KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 指定
  • しゃく
  • 信仰
  • 全国重点文物保護単位
  • 古刹
  • 善導
  • 地位
  • 曇鸞
  • 歴史
  • 道綽

「交城県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
41
( 1 41 件を表示)
  • 1
41
( 1 41 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2013年08月20日
    華国鋒氏の追悼会 華国鋒氏ひっそり追悼

    20日、中国山西省交城県の華国鋒・元共産党主席の墓地「華国鋒陵園」で開かれた追悼会(共同)

    商品コード: 2013082000706

  • 2018年10月12日
    秋の日に生き生きとした姿見せるミミキジ山西省交城県

    12日、山西省呂梁市交城県の玄中寺付近を飛ぶミミキジ。国家一級保護動物に指定されている中国固有種のミミキジ(中国語名:褐馬鶏)は深まる秋の季節に、時には群れになって山西省呂梁(りょりょう)市交城(こうじょう)県の石壁山(せきへきざん)にある玄中寺(げんちゅうじ)にやって来る。付近の山腹でえさを探したり遊んだり、生き生きとした姿を見せている。(交城=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801334

  • 2018年10月12日
    秋の日に生き生きとした姿見せるミミキジ山西省交城県

    12日、山西省呂梁市交城県の玄中寺付近を飛ぶミミキジ。国家一級保護動物に指定されている中国固有種のミミキジ(中国語名:褐馬鶏)は深まる秋の季節に、時には群れになって山西省呂梁(りょりょう)市交城(こうじょう)県の石壁山(せきへきざん)にある玄中寺(げんちゅうじ)にやって来る。付近の山腹でえさを探したり遊んだり、生き生きとした姿を見せている。(交城=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801434

  • 2018年10月12日
    秋の日に生き生きとした姿見せるミミキジ山西省交城県

    12日、山西省呂梁市交城県の玄中寺付近の山腹で、えさを探すミミキジ。国家一級保護動物に指定されている中国固有種のミミキジ(中国語名:褐馬鶏)は深まる秋の季節に、時には群れになって山西省呂梁(りょりょう)市交城(こうじょう)県の石壁山(せきへきざん)にある玄中寺(げんちゅうじ)にやって来る。付近の山腹でえさを探したり遊んだり、生き生きとした姿を見せている。(交城=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801490

  • 2018年10月12日
    秋の日に生き生きとした姿見せるミミキジ山西省交城県

    12日、山西省呂梁市交城県の玄中寺付近の山腹で、えさを探すミミキジ。国家一級保護動物に指定されている中国固有種のミミキジ(中国語名:褐馬鶏)は深まる秋の季節に、時には群れになって山西省呂梁(りょりょう)市交城(こうじょう)県の石壁山(せきへきざん)にある玄中寺(げんちゅうじ)にやって来る。付近の山腹でえさを探したり遊んだり、生き生きとした姿を見せている。(交城=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801308

  • 2018年10月12日
    秋の日に生き生きとした姿見せるミミキジ山西省交城県

    12日、山西省呂梁市交城県の玄中寺付近の山腹で、えさを探したり遊んだりする3羽のミミキジ。国家一級保護動物に指定されている中国固有種のミミキジ(中国語名:褐馬鶏)は深まる秋の季節に、時には群れになって山西省呂梁(りょりょう)市交城(こうじょう)県の石壁山(せきへきざん)にある玄中寺(げんちゅうじ)にやって来る。付近の山腹でえさを探したり遊んだり、生き生きとした姿を見せている。(交城=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801341

  • 01:05.70
    2020年05月05日
    「新華社」浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺

    中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。中国人民大学教授で浄土文化研究センター主任の温金玉(おん・きんぎょく)氏は「おおまかな統計によると、1980~88年の間だけでも日本の各友好団体による玄中寺参詣・訪問は330回に上る」と語った。東京にある運行寺の住職を務めていた菅原恵慶氏は1940年代、玄中寺からナツメの実を持ち帰り自身の寺の境内に植え、寺の名も「なつめ寺」に変えた。菅原氏は新中国成立間もない頃、周恩来総理に手紙を送り、玄中寺修復の提案をしている。1956年10月に寺の修復が完了すると、翌年9月に日本仏教親善使節団が訪中し、玄中寺の僧侶らと共に落慶法要を行った。使節団の一員として参列した菅原氏は、ナツメの木で作った禅杖(ぜんじょう)を持参した。杖は同氏がかつて玄中寺から持ち帰ったナツメの実から育った木で作られており、杖身に「日中一心、万善同帰」の8文字が刻まれていた。菅原氏は日本の主要な浄土宗寺院が制作した三祖師図も携えてきた。禅杖と三祖師図は今も玄中寺の祖師殿に祭られている。<映像内容>玄中寺の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402606

  • 2020年05月06日
    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺

    雨中の玄中寺大雄宝殿。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050805001

  • 2020年05月06日
    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺

    玄中寺の祖師殿と七仏殿。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804958

  • 2020年05月06日
    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺

    玄中寺の万仏殿。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804687

  • 2020年05月06日
    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺

    ボタンの花に囲まれた玄中寺の大雄宝殿。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804711

  • 2020年05月06日
    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺

    玄中寺の全景。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804910

  • 2020年05月06日
    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺

    玄中寺の一角。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804989

  • 2021年10月07日
    (25)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺の七仏殿。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801509

  • 2021年10月07日
    (27)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺境内の建築。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801514

  • 2021年10月07日
    (23)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺境内の鼓楼。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801516

  • 2021年10月07日
    (2)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    緑の木々に囲まれる玄中寺。(8月24日撮影、小型無人機から)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801366

  • 2021年10月07日
    (16)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺の大雄宝殿。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801716

  • 2021年10月07日
    (24)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺境内の建築。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801511

  • 2021年10月07日
    (12)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺の七仏殿。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801394

  • 2021年10月07日
    (10)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺の韋陀殿。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801378

  • 2021年10月07日
    (5)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    緑の木々に囲まれる玄中寺。(8月24日撮影、小型無人機から)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801371

  • 2021年10月07日
    (4)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺境内の牌楼。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801368

  • 2021年10月07日
    (8)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺の壁画。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801374

  • 2021年10月07日
    (20)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺境内に咲くサルスベリ。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801517

  • 2021年10月07日
    (21)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    上空から見た玄中寺。(8月24日撮影、小型無人機から)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801518

  • 2021年10月07日
    (15)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺大雄宝殿の屋根の装飾。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801396

  • 2021年10月07日
    (11)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺の大雄宝殿。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801397

  • 2021年10月07日
    (3)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺の秋容塔。(8月24日撮影、小型無人機から)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801367

  • 2021年10月07日
    (7)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺境内の牌楼。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801373

  • 2021年10月07日
    (13)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺の山門。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801395

  • 2021年10月07日
    (17)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺境内の大谷瑩潤顕彰碑。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801423

  • 2021年10月07日
    (26)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺の千仏閣。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801523

  • 01:21.96
    2021年10月07日
    「新華社」浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(記者/曹陽) =配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801519

  • 2021年10月07日
    (18)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺の七仏殿。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801507

  • 2021年10月07日
    (14)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺境内の一角。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801393

  • 2021年10月07日
    (9)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺の壁画。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの寺院)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801377

  • 2021年10月07日
    (6)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺境内の建築。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801370

  • 2021年10月07日
    (22)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    緑の木々に囲まれる玄中寺。(8月24日撮影、小型無人機から)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801510

  • 2021年10月07日
    (19)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺の千仏閣。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801515

  • 2021年10月07日
    (29)浄土宗の古刹、玄中寺を訪ねて山西省呂梁市

    玄中寺境内の一角。(8月24日撮影)中国山西省呂梁市交城県の谷あいに、中国浄土宗の歴史で重要な地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(開祖ゆかりの地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(呂梁=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100801541

  • 1