KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ムー
  • 令和
  • 記者
  • 花粉
  • 風景
  • 雰囲気
  • うらら
  • 上昇
  • 気温
  • 果樹園

「人工授粉」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
41
( 1 41 件を表示)
  • 1
41
( 1 41 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1951年05月01日
    スケッチ6060 梨の花に人工受粉

    梨の産地、鳥取で梨の花の人工受粉作業が急ピッチで進む=1951(昭和26)年5月1日、鳥取県

    商品コード: 2016122000278

  • 1968年04月12日
    福岡県・甘木 ナシの人工授粉

    ナシの人工授粉=甘木市長谷山、1968(昭和43)年4月12日、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015070200419

  • 1981年05月14日
    リンゴの人工授粉作業 果樹

    リンゴの人工授粉作業=1981(昭和56)年5月14日、青森県弘前市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [B−330]

    商品コード: 2017071301232

  • 1981年05月14日
    リンゴの人工授粉作業 果樹

    リンゴの人工授粉作業=1981(昭和56)年5月14日、青森県弘前市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [B−331]

    商品コード: 2017071301233

  • 2016年06月26日
    RoboBees are exhibited at the 2016 Tianjin World Economic 41TIANJIN WEF 2016

    TIANJIN, CHINA - 2016/06/26: RoboBees are exhibited at the 2016 Tianjin World Economic Forum. The RoboBee is a tiny robot developed by a research team at Harvard University with a 3-centimeter wingspan capable of tethered flight. The goal of the RoboBee project is to make a fully autonomous swarm of flying robots for applications such as search and rescue and artificial pollination. (Photo by Thierry Falise/LightRocket via Getty Images)、クレジット:ゲッティ/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

    商品コード: 2019013015380

  • 2017年05月10日
    人工授粉する実験 ドローンでリンゴ授粉実験

    青森県南部町の県立名久井農業高で行われた、ドローンを使ったリンゴの花に人工授粉する実験=10日

    商品コード: 2017051001396

  • 2019年01月14日
    中国各地の温室に一足早い春

    14日、棗荘市山亭区鄭荘村の温室でカラミザクラの花に人工授粉をする農家。冬のさなか、中国山東省棗荘(そうそう)市山亭区鄭荘村の果樹温室内ではカラミザクラが相次いで開花し、早くも春の雰囲気を漂わせている。(棗庄=新華社配信/劉明祥)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500673

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月11日
    岡山県総社市福谷 希望の花咲く 夢白桃 岡山・総社

    西日本豪雨の浸水被害を乗り越え、開花した桃畑で人工授粉の作業に励む剣持さん=総社市福谷。西日本豪雨で浸水被害に遭った総社市福谷の畑で、桃の花が咲き誇っている。被災後も諦めず手入れをしてきた生産者は喜びつつ、甘い桃をたくさん実らせようと、人工授粉の作業に汗を流している。剣持雅さん(43)=同所=は昨年7月の豪雨で高梁川沿いの桃畑約60アールが浸水。桃の木が流されたり、実が水に漬かったりして収穫を間近に控えた桃の多くが出荷できなかった。その後、桃畑には肥料を与えるなどしてきたが、水に漬かった影響は分からず、祈るような気持ちで春を迎えた。4月に入って濃いピンクの花が次々と咲き始めた時には「本当にほっとした」と話す。11日には、花粉を持たず自家受粉できない「おかやま夢白桃」の花に、他品種から採取した花粉を散布機で吹き付けていった。剣持さんは「今のところ、生育は順調。丹精した桃を消費者に届けたい」と意気込む。夢白桃は7月下旬ごろに収穫期を迎える。=2019(平成31)年4月11日、岡山県総社市福谷、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041508101

  • 2020年03月19日
    うららかな春人工授粉作業に追われる農家南昌市

    19日、中国江西省南昌市湾里区太平鎮の桃園基地で、桃の花に花粉を付ける農家。気温の上昇に伴い、中国江西省南昌市湾里区太平鎮に広がる300ムー(20ヘクタール)の桃園基地ではこのところ、桃の花が満開を迎え、春の雰囲気に包まれている。うららかな日差しの中、地元の農家は桃の花に花粉を付ける人工授粉作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601618

  • 2020年03月19日
    うららかな春人工授粉作業に追われる農家南昌市

    19日、中国江西省南昌市湾里区太平鎮の桃園基地で、桃の花に花粉を付ける農家。気温の上昇に伴い、中国江西省南昌市湾里区太平鎮に広がる300ムー(20ヘクタール)の桃園基地ではこのところ、桃の花が満開を迎え、春の雰囲気に包まれている。うららかな日差しの中、地元の農家は桃の花に花粉を付ける人工授粉作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601583

  • 2020年03月19日
    うららかな春人工授粉作業に追われる農家南昌市

    19日、中国江西省南昌市湾里区太平鎮の桃園基地で、桃の花に花粉を付ける農家。気温の上昇に伴い、中国江西省南昌市湾里区太平鎮に広がる300ムー(20ヘクタール)の桃園基地ではこのところ、桃の花が満開を迎え、春の雰囲気に包まれている。うららかな日差しの中、地元の農家は桃の花に花粉を付ける人工授粉作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601631

  • 2020年03月19日
    うららかな春人工授粉作業に追われる農家南昌市

    19日、中国江西省南昌市湾里区太平鎮の桃園基地で、桃の花に花粉を付ける農家。気温の上昇に伴い、中国江西省南昌市湾里区太平鎮に広がる300ムー(20ヘクタール)の桃園基地ではこのところ、桃の花が満開を迎え、春の雰囲気に包まれている。うららかな日差しの中、地元の農家は桃の花に花粉を付ける人工授粉作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601639

  • 2020年03月19日
    うららかな春人工授粉作業に追われる農家南昌市

    19日、中国江西省南昌市湾里区太平鎮の桃園基地で、桃の花に花粉を付ける農家。気温の上昇に伴い、中国江西省南昌市湾里区太平鎮に広がる300ムー(20ヘクタール)の桃園基地ではこのところ、桃の花が満開を迎え、春の雰囲気に包まれている。うららかな日差しの中、地元の農家は桃の花に花粉を付ける人工授粉作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601610

  • 2020年03月19日
    うららかな春人工授粉作業に追われる農家南昌市

    19日、中国江西省南昌市湾里区太平鎮の桃園基地で、農家が桃の花に花粉を付けている。気温の上昇に伴い、中国江西省南昌市湾里区太平鎮に広がる300ムー(20ヘクタール)の桃園基地ではこのところ、桃の花が満開を迎え、春の雰囲気に包まれている。うららかな日差しの中、地元の農家は桃の花に花粉を付ける人工授粉作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601593

  • 2020年03月19日
    うららかな春人工授粉作業に追われる農家南昌市

    19日、中国江西省南昌市湾里区太平鎮の桃園基地で、桃の花に花粉を付ける農家。気温の上昇に伴い、中国江西省南昌市湾里区太平鎮に広がる300ムー(20ヘクタール)の桃園基地ではこのところ、桃の花が満開を迎え、春の雰囲気に包まれている。うららかな日差しの中、地元の農家は桃の花に花粉を付ける人工授粉作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601612

  • 2020年03月19日
    うららかな春人工授粉作業に追われる農家南昌市

    19日、中国江西省南昌市湾里区太平鎮の桃園基地で、桃の花に花粉を付ける農家。気温の上昇に伴い、中国江西省南昌市湾里区太平鎮に広がる300ムー(20ヘクタール)の桃園基地ではこのところ、桃の花が満開を迎え、春の雰囲気に包まれている。うららかな日差しの中、地元の農家は桃の花に花粉を付ける人工授粉作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601633

  • 2020年03月20日
    スイミツトウの里で桃の花が満開江蘇省無錫市

    20日、江蘇省無錫市恵山区陽山鎮で、桃の花の人工授粉をする果樹農家。中国江蘇省無錫市恵山区の陽山鎮では春を迎え、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の桃の花が満開となってピンクの花の海が広がり、夢のような幻想的風景を見せている。同鎮は中国で有名な「スイミツトウ(水蜜桃)の里」で、スイミツトウ栽培に700年以上の歴史を持つ。昨年の総生産量は2万トン余り、生産額は6億3千万元(1元=約16円)に達している。(南京=新華社配信/孫権)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004547

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:59.36
    2020年04月16日
    「新華社」小型無人機で梨の人工授粉をスピードアップ新疆ウイグル自治区

    全国的に梨の生産地として有名な中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州で、70万ムー(約4万6667ヘクタール)の梨の花が満開を迎えている。人工授粉に最適な期間は花が満開になった前後2週間足らずのため、果樹農家が人工授粉作業を急いでいる。ここ数年、従来の人工授粉方法のほか、小型無人機を使った方法が果樹園に登場した。同自治州で栽培されるコルラ香梨は地元の基幹産業の一つとなっていることから、コルラ市は「梨城」とも呼ばれる。同市ではこれまで、手作業で花粉をふりかける授粉と噴霧器による授粉を採用してきた。これらの方法は効果的で結実率も高いが、時間と手間がかかり、作業スピードも遅く、授粉に最適な期間を逃しやすかった。小型無人機による人工授粉は、従来の方法の不足を補い、授粉の効率と質を向上させることができる。推計では、小型無人機1台で200~300ムー(約13~20ヘクタール)の人工授粉が可能で、作業スピードは数十倍。同市が昨年以来行った無人機による人工授粉面積は1万ムー(約667ヘクタール)を超えている。(記者/宿伝義)<映像内容>満開の梨の花の風景、ドローンで人工授粉を行う様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※画質が良くありません。

    商品コード: 2020042003739

  • 2020年07月19日
    ハス栽培名人の花畑河北省

    19日、新品種のハスの花に人工授粉を行う陸寧さん。中国河北省河間市興村鎮陸家村に住むハスの専業農家、陸寧(りく・ねい)さん(41)は、ハス栽培の名人として地元でよく知られている。幼い頃からハスの花が好きだった陸さんは、30歳の時に実家の4ムー(約0・3ヘクタール)の土地を使って事業を開始。試行錯誤の末に10種以上の新品種を作り出した。現在では30ムーを超える栽培地に100以上のハス池があり、年間10万株を作付けしている。陸さんが育てたハスの鉢植えは全国各地で販売されている。(河間=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703362

  • 2020年08月12日
    絶滅危惧種の巴東モクレン、初めて結実中国科学院武漢植物園

    巴東モクレンに人工授粉を行う中国科学院武漢植物園の研究員。(資料写真)中国湖北省武漢市の中国科学院武漢植物園は11日、園内で栽培していた絶滅危惧種の植物、巴東モクレン(学名:ManglietiapatungensisHu)が初めて実を付けたと明らかにした。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2020081402277

  • 2020年12月17日
    (12)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    江西省奉新県赤岸鎮城下村のキウイフルーツ農園で人工授粉作業をする村民ら。(4月29日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(奉新=新華社記者/万象)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121802262

  • 2021年04月04日
    ナシの花が満開、果樹農家が授粉作業河北省河間市

    4日、ナシの人工授粉を行う果樹農家。中国河北省河間市竜華店郷の2300ムー(約153ヘクタール)余りのナシ畑でこのほど、ナシの花が満開となった。地元の果樹農家は、豊作につながるタイミングを逃さないよう人工授粉作業に精を出している。(河間=新華社記者/駱学峰)=配信日:2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040611633

  • 2021年04月04日
    ナシの花が満開、果樹農家が授粉作業河北省河間市

    4日、ナシの人工授粉を行う果樹農家。中国河北省河間市竜華店郷の2300ムー(約153ヘクタール)余りのナシ畑でこのほど、ナシの花が満開となった。地元の果樹農家は、豊作につながるタイミングを逃さないよう人工授粉作業に精を出している。(河間=新華社記者/駱学峰)=配信日:2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040611620

  • 2021年04月05日
    (1)ナシの花が満開、果樹農家が授粉作業河北省河間市

    4日、ナシの人工授粉を行う果樹農家。中国河北省河間市竜華店郷の2300ムー(約153ヘクタール)余りのナシ畑でこのほど、ナシの花が満開となった。地元の果樹農家は、豊作につながるタイミングを逃さないよう人工授粉作業に精を出している。(河間=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040600604

  • 2021年04月05日
    (4)ナシの花が満開、果樹農家が授粉作業河北省河間市

    4日、ナシの人工授粉を行う果樹農家。中国河北省河間市竜華店郷の2300ムー(約153ヘクタール)余りのナシ畑でこのほど、ナシの花が満開となった。地元の果樹農家は、豊作につながるタイミングを逃さないよう人工授粉作業に精を出している。(河間=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040600607

  • 2021年04月05日
    (5)ナシの花が満開、果樹農家が授粉作業河北省河間市

    4日、ナシの人工授粉を行う果樹農家。中国河北省河間市竜華店郷の2300ムー(約153ヘクタール)余りのナシ畑でこのほど、ナシの花が満開となった。地元の果樹農家は、豊作につながるタイミングを逃さないよう人工授粉作業に精を出している。(河間=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040600606

  • 2021年04月05日
    (2)ナシの花が満開、果樹農家が授粉作業河北省河間市

    4日、ナシの人工授粉を行う果樹農家。中国河北省河間市竜華店郷の2300ムー(約153ヘクタール)余りのナシ畑でこのほど、ナシの花が満開となった。地元の果樹農家は、豊作につながるタイミングを逃さないよう人工授粉作業に精を出している。(河間=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040600605

  • 00:15.88
    2021年04月07日
    Golden Pear Improved Planting Base

    Golden pear improved planting base is in full bloom, and fruit farmers carry out artificial pollination, fertilizer water micro-sprinkling irrigation, spraying antifreeze and other quality improvement management during farming. Zouping City, Shandong Province, China, April 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041601497

  • 00:12.04
    2021年04月07日
    Golden Pear Improved Planting Base

    Golden pear improved planting base is in full bloom, and fruit farmers carry out artificial pollination, fertilizer water micro-sprinkling irrigation, spraying antifreeze and other quality improvement management during farming. Zouping City, Shandong Province, China, April 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041601488

  • 00:11.26
    2021年04月07日
    Golden Pear Improved Planting Base

    Golden pear improved planting base is in full bloom, and fruit farmers carry out artificial pollination, fertilizer water micro-sprinkling irrigation, spraying antifreeze and other quality improvement management during farming. Zouping City, Shandong Province, China, April 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041601616

  • 00:16.98
    2021年04月07日
    Golden Pear Improved Planting Base

    Golden pear improved planting base is in full bloom, and fruit farmers carry out artificial pollination, fertilizer water micro-sprinkling irrigation, spraying antifreeze and other quality improvement management during farming. Zouping City, Shandong Province, China, April 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041601617

  • 00:10.19
    2021年04月07日
    Golden Pear Improved Planting Base

    Golden pear improved planting base is in full bloom, and fruit farmers carry out artificial pollination, fertilizer water micro-sprinkling irrigation, spraying antifreeze and other quality improvement management during farming. Zouping City, Shandong Province, China, April 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041601626

  • 00:10.79
    2021年04月07日
    Golden Pear Improved Planting Base

    Golden pear improved planting base is in full bloom, and fruit farmers carry out artificial pollination, fertilizer water micro-sprinkling irrigation, spraying antifreeze and other quality improvement management during farming. Zouping City, Shandong Province, China, April 6, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041601630

  • 2021年04月08日
    (2)ナシ畑で摘花作業進む河北省晋州市

    7日、河北省晋州市周家荘郷の果樹園に咲いたナシの花。中国河北省晋州市ではナシの花が次々と咲き、農家が摘花と人工授粉の作業に追われている。市内のナシ栽培面積は現在、17万ムー(約1万1300ヘクタール)に上っており、年間生産量は60万トン、年間生産高は18億元(1元=約17円)に達している。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040813956

  • 2021年04月08日
    (4)ナシ畑で摘花作業進む河北省晋州市

    7日、河北省晋州市周家荘郷の果樹園でナシの摘花作業を行う生産者。中国河北省晋州市ではナシの花が次々と咲き、農家が摘花と人工授粉の作業に追われている。市内のナシ栽培面積は現在、17万ムー(約1万1300ヘクタール)に上っており、年間生産量は60万トン、年間生産高は18億元(1元=約17円)に達している。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040813961

  • 2021年04月08日
    (5)ナシ畑で摘花作業進む河北省晋州市

    7日、河北省晋州市周家荘郷の果樹園でナシの摘花作業を行う生産者。中国河北省晋州市ではナシの花が次々と咲き、農家が摘花と人工授粉の作業に追われている。市内のナシ栽培面積は現在、17万ムー(約1万1300ヘクタール)に上っており、年間生産量は60万トン、年間生産高は18億元(1元=約17円)に達している。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040813959

  • 2021年04月08日
    (1)ナシ畑で摘花作業進む河北省晋州市

    7日、河北省晋州市周家荘郷の果樹園でナシの摘花作業を行う生産者。中国河北省晋州市ではナシの花が次々と咲き、農家が摘花と人工授粉の作業に追われている。市内のナシ栽培面積は現在、17万ムー(約1万1300ヘクタール)に上っており、年間生産量は60万トン、年間生産高は18億元(1元=約17円)に達している。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040813958

  • 2021年04月08日
    (6)ナシ畑で摘花作業進む河北省晋州市

    7日、河北省晋州市周家荘郷の果樹園でナシの摘花作業を行う生産者。中国河北省晋州市ではナシの花が次々と咲き、農家が摘花と人工授粉の作業に追われている。市内のナシ栽培面積は現在、17万ムー(約1万1300ヘクタール)に上っており、年間生産量は60万トン、年間生産高は18億元(1元=約17円)に達している。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040813957

  • 2021年04月08日
    (3)ナシ畑で摘花作業進む河北省晋州市

    7日、河北省晋州市周家荘郷の果樹園でナシの摘花作業を行う生産者。中国河北省晋州市ではナシの花が次々と咲き、農家が摘花と人工授粉の作業に追われている。市内のナシ栽培面積は現在、17万ムー(約1万1300ヘクタール)に上っており、年間生産量は60万トン、年間生産高は18億元(1元=約17円)に達している。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040813960

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:02.97
    2021年04月13日
    「新華社」梨農家が授粉作業に農業用ドローンを活用新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ではこのところ、梨の花が次々と開花し、授粉の重要な時期を迎えている。同自治州鉄門関市にある地元特産「香梨」の農園では、農業用小型無人機(ドローン)が花粉溶液の散布による授粉作業を進めている。中国農業科学院ミツバチ研究所によると、同技術は効率的かつ低コスト、結実の均等性を保証できる優位性を持つ。小型無人機1機で40ムー(約2・67ヘクタール)の授粉作業を1時間以内に行うことができ、これは通常の人工授粉の50~60倍の効率になる。ミツバチと機械の共同作業を取り入れた液体授粉技術により、香梨は1ムー(約667平方メートル)当たり500キロ以上増産され、今ではますます多くの梨農家が、授粉作業に小型無人機を利用するようになっている。(記者/趙戈、丁磊、尚昇) =配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041400228

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月16日
    (8)ゴビ砂漠が先進的な産業パークに変身新疆ウイグル自治区

    12日、ヤルカンド県の産業パークにある温室ハウスで、トマトの人工授粉をする農家。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヤルカンド県はタクラマカン砂漠の南西縁部に位置し、自治区内で最も多くの人口を有している。広大なゴビ砂漠は地元経済発展のボトルネックとなっており、同県は自治区内で最後に貧困を脱却した10県のうちの一つだった。同県は今年、耕地面積や就労先が少ないという課題を解決するために、草一本も生えないゴビ砂漠の地に2万ムー(約1333ヘクタール)の産業パークを建設した。地元政府の統計によると、パーク内にはすでに温室ハウス3千棟、羊15万頭を飼育する良種繁殖センター、家禽類200万羽を飼育する農場などが建設されている。周辺4つの郷・鎮の村民約3千人がパークに関連した仕事に就業し、温室ハウスの請負や作業員などの形で安定的な増収を実現している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121611695

  • 1