KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 大猷院仁王門
  • 清水寺仁王門
  • 岡寺仁王門
  • 仁王門後部
  • 善光寺仁王門
  • 浅草寺仁王門
  • 仁王門東側
  • 光前寺仁王門
  • 円融寺仁王門
  • 善通寺仁王門

「仁王門」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
123
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
123
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年05月25日
    京都の外国人宿泊客9割減
  • 2020年05月25日
    観光客がまばらな清水寺 京都の外国人宿泊客9割減

    観光客がまばらな京都・清水寺の仁王門前=23日

    撮影: 23日

  • 2020年05月25日
    京都の外国人宿泊客9割減
  • 2020年05月25日
    京都の外国人宿泊客9割減
  • 2020年05月25日
    京都の外国人宿泊客9割減
  • 2020年05月22日
    京都・清水寺 近畿3府県、休業要請解除

    閑散とする清水寺の仁王門前=22日午後、京都市

    撮影: 22日午後、京都市

  • 2020年05月19日
    仁王門 近畿3府県の解除検討

    閑散とする京都・清水寺の仁王門前=19日午後

    撮影: 19日午後

  • 2019年10月09日
    四国八十八箇所 第51番札所 石手寺 国宝 山門(仁王門) 鎌倉期建築

    キーワード:屋外、空海、建物、国宝、札所、山門、四国八十八ヶ所、四国地方、寺、寺院、真言宗、仁王門、石手寺、日本、無人、門、薬師如来、第五十一番札所、礼拝、ミシュランガイド、十、建築、四国霊場、真言宗豊山派、日本遺産、風景メイン写真、鎌倉期建築、51番、鎌倉期=2019(令和元)年10月9日、愛媛県松山市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ ※

    撮影: 2019

  • 2019年10月05日
    日本遺産 四国八十八箇所霊場 第五十四番札所 延命寺

    キーワード:スレート、延命寺、屋外、近見山、空海、建物、行、札所、山門、四国八十八ヶ所、四国地方、寺、寺院、巡礼、真言宗、仁王門、聖武天皇、柱、日本、不動院、不動明王、無人、門、第五十四番札所、礼拝、十、建築、圓明寺、霊場、四国霊場、日本遺産、四国遍路、お接待、風景メイン写真、南無大師遍照金剛、世界遺産化、宝鐘院、54番、第五十四番、火伏不動尊=2019(令和元)年10月5日、愛媛県今治市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ ※

    撮影: 2019

  • 2019年04月26日
    仁王門 善光寺、阿吽の呼吸1世紀

    長野市の善光寺にある仁王門と、ライトアップされた仁王像=22日

    撮影: 22日

  • 2018年11月08日
    記念撮影する観光客 観光客の分散化図れるか

    京都・清水寺の仁王門前で記念撮影する観光客

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年01月23日
    仁王門前の防火訓練 室生寺、火事から守れ

    室生寺の仁王門前で行われた防火訓練=23日、奈良県宇陀市

    撮影: 23日、奈良県宇陀市

  • 2017年10月09日
    落書きされた仁王門の柱 「悲しく、憤り感じる」

    落書きされた善光寺の仁王門の柱=9日、長野市

    撮影: 9日、長野市

  • 2017年09月25日
    混み合う清水寺 伸び悩む「独自財源」

    観光客らで混み合う清水寺・仁王門前=15日、京都市

    撮影: 15日、京都市

  • 2017年07月09日
    雨引観音 仁王門

    キーワード:雨引観音、屋外、花、午前中、アジサイ、植物、仁王門、日本、梅雨、無人、門、第二十四番札所、動植物メイン写真、坂東観音霊場=2017(平成29)年7月9日、茨城県桜川市、クレジット:HIDEO FUJITA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2017

  • 2017年07月01日
    付け替える作業員 善光寺近くで新標識

    善光寺の仁王門前で道路標識を外国人向けに「STOP」と併記したものに付け替える作業員=1日午前、長野市

    撮影: 1日午前、長野市

  • 2017年07月01日
    標識付け替える作業員 善光寺近くで新標識

    善光寺の仁王門前で道路標識を外国人向けに「STOP」と併記したものに付け替える作業員=1日午前、長野市

    撮影: 1日午前、長野市

  • 2017年06月07日
    落書きがあった仁王門 四天王寺の門に落書き

    黒いスプレーのようなもので落書きされた、四天王寺の仁王門=7日午前、大阪市天王寺区

    撮影: 7日午前、大阪市天王寺区

  • 2016年08月24日
    清水寺の仁王門と西門と三重塔

    キーワード:屋外、夏、建物、午前中、三重塔、寺、重要文化財、人物、仁王門、世界遺産、清水寺、西門、日本、風景、複数、門、風景メイン写真=2016(平成28)年8月24日、京都府京都市、クレジット:YANSHIN/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2016

  • 2016年08月24日
    清水寺の仁王門と西門と三重塔

    キーワード:屋外、夏、建物、午前中、三重塔、寺、重要文化財、人物、仁王門、世界遺産、清水寺、西門、日本、風景、複数、門、風景メイン写真=2016(平成28)年8月24日、京都府京都市、クレジット:YANSHIN/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2016

  • 2016年05月12日
    若葉と光前寺仁王門

    キーワード:サクラ、屋外、午前中、光前寺、寺、自然、寺院、春、植物、新緑、仁王門、日本、風景、無人、門、緑、日本建築、風景メイン写真=2016(平成28)年5月12日、長野県駒ヶ根市、クレジット:SHOHO IMAI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2016

  • 2016年01月09日
    室生寺の仁王門 室生寺に平安の四天王像

    平安時代前期作とみられる四天王像2体が見つかった室生寺の仁王門=奈良県宇陀市

    撮影: 奈良県宇陀市

  • 2015年05月29日
    仁王門の柱の液体跡 当麻寺で新たな油被害

    当麻寺の仁王門の柱で見つかった液体の跡=29日午後、奈良県葛城市

    撮影: 29日午後、奈良県葛城市

  • 2015年04月04日
    液体がまかれた楼門 重文の岡寺仁王門に油か

    油のような液体がまかれた跡が見つかった、岡寺の楼門=4日午後、奈良県明日香村

    撮影: 4日午後、奈良県明日香村

  • 2015年04月04日
    液体がまかれた跡 重文の岡寺仁王門に油か

    仁王門の下部に残った、油のような液体がまかれた跡=4日午後、奈良県明日香村の岡寺

    撮影: 4日午後、奈良県明日香村の岡寺

  • 2015年04月04日
    岡寺の仁王門 重文の岡寺仁王門に油か

    油のような液体がまかれた跡が見つかった、岡寺の国重要文化財、仁王門=4日午後、奈良県明日香村

    撮影: 4日午後、奈良県明日香村

  • 2015年03月04日
    引き渡される苗木 紅梅の苗木、清水寺に

    接ぎ木による増殖に成功し、仁王門前で清水寺関係者に引き渡される紅梅の苗木=4日午前、京都市東山区

    撮影: 4日午前、京都市東山区

  • 2015年01月26日
    目黒不動の仁王門 坂の名前に江戸の名残

    目黒不動の仁王門=東京都目黒区

    撮影: 東京都目黒区

  • 2014年04月30日
    百済寺仁王門のスタンプ 重文に相次ぎスタンプ

    百済寺仁王門の柱に押された「東京 小岩 こすげ」のスタンプ=30日、滋賀県東近江市

    撮影: 30日、滋賀県東近江市

  • 2014年03月29日
    清水公園の仁王門

    キーワード:サクラ、ピンク、屋外、花、建物、公園、重厚な、春、仁王門、日本、複数、無人、門、清水公園、風景メイン写真=2014(平成26)年3月29日、千葉県野田市、クレジット:JUNKO TAKAHASHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2014

  • 2013年11月11日
    浮かび上がる本堂と仁王門 毘沙門堂がライトアップ

    試験点灯で浮かび上がる毘沙門堂の本堂(奥)。手前は仁王門=11日夜、京都市山科区

  • 2013年11月06日
    最勝院 五重塔と新仁王門

    キーワード:雲、黄葉、屋外、空、建物、五重塔、午前中、紅葉、国指定重要文化財、最勝院、寺、秋、重要文化財、青空、塔、日本、風景、無人、木立、門、銅屋町、金剛山最勝院、新仁王門、風景メイン写真=2013(平成25)年11月6日、青森県弘前市、クレジット:Michiaki Omori/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2013年11月06日
    最勝院 新仁王門と五重塔

    キーワード:屋外、建物、五重塔、午前中、国指定重要文化財、最勝院、秋、重厚な、重要文化財、塔、日本、風景、無人、6日、銅屋町、金剛山最勝院、新仁王門、風景メイン写真=2013(平成25)年11月6日、青森県弘前市、クレジット:Michiaki Omori/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2013年11月06日
    最勝院 三十三観音と新仁王門

    キーワード:黄葉、屋外、建物、午前中、紅葉、最勝院、参道、秋、道、日本、風景、無人、木立、門、三十三観音、銅屋町、金剛山最勝院、新仁王門、風景メイン写真=2013(平成25)年11月6日、青森県弘前市、クレジット:Michiaki Omori/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2013年11月06日
    最勝院 三十三観音と新仁王門

    キーワード:黄葉、屋外、建物、午前中、紅葉、最勝院、参道、秋、道、日本、風景、無人、木立、門、三十三観音、銅屋町、金剛山最勝院、新仁王門、風景メイン写真=2013(平成25)年11月6日、青森県弘前市、クレジット:Michiaki Omori/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2012年10月29日
    池上本門寺の総門 日蓮宗の聖地で寺巡り

    総門の先には仁王門へと続く坂=東京都大田区の池上本門寺

    撮影: 東京都大田区の池上本門寺

  • 2012年10月29日
    大須観音

    キーワード:屋外、観音堂、建物、寺、秋、重厚な、初詣、仁王門、日本、無人、門、夕方、落ち着いた、宝生院、真福寺、大須観音、大須、名古屋七福神、観音霊場、日本三大観音、風景メイン写真=2012(平成24)年10月29日、愛知県名古屋市、クレジット:SUSUMU AOYAMA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2012

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年02月01日
    平成の浅草仲見世 関東大震災と東京の復興

    外国人観光客の姿も多い浅草仲見世。後方の仁王門は、戦前の建物が戦災で焼失し、1964(昭和39)年4月に再建されたもの=2011(平成23)年11月20日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年02月01日
    爆破される十二階 関東大震災と東京の復興

    1923(大正12)年9月23日、地震で8階部分から折れてしまった浅草の十二階(凌雲閣)を陸軍工兵隊が爆破。1回で爆破し切れず、再度爆破して片付けた。左後方には地震被害も火災も免れた浅草寺の本堂、五重塔、仁王門が見える

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年02月01日
    露店開いた浅草仲見世 関東大震災と東京の復興

    1923(大正12)年9月、焼け落ちた仲見世に露店が開きにぎわう浅草寺の周辺。後方に仁王門と五重塔が見える。浅草寺は焼失を免れたことでご利益があるとされた

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年02月01日
    にぎわう浅草仲見世 関東大震災と東京の復興

    1929(昭和4)年1月2日、正月の参詣客でにぎわう浅草寺門前の仲見世。仲見世の震災からの復興は早く、1925(大正14)年に鉄筋コンクリートで不燃化された。後方は仁王門。(日本電報通信社撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年02月01日
    焼け落ちた吾妻橋 関東大震災と東京の復興

    1923(大正12)年9月、焼け落ちた吾妻橋の市電専用橋(手前)とその右奥は人道橋。手前が本所区(現墨田区)側、向こう岸は浅草側。右後方には浅草寺の仁王門、五重塔、本堂が見える

  • 2011年12月01日
    円融寺・仁王門

    目黒区指定文化財、東京都目黒区碑文谷1-22-22=2011年11月28日撮影

    撮影: 2011年11月28日撮影

  • 2011年11月11日
    宝蔵門(仁王門)

    東京都台東区浅草2-3-1=2011年11月9日撮影

    撮影: 2011年11月9日撮影

  • 2011年08月22日
    仁王門 長野市の善光寺

    2011年8月17日

  • 2011年08月22日
    仁王門の仁王像 長野市の善光寺

    2011年8月17日撮影

  • 2010年09月17日
    大須仁王通り商店街

    キーワード:屋外、夏、町並み、商店街、仁王門、日本、繁華街、風景、無人、名古屋市、門、大須商店街、風景メイン写真=2010(平成22)年9月17日、愛知県中区、クレジット:Akaishizawa Takehiko/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2010

  • 2010年02月06日
    マスコットが善光寺に登場 五輪ムードを盛り上げ

    善光寺の仁王門前でPRするバンクーバー冬季五輪のマスコット(左から)「クワッチ」「ミーガ」「スミ」=6日午後、長野市

  • 2003年11月19日
    清水寺の仁王門化粧直し

    修復工事が完了し、4年ぶりに優美な姿を見せた清水寺の「仁王門」=19日午前、京都市東山区

    撮影: 19日午前、京都市東山区

  • 2000年11月03日
    門と東京名所展

    「門と東京名所」展に出展される「浅草仁王門の図」(上)と「赤坂仮皇居」(下)

  • 1998年10月06日
    奈良から愛知・豊川へ到着 仁王像が14年ぶりに帰郷

    六日、愛知県豊川市・財賀寺の仁王像「金剛力士立像」が十四年ぶりに奈良国立博物館から里帰りした。高さ約四メートル、約一トンの木製像を和紙と綿、さらしで四重に包み、十人の作業員が八時間余りかけて修復された仁王門に納めた。運送を担当した日本通運の丸山孝助さんは「大きな像で苦労したけど、やりがいがありました」と、像を見上げて話した。十日には横綱貴乃花の奉納土俵入りが行われる。

  • 1998年05月27日

    昭和 143 ◎昭和初期の浅草寺。左から本堂、五重塔、仁王門。本堂の真横から撮ったもの。

  • 1997年03月30日
    奉納行列 牛に引かれて回向柱奉納

    牛に引かれた回向柱を囲み、善光寺本堂へ向かう奉納行列=30日、長野市の善光寺仁王門

    撮影: 30日、長野市の善光寺仁王門

  • 1996年07月13日
    善光寺門前 善光寺門前を石畳化

    )、企画23S、15日付朝刊以降使用  石畳を敷き詰めるなどして整備された善光寺入り口。奥は仁王門=長野市(善光寺の表参道(通称中央通り))

  • 1978年02月25日
    仁王様の大わらじ完成

    完成した畳4枚分、重さ約400キロのジャンボわらじ。「仁王様の大わらじ」は浅草寺に奉納され、宝蔵門(仁王門)に掲げられる=1978(昭和53)年2月、山形県村山市

  • 1971年05月10日
    スケッチ企画6023−21 室生寺

    多くの参拝客が訪れる室生寺。正面は仁王門=1971(昭和46)年5月10日、宇陀市

    撮影: 1971

  • 1967年01月03日
    正月で賑わう浅草寺

    お正月の人出で賑わう浅草観音さまの境内。正面は仁王門=1967(昭和42)年1月3日

    撮影: 1967

  • 1959年11月08日
    鞍馬の仁王門が引っ越し

    牛若丸で有名な鞍馬寺の朱塗りの山門「仁王門」が観光バスのほこりを避けるため35メートル奥へ引っ越した=1959(昭和34)年11月8日、京都市左京区

    撮影: 1959

  • 1953年07月14日
    名古屋市内(資料)

    名古屋市中区の大須繁華街(仁王門通り)=1953(昭和28)年7月14日 (28年内地番号なし)

  • 1953年07月14日
    名古屋市内(資料)

    名古屋市中区の大須繁華街(仁王門通り)=1953(昭和28)年7月14日 (28年内地番号なし)

  • 1952年01月31日
    善通寺仁王門

    善通寺仁王門=1952(昭和27)年1月、香川県(27年内地番号なし)

    撮影: 1952

  • 1949年04月13日
    大津市

    石山寺仁王門=整理1949(昭和24)年4月、滋賀県大津市(24年内地番号なし)

    撮影: 整理1949

  • 1949年04月13日
    金峯山寺

    修理中の蔵王堂(金峯山寺本堂)仁王門=整理1949(昭和24)年4月、奈良県吉野(24年内地番号なし)

  • 1949年04月13日
    金峯山寺

    蔵王堂(金峯山寺本堂)仁王門の仁王=整理1949(昭和24)年4月、奈良県吉野(24年内地番号なし)

  • 1949年04月13日
    金峯山寺

    蔵王堂(金峯山寺本堂)仁王門の仁王=整理1949(昭和24)年4月、奈良県吉野(24年内地番号なし)

  • 1948年08月11日
    長野市

    善光寺仁王門=整理1948(昭和23)年8月、長野市(23年内地番号なし)

    撮影: 整理1948

  • 1935年12月31日

    昭和 147 ◎浅草仲見世通り。後方は仁王門=昭和10年(S3752のアップ)

    撮影: 昭和10年

  • 1930年09月30日
    日本電報通信社資料

    第2回国勢調査。浅草寺の仁王門で浮浪者から聞き取り調査する職員たち=1930(昭和5)年9月30日(日本電報通信社撮影)

    撮影: 1930

  • 1929年01月02日
    日本電報通信社資料

    正月客でにぎわう浅草仲見世。仲見世は関東大震災で焼け落ちたが、1925(大正14)年に鉄筋コンクリートで不燃化され復興した。後方は震災の被害がなかった仁王門=1929(昭和4)年1月2日

  • 1923年09月30日
    関東大震災

    焼け残った浅草寺の宝蔵門(仁王門)前には物売りが店を開く=1923(大正12)年(撮影月日不明)(生活 避難民 露店)

  • 1912年12月31日
    浅草仲見世通り

    キーワード:浅草、仲見世通り、仁王門(現宝蔵門)=大正期~昭和期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1904年12月31日
    浅草寺

    この観音堂(本堂)は三代将軍徳川家光が慶安2年(1649)に再建したもの。構造は高欄三手先造(こうらんみてさきづくり)というそうだ。仁王門楼上から鳩が飛び立った瞬間を撮影。昭和20年(1945)3月10日の大空襲で焼失。現在の観音堂は昭和33年(1958)10月17日に再建されたもの。ポンティング(Herbert George Ponting)撮影で明治37年(1904)発行のステレオ写真。=1904(明治37)年、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐69‐0]

  • 1904年12月31日
    浅草通り

    2276と同様に仲見世入口(現雷門のある位置)から北に向いて写している。雷門から仁王門の間に並ぶ商店街を仲見世という。発端は近くの住民に浅草寺の清掃を頼んだ見返りに出店を許可したもの。明治18年(1885)12月に銀座煉瓦街の影響を受けて煉瓦造りとなった。明治29年(1896)撮影と思われる。=1904(明治37)年、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐99‐0]

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    浅草寺

    弁天池から五重塔と仁王門を望む。本写真はベアト(Felix Beato)撮影で、浅草寺の写真としては最古に属する。右下の弁才天を祀る弁天社は、写真2414及び4440よりも質素で向きも異なる。この方が古い。中央の大木は源頼朝が参詣のみぎり、挿した箸から育ったという伝説のある大銀杏だったが、昭和20年(1945)の大空襲で焼失。=撮影年月日不明、東京、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号62‐34‐0]

  • -
    京都清水寺仁王門

    京都市街を清水寺西門前の石段より西に眺望する。右方には仁王門が建ち、その脇には物売りや浴衣姿の子供の姿、その奥には門前の茶店が見える。左方の植え込みの隙間から見える子安の塔は、清水寺の境内整備にともない、明治43年(1910)に南苑南側山腹に移築されたので、写真はそれ以前に撮影されたもの。背後には京都市街の町並みが広がる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号42‐19‐0]

  • -
    目黒不動様入口

    キーワード:目黒不動様入口、目黒不動尊、瀧泉寺、仁王門=撮影年月日不明、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    撮影: 撮影年月日不明、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

  • -
    善光寺参道

    善光寺の仁王門へと続く通りに沿って立ち並ぶ、門前町の町並み。現在の仁王門は大正7年(1918)に再建されたもので、高村光雲らの手による仁王像などが納められている。=撮影年月日不明、長野、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐84‐0]

  • -
    日光大猷院二天門

    三代将軍・徳川家光の墓所「大猷院(たいゆういん)」の境内にあり、仁王門の次にくぐる門。後水尾天皇の筆による「大猷院」の額が掲げられている。門の表側に「持国天」と「広目天」の二天がまつられており、裏側には「風神」「雷神」が安置されている。日光山内で最大の門。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号88‐21‐0]

  • -
    石山寺東大門(仁王門)

    石山寺東大門(仁王門)=1875(明治8)年頃、滋賀、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐77‐0]

  • -
    日光大猷院仁王門

    徳川家光公の廟所大猷院の表門は一対の金剛力士像が安置されていて仁王門と呼ばれる。 東照宮の表門とよく似て朱塗りの八脚門であるが、 東照宮の様に神仏混合ではなく仏式である。 大猷院は朱と黒と金色を用いて落ちついた趣きがある。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号7‐5‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号7‐5‐0]

  • -
    浅草寺本堂

    仁王門から撮影された浅草寺本堂正面。中央に立ち止まって顔だけこちらに向けているのは、櫓のようなものを担いでいるところからして、あるいは隅田川の渡し守であろうか。空襲で消失し、昭和33年に再建された。=撮影年月日不明、東京、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号4‐12‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、東京、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号4‐12‐0]

  • -
    日光東照宮表門

    明治4(1871)年の神仏分離まで仁王像を安置していたことから仁王門と呼ばれた。神仏分離で仁王像が大猷院に移され、表門と呼ばれるようになった。明治30(1897)年に再び仁王像が戻るまで、この写真にあるとおり背面の狛犬像を正面に置いた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号67‐43‐0]

  • -
    日光東照宮表門

    表参道より一の鳥居を抜けると、 石段の上に朱塗の東照宮表門がある。 現在正面左右に仁王像、 背面左右に狛犬が安置され、 表は寺院裏は神社の様式となっている。 明治4年日光県に下った神仏分離令により、 正面の仁王像は大猷院仁王門後部に移され、 狛犬が正面に置かれた時期がある。 その時の写真である。 仁王門でなく一の門と写真に表記されている。=1871(明治4)年~1897(明治30)年、日光、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐9‐0]

    撮影: 1871

  • -
    浅草寺五重塔

    キーワード:東京浅草、浅草寺、五重塔、弁天池、仁王門、宝蔵門=撮影日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    撮影: 撮影日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

  • -
    浅草寺

    キーワード:浅草、浅草寺、宝蔵門(仁王門)、仲見世、レンガ造り=1885(明治18)年~1923(大正12)年、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

  • -
    浅草寺仁王門

    浅草寺東側の門を後ろ側から見たところ。門の両側に2体の像があるが、かつては豊岩間戸命と櫛岩間戸命の像であったのを、後に神仏兼帯を改めて、増長天と持国天の像に変えた。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐43‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐43‐0]

  • -
    長谷寺

    西国三十三所観音霊場のひとつ。天平5年(733)に行基を導師として本尊の開眼供養をおこなったと伝えられている。仁王門から本堂へと至る登廊の両側に植えられた牡丹の花時には、数多くの花見客が訪れる。=撮影年月日不明、奈良、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号30‐10‐0]

  • -
    清水寺

    清水寺西門と三重塔を仁王門東側より東に見上げる。参道は右方の西門をくぐり三重塔へ至る石段と、左方の直接に三重塔へと至る石段に分かれている。西門西側の斜面には岸駒灯籠と呼ばれる灯籠群が建ち並ぶ。西門西門は寛永8年(1631)の創建で、切妻造、檜皮葺。三重塔は寛永10年(1633)頃の創建で、本瓦葺である。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号93‐43‐0]

  • -
    日光東照宮石鳥居

    日光東照宮の表門(仁王門)前に立つ石鳥居で、黒田長政が奉納したものである。高さは9メートル、柱の直径1.2メートル。花崗岩で造られた日本一の石鳥居である。現在は後水尾天皇宸筆と伝えられる『東照大権現』の扁額が掲げられているが、この写真にはない。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード(?)、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐103‐0]

  • -
    日光大猷院二天門

    三代将軍・徳川家光の墓所「大猷院(たいゆういん)」の境内にあり、仁王門の次にくぐる門。後水尾天皇の筆による「大猷院」の額が掲げられている。門の表側に「持国天」と「広目天」の二天がまつられており、裏側には「風神」「雷神」が安置されている。日光山内で最大の門。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐22‐0]

  • -
    Fermin Calbeton y Blanchon (1853-1919).

    Fermin Calbeton y Blanchon (1853-1919). Spanish politician. Minister of Public Works and Minister of Finance during the reign of Alfonso XIII. Bust. Alameda park. Deva. Basque Country. Spain.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

  • -
    四国八十八箇所 第51番札所 石手寺 国宝 山門(仁王門) 鎌倉期建築

    キーワード:屋外、空海、建物、国宝、札所、山門、四国八十八ヶ所、四国地方、寺、寺院、真言宗、仁王門、石手寺、日本、無人、門、薬師如来、第五十一番札所、礼拝、ミシュランガイド、十、建築、四国霊場、真言宗豊山派、日本遺産、風景メイン写真、鎌倉期建築、51番、鎌倉期=撮影日不明、愛媛県松山市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ ※

    撮影: 撮影日不明、愛媛県松山市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ ※

  • -
    成田山新勝寺

    成田山新勝寺仁王門、その奥に木々に囲まれた本堂(旧本堂・現釈迦堂)が見える。=撮影年月日不明、成田、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐29‐0]

  • -
    浅草仲見世通り

    キーワード:浅草、仲見世、仁王門(現宝蔵門)、ステレオ写真=明治中期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

  • -
    日光東照宮表門

    表参道より一の鳥居を抜けると、 石段の上に朱塗の東照宮表門がある。 現在正面左右に仁王像、 背面左右に狛犬が安置され、 表は寺院裏は神社の様式となっている。 明治4年日光県に下った神仏分離令により、 正面の仁王像は大猷院仁王門後部に移され、 狛犬が正面に置かれた時期がある。 その時の写真である。 仁王門でなく一の門と写真に表記されている。=1871(明治4)年~1897(明治30)年、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐26‐0]

    撮影: 1871

  • -
    京都清水寺

    清水寺仁王門を門前石段下より東に見上げる。門前石段の南北両側には石燈籠が建つ。右奥には西門と三重塔が見える。仁王門は室町期創建の檜皮葺の三間一戸の楼門で、金剛柵と菱格子で囲まれた中に金剛力士像が安置されている。現在は「清水寺」と彫られた石灯籠の前に狛犬が鎮座する。F.ベアド撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号62‐29‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、京都、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号62‐29‐0]

  • -
    日光大猷院二天門

    三代将軍・徳川家光の墓所「大猷院(たいゆういん)」の境内にあり、仁王門の次にくぐる門。後水尾天皇の筆による「大猷院」の額が掲げられている。門の表側に「持国天」と「広目天」の二天がまつられており、裏側には「風神」「雷神」が安置されている。日光山内で最大の門。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号61‐22‐0]

  • -
    浅草寺山門

    浅草寺の山門は楼下の左右に金剛力士像を安置していたので仁王門と呼ばれた(現在は宝蔵門)。また楼上には文殊菩薩像と四天の像を安置。楼上に掲げられた「浅草寺」の篆額(てんがく)は天台座主(てんだいざす)良尚法親王(りょうしょうほうしんのう)の書である。明治18年(1885)に仲見世が煉瓦造りになる以前の撮影。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号72‐123‐0]

  • -
    日本遺産 四国八十八箇所霊場 第五十四番札所 延命寺

    キーワード:スレート、延命寺、屋外、近見山、空海、建物、行、札所、山門、四国八十八ヶ所、四国地方、寺、寺院、巡礼、真言宗、仁王門、聖武天皇、柱、日本、不動院、不動明王、無人、門、第五十四番札所、礼拝、十、建築、圓明寺、霊場、四国霊場、日本遺産、四国遍路、お接待、風景メイン写真、南無大師遍照金剛、世界遺産化、宝鐘院、54番、第五十四番、火伏不動尊=撮影日不明、愛媛県今治市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ ※

    撮影: 撮影日不明、愛媛県今治市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ ※

  • -
    日光大猷院二天門

    三代将軍・徳川家光の墓所「大猷院(たいゆういん)」の境内にあり、仁王門の次にくぐる門。後水尾天皇の筆による「大猷院」の額が掲げられている。門の表側に「持国天」と「広目天」の二天がまつられており、裏側には「風神」「雷神」が安置されている。日光山内で最大の門。=撮影年月日不明、日光、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐47‐0]

  • 1
  • 2