KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 仏像
  • 歴史
  • 令和
  • 李安
  • 莫高窟
  • 雲岡石窟
  • ユネスコ
  • 世界遺産
  • 位牌

「仏龕」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
90
( 1 90 件を表示)
  • 1
90
( 1 90 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2001年06月22日
    劣化進む石仏龕 重文の石仏、表面はく離

    表面がはげ落ちるなど劣化が進む重要文化財の石仏龕(がん)=奈良市十輪院町の十輪院

    商品コード: 2001062200005

  • 2006年10月27日
    仏龕の修復作業 破壊乗り越え復興へ

    高さ約38メートルの東大仏の仏龕に入った亀裂の修復作業をするイタリアの専門家チーム=9月30日(共同)

    商品コード: 2006102700103

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年12月12日
    西大仏の「仏龕」 大仏遺跡の壁、崩落危機

    破壊された西大仏があったアフガニスタン中部バーミヤン遺跡の「仏龕」=7月(共同)

    商品コード: 2012121200033

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年12月12日
    「仏龕」の亀裂 大仏遺跡の壁、崩落危機

    アフガニスタン中部バーミヤン遺跡で、破壊された西大仏の「仏龕」にある亀裂を指さす国際記念物遺跡会議ドイツ調査隊のバート・プラクセンタラー氏=7月(共同)

    商品コード: 2012121200034

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年06月18日
    アフガン中部バーミヤン 夜空に浮かぶ大仏像

    ユネスコの世界遺産で、2001年に旧政権タリバンによって破壊された大仏で有名なアフガニスタン中部バーミヤンで、漆黒の夜空に高さ55㍍にも及ぶ大仏の立体像が浮かび上がった。中国人アーティストのカップルが大型プロジェクターを使って大仏がかつて立っていた仏龕(ぶつがん)に投影した。政情不安が続くアフガニスタンでは、治安の悪化により観光客の足が遠のいて久しい。「美しい大仏の姿をよみがえらせたかった」と女性アーティスト。暗闇に浮かび、今にも動きだしそうな大仏の姿に涙を浮かべる地元住民もいた。(撮影・安井浩美、共同)

    商品コード: 2015061800412

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の壁面に彫られた唐代(618~907年)の石刻羅漢像。(組み合わせ写真、2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803528

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の壁面に彫られた唐代(618~907年)の飛天造像。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803691

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟の看経寺で、唐代(618~907年)の石刻羅漢像を見つめる観光客。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803649

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の壁面に彫られた唐代の石刻羅漢像の一つ、提多迦(だいたか)尊者像。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803618

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の入口。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803578

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の壁面に彫られた唐代(618~907年)の石刻羅漢像。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803446

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の壁面に彫られた唐代(618~907年)の石刻羅漢像を撮影する観光客。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803407

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「龍門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟にある奉先寺にたたずむ仏像。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803602

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟にある奉先寺にたたずむ仏像。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803631

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟風景区にある奉先寺にたたずむ仏像。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803389

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    空から望む竜門石窟。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803373

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    洛陽市の郊外にある竜門石窟の盧舎那大仏。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803518

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    洛陽市の郊外にある竜門石窟の盧舎那大仏。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803472

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟の敷地内に建つ香山寺。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803496

  • 2017年09月20日
    仏龕に組まれた足場 バーミヤン大仏で補強開始

    アフガニスタン中部バーミヤンで、補強作業のために足場が組まれた西大仏の「仏龕」=18日(共同)

    商品コード: 2017092000566

  • 2017年09月20日
    仏龕の補強作業 バーミヤン大仏で補強開始

    アフガニスタン中部バーミヤンで、補強作業が始まった西大仏の「仏龕」=18日(共同)

    商品コード: 2017092000575

  • 2018年12月06日
    バーミヤン遺跡 20年までに危機遺産脱却へ

    高さ約55㍍の西大仏が収められていた「仏龕」(中央)などの仏教遺跡群=10月、アフガニスタンのバーミヤン(共同)

    商品コード: 2018120600047

  • 2019年01月09日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    降りしきる雪の中にたたずむ盧舎那大仏。(1月9日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803594

  • 2019年01月09日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    雪化粧した竜門石窟の一角。(1月9日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803630

  • 2019年01月09日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    洛陽市の郊外にある竜門石窟の雪景色。(1月9日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803519

  • 2019年01月09日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟の敷地内にたたずむ雪化粧した香山寺。(1月9日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803563

  • 2019年02月08日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある奉先寺を見学する観光客。(2月8日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803342

  • 2019年02月08日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある奉先寺を見学する観光客。(2月8日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803640

  • 2019年02月08日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区を訪れた観光客。(2月8日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803368

  • 2019年02月08日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある天王像、力士像と牡丹の花が織りなすコントラストが、趣ある風景を作り出している。(2月8日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803678

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    緑豊かな河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある奉先寺を見学する観光客。(3月26日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803682

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    緑に囲まれた河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある奉先寺を訪れた観光客。(3月26日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803436

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区で、金剛力士像の前でたたずむ観光客。(3月26日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803601

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    緑に囲まれた竜門石窟の敷地内にたたずむ香山寺。(3月26日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803369

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある奉先寺を見学する観光客。(3月26日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803537

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある看経寺を見学する観光客。(3月26日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803590

  • 2019年04月19日
    1200年以上前の唐代天宝年間の仏龕見つかる河北省臨西県

    19日に撮影した仏龕の一部分。中国共産党河北省臨西県委員会宣伝部によると、文化財保護担当者がこのほど同県倉上村で、今から1200年以上前の唐代天宝年間の仏龕(ぶつがん、仏像・位牌などを安置しておく厨子)を発見したと発表した。(臨西=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042300511

  • 2019年04月19日
    1200年以上前の唐代天宝年間の仏龕見つかる河北省臨西県

    19日に撮影した仏龕の一部分。中国共産党河北省臨西県委員会宣伝部によると、文化財保護担当者がこのほど同県倉上村で、今から1200年以上前の唐代天宝年間の仏龕(ぶつがん、仏像・位牌などを安置しておく厨子)を発見したと発表した。(臨西=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042300519

  • 2019年04月19日
    1200年以上前の唐代天宝年間の仏龕見つかる河北省臨西県

    19日に撮影した仏龕の一部分。中国共産党河北省臨西県委員会宣伝部によると、文化財保護担当者がこのほど同県倉上村で、今から1200年以上前の唐代天宝年間の仏龕(ぶつがん、仏像・位牌などを安置しておく厨子)を発見したと発表した。(臨西=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042300569

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、雪がやんだ後の麦積山石窟。中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901690

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、雪がやんだ後の麦積山石窟。中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901658

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、麦積山石窟の仏像。(小型無人機から)中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901675

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、雪がやんだ後の麦積山石窟。中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901729

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、麦積山石窟の仏像。中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901654

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、麦積山石窟の仏像。(小型無人機から)中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901682

  • 2020年05月04日
    西大仏の仏龕 危機遺産解除へ日本支援

    アフガニスタンのバーミヤン遺跡で、2001年に破壊された西大仏が収められていた「仏龕」=17年9月(共同)

    商品コード: 2020050400059

  • 2020年05月04日
    バーミヤン遺跡 危機遺産解除へ日本支援

    アフガニスタンのバーミヤン遺跡。中央にある崖のくぼみが、西大仏が収められていた「仏龕」=2018年10月(共同)

    商品コード: 2020050400062

  • 00:51.88
    2020年06月05日
    「新華社」唐代の摩崖造像、水面に現る四川省仁寿県

    中国四川省仁寿県四新村で黒竜灘ダムを水源とする灌漑農業が行われ、ダムの水位が低下したことから、同村にある唐代の大座仏とその周辺に安置された千仏造像が、水面に姿を現した。唐代に建立された大座仏は座高16メートルで、眉山市の市級文物保護単位に指定されている。ダムの建設に伴い、周辺の石窟とともに水没した。大仏と周辺の摩崖造像(まがいぞうぞう)はともに「四新村千仏岩摩崖造像」と呼ばれ、移動できない文物(不可移動文物)に属する。人物をかたどった像が多く、その姿や形は様々で、計16の仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)、195体の仏像が1万平方メートル余りにわたって分布している。(記者/楊華、劉海)<映像内容>黒竜灘ダムの水位が低下し現れた摩崖造像、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102847

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第10窟の前室北壁東側第3層の仏龕(ぶつがん、厨子)。左右の柱はイオニア式柱頭になっている。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802159

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第9窟の仏龕(ぶつがん、厨子)。両側の柱はイオニア式柱頭になっている。中国山西省大同市にある世界文化遺産、雲岡石窟(うんこうせっくつ)は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、仏教が中国で本土化、世俗化していく過程を今に伝えている。5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にある。主要洞窟45カ所、仏像5万9千体余りが残されており、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802149

  • 2020年11月12日
    仏龕を手にする佐藤さん 「映える」仏壇、広めたい

    製作した仏龕を手にする佐藤健一さん=秋田県湯沢市

    商品コード: 2020111205205

  • 2020年11月12日
    仏龕 「映える」仏壇、広めたい

    佐藤健一さんが考案した「仏龕」

    商品コード: 2020111205209

  • 2020年11月12日
    仏龕を組み立てる佐藤さん 「映える」仏壇、広めたい

    仏龕を組み立てる佐藤健一さん=10月、秋田県湯沢市

    商品コード: 2020111205211

  • 2020年11月29日
    麦積山石窟を訪ねて甘粛省天水市

    11月29日、麦積山石窟第4窟第2仏龕の主仏像(中央)と弟子像、菩薩像。中国甘粛省天水市麦積(ばくせき)区にある麦積山石窟は、中国四大石窟の一つで、美しい彫刻と塑像、独特な彩色壁画、各種の断崖建築で知られる。大小221の洞窟と壁龕(へきがん)があり、彫像・塑像7800体余り、壁画千平方メートル余りが現存している。中国石窟遺跡の中でも北朝時代を代表する石窟群の一つであり、古代シルクロードにおける文化伝播の重要な構成要素とされる。(天水=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704469

  • 2020年11月29日
    麦積山石窟を訪ねて甘粛省天水市

    11月29日、麦積山石窟第133窟北東角の仏龕の沙弥(しゃみ)像。「東方の微笑み」と呼ばれている。中国甘粛省天水市麦積(ばくせき)区にある麦積山石窟は、中国四大石窟の一つで、美しい彫刻と塑像、独特な彩色壁画、各種の断崖建築で知られる。大小221の洞窟と壁龕(へきがん)があり、彫像・塑像7800体余り、壁画千平方メートル余りが現存している。中国石窟遺跡の中でも北朝時代を代表する石窟群の一つであり、古代シルクロードにおける文化伝播の重要な構成要素とされる。(天水=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704653

  • 2020年11月29日
    麦積山石窟を訪ねて甘粛省天水市

    11月29日、麦積山石窟第4窟第7仏龕の主仏像。中国甘粛省天水市麦積(ばくせき)区にある麦積山石窟は、中国四大石窟の一つで、美しい彫刻と塑像、独特な彩色壁画、各種の断崖建築で知られる。大小221の洞窟と壁龕(へきがん)があり、彫像・塑像7800体余り、壁画千平方メートル余りが現存している。中国石窟遺跡の中でも北朝時代を代表する石窟群の一つであり、古代シルクロードにおける文化伝播の重要な構成要素とされる。(天水=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704468

  • 2020年11月29日
    麦積山石窟を訪ねて甘粛省天水市

    11月29日、麦積山石窟第9窟第4仏龕東側天井の壁画に描かれた共命鳥(ぐみょうちょう)。中国甘粛省天水市麦積(ばくせき)区にある麦積山石窟は、中国四大石窟の一つで、美しい彫刻と塑像、独特な彩色壁画、各種の断崖建築で知られる。大小221の洞窟と壁龕(へきがん)があり、彫像・塑像7800体余り、壁画千平方メートル余りが現存している。中国石窟遺跡の中でも北朝時代を代表する石窟群の一つであり、古代シルクロードにおける文化伝播の重要な構成要素とされる。(天水=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704715

  • 2020年11月29日
    麦積山石窟を訪ねて甘粛省天水市

    11月29日、麦積山石窟第4窟第3仏龕の菩薩像。中国甘粛省天水市麦積(ばくせき)区にある麦積山石窟は、中国四大石窟の一つで、美しい彫刻と塑像、独特な彩色壁画、各種の断崖建築で知られる。大小221の洞窟と壁龕(へきがん)があり、彫像・塑像7800体余り、壁画千平方メートル余りが現存している。中国石窟遺跡の中でも北朝時代を代表する石窟群の一つであり、古代シルクロードにおける文化伝播の重要な構成要素とされる。(天水=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704854

  • 2020年11月29日
    麦積山石窟を訪ねて甘粛省天水市

    11月29日、麦積山石窟第4窟第3仏龕の主仏像(中央)と菩薩像。中国甘粛省天水市麦積(ばくせき)区にある麦積山石窟は、中国四大石窟の一つで、美しい彫刻と塑像、独特な彩色壁画、各種の断崖建築で知られる。大小221の洞窟と壁龕(へきがん)があり、彫像・塑像7800体余り、壁画千平方メートル余りが現存している。中国石窟遺跡の中でも北朝時代を代表する石窟群の一つであり、古代シルクロードにおける文化伝播の重要な構成要素とされる。(天水=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704907

  • 2020年11月29日
    麦積山石窟を訪ねて甘粛省天水市

    11月29日、麦積山石窟第5窟第3仏龕の主仏像(部分)。中国甘粛省天水市麦積(ばくせき)区にある麦積山石窟は、中国四大石窟の一つで、美しい彫刻と塑像、独特な彩色壁画、各種の断崖建築で知られる。大小221の洞窟と壁龕(へきがん)があり、彫像・塑像7800体余り、壁画千平方メートル余りが現存している。中国石窟遺跡の中でも北朝時代を代表する石窟群の一つであり、古代シルクロードにおける文化伝播の重要な構成要素とされる。(天水=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704476

  • 2020年11月29日
    麦積山石窟を訪ねて甘粛省天水市

    11月29日、麦積山石窟第9窟第5仏龕の主仏像(中央)と菩薩像。中国甘粛省天水市麦積(ばくせき)区にある麦積山石窟は、中国四大石窟の一つで、美しい彫刻と塑像、独特な彩色壁画、各種の断崖建築で知られる。大小221の洞窟と壁龕(へきがん)があり、彫像・塑像7800体余り、壁画千平方メートル余りが現存している。中国石窟遺跡の中でも北朝時代を代表する石窟群の一つであり、古代シルクロードにおける文化伝播の重要な構成要素とされる。(天水=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704663

  • 2020年11月29日
    麦積山石窟を訪ねて甘粛省天水市

    11月29日、麦積山石窟第9窟第5仏龕の主仏像。中国甘粛省天水市麦積(ばくせき)区にある麦積山石窟は、中国四大石窟の一つで、美しい彫刻と塑像、独特な彩色壁画、各種の断崖建築で知られる。大小221の洞窟と壁龕(へきがん)があり、彫像・塑像7800体余り、壁画千平方メートル余りが現存している。中国石窟遺跡の中でも北朝時代を代表する石窟群の一つであり、古代シルクロードにおける文化伝播の重要な構成要素とされる。(天水=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704882

  • 2020年11月29日
    麦積山石窟を訪ねて甘粛省天水市

    11月29日、麦積山石窟第9窟第2仏龕西壁の菩薩像。中国甘粛省天水市麦積(ばくせき)区にある麦積山石窟は、中国四大石窟の一つで、美しい彫刻と塑像、独特な彩色壁画、各種の断崖建築で知られる。大小221の洞窟と壁龕(へきがん)があり、彫像・塑像7800体余り、壁画千平方メートル余りが現存している。中国石窟遺跡の中でも北朝時代を代表する石窟群の一つであり、古代シルクロードにおける文化伝播の重要な構成要素とされる。(天水=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704451

  • 2020年11月29日
    麦積山石窟を訪ねて甘粛省天水市

    11月29日、麦積山石窟第4窟東壁の力士像。上部の仏龕内は維摩居士像。中国甘粛省天水市麦積(ばくせき)区にある麦積山石窟は、中国四大石窟の一つで、美しい彫刻と塑像、独特な彩色壁画、各種の断崖建築で知られる。大小221の洞窟と壁龕(へきがん)があり、彫像・塑像7800体余り、壁画千平方メートル余りが現存している。中国石窟遺跡の中でも北朝時代を代表する石窟群の一つであり、古代シルクロードにおける文化伝播の重要な構成要素とされる。(天水=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704656

  • 2020年11月29日
    麦積山石窟を訪ねて甘粛省天水市

    11月29日、麦積山石窟第9窟第3仏龕の主仏像(中央)と菩薩像。中国甘粛省天水市麦積(ばくせき)区にある麦積山石窟は、中国四大石窟の一つで、美しい彫刻と塑像、独特な彩色壁画、各種の断崖建築で知られる。大小221の洞窟と壁龕(へきがん)があり、彫像・塑像7800体余り、壁画千平方メートル余りが現存している。中国石窟遺跡の中でも北朝時代を代表する石窟群の一つであり、古代シルクロードにおける文化伝播の重要な構成要素とされる。(天水=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704691

  • 2020年11月29日
    麦積山石窟を訪ねて甘粛省天水市

    11月29日、麦積山石窟第5窟第3仏龕西側の菩薩像。中国甘粛省天水市麦積(ばくせき)区にある麦積山石窟は、中国四大石窟の一つで、美しい彫刻と塑像、独特な彩色壁画、各種の断崖建築で知られる。大小221の洞窟と壁龕(へきがん)があり、彫像・塑像7800体余り、壁画千平方メートル余りが現存している。中国石窟遺跡の中でも北朝時代を代表する石窟群の一つであり、古代シルクロードにおける文化伝播の重要な構成要素とされる。(天水=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704621

  • 00:52.28
    2021年02月12日
    「新華社」天竜山石窟の仏頭、約100年ぶりに「帰国」

    中国国家文物局は11日、山西省太原市の天竜山石窟第8窟から100年近く前に盗まれ、日本に持ち込まれていた仏頭が中国に戻ったと明らかにした。中国に昨年「帰国」した100点目の流出文化財で、日本から同石窟の仏像が戻ってきたのはこの100年近くで初めてになるという。仏頭は日本で個人が所有していたが、昨年9月に競売に出品されたことを受け、同局が競売商に競売の中止と中国への引き渡しを求めていた。競売商の在日華僑、張栄(ちょう・えい)董事長が昨年10月に所有者から仏頭を買い取り、中国政府に寄贈することを決定。引き渡し式が行われた後、同12月に北京に到着した。鑑定した専門家によると、仏頭は天竜山石窟第8窟北壁の仏龕(ぶつがん)にある仏像の頭部で、1924年ごろに盗まれたと考えられる。鑑定結果を踏まえ、国家1級文化財に暫定指定された。天竜山石窟は、北朝末期から隋・唐代にかけて開削された。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。同局によると、1920年代の大規模な盗掘で240体以上の彫像が盗まれ、現在も日本、欧米の博物館や個人が所蔵する。中国の石窟寺院の中で破壊の程度が最も痛ましいとされる。仏頭は12日から3月14日まで、北京魯迅博物館の「咸同斯福-天竜山石窟国宝帰還とデジタル復元特別展」で公開。特別展終了後は天竜山石窟に戻され、太原市天竜山石窟博物館で収蔵、展示される。(記者/馬志異、王学濤、解園) =配信日: 2021(令和3)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500182

  • 01:29.83
    2021年04月29日
    「新華社」世界遺産「大足石刻」の千手観音、修復の舞台裏重慶市

    中国重慶市大足区にある大足石刻の千手観音は、彫刻と金箔、色絵が一体となった中国に現存する最大の摩崖(まがい)石刻彫像。仏龕(ぶつがん)は高さ7・2メートル、幅12・5メートルで、面積は88平方メートルに及ぶ。同区宝頂山大仏湾に位置し、南宋の淳熙年間(1174~89年)から淳祐年間(1241~52年)にかけて造営された。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産「大足石刻」の重要な代表作であり「世界の石刻芸術の至宝」として知られる。唐宋時代に中国の政治・経済の中心が徐々に北から南に移ると、北方の石窟寺院の彫像は衰退し、現在の四川省と重慶市で石窟寺院の造営が盛んになった。大足石刻を開削したのは南宋の昌州(州治は現在の大足区)米糧里の僧・趙智鳳(ちょう・ちほう)で、1174年頃に宝頂山を訪れ、岩壁に沿って仏教道場を開くことを着想。その後数十年間かけて数千体の仏像を作った。千手千眼を持つ迫力に満ちた千手観音像もこの時誕生した。21世紀に入ると、長年風雨に浸食された千手観音像は劣化が加速。2007年には手の指が1本脱落し、その保護は一刻の猶予も許されない状況を迎えた。国家文物局は08年、「大足宝頂山千手観音緊急補強・保護プロジェクト」を始動させ、国家石質文化財保護の第1号プロジェクトに指定した。大足石刻研究院保護工程センターの陳卉麗(ちん・きれい)主任は「調査をすると、石像の本体の風化や金箔のひび割れ、彩色の脱落など34種類の問題が見つかった」と当時を振り返る。このような大規模な石質文化財の修復は前例がないため、中国文化遺産研究院など10余りの機関の文化財保護や施工部門の専門家、技術者100人近くが修復作業に参加したという。修復作業ではX線による傷の探知、赤外線カメラによる検査、3次元ビデオ顕微鏡での観察など現代科学技術が活用された。ただ、千手観音本体の修復が重要段階に入ると、想定外の難問が次々と現れた。金箔の補強には安定し耐久性のある接着剤が必要になり、解決までに3年近くを要した。陳氏は「材料の比較と試験を繰り返し、最終的に西南地区の伝統的な生漆(きうるし)を改良し、難問を克服した」と語る。=配信日:2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011833

  • 2021年04月29日
    世界遺産「大足石刻」の千手観音、修復の舞台裏重慶市

    大足石刻千手観音の修復前後の比較図。(資料写真)中国重慶市大足区にある大足石刻の千手観音は、彫刻と金箔、色絵が一体となった中国に現存する最大の摩崖(まがい)石刻彫像。仏龕(ぶつがん)は高さ7・2メートル、幅12・5メートルで、面積は88平方メートルに及ぶ。同区宝頂山大仏湾に位置し、南宋の淳熙年間(1174~89年)から淳祐年間(1241~52年)にかけて造営された。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産「大足石刻」の重要な代表作であり「世界の石刻芸術の至宝」として知られる。21世紀に入ると、長年風雨に浸食された千手観音像は劣化が加速。2007年には手の指が1本脱落し、その保護は一刻の猶予も許されない状況を迎えた。国家文物局は08年、「大足宝頂山千手観音緊急補強・保護プロジェクト」を始動させ、国家石質文化財保護の第1号プロジェクトに指定した。修復作業には各種修復資材約1トンのほか、金箔44万枚が使われた。修復開始から8年近くが経った2015年6月13日、千手観音は約800年ぶりに本来の輝きを取り戻した。(重慶=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011688

  • 2021年04月29日
    (2)世界遺産「大足石刻」の千手観音、修復の舞台裏重慶市

    修復前の大足石刻千手観音(部分)。(資料写真)中国重慶市大足区にある大足石刻の千手観音は、彫刻と金箔、色絵が一体となった中国に現存する最大の摩崖(まがい)石刻彫像。仏龕(ぶつがん)は高さ7・2メートル、幅12・5メートルで、面積は88平方メートルに及ぶ。同区宝頂山大仏湾に位置し、南宋の淳熙年間(1174~89年)から淳祐年間(1241~52年)にかけて造営された。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産「大足石刻」の重要な代表作であり「世界の石刻芸術の至宝」として知られる。21世紀に入ると、長年風雨に浸食された千手観音像は劣化が加速。2007年には手の指が1本脱落し、その保護は一刻の猶予も許されない状況を迎えた。国家文物局は08年、「大足宝頂山千手観音緊急補強・保護プロジェクト」を始動させ、国家石質文化財保護の第1号プロジェクトに指定した。修復作業には各種修復資材約1トンのほか、金箔44万枚が使われた。修復開始から8年近くが経った2015年6月13日、千手観音は約800年ぶりに本来の輝きを取り戻した。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042907430

  • 2021年04月29日
    (1)世界遺産「大足石刻」の千手観音、修復の舞台裏重慶市

    重慶市大足区の大足石刻千手観音。(2月23日撮影)中国重慶市大足区にある大足石刻の千手観音は、彫刻と金箔、色絵が一体となった中国に現存する最大の摩崖(まがい)石刻彫像。仏龕(ぶつがん)は高さ7・2メートル、幅12・5メートルで、面積は88平方メートルに及ぶ。同区宝頂山大仏湾に位置し、南宋の淳熙年間(1174~89年)から淳祐年間(1241~52年)にかけて造営された。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産「大足石刻」の重要な代表作であり「世界の石刻芸術の至宝」として知られる。21世紀に入ると、長年風雨に浸食された千手観音像は劣化が加速。2007年には手の指が1本脱落し、その保護は一刻の猶予も許されない状況を迎えた。国家文物局は08年、「大足宝頂山千手観音緊急補強・保護プロジェクト」を始動させ、国家石質文化財保護の第1号プロジェクトに指定した。修復作業には各種修復資材約1トンのほか、金箔44万枚が使われた。修復開始から8年近くが経った2015年6月13日、千手観音は約800年ぶりに本来の輝きを取り戻した。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042907431

  • 2021年04月29日
    (4)世界遺産「大足石刻」の千手観音、修復の舞台裏重慶市

    上:大足石刻の千手観音の修復前(下)と修復後(上)。(資料写真、組み合わせ写真)中国重慶市大足区にある大足石刻の千手観音は、彫刻と金箔、色絵が一体となった中国に現存する最大の摩崖(まがい)石刻彫像。仏龕(ぶつがん)は高さ7・2メートル、幅12・5メートルで、面積は88平方メートルに及ぶ。同区宝頂山大仏湾に位置し、南宋の淳熙年間(1174~89年)から淳祐年間(1241~52年)にかけて造営された。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産「大足石刻」の重要な代表作であり「世界の石刻芸術の至宝」として知られる。21世紀に入ると、長年風雨に浸食された千手観音像は劣化が加速。2007年には手の指が1本脱落し、その保護は一刻の猶予も許されない状況を迎えた。国家文物局は08年、「大足宝頂山千手観音緊急補強・保護プロジェクト」を始動させ、国家石質文化財保護の第1号プロジェクトに指定した。修復作業には各種修復資材約1トンのほか、金箔44万枚が使われた。修復開始から8年近くが経った2015年6月13日、千手観音は約800年ぶりに本来の輝きを取り戻した。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042907435

  • 2021年07月16日
    (2)重慶で敦煌壁画芸術精品公益巡回展が開幕

    莫高窟第45窟「仏龕」の写真。(資料写真)中国重慶市で15日、「仏国聖殿・シルクロードと長江-敦煌壁画芸術精品公益巡回展」が開幕した。会場の重慶中国三峡博物館には、莫高窟(ばっこうくつ)第217窟「観無量寿経変図」、第45窟「仏龕(ぶつがん)」、第329窟「蓮花飛天藻井図案」など、敦煌石窟芸術に関する作品30点以上が展示されている。会期は8月15日まで。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705551

  • 2021年07月16日
    (1)重慶で敦煌壁画芸術精品公益巡回展が開幕

    莫高窟第329窟「蓮花飛天藻井図案」の写真。(資料写真)中国重慶市で15日、「仏国聖殿・シルクロードと長江-敦煌壁画芸術精品公益巡回展」が開幕した。会場の重慶中国三峡博物館には、莫高窟(ばっこうくつ)第217窟「観無量寿経変図」、第45窟「仏龕(ぶつがん)」、第329窟「蓮花飛天藻井図案」など、敦煌石窟芸術に関する作品30点以上が展示されている。会期は8月15日まで。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705512

  • 2021年07月16日
    (3)重慶で敦煌壁画芸術精品公益巡回展が開幕

    莫高窟第217窟「観無量寿経変図」の写真。(資料写真)中国重慶市で15日、「仏国聖殿・シルクロードと長江-敦煌壁画芸術精品公益巡回展」が開幕した。会場の重慶中国三峡博物館には、莫高窟(ばっこうくつ)第217窟「観無量寿経変図」、第45窟「仏龕(ぶつがん)」、第329窟「蓮花飛天藻井図案」の写真など、敦煌石窟芸術に関する作品30点以上が展示されている。会期は8月15日まで。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705420

  • 2022年04月19日
    (12)竜門石窟の奉先寺、修復工事の7割が完了河南省洛陽市

    13日、竜門石窟の奉先寺で作業するスタッフ。中国河南省洛陽市にある大型仏教石窟群「竜門石窟」の奉先寺では現在、浸出水処理と危険岩体補強の大型保護プロジェクトが進行している。1971年以来50年ぶりの大型プロジェクトは昨年12月に始まり、既に作業の7割を終えた。6月の完工を予定している。奉先寺は竜門石窟を代表する最大の摩崖仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)で、内部の盧舎那大仏は同石窟の中で最大規模かつ最も芸術性が高く、全体の設計が緻密な仏像として知られる。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041910614

  • 2022年04月19日
    (13)竜門石窟の奉先寺、修復工事の7割が完了河南省洛陽市

    14日、竜門石窟の奉先寺で顔料の状態を調査するスタッフ。中国河南省洛陽市にある大型仏教石窟群「竜門石窟」の奉先寺では現在、浸出水処理と危険岩体補強の大型保護プロジェクトが進行している。1971年以来50年ぶりの大型プロジェクトは昨年12月に始まり、既に作業の7割を終えた。6月の完工を予定している。奉先寺は竜門石窟を代表する最大の摩崖仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)で、内部の盧舎那大仏は同石窟の中で最大規模かつ最も芸術性が高く、全体の設計が緻密な仏像として知られる。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041910610

  • 2022年04月19日
    (3)竜門石窟の奉先寺、修復工事の7割が完了河南省洛陽市

    14日、保護プロジェクトが進む竜門石窟の奉先寺。(小型無人機から)中国河南省洛陽市にある大型仏教石窟群「竜門石窟」の奉先寺では現在、浸出水処理と危険岩体補強の大型保護プロジェクトが進行している。1971年以来50年ぶりの大型プロジェクトは昨年12月に始まり、既に作業の7割を終えた。6月の完工を予定している。奉先寺は竜門石窟を代表する最大の摩崖仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)で、内部の盧舎那大仏は同石窟の中で最大規模かつ最も芸術性が高く、全体の設計が緻密な仏像として知られる。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041910552

  • 2022年04月19日
    (1)竜門石窟の奉先寺、修復工事の7割が完了河南省洛陽市

    14日、竜門石窟の奉先寺で損傷状況を調査するスタッフ。(小型無人機から)中国河南省洛陽市にある大型仏教石窟群「竜門石窟」の奉先寺では現在、浸出水処理と危険岩体補強の大型保護プロジェクトが進行している。1971年以来50年ぶりの大型プロジェクトは昨年12月に始まり、既に作業の7割を終えた。6月の完工を予定している。奉先寺は竜門石窟を代表する最大の摩崖仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)で、内部の盧舎那大仏は同石窟の中で最大規模かつ最も芸術性が高く、全体の設計が緻密な仏像として知られる。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041910716

  • 2022年04月19日
    (15)竜門石窟の奉先寺、修復工事の7割が完了河南省洛陽市

    14日、竜門石窟の奉先寺で顔料の状態を調査するスタッフ。中国河南省洛陽市にある大型仏教石窟群「竜門石窟」の奉先寺では現在、浸出水処理と危険岩体補強の大型保護プロジェクトが進行している。1971年以来50年ぶりの大型プロジェクトは昨年12月に始まり、既に作業の7割を終えた。6月の完工を予定している。奉先寺は竜門石窟を代表する最大の摩崖仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)で、内部の盧舎那大仏は同石窟の中で最大規模かつ最も芸術性が高く、全体の設計が緻密な仏像として知られる。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041910593

  • 2022年04月19日
    (8)竜門石窟の奉先寺、修復工事の7割が完了河南省洛陽市

    13日、竜門石窟の奉先寺で損傷状況を調査するスタッフ。中国河南省洛陽市にある大型仏教石窟群「竜門石窟」の奉先寺では現在、浸出水処理と危険岩体補強の大型保護プロジェクトが進行している。1971年以来50年ぶりの大型プロジェクトは昨年12月に始まり、既に作業の7割を終えた。6月の完工を予定している。奉先寺は竜門石窟を代表する最大の摩崖仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)で、内部の盧舎那大仏は同石窟の中で最大規模かつ最も芸術性が高く、全体の設計が緻密な仏像として知られる。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041910594

  • 2022年04月19日
    (6)竜門石窟の奉先寺、修復工事の7割が完了河南省洛陽市

    13日、竜門石窟の奉先寺で防護ネットの設置作業を行うスタッフ。(小型無人機から)中国河南省洛陽市にある大型仏教石窟群「竜門石窟」の奉先寺では現在、浸出水処理と危険岩体補強の大型保護プロジェクトが進行している。1971年以来50年ぶりの大型プロジェクトは昨年12月に始まり、既に作業の7割を終えた。6月の完工を予定している。奉先寺は竜門石窟を代表する最大の摩崖仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)で、内部の盧舎那大仏は同石窟の中で最大規模かつ最も芸術性が高く、全体の設計が緻密な仏像として知られる。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041910597

  • 2022年04月19日
    (14)竜門石窟の奉先寺、修復工事の7割が完了河南省洛陽市

    13日、竜門石窟の奉先寺で防護ネットの設置作業を行うスタッフ。(小型無人機から)中国河南省洛陽市にある大型仏教石窟群「竜門石窟」の奉先寺では現在、浸出水処理と危険岩体補強の大型保護プロジェクトが進行している。1971年以来50年ぶりの大型プロジェクトは昨年12月に始まり、既に作業の7割を終えた。6月の完工を予定している。奉先寺は竜門石窟を代表する最大の摩崖仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)で、内部の盧舎那大仏は同石窟の中で最大規模かつ最も芸術性が高く、全体の設計が緻密な仏像として知られる。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041910611

  • 2022年04月19日
    (5)竜門石窟の奉先寺、修復工事の7割が完了河南省洛陽市

    14日、竜門石窟の奉先寺で顔料の状態を調査するスタッフ。中国河南省洛陽市にある大型仏教石窟群「竜門石窟」の奉先寺では現在、浸出水処理と危険岩体補強の大型保護プロジェクトが進行している。1971年以来50年ぶりの大型プロジェクトは昨年12月に始まり、既に作業の7割を終えた。6月の完工を予定している。奉先寺は竜門石窟を代表する最大の摩崖仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)で、内部の盧舎那大仏は同石窟の中で最大規模かつ最も芸術性が高く、全体の設計が緻密な仏像として知られる。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041910607

  • 2022年04月19日
    (7)竜門石窟の奉先寺、修復工事の7割が完了河南省洛陽市

    13日、竜門石窟の奉先寺で損傷状況を調査するスタッフ。(小型無人機から)中国河南省洛陽市にある大型仏教石窟群「竜門石窟」の奉先寺では現在、浸出水処理と危険岩体補強の大型保護プロジェクトが進行している。1971年以来50年ぶりの大型プロジェクトは昨年12月に始まり、既に作業の7割を終えた。6月の完工を予定している。奉先寺は竜門石窟を代表する最大の摩崖仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)で、内部の盧舎那大仏は同石窟の中で最大規模かつ最も芸術性が高く、全体の設計が緻密な仏像として知られる。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041910596

  • 2022年04月19日
    (2)竜門石窟の奉先寺、修復工事の7割が完了河南省洛陽市

    14日、竜門石窟の奉先寺で測量を行うスタッフ。中国河南省洛陽市にある大型仏教石窟群「竜門石窟」の奉先寺では現在、浸出水処理と危険岩体補強の大型保護プロジェクトが進行している。1971年以来50年ぶりの大型プロジェクトは昨年12月に始まり、既に作業の7割を終えた。6月の完工を予定している。奉先寺は竜門石窟を代表する最大の摩崖仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)で、内部の盧舎那大仏は同石窟の中で最大規模かつ最も芸術性が高く、全体の設計が緻密な仏像として知られる。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041910558

  • 2022年04月19日
    (11)竜門石窟の奉先寺、修復工事の7割が完了河南省洛陽市

    14日、竜門石窟の奉先寺で顔料の状態を調査するスタッフ。中国河南省洛陽市にある大型仏教石窟群「竜門石窟」の奉先寺では現在、浸出水処理と危険岩体補強の大型保護プロジェクトが進行している。1971年以来50年ぶりの大型プロジェクトは昨年12月に始まり、既に作業の7割を終えた。6月の完工を予定している。奉先寺は竜門石窟を代表する最大の摩崖仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)で、内部の盧舎那大仏は同石窟の中で最大規模かつ最も芸術性が高く、全体の設計が緻密な仏像として知られる。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041910588

  • 2022年04月19日
    (9)竜門石窟の奉先寺、修復工事の7割が完了河南省洛陽市

    14日、保護プロジェクトが進む竜門石窟の奉先寺。(小型無人機から)中国河南省洛陽市にある大型仏教石窟群「竜門石窟」の奉先寺では現在、浸出水処理と危険岩体補強の大型保護プロジェクトが進行している。1971年以来50年ぶりの大型プロジェクトは昨年12月に始まり、既に作業の7割を終えた。6月の完工を予定している。奉先寺は竜門石窟を代表する最大の摩崖仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)で、内部の盧舎那大仏は同石窟の中で最大規模かつ最も芸術性が高く、全体の設計が緻密な仏像として知られる。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041910603

  • 2022年04月19日
    (10)竜門石窟の奉先寺、修復工事の7割が完了河南省洛陽市

    13日、竜門石窟の奉先寺で損傷状況を調査するスタッフ。中国河南省洛陽市にある大型仏教石窟群「竜門石窟」の奉先寺では現在、浸出水処理と危険岩体補強の大型保護プロジェクトが進行している。1971年以来50年ぶりの大型プロジェクトは昨年12月に始まり、既に作業の7割を終えた。6月の完工を予定している。奉先寺は竜門石窟を代表する最大の摩崖仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)で、内部の盧舎那大仏は同石窟の中で最大規模かつ最も芸術性が高く、全体の設計が緻密な仏像として知られる。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041910608

  • 2022年04月19日
    (4)竜門石窟の奉先寺、修復工事の7割が完了河南省洛陽市

    14日、竜門石窟の奉先寺で測量を行うスタッフ。中国河南省洛陽市にある大型仏教石窟群「竜門石窟」の奉先寺では現在、浸出水処理と危険岩体補強の大型保護プロジェクトが進行している。1971年以来50年ぶりの大型プロジェクトは昨年12月に始まり、既に作業の7割を終えた。6月の完工を予定している。奉先寺は竜門石窟を代表する最大の摩崖仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)で、内部の盧舎那大仏は同石窟の中で最大規模かつ最も芸術性が高く、全体の設計が緻密な仏像として知られる。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041910612

  • 1