KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 安倍首相
  • インフラ
  • トンルン
  • イノベーション
  • 電子商取引
  • 中国福建省
  • 産学協議
  • 中西宏明
  • 刺しゅう
  • 伝統衣装

「人材育成」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
657
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
657
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months playing and bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months playing and bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months is drying with a towel by his mother after bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months is drying with a towel by his mother after bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months playing and bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months playing and bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months playing and bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months playing and bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months playing and bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months playing and bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months playing and bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months playing and bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months playing and bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months playing and bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months playing and bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months playing and bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months playing and bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Indonesia: The prediction of the number of stunted babies increases due to the pandemic

    February 22, 2021, Bekasi, West Java, Indonesia: A boy aged 1 year and 8 months playing and bathing in the residential area of Pondok Gede. At the end of January 2021, President Joko Widodo predicted that the number of babies suffering from stunting would increase due to the Covid-19 pandemic and would make it difficult for the government to reduce the stunting rate. Chronic malnutrition in children in Indonesia will cause serious problems in human resource development in the future. (Credit Image: © Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Kuncoro Widyo Rumpoko/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    研修に参加する原田さん 規制庁職員46%は50歳以上

    原発の中央制御室内を再現したシミュレーター研修に参加する原子力規制庁の原田路子さん=1月、東京都港区

    撮影: 1月、東京都港区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月12日
    就職説明会の様子 学生の原子力離れ深刻

    原発関連企業などが集まる就職説明会=2020年10月、東京都新宿区

    撮影: 2020年10月、東京都新宿区

  • 2021年02月12日
    原子力人材確保に危機感

    主要メーカーの原子力関連業務従業員数の推移

  • 2021年02月12日
    原子力人材確保に危機感

    主要メーカーの原子力関連業務従業員数の推移

  • 2021年02月03日
    現場支える人材育成課題

    中間支援組織のイメージ

  • 2021年02月03日
    現場支える人材育成課題

    中間支援組織のイメージ

  • 2020年12月16日
    (3)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県の「e裳小鎮胡春青漢服ワークステーション」で、展示されている漢服を整える胡春青さん。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校(中等専業学校)と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (4)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県大集鎮にある胡春青さんの作業場で、漢服の縫製作業をする従業員。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校(中等専業学校)と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (9)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県にある職業教育中等専門学校(中等専業学校)の実習拠点で、生徒にお辞儀の仕方を教える胡春青さん(右)。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (11)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県にある職業教育中等専門学校(中等専業学校)の実習拠点で、撮影前に生徒の髪飾りを整える胡春青さん(右)と妻の孟暁霞さん。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (10)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県にある職業教育中等専門学校(中等専業学校)の実習拠点で、スタジオで撮影中の生徒にアドバイスをする胡春青さん(左)。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (6)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県大集鎮の作業場で、漢服の縫製作業をする従業員と打ち合わせをする胡春青さん(左)。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校(中等専業学校)と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年ct月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (2)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県の「e裳小鎮胡春青漢服ワークステーション」で、展示されている漢服を整える胡春青さん。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校(中等専業学校)と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (1)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県にある職業教育中等専門学校(中等専業学校)の実習拠点で、サンプルデザインの打ち合わせをする胡春青さん(左)と従業員。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (7)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県大集鎮の作業場で、ビデオチャットで顧客とやり取りする胡春青さん。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校(中等専業学校)と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (8)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県にある職業教育中等専門学校(中等専業学校)の実習拠点で、ライブ配信で漢服を販売する生徒。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (5)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県大集鎮にある胡春青さん(右から2人目)の作業場で、減税とコスト削減に関する優遇政策について説明する曹県税務局の職員。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校(中等専業学校)と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    福井工大とJAXAが月探査衛星の地上局開発に取り組み

    福井工業大学は15日、口径16・5メートルのパラボラアンテナを整備し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と月探査用衛星の地上局開発に取り組むと発表した。JAXAが2021年11月に宇宙に送る深宇宙探査の超小型人工衛星「エクレウス」を使い技術を確立する。月軌道衛星用の地上局は民間では国内初で、海外でも珍しい。将来は国内外の利用、大学の宇宙人材育成の強化につなげる。同大学の運営法人が10億円強を投じ、22年夏ごろに福井工大あわらキャンパス(福井県あわら市)にパラボラアンテナを整備する。地球から44万キロメートル離れた月軌道付近にあるJAXA衛星とのマイクロ波周波数「X帯」での受信、送信、軌道決定支援の3機能を確立させる。JAXA保有のアンテナを主に、福井工大の地上局がサブの役割を担う。併せて口径3・7メートルのパラボラアンテナを国の補助金などを活用して整備。地球軌道衛星の運用基地とする。福井工大は03年から自前の口径10メートルのパラボラアンテナで衛星データ利用を研究。文部科学省の採択事業で独自の超小型衛星を21年度に宇宙に送る計画も進めている。写真は会見する福井工大の掛下知行学長(左から3人目)とオンライン参加のJAXA研究者。=2020(令和2)年12月15日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (3)若手書道家を育み続ける「中国書道の里」貴州省印江

    書道大会に臨む印江第一中学の生徒たち。(資料写真)中国貴州省銅仁市印江トゥチャ族ミャオ族自治県はここ数年、自治県内の全ての小中高校で書道の授業を開設し、各種書道の学習グループを設立。継続的な人材育成により、自治県内の学校から実力のある若手書道家を輩出してきた。児童生徒の中には、全国レベルの大会で入賞した者もいるという。同自治県は2011年、中国書法家協会から「中国書道の里」の称号を授与されている。(貴陽=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (2)若手書道家を育み続ける「中国書道の里」貴州省印江

    印江第一中学で、生徒に書道を教える印江県書法協会の汪定強(おう・ていきょう)主席。(資料写真)中国貴州省銅仁市印江トゥチャ族ミャオ族自治県はここ数年、自治県内の全ての小中高校で書道の授業を開設し、各種書道の学習グループを設立。継続的な人材育成により、自治県内の学校から実力のある若手書道家を輩出してきた。児童生徒の中には、全国レベルの大会で入賞した者もいるという。同自治県は2011年、中国書法家協会から「中国書道の里」の称号を授与されている。(貴陽=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (4)若手書道家を育み続ける「中国書道の里」貴州省印江

    書道イベントに参加する印江中学の生徒たち。(資料写真)中国貴州省銅仁市印江トゥチャ族ミャオ族自治県はここ数年、自治県内の全ての小中高校で書道の授業を開設し、各種書道の学習グループを設立。継続的な人材育成により、自治県内の学校から実力のある若手書道家を輩出してきた。児童生徒の中には、全国レベルの大会で入賞した者もいるという。同自治県は2011年、中国書法家協会から「中国書道の里」の称号を授与されている。(貴陽=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (1)若手書道家を育み続ける「中国書道の里」貴州省印江

    書道作品を披露する印江第二中学の教師と生徒。(資料写真)中国貴州省銅仁市印江トゥチャ族ミャオ族自治県はここ数年、自治県内の全ての小中高校で書道の授業を開設し、各種書道の学習グループを設立。継続的な人材育成により、自治県内の学校から実力のある若手書道家を輩出してきた。児童生徒の中には、全国レベルの大会で入賞した者もいるという。同自治県は2011年、中国書法家協会から「中国書道の里」の称号を授与されている。(貴陽=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    若手書道家を育み続ける「中国書道の里」貴州省印江

    地元の書道教室で学ぶ子どもたち。(資料写真)中国貴州省銅仁市印江トゥチャ族ミャオ族自治県はここ数年、自治県内の全ての小中高校で書道の授業を開設し、各種書道の学習グループを設立。継続的な人材育成により、自治県内の学校から実力のある若手書道家を輩出してきた。児童生徒の中には、全国レベルの大会で入賞した者もいるという。同自治県は2011年、中国書法家協会から「中国書道の里」の称号を授与されている。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    油絵がもたらす美しい新生活江西省黎川県

    4日、黎川県油絵クリエイティブ産業パークで絵を描く学生。中国江西省撫州市黎川県はここ数年、地元の優れた人材資源を生かし、油絵産業の発展に注力している。11月末現在、同県油絵クリエイティブ産業パークには画家約500人、企業41社が入居しており、生産や販売、人材育成など幅広い分野を手がけている。同県の油絵製品は欧米や東南アジアなどの20余りの国・地域に輸出され、年間生産額は3億元(1元=約16円)以上となっている。(撫州=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    油絵がもたらす美しい新生活江西省黎川県

    4日、黎川県内にある油絵が描かれた通りを歩く観光客。中国江西省撫州市黎川県はここ数年、地元の優れた人材資源を生かし、油絵産業の発展に注力している。11月末現在、同県油絵クリエイティブ産業パークには画家約500人、企業41社が入居しており、生産や販売、人材育成など幅広い分野を手がけている。同県の油絵製品は欧米や東南アジアなどの20余りの国・地域に輸出され、年間生産額は3億元(1元=約16円)以上となっている。(撫州=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    油絵がもたらす美しい新生活江西省黎川県

    4日、黎川油絵陶磁器交易センターのホール。中国江西省撫州市黎川県はここ数年、地元の優れた人材資源を生かし、油絵産業の発展に注力している。11月末現在、同県油絵クリエイティブ産業パークには画家約500人、企業41社が入居しており、生産や販売、人材育成など幅広い分野を手がけている。同県の油絵製品は欧米や東南アジアなどの20余りの国・地域に輸出され、年間生産額は3億元(1元=約16円)以上となっている。(撫州=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    油絵がもたらす美しい新生活江西省黎川県

    4日、黎川油絵陶磁器交易センターで、インターネットを通じて油絵を販売するスタッフ。中国江西省撫州市黎川県はここ数年、地元の優れた人材資源を生かし、油絵産業の発展に注力している。11月末現在、同県油絵クリエイティブ産業パークには画家約500人、企業41社が入居しており、生産や販売、人材育成など幅広い分野を手がけている。同県の油絵製品は欧米や東南アジアなどの20余りの国・地域に輸出され、年間生産額は3億元(1元=約16円)以上となっている。(撫州=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    油絵がもたらす美しい新生活江西省黎川県

    4日、黎川県油絵クリエイティブ産業パークで、油絵について話し合う画家。中国江西省撫州市黎川県はここ数年、地元の優れた人材資源を生かし、油絵産業の発展に注力している。11月末現在、同県油絵クリエイティブ産業パークには画家約500人、企業41社が入居しており、生産や販売、人材育成など幅広い分野を手がけている。同県の油絵製品は欧米や東南アジアなどの20余りの国・地域に輸出され、年間生産額は3億元(1元=約16円)以上となっている。(撫州=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    油絵がもたらす美しい新生活江西省黎川県

    4日、黎川県油絵クリエイティブ産業パークで販売されている油絵を見る客。中国江西省撫州市黎川県はここ数年、地元の優れた人材資源を生かし、油絵産業の発展に注力している。11月末現在、同県油絵クリエイティブ産業パークには画家約500人、企業41社が入居しており、生産や販売、人材育成など幅広い分野を手がけている。同県の油絵製品は欧米や東南アジアなどの20余りの国・地域に輸出され、年間生産額は3億元(1元=約16円)以上となっている。(撫州=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    油絵がもたらす美しい新生活江西省黎川県

    4日、黎川県内の村で、壁に絵を描く画家。中国江西省撫州市黎川県はここ数年、地元の優れた人材資源を生かし、油絵産業の発展に注力している。11月末現在、同県油絵クリエイティブ産業パークには画家約500人、企業41社が入居しており、生産や販売、人材育成など幅広い分野を手がけている。同県の油絵製品は欧米や東南アジアなどの20余りの国・地域に輸出され、年間生産額は3億元(1元=約16円)以上となっている。(撫州=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    油絵がもたらす美しい新生活江西省黎川県

    4日、黎川県油絵クリエイティブ産業パークで油絵を制作する画家。中国江西省撫州市黎川県はここ数年、地元の優れた人材資源を生かし、油絵産業の発展に注力している。11月末現在、同県油絵クリエイティブ産業パークには画家約500人、企業41社が入居しており、生産や販売、人材育成など幅広い分野を手がけている。同県の油絵製品は欧米や東南アジアなどの20余りの国・地域に輸出され、年間生産額は3億元(1元=約16円)以上となっている。(撫州=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    油絵がもたらす美しい新生活江西省黎川県

    4日、黎川県油絵クリエイティブ産業パークで研修を受ける学生。中国江西省撫州市黎川県はここ数年、地元の優れた人材資源を生かし、油絵産業の発展に注力している。11月末現在、同県油絵クリエイティブ産業パークには画家約500人、企業41社が入居しており、生産や販売、人材育成など幅広い分野を手がけている。同県の油絵製品は欧米や東南アジアなどの20余りの国・地域に輸出され、年間生産額は3億元(1元=約16円)以上となっている。(撫州=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    国家文物局と北京大、中華文明国家文物遺伝子バンク創設へ

    26日、中国国家文物局と北京大学による戦略的協力協定の締結式の会場。中国国家文物局と北京大学は26日、人材育成や科学研究、シンクタンクサービスなどでの協力を深化させる戦略協力協定に調印した。両者は今後、中華文明国家文物遺伝子バンクと中国文物博物館学院、国家文物局考古研究センターを共同で設立し、中国の文化財・博物館事業の発展を支援する。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    国家文物局と北京大、中華文明国家文物遺伝子バンク創設へ

    26日、中国国家文物局と北京大学による戦略的協力協定の締結式の様子。中国国家文物局と北京大学は26日、人材育成や科学研究、シンクタンクサービスなどでの協力を深化させる戦略協力協定に調印した。両者は今後、中華文明国家文物遺伝子バンクと中国文物博物館学院、国家文物局考古研究センターを共同で設立し、中国の文化財・博物館事業の発展を支援する。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    Alibaba Group Customer Experience Talent Training Base In Chongq Alibaba Group Customer Experience Talent Training Base In Chongq

    Happy Teachers and students, Chongqing, China, November 24, 2020. Chongqing City Vocational College, Alibaba (China) Education Technology Co., LTD., “Customer experience talent training Base“, a teacher from Alibaba gives students theoretical and practical lessons.=2020(令和2)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月24日
    Alibaba Group Customer Experience Talent Training Base In Chongq Alibaba Group Customer Experience Talent Training Base In Chongq

    An Alibaba teacher instructs students on matters to be noted during a practical operation class at a customer experience talent training base in Chongqing, China, November 24, 2020. Chongqing City Vocational College, Alibaba (China) Education Technology Co., LTD., “Customer experience talent training Base“, a teacher from Alibaba gives students theoretical and practical lessons.=2020(令和2)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月24日
    Alibaba Group Customer Experience Talent Training Base In Chongq Alibaba Group Customer Experience Talent Training Base In Chongq

    An Alibaba teacher instructs students on matters to be noted during a practical operation class at a customer experience talent training base in Chongqing, China, November 24, 2020. Chongqing City Vocational College, Alibaba (China) Education Technology Co., LTD., “Customer experience talent training Base“, a teacher from Alibaba gives students theoretical and practical lessons.=2020(令和2)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月24日
    Alibaba Group Customer Experience Talent Training Base In Chongq Alibaba Group Customer Experience Talent Training Base In Chongq

    Customer experience Talent Training Base practice Course, Chongqing, China, 24 November 2020. Chongqing City Vocational College, Alibaba (China) Education Technology Co., LTD., “Customer experience talent training Base“, a teacher from Alibaba gives students theoretical and practical lessons.=2020(令和2)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月24日
    Alibaba Group Customer Experience Talent Training Base In Chongq Alibaba Group Customer Experience Talent Training Base In Chongq

    An Alibaba teacher gives a lecture to students at the theory class of customer Experience Talent Training Base in Chongqing, China, November 24, 2020. Chongqing City Vocational College, Alibaba (China) Education Technology Co., LTD., “Customer experience talent training Base“, a teacher from Alibaba gives students theoretical and practical lessons.=2020(令和2)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月24日
    Alibaba Group Customer Experience Talent Training Base In Chongq Alibaba Group Customer Experience Talent Training Base In Chongq

    An Alibaba teacher gives a lecture to students at the theory class of customer Experience Talent Training Base in Chongqing, China, November 24, 2020. Chongqing City Vocational College, Alibaba (China) Education Technology Co., LTD., “Customer experience talent training Base“, a teacher from Alibaba gives students theoretical and practical lessons.=2020(令和2)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 00:42.76
    2020年11月17日
    「新華社」電子商取引で活気づく「石炭の町」黒竜江省双鴨山市

    中国東北部の重要な石炭生産拠点となっている黒竜江省双鴨山市ではここ数年、電子商取引(EC)を積極的に発展させるなどして都市振興の新たな道を模索している。同市は電子商務発展サービスセンターを設置し、ECイノベーション・起業支援センターに入居した起業者が家賃免除や財政補助、人材育成、運営から販売促進まで一貫したサービスを受けられるようにした。市内の宅配便取扱量は今年第1~3四半期(1~9月)に前年同期比46・6%増の399万8500個に達した。(記者/孫暁宇)<映像内容>黒竜江省双鴨山市のECの発展、撮影の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(前列左から1人目と2人目)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(左から3人目)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(右)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(左)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(左から3人目)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(左)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    中国企業が開発した無人飛行機、ソウルで試験飛行

    11日、ソウル市汝矣島漢江(ハンガン)公園上空を飛行する「億航(イーハン)216」。韓国ソウル市汝矣島(ヨイド)上空で11日、「空飛ぶタクシー」の試験飛行が行われ、中国の億航智能技術が開発した無人飛行機が参加した。今回の試験飛行はソウル市と韓国国土交通省が共同で開催。空中自動運転の飛行技術を検証し、関連分野の専門人材育成や次世代の環境配慮型航空交通の発展・普及を促すことを目的としている。(ソウル=新華社記者/王婧嬙)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    中国企業が開発した無人飛行機、ソウルで試験飛行

    11日、ソウル市汝矣島漢江(ハンガン)公園上空を飛行する「億航(イーハン)216」。韓国ソウル市汝矣島(ヨイド)上空で11日、「空飛ぶタクシー」の試験飛行が行われ、中国の億航智能技術が開発した無人飛行機が参加した。今回の試験飛行はソウル市と韓国国土交通省が共同で開催。空中自動運転の飛行技術を検証し、関連分野の専門人材育成や次世代の環境配慮型航空交通の発展・普及を促すことを目的としている。(ソウル=新華社記者/王婧嬙)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    中国企業が開発した無人飛行機、ソウルで試験飛行

    11日、ソウル市汝矣島漢江(ハンガン)公園に駐機する中国の億航智能技術が開発した自律飛行型ドローン「億航(イーハン)216」。韓国ソウル市汝矣島(ヨイド)上空で11日、「空飛ぶタクシー」の試験飛行が行われ、中国の億航智能技術が開発した無人飛行機が参加した。今回の試験飛行はソウル市と韓国国土交通省が共同で開催。空中自動運転の飛行技術を検証し、関連分野の専門人材育成や次世代の環境配慮型航空交通の発展・普及を促すことを目的としている。(ソウル=新華社記者/王婧嬙)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    中国企業が開発した無人飛行機、ソウルで試験飛行

    11日、ソウル市汝矣島漢江(ハンガン)公園上空を飛行する「億航(イーハン)216」。韓国ソウル市汝矣島(ヨイド)上空で11日、「空飛ぶタクシー」の試験飛行が行われ、中国の億航智能技術が開発した無人飛行機が参加した。今回の試験飛行はソウル市と韓国国土交通省が共同で開催。空中自動運転の飛行技術を検証し、関連分野の専門人材育成や次世代の環境配慮型航空交通の発展・普及を促すことを目的としている。(ソウル=新華社記者/王婧嬙)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    中国企業が開発した無人飛行機、ソウルで試験飛行

    11日、ソウル市汝矣島漢江(ハンガン)公園を離陸した「億航(イーハン)216」。韓国ソウル市汝矣島(ヨイド)上空で11日、「空飛ぶタクシー」の試験飛行が行われ、中国の億航智能技術が開発した無人飛行機が参加した。今回の試験飛行はソウル市と韓国国土交通省が共同で開催。空中自動運転の飛行技術を検証し、関連分野の専門人材育成や次世代の環境配慮型航空交通の発展・普及を促すことを目的としている。(ソウル=新華社記者/王婧嬙)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    電子商取引で活気づく「石炭の町」黒竜江省双鴨山市

    11日、双鴨山市の「松鼠兜兜」社区(コミュニティー)ECプラットフォームで、発売予定の果物を撮影するスタッフ。中国東北部の重要な石炭生産拠点となっている黒竜江省双鴨山市ではここ数年、電子商取引(EC)を積極的に発展させるなどして都市振興の新たな道を模索している。同市は電子商務発展サービスセンターを設置し、ECイノベーション・起業支援センターに入居した起業者が家賃免除や財政補助、人材育成、運営から販売促進まで一貫したサービスを受けられるようにした。市内の宅配便取扱量は今年第1~3四半期(1~9月)に前年同期比46・6%増の399万8500個に達した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    中国企業が開発した無人飛行機、ソウルで試験飛行

    11日、ソウル市汝矣島漢江(ハンガン)公園上空を飛行する「億航(イーハン)216」。韓国ソウル市汝矣島(ヨイド)上空で11日、「空飛ぶタクシー」の試験飛行が行われ、中国の億航智能技術が開発した無人飛行機が参加した。今回の試験飛行はソウル市と韓国国土交通省が共同で開催。空中自動運転の飛行技術を検証し、関連分野の専門人材育成や次世代の環境配慮型航空交通の発展・普及を促すことを目的としている。(ソウル=新華社記者/王婧嬙)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    中国企業が開発した無人飛行機、ソウルで試験飛行

    11日、ソウル市汝矣島漢江(ハンガン)公園で試験飛行を終えてゆっくり着陸する「億航(イーハン)216」。韓国ソウル市汝矣島(ヨイド)上空で11日、「空飛ぶタクシー」の試験飛行が行われ、中国の億航智能技術が開発した無人飛行機が参加した。今回の試験飛行はソウル市と韓国国土交通省が共同で開催。空中自動運転の飛行技術を検証し、関連分野の専門人材育成や次世代の環境配慮型航空交通の発展・普及を促すことを目的としている。(ソウル=新華社記者/王婧嬙)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    中国企業が開発した無人飛行機、ソウルで試験飛行

    11日、ソウル市汝矣島漢江(ハンガン)公園で、「億航(イーハン)216」の飛行を準備する技術スタッフ。韓国ソウル市汝矣島(ヨイド)上空で11日、「空飛ぶタクシー」の試験飛行が行われ、中国の億航智能技術が開発した無人飛行機が参加した。今回の試験飛行はソウル市と韓国国土交通省が共同で開催。空中自動運転の飛行技術を検証し、関連分野の専門人材育成や次世代の環境配慮型航空交通の発展・普及を促すことを目的としている。(ソウル=新華社記者/王婧嬙)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    中国企業が開発した無人飛行機、ソウルで試験飛行

    11日、ソウル市汝矣島漢江(ハンガン)公園上空を飛行する「億航(イーハン)216」。韓国ソウル市汝矣島(ヨイド)上空で11日、「空飛ぶタクシー」の試験飛行が行われ、中国の億航智能技術が開発した無人飛行機が参加した。今回の試験飛行はソウル市と韓国国土交通省が共同で開催。空中自動運転の飛行技術を検証し、関連分野の専門人材育成や次世代の環境配慮型航空交通の発展・普及を促すことを目的としている。(ソウル=新華社記者/王婧嬙)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    中国企業が開発した無人飛行機、ソウルで試験飛行

    11日、ソウル市汝矣島漢江(ハンガン)公園上空を飛行する「億航(イーハン)216」。韓国ソウル市汝矣島(ヨイド)上空で11日、「空飛ぶタクシー」の試験飛行が行われ、中国の億航智能技術が開発した無人飛行機が参加した。今回の試験飛行はソウル市と韓国国土交通省が共同で開催。空中自動運転の飛行技術を検証し、関連分野の専門人材育成や次世代の環境配慮型航空交通の発展・普及を促すことを目的としている。(ソウル=新華社記者/王婧嬙)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    電子商取引で活気づく「石炭の町」黒竜江省双鴨山市

    10日、双鴨山市の電子商務発展サービスセンターで果物を箱詰めする劉春玲(りゅう・しゅんれい)さん。中国東北部の重要な石炭生産拠点となっている黒竜江省双鴨山市ではここ数年、電子商取引(EC)を積極的に発展させるなどして都市振興の新たな道を模索している。同市は電子商務発展サービスセンターを設置し、ECイノベーション・起業支援センターに入居した起業者が家賃免除や財政補助、人材育成、運営から販売促進まで一貫したサービスを受けられるようにした。市内の宅配便取扱量は今年第1~3四半期(1~9月)に前年同期比46・6%増の399万8500個に達した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    電子商取引で活気づく「石炭の町」黒竜江省双鴨山市

    10日、双鴨山市の電子商務発展サービスセンターでトウモロコシを箱詰めする黒竜江慧聯電子商務の王家麗(おう・かれい)総経理。中国東北部の重要な石炭生産拠点となっている黒竜江省双鴨山市ではここ数年、電子商取引(EC)を積極的に発展させるなどして都市振興の新たな道を模索している。同市は電子商務発展サービスセンターを設置し、ECイノベーション・起業支援センターに入居した起業者が家賃免除や財政補助、人材育成、運営から販売促進まで一貫したサービスを受けられるようにした。市内の宅配便取扱量は今年第1~3四半期(1~9月)に前年同期比46・6%増の399万8500個に達した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    電子商取引で活気づく「石炭の町」黒竜江省双鴨山市

    10日、双鴨山市の「松鼠兜兜」社区(コミュニティー)ECプラットフォームで、広告を制作するスタッフ。中国東北部の重要な石炭生産拠点となっている黒竜江省双鴨山市ではここ数年、電子商取引(EC)を積極的に発展させるなどして都市振興の新たな道を模索している。同市は電子商務発展サービスセンターを設置し、ECイノベーション・起業支援センターに入居した起業者が家賃免除や財政補助、人材育成、運営から販売促進まで一貫したサービスを受けられるようにした。市内の宅配便取扱量は今年第1~3四半期(1~9月)に前年同期比46・6%増の399万8500個に達した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    電子商取引で活気づく「石炭の町」黒竜江省双鴨山市

    10日、双鴨山市の電子商務発展サービスセンターで農業副産物のライブ配信販売を行う牛旭霞(ぎゅう・きょくか)さん。中国東北部の重要な石炭生産拠点となっている黒竜江省双鴨山市ではここ数年、電子商取引(EC)を積極的に発展させるなどして都市振興の新たな道を模索している。同市は電子商務発展サービスセンターを設置し、ECイノベーション・起業支援センターに入居した起業者が家賃免除や財政補助、人材育成、運営から販売促進まで一貫したサービスを受けられるようにした。市内の宅配便取扱量は今年第1~3四半期(1~9月)に前年同期比46・6%増の399万8500個に達した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    電子商取引で活気づく「石炭の町」黒竜江省双鴨山市

    10日、双鴨山市の「松鼠兜兜」社区(コミュニティー)ECプラットフォームで、オンラインショッピングのホームページを見せるスタッフ。中国東北部の重要な石炭生産拠点となっている黒竜江省双鴨山市ではここ数年、電子商取引(EC)を積極的に発展させるなどして都市振興の新たな道を模索している。同市は電子商務発展サービスセンターを設置し、ECイノベーション・起業支援センターに入居した起業者が家賃免除や財政補助、人材育成、運営から販売促進まで一貫したサービスを受けられるようにした。市内の宅配便取扱量は今年第1~3四半期(1~9月)に前年同期比46・6%増の399万8500個に達した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    電子商取引で活気づく「石炭の町」黒竜江省双鴨山市

    10日、双鴨山市の電子商務発展サービスセンターで、海外に輸出するトウモロコシを見せる黒竜江慧聯電子商務の王家麗(おう・かれい)総経理。中国東北部の重要な石炭生産拠点となっている黒竜江省双鴨山市ではここ数年、電子商取引(EC)を積極的に発展させるなどして都市振興の新たな道を模索している。同市は電子商務発展サービスセンターを設置し、ECイノベーション・起業支援センターに入居した起業者が家賃免除や財政補助、人材育成、運営から販売促進まで一貫したサービスを受けられるようにした。市内の宅配便取扱量は今年第1~3四半期(1~9月)に前年同期比46・6%増の399万8500個に達した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    バイオ製造産業(人材)連盟、天津に設立「一帯一路」沿線諸国との協力強化

    7日、天津浜海新区保税区で開かれたバイオ製造産業(人材)連盟設立式の会場。中国天津浜海新区保税区で7日、バイオ製造産業(人材)連盟が設立された。連盟はバイオ製造業分野の人材誘致、サービス提供、人材育成を行うグリーンチャンネルを重点的に構築し、「一帯一路」沿線諸国・地域との越境協力を強化し、科学技術イノベーションを下支え、新興産業の発展を導く国際的モデルを形成するとしている。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    バイオ製造産業(人材)連盟、天津に設立「一帯一路」沿線諸国との協力強化

    7日、天津浜海新区保税区で開かれたバイオ製造産業(人材)連盟設立式の会場。中国天津浜海新区保税区で7日、バイオ製造産業(人材)連盟が設立された。連盟はバイオ製造業分野の人材誘致、サービス提供、人材育成を行うグリーンチャンネルを重点的に構築し、「一帯一路」沿線諸国・地域との越境協力を強化し、科学技術イノベーションを下支え、新興産業の発展を導く国際的モデルを形成するとしている。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月30日
    「一帯一路」沿線の建築系大学、共同で世界的課題に対応

    10月30日、スピーチをする「一帯一路」建築系大学国際連盟主席で、北京建築大学校長の張愛林(ちょう・あいりん)氏。中国の北京建築大学とフランスの工学系高等教育機関「JuniaGrandeecoled'ingenieursが共催した「一帯一路」建築系大学国際連盟2020年総会および学長フォーラムが10月30日、開かれた。12カ国26校の建築系大学から参加した代表者が、会場とオンライン方式を組み合わせ、「一帯一路」沿線諸国の建築系大学間の交流協力を推進するため、文化を越えた新たな人材育成モデルについて話し合った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月30日
    「一帯一路」沿線の建築系大学、共同で世界的課題に対応

    10月30日、北京建築大学で、オンラインを通じて海外の大学責任者による講演を視聴する教員。中国の北京建築大学とフランスの工学系高等教育機関「JuniaGrandeecoled'ingenieursが共催した「一帯一路」建築系大学国際連盟2020年総会および学長フォーラムが10月30日、開かれた。12カ国26校の建築系大学から参加した代表者が、会場とオンライン方式を組み合わせ、「一帯一路」沿線諸国の建築系大学間の交流協力を推進するため、文化を越えた新たな人材育成モデルについて話し合った。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月30日
    「一帯一路」沿線の建築系大学、共同で世界的課題に対応

    10月30日、総会終了後に記念撮影する参加者の代表。中国の北京建築大学とフランスの工学系高等教育機関「JuniaGrandeecoled'ingenieursが共催した「一帯一路」建築系大学国際連盟2020年総会および学長フォーラムが10月30日、開かれた。12カ国26校の建築系大学から参加した代表者が、会場とオンライン方式を組み合わせ、「一帯一路」沿線諸国の建築系大学間の交流協力を推進するため、文化を越えた新たな人材育成モデルについて話し合った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月30日
    「一帯一路」沿線の建築系大学、共同で世界的課題に対応

    10月30日、北京建築大学で開かれた「一帯一路」建築系大学国際連盟2020年総会。中国の北京建築大学とフランスの工学系高等教育機関「JuniaGrandeecoled'ingenieursが共催した「一帯一路」建築系大学国際連盟2020年総会および学長フォーラムが10月30日、開かれた。12カ国26校の建築系大学から参加した代表者が、会場とオンライン方式を組み合わせ、「一帯一路」沿線諸国の建築系大学間の交流協力を推進するため、文化を越えた新たな人材育成モデルについて話し合った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:22.11
    2020年10月01日
    パソナが淡路島で内定式 本社機能移転に向け

    人材派遣大手のパソナグループは1日、兵庫県淡路市で内定式を開いた。パソナは働き方改革や大災害への備えなどを理由に本社機能を東京から淡路島へ段階的に移転しており、神戸市出身の南部靖之代表も執務している。現地での内定式は昨年から実施しており、今年は2021年春入社の約120人が出席した。 内定式はグループ企業が運営する劇場とレストランを併設した施設で開催。南部代表と、パソナグループ会長の竹中平蔵慶応大名誉教授が内定者に講話。南部代表は「君たちはパソナの10、20年後をつくる大切な方々だ」とした上で「人材育成の場としてこの淡路島を選んだ。しっかりとパソナを支えてもらいたい」と内定者を激励した。<映像内容>内定式が行われた会場の外観、内定式の雑観、南部代表のあいさつ、竹中会長のあいさつ、内定者の囲みなど、撮影日:2020(令和2)年10月1日、撮影場所:兵庫県淡路市

    撮影: 2020(令和2)年10月1日

  • 2020年09月22日
    マクドナルド中国、若者の職業訓練事業発表2年で1万人育成へ

    22日、マクドナルド中国の幹部から修了証を受け取った職業訓練コースの卒業生代表。米ファストフード大手マクドナルドの中国法人はこのほど、若者を対象とする人材育成プロジェクト「青年無限量」を広東省深圳市で立ち上げたと発表した。今後2年間で総額1億元(1元=約15円)を投じ、約1万人に実践的な職業訓練を提供していく。(深圳=新華社配信)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月14日
    刺しゅう作業場を開設、イ族女性の増収を後押し四川省布拖県

    14日、布拖県にある移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地(依撒社区)のイ族刺しゅう貧困者支援作業場で、イ族刺しゅうを製作する、夫が出稼ぎに出た後の家庭を守るイ族の女性。中国四川省涼山イ族自治州布拖(ふとう)県にある移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地でこのほど、イ族刺しゅう貧困者支援作業場が運用を開始、イ族女性の刺しゅう人材育成と伝統的衣服や装身具製作の場が誕生した。(布拖県=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月14日
    刺しゅう作業場を開設、イ族女性の増収を後押し四川省布拖県

    14日、布拖県にある移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地(依撒社区)のイ族刺しゅう貧困者支援作業場で、イ族刺しゅうを製作する、夫が出稼ぎに出た後の家庭を守るイ族の女性。中国四川省涼山イ族自治州布拖(ふとう)県にある移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地でこのほど、イ族刺しゅう貧困者支援作業場が運用を開始、イ族女性の刺しゅう人材育成と伝統的衣服や装身具製作の場が誕生した。(布拖県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月14日
    刺しゅう作業場を開設、イ族女性の増収を後押し四川省布拖県

    14日、布拖県にある移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地(依撒社区)のイ族刺しゅう貧困者支援作業場で、イ族刺しゅうを製作する、夫が出稼ぎに出た後の家庭を守るイ族の女性。中国四川省涼山イ族自治州布拖(ふとう)県にある移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地でこのほど、イ族刺しゅう貧困者支援作業場が運用を開始、イ族女性の刺しゅう人材育成と伝統的衣服や装身具製作の場が誕生した。(布拖県=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月14日
    刺しゅう作業場を開設、イ族女性の増収を後押し四川省布拖県

    14日、布拖県にある移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地(依撒社区)のイ族刺しゅう貧困者支援作業場で、イ族の伝統衣装を製作する、夫が出稼ぎに出た後の家庭を守るイ族の女性。中国四川省涼山イ族自治州布拖(ふとう)県にある移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地でこのほど、イ族刺しゅう貧困者支援作業場が運用を開始、イ族女性の刺しゅう人材育成と伝統的衣服や装身具製作の場が誕生した。(布拖県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6