KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 位置
  • 発展
  • 増加
  • 革命
  • トイレ
  • 収入
  • 客家
  • 平成

「井崗山」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
67
( 1 67 件を表示)
  • 1
67
( 1 67 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2007年01月29日
    視察した石井岡山県知事 高病原性鳥インフルと確認

    鳥インフルエンザの発生が確認された高梁市の養鶏場を視察した岡山県の石井正弘知事(中央)=29日午後0時25分

    商品コード: 2007012900087

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月21日
    あいさつの石井岡山県知事 送電網への接続徹底を

    「自然エネルギー協議会」総会であいさつする石井正弘・岡山県知事(中央)。左端は孫正義事務局長=21日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2011112100481

  • 2016年02月02日
    【新中国成立70周年】習近平氏と新時代の中国

    春節(旧正月)を前に、江西省井岡山市茅坪郷神山村で村民と餅つきをする習近平氏。(2016年2月2日撮影)新中国成立後の生まれで初の中国共産党中央委員会総書記、習近平(しゅう・きんぺい)氏は10月1日、天安門の城楼に上り、中華人民共和国成立70周年を祝う式典に出席する。70年前のこの日、毛沢東(もう・たくとう)主席がここで中華人民共和国成立を宣言した。そして今、習近平氏が「中国号」という巨大な船のかじを取って新たな時代へとこぎ出し、波を切って前進し、帆を揚げて遠くへと向かう。(北京=新華社記者/蘭紅光)=2016(平成28)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100102101

  • 2016年02月27日
    毛沢東旧居に習氏の威光

    中国江西省・井岡山

    商品コード: 2016022700282

  • 2016年02月27日
    毛沢東旧居に習氏の威光

    中国江西省・井岡山

    商品コード: 2016022700283

  • 2016年02月27日
    毛沢東旧居に習氏の威光

    中国江西省・井岡山

    商品コード: 2016022700284

  • 2016年02月27日
    毛沢東旧居に習氏の威光

    中国江西省・井岡山

    商品コード: 2016022700285

  • 2016年02月27日
    記念写真に納まる観光客 毛沢東旧居に習氏の威光

    中国江西省井岡山の毛沢東の旧居「八角楼」で記念撮影する観光客=15日(共同)

    商品コード: 2016022700309

  • 2017年08月17日
    中国、貧困脱却の堅塁攻略を加速全人代が農村教育を監督·査察

    江西省瑞金市葉坪郷黄沙村の広場で遊ぶ子ども。(2017年8月17日撮影)「義務教育の弱点は農村にあり、農村義務教育の弱点は農村教師にある」。中国の全国人民代表大会(全人代)教育科学文化衛生委員会の呉恒(ご・こう)副主任委員は10日、第13期全人代第2回会議の「人民代表大会の監督活動」に関する記者会見でこのように述べた。李克強(り・こくきょう)国務院総理は数日前、政府活動報告を行った際、中国は都市部と農村部の義務教育の一体化発展を推し進め、良質な教育資源の共有を促進すると強調した。「中国革命のゆりかご」と呼ばれる江西省井岡山(せいこうざん)市から来た全人代代表の左香雲(さ・こううん)氏は、良質な農村教育は、地元村民が貧困を脱却した後も引き続き豊かになるための助けになると考えている。(瑞金=新華社記者/万象)=2017(平成29)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203670

  • 2017年09月26日
    中国、貧困脱却の堅塁攻略を加速全人代が農村教育を監督·査察

    小型無人機から撮影した井岡山市の挹翠(ゆうすい)湖公園。(2017年9月26日撮影)「義務教育の弱点は農村にあり、農村義務教育の弱点は農村教師にある」。中国の全国人民代表大会(全人代)教育科学文化衛生委員会の呉恒(ご・こう)副主任委員は10日、第13期全人代第2回会議の「人民代表大会の監督活動」に関する記者会見でこのように述べた。李克強(り・こくきょう)国務院総理は数日前、政府活動報告を行った際、中国は都市部と農村部の義務教育の一体化発展を推し進め、良質な教育資源の共有を促進すると強調した。「中国革命のゆりかご」と呼ばれる江西省井岡山(せいこうざん)市から来た全人代代表の左香雲(さ・こううん)氏は、良質な農村教育は、地元村民が貧困を脱却した後も引き続き豊かになるための助けになると考えている。(井岡山=新華社記者/万象)=2017(平成29)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203581

  • 2017年09月26日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省井岡山(せいこうざん)黄洋界風景区。(2017年9月26日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(井岡山=新華社記者/万象)=2017(平成29)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003897

  • 2017年09月26日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省井岡山(せいこうざん)革命烈士陵園。(2017年9月26日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(井岡山=新華社記者/万象)=2017(平成29)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003914

  • 2018年02月12日
    中国、貧困脱却の堅塁攻略を加速全人代が農村教育を監督·査察

    インターネットを通して竹工芸品を販売する、江西省井岡山市茅坪郷神山村に住む左香雲(さ・こううん)氏。(2018年2月12日撮影)「義務教育の弱点は農村にあり、農村義務教育の弱点は農村教師にある」。中国の全国人民代表大会(全人代)教育科学文化衛生委員会の呉恒(ご・こう)副主任委員は10日、第13期全人代第2回会議の「人民代表大会の監督活動」に関する記者会見でこのように述べた。李克強(り・こくきょう)国務院総理は数日前、政府活動報告を行った際、中国は都市部と農村部の義務教育の一体化発展を推し進め、良質な教育資源の共有を促進すると強調した。「中国革命のゆりかご」と呼ばれる江西省井岡山(せいこうざん)市から来た全人代代表の左香雲(さ・こううん)氏は、良質な農村教育は、地元村民が貧困を脱却した後も引き続き豊かになるための助けになると考えている。(井岡山=新華社記者/周密)=2018(平成30)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203623

  • 2018年09月26日
    中国、貧困脱却の堅塁攻略を加速全人代が農村教育を監督·査察

    小型無人機から撮影した井岡山市の茅坪風景区。(2017年9月26日撮影)「義務教育の弱点は農村にあり、農村義務教育の弱点は農村教師にある」。中国の全国人民代表大会(全人代)教育科学文化衛生委員会の呉恒(ご・こう)副主任委員は10日、第13期全人代第2回会議の「人民代表大会の監督活動」に関する記者会見でこのように述べた。李克強(り・こくきょう)国務院総理は数日前、政府活動報告を行った際、中国は都市部と農村部の義務教育の一体化発展を推し進め、良質な教育資源の共有を促進すると強調した。「中国革命のゆりかご」と呼ばれる江西省井岡山(せいこうざん)市から来た全人代代表の左香雲(さ・こううん)氏は、良質な農村教育は、地元村民が貧困を脱却した後も引き続き豊かになるための助けになると考えている。(井岡山=新華社記者/万象)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203629

  • 2019年01月02日
    スマホで予約可能な「バス」山東省青島市

    2日、「デマンドバス」に乗車する市民。中国山東省青島市の西海岸新区で2日、「デマンドバス」が正式に運行を開始した。「デマンドバス」は先行的に同区の長江路と井岡山路の境界付近を中心に、84カ所のバス停を設置。乗客はスマートフォンで乗車地点と降車地点を入力して予約する。「デマンドバス」が情報を受信すると、近くのバスが最適な路線を自動で設定し、目的地の近い乗客を乗せて運行する。これによりバスの「乗客のデマンドによる発車・路線選択・停車」が実現し、市民の外出効率が向上する。(青島=新華社配信/張進剛)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700652

  • 2019年01月02日
    スマホで予約可能な「バス」山東省青島市

    2日、「デマンドバス」に乗るため列に並ぶ市民。中国山東省青島市の西海岸新区で2日、「デマンドバス」が正式に運行を開始した。「デマンドバス」は先行的に同区の長江路と井岡山路の境界付近を中心に、84カ所のバス停を設置。乗客はスマートフォンで乗車地点と降車地点を入力して予約する。「デマンドバス」が情報を受信すると、近くのバスが最適な路線を自動で設定し、目的地の近い乗客を乗せて運行する。これによりバスの「乗客のデマンドによる発車・路線選択・停車」が実現し、市民の外出効率が向上する。(青島=新華社配信/張進剛)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700552

  • 2019年01月02日
    スマホで予約可能な「バス」山東省青島市

    2日、乗客の予約情報を確認する「デマンドバス」の運転手。中国山東省青島市の西海岸新区で2日、「デマンドバス」が正式に運行を開始した。「デマンドバス」は先行的に同区の長江路と井岡山路の境界付近を中心に、84カ所のバス停を設置。乗客はスマートフォンで乗車地点と降車地点を入力して予約する。「デマンドバス」が情報を受信すると、近くのバスが最適な路線を自動で設定し、目的地の近い乗客を乗せて運行する。これによりバスの「乗客のデマンドによる発車・路線選択・停車」が実現し、市民の外出効率が向上する。(青島=新華社配信/張進剛)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700515

  • 2019年01月02日
    スマホで予約可能な「バス」山東省青島市

    2日、スマホで「デマンドバス」を予約する市民。中国山東省青島市の西海岸新区で2日、「デマンドバス」が正式に運行を開始した。「デマンドバス」は先行的に同区の長江路と井岡山路の境界付近を中心に、84カ所のバス停を設置。乗客はスマートフォンで乗車地点と降車地点を入力して予約する。「デマンドバス」が情報を受信すると、近くのバスが最適な路線を自動で設定し、目的地の近い乗客を乗せて運行する。これによりバスの「乗客のデマンドによる発車・路線選択・停車」が実現し、市民の外出効率が向上する。(青島=新華社配信/張進剛)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700671

  • 2019年01月02日
    スマホで予約可能な「バス」山東省青島市

    2日、「デマンドバス」から降りる市民。中国山東省青島市の西海岸新区で2日、「デマンドバス」が正式に運行を開始した。「デマンドバス」は先行的に同区の長江路と井岡山路の境界付近を中心に、84カ所のバス停を設置。乗客はスマートフォンで乗車地点と降車地点を入力して予約する。「デマンドバス」が情報を受信すると、近くのバスが最適な路線を自動で設定し、目的地の近い乗客を乗せて運行する。これによりバスの「乗客のデマンドによる発車・路線選択・停車」が実現し、市民の外出効率が向上する。(青島=新華社配信/張進剛)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700516

  • 02:00.66
    2019年07月04日
    「新華社」数十万のシラサギが「定住」江西省泰和県

    中国の井岡山麓に位置する江西省泰和県は植生が茂り、農村の至る所に湖や池があり、数十万羽のシラサギが生息している。同県澄江鎮桂花村では、1本の川が蛇行しながら、美しい湾曲を作り出している。ここではさまざまな針葉樹や広葉樹が豊かな森林を形成しており、毎年数千羽のシラサギが住み着き、子育てを行っている。シラサギの群れは大空を旋回したり、静かに枝に止まって羽を休めたりしている。また、小さなシラサギたちは梢の上でじゃれ合いながら、まだ生えそろっていない羽をバタバタさせて飛びたがっている。カメラマンのレンズを通して、シラサギの一挙手一投足が、一枚一枚の優れた芸術写真となっている。泰和県は近年、「緑水青山こそが金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」という理念をしっかりと確立し、生態環境管理プロジェクトを全面的に実施。山林の管理や植樹造林など一連の生態環境の構築に注力し、森林率は67%に達している。美しい生態環境がシラサギの大群を呼び込み、繁殖のために生息するようになった。(記者/黄和遜)<映像内容>数十万羽のシラサギのいる風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405271

  • 00:49.51
    2019年07月09日
    「新華社」井岡山の山麓を舞う30万羽のシラサギ江西省

    井岡山(せいこうざん)の麓に位置する中国江西省泰和県は、森林率が67%に達し、その良好な生態環境から30万羽以上のシラサギが山中に定住している。同県郊外の桂花村では、湾曲した川の周りに広がる松林に数千羽のシラサギが巣を作り、子育てに精を出している。現地の大勢の写真愛好家は、白い「精霊」たちが枝の先でじゃれ合ったり、白い雲の間に飛んでいく様子をカメラに収めた。(記者/余剛)<映像内容>井岡山のシラサギの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※画質が良くありません。

    商品コード: 2019070903590

  • 01:50.40
    2019年07月17日
    「新華社」500人が夜を徹して作業昌贛高速鉄道が開通間近

    中国江西省の省都・南昌と贛州(かんしゅう)間で建設中の昌贛高速鉄道で16日夜から17日未明にかけて、南昌鉄道ハブ(市内主要駅で形成する中継拠点)の信号システム導入工事と南昌西動車運用所(高速鉄道車両基地)引き込み線の本線接続工事が行われた。作業員500人余りが5時間半にわたり作業を行い、17日午前4時に無事完了した。昌贛高速鉄道は正式に同省の「大動脈」南昌鉄道ハブへの接続を果たし、全線開通に向けた基礎を固めた。今回の工事は、昌贛高速鉄道の南昌鉄道ハブ乗り入れに向けた最初の1級工事で、全ての工事が完了すると、同高速鉄道は上海と昆明を結ぶ滬昆(ここん)高速鉄道、南昌と福州を結ぶ昌福線と接続する。南昌西の第1、第2動車運用所は南昌西駅の都市間鉄道ホームと高速鉄道ホームと連結され、車両の保管・整備能力が150%向上する。華中地区の主要鉄道ハブとしての南昌市の旅客輸送能力は全面的に引き上げられる。昌贛高速鉄道は総延長415・734キロ、設計時速は350キロ。完成後は滬昆高速鉄道と江西省を「十の字」に横断する鉄道線を形成する。井岡山(せいこうざん)旧革命根拠地や贛南(かんなん、江西省南部)など、かつての中央ソビエト区も高速鉄道時代を迎え、南昌から贛州までの移動は2時間程度に短縮される。(記者/余剛)<映像内容>昌贛高速鉄道の工事の様子、撮影日:2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202484

  • 2019年09月24日
    収穫迎えたハニーポメロ観光客が舌鼓江西省万安県

    24日、収穫したハニーポメロを青果ネットに入れ、出荷の準備を進める農家の人。秋を迎えた中国江西省にある井岡山(せいこうざん)周辺に位置する万安県に広がる2万3千ムー(約1533ヘクタール)の農園で育ったハニーポメロ(HoneyPomelo、井岡蜜柚)が収穫期を迎え、同地を訪れた大勢の観光客が収穫や試食を楽しんだ。ハニーポメロの栽培は同県の特色ある産業で、県内には1千ムー(約67ヘクタール)を超える栽培基地が4カ所、村一級のハニーポメロ栽培産業貧困支援基地が23カ所ある。今年のハニーポメロの予想生産量は9千トンを超え、同地の貧困家庭の増収を一層後押ししていくことが見込まれる。(万安=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101761

  • 2019年09月24日
    収穫迎えたハニーポメロ観光客が舌鼓江西省万安県

    24日、江西省万安県の井岡蜜柚栽培基地で、摘みたてのハニーポメロを味わう観光客。秋を迎えた中国江西省にある井岡山(せいこうざん)周辺に位置する万安県に広がる2万3千ムー(約1533ヘクタール)の農園で育ったハニーポメロ(HoneyPomelo、井岡蜜柚)が収穫期を迎え、同地を訪れた大勢の観光客が収穫や試食を楽しんだ。ハニーポメロの栽培は同県の特色ある産業で、県内には1千ムー(約67ヘクタール)を超える栽培基地が4カ所、村一級のハニーポメロ栽培産業貧困支援基地が23カ所ある。今年のハニーポメロの予想生産量は9千トンを超え、同地の貧困家庭の増収を一層後押ししていくことが見込まれる。(万安=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101870

  • 2019年09月24日
    収穫迎えたハニーポメロ観光客が舌鼓江西省万安県

    24日、江西省万安県の農園で、ハニーポメロを摘み取る農家の人。秋を迎えた中国江西省にある井岡山(せいこうざん)周辺に位置する万安県に広がる2万3千ムー(約1533ヘクタール)の農園で育ったハニーポメロ(HoneyPomelo、井岡蜜柚)が収穫期を迎え、同地を訪れた大勢の観光客が収穫や試食を楽しんだ。ハニーポメロの栽培は同県の特色ある産業で、県内には1千ムー(約67ヘクタール)を超える栽培基地が4カ所、村一級のハニーポメロ栽培産業貧困支援基地が23カ所ある。今年のハニーポメロの予想生産量は9千トンを超え、同地の貧困家庭の増収を一層後押ししていくことが見込まれる。(万安=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101854

  • 2019年09月24日
    収穫迎えたハニーポメロ観光客が舌鼓江西省万安県

    24日、江西省万安県にあるハニーポメロの栽培基地で、摘みたてのハニーポメロを味わう観光客。秋を迎えた中国江西省にある井岡山(せいこうざん)周辺に位置する万安県に広がる2万3千ムー(約1533ヘクタール)の農園で育ったハニーポメロ(HoneyPomelo、井岡蜜柚)が収穫期を迎え、同地を訪れた大勢の観光客が収穫や試食を楽しんだ。ハニーポメロの栽培は同県の特色ある産業で、県内には1千ムー(約67ヘクタール)を超える栽培基地が4カ所、村一級のハニーポメロ栽培産業貧困支援基地が23カ所ある。今年のハニーポメロの予想生産量は9千トンを超え、同地の貧困家庭の増収を一層後押ししていくことが見込まれる。(万安=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101771

  • 2019年09月24日
    収穫迎えたハニーポメロ観光客が舌鼓江西省万安県

    24日、江西省万安県の農園で、ハニーポメロを摘み取る農家の人たち。秋を迎えた中国江西省にある井岡山(せいこうざん)周辺に位置する万安県に広がる2万3千ムー(約1533ヘクタール)の農園で育ったハニーポメロ(HoneyPomelo、井岡蜜柚)が収穫期を迎え、同地を訪れた大勢の観光客が収穫や試食を楽しんだ。ハニーポメロの栽培は同県の特色ある産業で、県内には1千ムー(約67ヘクタール)を超える栽培基地が4カ所、村一級のハニーポメロ栽培産業貧困支援基地が23カ所ある。今年のハニーポメロの予想生産量は9千トンを超え、同地の貧困家庭の増収を一層後押ししていくことが見込まれる。(万安=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101754

  • 2019年09月24日
    収穫迎えたハニーポメロ観光客が舌鼓江西省万安県

    24日、江西省万安県の農園で、ハニーポメロを摘み取る農家の人。秋を迎えた中国江西省にある井岡山(せいこうざん)周辺に位置する万安県に広がる2万3千ムー(約1533ヘクタール)の農園で育ったハニーポメロ(HoneyPomelo、井岡蜜柚)が収穫期を迎え、同地を訪れた大勢の観光客が収穫や試食を楽しんだ。ハニーポメロの栽培は同県の特色ある産業で、県内には1千ムー(約67ヘクタール)を超える栽培基地が4カ所、村一級のハニーポメロ栽培産業貧困支援基地が23カ所ある。今年のハニーポメロの予想生産量は9千トンを超え、同地の貧困家庭の増収を一層後押ししていくことが見込まれる。(万安=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101867

  • 2019年09月24日
    収穫迎えたハニーポメロ観光客が舌鼓江西省万安県

    24日、江西省万安県の農園で、摘み取ったハニーポメロをカゴに入れる農家の人。秋を迎えた中国江西省にある井岡山(せいこうざん)周辺に位置する万安県に広がる2万3千ムー(約1533ヘクタール)の農園で育ったハニーポメロ(HoneyPomelo、井岡蜜柚)が収穫期を迎え、同地を訪れた大勢の観光客が収穫や試食を楽しんだ。ハニーポメロの栽培は同県の特色ある産業で、県内には1千ムー(約67ヘクタール)を超える栽培基地が4カ所、村一級のハニーポメロ栽培産業貧困支援基地が23カ所ある。今年のハニーポメロの予想生産量は9千トンを超え、同地の貧困家庭の増収を一層後押ししていくことが見込まれる。(万安=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101770

  • 2019年09月24日
    収穫迎えたハニーポメロ観光客が舌鼓江西省万安県

    24日、収穫したハニーポメロの重さを測る農家の人。秋を迎えた中国江西省にある井岡山(せいこうざん)周辺に位置する万安県に広がる2万3千ムー(約1533ヘクタール)の農園で育ったハニーポメロ(HoneyPomelo、井岡蜜柚)が収穫期を迎え、同地を訪れた大勢の観光客が収穫や試食を楽しんだ。ハニーポメロの栽培は同県の特色ある産業で、県内には1千ムー(約67ヘクタール)を超える栽培基地が4カ所、村一級のハニーポメロ栽培産業貧困支援基地が23カ所ある。今年のハニーポメロの予想生産量は9千トンを超え、同地の貧困家庭の増収を一層後押ししていくことが見込まれる。(万安=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101901

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:05.36
    2020年05月31日
    「新華社」神山村の華麗なる変貌江西省井岡山市

    中国江西省井岡山市の神山村は、井岡山で最も辺鄙な貧困村の一つだったが、現在では中国の美しい田舎としてリゾート地へと変貌を遂げた。貧困支援を目的とする産業とアグリツーリズムの充実により、村民の収入は目に見えて増加。2017年2月に貧困を脱した。村民の80%がアグリツーリズムに従事し、一人当たりの平均年収はかつての3千元(1元=約15円)未満から2万元以上にまで増加。村の自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台に増えた。現在、神山村の曲がりくねった険しい山道は真新しいアスファルト舗装道路へと変化し、崩れかかった泥レンガ造りの客家の民家も修繕を経て新たに生まれ変わった。また、村には駐車場や観光用トイレ、イベント広場などの施設も整備された。(記者/彭菁)<映像内容>貧困村が美しい田舎としてリゾート地に変貌、街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401888

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:自家製のヤマモモ酒を見せる神山村村民の彭茶香(ほう・ちゃこう)さん。(7月15日撮影)下:経営する「農家楽(アグリツーリズム)」の施設で観光客が予約したヤマモモ酒を準備する村民の彭茶香さん。(7月15日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906191

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    養蜂基地内でハチの巣を取り出し、蜂蜜採取の準備をする神山村の村民、彭小華(ほう・しょうか)さん。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906236

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:自家製の蜂蜜を見せる神山村村民の彭水生(ほう・すいせい)さんと息子の彭小華(ほう・しょうか)さん。(7月15日撮影)下:顧客が注文した蜂蜜を箱詰めする村民の彭水生さんと息子の彭小華さん。(7月15日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906288

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    江西省井岡山に位置する神山村の一角。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906254

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    神山村村民の左秀発(さ・しゅうはつ)さんの家で餅つきを体験する観光客。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906294

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:経営する「農家楽(アグリツーリズム)」の施設で自家製の乾燥トウガラシを見せる神山村村民の彭夏英(ほう・かえい)さん。(7月15日撮影)下:「農家楽」の施設で観光客に料理を提供する村民の彭夏英さん。(7月15日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906246

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    神山村を観光する観光客。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906209

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    経営する土産品店で黄桃のドライフルーツを観光客に販売する神山村村民の張麗萍(ちょう・れいへい)さん。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906279

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    井岡山市神山村の村民たちの笑顔。(7月15日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906290

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月16日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:自身の果樹園で実った黄桃を見せる神山村村民の左炳陽(さ・へいよう)さん。(7月16日撮影)下:自宅で黄桃をカットし、ドライフルーツに加工する準備をする村民の左炳陽さん。(7月16日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906370

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月16日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:自身の果樹園で実った黄桃を見せる神山村村民の尹嬌月(いん・きょうげつ)さん。(7月16日撮影)下:村内で手作りの涼粉(ところてん状の食べ物)を観光客に販売する村民の尹嬌月さん。(7月16日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906374

  • 00:55.08
    2020年12月31日
    「新華社」水運と発電の連携プロジェクトが順調に進捗江西省

    中国江西省の贛江井岡山水運・発電ハブプロジェクトの第1ユニット・グリッド発電開始式が28日、開催された。これによりプロジェクトは正式に華中地域の送電網に組み入れられ、「船舶運航、貯水、発電」の三大目標が実現した。同プロジェクトは江西省と交通運輸部が実施する、「十三五」(第13次5カ年計画、2016年~20年)重点プロジェクトで、吉安市万安県に位置するダムで実施。水運を主とし、発電など総合的利用のメリットも生かす水運・発電ハブプロジェクトになる。総投資額は45億6千万元(1元=約16円)で、17年8月25日に工事が開始され、21年末に完成の予定。水力発電所の総設備容量は133メガワット、年間平均発電量は5億キロワット時で、火力発電の標準石炭使用を年間約6万トン節約し、ばい煙の排出量を約1万トン削減することができる。これにより、エネルギー構造の最適化、環境配慮型発展の促進、環境に優しい社会建設の力になる。(記者/劉彬) =配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123107211

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.62
    2021年03月08日
    「新華社」江西省神山村、農村観光業で豊かな暮らしを実現

    中国江西省井岡山(せいこうざん)市は2017年2月、全国各地に先駆けて貧困脱却を実現した。同市の山間に位置する神山村はかつて、市内で最も辺ぴな貧困村の一つだったが、今では美しい休暇村となった。観光客の増加に伴い、同村のさまざまな特産品も人気を集めている。地元政府が貧困削減の効果をさらに向上させる一連の措置を講じたことで、同村では現在、16世帯が「農家楽」(アグリツーリズム)を経営、5世帯が民宿を開業し、村民の80%が農村観光業に携わるようになっている。同村の1人当たり平均年収は3千元(1元=約17円)足らずから2万元超に増加した。(記者/黄和遜、彭菁)=配信日:2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031004581

  • 2021年05月07日
    正統性固めへ思想統一

    中国江西省・井岡山、貴州省・遵義

    商品コード: 2021050708644

  • 2021年05月07日
    正統性固めへ思想統一

    中国江西省・井岡山、貴州省・遵義

    商品コード: 2021050708634

  • 2021年05月07日
    正統性固めへ思想統一

    中国江西省・井岡山、貴州省・遵義

    商品コード: 2021050708642

  • 2021年05月07日
    正統性固めへ思想統一

    中国江西省・井岡山、貴州省・遵義

    商品コード: 2021050708648

  • 2021年05月07日
    中国井岡山幹部学院 正統性固めへ思想統一

    中国共産党の幹部養成機関、中国井岡山幹部学院=4月、江西省井岡山(共同)

    商品コード: 2021050709291

  • 2021年05月07日
    革命旧跡を視察する党幹部 正統性固めへ思想統一

    「研修生」として革命旧跡を視察し、解説を聴く中国共産党幹部ら=4月、江西省井岡山(共同)

    商品コード: 2021050709449

  • 2021年05月07日
    共産党幹部教育の授業 正統性固めへ思想統一

    中国井岡山幹部学院で党史や理念を学ぶ共産党幹部。スクリーンに習近平党総書記が映し出された=4月、江西省井岡山(共同)

    商品コード: 2021050709455

  • 2021年06月03日
    毛沢東と自撮りする観光客 「赤い旅行」中国で盛況

    井岡山革命博物館の売店で、毛沢東の像と自撮りする観光客=4月、中国江西省(共同)

    商品コード: 2021060309971

  • 2021年06月03日
    井岡山の観光客 「赤い旅行」中国で盛況

    井岡山革命博物館に訪れた観光客ら=4月、中国江西省(共同)

    商品コード: 2021060309973

  • 2021年06月03日
    「赤い旅行」中国で盛況

    中国江西省・井岡山、貴州省・遵義、陝西省・延安

    商品コード: 2021060309981

  • 2021年06月03日
    「赤い旅行」中国で盛況

    中国江西省・井岡山、貴州省・遵義、陝西省・延安

    商品コード: 2021060309982

  • 2021年06月03日
    「赤い旅行」中国で盛況

    中国江西省・井岡山、貴州省・遵義、陝西省・延安

    商品コード: 2021060309983

  • 2021年06月03日
    「赤い旅行」中国で盛況

    中国江西省・井岡山、貴州省・遵義、陝西省・延安

    商品コード: 2021060309984

  • 2021年06月21日
    (1)韶山から井岡山の革命史跡巡る観光列車、運行開始

    18日、韶山発井岡山行き観光列車の乗客。中国湖南省韶山市と江西省井岡山市の間にある革命史跡を巡る観光列車が18日、運行を開始した。一番列車は同日午前8時に韶山駅を出発、湖南省の湘潭市と株洲市、江西省の吉安市などを経由し、午後1時40分に井岡山駅に到着した。同列車は韶山支線、滬昆(ここん)線(上海-昆明)、醴茶(れいさ)線(醴陵-茶陵)、吉衡(きつこう)線(吉安-衡陽)を走る。今回の一番列車は途中、醴陵(れいりょう)、攸県、茶陵南、炎陵の4駅に停車した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062106926

  • 2021年06月21日
    (4)韶山から井岡山の革命史跡巡る観光列車、運行開始

    18日、韶山駅に停車する井岡山行きの観光列車。中国湖南省韶山市と江西省井岡山市の間にある革命史跡を巡る観光列車が18日、運行を開始した。一番列車は同日午前8時に韶山駅を出発、湖南省の湘潭市と株洲市、江西省の吉安市などを経由し、午後1時40分に井岡山駅に到着した。同列車は韶山支線、滬昆(ここん)線(上海-昆明)、醴茶(れいさ)線(醴陵-茶陵)、吉衡(きつこう)線(吉安-衡陽)を走る。今回の一番列車は途中、醴陵(れいりょう)、攸県、茶陵南、炎陵の4駅に停車した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062106949

  • 2021年06月21日
    (3)韶山から井岡山の革命史跡巡る観光列車、運行開始

    18日、韶山発井岡山行き観光列車の乗客。中国湖南省韶山市と江西省井岡山市の間にある革命史跡を巡る観光列車が18日、運行を開始した。一番列車は同日午前8時に韶山駅を出発、湖南省の湘潭市と株洲市、江西省の吉安市などを経由し、午後1時40分に井岡山駅に到着した。同列車は韶山支線、滬昆(ここん)線(上海-昆明)、醴茶(れいさ)線(醴陵-茶陵)、吉衡(きつこう)線(吉安-衡陽)を走る。今回の一番列車は途中、醴陵(れいりょう)、攸県、茶陵南、炎陵の4駅に停車した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062106931

  • 2021年06月21日
    (2)韶山から井岡山の革命史跡巡る観光列車、運行開始

    18日、韶山駅を出発する井岡山行きの観光列車。中国湖南省韶山市と江西省井岡山市の間にある革命史跡を巡る観光列車が18日、運行を開始した。一番列車は同日午前8時に韶山駅を出発、湖南省の湘潭市と株洲市、江西省の吉安市などを経由し、午後1時40分に井岡山駅に到着した。同列車は韶山支線、滬昆(ここん)線(上海-昆明)、醴茶(れいさ)線(醴陵-茶陵)、吉衡(きつこう)線(吉安-衡陽)を走る。今回の一番列車は途中、醴陵(れいりょう)、攸県、茶陵南、炎陵の4駅に停車した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062106928

  • 2021年06月23日
    国旗を振る子ども 鳴けないセミ

    共産党を宣伝する絵の前で国旗を振る子ども=4月、中国江西省井岡山(共同)

    商品コード: 2021062305575

  • 2021年06月23日
    解説員の話を聞く党員 鳴けないセミ

    中国江西省井岡山の革命旧跡で解説員(右)の話を聞く研修中の共産党員=4月(共同)

    商品コード: 2021062305576

  • 00:36.08
    2022年02月25日
    「新華社」井岡山に大雪、白い絶景広がる江西省

    羅霄(らしょう)山脈中央部に位置する中国江西省の井岡山(せいこうざん)は寒気の影響で雪が強まり、一面の銀世界となった。黄洋界風景区では白い雪と立ち上る霧が絶景を作り出し、訪れた多くの観光客が雪遊びや散策を楽しんでいる。(記者/王凱豊) =配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022504241

  • 01:02.35
    2022年03月18日
    「新華社」江西省万安県にコウライアイサの群れが飛来

    中国の江西省吉安市万安県にある贛江井岡山水運・発電中枢ダムの下流域で、研究者が約15羽のコウライアイサの群れを発見した。同種は中国の国家1級保護動物で、毎年10月頃から長江以南に飛来する。中でも江西省で越冬する個体が多く、2015年に最多の165羽が確認された。それまでにも研究者が何度も観察しており、生息数は安定している。(記者/余剛) =配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031810496

  • 2022年04月21日
    (3)井岡山自然保護区でカニグモの新種5種を確認江西省

    16日、井岡山でクモを採集する研究者。中国江西省の井岡山大学は、井岡山国家級自然保護区で10年にわたり実施した調査と研究で、新種5種を含む21属34種のカニグモを確認した。うち、ハカニグモ亜科はアジア大陸で初めて発見された。(吉安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042107688

  • 2022年04月21日
    (2)井岡山自然保護区でカニグモの新種5種を確認江西省

    16日、実験室でクモを飼育する研究者。中国江西省の井岡山大学は、井岡山国家級自然保護区で10年にわたり実施した調査と研究で、新種5種を含む21属34種のカニグモを確認した。うち、ハカニグモ亜科はアジア大陸で初めて発見された。(吉安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042107511

  • 1