KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 生き物
  • 世界
  • ふ化
  • 平成
  • 発見
  • 設立
  • 個体群
  • 長江

「人工繁殖」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
437
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
437
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1973年07月26日
    スケッチ26147−11 都民にスズムシのサービス

    都民にサービスされた、伊東温泉で人工繁殖した1万5千匹のスズムシ=1973(昭和48)年7月26日、東京都千代田区有楽町

    商品コード: 2018020200358

  • 1980年12月31日
    「パンダ記者」と「萌えパンダ」の心温まるストーリー

    捕獲したパンダを担いで下山する四川省宝興県磽磧公社のスタッフ。(1980年、金勗琪さん撮影)ジャイアントパンダは古くから存在し、世界中の人々に愛されている動物だ。40年前、カメラを肩に掛け、このジャイアントパンダと触れ合いながら6年間過ごした女性がいる。現在84歳になる彼女は、1千枚以上に及ぶパンダの写真を発表し、世界中の読者に紹介したことから、中国や海外の人々から親しみを込めて「パンダ記者」と呼ばれている。彼女の名前は金勗琪(きん・きょくき)。新華社の初代パンダ担当記者だ。金さんは1952年に四川大学中国語文学科に入学。卒業後は新華社に入り、四川支社に配属された。記者生活において、6年以上にわたってパンダとの交流を重ね、四川省西部の高山密林地帯に分け入り、パンダの生息環境や生活、習性、生育・繁殖状況、人間による保護・研究を記録、報道し、1千枚以上に及ぶ写真を撮った。金さんはしばしば、山間の営林場に入って20日余り滞在していた。科学研究スタッフと共に野生のパンダを追跡し、パンダの人工繁殖や飼育の進展に注目した。金さんは当時を振り返り「子どもと過ごす時間より、パンダを撮影する時間の方が長かった」と懐かしそうに語った。(成都=新華社配信/金勗琪)=1980(昭和55)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022539

  • 1980年12月31日
    「パンダ記者」と「萌えパンダ」の心温まるストーリー

    成都動物園で撮影したパンダ「美美」と子どもの「蓉生」。(1980年、金勗琪さん撮影)ジャイアントパンダは古くから存在し、世界中の人々に愛されている動物だ。40年前、カメラを肩に掛け、このジャイアントパンダと触れ合いながら6年間過ごした女性がいる。現在84歳になる彼女は、1千枚以上に及ぶパンダの写真を発表し、世界中の読者に紹介したことから、中国や海外の人々から親しみを込めて「パンダ記者」と呼ばれている。彼女の名前は金勗琪(きん・きょくき)。新華社の初代パンダ担当記者だ。金さんは1952年に四川大学中国語文学科に入学。卒業後は新華社に入り、四川支社に配属された。記者生活において、6年以上にわたってパンダとの交流を重ね、四川省西部の高山密林地帯に分け入り、パンダの生息環境や生活、習性、生育・繁殖状況、人間による保護・研究を記録、報道し、1千枚以上に及ぶ写真を撮った。金さんはしばしば、山間の営林場に入って20日余り滞在していた。科学研究スタッフと共に野生のパンダを追跡し、パンダの人工繁殖や飼育の進展に注目した。金さんは当時を振り返り「子どもと過ごす時間より、パンダを撮影する時間の方が長かった」と懐かしそうに語った。(成都=新華社配信/金勗琪)=1980(昭和55)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022360

  • 1980年12月31日
    「パンダ記者」と「萌えパンダ」の心温まるストーリー

    ドイツに送るパンダ「宝宝」にミルクを飲ませる飼育員。(1980年、金勗琪さん撮影)ジャイアントパンダは古くから存在し、世界中の人々に愛されている動物だ。40年前、カメラを肩に掛け、このジャイアントパンダと触れ合いながら6年間過ごした女性がいる。現在84歳になる彼女は、1千枚以上に及ぶパンダの写真を発表し、世界中の読者に紹介したことから、中国や海外の人々から親しみを込めて「パンダ記者」と呼ばれている。彼女の名前は金勗琪(きん・きょくき)。新華社の初代パンダ担当記者だ。金さんは1952年に四川大学中国語文学科に入学。卒業後は新華社に入り、四川支社に配属された。記者生活において、6年以上にわたってパンダとの交流を重ね、四川省西部の高山密林地帯に分け入り、パンダの生息環境や生活、習性、生育・繁殖状況、人間による保護・研究を記録、報道し、1千枚以上に及ぶ写真を撮った。金さんはしばしば、山間の営林場に入って20日余り滞在していた。科学研究スタッフと共に野生のパンダを追跡し、パンダの人工繁殖や飼育の進展に注目した。金さんは当時を振り返り「子どもと過ごす時間より、パンダを撮影する時間の方が長かった」と懐かしそうに語った。(成都=新華社配信/金勗琪)=1980(昭和55)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022558

  • 1987年12月31日
    「パンダ記者」と「萌えパンダ」の心温まるストーリー

    ニューヨーク科学アカデミーが1987年に金勗琪さんに授与した証書。金さんが制作に参加した書籍「ジャイアントパンダ」が第16回児童科学普及図書特別賞を受賞したことを表彰している。ジャイアントパンダは古くから存在し、世界中の人々に愛されている動物だ。40年前、カメラを肩に掛け、このジャイアントパンダと触れ合いながら6年間過ごした女性がいる。現在84歳になる彼女は、1千枚以上に及ぶパンダの写真を発表し、世界中の読者に紹介したことから、中国や海外の人々から親しみを込めて「パンダ記者」と呼ばれている。彼女の名前は金勗琪(きん・きょくき)。新華社の初代パンダ担当記者だ。金さんは1952年に四川大学中国語文学科に入学。卒業後は新華社に入り、四川支社に配属された。記者生活において、6年以上にわたってパンダとの交流を重ね、四川省西部の高山密林地帯に分け入り、パンダの生息環境や生活、習性、生育・繁殖状況、人間による保護・研究を記録、報道し、1千枚以上に及ぶ写真を撮った。金さんはしばしば、山間の営林場に入って20日余り滞在していた。科学研究スタッフと共に野生のパンダを追跡し、パンダの人工繁殖や飼育の進展に注目した。金さんは当時を振り返り「子どもと過ごす時間より、パンダを撮影する時間の方が長かった」と懐かしそうに語った。(成都=新華社記者/張超群)=1987(昭和62)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022294

  • 1988年04月06日
    2羽の赤ちゃん誕生 コウノトリの人工繁殖成功

    人工繁殖で生まれたニホンコウノトリの2羽の赤ちゃんと、父親のクロ=1988(昭和63)年4月6日、東京・多摩動物公園

    商品コード: 2007010500113

  • 1988年04月06日
    2羽の赤ちゃん誕生 コウノトリの人工繁殖成功

    人工繁殖で生まれたニホンコウノトリの2羽の赤ちゃんと、父親のクロ=1988(昭和63)年4月6日、東京・多摩動物公園 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第9巻使用画像(P141)

    商品コード: 2015060300353

  • 1989年05月20日
    有蹄(ゆうてい)類マメジカ 珍種マメジカの人工繁殖へ

    マレーシアから輸入した世界最小の有蹄(ゆうてい)類マメジカ

    商品コード: 2019111303069

  • 1992年08月19日
    静かに帰国待つミドリ

    北京での人工繁殖を断念、静かに帰国の時を待つミドリ=19日、北京動物園(共同)

    商品コード: 1992081900062

  • 1993年10月08日
    ニシキヘビの赤ちゃん 全国初の人工繁殖に成功

    県立とべ動物園で人工繁殖に成功したアフリカニシキヘビの赤ちゃん=8日、愛媛県伊予郡砥部町

    商品コード: 1993100800055

  • 1995年06月02日
    トキ人工繁殖ならず帰郷 フォンフォン9日に中国へ

    新潟県の佐渡トキ保護センターから中国へ返還される事になった雌の「鳳鳳(フォンフォン)」(佐渡トキ保護センター撮影)(資料A36164・カラーネガ)

    商品コード: 1995060200056

  • 1995年08月16日
    イタセンパラ ピンチの希少タナゴを救え

    環境庁が人工繁殖に乗り出すことになった希少タナゴ「イタセンパラ」(日本固有の淡水魚)

    商品コード: 1995081600001

  • 1996年02月03日
    鴨川でイルカ国際シンポ 絶滅危機に人工繁殖期待も

    絶滅の恐れがあるヨウスコウカワイルカ(平元年国内2475)

    商品コード: 1996020300084

  • 1996年08月16日
    フォンフォン 人工繁殖のトキを大自然に

    野生に戻す計画が進められているトキ4羽のうち2羽を産んだ中国産の「鳳鳳(フォンフォン)」(資料A36164)

    商品コード: 1996081600048

  • 1996年09月02日
    飼養センターのトキ 青空背景に鮮やかなトキ色

    センターで飼育されているトキ。今年は人工繁殖で10羽のふ化に成功しセンター内のトキは25羽にまで増えた(共同)

    商品コード: 1996090200031

  • 1996年12月25日
    オーストラリアハイギョ 世界初の人工繁殖に再挑戦

    )、社始577S、5日付朝刊用、解禁厳守  阪神大震災による中断の後、須磨海浜水族園が再び人工繁殖を試みるオーストラリアハイギョ=神戸市須磨区の神戸市立須磨海浜水族園

    商品コード: 1996122500075

  • 1997年01月07日
    飼育する松本さん 激減のミヤコタナゴを救え

    人工繁殖室でミヤコタナゴを飼育する町職員の松本由紀夫さん=埼玉県滑川町の「タナゴ館」

    商品コード: 1997010700051

  • 1997年12月26日
    人工繁殖されたダチョウ ダチョウの繁殖が好調

    )、社始582S、1月10日付夕刊用、解禁厳守  健康食品として注目される人工繁殖のダチョウ=山口県美東町の秋吉台自然動物公園

    商品コード: 1997122600090

  • 1998年09月30日

    「カラー」◎新疆で新疆北鯢(シベリアサンショウウオ)の人工繁殖:新疆・温泉県蘇魯別珍山の渓谷にシベリアサンショウウオが約1千匹生息している。(新疆ウイグル自治区温泉県の海抜2200メートルの山間部に世界で最も古い有尾類両生動物、シベリアサンショウウオが生息しており、研究者の努力で、人工繁殖に成功している。)新華社=中国通信、配信・平成10年9月30日

    商品コード: 1999090200089

  • 1998年12月21日
    健康体と確認された雌 ツシマヤマネコ人工繁殖へ

    8日に長崎県・対馬で捕獲され、検査の結果健康体と確認された国の天然記念物ツシマヤマネコの雌=9日、長崎県上県町の環境庁対馬野生生物保護センター

    商品コード: 1998122100018

  • 1999年02月26日
    席咏梅さん

    日本初のトキの人工繁殖を手助けする中国の飼育員、席咏梅(せき・えいばい)さん

    商品コード: 1999022600063

  • 1999年05月21日
    育すう器に移されるひな トキのひなが誕生

    国内初の人工繁殖で誕生、育すう器に移されるトキのひな=21日午後5時20分(佐渡トキ保護センター提供)

    商品コード: 1999052100186

  • 1999年05月21日
    誕生したトキのひな トキのひなが誕生

    国内で初めて人工繁殖によって誕生したトキのひな=21日午後3時30分すぎ(佐渡トキ保護センター提供)

    商品コード: 1999052100114

  • 1999年05月21日
    育すう器に移されたひな トキのひなが誕生

    国内初の人工繁殖で誕生、育すう器に移されたトキのひな=21日午後5時20分(佐渡トキ保護センター提供)

    商品コード: 1999052100194

  • 2000年04月18日
    会見する浜地園長 人工繁殖に初めて成功

    ツシマヤマネコの人工繁殖に成功し記者会見する福岡市動物園の浜地昌治園長=18日午後、福岡市役所

    商品コード: 2000041800127

  • 2000年04月18日
    ツシマヤマネコの雌と雄 人工繁殖に初めて成功

    人工繁殖で2世誕生に成功した天然記念物ツシマヤマネコの雌(上)と雄

    商品コード: 2000041800115

  • 2007年11月12日
    赤ちゃんと母パンダ パンダ人工繁殖、6割双子

    双子で生まれた赤ちゃんのうちの1匹を見つめる母パンダ=8月、中国四川省(ロイター=共同)

    商品コード: 2007111200228

  • 2010年06月09日
    稚エチゼンクラゲ クラゲの人工繁殖に成功

    人工繁殖に成功し、一般公開が始まったエチゼンクラゲの稚クラゲ=7日、福井県坂井市の越前松島水族館

    商品コード: 2010060900209

  • 2011年05月21日
    ナガレタゴガエル カエルの人工繁殖成功

    人工繁殖に成功した「ナガレタゴガエル」=19日、福井県坂井市の越前松島水族館

    商品コード: 2011052100172

  • 2014年01月11日
    カブトガニの幼生 カブトガニ生きる海に

    西条市立東予郷土館で人工繁殖されたカブトガニの幼生=愛媛県西条市

    商品コード: 2014011100238

  • 2015年04月11日
    トキの個体群、世界で3千羽を突破

    陝西省銅川市で撮影したトキ。【新華社西安】トキ(朱鷺)は、かつて中国東部、日本、ロシア、朝鮮などに生息したが、その後の環境悪化などで数が急激に減少、絶滅の危機に瀕した。中国陝西省洋県で1980年代、野生のトキ7羽が発見され人々の注目を集めた。陝西省が30年余りにわたりトキの保護と人工繁殖の研究を進め、野外での飼育および人工繁殖に取り組んだ結果、トキの数は急速に増加し、個体群の質的構成も改善され、絶滅の危機から脱した。トキの個体数はその後も増え続け、多くは中日韓3カ国に生息している。世界の推定個体数は3千羽余りに達し、中国では2600羽を超えた。中国ではトキの野生生息地面積も、発見時の5平方キロ弱から1万4千平方キロ強まで拡大している。(石銅鋼)=2015(平成27)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500808

  • 2015年04月11日
    トキの個体群、世界で3千羽を突破

    陝西省銅川市で撮影したトキ。【新華社西安】トキ(朱鷺)は、かつて中国東部、日本、ロシア、朝鮮などに生息したが、その後の環境悪化などで数が急激に減少、絶滅の危機に瀕した。中国陝西省洋県で1980年代、野生のトキ7羽が発見され人々の注目を集めた。陝西省が30年余りにわたりトキの保護と人工繁殖の研究を進め、野外での飼育および人工繁殖に取り組んだ結果、トキの数は急速に増加し、個体群の質的構成も改善され、絶滅の危機から脱した。トキの個体数はその後も増え続け、多くは中日韓3カ国に生息している。世界の推定個体数は3千羽余りに達し、中国では2600羽を超えた。中国ではトキの野生生息地面積も、発見時の5平方キロ弱から1万4千平方キロ強まで拡大している。(石銅鋼)=2015(平成27)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500812

  • 07:48.13
    2016年06月06日
    大阪・海遊館のペンギン 人工繁殖のヒナ誕生か

    自然界での絶滅が危惧されているミナミイワトビペンギンを飼育している大阪の水族館「海遊館」で、6日までにヒナが3羽、相次いでふ化した。海遊館は数年前から人工繁殖に取り組んでおり、DNAの検査で人工繁殖であることが確認されれば世界初の成功例となるという。親鳥のお腹の下に守られたヒナは、時折、顔を出しては口移しでえさをもらう姿を見せていた。〈映像内容〉ミナミイワトビペンギンが飼育されているエリアや、生まれたばかりのヒナの様子。ペンギンの飼育担当・林成幸さん(31)の囲み、海遊館の外観など。

    商品コード: 2017090200394

  • 2016年06月06日
    イワトビペンギンのひな 人工繁殖のひな誕生か

    海遊館で誕生したミナミイワトビペンギンのひな=6日午後、大阪市

    商品コード: 2016060600692

  • 2016年06月06日
    誕生したひな 人工繁殖のひな誕生か

    海遊館で誕生したミナミイワトビペンギンのひな=6日午後、大阪市

    商品コード: 2016060600697

  • 04:17.75
    2016年06月23日
    ペンギンの人工繁殖に成功、大阪・海遊館

    大阪市港区の水族館「海遊館」は23日、自然界で絶滅の恐れがあるミナミイワトビペンギンの人工繁殖に世界で初めて成功した、と発表しました。<映像内容>人工繁殖で生まれたと確認されたミナミイワトビペンギン、館長の西田清徳(にしだ・きよのり)さんの話、飼育担当の林成幸(はやし・しげゆき)さんの話、海遊館外観など。、撮影日:2016(平成28)年6月23日、撮影場所:大阪市港区 海遊館

    商品コード: 2019112704915

  • 2016年06月23日
    人工繁殖で誕生したひな 希少ペンギン人工繁殖成功

    人工繁殖により誕生したミナミイワトビペンギンのひな=23日午後、大阪市の「海遊館」

    商品コード: 2016062300706

  • 2016年06月23日
    ペンギンのひな 希少ペンギン人工繁殖成功

    人工繁殖により誕生したミナミイワトビペンギンのひな=23日午後、大阪市の「海遊館」

    商品コード: 2016062300709

  • 2016年06月29日
    人工繁殖で誕生したひな 絶滅のおそれあるペンギン

    人工繁殖により生まれたミナミイワトビペンギンのひな=6月23日、大阪市の「海遊館」

    商品コード: 2016062900320

  • 2017年03月19日
    最高に厳格な環境保護でヨウスコウワニを守る

    安徽省宣城市にある保護基地の屋外で、暖かい春の日差しを浴びる人工繁殖飼育されたヨウスコウワニ。(2017年3月19日撮影)日本の静岡県河津町の体感型動物園iZoo(イズー)にはある特別な「住民」、本来は中国の長江中下流域に生息するヨウスコウワニ7匹が暮らしている。このワニは中国の固有種であり、ワニの中では世界で最も小型の一つとされる。故郷の安徽省はここ数年、生態環境保護の強化に力を入れている。(宣城=新華社記者/劉軍喜)=2017(平成29)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031100362

  • 2017年03月19日
    最高に厳格な環境保護でヨウスコウワニを守る

    安徽省宣城市の保護基地の屋外で、暖かい春の日差しを浴びる人工繁殖飼育されたヨウスコウワニ。(2017年3月19日撮影)日本の静岡県河津町の体感型動物園iZoo(イズー)にはある特別な「住民」、本来は中国の長江中下流域に生息するヨウスコウワニ7匹が暮らしている。このワニは中国の固有種であり、ワニの中では世界で最も小型の一つとされる。故郷の安徽省はここ数年、生態環境保護の強化に力を入れている。(宣城=新華社記者/孟鼎博)=2017(平成29)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031100300

  • 2017年03月19日
    最高に厳格な環境保護でヨウスコウワニを守る

    安徽省宣城市の保護基地の屋外で、暖かい春の日差しを浴びる人工繁殖飼育されたヨウスコウワニ。(2017年3月19日撮影)日本の静岡県河津町の体感型動物園iZoo(イズー)にはある特別な「住民」、本来は中国の長江中下流域に生息するヨウスコウワニ7匹が暮らしている。このワニは中国の固有種であり、ワニの中では世界で最も小型の一つとされる。故郷の安徽省はここ数年、生態環境保護の強化に力を入れている。(宣城=新華社記者/劉軍喜)=2017(平成29)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031100336

  • 2017年03月19日
    最高に厳格な環境保護でヨウスコウワニを守る

    安徽省宣城市で、体重を測定中の人工繁殖飼育されているヨウスコウワニの赤ちゃん。(2017年3月19日撮影)日本の静岡県河津町の体感型動物園iZoo(イズー)にはある特別な「住民」、本来は中国の長江中下流域に生息するヨウスコウワニ7匹が暮らしている。このワニは中国の固有種であり、ワニの中では世界で最も小型の一つとされる。故郷の安徽省はここ数年、生態環境保護の強化に力を入れている。(宣城=新華社記者/孟鼎博)=2017(平成29)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031100355

  • 2017年06月07日
    ペンギンの親鳥とひな 凍結精子で人工繁殖成功か

    親鳥のおなかの下で過ごすミナミイワトビペンギンのひな=7日午後、大阪市の海遊館

    商品コード: 2017060700984

  • 2017年06月07日
    ペンギンのひな 凍結精子で人工繁殖成功か

    大阪市の海遊館で誕生したミナミイワトビペンギンのひな=7日午後

    商品コード: 2017060700985

  • 2017年06月18日
    感極まる石原園長 ライチョウのひな誕生

    ニホンライチョウの人工繁殖が成功し、記者会見で感極まる富山市ファミリーパークの石原祐司園長=18日、富山市

    商品コード: 2017061800351

  • 2017年12月25日
    希少鳥類のジュケイ、浙江省烏岩嶺保護区で自然繁殖に成功

    烏岩嶺国家級自然保護区で撮影したジュケイの雄の成鳥(右)と雌の成鳥。(2017年12月25日撮影)中国浙江省烏岩嶺国家級自然保護区のスタッフがこのほど、自然繁殖で育ったジュケイのひな3羽が、高さ4メートル余りの梁(はり)まで飛べるようになったことに気付いた。これは2011年以降、鳥岩嶺保護区がジュケイのひな60羽余りの人工繁殖に相次いで成功したのに続き、自然繁殖にも成功したことを意味する。(杭州=新華社配信/劉西)=2017(平成29)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003888

  • 2018年01月08日
    トキ、「新居」で無事に越冬

    降雪後、銅川市耀州区にある山林地区で見られた野生のトキ。【新華社西安】トキは世界でも希少な種である。1980年代に、中国陝西省でわずか7羽の野生のトキが発見されたことで初めて世間に知れ渡った。この30年間に陝西省はトキの人工繁殖に関する研究を進め、自然環境における保護や人工繁殖に力を注ぎ、個体数の急速な増加につなげてきた。そして、トキは自然状態で安定的に増加するようになった。現在、中国国内における野生のトキ生息地面積は、7羽が発見された当時の5平方キロから現在の1万4千平方キロ強にまで拡大している。陝西省銅川市は秦嶺山脈の北部で初めてトキの放鳥を行った場所で、5年間で62羽の放鳥、46羽が繁殖に成功し、個体数は108羽にまで回復した。現在野外で観測できるのは60羽以上になっている。放鳥は主に耀州区沮河周辺で行われており、トキは数年間の野外生活を経て、次第に「新居」に適応するようになる。この地区は緯度が高く冬季には河川が凍結することから、トキは餌を確保するのが難しくなる。そのため毎年11月から翌年3月にかけては柳林森林農場周辺で専門の職員が給餌や傷ついたトキの救助活動を行い、トキが無事に越冬できるよう見守っている。(石銅鋼)=2018(平成30)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500805

  • 2018年01月23日
    トキ、「新居」で無事に越冬

    銅川市耀州区柳林森林農場で、傷ついて保護されたトキに餌を与えるトキ観測所職員。【新華社西安】トキは世界でも希少な種である。1980年代に、中国陝西省でわずか7羽の野生のトキが発見されたことで初めて世間に知れ渡った。この30年間に陝西省はトキの人工繁殖に関する研究を進め、自然環境における保護や人工繁殖に力を注ぎ、個体数の急速な増加につなげてきた。そして、トキは自然状態で安定的に増加するようになった。現在、中国国内における野生のトキ生息地面積は、7羽が発見された当時の5平方キロから現在の1万4千平方キロ強にまで拡大している。陝西省銅川市は秦嶺山脈の北部で初めてトキの放鳥を行った場所で、5年間で62羽の放鳥、46羽が繁殖に成功し、個体数は108羽にまで回復した。現在野外で観測できるのは60羽以上になっている。放鳥は主に耀州区沮河周辺で行われており、トキは数年間の野外生活を経て、次第に「新居」に適応するようになる。この地区は緯度が高く冬季には河川が凍結することから、トキは餌を確保するのが難しくなる。そのため毎年11月から翌年3月にかけては柳林森林農場周辺で専門の職員が給餌や傷ついたトキの救助活動を行い、トキが無事に越冬できるよう見守っている。(新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500810

  • 2018年01月23日
    トキ、「新居」で無事に越冬

    銅川市耀州区にある山林地区で見られた野生のトキ。【新華社西安】トキは世界でも希少な種である。1980年代に、中国陝西省でわずか7羽の野生のトキが発見されたことで初めて世間に知れ渡った。この30年間に陝西省はトキの人工繁殖に関する研究を進め、自然環境における保護や人工繁殖に力を注ぎ、個体数の急速な増加につなげてきた。そして、トキは自然状態で安定的に増加するようになった。現在、中国国内における野生のトキ生息地面積は、7羽が発見された当時の5平方キロから現在の1万4千平方キロ強にまで拡大している。陝西省銅川市は秦嶺山脈の北部で初めてトキの放鳥を行った場所で、5年間で62羽の放鳥、46羽が繁殖に成功し、個体数は108羽にまで回復した。現在野外で観測できるのは60羽以上になっている。放鳥は主に耀州区沮河周辺で行われており、トキは数年間の野外生活を経て、次第に「新居」に適応するようになる。この地区は緯度が高く冬季には河川が凍結することから、トキは餌を確保するのが難しくなる。そのため毎年11月から翌年3月にかけては柳林森林農場周辺で専門の職員が給餌や傷ついたトキの救助活動を行い、トキが無事に越冬できるよう見守っている。(新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500809

  • 2018年01月24日
    トキの個体群、世界で3千羽を突破

    陝西省洋県のトキ生態園で撮影したトキ。【新華社西安】トキ(朱鷺)は、かつて中国東部、日本、ロシア、朝鮮などに生息したが、その後の環境悪化などで数が急激に減少、絶滅の危機に瀕した。中国陝西省洋県で1980年代、野生のトキ7羽が発見され人々の注目を集めた。陝西省が30年余りにわたりトキの保護と人工繁殖の研究を進め、野外での飼育および人工繁殖に取り組んだ結果、トキの数は急速に増加し、個体群の質的構成も改善され、絶滅の危機から脱した。トキの個体数はその後も増え続け、多くは中日韓3カ国に生息している。世界の推定個体数は3千羽余りに達し、中国では2600羽を超えた。中国ではトキの野生生息地面積も、発見時の5平方キロ弱から1万4千平方キロ強まで拡大している。(新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500826

  • 2018年01月26日
    トキ、「新居」で無事に越冬

    降雪後、銅川市耀州区にある山林地区で見られた野生のトキ。【新華社西安】トキは世界でも希少な種である。1980年代に、中国陝西省でわずか7羽の野生のトキが発見されたことで初めて世間に知れ渡った。この30年間に陝西省はトキの人工繁殖に関する研究を進め、自然環境における保護や人工繁殖に力を注ぎ、個体数の急速な増加につなげてきた。そして、トキは自然状態で安定的に増加するようになった。現在、中国国内における野生のトキ生息地面積は、7羽が発見された当時の5平方キロから現在の1万4千平方キロ強にまで拡大している。陝西省銅川市は秦嶺山脈の北部で初めてトキの放鳥を行った場所で、5年間で62羽の放鳥、46羽が繁殖に成功し、個体数は108羽にまで回復した。現在野外で観測できるのは60羽以上になっている。放鳥は主に耀州区沮河周辺で行われており、トキは数年間の野外生活を経て、次第に「新居」に適応するようになる。この地区は緯度が高く冬季には河川が凍結することから、トキは餌を確保するのが難しくなる。そのため毎年11月から翌年3月にかけては柳林森林農場周辺で専門の職員が給餌や傷ついたトキの救助活動を行い、トキが無事に越冬できるよう見守っている。(石銅鋼)=2018(平成30)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500804

  • 2018年01月27日
    トキ、「新居」で無事に越冬

    降雪の後、銅川市耀州区にある山林地区で見られた野生のトキ。【新華社西安】トキは世界でも希少な種である。1980年代に、中国陝西省でわずか7羽の野生のトキが発見されたことで初めて世間に知れ渡った。この30年間に陝西省はトキの人工繁殖に関する研究を進め、自然環境における保護や人工繁殖に力を注ぎ、個体数の急速な増加につなげてきた。そして、トキは自然状態で安定的に増加するようになった。現在、中国国内における野生のトキ生息地面積は、7羽が発見された当時の5平方キロから現在の1万4千平方キロ強にまで拡大している。陝西省銅川市は秦嶺山脈の北部で初めてトキの放鳥を行った場所で、5年間で62羽の放鳥、46羽が繁殖に成功し、個体数は108羽にまで回復した。現在野外で観測できるのは60羽以上になっている。放鳥は主に耀州区沮河周辺で行われており、トキは数年間の野外生活を経て、次第に「新居」に適応するようになる。この地区は緯度が高く冬季には河川が凍結することから、トキは餌を確保するのが難しくなる。そのため毎年11月から翌年3月にかけては柳林森林農場周辺で専門の職員が給餌や傷ついたトキの救助活動を行い、トキが無事に越冬できるよう見守っている。(石銅鋼)=2018(平成30)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500818

  • 2018年04月14日
    カラチョウザメ500匹を長江に放流湖北省宜昌市

    14日、湖北省宜昌市で行われたカラチョウザメ放流イベントを見学する現地の小学生たち。2018年長江三峡カラチョウザメ放流イベントが14日、中国湖北省宜昌市で行われ、人工繁殖したカラチョウザメ500匹が長江に放流された。(宜昌=新華社記者/王自宸)=2018(平成30)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700511

  • 2018年04月14日
    カラチョウザメ500匹を長江に放流湖北省宜昌市

    14日、長江に放流されるカラチョウザメ。2018年長江三峡カラチョウザメ放流イベントが14日、中国湖北省宜昌市で行われ、人工繁殖したカラチョウザメ500匹が長江に放流された。(宜昌=新華社記者/王自宸)=2018(平成30)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700531

  • 2018年04月14日
    カラチョウザメ500匹を長江に放流湖北省宜昌市

    14日、長江に放流されるカラチョウザメ。2018年長江三峡カラチョウザメ放流イベントが14日、中国湖北省宜昌市で行われ、人工繁殖したカラチョウザメ500匹が長江に放流された。(宜昌=新華社記者/王自宸)=2018(平成30)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700533

  • 2018年04月14日
    カラチョウザメ500匹を長江に放流湖北省宜昌市

    14日、湖北省宜昌市で行われたカラチョウザメ放流イベントで、特製担架でカラチョウザメを運ぶスタッフ。2018年長江三峡カラチョウザメ放流イベントが14日、中国湖北省宜昌市で行われ、人工繁殖したカラチョウザメ500匹が長江に放流された。(宜昌=新華社記者/王自宸)=2018(平成30)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700508

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格国家級自然保護区で保護されたアネハヅル。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800689

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地に飛来し群れをなすソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800636

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地のソデグロヅルの群れ(小型無人機で撮影)。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800680

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地に戯れるソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800633

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、保護された一羽のマナヅルのケージを掃除する莫莫格国家級自然保護区の作業スタッフ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800737

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格国家級自然保護区の人工繁殖区でふ化した11日経ったタンチョウヅルのひな。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800677

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地に飛来し群れをなすソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800637

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地の上空を飛ぶソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800732

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地の上空を飛ぶソデグロヅル。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800736

  • 2018年06月28日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センター内の人工飼育舎で暮らす雄のカラニジキジ。(6月28日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400436

  • 2018年06月28日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川省宝興県の山中にある四川蜂桶寨国家級自然保護区。(6月28日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400416

  • 2018年06月28日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センター内の人工飼育舎で暮らす雄(右)と雌のカラニジキジ。(6月28日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400411

  • 2018年06月28日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターで今年ふ化に成功したカラニジキジのひな。(6月28日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400386

  • 2018年06月29日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターで今年ふ化に成功したカラニジキジのひな。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400412

  • 2018年06月29日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターでカラニジキジに餌を与える飼育員。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400387

  • 2018年06月29日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センター内の人工飼育舎で餌を食べる雄のカラニジキジ。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400383

  • 2018年06月29日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターで餌を食べる今年ふ化に成功したカラニジキジのひな。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400432

  • 2018年06月29日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターで今年ふ化に成功したカラニジキジのひな。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400381

  • 2018年06月29日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センター内の人工飼育舎で餌を食べる雄のカラニジキジ。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400384

  • 2018年06月29日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターの飼育舎で餌を食べるカラニジキジ。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400377

  • 2018年07月11日
    トキの幼鳥8羽を初公開広東省

    11日、水遊びをするトキの幼鳥。中国広東省広州市の長隆飛鳥楽園は11日、今年生まれたトキの幼鳥8羽を初めて公開した。長隆華南希少野生動物種保護センターでは2011年からトキの人工繁殖に取り組み、これまでに150羽以上の繁殖に成功している。(広州=新華社記者/黄国保)=2018(平成30)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071300382

  • 2018年07月11日
    トキの幼鳥8羽を初公開広東省

    11日、水遊びをするトキの幼鳥。中国広東省広州市の長隆飛鳥楽園は11日、今年生まれたトキの幼鳥8羽を初めて公開した。長隆華南希少野生動物種保護センターでは2011年からトキの人工繁殖に取り組み、これまでに150羽以上の繁殖に成功している。(広州=新華社記者/黄国保)=2018(平成30)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071300397

  • 2018年07月11日
    トキの幼鳥8羽を初公開広東省

    11日、歩き回るトキの幼鳥。中国広東省広州市の長隆飛鳥楽園は11日、今年生まれたトキの幼鳥8羽を初めて公開した。長隆華南希少野生動物種保護センターでは2011年からトキの人工繁殖に取り組み、これまでに150羽以上の繁殖に成功している。(広州=新華社記者/黄国保)=2018(平成30)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071300420

  • 2018年07月31日
    カラチョウザメ研究所、保護に尽力湖北省宜昌

    7月31日、人工繁殖されたカラチョウザメ。中国湖北省宜昌市にある中国三峡集団カラチョウザメ研究所は、継続的な増殖と放流により、30年余りにわたってカラチョウザメの種の存続を支えてきた。1984年にカラチョウザメの放流を始めてから今に至るまで、さまざまな大きさのカラチョウザメ500万匹余りを長江に放流している。(宜昌=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200416

  • 2018年07月31日
    カラチョウザメ研究所、保護に尽力湖北省宜昌

    7月31日、カラチョウザメ研究所の実験室で作業する研究員。中国湖北省宜昌市にある中国三峡集団カラチョウザメ研究所は、継続的な増殖と放流により、30年余りにわたってカラチョウザメの種の存続を支えてきた。1984年にカラチョウザメの放流を始めてから今に至るまで、さまざまな大きさのカラチョウザメ500万匹余りを長江に放流している。(宜昌=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200420

  • 2018年07月31日
    カラチョウザメ研究所、保護に尽力湖北省宜昌

    7月31日、カラチョウザメ研究所の実験室で作業する研究員。中国湖北省宜昌市にある中国三峡集団カラチョウザメ研究所は、継続的な増殖と放流により、30年余りにわたってカラチョウザメの種の存続を支えてきた。1984年にカラチョウザメの放流を始めてから今に至るまで、さまざまな大きさのカラチョウザメ500万匹余りを長江に放流している。(宜昌=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200424

  • 2018年07月31日
    カラチョウザメ研究所、保護に尽力湖北省宜昌

    7月31日、人工繁殖されたカラチョウザメ。中国湖北省宜昌市にある中国三峡集団カラチョウザメ研究所は、継続的な増殖と放流により、30年余りにわたってカラチョウザメの種の存続を支えてきた。1984年にカラチョウザメの放流を始めてから今に至るまで、さまざまな大きさのカラチョウザメ500万匹余りを長江に放流している。(宜昌=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200398

  • 07:52.84
    2018年09月02日
    「新華社」ダブリーチョウザメ、3世代目の人工繁殖に成功

    中国の科学研究部門が共同で取り組む「ダブリーチョウザメ(Acipenserdabryanus)の3世代目の繁殖に関する研究」が9月2日、専門家チームの現地での検証を終えた。これにより中国は、同種の全人工繁殖で新たな段階に入り、今後の野生個体群の回復と将来的な保護の点で大きな意味を持つ。湖北省荊州(けいしゅう)市にある中国農業部中華鱘(カラチョウザメ)保育・増殖放流センターでは、専門家チームの調査により、ダブリーチョウザメの3世代目人工繁殖が、厳密な技術、完全な資料、信頼できるデータであると結論付けられた。3世代目の人工繁殖成功は、同種の他の地域での保護と繁殖における画期的な成果であり、持続可能な人工個体群の構築と個体の人工保護の成功を示しており、今後の野生個体群の回復と将来的な保護・活用の基礎となるだろう。ダブリーチョウザメは、中国国家一級重点保護野生動物であり、国際自然保護連合のレッドリスト(絶滅危惧種)に収録されている。20世紀半ば以降、過剰な捕獲などの人間活動の影響で、野生種の数は著しく減少し、現在、絶滅の危機に瀕している。この希少な固有種を危険な状態から救い、保護するため、中国の研究機関は1970年代から野生資源特別調査、人工繁殖、他の地域での繁殖などを開始し、人工繁殖、模倣生態環境での自然繁殖を相次いで成功させてきた。今年4月、中国水産科学研究院長江水産研究所と四川省宜賓珍稀水生動物研究所の共同研究チームが初めて、3世代目の人工繁殖に成功し、その稚魚6万匹余りがふ化した。同長江水産研究所によると、次の段階は、野生のダブリーチョウザメの個体群の回復に重点を置きつつ、「人工繁殖国家重点保護野生水生動物リスト」に収録されるよう働きかけ、大規模な繁殖と合理的な活用をしていくという。(記者/余国慶、王斯班)<映像内容>ダブリーチョウザメ研究の様子、撮影日:2018(平成30)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090722062

  • 2018年10月26日
    放流する児童ら 「アユモドキを守れ」

    人工繁殖したアユモドキの稚魚を岡山市内のビオトープの池に放流する児童ら

    商品コード: 2018102624236

  • 2018年11月05日
    Artificial breeding island for common terns

    05 November 2018, Brandenburg, Havelaue: Fischer Wolfgang Schröder attaches an artificial breeding island for common terns to the weir in Strodehne. The raft is filled with sand and gravel and is supposed to offer sea swallows on the Gülper lake as breeding island ideal conditions for nesting. Photo: Bernd Settnik/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110719747

  • 2018年11月05日
    Artificial breeding island for common terns

    05 November 2018, Brandenburg, Havelaue: Fischer Wolfgang Schröder attaches an artificial breeding island for common terns to the weir in Strodehne. The raft is filled with sand and gravel and is supposed to offer sea swallows on the Gülper lake as breeding island ideal conditions for nesting. Photo: Bernd Settnik/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110720750

  • 2018年11月05日
    Artificial breeding island for common terns

    05 November 2018, Brandenburg, Havelaue: Fischer Wolfgang Schröder (r-l) stands with Jörg Vogelsänger (SPD), Minister of Agriculture of Brandenburg, and Leif Miller, Managing Director of NABU, at the weir in Strodehne on an artificial breeding island for common terns. The raft is filled with sand and gravel and is supposed to offer sea swallows on the Gülper lake as breeding island ideal conditions for nesting. Photo: Bernd Settnik/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110720780

  • 2018年11月05日
    Artificial breeding island for common terns

    05 November 2018, Brandenburg, Havelaue: An artificial breeding island for common terns is located at the weir in the district of Strodehne. The raft is filled with sand and gravel and is supposed to offer sea swallows on the Gülper lake as breeding island ideal conditions for nesting. Photo: Bernd Settnik/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110627241

  • 2018年11月05日
    Artificial breeding island for common terns

    05 November 2018, Brandenburg, Havelaue: An artificial breeding island for common terns is located at the weir in the district of Strodehne. The raft is filled with sand and gravel and is supposed to offer sea swallows on the Gülper lake as breeding island ideal conditions for nesting. Photo: Bernd Settnik/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110627527

  • 2018年11月27日
    「パンダ記者」と「萌えパンダ」の心温まるストーリー

    世界自然保護基金(WWF)が日本語で出版したパンダ写真集の裏表紙に掲載されている若いころの金勗琪さんの写真(左)。同書には金さんが撮影したパンダの写真が数多く使われている。(11月27日撮影)ジャイアントパンダは古くから存在し、世界中の人々に愛されている動物だ。40年前、カメラを肩に掛け、このジャイアントパンダと触れ合いながら6年間過ごした女性がいる。現在84歳になる彼女は、1千枚以上に及ぶパンダの写真を発表し、世界中の読者に紹介したことから、中国や海外の人々から親しみを込めて「パンダ記者」と呼ばれている。彼女の名前は金勗琪(きん・きょくき)。新華社の初代パンダ担当記者だ。金さんは1952年に四川大学中国語文学科に入学。卒業後は新華社に入り、四川支社に配属された。記者生活において、6年以上にわたってパンダとの交流を重ね、四川省西部の高山密林地帯に分け入り、パンダの生息環境や生活、習性、生育・繁殖状況、人間による保護・研究を記録、報道し、1千枚以上に及ぶ写真を撮った。金さんはしばしば、山間の営林場に入って20日余り滞在していた。科学研究スタッフと共に野生のパンダを追跡し、パンダの人工繁殖や飼育の進展に注目した。金さんは当時を振り返り「子どもと過ごす時間より、パンダを撮影する時間の方が長かった」と懐かしそうに語った。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022350

  • 2018年11月27日
    「パンダ記者」と「萌えパンダ」の心温まるストーリー

    27日、自ら撮影したパンダの写真集を見る金勗琪さん。ジャイアントパンダは古くから存在し、世界中の人々に愛されている動物だ。40年前、カメラを肩に掛け、このジャイアントパンダと触れ合いながら6年間過ごした女性がいる。現在84歳になる彼女は、1千枚以上に及ぶパンダの写真を発表し、世界中の読者に紹介したことから、中国や海外の人々から親しみを込めて「パンダ記者」と呼ばれている。彼女の名前は金勗琪(きん・きょくき)。新華社の初代パンダ担当記者だ。金さんは1952年に四川大学中国語文学科に入学。卒業後は新華社に入り、四川支社に配属された。記者生活において、6年以上にわたってパンダとの交流を重ね、四川省西部の高山密林地帯に分け入り、パンダの生息環境や生活、習性、生育・繁殖状況、人間による保護・研究を記録、報道し、1千枚以上に及ぶ写真を撮った。金さんはしばしば、山間の営林場に入って20日余り滞在していた。科学研究スタッフと共に野生のパンダを追跡し、パンダの人工繁殖や飼育の進展に注目した。金さんは当時を振り返り「子どもと過ごす時間より、パンダを撮影する時間の方が長かった」と懐かしそうに語った。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022315

  • 01:44.64
    2018年11月29日
    「新華社」「パンダ記者」と「萌えパンダ」の心温まるストーリー

    ジャイアントパンダは古くから存在し、世界中の人々に愛されている動物だ。40年前、カメラを肩に掛け、このジャイアントパンダと触れ合いながら6年間過ごした女性がいる。現在84歳になる彼女は、1千枚以上に及ぶパンダの写真を発表し、世界中の読者に紹介したことから、中国や海外の人々から親しみを込めて「パンダ記者」と呼ばれている。彼女の名前は金勗琪(きん・きょくき)。新華社の初代パンダ担当記者だ。金さんは1952年に四川大学中国語文学科に入学。卒業後は新華社に入り、四川支社に配属された。記者生活において、6年以上にわたってパンダとの交流を重ね、四川省西部の高山密林地帯に分け入り、パンダの生息環境や生活、習性、生育・繁殖状況、人間による保護・研究を記録、報道し、1千枚以上に及ぶ写真を撮った。金さんはしばしば、山間の営林場に入って20日余り滞在していた。科学研究スタッフと共に野生のパンダを追跡し、パンダの人工繁殖や飼育の進展に注目した。金さんは当時を振り返り「子どもと過ごす時間より、パンダを撮影する時間の方が長かった」と懐かしそうに語った。(記者/張超群)<映像内容>パンダ記者へインタビューの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113004570

  • 2019年01月10日
    真冬に舞うタンチョウ黒竜江省チチハル市

    10日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、大空を舞うタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区では、人工繁殖されたツル科のタンチョウが氷の上を舞う姿が、多くの観光客を引きつけている。(チチハル=新華社記者/王建威)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624152

  • 2019年01月10日
    真冬に舞うタンチョウ黒竜江省チチハル市

    10日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で「散歩」するタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区では、人工繁殖されたツル科のタンチョウが氷の上を舞う姿が、多くの観光客を引きつけている。(チチハル=新華社記者/王建威)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624158

  • 2019年01月10日
    真冬に舞うタンチョウ黒竜江省チチハル市

    10日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、氷の上を「散歩」するタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区では、人工繁殖されたツル科のタンチョウが氷の上を舞う姿が、多くの観光客を引きつけている。(チチハル=新華社記者/王建威)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624149

  • 2019年01月10日
    真冬に舞うタンチョウ黒竜江省チチハル市

    10日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、氷の上を踊るように歩くタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区では、人工繁殖されたツル科のタンチョウが氷の上を舞う姿が、多くの観光客を引きつけている。(チチハル=新華社記者/王建威)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624154

  • 2019年01月10日
    真冬に舞うタンチョウ黒竜江省チチハル市

    10日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、大空を舞うタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区では、人工繁殖されたツル科のタンチョウが氷の上を舞う姿が、多くの観光客を引きつけている。(チチハル=新華社記者/王建威)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624060

  • 2019年01月10日
    真冬に舞うタンチョウ黒竜江省チチハル市

    10日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、大空を舞うタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区では、人工繁殖されたツル科のタンチョウが氷の上を舞う姿が、多くの観光客を引きつけている。(チチハル=新華社記者/王建威)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624067

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5