KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ムー
  • 中心
  • 人々
  • 令和
  • 位置
  • 余り
  • 協同組合
  • 古刹
  • 合作社
  • 売り上げ

「五山十刹」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 02:29.30
    2022年04月05日
    「新華社」日本茶道ゆかりの地、茶文化で農村振興中国浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市余杭区西部郊外に位置し、同市市街地から約40キロの径山(きんざん)の麓に山と同じ名の小さな村落、径山村がある。茶摘みの時期の径山村には、茶葉の清々しい香りがあふれている。村には「江南五山十刹の一」と称えられる径山万寿禅寺がある。臨済宗の祖庭で日本茶道の起源に影響したとされることから、同村は日本との関係も深い。同村はここ数年、茶の栽培に力を入れ、茶産業と文化資源を拠り所に、禅と茶と旅を融合した農村振興の道筋を切り開いてきた。村の状況が良くなるにつれ、多くの若者が径山に集まるようになり、農村の発展に弾みがついた。現在、同村の茶畑は3千ムー(約200ヘクタール)余りで、村全体の茶葉の年間生産量は約2万5千万キロ、茶葉の売り上げだけで5千万元(1元=約19円)を超えている。また専門の合作社(協同組合)や特色ある運営会社を設立し、「径山禅茶」ブランドを打ち出して、茶を使用した飲食、茶葉派生商品、茶文化ツアー、茶道研修、茶農作業体験など、茶を中心とした産業が順調に発展している。杭州市余杭区文化観光局職員余紀萱(よ・きけん)さん体験活動だけではなく、陸羽(りく・う、唐代の文筆家。茶に関する専門書を著した。)と「茶小僧」のキャラクターを作り、2019年に発表しました。このキャラクターをテーマに観光プロモーション、ティーショップ、ガイドブックなどを展開し、知名度を高めてきました。これからもより深く文化と歴史を掘り下げ、どんどんPRして海外にもお知らせするよう頑張りたいと思います。もしお茶に興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ径山へお越しいただければと思います。お待ちしております。【解説】同村では2021年、一人当たりの収入が4万7449元に上り、村の総収入は446万元となった。古刹の下に富につながる道を見つけ、村の人々の暮らしぶりはますます良くなっている。(記者/孔令杭、許舜達、段菁菁) =配信日: 2022(令和4)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040607430

  • 2022年04月06日
    (1)日本茶道ゆかりの地、茶文化で農村振興中国浙江省杭州市

    収穫した茶葉を加工する径山村の村民。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区西部郊外に位置し、同市市街地から約40キロの径山(きんざん)の麓に山と同じ名の小さな村落、径山村がある。茶摘みの時期の径山村には、茶葉の清々しい香りがあふれている。村には「江南五山十刹の一」と称えられる径山万寿禅寺がある。臨済宗の祖庭で日本茶道の起源に影響したとされることから、同村は日本との関係も深い。同村はここ数年、茶の栽培に力を入れ、茶産業と文化資源を拠り所に、禅と茶と旅を融合した農村振興の道筋を切り開いてきた。村の状況が良くなるにつれ、多くの若者が径山に集まるようになり、農村の発展に弾みがついた。現在、同村の茶畑は3千ムー(約200ヘクタール)余りで、村全体の茶葉の年間生産量は約2万5千万キロ、茶葉の売り上げだけで5千万元(1元=約19円)を超えている。また専門の合作社(協同組合)や特色ある運営会社を設立し、「径山禅茶」ブランドを打ち出して、茶を使用した飲食、茶葉派生商品、茶文化ツアー、茶道研修、茶農作業体験など、茶を中心とした産業が順調に発展している。同村では2021年、一人当たりの収入が4万7449元に上り、村の総収入は446万元となった。古刹の下に富につながる道を見つけ、村の人々の暮らしぶりはますます良くなっている。(杭州=新華社記者/孔令杭)= 配信日: 2022(令和4)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040605721

  • 2022年04月06日
    (3)日本茶道ゆかりの地、茶文化で農村振興中国浙江省杭州市

    収穫した茶葉を加工する径山村の村民。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区西部郊外に位置し、同市市街地から約40キロの径山(きんざん)の麓に山と同じ名の小さな村落、径山村がある。茶摘みの時期の径山村には、茶葉の清々しい香りがあふれている。村には「江南五山十刹の一」と称えられる径山万寿禅寺がある。臨済宗の祖庭で日本茶道の起源に影響したとされることから、同村は日本との関係も深い。同村はここ数年、茶の栽培に力を入れ、茶産業と文化資源を拠り所に、禅と茶と旅を融合した農村振興の道筋を切り開いてきた。村の状況が良くなるにつれ、多くの若者が径山に集まるようになり、農村の発展に弾みがついた。現在、同村の茶畑は3千ムー(約200ヘクタール)余りで、村全体の茶葉の年間生産量は約2万5千万キロ、茶葉の売り上げだけで5千万元(1元=約19円)を超えている。また専門の合作社(協同組合)や特色ある運営会社を設立し、「径山禅茶」ブランドを打ち出して、茶を使用した飲食、茶葉派生商品、茶文化ツアー、茶道研修、茶農作業体験など、茶を中心とした産業が順調に発展している。同村では2021年、一人当たりの収入が4万7449元に上り、村の総収入は446万元となった。古刹の下に富につながる道を見つけ、村の人々の暮らしぶりはますます良くなっている。(杭州=新華社記者/孔令杭)= 配信日: 2022(令和4)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040605888

  • 1