KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 農家
  • ヘクター
  • 記者
  • 収入
  • 最適
  • 食糧
  • フフホト
  • 商品作物
  • 奨励

「二毛作」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
25
( 1 25 件を表示)
  • 1
25
( 1 25 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 第1967号 「同盟写真特報」
    1942年08月02日
    第1967号 「同盟写真特報」

    ※マカッサルだより、内本海軍報道班員撮影、海軍省許可済第571号(1)敵軍敗走に際して完全に破壊してあったマカッサル造船所は我が勇士の手で修理され造船や修理がどしどし出来るようになりインドネシア人の工員たちも、はり切って働いている(2)マカッサルの南桟橋付近に海岸喫茶店が出来た。接待する娘たちは、全インドネシアの乙女たちで、いつの間にか覚えた日本語で注文を聞きにくる。「ヘイタイサーン、ナニニイタシマショウ!」思えば日本語は八重の汐路5千カイリを進撃したわけである(3)町の各学校では日本語の教習に一生懸命である。皆熱心で、「兵隊サン、アリガトウ」から日常の言葉に不自由はしないようになってきた。インドネシア語で問うと日本語で返事されてあわてた人もある程である(4)マカッサル市より一歩郊外に出ると右も左も豊かに実る黄金の波であるが、今迄は田植さえすれば後は実までほって置いて米になったから農民はいとものんびりしていたものであるが、勇士たちは、二毛作はおろか三毛作、四毛作へ指導している(5)商店街テンペン街、パッサル街の商人達も完全に帰って来て、旧に倍する繁昌ぶりである。魚市場、青果市場、いや何処でも賑やかなことである(6)皇軍の強襲にたええられず、乗り捨てられてあった敵軍自動車も勇士の手で修理工場にあつめられ、つぎつぎと修理され、今は皇軍の御用をつとめている、昭和17年8月29日(土曜日)第1967号、※インドネシア諸島のひとつ

    商品コード: 2009011400048

  • 第1844号 「同盟写真特報」
    1942年08月06日
    第1844号 「同盟写真特報」

    皇軍勇士の指導が実を結び、二毛作はおろか四毛作へと張り切るマカッサルの農民、写真は見事なみのりに喜ぶ農民と微笑む勇士、海軍省許可済第571号、昭和17年8月6日(木曜日)第1844号

    商品コード: 2008063000034

  • 群馬の新品種米 「ゴロピカリ」はいかが
    1995年02月18日
    群馬の新品種米 「ゴロピカリ」はいかが

    群馬県がコシヒカリと二毛作用のコメを交配して開発した新品種米「ゴロピカリ」

    商品コード: 1995021800030

  • 農場視察する金総書記 「カネで計算する思考を」
    2003年06月30日
    農場視察する金総書記 「カネで計算する思考を」

    6月4日、北朝鮮の軍部隊が運営する農場を視察した金正日総書記(左)。穀物中心に二毛作を大々的に行うよう指示した(朝鮮通信=共同)

    商品コード: 2003063000216

  • コンバインと内田代表 「麦秋」を守り抜く
    2016年06月07日
    コンバインと内田代表 「麦秋」を守り抜く

    農事組合法人「にしきの」は、田植えを控えて麦の収穫を急ぐ。「迅速な作業のため100馬力の汎用コンバインを使う」と語る内田貴之代表=3日、群馬県玉村町

    商品コード: 2016060700353

  • 群馬県の麦畑 「麦秋」を守り抜く
    2016年06月07日
    群馬県の麦畑 「麦秋」を守り抜く

    北関東は本州最大の麦産地。緑色から黄金色に変色していく田園は錦のようだ。後方は群馬の山並み=5月7日、群馬県玉村町

    商品コード: 2016060700356

  •  「麦秋」を守り抜く
    2016年06月07日
    「麦秋」を守り抜く

    米の食味で「特A」評価の数

    商品コード: 2016060700359

  •  「麦秋」を守り抜く
    2016年06月07日
    「麦秋」を守り抜く

    米の食味で「特A」評価の数

    商品コード: 2016060700360

  •  江蘇省太湖稲区、二毛作の水稲収穫量が過去最高を更新
    2019年11月08日
    江蘇省太湖稲区、二毛作の水稲収穫量が過去最高を更新

    8日、江蘇省張家港市の多収型モデル水田で記念撮影をする専門家グループとプロジェクトチームのメンバー。中国の南京農業大学によると、同大学の専門家グループがこのほど、江蘇省張家港市で1ムー(約667平方メートル)以上の水田3カ所を無作為に抽出して機械収穫を行ったところ、1ムー当たりの水稲収穫量が1071キロとなり、同省太湖稲区の稲麦二毛作で初めて1トンを上回った。(張家港=新華社配信)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111400149

  •  江蘇省太湖稲区、二毛作の水稲収穫量が過去最高を更新
    2019年11月08日
    江蘇省太湖稲区、二毛作の水稲収穫量が過去最高を更新

    8日、江蘇省張家港市の多収型モデル水田で行われた機械収穫。中国の南京農業大学によると、同大学の専門家グループがこのほど、江蘇省張家港市で1ムー(約667平方メートル)以上の水田3カ所を無作為に抽出して機械収穫を行ったところ、1ムー当たりの水稲収穫量が1071キロとなり、同省太湖稲区の稲麦二毛作で初めて1トンを上回った。(張家港=新華社配信)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111400196

  •  江蘇省太湖稲区、二毛作の水稲収穫量が過去最高を更新
    2019年11月08日
    江蘇省太湖稲区、二毛作の水稲収穫量が過去最高を更新

    8日、江蘇省張家港市で収穫量を検証する専門家グループ。中国の南京農業大学によると、同大学の専門家グループがこのほど、江蘇省張家港市で1ムー(約667平方メートル)以上の水田3カ所を無作為に抽出して機械収穫を行ったところ、1ムー当たりの水稲収穫量が1071キロとなり、同省太湖稲区の稲麦二毛作で初めて1トンを上回った。(張家港=新華社配信)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111400162

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.00
    2021年05月29日
    「新華社」新疆カシュガル地区で「海水稲」の田植え始まる

    中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠西端に位置するカシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県のアルカリ土壌稲作改良モデル基地ではこのところ、「海水稲」の田植えが行われている。水田は塩分濃度が17‰で、重度のアルカリ性。同基地では5月と6月に植えた海水稲を10月に刈り取った後、小麦を育てる二毛作を行っている。22日に死去した中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平氏率いる研究チームが2018年、同県バヤワト(巴依阿瓦提)郷を中国初の塩類アルカリ土壌向け稲作改良試験基地の一つに選び、80ムー(約5・3ヘクタール)の試験田に海水稲を植えた。チームは3年連続で同地での試験栽培に成功し、20年には1ムー(約667平方メートル)当たりの収穫量が548・53キロに達した。同県では今年、過去3年間の試験栽培と土壌改良の成功を受けて、合わせて300ムー(約20ヘクタール)の水田に海水稲を植えることになっている。(記者/高晗)=配信日:2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053108307

  •  フレンドファーム福井の小麦の追肥作業
    2022年04月28日
    フレンドファーム福井の小麦の追肥作業

    フレンドファーム福井による小麦の追肥作業。共同購入した機械で幅約15メートルを一度に散布していく。新緑がまぶしい4月下旬の岡山県津山市福井の山あい。青々とした小麦の穂が田んぼで揺れていた。黄金色に熟す6月半ばに刈り取り、すぐに水を張って今度は稲の苗を植える。いわゆる二毛作ができる転作作物として、津山地域では2008年産から小麦の栽培が本格化。農家の収入確保を狙いに、地元の自治体やJAなどが連携しながら生産拡大とブランド化を進め、津山麦作経営者部会の作付面積(約140ヘクタール)は直近10年間で5倍以上に増えている。「新型コロナウイルス禍で米価が低下する中、コメだけではいよいよ経営が厳しい。田んぼを冬場に遊ばせておくのはもったいない」。8年前の設立当初から小麦を導入する農事組合法人フレンドファーム福井(津山市福井)の井上好雄代表理事(72)が話す。=2022(令和4)年4月28日、岡山県津山市福井、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052407136

  • アオサノリなど 海藻の二毛作養殖に成功
    2022年08月13日
    アオサノリなど 海藻の二毛作養殖に成功

    徳島大などが開発し商品化した「あかねそう」とアオサノリ

    商品コード: 2022081309410

  • 「あかねそう」 海藻の二毛作養殖に成功
    2022年08月13日
    「あかねそう」 海藻の二毛作養殖に成功

    徳島大などが開発し商品化した「あかねそう」

    商品コード: 2022081309412

  • アオサノリ 海藻の二毛作養殖に成功
    2022年08月14日
    アオサノリ 海藻の二毛作養殖に成功

    徳島文理大などが開発し商品化したアオサノリ

    商品コード: 2022081309408

  •  (5)二毛作の白菜が豊作内モンゴル自治区
    2022年10月14日
    (5)二毛作の白菜が豊作内モンゴル自治区

    7日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区干召廟鎮永豊村で白菜を収穫する農家の人。中国の河套地域(黄河が「几」字形に湾曲する地域)にある内モンゴル自治区バヤンノール市の2万3500ムー(約1567ヘクタール)の畑で、小麦収穫後に二毛作で栽培された白菜が収穫期を迎えた。1ムー(約667平方メートル)当たりの収穫量は6トン、総収穫量は14万1千トンを見込む。1ムー当たりの純収入は3千元(1元=約20円)を超える見通し。国の食糧の安全を確保するため、市は今年、栽培業の構造をさらに最適化し、補助金政策を打ち出して小麦収穫後に白菜などの商品作物を二毛作で栽培することを奨励、小麦栽培の収益向上につなげている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101410482

  •  (1)二毛作の白菜が豊作内モンゴル自治区
    2022年10月14日
    (1)二毛作の白菜が豊作内モンゴル自治区

    7日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区干召廟鎮永豊村で白菜を収穫する農家の人。中国の河套地域(黄河が「几」字形に湾曲する地域)にある内モンゴル自治区バヤンノール市の2万3500ムー(約1567ヘクタール)の畑で、小麦収穫後に二毛作で栽培された白菜が収穫期を迎えた。1ムー(約667平方メートル)当たりの収穫量は6トン、総収穫量は14万1千トンを見込む。1ムー当たりの純収入は3千元(1元=約20円)を超える見通し。国の食糧の安全を確保するため、市は今年、栽培業の構造をさらに最適化し、補助金政策を打ち出して小麦収穫後に白菜などの商品作物を二毛作で栽培することを奨励、小麦栽培の収益向上につなげている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101410437

  •  (6)二毛作の白菜が豊作内モンゴル自治区
    2022年10月14日
    (6)二毛作の白菜が豊作内モンゴル自治区

    7日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区干召廟鎮永豊村で白菜を販売する農家の人。中国の河套地域(黄河が「几」字形に湾曲する地域)にある内モンゴル自治区バヤンノール市の2万3500ムー(約1567ヘクタール)の畑で、小麦収穫後に二毛作で栽培された白菜が収穫期を迎えた。1ムー(約667平方メートル)当たりの収穫量は6トン、総収穫量は14万1千トンを見込む。1ムー当たりの純収入は3千元(1元=約20円)を超える見通し。国の食糧の安全を確保するため、市は今年、栽培業の構造をさらに最適化し、補助金政策を打ち出して小麦収穫後に白菜などの商品作物を二毛作で栽培することを奨励、小麦栽培の収益向上につなげている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101410488

  •  (4)二毛作の白菜が豊作内モンゴル自治区
    2022年10月14日
    (4)二毛作の白菜が豊作内モンゴル自治区

    7日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区干召廟鎮永豊村で白菜を収穫する農家の人。中国の河套地域(黄河が「几」字形に湾曲する地域)にある内モンゴル自治区バヤンノール市の2万3500ムー(約1567ヘクタール)の畑で、小麦収穫後に二毛作で栽培された白菜が収穫期を迎えた。1ムー(約667平方メートル)当たりの収穫量は6トン、総収穫量は14万1千トンを見込む。1ムー当たりの純収入は3千元(1元=約20円)を超える見通し。国の食糧の安全を確保するため、市は今年、栽培業の構造をさらに最適化し、補助金政策を打ち出して小麦収穫後に白菜などの商品作物を二毛作で栽培することを奨励、小麦栽培の収益向上につなげている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101410473

  •  (3)二毛作の白菜が豊作内モンゴル自治区
    2022年10月14日
    (3)二毛作の白菜が豊作内モンゴル自治区

    7日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区干召廟鎮永豊村で白菜を収穫する農家の人。中国の河套地域(黄河が「几」字形に湾曲する地域)にある内モンゴル自治区バヤンノール市の2万3500ムー(約1567ヘクタール)の畑で、小麦収穫後に二毛作で栽培された白菜が収穫期を迎えた。1ムー(約667平方メートル)当たりの収穫量は6トン、総収穫量は14万1千トンを見込む。1ムー当たりの純収入は3千元(1元=約20円)を超える見通し。国の食糧の安全を確保するため、市は今年、栽培業の構造をさらに最適化し、補助金政策を打ち出して小麦収穫後に白菜などの商品作物を二毛作で栽培することを奨励、小麦栽培の収益向上につなげている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101410480

  •  (2)二毛作の白菜が豊作内モンゴル自治区
    2022年10月14日
    (2)二毛作の白菜が豊作内モンゴル自治区

    7日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区干召廟鎮永豊村で白菜を収穫する農家の人。中国の河套地域(黄河が「几」字形に湾曲する地域)にある内モンゴル自治区バヤンノール市の2万3500ムー(約1567ヘクタール)の畑で、小麦収穫後に二毛作で栽培された白菜が収穫期を迎えた。1ムー(約667平方メートル)当たりの収穫量は6トン、総収穫量は14万1千トンを見込む。1ムー当たりの純収入は3千元(1元=約20円)を超える見通し。国の食糧の安全を確保するため、市は今年、栽培業の構造をさらに最適化し、補助金政策を打ち出して小麦収穫後に白菜などの商品作物を二毛作で栽培することを奨励、小麦栽培の収益向上につなげている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101410474

  •  (6)農繁期を迎えた重慶市の穀倉地帯
    2023年05月05日
    (6)農繁期を迎えた重慶市の穀倉地帯

    4日、重慶市合川区竜市鎮の現代農業産業パークで、農機を使って菜種を収穫する農家の人。同地域では冬の遊休田でアブラナを栽培し、収穫後に水稲を植える二毛作を行なっている。中国重慶市の北西部に位置し、「巴渝(はゆ、重慶の古称)の穀倉」と呼ばれる同市合川区ではこのところ、耕運と種まきが追い込みの段階に入った。田畑では農家の人々が機械や手作業で、苗の植え付けなどの作業に励む姿が見られた。同区は長年にわたり、穀物総生産量が市内トップを誇る。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2023(令和5)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050701022

  •  「新華社」江西省の水稲再生二期作、収量1ムー当たり905キロ超す
    01:13.64
    2023年08月28日
    「新華社」江西省の水稲再生二期作、収量1ムー当たり905キロ超す

    中国江西省の植物栄養・肥料学会は20日、同省と安徽省、湖北省の農業科学院、湖南農業大学、福建農林大学などの水稲再生二期作の専門家を集め、上饒市鄱陽県の再生イネ高収量栽培モデルエリアで収量の実地調査を行った。水稲再生二期作は刈り取ったイネの切り株から再生した芽を栽培し、収穫する栽培方法を指す。専門家グループはモデルエリアで3カ所の水田を選び、コンバインで収穫後、農業農村部の収量測定方法に基づいて夾雑(きょうざつ)物を除去し、水分を測定した。標準含有水分量13・5%で換算すると、平均収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり905・1キロに上った。専門家グループのリーダーで安徽省農業科学院の呉文革(ご・ぶんかく)研究員によると、モデルエリア内で栽培した品種「瑋両優8612」は再生力が強く、優れた総合的な耐性を持ち、収穫量が高いといった特徴を備え、再生二期作に最適だという。この品種で再生二期作を行う同県古県渡鎮の農家、熊宗玉(ゆう・そうぎょく)さんは「再生二期作は1回の田植えで2回収穫するもので、育苗や整地、田植えの時間と資金が省かれている」と語り、再生イネは二毛作より施肥が少なく、コストも低く、今では新品種として収穫量を一つ上の段階に引き上げ、農民の収益を一段と保障すると評価した。江西省農業科学院の邵彩虹(しょう・さいこう)研究員は、省内の再生イネの栽培面積は200万ムー(13万3千ヘクタール)を超えると明かし、生産技術の向上に伴い、食糧(穀物・豆類・芋類)の豊作実現を助ける重要な力になるとの見方を示した。 =配信日: 2023(令和5)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023082809322

  • 台湾・台東県の水田風景 黄金色の輝きを堪能
    2023年09月14日
    台湾・台東県の水田風景 黄金色の輝きを堪能

    台湾南東部・台東県は稲作が盛んな穀倉地帯です。特に池上郷に広がる水田は美しく、観光名所になっています。池上駅前などで借りた電動自転車で巡る旅客らがブランコに乗って黄金色に輝く水田風景を堪能していました。二毛作が一般的で、稲穂は6月初旬で既にたわわに。特産の「池上米」を使用したお弁当も有名で、台湾全土で販売されています。(撮影・松岡誠、共同)

    商品コード: 2023091408579

  • 1