KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • しき
  • にしむら
  • ひでのり
  • ひとし
  • チョ
  • ヘイトスピーチ
  • ミョンホ
  • 京都市南区
  • 令和
  • 公共性

「京都朝鮮第一初級学校」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1
( 1 1 件を表示)
  • 1
1
( 1 1 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:50.51
    2020年09月14日
    ヘイト名誉毀損二審も罰金 大阪高裁「公益目的」判断示さず

    拡声器を使ってヘイトスピーチをして朝鮮学校の社会的評価をおとしめたとして、名誉毀損(きそん)罪に問われた「在日特権を許さない市民の会(在特会)」元幹部の西村斉(にしむら・ひとし)被告(51)の控訴審判決で、大阪高裁(長井秀典(ながい・ひでのり)裁判長)は14日、罰金50万円とした一審京都地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。 昨年11月の一審判決は同罪の成立を認める一方、日本人拉致という公共性の高い事柄を明らかにする意図で「公益を図る目的があった」とし、懲役1年6月の求刑に対しより軽い罰金刑を言い渡していた。控訴審判決で長井裁判長は「公益目的」の有無についての判断は示さなかった。 判決によると、被告は2017年4月23日、京都市南区の京都朝鮮第一初級学校跡地近くの公園で拡声器を使い「この朝鮮学校は日本人を拉致した」などと発言。インターネット上で配信し、同校を運営していた学校法人京都朝鮮学園の名誉を損なった。  <映像内容>学校側弁護団らの記者会見(学校法人京都朝鮮学園の趙明浩(チョ・ミョンホ)理事長=前列向かって左から3番目=の冒頭声明、冨増四季(とみます・しき)弁護士=同2番目=との質疑応答、会見雑観)、大阪高裁の外観、撮影日:2020(令和2)年9月14日、撮影場所:大阪市北区

    商品コード: 2020091507500

  • 1