KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 創建
  • 全国重点文物保護単位
  • 国宝
  • 大雄宝殿
  • 記者
  • 中央
  • 二十四諸天
  • 仏師
  • 修復

「五智如来」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
50
( 1 50 件を表示)
  • 1
50
( 1 50 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  日光東照宮五重塔
    -
    日光東照宮五重塔

    東照宮参道正面にある石鳥居は黒田長政の献納したものである。その左手に五重塔がある。和様、唐様折衷の朱塗りの五重塔には五智如来が安置されている。鳥居と五重塔のような神仏混合は東照宮のいたる所に見られる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐14‐0]

    商品コード: 2017080902097

  •  日光東照宮五重塔
    -
    日光東照宮五重塔

    日光東照宮五重塔は一の鳥居の左奥にある。 朱塗りの五重塔は最上層は唐様、 下四層は和様である。 一階屋根下に十二支の動物が彫り込まれている。 内部に五智如来が安置されている。 菅笠をかぶった人と背負った人が通りかかっている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号10‐4‐0]

    商品コード: 2017080201209

  •  日光東照宮五重塔
    -
    日光東照宮五重塔

    東照宮参道正面にある一際高い石鳥居の左奥には五重塔がある。 この様な神仏混合は東照宮のいたる所に見られる。 石鳥居には御水尾天皇宸筆の東照大権現の額がかかげられている。 和様、 唐様折衷の朱塗りの五重塔には五智如来が安置されている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号8‐21‐0]

    商品コード: 2017080201056

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    日光東照宮五重塔内部

    東照宮五重塔は慶安2年酒井忠勝によって寄進されたが、 火災で焼失し、 文政元年(1818)に酒井忠進によって再建された。 その内部には五智如来と四体の守護神の像が安置されている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号7‐7‐0]

    商品コード: 2017080200974

  •  日光東照宮五重塔
    -
    日光東照宮五重塔

    東照宮参道正面にある石鳥居には御水尾天皇宸筆の東照大権現の額がかかげられている。 石鳥居の献納者は黒田長政である。 その左手に朱塗りの五重塔がある。 一階屋根下に十二支の動物が彫り込まれている。 内部には五智如来が安置されている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐13‐0]

    商品コード: 2017080201234

  •  仏像
    -
    仏像

    四方に仏像がむいているところから、五重塔などの内部の五智如来か。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐41‐0]

    商品コード: 2017080201461

  • 放置されたままの如来像 老朽化進む「五智如来像」
    1993年12月08日
    放置されたままの如来像 老朽化進む「五智如来像」

    放置されたまま老朽化が進む「五智如来像」(写真はそのうちの3体)=宮崎県西都市(文化財)

    商品コード: 1993120800038

  •  善通寺の五重塔
    2018年07月14日
    善通寺の五重塔

    キーワード:屋外、伽藍、空海、五重塔、国指定重要文化財、四国八十八ヶ所、寺、寺院、巡礼、善通寺、総本山、大日如来、日本、風景、遍路、無人、旅、旅館、建築、東院、五智如来、風景メイン写真、四国霊場第75番札所、懸垂工法=2018(平成30)年7月14日、香川県善通寺市、クレジット:SHUKO_YASUMI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030216178

  •  善通寺の五重塔と鐘楼
    2018年07月14日
    善通寺の五重塔と鐘楼

    キーワード:屋外、伽藍、空海、五重塔、国指定重要文化財、四国八十八ヶ所、寺、寺院、巡礼、鐘楼、青空、善通寺、日本、風景、遍路、無人、旅、旅行、建築、東院、五智如来、風景メイン写真、四国霊場第75番札所、懸垂工法=2018(平成30)年7月14日、香川県善通寺市、クレジット:SHUKO_YASUMI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030216250

  •  善通寺の五重塔と鐘楼
    2018年07月14日
    善通寺の五重塔と鐘楼

    キーワード:屋外、伽藍、空海、五重塔、国指定重要文化財、参拝、四国八十八ヶ所、寺、寺院、巡礼、鐘楼、人物、善通寺、日本、風景、遍路、旅、旅行、東院、五智如来、拝観、風景メイン写真、四国霊場第75番札所、懸垂工法=2018(平成30)年7月14日、香川県善通寺市、クレジット:SHUKO_YASUMI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030215942

  •  (14)広州五大名刹の一つ華林禅寺を訪ねて
    2021年03月09日
    (14)広州五大名刹の一つ華林禅寺を訪ねて

    華林禅寺の五方仏(五智如来)。(2020年7月17日撮影)中国広東省広州市茘湾区(れいわんく)にある華林禅寺は524年に創建された禅宗の古刹(こさつ)で、1500年近い歴史を持つ。インドの高僧、菩提達磨(ぼだいだるま、達磨大師)が中国で最初に禅の教えを説いた聖地とされる。達磨大師は、師の般若多羅(はんにゃたら)より受け継いだ禅の教えを広めるため、南北朝時代の梁の普通年間(520~527年)に海を渡り、3年かけて広州城外の珠江北岸にたどり着いた。後に華林禅寺となる「西来庵」をこの地に構え、修行に打ち込んだと伝えられている。境内には、有名な五百羅漢堂や星岩漢白玉舎利塔などがある。羅漢堂内に祭られている五百羅漢は、厳しい表情で座っていたり、腹を出して微笑んでいたりと、一体ずつ動きや表情が異なり、今にも動き出しそうな躍動感がある。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030905468

  •  (8)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (8)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110763

  •  (5)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (5)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110759

  •  (13)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (13)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110894

  •  (17)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (17)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110908

  •  (16)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (16)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110910

  •  (15)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (15)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110901

  •  (3)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (3)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110726

  •  (14)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (14)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110902

  •  (9)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (9)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110828

  •  (19)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (19)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110935

  •  (7)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (7)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110762

  •  (4)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (4)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110735

  •  (12)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (12)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110893

  •  (1)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (1)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110724

  •  (20)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (20)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110927

  •  (18)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (18)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110918

  •  (10)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (10)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110827

  •  (2)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (2)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110752

  •  (11)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (11)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110846

  •  (6)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市
    2022年10月11日
    (6)善化寺の金代彩色塑像山西省大同市

    9月30日、善化寺の金代彩色塑像。中国山西省大同市の市街地南西角に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された善化寺(ぜんげじ)がある。創建は唐の開元年間(713~741年)で、数度の修復を経ているが、遼・金時代(10世紀初め~13世紀中頃)の建築が今も残る。中でも遼代に建てられた大雄宝殿は同寺最大の規模を持ち、殿内には金代の彩色塑像が安置されている。中央には五智如来、東西の台座には二十四諸天像が置かれ、豊富な造形と調和のとれた色彩、微妙な変化が見る者を魅了する。いずれの塑像からも、仏師が宗教儀軌(ぎき、儀式の規則)を守りつつ芸術的創造性や想像力を発揮し、配置や衣装、外観に心血を注いだことが見て取れる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101110919

  •  (7)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (7)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507929

  •  (9)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (9)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507881

  •  (1)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (1)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507931

  •  (6)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (6)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507938

  •  (18)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (18)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507970

  •  (15)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (15)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507958

  •  (13)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (13)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507944

  •  (16)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (16)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507956

  •  (8)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (8)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507954

  •  (2)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (2)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507935

  •  (4)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (4)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507910

  •  (3)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (3)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507984

  •  (10)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (10)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507951

  •  (11)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (11)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507936

  •  (14)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (14)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507937

  •  (12)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (12)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507939

  •  (5)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (5)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507906

  •  (17)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市
    2022年10月25日
    (17)華厳寺の明代泥塑像山西省大同市

    華厳寺の明代泥塑像。(9月29日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺は、遼の重熙(ちょうき)7(1038)年の創建で、寺名は仏教経典の華厳経にちなむ。年代が古く、保存状態の良い遼・金時代の寺院建築群で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。大雄宝殿には、20体の天神彩色塑像が五智如来像の前に侍立している。塑像の高さは2・8メートルで、さまざまな姿をし、15~19度前傾した姿勢で釈迦(しゃか)への恭敬を示している。これらの像は護法善神の「二十諸天」であり、明代泥塑像の名作といえる。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102507957

  • 五智如来像 スーパーじいさんの偉業
    2023年02月06日
    五智如来像 スーパーじいさんの偉業

    木喰の大作「五智如来像」。川に丸太を浮かべて彫ったという言い伝えがある=宮崎県西都市の木喰五智館

    商品コード: 2023020606941

  • 1