KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • ジャイアントパンダ
  • スミソニアン国立動物園
  • メイシャン
  • 劉傑
  • 奇跡
  • 平成
  • 流れ
  • 美香

「人工授精」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
145
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
145
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • スケッチ6960 人工授精の豚に赤ちゃん
    1951年05月28日
    スケッチ6960 人工授精の豚に赤ちゃん

    人工授精の豚に12頭の赤ちゃんが生まれた。お母さん豚は授乳で大忙し=1951(昭和26)年5月28日、撮影場所不明

    商品コード: 2016122000500

  •  タンチョウヅルが国際結婚
    1976年02月09日
    タンチョウヅルが国際結婚

    米国へ送られるタンチョウヅルの“ユキオ君”。国の天然記念物に指定されているタンチョウヅルが、希少動物繁殖作戦の一つとして米国へムコ入りする。花婿は10歳。6歳の時骨折して右の翼を切り落として以来、自然交配はできないが技術開発の目的も兼ね人工授精を行う=1976(昭和51)年2月9日、東京・上野動物園

    商品コード: 2013061300258

  • ヒナと飼育係中山さん マナヅルの人工授精に成功
    1977年06月30日
    ヒナと飼育係中山さん マナヅルの人工授精に成功

    わが国で初めて人工授精で誕生した天然記念物マナヅルのヒナ。左は飼育係の中山孝さん。ツルの精子を採取することは難しく、万一うまく採取してもメスの産卵期(4〜6月)にタイミングを合わせ、授精させることは“至難の業”とされていた=1977(昭和52)年6月30日、東京・上野動物園

    商品コード: 2014090900520

  • 鮭の人工授精 林・水産業(鮭の人工授精)
    1980年10月01日
    鮭の人工授精 林・水産業(鮭の人工授精)

    鮭の人工授精=1980(昭和55)年10月1日、北海道千歳市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [B-279]

    商品コード: 2017082800822

  •  Raisa Fyodorova, Secretary of Podolsk City Committee of Soviet Communist Party
    1983年06月01日
    Raisa Fyodorova, Secretary of Podolsk City Committee of Soviet Communist Party

    8146072 01.06.1983 Right: Raisa Fyodorova, Secretary of Podolsk City Committee of the Communist Party of the USSR, visits a central station of cattle artificial insemination. Yuryi Abramochkin、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042506816

  •  Raisa Fyodorova, Secretary of Podolsk City Committee of Soviet Communist Party
    1983年06月01日
    Raisa Fyodorova, Secretary of Podolsk City Committee of Soviet Communist Party

    8178042 01.06.1983 Right: Raisa Fyodorova, Secretary of Podolsk City Committee of the Central Committee of the Communist Party of the Soviet Union, tours a central station for cattle artificial insemination. Yuryi Abramochkin、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060605613

  • 桃の花 果樹
    1990年04月06日
    桃の花 果樹

    桃の花の人工授精=1990(平成2)年4月6日、山梨県一宮町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [02−D−11−10]

    商品コード: 2017071300541

  •  Fish farming in Magadan Region
    1991年09月10日
    Fish farming in Magadan Region

    10.09.1991 Artificial insemination of chum caviar in a fish farm on the Tumany River in the Magadan Region. Fred Grinberg、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072006410

  •  Fish farming in Magadan Region
    1991年09月10日
    Fish farming in Magadan Region

    10.09.1991 Artificial insemination of chum caviar in a fish farm on the Tumany River in the Magadan Region. Fred Grinberg、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072006260

  • 田中院長と女児 細胞質内注入法で女児出産
    1994年04月30日
    田中院長と女児 細胞質内注入法で女児出産

    田中温院長に抱かれる卵細胞質内精子注入法で生まれた女児=4月30日午後、北九州市八幡西区折尾のセントマザー産婦人科医(田中温院長)(人口授精、体外授精)

    商品コード: 1994043000066

  •  IVF
    1995年01月28日
    IVF

    28.01.1995 Igor conceived through in vitro fertilization (IVF). Alexey Varfolomeev、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122703659

  • 上野動物園の「トントン」 トントンに人工授精
    1998年04月26日
    上野動物園の「トントン」 トントンに人工授精

    発情の兆候が表れた雌のジャイアントパンダ「トントン」=24日、東京・上野動物園

    商品コード: 1998042600020

  • 1998年05月01日

    「カラー」◎飯塚理八(いいづか・りはち) 慶応大名誉教授 クリニック飯塚(産婦人科、人工授精)院長 品川区西五反田のクリニック飯塚=96(平成8)年9月2日撮影、顔

    商品コード: 1998050100129

  • メスのベガ チーターの人工授精に挑戦
    1998年08月18日
    メスのベガ チーターの人工授精に挑戦

    人工授精が行われたメスのチータ ー「ベガ」(群馬サファリパーク提供)

    商品コード: 1998081800007

  • チンパンジーの「ナナ」 人工授精の「ナナ」元気よ
    1998年12月21日
    チンパンジーの「ナナ」 人工授精の「ナナ」元気よ

    飼育係の山根さんと遊ぶ、人工授精で生まれたチンパンジーの「ナナ」=広島市安佐動物公園

    商品コード: 1998122100066

  • 成田到着のリンリン パンダのリンリンが帰国
    2001年04月25日
    成田到着のリンリン パンダのリンリンが帰国

    人工授精を終えメキシコ市の動物園から帰国したジャイアントパンダ「リンリン」=25日午後、成田空港

    商品コード: 2001042500181

  • 「ツクシ」と生まれた子犬 冷蔵精液で盲導犬を繁殖
    2002年05月08日
    「ツクシ」と生まれた子犬 冷蔵精液で盲導犬を繁殖

    冷蔵精液を使った人工授精で6匹の子犬を産んだラブラドルレトリバーの「ツクシ」=4月22日、札幌市手稲区

    商品コード: 2002050800196

  • ヒューイットさん 「子供には早期の告知を」
    2003年12月24日
    ヒューイットさん 「子供には早期の告知を」

    非配偶者間人工授精(AID)で生まれたオーストラリアの女子大生ジェラルディン・ヒューイットさん

    商品コード: 2003122400178

  • 盲導犬候補の子犬 冷凍精子で盲導犬目指す
    2004年07月05日
    盲導犬候補の子犬 冷凍精子で盲導犬目指す

    全国で初めて冷凍精子による人工授精で誕生した盲導犬候補の子犬(左)=札幌市豊平区

    商品コード: 2004070500144

  • バンドウイルカの母子 人工授精のイルカすくすく
    2004年08月12日
    バンドウイルカの母子 人工授精のイルカすくすく

    母親のスリム(左)と一緒に泳ぐ、バンドウイルカの赤ちゃん「サニー」=千葉県鴨川市の鴨川シーワールド

    商品コード: 2004081200156

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年07月01日
    カテーテル 無許可のカテーテル販売

    「北里サプライ」が人工授精用と偽り無許可で販売していたカテーテル

    商品コード: 2005070100235

  • チンパンジー「ナナ」 人工授精「ナナ」7歳目前
    2005年07月07日
    チンパンジー「ナナ」 人工授精「ナナ」7歳目前

    七夕飾りの果物を食べてご機嫌の人工授精で生まれたチンパンジー「ナナ」=7日、広島市安佐動物公園

    商品コード: 2005070700119

  • パンダのリンリン 人工授精に最後の望み
    2005年10月19日
    パンダのリンリン 人工授精に最後の望み

    「シュアンシュアン」が帰国し、独身に戻った「リンリン」=東京・上野動物園

    商品コード: 2005101900005

  • コアラの親子 人工授精でコアラ誕生
    2006年10月31日
    コアラの親子 人工授精でコアラ誕生

    30日、公開された人工授精で生まれたコアラの子供とその親(ロイター=共同)

    商品コード: 2006103100045

  • 人工授精 畜産(人工授精)
    2009年03月19日
    人工授精 畜産(人工授精)

    簡易受精枠を使った人工授精=2009(平成21)年3月19日、北海道、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20090312DN0079-07]

    商品コード: 2017100200577

  •  凍結精液の妊娠率アップ
    2009年07月23日
    凍結精液の妊娠率アップ

    凍結精液を利用したブタの人工授精の流れ

    商品コード: 2009072300195

  •  凍結精液の妊娠率アップ
    2009年07月23日
    凍結精液の妊娠率アップ

    凍結精液を利用したブタの人工授精の流れ

    商品コード: 2009072300196

  •  豚の精子凍結で高い出産率
    2010年06月24日
    豚の精子凍結で高い出産率

    凍結精子を利用した豚の人工授精の流れ

    商品コード: 2010062400645

  •  豚の精子凍結で高い出産率
    2010年06月24日
    豚の精子凍結で高い出産率

    凍結精子を利用した豚の人工授精の流れ

    商品コード: 2010062400646

  •  仲良くしてね
    2010年11月06日
    仲良くしてね

    スペイン・マドリードの動物園で王妃に抱えられるパンダの赤ちゃん。人工授精が実を結びました。(ロイター=共同)

    商品コード: 2010110600077

  •  双子パンダ
    2011年03月30日
    双子パンダ

    スペインのソフィア王妃がマドリードの動物園で抱っこしているのは、人工授精で誕生した6カ月のジャイアントパンダの双子。人気では上野動物園のパンダに負けないよ!(ロイター=共同)

    商品コード: 2011033000291

  • 公開された稚魚 クニマスの稚魚すくすく
    2012年06月28日
    公開された稚魚 クニマスの稚魚すくすく

    公開された人工授精で生まれた「クニマス」の稚魚=28日、山梨県忍野村

    商品コード: 2012062800488

  • 人工授精で生まれた稚魚 クニマスの稚魚すくすく
    2012年06月28日
    人工授精で生まれた稚魚 クニマスの稚魚すくすく

    公開された人工授精で生まれた「クニマス」の稚魚=28日、山梨県忍野村

    商品コード: 2012062800489

  • クニマスの稚魚 クニマス、秋田で公開へ
    2012年07月13日
    クニマスの稚魚 クニマス、秋田で公開へ

    人工授精で生まれた「クニマス」の稚魚=6月、山梨県忍野村

    商品コード: 2012071300014

  • クニマスの稚魚 クニマス絶滅指定見直し
    2012年09月22日
    クニマスの稚魚 クニマス絶滅指定見直し

    人工授精で生まれた「クニマス」の稚魚=6月、山梨県忍野村

    商品コード: 2012092200376

  •  誰のための生殖技術か
    2012年12月08日
    誰のための生殖技術か

    非配偶者間人工授精の流れ

    商品コード: 2012120800224

  •  誰のための生殖技術か
    2012年12月08日
    誰のための生殖技術か

    非配偶者間人工授精の流れ

    商品コード: 2012120800225

  •  「子に事実伝える」15%
    2013年02月15日
    「子に事実伝える」15%

    非配偶者間人工授精の流れ

    商品コード: 2013021500300

  •  「子に事実伝える」15%
    2013年02月15日
    「子に事実伝える」15%

    非配偶者間人工授精の流れ

    商品コード: 2013021500301

  • 参院議員会館での勉強会 生まれた子の視点「不足」
    2014年07月08日
    参院議員会館での勉強会 生まれた子の視点「不足」

    夫以外の提供精子を使う人工授精で生まれた当事者らが開いた勉強会。中央奥は発言する自民党の古川俊治参院議員=6月10日、参院議員会館

    商品コード: 2014070800851

  • クニマスの稚魚 クニマス「再発見」なるか
    2015年08月17日
    クニマスの稚魚 クニマス「再発見」なるか

    人工授精で生まれたクニマスの稚魚=2012年6月、山梨県忍野村

    商品コード: 2015081700593

  • 4月にかえった雄のひな ペンギンの人工授精成功
    2016年05月24日
    4月にかえった雄のひな ペンギンの人工授精成功

    冷凍した精子を使った人工授精で、4月10日にふ化した雄のフンボルトペンギンのひな=24日午前、山口県下関市の「しものせき水族館海響館」

    商品コード: 2016052400210

  • 人工授精で生まれたイルカ 救世主に?イルカ人工授精
    2018年11月09日
    人工授精で生まれたイルカ 救世主に?イルカ人工授精

    名古屋港水族館のプールで母親(下)に寄り添って泳ぐ人工授精で生まれたバンドウイルカの赤ちゃん=10月18日、名古屋市港区

    商品コード: 2018110900037

  • イルカの赤ちゃん 救世主に?イルカ人工授精
    2018年11月09日
    イルカの赤ちゃん 救世主に?イルカ人工授精

    名古屋港水族館のプールで泳ぐ人工授精で生まれたバンドウイルカの赤ちゃん=10月18日、名古屋市港区

    商品コード: 2018110900038

  • 寄り添って泳ぐイルカ 救世主に?イルカ人工授精
    2018年11月09日
    寄り添って泳ぐイルカ 救世主に?イルカ人工授精

    名古屋港水族館のプールで母親(上)に寄り添って泳ぐ人工授精で生まれたバンドウイルカの赤ちゃん=10月18日、名古屋市港区

    商品コード: 2018110900039

  •  中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に
    2019年04月13日
    中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に

    13日、雌のシャンハイハナスッポンに対して行われた5回目の人工授精。中国江蘇省の蘇州動物園は14日、中国に1匹しかいない雌のシャンハイハナスッポンが13日午後1時20分、5回目の人工授精を行った後に死亡したことを明らかにした。シャンハイハナスッポンは「世界で最も孤独な動物」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されており、これで世界に生息するのは3匹となった。(蘇州=新華社配信/蘇州動物園提供)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:蘇州動物園/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809489

  •  中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に
    2019年04月13日
    中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に

    13日、雌のシャンハイハナスッポンに対して行われた5回目の人工授精。中国江蘇省の蘇州動物園は14日、中国に1匹しかいない雌のシャンハイハナスッポンが13日午後1時20分、5回目の人工授精を行った後に死亡したことを明らかにした。シャンハイハナスッポンは「世界で最も孤独な動物」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されており、これで世界に生息するのは3匹となった。(蘇州=新華社配信/蘇州動物園提供)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:蘇州動物園/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809490

  •  中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に
    2019年04月13日
    中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に

    13日、雌のシャンハイハナスッポンに対して行われた5回目の人工授精。中国江蘇省の蘇州動物園は14日、中国に1匹しかいない雌のシャンハイハナスッポンが13日午後1時20分、5回目の人工授精を行った後に死亡したことを明らかにした。シャンハイハナスッポンは「世界で最も孤独な動物」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されており、これで世界に生息するのは3匹となった。(蘇州=新華社配信/蘇州動物園提供)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:蘇州動物園/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809448

  •  中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に
    2019年04月13日
    中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に

    13日、雌のシャンハイハナスッポンに対して行われた5回目の人工授精。中国江蘇省の蘇州動物園は14日、中国に1匹しかいない雌のシャンハイハナスッポンが13日午後1時20分、5回目の人工授精を行った後に死亡したことを明らかにした。シャンハイハナスッポンは「世界で最も孤独な動物」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されており、これで世界に生息するのは3匹となった。(蘇州=新華社配信/蘇州動物園提供)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:蘇州動物園/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809472

  •  中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に
    2019年04月13日
    中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に

    13日、雌のシャンハイハナスッポンに対して行われた5回目の人工授精。中国江蘇省の蘇州動物園は14日、中国に1匹しかいない雌のシャンハイハナスッポンが13日午後1時20分、5回目の人工授精を行った後に死亡したことを明らかにした。シャンハイハナスッポンは「世界で最も孤独な動物」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されており、これで世界に生息するのは3匹となった。(蘇州=新華社配信/蘇州動物園提供)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:蘇州動物園/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809468

  •  中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に
    2019年04月13日
    中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に

    13日、雌のシャンハイハナスッポンに対して行われた5回目の人工授精。中国江蘇省の蘇州動物園は14日、中国に1匹しかいない雌のシャンハイハナスッポンが13日午後1時20分、5回目の人工授精を行った後に死亡したことを明らかにした。シャンハイハナスッポンは「世界で最も孤独な動物」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されており、これで世界に生息するのは3匹となった。(蘇州=新華社配信/蘇州動物園提供)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:蘇州動物園/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809447

  •  中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に
    2019年04月13日
    中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に

    13日、雌のシャンハイハナスッポンに対して行われた5回目の人工授精。中国江蘇省の蘇州動物園は14日、中国に1匹しかいない雌のシャンハイハナスッポンが13日午後1時20分、5回目の人工授精を行った後に死亡したことを明らかにした。シャンハイハナスッポンは「世界で最も孤独な動物」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されており、これで世界に生息するのは3匹となった。(蘇州=新華社配信/蘇州動物園提供)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:蘇州動物園/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809429

  •  中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に
    2019年04月13日
    中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に

    13日、雌のシャンハイハナスッポンに対して行われた5回目の人工授精。中国江蘇省の蘇州動物園は14日、中国に1匹しかいない雌のシャンハイハナスッポンが13日午後1時20分、5回目の人工授精を行った後に死亡したことを明らかにした。シャンハイハナスッポンは「世界で最も孤独な動物」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されており、これで世界に生息するのは3匹となった。(蘇州=新華社配信/蘇州動物園提供)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:蘇州動物園/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809452

  •  中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に
    2019年04月13日
    中国の雌シャンハイハナスッポンが人工授精後に死亡世界で残り3匹に

    13日、雌のシャンハイハナスッポンに対して行われた5回目の人工授精。中国江蘇省の蘇州動物園は14日、中国に1匹しかいない雌のシャンハイハナスッポンが13日午後1時20分、5回目の人工授精を行った後に死亡したことを明らかにした。シャンハイハナスッポンは「世界で最も孤独な動物」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されており、これで世界に生息するのは3匹となった。(蘇州=新華社配信/蘇州動物園提供)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:蘇州動物園/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809421

  •  「北海道新聞」大きくなって戻って来て 十勝川にサケの稚魚放流
    01:03.74
    2019年05月06日
    「北海道新聞」大きくなって戻って来て 十勝川にサケの稚魚放流

    ボランティア団体「十勝川さけの学舎」は5月6日、十勝川インフォメーションセンター(帯広市)近くの十勝川でサケの稚魚の放流会を開いた。管内外から家族連れら約50人が参加し、約5千匹の稚魚を放流した。同団体は人工授精や自然産卵で生まれた稚魚を同センターの大型水槽で育成してきた。1月にふ化し、例年よりも1.5センチ大きい体長6.5センチまで成長した。この日は、子どもたちが稚魚が10~15匹入った容器を手に川に近づき、そっと放流した。稚魚はビチビチと勢いよく体をくねらせながら水の中に入っていった。<映像内容>家族連れが十勝川でのサケの稚魚の放流会を楽しむ様子、撮影日:2019(令和元)年5月6日、撮影場所:北海道 帯広市、クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051004829

  •  海外精子バンク進出準備
    2019年08月30日
    海外精子バンク進出準備

    提供精子による人工授精の流れ

    商品コード: 2019083001321

  •  海外精子バンク進出準備
    2019年08月30日
    海外精子バンク進出準備

    提供精子による人工授精の流れ

    商品コード: 2019083001322

  •  不妊患者、LGBTも期待
    2019年09月15日
    不妊患者、LGBTも期待

    提供精子による人工授精の流れ

    商品コード: 2019091500490

  •  不妊患者、LGBTも期待
    2019年09月15日
    不妊患者、LGBTも期待

    提供精子による人工授精の流れ

    商品コード: 2019091500491

  •  「新華社」内モンゴル自治区に現代の酪農基地を建設
    02:59.85
    2019年10月15日
    「新華社」内モンゴル自治区に現代の酪農基地を建設

    中国の酪農地帯である内モンゴル自治区は、乳資源や科学研究などの優位性を生かして「現代の酪農基地」を建設し、乳業企業の生産水準と生産効率を引き続き向上させていく。同自治区農牧庁が明らかにした。同自治区では現在、家畜牛の遺伝改良プログラムを実施しており、中心となる品種改良施設の建設を加速させ、種牛ステーションと繁殖用雌牛場の共同品種改良を支援。中国内外で上位100位に入る種牛の育成や、モウコウマとフタコブラクダの品種の選抜育種、現地化した乳用羊の生産、生産性の高い乳牛群の構築を実施する。また、黄河流域の乳業を主産業とする旗、県、区で人工授精用の凍結精液の使用を支援し、家畜群の増加と生産向上を加速させる。(記者/李雲平)<映像内容>内モンゴル自治区の酪農基地の様子、乳牛や種牛の育成など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703319

  •  「北海道新聞」サケ大きく育って戻ってね 帯広の市民団体 十勝川に稚魚4000匹放流
    00:59.39
    2020年05月09日
    「北海道新聞」サケ大きく育って戻ってね 帯広の市民団体 十勝川に稚魚4000匹放流

    帯広市のボランティア団体「十勝川さけの学舎(がくしゃ)」は5月9日、シロザケの稚魚約4千匹を十勝川に放流した。新型コロナウイルス感染防止のため、例年開いている一般参加の放流会を中止し、同団体の会員9人が静かに稚魚を見送った。今年で5回目。環境に対応できる野生のサケの回復を目指し、人工授精だけでなく、産卵用の砂利を敷いた水槽で雌雄のサケに自然産卵させているのが特徴。1月半ばにふ化し、十勝大橋の帯広側にある十勝川インフォメーションセンターの大型水槽で稚魚を育てた。体長は5、6センチ。 <映像内容>シロザケの稚魚を放流している様子、撮影日:2020(令和2)年5月9日、撮影場所:北海道帯広市、クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701987

  • 加藤英明さん 子の苦しみ、置き去りに
    2020年11月22日
    加藤英明さん 子の苦しみ、置き去りに

    第三者の精子提供による人工授精で生まれ、遺伝上の父を捜し続ける医師加藤英明さん=6日、横浜市

    商品コード: 2020112200272

  • 石塚幸子さん 子の苦しみ、置き去りに
    2020年11月22日
    石塚幸子さん 子の苦しみ、置き去りに

    第三者の精子提供による人工授精で生まれた石塚幸子さん。手元は提出された法案概要=4日、東京都内

    商品コード: 2020112200273

  •  (5)タイショウエビの養殖拠点で稚エビ生産始まる河北省唐山市
    2021年03月13日
    (5)タイショウエビの養殖拠点で稚エビ生産始まる河北省唐山市

    10日、唐山市曹妃甸区柳賛鎮にあるタイショウエビの稚エビ生産工場で、種エビの人工授精を行う従業員。中国河北省唐山市曹妃甸(そうひてん)区でこのほど、工場養殖企業がタイショウエビの稚エビ生産を開始した。4月には養殖農家に配布され養殖池に移される。同区は全国でも重要なタイショウエビ養殖拠点の一つになっている。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031503648

  •  (1)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日
    2021年08月23日
    (1)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日

    21日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園で、母親パンダのメイシャンと一緒に果物入りの氷のケーキを食べるシャオチージー(右)。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で昨年8月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「小奇跡(シャオチージー)」が21日、1歳の誕生日を迎えた。シャオチージーは、当時22歳の母親パンダの「美香(メイシャン)」が人工授精で生んだ雄のパンダ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082309709

  •  (8)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日
    2021年08月23日
    (8)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日

    21日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園で、母親パンダのメイシャンと一緒に果物入りの氷のケーキを食べるシャオチージー(左)。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で昨年8月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「小奇跡(シャオチージー)」が21日、1歳の誕生日を迎えた。シャオチージーは、当時22歳の母親パンダの「美香(メイシャン)」が人工授精で生んだ雄のパンダ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082309723

  •  (4)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日
    2021年08月23日
    (4)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日

    21日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園で、母親パンダのメイシャンと一緒に果物入りの氷のケーキを食べるシャオチージー(右)。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で昨年8月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「小奇跡(シャオチージー)」が21日、1歳の誕生日を迎えた。シャオチージーは、当時22歳の母親パンダの「美香(メイシャン)」が人工授精で生んだ雄のパンダ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410300

  •  (2)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日
    2021年08月23日
    (2)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日

    21日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園で果物入りの氷のケーキを食べるシャオチージー。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で昨年8月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「小奇跡(シャオチージー)」が21日、1歳の誕生日を迎えた。シャオチージーは、当時22歳の母親パンダの「美香(メイシャン)」が人工授精で生んだ雄のパンダ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082309721

  •  (11)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日
    2021年08月23日
    (11)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日

    21日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園でシャオチージーを撮影する観光客。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で昨年8月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「小奇跡(シャオチージー)」が21日、1歳の誕生日を迎えた。シャオチージーは、当時22歳の母親パンダの「美香(メイシャン)」が人工授精で生んだ雄のパンダ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082309690

  •  (10)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日
    2021年08月23日
    (10)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日

    21日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園で暮らすシャオチージー(右)と母親パンダのメイシャン。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で昨年8月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「小奇跡(シャオチージー)」が21日、1歳の誕生日を迎えた。シャオチージーは、当時22歳の母親パンダの「美香(メイシャン)」が人工授精で生んだ雄のパンダ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082309693

  •  (3)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日
    2021年08月23日
    (3)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日

    21日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園で、母親パンダのメイシャンと一緒に果物入りの氷のケーキを食べるシャオチージー(左)。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で昨年8月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「小奇跡(シャオチージー)」が21日、1歳の誕生日を迎えた。シャオチージーは、当時22歳の母親パンダの「美香(メイシャン)」が人工授精で生んだ雄のパンダ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082309694

  •  (9)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日
    2021年08月23日
    (9)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日

    21日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園で果物入りの氷のケーキを食べるシャオチージー。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で昨年8月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「小奇跡(シャオチージー)」が21日、1歳の誕生日を迎えた。シャオチージーは、当時22歳の母親パンダの「美香(メイシャン)」が人工授精で生んだ雄のパンダ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082309698

  •  (12)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日
    2021年08月23日
    (12)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日

    21日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園でシャオチージーを撮影するメディア関係者。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で昨年8月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「小奇跡(シャオチージー)」が21日、1歳の誕生日を迎えた。シャオチージーは、当時22歳の母親パンダの「美香(メイシャン)」が人工授精で生んだ雄のパンダ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082309686

  •  (7)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日
    2021年08月23日
    (7)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日

    21日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園で、母親パンダのメイシャンと一緒に果物入りの氷のケーキを食べるシャオチージー(右)。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で昨年8月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「小奇跡(シャオチージー)」が21日、1歳の誕生日を迎えた。シャオチージーは、当時22歳の母親パンダの「美香(メイシャン)」が人工授精で生んだ雄のパンダ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082309717

  •  (6)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日
    2021年08月23日
    (6)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日

    21日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園で、母親パンダのメイシャンと一緒に果物入りの氷のケーキを食べるシャオチージー(手前)。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で昨年8月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「小奇跡(シャオチージー)」が21日、1歳の誕生日を迎えた。シャオチージーは、当時22歳の母親パンダの「美香(メイシャン)」が人工授精で生んだ雄のパンダ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082309699

  •  (5)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日
    2021年08月23日
    (5)米国在住のジャイアントパンダ「小奇跡」が1歳の誕生日

    21日、米ワシントンのスミソニアン国立動物園で、シャオチージーのために果物入りの氷のケーキを用意するスタッフ。米ワシントンのスミソニアン国立動物園で昨年8月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「小奇跡(シャオチージー)」が21日、1歳の誕生日を迎えた。シャオチージーは、当時22歳の母親パンダの「美香(メイシャン)」が人工授精で生んだ雄のパンダ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082309720

  •  (3)生息地の標高が世界一高いキーストーン魚類、大規模な人工繁殖に成功
    2021年08月27日
    (3)生息地の標高が世界一高いキーストーン魚類、大規模な人工繁殖に成功

    長江源流域のキーストーン魚種の受精卵を確認する長江科学院の李偉(り・い)高級工程師(シニアエンジニア)。(6月23日撮影)中国長江の源流域、標高4800メートル前後の高地には、コイ科の小頭裸裂尻魚(学名:microcephalus)が生息している。分布標高が世界で最も高いキーストーン種(個体数は少ないが生態系に及ぼす影響が大きい種)とされており、中国の研究者がこのほど、初めて大規模な人工繁殖に成功した。人工授精により孵化した稚魚2万匹は今も順調に育っている。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082707722

  •  (1)生息地の標高が世界一高いキーストーン魚類、大規模な人工繁殖に成功
    2021年08月27日
    (1)生息地の標高が世界一高いキーストーン魚類、大規模な人工繁殖に成功

    青海省玉樹チベット族自治州を流れる科欠曲(通天河の支流)河畔で、採取した魚のサンプルを見る長江科学院の李偉(り・い)高級工程師(シニアエンジニア)。(8月8日撮影)中国長江の源流域、標高4800メートル前後の高地には、コイ科の小頭裸裂尻魚(学名:microcephalus)が生息している。分布標高が世界で最も高いキーストーン種(個体数は少ないが生態系に及ぼす影響が大きい種)とされており、中国の研究者がこのほど、初めて大規模な人工繁殖に成功した。人工授精により孵化した稚魚2万匹は今も順調に育っている。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082707718

  •  (2)生息地の標高が世界一高いキーストーン魚類、大規模な人工繁殖に成功
    2021年08月27日
    (2)生息地の標高が世界一高いキーストーン魚類、大規模な人工繁殖に成功

    青海省玉樹チベット族自治州を流れる科欠曲(通天河の支流)で、魚のサンプルを採取する長江科学院の李偉(り・い)高級工程師(シニアエンジニア)。(8月8日撮影)中国長江の源流域、標高4800メートル前後の高地には、コイ科の小頭裸裂尻魚(学名:microcephalus)が生息している。分布標高が世界で最も高いキーストーン種(個体数は少ないが生態系に及ぼす影響が大きい種)とされており、中国の研究者がこのほど、初めて大規模な人工繁殖に成功した。人工授精により孵化した稚魚2万匹は今も順調に育っている。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082707720

  •  (4)生息地の標高が世界一高いキーストーン魚類、大規模な人工繁殖に成功
    2021年08月27日
    (4)生息地の標高が世界一高いキーストーン魚類、大規模な人工繁殖に成功

    水中カメラで撮影した長江源流域を泳ぐ自然繁殖の小頭裸裂尻魚の群れ。(資料写真)中国長江の源流域、標高4800メートル前後の高地には、コイ科の小頭裸裂尻魚(学名:microcephalus)が生息している。分布標高が世界で最も高いキーストーン種(個体数は少ないが生態系に及ぼす影響が大きい種)とされており、中国の研究者がこのほど、初めて大規模な人工繁殖に成功した。人工授精により孵化した稚魚2万匹は今も順調に育っている。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082707729

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Young calves are tied up at the meadow next to their food. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703507

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Farmworker treats a calf suffering from tympania (bloating). This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703446

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Farm worker puts food inside a bowl. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703436

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Cows seen at the meadow. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703447

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Calf stands at the barrier. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703537

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Food for the cows is stored under plastic blankets. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703434

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Young calf stands at the meadow. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703423

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Two calves are seen waiting for their food. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703496

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Farmworker brings food to the calves. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703443

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Cows seen at the meadow. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703517

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Cows seen at the meadow. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703451

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Two farmworkers are repairing the fence. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703578

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Farmworker removes cow dung from the ground. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703596

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Farmworker takes a break. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703514

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Farmworker leads cows to the barn to be milked. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703437

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Cows seen running to the barn to be milked. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703508

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Farmworker leads cows to the barn to be milked. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703457

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Farmworker leads cows to the barn to be milked. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703516

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Cows are seen waiting to be milked. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703561

  •  Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022
    2022年07月13日
    Dairy farming in Salta, Argentina - 13 Jul 2022

    July 13, 2022, Salta, Argentina: Farmworker smiles at the camera. This dairy is located in the outskirts of Salta, Argentina and has around 800 cows. Female cows are artificially inseminated for the first time at the age of 15 months. A cow‘s pregnancy, is like a human‘s, lasts nine months. Once the calf has been born, the cow is milked daily by the machine. On average, six to eight weeks after the birth of the calf, the cow is inseminated again. After about 5-6 years she stops giving milk and the animal is slaughtered. (Credit Image: © Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Lara Hauser/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072703545

  • 1
  • 2