KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 場所
  • 専門家
  • 景観
  • アバター
  • ハエ
  • ヒカリキノコバエ
  • 地下
  • 地底
  • 平成

「仁寿」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
29
( 1 29 件を表示)
  • 1
29
( 1 29 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    江ノ島の神社

    江ノ島神社は仁寿3年(853)慈覚大師により創建されたと伝えられる。日本三大弁財天の一つで、お岩屋と三宮からなる。写真は市寸島比売命を祭る中津宮。=撮影年月日不明、江ノ島、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号24‐17‐0]

    商品コード: 2017080400548

  • 2012年11月06日
    準大手で初 岡三証券が大手証券会社と提携

    覚書締結式に臨んだ田中社長(左)、台湾証券交易所、許仁寿総経理(中)、陳董事長(右)=2012(平成24)年11月6日、台湾・台北市(NNA=共同)

    商品コード: 2012111300401

  • 2016年10月15日
    千葉さなの法要 龍馬の婚約者しのび法要

    千葉さなが亡くなって120年の命日に営まれた法要=15日、東京都練馬区の仁寿院

    商品コード: 2016101500513

  • 2016年10月15日
    骨つぼを納める熊木さん 龍馬の婚約者しのび法要

    千葉さなの骨つぼを熊木家の墓に納める熊木慶忠さん(左)=15日、東京都練馬区の仁寿院

    商品コード: 2016101500514

  • 2018年10月10日
    まるで地底の「魂の木」、洞穴生物の不思議な世界四川省

    10日、「幽簾虫」(ヒカリキノコバエ)による光る玉すだれのような景観。中国四川省成都華希昆虫博物館の科学調査隊は10日、同省眉山(びざん)市仁寿(じんじゅ)県五竜山の洞窟を探検し、深さ400~500メートルの場所で、映画「アバター」に出てくる幻想的な「魂の木」のような幻想的な世界を発見した。発見されたのは、「幽簾虫」と呼ばれる双翅目(そうしもく、ハエ目)に属する昆虫による光る玉すだれのような景観だ。四川省でこうした昆虫の奇観が発見されたのはこれが初めて。成都華希昆虫博物館の趙力(ちょう・りき)館長は、四川の地下の大量の洞窟にはまだ知られていない多くの生物がいるはずだと見ており、今後も洞窟を探検し、観察を続けていくとしている。(眉山=新華社配信)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606907

  • 2018年10月10日
    まるで地底の「魂の木」、洞穴生物の不思議な世界四川省

    10日、「幽簾虫」(ヒカリキノコバエ)による光る玉すだれのような景観。中国四川省成都華希昆虫博物館の科学調査隊は10日、同省眉山(びざん)市仁寿(じんじゅ)県五竜山の洞窟を探検し、深さ400~500メートルの場所で、映画「アバター」に出てくる幻想的な「魂の木」のような幻想的な世界を発見した。発見されたのは、「幽簾虫」と呼ばれる双翅目(そうしもく、ハエ目)に属する昆虫による光る玉すだれのような景観だ。四川省でこうした昆虫の奇観が発見されたのはこれが初めて。成都華希昆虫博物館の趙力(ちょう・りき)館長は、四川の地下の大量の洞窟にはまだ知られていない多くの生物がいるはずだと見ており、今後も洞窟を探検し、観察を続けていくとしている。(眉山=新華社配信)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606903

  • 2018年10月10日
    まるで地底の「魂の木」、洞穴生物の不思議な世界四川省

    10日、洞窟内を苦労して前に進む科学観測員。中国四川省成都華希昆虫博物館の科学調査隊は10日、同省眉山(びざん)市仁寿(じんじゅ)県五竜山の洞窟を探検し、深さ400~500メートルの場所で、映画「アバター」に出てくる幻想的な「魂の木」のような幻想的な世界を発見した。発見されたのは、「幽簾虫」(ヒカリキノコバエ)と呼ばれる双翅目(そうしもく、ハエ目)に属する昆虫による光る玉すだれのような景観だ。四川省でこうした昆虫の奇観が発見されたのはこれが初めて。成都華希昆虫博物館の趙力(ちょう・りき)館長は、四川の地下の大量の洞窟にはまだ知られていない多くの生物がいるはずだと見ており、今後も洞窟を探検し、観察を続けていくとしている。(眉山=新華社配信)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606934

  • 2018年10月10日
    まるで地底の「魂の木」、洞穴生物の不思議な世界四川省

    10日、「幽簾虫」(ヒカリキノコバエ)による光る玉すだれのような景観。中国四川省成都華希昆虫博物館の科学調査隊は10日、同省眉山(びざん)市仁寿(じんじゅ)県五竜山の洞窟を探検し、深さ400~500メートルの場所で、映画「アバター」に出てくる幻想的な「魂の木」のような幻想的な世界を発見した。発見されたのは、「幽簾虫」と呼ばれる双翅目(そうしもく、ハエ目)に属する昆虫による光る玉すだれのような景観だ。四川省でこうした昆虫の奇観が発見されたのはこれが初めて。成都華希昆虫博物館の趙力(ちょう・りき)館長は、四川の地下の大量の洞窟にはまだ知られていない多くの生物がいるはずだと見ており、今後も洞窟を探検し、観察を続けていくとしている。(眉山=新華社配信)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606924

  • 2018年10月10日
    まるで地底の「魂の木」、洞穴生物の不思議な世界四川省

    10日、「幽簾虫」(ヒカリキノコバエ)が生息する洞窟の内部の様子。中国四川省成都華希昆虫博物館の科学調査隊は10日、同省眉山(びざん)市仁寿(じんじゅ)県五竜山の洞窟を探検し、深さ400~500メートルの場所で、映画「アバター」に出てくる幻想的な「魂の木」のような幻想的な世界を発見した。発見されたのは、「幽簾虫」と呼ばれる双翅目(そうしもく、ハエ目)に属する昆虫による光る玉すだれのような景観だ。四川省でこうした昆虫の奇観が発見されたのはこれが初めて。成都華希昆虫博物館の趙力(ちょう・りき)館長は、四川の地下の大量の洞窟にはまだ知られていない多くの生物がいるはずだと見ており、今後も洞窟を探検し、観察を続けていくとしている。(眉山=新華社配信)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606693

  • 2018年10月10日
    まるで地底の「魂の木」、洞穴生物の不思議な世界四川省

    10日、「幽簾虫」(ヒカリキノコバエ)による光る玉すだれのような景観。中国四川省成都華希昆虫博物館の科学調査隊は10日、同省眉山(びざん)市仁寿(じんじゅ)県五竜山の洞窟を探検し、深さ400~500メートルの場所で、映画「アバター」に出てくる幻想的な「魂の木」のような幻想的な世界を発見した。発見されたのは、「幽簾虫」と呼ばれる双翅目(そうしもく、ハエ目)に属する昆虫による光る玉すだれのような景観だ。四川省でこうした昆虫の奇観が発見されたのはこれが初めて。成都華希昆虫博物館の趙力(ちょう・りき)館長は、四川の地下の大量の洞窟にはまだ知られていない多くの生物がいるはずだと見ており、今後も洞窟を探検し、観察を続けていくとしている。(眉山=新華社配信)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606913

  • 2018年10月10日
    まるで地底の「魂の木」、洞穴生物の不思議な世界四川省

    10日、全体が白く、視力が退化していると思われる洞窟性ヤスデ。中国四川省成都華希昆虫博物館の科学調査隊は10日、同省眉山(びざん)市仁寿(じんじゅ)県五竜山の洞窟を探検し、深さ400~500メートルの場所で、映画「アバター」に出てくる幻想的な「魂の木」のような幻想的な世界を発見した。発見されたのは、「幽簾虫」(ヒカリキノコバエ)と呼ばれる双翅目(そうしもく、ハエ目)に属する昆虫による光る玉すだれのような景観だ。四川省でこうした昆虫の奇観が発見されたのはこれが初めて。成都華希昆虫博物館の趙力(ちょう・りき)館長は、四川の地下の大量の洞窟にはまだ知られていない多くの生物がいるはずだと見ており、今後も洞窟を探検し、観察を続けていくとしている。(眉山=新華社配信)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606958

  • 2018年10月10日
    まるで地底の「魂の木」、洞穴生物の不思議な世界四川省

    10日、洞窟内を苦労して前に進む科学観測員。中国四川省成都華希昆虫博物館の科学調査隊は10日、同省眉山(びざん)市仁寿(じんじゅ)県五竜山の洞窟を探検し、深さ400~500メートルの場所で、映画「アバター」に出てくる幻想的な「魂の木」のような幻想的な世界を発見した。発見されたのは、「幽簾虫」(ヒカリキノコバエ)と呼ばれる双翅目(そうしもく、ハエ目)に属する昆虫による光る玉すだれのような景観だ。四川省でこうした昆虫の奇観が発見されたのはこれが初めて。成都華希昆虫博物館の趙力(ちょう・りき)館長は、四川の地下の大量の洞窟にはまだ知られていない多くの生物がいるはずだと見ており、今後も洞窟を探検し、観察を続けていくとしている。(眉山=新華社配信)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606895

  • 01:26.23
    2018年10月15日
    「新華社」まるで地底の「魂の木」、洞穴生物の不思議な世界四川省

    映画「アバター」に出てくる幻想的な「魂の木」がいまだに記憶に新しい人も多いだろう。中国四川省成都華希昆虫博物館の科学調査隊は10日、同省眉山(びざん)市仁寿(じんじゅ)県五竜山の洞窟を探検し、深さ400~500メートルの場所で、[魂の木]のような幻想的な世界を発見した。これは、「幽簾虫」(ヒカリキノコバエ、土ボタルとも)と呼ばれる双翅目(そうしもく、ハエ目)に属する昆虫による光る玉すだれのような景観だ。この「幽簾虫」は非常に湿度の高い洞窟の天井に生息し、幼虫が分泌する長く粘着性のある液体がしずくのように付着する糸が洞窟の天井から垂れ下がり、それが密集してミニ版「魂の木」、あるいはきらきらと輝く水晶の玉すだれのような景観を形成する。「幽簾虫」の他にも、調査隊は洞窟の深さ約300メートルのところで、洞窟性ヤスデを3種類発見した。このうち数が最も多いのが、全身が白く、細長い体形をしたもので、クロアチアの山脈の地下1100メートルの場所で発見され、ギリシャ神話の冥界の神「ハデス」にちなんで「ゲオフィルス・ハデシ(Geophilus hadesi)」と名付けられた猛毒を持つムカデに外観が非常に似ているという。四川省でこうした昆虫の奇観が発見されたのはこれが初めてで、動画が撮影されたのは中国でも初めてだという。(記者/薛晨、李倩薇)<映像内容>洞穴生物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818181

  • 2020年02月07日
    新型肺炎の影響を乗り越え、企業が稼働再開四川省

    7日、信利仁寿高端顕示科技で電子部品を組み立てる作業員。春節(旧正月)休暇が終わり、中国西部の製造業集積地である四川省では、新型コロナウイルスによる肺炎の影響を乗り越え、企業が次々と操業を再開している。(成都=新華社配信/潘建勇)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021800881

  • 2020年02月07日
    新型肺炎の影響を乗り越え、企業が稼働再開四川省

    7日、信利仁寿高端顕示科技の社員食堂。座席間に取り付けられた仕切りガラスには、感染予防に関する注意書きが貼られている。春節(旧正月)休暇が終わり、中国西部の製造業集積地である四川省では、新型コロナウイルスによる肺炎の影響を乗り越え、企業が次々と操業を再開している。(成都=新華社配信/潘建勇)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021800887

  • 2020年02月20日
    政府とボランティア、チベット族女性の困難を救う四川省仁寿県

    2月20日、チンシーさん(左)に新型肺炎感染予防のためのマスクを手渡す村の幹部。中国四川省眉山市の仁寿県曹家鎮高河村に住む40歳のチベット族女性、チンシーさんは先ごろ、自家栽培しているミカンの作柄が良くないことに気付き、農業技術の専門家を訪ねて指導してもらおうと考えたが、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で出かけて行くのは難しかった。すると村の幹部と村民が共に方策を考えてくれ、チンシーさんはこの春、人々の温かさを感じることができた。(眉山=新華社配信/潘建勇)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901012

  • 2020年02月20日
    政府とボランティア、チベット族女性の困難を救う四川省仁寿県

    2月20日、スマートフォンの着信履歴を見せるチンシーさん。漢字の読み書きができないため、相手氏名は登録していないが、彼女は「この人たちはみな自分を手伝ってくれた人だ」と話した。中国四川省眉山市の仁寿県曹家鎮高河村に住む40歳のチベット族女性、チンシーさんは先ごろ、自家栽培しているミカンの作柄が良くないことに気付き、農業技術の専門家を訪ねて指導してもらおうと考えたが、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で出かけて行くのは難しかった。すると村の幹部と村民が共に方策を考えてくれ、チンシーさんはこの春、人々の温かさを感じることができた。(眉山=新華社配信/潘建勇)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004272

  • 2020年02月20日
    政府とボランティア、チベット族女性の困難を救う四川省仁寿県

    2月20日、自宅で子どもの世話をするチンシーさん(左)。中国四川省眉山市の仁寿県曹家鎮高河村に住む40歳のチベット族女性、チンシーさんは先ごろ、自家栽培しているミカンの作柄が良くないことに気付き、農業技術の専門家を訪ねて指導してもらおうと考えたが、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で出かけて行くのは難しかった。すると村の幹部と村民が共に方策を考えてくれ、チンシーさんはこの春、人々の温かさを感じることができた。(眉山=新華社配信/潘建勇)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901014

  • 2020年02月20日
    政府とボランティア、チベット族女性の困難を救う四川省仁寿県

    2月20日、ボランティアと共にミカンを収穫するチンシーさん(右)。中国四川省眉山市の仁寿県曹家鎮高河村に住む40歳のチベット族女性、チンシーさんは先ごろ、自家栽培しているミカンの作柄が良くないことに気付き、農業技術の専門家を訪ねて指導してもらおうと考えたが、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で出かけて行くのは難しかった。すると村の幹部と村民が共に方策を考えてくれ、チンシーさんはこの春、人々の温かさを感じることができた。(眉山=新華社配信/潘建勇)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900872

  • 00:51.88
    2020年06月05日
    「新華社」唐代の摩崖造像、水面に現る四川省仁寿県

    中国四川省仁寿県四新村で黒竜灘ダムを水源とする灌漑農業が行われ、ダムの水位が低下したことから、同村にある唐代の大座仏とその周辺に安置された千仏造像が、水面に姿を現した。唐代に建立された大座仏は座高16メートルで、眉山市の市級文物保護単位に指定されている。ダムの建設に伴い、周辺の石窟とともに水没した。大仏と周辺の摩崖造像(まがいぞうぞう)はともに「四新村千仏岩摩崖造像」と呼ばれ、移動できない文物(不可移動文物)に属する。人物をかたどった像が多く、その姿や形は様々で、計16の仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)、195体の仏像が1万平方メートル余りにわたって分布している。(記者/楊華、劉海)<映像内容>黒竜灘ダムの水位が低下し現れた摩崖造像、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102847

  • 2020年06月16日
    楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省

    四川省仁寿県大仏溝の「世尊説法図」。(資料写真)中国の四川省文物局と重慶市文物局、四川省楽山市人民政府が共催する「雕飾山河‐巴蜀地区の石窟・摩崖(まがい)造像芸術展」が13日、楽山市で開幕した。石窟と摩崖造像(岩壁に掘られた仏像などの彫刻)は中国の重要な文化遺産の一つとされる。中でもかつて「巴蜀」と呼ばれた四川省と重慶市の石窟と摩崖造像を代表とする中国南方地域の石窟と造像は、中国の芸術史で非常に重要な地位を占める。(仁寿=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706228

  • 2020年12月13日
    (27)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    江蘇省揚州市の大明寺境内に立つ棲霊(せいれい)塔。大明寺塔とも呼ばれる。隋文帝の仁寿元(601)年に建立され、唐武宗の会昌3(843)年に焼失した。1994年に再建された現在の塔は唐代の規模と形を模して造られ、レンガとコンクリートを用いた擬木構造となっている。九層の方形楼閣式で、高さは73メートル。今では揚州市を代表する建築物となっている。(2015年12月14日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506520

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月13日
    (20)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    福建省泉州市鯉城区西街の開元寺境内に立つ鎮国塔(東塔)と仁寿塔(西塔)。両塔を合わせて泉州東西塔とも呼ぶ。鎮国塔は唐の咸通6(865)年、仁寿塔は五代・梁の貞明2(916)年の創建。対をなす石塔としては中国に現存する中で最も高い。創建から千年余り、風雨や地震に耐え、今なお屹然(きつぜん)と立ち続けている。泉州市を代表する建築物であり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(2015年11月29日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506125

  • 2020年12月29日
    (6)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    24日、隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の基礎遺構。中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社記者/欣芷如)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000530

  • 2020年12月29日
    (1)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘現場。(11月20日撮影、小型無人機から)中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000523

  • 2020年12月29日
    (2)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿で出土した纏枝忍冬(てんしにんどう)文の笠石。(11月8日撮影)中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000526

  • 2020年12月29日
    (4)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    24日、隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘現場。中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社記者/欣芷如)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000528

  • 2020年12月29日
    (3)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    24日、隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿で出土した礎石。中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社記者/欣芷如)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000527

  • 2020年12月29日
    (5)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    24日、隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の基礎遺構。中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社記者/欣芷如)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000529

  • 1