KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • せいじょう
  • ちょう
  • りょう
  • ユネスコ
  • 世界遺産
  • 令和
  • 伝説
  • 位置
  • 修行
  • 創始者

「五斗米道」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2022年03月08日
    (3)世界遺産、青城山風景区を訪ねて四川省成都市

    空から見た青城山。(資料写真)中国国家5A級観光地(最高ランク)に指定された青城山(せいじょうさん)は、四川省成都市の都江堰(とこうえん)の南西に位置し、岷山山脈を背に、川西平原に面している。連綿と起伏する峰が緑に覆われ、「青城、天下に幽たり」と称えられている。青城山は道教発祥の地の一つで、伝説によると、道教の創始者で五斗米道(天師道)の開祖、張陵(ちょう・りょう)が晩年、青城山に入り修行したとされる。青城山には天師洞、建福宮など多数の道観(道教寺院)が残っている。2000年に水利施設の都江堰とともに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(成都=新華社配信/何勃)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030809877

  • 2022年03月08日
    (9)世界遺産、青城山風景区を訪ねて四川省成都市

    雪化粧した青城山。(2月3日撮影)中国国家5A級観光地(最高ランク)に指定された青城山(せいじょうさん)は、四川省成都市の都江堰(とこうえん)の南西に位置し、岷山山脈を背に、川西平原に面している。連綿と起伏する峰が緑に覆われ、「青城、天下に幽たり」と称えられている。青城山は道教発祥の地の一つで、伝説によると、道教の創始者で五斗米道(天師道)の開祖、張陵(ちょう・りょう)が晩年、青城山に入り修行したとされる。青城山には天師洞、建福宮など多数の道観(道教寺院)が残っている。2000年に水利施設の都江堰とともに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(成都=新華社配信/何勃)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030810113

  • 2022年03月08日
    (1)世界遺産、青城山風景区を訪ねて四川省成都市

    空から見た青城山。(2017年9月5日撮影)中国国家5A級観光地(最高ランク)に指定された青城山(せいじょうさん)は、四川省成都市の都江堰(とこうえん)の南西に位置し、岷山山脈を背に、川西平原に面している。連綿と起伏する峰が緑に覆われ、「青城、天下に幽たり」と称えられている。青城山は道教発祥の地の一つで、伝説によると、道教の創始者で五斗米道(天師道)の開祖、張陵(ちょう・りょう)が晩年、青城山に入り修行したとされる。青城山には天師洞、建福宮など多数の道観(道教寺院)が残っている。2000年に水利施設の都江堰とともに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(成都=新華社配信/何勃)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030809814

  • 2022年03月08日
    (7)世界遺産、青城山風景区を訪ねて四川省成都市

    空から見た青城山。(2018年9月26日撮影)中国国家5A級観光地(最高ランク)に指定された青城山(せいじょうさん)は、四川省成都市の都江堰(とこうえん)の南西に位置し、岷山山脈を背に、川西平原に面している。連綿と起伏する峰が緑に覆われ、「青城、天下に幽たり」と称えられている。青城山は道教発祥の地の一つで、伝説によると、道教の創始者で五斗米道(天師道)の開祖、張陵(ちょう・りょう)が晩年、青城山に入り修行したとされる。青城山には天師洞、建福宮など多数の道観(道教寺院)が残っている。2000年に水利施設の都江堰とともに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(成都=新華社配信/何勃)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030810090

  • 2022年03月08日
    (4)世界遺産、青城山風景区を訪ねて四川省成都市

    青城山に広がる秋景色。(2018年11月8日撮影)中国国家5A級観光地(最高ランク)に指定された青城山(せいじょうさん)は、四川省成都市の都江堰(とこうえん)の南西に位置し、岷山山脈を背に、川西平原に面している。連綿と起伏する峰が緑に覆われ、「青城、天下に幽たり」と称えられている。青城山は道教発祥の地の一つで、伝説によると、道教の創始者で五斗米道(天師道)の開祖、張陵(ちょう・りょう)が晩年、青城山に入り修行したとされる。青城山には天師洞、建福宮など多数の道観(道教寺院)が残っている。2000年に水利施設の都江堰とともに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(成都=新華社配信/何勃)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030809975

  • 2022年03月08日
    (11)世界遺産、青城山風景区を訪ねて四川省成都市

    雪化粧した青城山。(2月3日撮影)中国国家5A級観光地(最高ランク)に指定された青城山(せいじょうさん)は、四川省成都市の都江堰(とこうえん)の南西に位置し、岷山山脈を背に、川西平原に面している。連綿と起伏する峰が緑に覆われ、「青城、天下に幽たり」と称えられている。青城山は道教発祥の地の一つで、伝説によると、道教の創始者で五斗米道(天師道)の開祖、張陵(ちょう・りょう)が晩年、青城山に入り修行したとされる。青城山には天師洞、建福宮など多数の道観(道教寺院)が残っている。2000年に水利施設の都江堰とともに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(成都=新華社配信/何勃)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030810132

  • 2022年03月08日
    (8)世界遺産、青城山風景区を訪ねて四川省成都市

    雪化粧した青城山。(2月3日撮影)中国国家5A級観光地(最高ランク)に指定された青城山(せいじょうさん)は、四川省成都市の都江堰(とこうえん)の南西に位置し、岷山山脈を背に、川西平原に面している。連綿と起伏する峰が緑に覆われ、「青城、天下に幽たり」と称えられている。青城山は道教発祥の地の一つで、伝説によると、道教の創始者で五斗米道(天師道)の開祖、張陵(ちょう・りょう)が晩年、青城山に入り修行したとされる。青城山には天師洞、建福宮など多数の道観(道教寺院)が残っている。2000年に水利施設の都江堰とともに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(成都=新華社配信/何勃)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030810101

  • 1