KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 日光二荒山神社
  • 平成
  • 屋外
  • 世界遺産
  • 建物
  • 可能性
  • 委託
  • 情報
  • 画像
  • 研究

「二荒山」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
113
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
113
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    日光山輪王寺相輪橖

    日光輪王寺の相輪橖は三仏堂と共に二荒山神社にあったが、 神仏分離令により相輪橖は明治8年に、 三仏堂は明治14年に輪王寺に移された。 相輪橖は多数の経典が収蔵された家光公発願の供養塔である。 写真右端に三仏堂の屋根がある。=明治14年以降、日光、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐31‐0]

    商品コード: 2017092200468

  • -
    中禅寺湖

    湖畔の東方向のある大尻川(おおじりがわ)側から二荒山神社周辺を眺める。延暦3年(784)に勝道上人によって二荒権現をまつる社殿が建立された。湖畔には鳥居を囲んで左右に行者小屋が並んでいる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:臼井秀三郎(?)、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号65‐23‐0]

    商品コード: 2017082400248

  • -
    中禅寺湖

    二荒山神社中宮祠の境内から中禅寺湖を眺める。手前の二つの建物は行者小屋である。行者小屋は男体山(なんたいさん)に登る信者たちの宿舎であった。信者たちは、この行者小屋に寝泊りしながら、中禅寺湖で禊をして、男体山の頂を目指した。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号86‐7‐0]

    商品コード: 2017081400719

  • -
    中禅寺湖

    中禅寺湖の南東の湖畔にある歌ヶ浜から、北岸の男体山や、その麓の二荒山中宮祠と六軒茶屋の家並みを写したもの。夕景色の美しい歌ケ浜は埋め立てられ、現在は大駐車場となっている。画面奥の対岸に広がる建物の様子から、明治35(1902)年以前に撮影されたものである。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号93‐23‐0]

    商品コード: 2017081401033

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    中禅寺湖

    中禅寺湖北岸の二荒山神社中宮祠(画面右奥の高台)と行者小屋(画面中央)、六軒茶屋(画面手前)の一部を撮影したもの。右手画面の外側に男体山がそびえている。明治35(1902)年の台風で男体山に土石流が発生し、大被害を被る以前の風景を写したもの。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号89‐1‐0]

    商品コード: 2017081400800

  • -
    日光山輪王寺相輪橖と三仏堂

    日光輪王寺の相輪橖は三仏堂と共に二荒山神社にあったが、 神仏分離令により相輪橖は明治8年に、 三仏堂は明治14年に輪王寺に移された。 相輪橖は多数の経典が収蔵された家光公発願の供養塔である。 相輪橖の後に三仏堂が写っている。 相輪?の前にある2基の灯籠は糸割符仲間が奉納した糸割符灯籠。=明治14年以降、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐14‐0]

    商品コード: 2017092200461

  • -
    日光二荒山神社

    日光二荒山神社=撮影年月日不明、日光、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号106‐12‐0]

    商品コード: 2017081501879

  • -
    新緑の日光二荒山神社 神橋と大谷川

    キーワード:アーチ、アーチ橋、カエデ、グリーン、ブリッジ、屋外、橋、渓流、国家、国立公園、寺、自然、重要文化財、春、初夏、新緑、神橋、神社、神聖な、水、世界遺産、清流、青、赤、川、大谷川、二荒山神社、日光、日光国立公園、日本、風景、文化遺産、無人、葉、流れ、緑、緑色、建築、日光二荒山神社、朱色、自然風景、世界文化遺産、風景メイン写真=撮影日不明、栃木県日光市、クレジット:KAZUO_OGAWA/アマナイメージズ/共同通信イメージズ ※

    商品コード: 2020051305441

  • -
    新緑の日光二荒山神社 神橋と大谷川

    キーワード:アーチ、アーチ橋、カエデ、グリーン、ブリッジ、屋外、橋、渓流、国家、国立公園、寺、自然、重要文化財、春、初夏、新緑、神橋、神社、神聖な、水、世界遺産、清流、青、赤、川、大谷川、二荒山神社、日光、日光国立公園、日本、風景、文化遺産、無人、葉、流れ、緑、緑色、建築、日光二荒山神社、朱色、自然風景、世界文化遺産、風景メイン写真=撮影日不明、栃木県日光市、クレジット:KAZUO_OGAWA/アマナイメージズ/共同通信イメージズ ※

    商品コード: 2020051305558

  • -
    中禅寺湖畔

    中禅寺湖畔二荒山神社鳥居附近の湖岸から大崎を見る。大崎の先端の岸辺は隠れて見えていない。湖岸に多くの和船がある。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐64‐0]

    商品コード: 2017080400600

  • -
    中禅寺湖畔中宮祠の鳥居と男体山

    中禅寺湖の南東の湖畔にある歌ケ浜から、北側の男体山と、その麓の二荒山中宮祠と六軒茶屋の家並みを写したもの。夕景色の美しい歌ケ浜は、近年になってから護岸工事で埋め立てられ、大駐車場となってしまった。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐96‐0]

    商品コード: 2017081401680

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    中禅寺湖

    中禅寺湖北岸二荒山神社中宮祠を望む。湖畔には行者小屋が建ち並ぶ。明治35年の土石流で観音堂と鳥居左の行者小屋二つは流された。左端に船着場と旅館街がある。=撮影年月日不明、日光、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号40‐11‐0]

    商品コード: 2017080902641

  • -
    中禅寺湖畔

    二荒山神社中宮祠の境内から中禅寺湖岸を眺めたもの。手前の二つの建物は行者小屋である。行者小屋は男体山に登る信者たちの宿舎だった。画面の中央に六軒茶屋が建ち並び、その左奥にも行者小屋が見える。画面右端の建物は英国人カークードの別荘と思われる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐46‐0]

    商品コード: 2017081002735

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    中禅寺湖畔

    中禅寺湖北岸の二荒山神社中宮祠の境内(高台)と湖岸の行者小屋を撮影したもの。画面外側右手に男体山がそびえており、山頂に二荒山神社奥宮がある。明治35(1902)年の台風で男体山に土石流が発生し、大被害を被る以前の風景を写したもの。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐16‐0]

    商品コード: 2017081002670

  • -
    中禅寺湖

    中禅寺湖から大尻川(おおじりがわ)が流れ出ている。画面中央に大尻橋が見える。その向こうが中禅寺湖。手前に向かって大尻川が流れている。大尻川は華厳滝となっ落下し、大谷川(だいやがわ)となる。大尻橋の右手前方に二荒山神社中宮祠が、左手には歌ヶ浜がある。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号88‐25‐0]

    商品コード: 2017081400832

  • -
    日光山輪王寺相輪橖と三仏堂

    相輪橖は、寛永20(1643)年に天海大僧正が東照宮奥院に建てた青銅の塔。その後、二荒山神社付近に移されたが、神仏分離のため明治8(1875)年に現在の場所に移設された。輪王寺の三仏堂も、日光二荒山神社の境内から撤去され、明治14年に写真の場所に再建された。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号71‐15‐0]

    商品コード: 2017092200479

  • -
    日光山満願寺(輪王寺)三仏堂(大本堂)

    輪王寺の大本堂である三仏堂(さんぶつどう)は、以前は日光二荒山神社の境内に建っていた。明治4(1871)年に日光山の神仏分離によって境内地から解体撤去され、明治14(1881)年に写真にある現在地に再建された。千手観音、阿弥陀如来、馬頭観音の三仏が祀られている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐40‐0]

    商品コード: 2017081401595

  • -
    中禅寺湖

    二荒山神社中宮祠境内から湖畔の六軒茶屋を眺める。その奥には行者小屋が見える。明治初期の撮影らしく、歌ケ浜方面に向かう画面右奥の湖畔には建物が一軒も見えない。また、画面中央に建ち並ぶ六軒茶屋付近の湖畔を見ると、石積みによる護岸が施されていない。=撮影年月日不明、日光、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号77‐20‐0]

    商品コード: 2017082400643

  • -
    日光街道の杉並木

    写っているのは日光街道の杉並木ではない。場所は日光山内の東照宮から二荒山神社に通じる上新道(かみしんみち)。画面は二荒山神社側から東照宮方面を写している。杉木立の間に見える建物は本地堂(ほんじどう)と経蔵(きょうぞう)。=撮影年月日不明、今市、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐16‐2]

    商品コード: 2017081002689

  • -
    日光二荒山神社

    日光の二荒山神社には東照宮五重塔の横から上新道を通っていく。 上新道より銅鳥居の向うに二荒山神社拝殿が見える。 参道中央に踏み石があり、 銅鳥居右横に電柱がないので明治期であろう。=撮影年月日不明、日光、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐12‐0]

    商品コード: 2017080201181

  • -
    日光山輪王寺相輪橖

    日光輪王寺の相輪橖は三仏堂と共に二荒山神社にあったが、 神仏分離令により相輪橖は明治8年に、 三仏堂は明治14年に輪王寺に移された。 相輪橖は多数の経典が収蔵された家光公発願の供養塔である。 護法天堂側より写したもので左端に足場、 手前に木材があり、 改修がおこなわれている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐11‐0]

    商品コード: 2017092200463

  • -
    中禅寺湖

    中禅寺湖北岸大崎附近より二荒山神社中宮祠の鳥居と湖に臨んで建つ旅館街を見る。 船頭が岸に船を寄せている。 右端が大尻橋附近となる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐22‐0]

    商品コード: 2017080201084

  • -
    中禅寺二荒山神社鳥居

    キーワード:中禅寺二荒山神社鳥居、明治後期絵葉書(写真版)=明治後期、栃木・日光、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019112704844

  • -
    中禅寺湖畔中宮祠の鳥居と男体山

    中禅寺湖畔歌が浜に鳥居があり、対岸に二荒山神社中宮祠と南体山を望む。現在では歌が浜は埋めたてられ、この鳥居はない。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐23‐0]

    商品コード: 2017080902267

  • -
    二荒山神社への参道

    日光東照宮の五重塔前の境内から上新道(かみしんみち)を通して二荒山神社方面を写したもの。画面の先に二荒山神社境内の鳥居と社殿が見える。画面右の石垣の上に陽明門など東照宮の絢爛豪華な建物が集中している。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号79‐19‐0]

    商品コード: 2017081401227

  • -
    中禅寺湖畔中宮祠の鳥居と男体山

    中禅寺湖の南東の湖畔にある歌ケ浜から、北側の男体山と、その麓の二荒山中宮祠と六軒茶屋の家並みを写したもの。夕景色の美しい歌ケ浜は、近年になってから護岸工事で埋め立てられ、大駐車場となってしまった。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐50‐0]

    商品コード: 2017081401271

  • -
    男体山に登る信者たち

    勝道上人が延暦元年(782)に男体山開山を成し遂げて以来日光男体山は山岳仏教の聖地である。山頂には二荒山神社奥宮があり、登拝する信者が多い。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐66‐0]

    商品コード: 2017080400608

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    中禅寺湖

    中禅寺湖北岸二荒山神社中宮祠を望む。湖畔には行者小屋が建ち並ぶ。明治35年の土石流で観音堂と鳥居左の行者小屋二つは流された。舟に3人の女と船頭が乗っている。整理番号11-20と同じ写真である。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐31‐0]

    商品コード: 2017080902127

  • -
    日光二荒山神社

    日光二荒山神社=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号105‐8‐0]

    商品コード: 2017081501974

  • -
    日光東照宮参道

    下新道より常行堂を見る。 常行堂の横に法華堂があり、 その奥には大猷院仁王門がある。 うっそうとした巨杉の並木のある参道で二人の旅人がすれちがおうとしている。 下新道は東照宮表参道より大猷院、 二荒山神社に通じる参道である。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号8‐28‐0]

    商品コード: 2017080201001

  • -
    二荒山神社の神主たち

    タイトルは「二荒山神社の神主たち」とある。しかし、現在の日光山内の二荒山神社、本宮神社、滝尾神社、奥日光中禅寺湖畔の二荒山神社中宮祠には、これに該当する風景は見当たらない。ただ、画面右上の鳥居や石段は二荒山神社中宮祠境内の奥宮登拝口付近に似ている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号47‐43‐0]

    商品コード: 2017080903078

  • -
    神社のお祭り

    日光二荒山神社の大祭弥生祭であろうか。祭の花形である家体が繰り出している。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐177‐0]

    商品コード: 2017080903035

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1902年12月31日
    中禅寺湖

    中禅寺湖北岸二荒山神社中宮祠を望む。 湖畔に行者小屋が建ち並ぶ。 明治35年の土石流で、 観音堂と鳥居左の行者小屋二つは流された。 舟に三人の女と船頭が乗っている。=明治35年以前、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐20‐0]

    商品コード: 2017080201242

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1902年12月31日
    中禅寺湖

    中禅寺湖北岸二荒山神社中宮祠を望む。 湖畔に沿って行者小屋が建ち並ぶ。 明治35年の土石流により、 写真中央の観音堂と鳥居左の2つの行者小屋が流された。 船頭が舟を櫂ぎ4人の女が洗濯をしている。=明治35年以前、日光、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐41‐0]

    商品コード: 2017080200765

  • 1959年12月31日
    34年晩秋/ゆとり/少し余裕、ちょっと贅沢 「昭和」戦後の記憶 レンズが見た栃木の世相

    押すな押すなの七五三/宇都宮二荒山神社に七五三のお宮参り。豪華な衣装姿が目立つ[下野新聞掲載日:1959(昭和34)年/2010(平成22)年11月19日]=1959(昭和34)年、栃木県の宇都宮二荒山神社、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081302525

  • 1963年12月02日
    歳末助け合い運動始まる みんなが協力明るい正月を

    街頭募金にボウヤも協力[下野新聞掲載日:1963(昭和38)年12月2日]=1963(昭和38)年、栃木県宇都宮市 二荒山前、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081405187

  • 1967年12月31日
    42年(1967)/子どもも時代も元気だった 「昭和」の記憶 レンズが見た栃木の世相

    晴れやかに 千歳飴下げ 宮参り/七五三の宮参りでにぎわう宇都宮市の二荒山神社。参道は晴れ着姿でいっぱいとなった[下野新聞掲載日:2020(令和2)年5月10日]=1967(昭和42)年、栃木県、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081502349

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-47-18]

    商品コード: 2017102400722

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-48-5]

    商品コード: 2017102400726

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-46-13]

    商品コード: 2017102600422

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-48-7]

    商品コード: 2017102600425

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-47-16]

    商品コード: 2017102600428

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-47-15]

    商品コード: 2017102600430

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-47-1]

    商品コード: 2017102600437

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-48-1]

    商品コード: 2017102600433

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-46-15]

    商品コード: 2017102600424

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-48-11]

    商品コード: 2017102400728

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-48-15]

    商品コード: 2017102400730

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-48-12]

    商品コード: 2017102400720

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-48-3]

    商品コード: 2017102400727

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-46-8]

    商品コード: 2017102600429

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-46-4]

    商品コード: 2017102600432

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-47-8]

    商品コード: 2017102600426

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-48-13]

    商品コード: 2017102400723

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-47-17]

    商品コード: 2017102400731

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-47-5]

    商品コード: 2017102600423

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-47-6]

    商品コード: 2017102600441

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-47-12]

    商品コード: 2017102600436

  • 1990年04月13日
    日光・弥生祭 郷土民芸(日光・弥生祭)

    二荒山神社=1990(平成2)年4月13日、栃木県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [19-A-47-4]

    商品コード: 2017102600439

  • 1998年10月22日
    オープンした観光物産館 ギョウザ館に来らっせ

    宇都宮市の中心街にある二荒山神社境内にオープンしたギョーザをテーマにした観光物産館「来らっせ」=22日

    商品コード: 1998102200063

  • 1999年12月01日
    日光の2社1寺 日光、世界遺産登録へ

    日光の輪王寺(下)、東照宮(右上)、二荒山神社(左上)=11月27日、栃木県日光市で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1999120100090

  • 2000年04月01日
    世界遺産ラベルビール

    )、企画393S、3日付朝刊以降使用  世界遺産のカラー写真ラベルを張った地ビール。日光二荒山神社の神橋(左)と東照宮の陽明門

    商品コード: 2000040100068

  • 2005年03月17日
    修復終えた神橋 日光・神橋、朱の装い新た

    修復を終えて鮮やかな朱色の姿になった日光二荒山神社の「神橋」=17日午前、栃木県日光市

    商品コード: 2005031700188

  • 2006年07月20日
    昭和28年秋・陰り/稲作不振 生活に影響 「昭和」戦後の記憶 レンズが見た栃木の世相

    祈り/宇都宮市の二荒山神社で恒例の小児健康祈とう祭が行われ、多くの親子連れでにぎわった[下野新聞掲載日:1953(昭和28)年9月29日/2006(平成18)年7月20日]=1953(昭和28)年、栃木県宇都宮市、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081902308

  • 2006年07月30日
    昭和28年 祭りの秋/笛や太鼓の音 待ちこがれ 「昭和」戦後の記憶 レンズが見た栃木の世相

    当たれ!/県専門店会連合会の秋の大売り出し抽選会が宇都宮市の二荒山神社境内で行われ、様子を見ようと多くの人が詰め掛けた[下野新聞掲載日:1953(昭和28)年11月6日/2006(平成18)年7月30日]=1953(昭和28)年、栃木県宇都宮市、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081902287

  • 2006年07月30日
    昭和28年 祭りの秋/笛や太鼓の音 待ちこがれ 「昭和」戦後の記憶 レンズが見た栃木の世相

    祭りだ、祭りだ/宇都宮市の二荒山神社恒例の菊水祭。流鏑馬やみこしの渡御などが催された[下野新聞掲載日:1953(昭和28)年10月29日/2006(平成18)年7月30日]=1953(昭和28)年、栃木県宇都宮市、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081902263

  • 2006年09月04日
    昭和29年冬・期待/ささやかな 豊かさ求め 「昭和」戦後の記憶 レンズが見た栃木の世相

    福求め争奪戦/節分の日。県内では元気のいい豆まきの声が響いた。宇都宮市の二荒山では紋付き姿の年男150人が境内で福をまいた[下野新聞掲載日:1954(昭和29)年2月/2006(平成18)年9月4日]=1954(昭和29)年、栃木県宇都宮市、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081902265

  • 2008年01月26日
    行われた防火訓練 日光二荒山神社で防火訓練

    栃木県日光市の二荒山神社で行われた防火訓練=26日午後

    商品コード: 2008012600118

  • 2008年09月24日
    31年秋/祝賀/県都、市制60年に沸く 「昭和」戦後の記憶 レンズが見た栃木の世相

    はだか踊り/宇都宮市の二荒山神社前で行われた宇都宮大学祭の前夜祭。「はだか踊り」も登場した[下野新聞掲載日:1956(昭和31)年11月/2008(平成20)年9月24日]=1956(昭和31)年11月、栃木県宇都宮市、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081905175

  • 2008年09月24日
    31年秋/祝賀/県都、市制60年に沸く 「昭和」戦後の記憶 レンズが見た栃木の世相

    イベント/商店街ではさまざまなイベントが繰り広げられ二荒山神社前も人で埋まった[下野新聞掲載日:1956(昭和31)年11月/2008(平成20)年9月24日]=1956(昭和31)年11月、栃木県、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081905217

  • 2009年02月12日
    33年冬/節分/それぞれの「福」求め 「昭和」戦後の記憶 レンズが見た栃木の世相

    豆まき/宇都宮市の二荒山神社で行われた豆まき。境内は大勢の人で埋まった[下野新聞掲載日:1958(昭和33)年2月/2009(平成21)年2月12日]=1958(昭和33)年2月、栃木県宇都宮市、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081905220

  • 2009年07月30日
    33年夏/活気/物より笑顔が豊かだった 「昭和」戦後の記憶 レンズが見た栃木の世相

    祭り/宇都宮二荒山神社の天王祭が始まり、渡御する親みこし[下野新聞掲載日:1958(昭和33)年7月/2009(平成21)年7月30日]=1958(昭和33)年7月、栃木県宇都宮市、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081905234

  • 2010年02月07日
    神橋の雪景色

    キーワード:屋外、橋、建物、国指定重要文化財、神橋、神社、世界遺産、雪、雪景色、大谷川、朝、冬、日光、日本、風景、無人、日本三奇橋、日本三大奇橋、日光二荒山神社、風景メイン写真=2010(平成22)年2月7日、栃木県日光市、クレジット:TAKEO AZUSAGAWA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021005087

  • 2010年02月07日
    神橋の雪景色 ライトアップ

    キーワード:ライトアップ、屋外、橋、建物、国指定重要文化財、神橋、神社、世界遺産、静か、雪景色、川、大谷川、冬、日光、日本、風景、無人、夜、夜景、日本三奇橋、日本三大奇橋、日光二荒山神社、風景メイン写真=2010(平成22)年2月7日、栃木県日光市、クレジット:TAKEO AZUSAGAWA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021005307

  • 2010年02月07日
    神橋の雪景色 ライトアップ

    キーワード:ライトアップ、屋外、橋、建物、国指定重要文化財、神橋、神社、世界遺産、静か、雪景色、川、大谷川、冬、日光、日本、風景、無人、夜、夜景、日本三奇橋、日本三大奇橋、日光二荒山神社、風景メイン写真=2010(平成22)年2月7日、栃木県日光市、クレジット:TAKEO AZUSAGAWA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021005061

  • 2010年02月07日
    神橋の雪景色 ライトアップ

    キーワード:ライトアップ、屋外、橋、建物、国指定重要文化財、神橋、神社、世界遺産、静か、雪景色、川、大谷川、冬、日光、日本、風景、無人、夜、夜景、日本三奇橋、日本三大奇橋、日光二荒山神社、風景メイン写真=2010(平成22)年2月7日、栃木県日光市、クレジット:TAKEO AZUSAGAWA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021005149

  • 2012年06月15日
    二荒山神社

    キーワード:屋外、群馬県、建物、初夏、神社、二荒山神社、日本、無人、利根郡、風景メイン写真=2012(平成24)年6月15日、群馬県、クレジット:JUNKO TAKAHASHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052803703

  • 2012年06月15日
    二荒山神社

    キーワード:屋外、旗、群馬県、建物、初夏、神社、鳥居、二荒山神社、日本、風景、無人、木立、利根郡、テーマメイン写真=2012(平成24)年6月15日、群馬県、クレジット:JUNKO TAKAHASHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052803714

  • 2012年06月15日
    二荒山神社

    キーワード:屋外、群馬県、建物、初夏、神社、二荒山神社、日本、風景、無人、利根郡、テーマメイン写真=2012(平成24)年6月15日、群馬県、クレジット:JUNKO TAKAHASHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052803908

  • 2012年06月15日
    二荒山神社の鳥居

    キーワード:屋外、群馬県、建物、初夏、神社、鳥居、道、二荒山神社、日本、風景、無人、利根郡、テーマメイン写真=2012(平成24)年6月15日、群馬県、クレジット:JUNKO TAKAHASHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052803721

  • 2014年12月24日
    紙飛行機を飛ばす人たち 願い事、橋から紙飛行機で

    世界文化遺産、栃木県日光市の二荒山神社の神橋から、願い事を書いた紙飛行機を飛ばす人たち

    商品コード: 2014122400587

  • 2015年10月10日
    スマホ操作する女性 日光見どころスマホに通知

    世界遺産に指定されている日光二荒山神社の「神橋」の前で、スマホのアプリを操作するノエリア・ドミンゲスさん=5日、栃木県日光市

    商品コード: 2015101000033

  • 2017年04月07日
    日光二荒山神社 神橋ライトアップ夜景

    キーワード:ライトアップ、屋外、観光地、橋、建物、幻想的、朱塗り、春、照明、神橋、神社、神秘的、世界遺産、川、大谷川、二荒山神社、日光東照宮、夕暮れ、日本、和風、風景、文化遺産、無人、夜、夜景、幽玄、夕方、旅行、日本三大奇橋、日光二荒山神社、世界文化遺産、風景メイン写真=2017(平成29)年4月7日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803336

  • 2017年04月07日
    日光二荒山神社 神橋ライトアップ夜景

    キーワード:ライトアップ、屋外、観光地、橋、建物、幻想的、朱塗り、春、照明、神橋、神社、神秘的、世界遺産、川、大谷川、二荒山神社、日光東照宮、夕暮れ、日本、和風、風景、文化遺産、無人、夜、夜景、幽玄、夕方、旅行、日本三大奇橋、日光二荒山神社、世界文化遺産、風景メイン写真=2017(平成29)年4月7日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803266

  • 2017年04月07日
    日光二荒山神社 神橋ライトアップ夜景

    キーワード:ライトアップ、屋外、観光地、橋、建物、幻想的、朱塗り、春、照明、神橋、神社、神秘的、世界遺産、川、大谷川、二荒山神社、日光東照宮、夕暮れ、日本、和風、風景、文化遺産、無人、夜、夜景、幽玄、夕方、旅行、日本三大奇橋、日光二荒山神社、世界文化遺産、風景メイン写真=2017(平成29)年4月7日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803331

  • 2017年04月07日
    東照宮から二荒山神社への参道と石灯篭

    キーワード:屋外、観光地、建物、幻想的、午後、参道、春、神社、神聖な、神秘的、世界遺産、石、石灯ろう、東照宮、灯籠、二荒山神社、日光東照宮、日本、和風、風景、文化遺産、無人、幽玄、旅行、パワースポット、日光二荒山神社、世界文化遺産、テーマメイン写真=2017(平成29)年4月7日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803480

  • 2017年04月07日
    日光二荒山神社 神橋ライトアップ夜景

    キーワード:ライトアップ、屋外、観光地、橋、建物、幻想的、朱塗り、春、照明、神橋、神社、神秘的、世界遺産、川、大谷川、二荒山神社、日光東照宮、夕暮れ、日本、和風、風景、文化遺産、無人、夜、夜景、幽玄、夕方、旅行、日本三大奇橋、日光二荒山神社、世界文化遺産、風景メイン写真=2017(平成29)年4月7日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803276

  • 2017年04月07日
    日光二荒山神社 神橋ライトアップ夜景

    キーワード:ライトアップ、屋外、観光地、橋、建物、幻想的、朱塗り、春、照明、神橋、神社、神秘的、世界遺産、川、大谷川、二荒山神社、日光東照宮、夕暮れ、日本、和風、風景、文化遺産、無人、夜、夜景、幽玄、夕方、旅行、日本三大奇橋、日光二荒山神社、世界文化遺産、風景メイン写真=2017(平成29)年4月7日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803337

  • 2017年04月07日
    日光二荒山神社の鳥居と参道

    キーワード:アジア、屋外、観光地、建物、幻想的、参道、春、商売繁盛、神社、神聖な、神秘的、世界遺産、石、鳥居、東照宮、灯籠、二荒山神社、日光東照宮、日本、和風、風景、文化遺産、無人、幽玄、夕方、旅行、パワースポット、日光二荒山神社、世界文化遺産、テーマメイン写真=2017(平成29)年4月7日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803184

  • 2017年04月07日
    東照宮から日光二荒山神社への参道

    キーワード:アジア、屋外、観光地、建物、幻想的、午前中、参道、春、商売繁盛、神社、神聖な、神秘的、世界遺産、石、石碑、東照宮、灯籠、二荒山神社、日光東照宮、日本、和風、風景、文化遺産、無人、幽玄、旅行、パワースポット、日光二荒山神社、世界文化遺産、テーマメイン写真=2017(平成29)年4月7日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803270

  • 2017年04月07日
    日光二荒山神社 神橋ライトアップ夜景

    キーワード:ライトアップ、屋外、観光地、橋、建物、幻想的、朱塗り、春、照明、神橋、神社、神秘的、世界遺産、川、大谷川、二荒山神社、日光東照宮、夕暮れ、日本、和風、風景、文化遺産、無人、夜、夜景、幽玄、夕方、旅行、日本三大奇橋、日光二荒山神社、世界文化遺産、風景メイン写真=2017(平成29)年4月7日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803338

  • 2017年04月07日
    東照宮から二荒山神社への参道と石灯篭

    キーワード:屋外、観光地、建物、幻想的、午後、参道、春、神社、神聖な、神秘的、世界遺産、石、石灯ろう、東照宮、灯籠、二荒山神社、日光東照宮、日本、和風、風景、文化遺産、無人、幽玄、旅行、パワースポット、日光二荒山神社、世界文化遺産、テーマメイン写真=2017(平成29)年4月7日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803421

  • 2017年04月07日
    日光二荒山神社 神橋ライトアップ夜景

    キーワード:ライトアップ、屋外、観光地、橋、建物、幻想的、朱塗り、春、照明、神橋、神社、神秘的、世界遺産、川、大谷川、二荒山神社、日光東照宮、夕暮れ、日本、和風、風景、文化遺産、無人、夜、夜景、幽玄、夕方、旅行、日本三大奇橋、日光二荒山神社、世界文化遺産、風景メイン写真=2017(平成29)年4月7日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803195

  • 2017年04月07日
    東照宮から二荒山神社への参道と石灯篭

    キーワード:屋外、観光地、建物、幻想的、午後、参道、春、神社、神聖な、神秘的、世界遺産、石、石灯ろう、東照宮、灯籠、二荒山神社、日光東照宮、日本、和風、風景、文化遺産、無人、幽玄、旅行、パワースポット、日光二荒山神社、世界文化遺産、テーマメイン写真=2017(平成29)年4月7日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803294

  • 2017年04月08日
    東照宮から二荒山神社への参道と石灯篭

    キーワード:屋外、観光地、建物、幻想的、午前中、参道、春、神社、神聖な、神秘的、世界遺産、石、石灯ろう、東照宮、灯籠、二荒山神社、日光東照宮、日本、和風、風景、文化遺産、無人、幽玄、旅行、パワースポット、日光二荒山神社、世界文化遺産、テーマメイン写真=2017(平成29)年4月8日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803166

  • 2017年04月08日
    東照宮から二荒山神社への参道と石灯篭

    キーワード:屋外、観光地、建物、幻想的、午前中、参道、春、神社、神聖な、神秘的、世界遺産、石、石灯ろう、東照宮、灯籠、二荒山神社、日光東照宮、日本、和風、文化遺産、無人、幽玄、旅行、パワースポット、日光二荒山神社、世界文化遺産、テーマメイン写真=2017(平成29)年4月8日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803472

  • 2017年04月08日
    東照宮から二荒山神社への参道と石灯篭

    キーワード:屋外、観光地、建物、幻想的、午前中、参道、春、神社、神聖な、神秘的、世界遺産、石、石灯ろう、東照宮、灯籠、二荒山神社、日光東照宮、日本、和風、風景、文化遺産、無人、幽玄、旅行、パワースポット、日光二荒山神社、世界文化遺産、テーマメイン写真=2017(平成29)年4月8日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803477

  • 2017年04月08日
    東照宮から二荒山神社への参道と石灯篭

    キーワード:屋外、観光地、建物、幻想的、午前中、参道、春、神社、神聖な、神秘的、世界遺産、石、石灯ろう、東照宮、灯籠、二荒山神社、日光東照宮、日本、和風、風景、文化遺産、無人、幽玄、旅行、パワースポット、日光二荒山神社、世界文化遺産、テーマメイン写真=2017(平成29)年4月8日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803490

  • 2017年04月08日
    日光二荒山神社の「良さん」狛犬と大黒様

    キーワード:屋外、観光地、橋、建物、午前中、狛犬、春、商売繁盛、神楽殿、神社、神聖な、世界遺産、大黒天、二荒山神社、日光東照宮、日本、文化遺産、無人、旅行、パワースポット、日本三大奇橋、日光二荒山神社、世界文化遺産、モノメイン写真、良さん=2017(平成29)年4月8日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803326

  • 2017年04月08日
    日光二荒山神社の「良さん」狛犬と大黒様

    キーワード:屋外、観光地、橋、建物、午前中、狛犬、春、商売繁盛、神楽殿、神社、神聖な、世界遺産、大黒天、二荒山神社、日光東照宮、日本、風景、文化遺産、無人、旅行、パワースポット、日本三大奇橋、日光二荒山神社、世界文化遺産、モノメイン写真、良さん=2017(平成29)年4月8日、栃木県日光市、クレジット:AME/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070803269

  • 1
  • 2