KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 説明
  • 平成
  • 置換
  • 記者
  • インプラント
  • スタッフ
  • ニーズ
  • 世界初
  • 中国国際輸入博覧会
  • 人々

「人工関節」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1978年08月14日
    記念切手2種類発売

    (1)「第33回国民体育大会」(長野県)20円記念切手。軟式野球に槍ヶ岳の図柄でグラビア5色刷り(2)「第14回国際整形災害外科学会議」(京都市)50円記念切手。人工関節に整形外科のシンボルマークの図柄でグラビア3色刷り

    商品コード: 2015063000474

  • 1985年06月15日
    稲盛和夫社長 厚生省、京セラ処分で聴聞

    稲盛和夫京セラ社長=1985(昭和60)年6月15日、厚生省(人工関節問題で聴聞)

    商品コード: 1985061500003

  • 1985年06月15日
    厚生省、京セラ処分で聴聞

    未承認セラミック製人工関節類の製造、販売の弁明をする稲盛和夫・京セラ社長(奥右から2人目)ら=1985(昭和60)年6月15日、厚生省

    商品コード: 1985061500002

  • 2002年01月28日
    人工関節 オーダーメード関節を開発

    表面を患者本人の骨で覆った人工関節の部品=28日午後、奈良県橿原市の奈良県立医大

    商品コード: 2002012800161

  • 2012年08月05日
    工場視察する野田首相 首相、成長重視を強調

    人工関節の製造工場を視察する野田首相=5日午後、岡山市(代表撮影)

    商品コード: 2012080500530

  • 2012年08月05日
    説明受ける野田首相 首相、成長重視を強調

    サンプルを手に、人工関節の説明を受ける野田首相=5日午後、岡山市(代表撮影)

    商品コード: 2012080500531

  • 2014年10月24日
    人工関節と竹内教授 培養筋肉で指の動き

    人工関節を手にする竹内昌治東京大教授=24日午後、東京都目黒区の東京大生産技術研究所

    商品コード: 2014102400761

  • 2016年03月04日
    開発した人工関節 抗菌力高めた人工関節

    酸化銀を表面に塗ることで抗菌力を高めた人工関節

    商品コード: 2016030400462

  • 2017年01月20日
    記者会見する病院関係者 人工関節、左右取り違える

    人工関節を取り違えた医療ミスについて記者会見する滋賀県立成人病センターの関係者=20日午後、滋賀県守山市

    商品コード: 2017012000233

  • 2018年11月08日
    輸入博会場から健康の未来を探る

    8日、輸入博の「医療機器・医薬保健」展示ホールで、スタッフがAttuneTKA(人工膝関節全置換術)のインプラント(人工関節)について説明している。中国上海市で開催されている第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)には、世界各地から多くの医療分野の大手企業が出展し、世界最小の心臓ペースメーカーや世界初の新生児向けの磁気共鳴画像(MRI)装置、各種の医薬健康食品といったハイテク医療・健康機器が集まっている。今後はこれらがより多くの人々の健康ニーズを満たすために、サービスを提供していく。(上海=新華社記者/沙達提)=2018(平成30)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111215340

  • 2018年11月08日
    輸入博会場から健康の未来を探る

    8日、輸入博の「医療機器・医薬保健」展示ホールで、AttuneTKA(人工膝関節全置換術)のインプラント(人工関節)について説明するスタッフ。中国上海市で開催されている第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)には、世界各地から多くの医療分野の大手企業が出展し、世界最小の心臓ペースメーカーや世界初の新生児向けの磁気共鳴画像(MRI)装置、各種の医薬健康食品といったハイテク医療・健康機器が集まっている。今後はこれらがより多くの人々の健康ニーズを満たすために、サービスを提供していく。(上海=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111215335

  • 01:36.22
    2019年04月10日
    最新鋭支援ロボットを国内初導入 膝手術で近畿大

    損傷した膝関節を人工関節に置き換える手術の最新鋭支援ロボットを、国内で初導入したと近畿大が10日、発表した。加齢に伴う関節症、リウマチやスポーツによる損傷が対象で、高精度手術により早期社会復帰が可能という。〈映像内容〉近畿大学医学部整形外科学教室の赤木将男(あかぎ・まさお)主任教授による支援ロボットの説明、同教室の墳本一郎(つかもと・いちろう)医学部講師による支援ロボットのデモンストレーション、赤木主任教授(向かって左)らによる質疑応答、近畿大病院の外観、撮影日:2019(平成31)年4月10日、撮影場所:大阪府 近畿大学病院

    商品コード: 2019041100272

  • 2020年02月20日
    大阪冶金興業が3Dプリンターで製造した顎骨再建用固定プレートのサンプル

    大阪冶金興業(大阪市東淀川区)は、3Dプリンターによる顎骨再建用固定プレートの量産を2021年にも始める。日本医療研究開発機構(AMED)の医工連携事業化推進事業の支援を受け開発した。生体組織との結合を高める「骨結合能」を有するチタンデバイスの開発は国内でも初めてで、オーダーメード医療の実現に向け活用が期待される。大阪医科薬科大学や中部大学などと共同で開発した。選択的レーザー溶融法(SLM)による医療デバイスの量産は国内でほとんど例がないという。従来のデバイスは手術時に患部へ合わせ成形しなおす必要があったが、個別に3次元造形することで調整の必要がなくなり、施術時間の短縮につながる。機能性と審美性を兼ねそなえた治療法として実現が期待される。チタン材料は骨適合性が高く拒否反応も出にくいことから、人工関節などに利用されている。大阪冶金興業はチタンなどの金属粉末のガスアトマイズ製造技術を有し、材料開発から金属加工までの一貫体制に強みを持つ。医療関連部品のほか、航空機などの精密部品の製造にも力を入れている。=2020(令和2)年2月20日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031202180

  • 1