KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 井上靖文学館
  • 井上靖記念館
  • 作家
  • いのうえ
  • やすし
  • 令和
  • 作品
  • 人々
  • 仕事
  • 作文

「井上靖」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
80
( 1 80 件を表示)
  • 1
80
( 1 80 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 1973年03月30日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1972(昭和47)年12月16日撮影

    商品コード: 1973033000001

  • 1984年10月11日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家、84年度ノーベル文学賞発表の日=1984(昭和59)年10月11日撮影、世田谷区桜の自宅

    商品コード: 2004020200182

  • 1969年04月17日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1969(昭和44)年4月9日撮影

    商品コード: 2005120700073

  • 1969年05月23日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1969(昭和44)年4月9日撮影

    商品コード: 1969052300001

  • 1975年06月19日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1975(昭和50)年4月10日撮影

    商品コード: 2005040400016

  • 1976年11月11日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1976(昭和51)年10月25日撮影

    商品コード: 2005030900020

  • 1986年06月05日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1985(昭和60)年10月8日撮影

    商品コード: 2003122200028

  • 1989年09月21日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家、芥川賞受賞、文化勲章受章、芸術院会員、日本ペンクラブ会長=1989(平成元)年6月21日撮影

    商品コード: 2003091000048

  • 1983年02月04日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1983(昭和58)年1月19日撮影

    商品コード: 2004040100045

  • 1973年04月20日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1973(昭和48)年4月20日撮影

    商品コード: 2007110700055

  • 1982年06月02日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1982(昭和57)年6月2日撮影

    商品コード: 1982060200002

  • 1964年07月02日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1964(昭和39)年2月4日撮影

    商品コード: 2006112400039

  • 1984年11月29日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1984(昭和59)年11月29日出稿

    商品コード: 2004032500025

  • 1984年10月11日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家、84年度ノーベル文学賞発表の日=1984(昭和59)年10月11日撮影、世田谷区桜の自宅

    商品コード: 2004020200090

  • 1950年02月14日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1950(昭和25)年2月14日撮影

    商品コード: 2004012700116

  • 1969年11月12日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1969(昭和44)年11月12日撮影

    商品コード: 2004012700053

  • 1980年03月15日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1980(昭和55)年3月15日撮影

    商品コード: 2004012700132

  • 1985年02月27日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1985(昭和60)年2月27日撮影

    商品コード: 2004012700129

  • 1956年07月23日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家、和服=1956(昭和31)年7月23日撮影

    商品コード: 2004012700060

  • 1987年10月22日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家、芥川賞受賞、文化勲章受章、芸術院会員、日本ペンクラブ会長=1987(昭和62)年6月19日撮影

    商品コード: 2003111800122

  • 1980年04月04日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1980(昭和55)年2月13日撮影

    商品コード: 2004081900088

  • 1981年10月16日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1981(昭和56)年10月8日撮影

    商品コード: 2004012700139

  • 1973年07月19日
    (いのうえ・やすし) 井上靖

    作家=1972(昭和47)年12月16日撮影

    商品コード: 2005062100101

  • 1975年04月10日
    井上靖

    井上靖、文化、いのうえ・やすし、死去・1991(平成3)年1月29日、作家、日本芸術院会員、芥川賞受賞、日本芸術院賞受賞、1976(昭和51)年文化勲章受章=1975(昭和50)年4月10日

    商品コード: 1975061700002

  • 1981年03月20日
    井上靖

    井上靖、文化、いのうえ・やすし、死去・1991年1月29日、作家、芥川賞受賞、芸術選奨文部大臣賞受賞、日本芸術院賞受賞、日本文学大賞受賞、日本文芸家協会会長、日本ペンクラブ会長、日中文化交流協会会長、日本芸術院会員、文化勲章受章、文化功労者=1980(昭和55)年3月20日

    商品コード: 1981062000001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年08月17日
    井上の中国行軍日記 井上靖の企画展

    井上靖が中国に出征していた当時に心境をつづった「中国行軍日記」=北海道旭川市の井上靖記念館

    商品コード: 2013081700648

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年08月17日
    井上の中国行軍日記 井上靖の企画展

    井上靖が中国に出征していた当時に心境をつづった「中国行軍日記」=北海道旭川市の井上靖記念館

    商品コード: 2013081700551

  • 2017年07月03日
    鬼ケ城の井上靖詩碑

    キーワード:井上靖、屋外、夏、観光名所、鬼ヶ城、熊野灘、建物、午前中、詩碑、城、世界遺産、石碑、日本、風景、無人、紀伊半島、南紀、魔見ヶ島、モノメイン写真=2017(平成29)年7月3日、三重県熊野市、クレジット:SUSUMU AOYAMA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030216617

  • 2021年10月01日
    学芸員の徳山加陽さん 井上靖の魅力身近に

    井上靖文学館学芸員の徳山加陽さん=静岡県長泉町

    商品コード: 2021100102086

  • 2021年10月01日
    井上靖文学館 井上靖の魅力身近に

    静岡県長泉町の井上靖文学館

    商品コード: 2021100102103

  • 2021年10月01日
    井上靖文学館 井上靖の魅力身近に

    リニューアルオープンした井上靖文学館=静岡県長泉町

    商品コード: 2021100102099

  • 1976年10月25日
    文化勲章を受章 喜びを語る井上靖氏

    取材ノートを前に、文化勲章受章の喜びを語る井上靖氏(作家)。「天から降ってきたような、思いがけずぶつかったような感じ。感謝とありがたい気持ちです」と静かに話す=1976(昭和51)年10月25日、東京都世田谷区(51年内地 7602)

    商品コード: 2014021700391

  • 2020年01月03日
    井上靖氏 井上靖氏、ノーベル賞候補

    井上靖氏

    商品コード: 2020010300002

  • 2019年08月10日
    元号考案候補に井上靖氏

    元号考案者の候補一覧

    商品コード: 2019081000507

  • 2019年08月10日
    元号考案候補に井上靖氏

    元号考案者の候補一覧

    商品コード: 2019081000506

  • 2018年02月01日
    井上靖さん 井上靖さんが映画脚本執筆

    作家の井上靖さん

    商品コード: 2018020101153

  • 2019年08月10日
    元号考案候補に井上靖氏

    元号考案者の候補一覧

    商品コード: 2019081000504

  • 2019年08月10日
    考案者候補6人のうち4人 元号考案候補に井上靖氏

    1984年6月に政府が作成した文書に記載された、新元号考案者候補6人のうち4人

    商品コード: 2019081000592

  • 2019年08月10日
    開示された政府文書 元号考案候補に井上靖氏

    1984年6月に政府が作成した、新元号考案者の候補として作家の井上靖氏ら6人を記載した文書

    商品コード: 2019081000603

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年10月31日
    見つかった日記 井上靖氏の行軍日記発見

    遺族宅で見つかった井上靖氏の日記

    商品コード: 2009103100215

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年10月31日
    井上靖氏の日記 井上靖氏の行軍日記発見

    遺族宅で見つかった井上靖氏の日記

    商品コード: 2009103100217

  • 2019年08月10日
    開示された政府文書 元号考案候補に井上靖氏

    昭和天皇逝去後の改元に備え、1984年6月に政府が作成した新元号考案者の選考に関する文書。芥川賞作家の井上靖氏ら6人の候補が記載されていた

    商品コード: 2019081000571

  • 2019年08月10日
    一覧にある井上氏の名前 元号考案候補に井上靖氏

    昭和天皇逝去後の改元に備え、1984年6月に政府が作成した新元号考案者の候補一覧に記された井上靖氏の名前。右上には「(昭和59年6月現在)」と記されている

    商品コード: 2019081000573

  • 2012年09月20日
    「海峡」の舞台に31年ぶり 下北半島に井上靖文学碑

    1989(平成元)年9月30日、井上靖が小説「海峡」の舞台、青森県風間浦村の文学碑除幕式であいさつ。「ああ、湯が滲みてくる。本州の、北の果ての海っぱたで、雪降り積もる温泉旅館の浴槽に沈んで、俺はいま硫黄の匂いを嗅いでいる」。終章を執筆したゆかりの地に31年ぶり。この1年4カ月後、83歳の生涯を閉じた。

    商品コード: 2012100400502

  • 2018年02月01日
    記者会見する根本氏 井上靖さんが映画脚本執筆

    記者会見するNPO法人「古き良き文化を継承する会」の根本隆一郎代表理事(右)=1日午後、東京都中央区

    商品コード: 2018020101117

  • 2016年06月20日
    協定締結した西川市長ら 井上靖財団と旭川市が協定

    連携協定を締結した井上靖記念文化財団の井上修一理事長(左)と旭川市の西川将人市長=20日午前、北海道旭川市

    商品コード: 2016062000350

  • 2017年12月13日
    井上靖さん 井上靖さんの日記見つかる

    井上靖さん

    商品コード: 2017121300286

  • 2020年01月29日
    碑前祭の黒田佳子さん 井上靖しのび、ぼた餅供え

    作家の故井上靖さんをしのぶ「碑前祭」。前列右から2人目は次女の黒田佳子さん=29日午前、鳥取県日南町

    商品コード: 2020012903356

  • 2002年07月06日
    現代詩歌文学館に記念室 井上靖の詩に焦点当てる

    作家の井上靖

    商品コード: 2002070600057

  • 2018年02月01日
    「白銀の王座」の脚本 井上靖さんが映画脚本執筆

    井上靖さんが執筆に関わった「白銀の王座」の脚本

    商品コード: 2018020101116

  • 2018年02月01日
    井上靖さんが執筆した脚本 井上靖さんが映画脚本執筆

    井上靖さんが執筆に関わった「白銀の王座」の脚本

    商品コード: 2018020101148

  • 1989年09月30日
    青森に井上靖氏の文学碑

    除幕式であいさつする井上靖氏=1989(平成元)年9月30日、青森県下北郡風間浦村下風呂、漁港公園

    商品コード: 2009012900550

  • 2019年08月10日
    元号考案候補に井上靖氏

    元号考案者の候補一覧

    商品コード: 2019081000505

  • 2019年08月10日
    考案者候補6人のうち2人 元号考案候補に井上靖氏

    1984年6月に政府が作成した文書に記載された、新元号考案者候補6人のうち2人

    商品コード: 2019081000591

  • 2020年01月08日
    井上靖さん 井上靖さんノーベル賞候補

    作家の井上靖さん=1976年10月、東京都世田谷区

    商品コード: 2020010803096

  • 2003年09月19日
    「終戦日記」など初公開

    井上靖氏

    商品コード: 2003091900077

  • 2019年08月17日
    井上靖氏 元号懇候補に司馬遼太郎氏

    井上靖氏

    商品コード: 2019081700924

  • 2019年10月19日
    復刊された「星と祭」 絶版小説復刊で町おこし

    復刊された井上靖の小説「星と祭」

    商品コード: 2019101900615

  • 2000年04月06日
    発見された未発表原稿 習作時代の未発表原稿発見

    発見された故井上靖さんの習作時代の未発表原稿

    商品コード: 2000040600115

  • 02:27.37
    1959年10月11日
    「福島民報」「民報ニュース」吾妻観光道路完成 開通式

    スカイライン開通前の10月11日、福島民報社主催の撮影会が行われた。参加者600人が10台のバスで向かう。山頂の浄土平では、景観が一望できる。モデルを囲んで撮影会が行われた。10月19日、福島民報社の招きで作家の井上靖が視察に訪れた。11月5日は開通式が行われた。福島市公会堂で関係者1000名が出席して祝賀会が行われた。高湯ゲートではテープカット。250台が夢のスカイラインへ。撮影日:1959(昭和34)年10月11日、19日、11月5日、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040100591

  • 1996年07月03日
    井上靖武中部地建局長 環境重視の考えを示す

    井上靖武・建設省中部地方建設局長(いのうえ・やすたけ)

    商品コード: 1996070300016

  • 1991年10月03日
    (いのうえ・ふみ) 井上ふみ

    作家・井上靖氏夫人、撮影1991(平成3)年5月31日

    商品コード: 1999090700063

  • 2019年10月19日
    復刊記念イベント 絶版小説復刊で町おこし

    井上靖の小説「星と祭」の復刊記念イベント=19日午後、滋賀県長浜市

    商品コード: 2019101900614

  • 2012年05月06日
    移築された書斎と修一さん 名作生まれた書斎展示

    移築された故井上靖氏の自宅書斎を訪れた長男の修一さん=6日午後、北海道旭川市

    商品コード: 2012050600098

  • 2013年11月22日
    井上松次郎さん 苦難乗り越え、名跡襲名

    名跡「松次郎」を襲名した和泉流山脇派の狂言師井上靖浩さん=16日、名古屋市中区

    商品コード: 2013112200009

  • 1984年05月14日
    第47回国際ペン東京大会開会式

    あいさつする井上靖・日本ペンクラブ会長=1984(昭和59)年5月14日、東京・新宿の京王プラザホテル

    商品コード: 1984051400001

  • 1958年10月14日
    新年原稿用座談会 香川京子・資料

    座談会、右から香川京子、井上靖、有馬稲子、山本富士子=1958(昭和33)年11月14日撮影

    商品コード: 1958101400004

  • 1984年05月18日
    第47回国際ペン東京大会閉会式

    国際ペン副会長に就任、あいさつする井上靖氏=1984(昭和59)年5月18日、東京・新宿の京王プラザホテル

    商品コード: 1984051800003

  • 1984年05月18日
    第47回国際ペン東京大会が閉幕

    大会を終え、記者会見するペール・ウェストベリ会長(右)と井上靖副会長=1984(昭和59)年5月18日、東京・新宿の京王プラザホテル

    商品コード: 1984051800004

  • 1976年11月03日
    記念撮影する受章者 皇居で文化勲章の伝達式

    文化勲章伝達式を終え記念撮影する(左から)森嶋通夫氏、同瑤子夫人、松田権六氏、同文子夫人、小野竹喬氏、井上靖氏、同ふみ夫人、木村資生氏、同弘子夫人=1976(昭和51)年11月3日、皇居・宮殿東庭(51年内地 7840)

    商品コード: 2014021700449

  • 1996年06月25日
    建設省人事

    安達常太郎氏(総括監察官)、小林満氏(建設大学校長)、野々村邦夫氏(国土地理院長)、井上靖武氏(中部地方建設局長)(あだち・つねたろう)(こばやし・みつる)(ののむら・くにお)(いのうえ・やすたけ)

    商品コード: 1996062500048

  • 1959年05月26日
    日本芸術院賞受章者

    日本芸術院賞を受章した(下段左から)加藤栄三、森田沙伊、小山敬三、林武、井上良斎、大須賀喬(上段左から)中村順平、井上靖、吉田精一、中能島欣一、小津安二郎の各氏=1959(昭和34)年5月26日、東京・上野の日本芸術院(34年内地 637)

    商品コード: 2011102700140

  • 2019年05月08日
    「敦煌の夢」が結んだ日本人教師と中国の縁

    蘭州大学外国語学院で教鞭をとる柳井さん。(5月8日撮影)今から60年前、日本の作家、井上靖氏の歴史小説「敦煌」が発表されると、人々の目は中国西部に注がれた。30数年前に佐藤純彌監督が同作品を映画化すると、敦煌人気は再燃した。ちょうどその頃、日本の栃木県では、この映画に心を震わす少年がいた。少年の名は柳井貴士。柳井さんは遠く離れた中国西部をずっと夢見てきた。柳井さんは2017年11月、敦煌がある中国甘粛省の蘭州大学に日本語教師として赴任した。毎日午後に同大学外国語学院の日本語専攻の学生に日本語会話や作文、日本文化に関する授業を行っている。仕事以外では、学校の近くの焼肉屋でお酒を飲んだり、省内の日本の友人と集まったり、旅行に行ったりしている。彼は敦煌で撮影した写真を手に「本当の敦煌は映画よりも衝撃的だった」と話してくれた。(蘭州=新華社配信)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400134

  • 2019年05月08日
    「敦煌の夢」が結んだ日本人教師と中国の縁

    宿舎でギターを弾き、休みのひとときを過ごす柳井さん。(5月8日撮影)今から60年前、日本の作家、井上靖氏の歴史小説「敦煌」が発表されると、人々の目は中国西部に注がれた。30数年前に佐藤純彌監督が同作品を映画化すると、敦煌人気は再燃した。ちょうどその頃、日本の栃木県では、この映画に心を震わす少年がいた。少年の名は柳井貴士。柳井さんは遠く離れた中国西部をずっと夢見てきた。柳井さんは2017年11月、敦煌がある中国甘粛省の蘭州大学に日本語教師として赴任した。毎日午後に同大学外国語学院の日本語専攻の学生に日本語会話や作文、日本文化に関する授業を行っている。仕事以外では、学校の近くの焼肉屋でお酒を飲んだり、省内の日本の友人と集まったり、旅行に行ったりしている。彼は敦煌で撮影した写真を手に「本当の敦煌は映画よりも衝撃的だった」と話してくれた。(蘭州=新華社配信)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400205

  • 2019年05月08日
    「敦煌の夢」が結んだ日本人教師と中国の縁

    宿舎で読書する柳井さん。(5月8日撮影)今から60年前、日本の作家、井上靖氏の歴史小説「敦煌」が発表されると、人々の目は中国西部に注がれた。30数年前に佐藤純彌監督が同作品を映画化すると、敦煌人気は再燃した。ちょうどその頃、日本の栃木県では、この映画に心を震わす少年がいた。少年の名は柳井貴士。柳井さんは遠く離れた中国西部をずっと夢見てきた。柳井さんは2017年11月、敦煌がある中国甘粛省の蘭州大学に日本語教師として赴任した。毎日午後に同大学外国語学院の日本語専攻の学生に日本語会話や作文、日本文化に関する授業を行っている。仕事以外では、学校の近くの焼肉屋でお酒を飲んだり、省内の日本の友人と集まったり、旅行に行ったりしている。彼は敦煌で撮影した写真を手に「本当の敦煌は映画よりも衝撃的だった」と話してくれた。(蘭州=新華社配信)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400239

  • 2019年05月08日
    「敦煌の夢」が結んだ日本人教師と中国の縁

    敦煌で撮影した写真を記者に見せる柳井さん。(5月8日撮影)今から60年前、日本の作家、井上靖氏の歴史小説「敦煌」が発表されると、人々の目は中国西部に注がれた。30数年前に佐藤純彌監督が同作品を映画化すると、敦煌人気は再燃した。ちょうどその頃、日本の栃木県では、この映画に心を震わす少年がいた。少年の名は柳井貴士。柳井さんは遠く離れた中国西部をずっと夢見てきた。柳井さんは2017年11月、敦煌がある中国甘粛省の蘭州大学に日本語教師として赴任した。毎日午後に同大学外国語学院の日本語専攻の学生に日本語会話や作文、日本文化に関する授業を行っている。仕事以外では、学校の近くの焼肉屋でお酒を飲んだり、省内の日本の友人と集まったり、旅行に行ったりしている。彼は敦煌で撮影した写真を手に「本当の敦煌は映画よりも衝撃的だった」と話してくれた。(蘭州=新華社配信)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400186

  • 2019年05月08日
    「敦煌の夢」が結んだ日本人教師と中国の縁

    授業に行く前に教材を選ぶ柳井さん。(5月8日撮影)今から60年前、日本の作家、井上靖氏の歴史小説「敦煌」が発表されると、人々の目は中国西部に注がれた。30数年前に佐藤純彌監督が同作品を映画化すると、敦煌人気は再燃した。ちょうどその頃、日本の栃木県では、この映画に心を震わす少年がいた。少年の名は柳井貴士。柳井さんは遠く離れた中国西部をずっと夢見てきた。柳井さんは2017年11月、敦煌がある中国甘粛省の蘭州大学に日本語教師として赴任した。毎日午後に同大学外国語学院の日本語専攻の学生に日本語会話や作文、日本文化に関する授業を行っている。仕事以外では、学校の近くの焼肉屋でお酒を飲んだり、省内の日本の友人と集まったり、旅行に行ったりしている。彼は敦煌で撮影した写真を手に「本当の敦煌は映画よりも衝撃的だった」と話してくれた。(蘭州=新華社配信)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400228

  • 2019年05月08日
    「敦煌の夢」が結んだ日本人教師と中国の縁

    蘭州大学外国語学院での授業で学生と交流する柳井さん。(5月8日撮影)今から60年前、日本の作家、井上靖氏の歴史小説「敦煌」が発表されると、人々の目は中国西部に注がれた。30数年前に佐藤純彌監督が同作品を映画化すると、敦煌人気は再燃した。ちょうどその頃、日本の栃木県では、この映画に心を震わす少年がいた。少年の名は柳井貴士。柳井さんは遠く離れた中国西部をずっと夢見てきた。柳井さんは2017年11月、敦煌がある中国甘粛省の蘭州大学に日本語教師として赴任した。毎日午後に同大学外国語学院の日本語専攻の学生に日本語会話や作文、日本文化に関する授業を行っている。仕事以外では、学校の近くの焼肉屋でお酒を飲んだり、省内の日本の友人と集まったり、旅行に行ったりしている。彼は敦煌で撮影した写真を手に「本当の敦煌は映画よりも衝撃的だった」と話してくれた。(蘭州=新華社配信)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400184

  • 2019年05月08日
    「敦煌の夢」が結んだ日本人教師と中国の縁

    蘭州大学外国語学院で教鞭をとる柳井さん。(5月8日撮影)今から60年前、日本の作家、井上靖氏の歴史小説「敦煌」が発表されると、人々の目は中国西部に注がれた。30数年前に佐藤純彌監督が同作品を映画化すると、敦煌人気は再燃した。ちょうどその頃、日本の栃木県では、この映画に心を震わす少年がいた。少年の名は柳井貴士。柳井さんは遠く離れた中国西部をずっと夢見てきた。柳井さんは2017年11月、敦煌がある中国甘粛省の蘭州大学に日本語教師として赴任した。毎日午後に同大学外国語学院の日本語専攻の学生に日本語会話や作文、日本文化に関する授業を行っている。仕事以外では、学校の近くの焼肉屋でお酒を飲んだり、省内の日本の友人と集まったり、旅行に行ったりしている。彼は敦煌で撮影した写真を手に「本当の敦煌は映画よりも衝撃的だった」と話してくれた。(蘭州=新華社配信)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400217

  • 01:01.92
    2021年04月18日
    「新華社」敦煌で見つけた「日本の形跡」

    中国甘粛省敦煌市で現在、「シルクロードの美地・敦煌展」が開催されており、敦煌壁画の精巧なデジタル作品の前では来場者が足を止めている。敦煌は多くの日本人が思いを寄せる場所であり、このシルクロードの古都では多くの「日本の形跡」を見つけることができる。甘粛画院の段兼善(だん・けんぜん)元副院長は「中国と日本は文化的つながりが非常に深く、シルクロードを通じて東に伝わった仏教が、両国の似通った文化の下地をもたらした」と説明。シルクロードの要衝である敦煌では仏教芸術が栄え、文化的価値の高い莫高窟が誕生し、日本は遣隋使や遣唐使を派遣して中国文化を学んできたと述べた。在中国日本大使館の志水史雄公使は「古来より、日本は中国文化を吸収して、日本独自の文化を発展させてきた。中国文化、仏教文化が日本に与えた影響は非常に大きく、日本人の心の中で敦煌が大きな地位を占めていると言っても過言ではない」と語った。約120年前に敦煌の莫高窟蔵経洞が発見され、多くの文化財が海外に流出したことで、日本などの研究者の注目を集めるようになり、国際的な学問「敦煌学」が誕生。日本は世界の敦煌学研究において、重要な力を持つことになった。新中国成立後、敦煌と日本の文化交流はさらに深まり、1958年には当時の敦煌文物研究所所長、常書鴻(じょう・しょこう)氏が敦煌壁画を模写した作品を日本で展示し、大きな話題となった。この展覧会には、画家の平山郁夫氏や小説家の井上靖氏らも訪れた。平山氏はその後敦煌に関心を持ち、敦煌文化財保護事業や人材育成などに心血を注ぎ、井上氏は日本で話題となった小説「敦煌」を著した。=配信日:2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042003282

  • 1