700105

  • 1994年04月30日
    事故調査委が中間報告 中華航空機墜落事故

    中華航空機墜落事故でボイスレコーダーの録音内容など、調査結果を中間報告する運輸省航空事故調査委の松本首席調査官(右端)=30日午後7時15分、運輸省

    商品コード: 1994043000087

  • 1994年05月10日
    報告する松本事故調査官 事故調委が中間報告

    中華航空機墜落事故調査の中間報告をする運輸省航空事故調査委員会の松本学首席航空事故調査官=10日午後、運輸省

    商品コード: 1994051000052

  • 1994年05月10日
    大勢の報道陣 事故調委が中間報告

    中華航空機墜落事故調査の中間報告発表に詰め掛けた大勢の報道陣=10日午後、運輸省

    商品コード: 1994051000054

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月19日
    朝日の事故機を検証 現場や接触ヘリを検証

    朝日新聞社ヘリの墜落事故で事故機を検証する大阪府警、運輸省航空事故調査委員会=19日午前10時40分、大阪府泉佐野市上之郷(カラーネガ)(朝日新聞ヘリ墜落事故・航空機事故・まいどり)

    商品コード: 1994101900013

  • 1994年10月19日
    事故調査委が会見 ヘリ事故で事故調委会見

    白板を使って事故の状況を説明する運輸省航空事故調査委員会の中辻吉郎次席調査官(右)ら=19日午後6時40分、関西空港事務所(カラーネガ)(朝日新聞ヘリ墜落事故・航空機事故・まいどり)

    商品コード: 1994101900077

  • 1994年10月19日
    会見する調査官ら ヘリ事故で事故調委会見

    朝日新聞ヘリの墜落事故で記者会見する運輸省航空事故調査委員会の事故調査官ら=19日午後6時30分、関西空港事務所(カラーネガ)(朝日新聞ヘリ墜落事故・航空機事故・まいどり)

    商品コード: 1994101900080

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月21日
    会見する調査官ら ヘリ事故で事故調委会見

    朝日新聞ヘリ墜落事故について記者会見する運輸省航空事故調査委員会の調査官ら=21日午後2時10分、大阪空港事務所(カラーネガ)

    商品コード: 1994102100057

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年12月12日
    比航空関係者ら到着 フィリピン航空機内で爆発

    那覇空港に到着したフィリピン側の事故調査団=12日午前10時45分(カラーネガ)(交通、飛行機事故)

    商品コード: 1994121200024

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年02月22日
    海自の事故調委員長 高知沖の海自飛行艇事故

    岩国基地に到着した海上自衛隊事故調査委員会の金子豊委員長=22日午前10時、山口県岩国市

    商品コード: 1995022200024

  • 1995年12月13日
    調査に向かう科技庁作業班 もんじゅ冷却材漏れ事故

    ナトリウム漏れ事故現場の調査に向かう科学技術庁の事故調査・検討作業班のメンバーら=13日午後2時40分、福井県敦賀市白木

    商品コード: 1995121300066

  • 1995年12月13日
    調査に向かう科技庁作業班 もんじゅ冷却材漏れ事故

    ナトリウム漏れ事故現場の調査に向かう科学技術庁の事故調査・検討作業班のメンバーら=13日午後2時40分、福井県敦賀市白木

    商品コード: 1995121300068

  • 1996年04月27日
    濃霧の中で現場調査 事故原因究明へ本格調査

    濃霧の中、事故現場の確認をする運輸省事故調査委の調査官=27日午前7時30分、釧路空港

    商品コード: 1996042700013

  • 1996年04月27日
    墜落の小型機を調査 事故調委などが現場検証

    墜落した小型機を調べる運輸省事故調委の調査官ら=27日午後1時半、北海道・釧路空港

    商品コード: 1996042700129

  • 1996年04月27日
    濃霧の中で現場調査 事故原因究明へ本格調査

    濃霧の中、事故現場の確認をする運輸省事故調査委の調査官=27日午前7時30分、釧路空港

    商品コード: 1996042700012

  • 1996年04月27日
    墜落の小型機を調査 事故調委などが現場検証

    墜落した小型機を調べる運輸省事故調委の調査官ら=27日午後1時半、北海道・釧路空港

    商品コード: 1996042700130

  • 1996年06月14日
    現場を調べる事故調査委 ガルーダ機炎上事故

    焼け焦げたエンジンを調べる事故調査委=14日午前8時40分、福岡空港(カラーネガ)

    商品コード: 1996061400006

  • 1996年06月14日
    胴体部分を調査 ガルーダ機炎上事故

    焼け落ちたガルーダ機の胴体部分を調査する事故調査委の係官=14日午前7時40分、福岡空港(カラーネガ)

    商品コード: 1996061400014

  • 1996年06月14日
    胴体部分を調査 ガルーダ機炎上事故

    焼け落ちたガルーダ機の胴体部分を調査する事故調査委の係官=14日午前7時40分、福岡空港(カラーネガ)

    商品コード: 1996061400015

  • 1996年06月14日
    第3エンジンを現場検証 ガルーダ機炎上事故

    事故原因と見られるガルーダ機の第3エンジン(下)と胴体内部を現場検証する事故調査委の係官ら=14日午前、福岡空港

    商品コード: 1996061400068

  • 1996年06月14日
    現場を調べる事故調査委 ガルーダ機炎上事故

    焼け焦げたエンジンを調べる事故調査委=14日午前8時40分、福岡空港(カラーネガ)

    商品コード: 1996061400007

  • 1996年06月14日
    劣化ウランを捜索 ガルーダ機炎上事故

    脱落した劣化ウランを捜索する事故調査委の係官ら=14日午前8時15分、福岡空港

    商品コード: 1996061400021

  • 1996年06月14日
    劣化ウランを捜索 ガルーダ機炎上事故

    脱落した劣化ウランを捜索する事故調査委の係官ら=14日午前8時15分、福岡空港

    商品コード: 1996061400024

  • 1996年06月14日
    第3エンジンを現場検証 ガルーダ機炎上事故

    事故原因と見られるガルーダ機の第3エンジン(下)と胴体内部を現場検証する事故調査委の係官ら=14日午前、福岡空港

    商品コード: 1996061400071

  • 1996年06月15日
    第3エンジンを調査 タンク破損で炎上か

    右主翼下の第3エンジンと燃料タンクを調査する事故調査委の係官ら=15日午後3時50分、福岡空港

    商品コード: 1996061500127

  • 1996年06月15日
    第3エンジンを重点調査 ガルーダ機炎上事故

    炎上事故を起こしたガルーダ機の第3エンジンを重点に調査する事故調査委の係官ら=15日午前10時30分、福岡空港

    商品コード: 1996061500030

  • 1996年06月15日
    第3エンジンを重点調査 ガルーダ機炎上事故

    炎上事故を起こしたガルーダ機の第3エンジンを重点に調査する事故調査委の係官ら=15日午前10時30分、福岡空港

    商品コード: 1996061500031

  • 1996年06月15日
    到着した調査団 米国の調査団が福岡入り

    ガルーダ機の事故原因を調べるため福岡空港に到着した米国の事故調査団。左から2人目は案内する事故調委の中辻次席調査官=15日午後9時5分

    商品コード: 1996061500154

  • 1996年06月15日
    第3エンジンを調査 タンク破損で炎上か

    右主翼下の第3エンジンと燃料タンクを調査する事故調査委の係官ら=15日午後3時50分、福岡空港

    商品コード: 1996061500126

  • 1996年06月15日
    到着した調査団 米国の調査団が福岡入り

    ガルーダ機の事故原因を調べるため福岡空港に到着した米国の事故調査団。左から2人目は案内する事故調委の中辻次席調査官=15日午後9時5分

    商品コード: 1996061500153

  • 1996年06月16日
    後部座席の検証 「煙の中、光目指した」

    炎上した後部座席付近を検証する事故調査委の係官ら=15日午後、福岡空港

    商品コード: 1996061600029

  • 1996年06月16日
    後部座席の検証 「煙の中、光目指した」

    炎上した後部座席付近を検証する事故調査委の係官ら=15日午後、福岡空港

    商品コード: 1996061600028

  • 1996年06月17日
    病院を出る調査官 事故調委が機長聴取

    機長から事情聴取を拒否され病院を出る事故調査委の調査官=17日午前11時20分、福岡市博多区の木村外科

    商品コード: 1996061700032

  • 1996年06月19日
    聴取を終えた調査官 事故調委が機長から初聴取

    機長からの聴取を終え木村外科病院を出る航空事故調査委員会の吉川調査官=19日午後0時5分、福岡市博多区千代(カラーネガ)

    商品コード: 1996061900025

  • 1996年06月19日
    病院に入る調査官ら 事故調委が機長から初聴取

    入院中の機長から事情聴取するため病院に入る事故調委の調査官ら=19日午前10時20分、福岡市博多区の木村外科病院(カラーネガ)

    商品コード: 1996061900016

  • 1996年06月19日
    病院に入る調査官ら 事故調委が機長から初聴取

    入院中の機長から事情聴取するため病院に入る事故調委の調査官ら=19日午前10時20分、福岡市博多区の木村外科病院(カラーネガ)

    商品コード: 1996061900017

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...