KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 発展
  • ちょう
  • トラクター
  • プランター
  • ムー
  • 中学校
  • 中退
  • 令和
  • 助け
  • 労働

「今はとて」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2016年02月25日
    タイで話題の赤ちゃん人形 少し戸惑ってしまいそう

    「天使の子」と呼ばれる赤ちゃん大の女の子の人形がタイで大流行し、社会現象にまで発展している。ソーシャルメディア上で芸能人たちが「魂をもち、幸運をもたらす人形のおかげで成功した」などと書き込んだことから大人気となった。かわいがるほど幸せになれると信じられている。まるで本物の子どものように扱う人が増えたことで、人形のために席と料理を用意する飲食店も現れた。夫から人形をプレゼントされたという銀行員の女性(右)は「今はとても幸せ。今日は、この子に着せる服を買いにきたの」とごく当たり前のことのように話していた=バンコク(撮影・浮ケ谷泰、共同)

    商品コード: 2016022500370

  • 2019年09月03日
    芸伝承とともに大切な名前

    「松鯉という名前に、今はとても愛着があります」と話す神田松鯉

    商品コード: 2019090304938

  • 2020年07月30日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月30日、自宅で娘に食事をさせる張大鵬さん(左)。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602055

  • 2020年07月30日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月30日、父親に甘える張大鵬さんの娘。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602223

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、家庭農場のトウモロコシ畑にかんがい設備を設置する張大鵬さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602042

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、朝の搾乳作業を終え家族と朝食を取る張大鵬さん(左から2人目)。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602082

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、ダイズ畑で除草作業をする張大鵬さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602105

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、広勝村で牛乳を受け取る張大鵬さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602245

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、張大鵬家庭農場の建物の前で家族と写真撮影する張大鵬さん(右から2人目)。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602037

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、トウモロコシ畑で両手を広げる張大鵬さん。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602286

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、広勝村のミルクステーションで乳牛の搾乳を行う張大鵬さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602187

  • 2022年01月20日
    資本主義、加速か減速か

    「困窮して家がないという女性は昔はほぼいなかったが、今はとても多い。支援者もいつしか驚かなくなった」と話す雨宮処凛さん

    商品コード: 2022012008489

  • 1