KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 発展
  • 景観
  • 風景
  • 特色
  • 建設
  • 平成
  • 観光客
  • 強化

「代名詞」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
646
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
646
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1900年01月01日
    MATA HARI: Spy, Courtesan, Exotic Dancer 1876-1917

    Circa 1900, Paris, France: Dutch exotic dancer and courtesan MATA HARI pictured with her husband, a Dutch naval officer RUDOLF MACLEOD. MATA HARI was the stage name of MARGARETHA GEERTRUIDA ZELLE, who was executed by firing squad for alleged espionage during World War I. The very name of Mata Hari has become synonymous with spying, espionage, intrigue, and sensuality. (Credit Image: © Keystone Press Agency/ZUMA Wire)、クレジット:©Keystone Press Agency/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060903609

  • -
    China: Zhuge Liang (CE 181-234) was Chancellor of Shu Han during the Three Kingdoms period of Chinese history (CE 220–280).

    Zhuge Liang (CE 181-234) was Chancellor of Shu Han during the Three Kingdoms period of Chinese history. He is often recognised as the greatest and most accomplished strategist of his era. Often depicted wearing a robe and holding a fan made of crane feathers, Zhuge was not only an important military strategist and statesman; he was also an accomplished scholar and inventor. His reputation as an intelligent and learned scholar grew even while he was living in relative seclusion, earning him the nickname Wolong (literally Crouching Dragon). Zhuge is an uncommon two-character compound family name. His name ? even his surname alone ? has become synonymous with intelligence and tactics in Chinese culture. (Newscom TagID: pfhphotos002519.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061401616

  • -
    Hayle.

    Hayle. St Ives in the distance‘, c1860. West Cornwall Railway, later part of the Great Western Railway (GWR). The boom time for the harbour and effectively the birth of the town came in the first half of the 19th century when Hayle became synonymous with mining-related industries and, above all, Harvey‘s. Harvey & Co. employed 1,000 men and exported Cornish beam engines all over the world. Illustration by RT Pentreath for ‘Views of Devonshire and Cornwall‘ by Henry Besley. (Exeter, c1860). Engraving. 、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072502157

  • -
    China: Zhuge Liang (CE 181-234) was Chancellor of Shu Han during the Three Kingdoms period of Chinese history (CE 220–280).

    Zhuge Liang (CE 181-234) was Chancellor of Shu Han during the Three Kingdoms period of Chinese history. He is often recognised as the greatest and most accomplished strategist of his era. Often depicted wearing a robe and holding a fan made of crane feathers, Zhuge was not only an important military strategist and statesman; he was also an accomplished scholar and inventor. His reputation as an intelligent and learned scholar grew even while he was living in relative seclusion, earning him the nickname Wolong (literally Crouching Dragon). Zhuge is an uncommon two-character compound family name. His name ? even his surname alone ? has become synonymous with intelligence and tactics in Chinese culture. (Newscom TagID: pfhphotos002518.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061401602

  • -
    Hayle.

    Hayle. St Ives in the distance‘, c1860. West Cornwall Railway, later part of the Great Western Railway (GWR). The boom time for the harbour and effectively the birth of the town came in the first half of the 19th century when Hayle became synonymous with mining-related industries and, above all, Harvey‘s. Harvey & Co. employed 1,000 men and exported Cornish beam engines all over the world. Illustration by RT Pentreath for ‘Views of Devonshire and Cornwall‘ by Henry Besley. (Exeter, c1860). Engraving.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019082902509

  • -
    「富嶽三十六景 凱風快晴」, South Wind, Clear Sky (Gaifū kaisei), also known as Red Fuji,

    ☆「富嶽三十六景 凱風快晴」, South Wind, Clear Sky (Gaifū kaisei), also known as Red Fuji, from the series Thirty-six Views of Mount Fuji (Fugaku sanjūrokkei), Edo period (1615–1868), ca. 1830–32, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, 9 5/8 x 14 in. (24.4 x 35.6 cm), Prints, Katsushika Hokusai (Japanese, Tokyo (Edo) 1760–1849 Tokyo (Edo)), Hokusai‘s ‘Thirty-six Views of Mount Fuji‘ is justly celebrated as one of the world‘s greatest series of images of various conditions and vantage points of a particular place, in this case, the mountain synonymous with Japan.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091405414

  • -
    Libro de sinónimos, San Isidoro escrito por Erdemi. Museo Episcopal de Vic.

    Libro de sinónimos, San Isidoro escrito por Erdemi. Museo Episcopal de Vic.、クレジット:Album/Ramon Manent/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021060711902

  • 1908年12月31日
    AYUNTAMIENTO DE VALLADOLID - 1908 - ARQUITECTURA HISTORICISTA.

    AYUNTAMIENTO DE VALLADOLID - 1908 - ARQUITECTURA HISTORICISTA. Author: REPULLES Y VARGAS ENRIQUE. Location: AYUNTAMIENTO. Valladolid. SPAIN.、クレジット:Album/Oronoz/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021061008515

  • 1948年12月24日
    カストリ酒場

    酒不足の時代にいも類や雑穀を原料にして急造された密造酒「カストリ」焼酎が大人気。戦後の闇文化の代名詞にもなった=1948(昭和23)年12月24日

    商品コード: 2002111400037

  • 1975年03月01日
    にぎわう“京女”シリーズ

    豊臣秀吉の設計といわれ“淀君”とのロマンスが伝えられる醍醐寺三宝院の名園では参観者みんなが目を見張る。さくらに先駆け、紅梅が花開き春の訪れを告げる。平清盛の娘で悲運の女性建礼門院像(長楽寺)、美人の代名詞小野小町の遺品(瑞心院)など“京女”を訪ねる人たちで春の都はにぎわう=1975(昭和50)年3月1日、京都市伏見区醍醐東大路町

    商品コード: 2012090700157

  • 1994年02月04日
    今は渋滞の代名詞に 歴史刻む交通の要衝

    (2)天王山中腹から「山崎の合戦」の古戦場を望む。新幹線や名神高速道が走り今も東西交通の要衝だ=平成5年12月、京都府・大山崎町

    商品コード: 1994020400040

  • 1994年02月04日
    今は渋滞の代名詞に 歴史刻む交通の要衝

    (1)朝夕の渋滞が繰り返される名神高速道。夕暮れの天王山トンネルへ車の尾灯が吸い込まれていく=平成5年12月、京都府・大山崎町

    商品コード: 1994020400037

  • 1994年11月07日
    日本企業の代名詞に

    )、外信24S  英国日産が1993年の乗用車輸出台数でトップになったことを記念し、今年2月1日、主要輸出車種のマイクラを披露するセインズベリー貿易産業担当国務相(右)(ロイター=共同)

    商品コード: 1994110700028

  • 2004年08月23日
    前刀禎明氏 携帯機の新たな代名詞に

    インタビューに答える米アップルコンピュータ副社長の前刀禎明氏

    商品コード: 2004082300207

  • 2004年11月11日
    スペインの「元気印」

    マドリード近郊の住宅建設現場近くにお目見えした牛の形をした巨大広告。株の世界ではブル(雄牛)は上げ相場の代名詞。住宅需要が高まり活況を呈するスペイン建設業界の現状を象徴しているようです。(ロイター=共同)

    商品コード: 2004111100120

  • 2005年04月25日
    男前が台無し

    そんなにグルグル巻きにしないで! モスクワの劇場で上演された演劇「ドンフアン」のひとこま。色男の代名詞とされるドンフアンを演じる男性(右)の美ぼうも、これでは台無しか(タス=共同)

    商品コード: 2005042500099

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年01月22日
    グアンタナモの施設入り口 対テロ戦「暗部」の代名詞

    キューバ・グアンタナモ米海軍基地のテロ容疑者収容施設の入り口=21日(ロイター=共同)

    商品コード: 2009012200214

  • 2011年01月27日
    札幌五輪「日の丸飛行隊」 日本勢が表彰台独占

    1972(昭和47)年2月6日、札幌冬季五輪のジャンプ70メートル級で、笠谷幸生が優勝、金野昭次(左)は銀、青地清二(右)も銅と日本3選手が表彰台を独占。アジアで初開催された冬季五輪での快挙。後に「日の丸飛行隊」と呼ばれ、その後の大会でもメダルを期待される日本ジャンプ陣の代名詞となった。

    商品コード: 2011012700149

  • 2011年04月22日
    四大陸選手権の高橋大輔 代名詞は世界一のステップ

    四大陸選手権で優勝した高橋大輔のショートプログラム=2月、台北(共同)

    商品コード: 2011042200244

  • 2014年01月20日
    ActiveMuseum_0006529.jpg / .Punch or May Day .Benjamin Robert Haydon

    キーワード:絵画、アート、美術、芸術-January 20, 2014: ActiveMuseum_0006529.jpg / Punch or May Day (the first day of May, .day and workers parties).20/01/2014 - / 19th century / Benjamin Robert Haydon. (Credit Image: © Active Museum/Le Pictorium Agency via ZUMA Press)、クレジット:©Active Museum/Le Pictorium Agency via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Belgium and France Rights OUT

    商品コード: 2021031907804

  • 2014年01月22日
    ActiveMuseum_0006332.jpg / .Self-portrait with a bandaged ear .Van Gogh

    キーワード:絵画、アート、美術、芸術-January 22, 2014: ActiveMuseum_0006332.jpg / Self-portrait with a bandaged ear.Paul Gauguin joined van Gogh in the town of Arles in November 1888 to paint together in what van Gogh called the ‘‘studio of the South‘‘, but they quickly started to quarrel. After a vicious argument, van Gogh mutilated his left ear. This self-portrait was one of the first works van Gogh painted after this incident..22/01/2014 - / 19th century / Van Gogh. (Credit Image: © Active Museum/Le Pictorium Agency via ZUMA Press)、クレジット:©Active Museum/Le Pictorium Agency via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Belgium and France Rights OUT

    商品コード: 2021031907764

  • 2014年01月30日
    札幌五輪「日の丸飛行隊」 日本勢が表彰台独占

    1972(昭和47)年2月6日、札幌冬季五輪のジャンプ70メートル級で、笠谷幸生が優勝、金野昭次(左)は銀、青地清二(右)が銅と日本勢が表彰台を独占。アジアで初開催された冬季五輪での快挙だった。後に「日の丸飛行隊」と呼ばれ、その後もメダルを期待される日本ジャンプ陣の代名詞となった。

    商品コード: 2014013000267

  • 2014年02月18日
    清水、代名詞の3トップ

    清水の先発予想メンバー

    商品コード: 2014021800477

  • 2014年02月18日
    清水、代名詞の3トップ

    清水の先発予想メンバー

    商品コード: 2014021800479

  • 2014年02月18日
    清水、代名詞の3トップ

    名古屋の先発予想メンバー

    商品コード: 2014021800483

  • 2014年02月18日
    清水、代名詞の3トップ

    名古屋の先発予想メンバー

    商品コード: 2014021800485

  • 2014年04月14日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Mural on a building in downtown Windsor, Ontario, Canada depicting a worker in the Hiram-Walker distillery. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072903284

  • 2014年04月14日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Mural on a building in downtown Windsor, Ontario, Canada depicting a worker in the Hiram-Walker distillery. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020300375

  • 2014年04月16日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Hiram Walker and Sons Canadian Club main building in Windsor, Ontario, Canada. The main office building of Hiram Walker and Sons Limited is a magnificent late 19th-century Italian Renaissance style building of red brick and terra cotta and is located beside the Detroit River. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020300326

  • 2014年04月16日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Hiram Walker and Sons Canadian Club main building in Windsor, Ontario, Canada. The main office building of Hiram Walker and Sons Limited is a magnificent late 19th-century Italian Renaissance style building of red brick and terra cotta and is located beside the Detroit River. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072903136

  • 2014年04月16日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Hiram Walker and Sons Canadian Club main building in Windsor, Ontario, Canada. The main office building of Hiram Walker and Sons Limited is a magnificent late 19th-century Italian Renaissance style building of red brick and terra cotta and is located beside the Detroit River. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072903288

  • 2014年04月16日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Hiram Walker and Sons Canadian Club main building in Windsor, Ontario, Canada. The main office building of Hiram Walker and Sons Limited is a magnificent late 19th-century Italian Renaissance style building of red brick and terra cotta and is located beside the Detroit River. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020300277

  • 2014年04月16日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Hiram Walker and Sons Canadian Club main building in Windsor, Ontario, Canada. The main office building of Hiram Walker and Sons Limited is a magnificent late 19th-century Italian Renaissance style building of red brick and terra cotta and is located beside the Detroit River. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072903093

  • 2014年04月16日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Hiram Walker and Sons Canadian Club main building in Windsor, Ontario, Canada. The main office building of Hiram Walker and Sons Limited is a magnificent late 19th-century Italian Renaissance style building of red brick and terra cotta and is located beside the Detroit River. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020300288

  • 2014年04月16日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Hiram Walker and Sons Canadian Club main building in Windsor, Ontario, Canada. The main office building of Hiram Walker and Sons Limited is a magnificent late 19th-century Italian Renaissance style building of red brick and terra cotta and is located beside the Detroit River. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020300289

  • 2014年04月16日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Hiram Walker and Sons Canadian Club main building in Windsor, Ontario, Canada. The main office building of Hiram Walker and Sons Limited is a magnificent late 19th-century Italian Renaissance style building of red brick and terra cotta and is located beside the Detroit River. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072902854

  • 2014年04月16日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Hiram Walker and Sons distillery building in Windsor, Ontario, Canada. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072902601

  • 2014年04月16日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Hiram Walker and Sons distillery building in Windsor, Ontario, Canada. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020300299

  • 2014年04月16日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Hiram Walker and Sons distillery building in Windsor, Ontario, Canada. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101406214

  • 2014年04月16日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Hiram Walker and Sons distillery building in Windsor, Ontario, Canada. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072903094

  • 2014年04月16日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Hiram Walker and Sons distillery building in Windsor, Ontario, Canada. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020300266

  • 2014年04月16日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Hiram Walker and Sons distillery building in Windsor, Ontario, Canada. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020300351

  • 2014年04月16日
    Hiram Walker And Sons Distillery In Windsor

    Hiram Walker and Sons distillery building in Windsor, Ontario, Canada. Hiram Walker was a prominent American distiller who is best known for his whisky company Canadian Club, a whisky that‘s synonymous with Hiram Walker and Sons. Today, with 37 fermenters, the company boasts as North America‘s largest distillery capacity–180,000 liters of alcohol (vodka, rum and whisky) everyday, five days a week. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072903237

  • 2014年05月02日
    アデミール・ウエタ氏 下手の代名詞だった日本人

    ブラジル・サンパウロ州カタンドゥバの自宅で、メキシコ五輪出場時の自分の写真を指さすアデミール・ウエタ氏=3月(共同)

    商品コード: 2014050200975

  • 2014年05月30日
    ペケルマン監督 攻撃サッカーが代名詞

    コロンビアのホセ・ペケルマン監督

    商品コード: 2014053000882

  • 03:08.98
    2014年11月02日
    「生涯現役で頑張りたい」 旭日小綬章の加山雄三さん

    政府は3日付で2014年秋の叙勲受章者を発表し、来年で芸能生活55周年、77歳の今も「若大将」が代名詞の歌手の加山雄三さんに旭日小綬章が贈られた。最近は若手ミュージシャンとバンドを組んで精力的に活動しており、「生涯現役で頑張らせていただきたい」と顔をほころばせた。<映像内容>旭日小綬章を受けてコメントする加山雄三さんの様子、撮影日:2014(平成26)年11月2日、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2019030712541

  • 2015年12月24日
    夜を彩るレーザー光線 ザ・シンガポール

    今やマーライオンと並びシンガポールの代名詞となっている高級リゾートホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」。屋上にある空中庭園で3棟がつながるユニークな建物全体を駆使し毎夜行われる光と水のショー「WONDER FULL」が、訪れた人々を魅了する。夜を彩るレーザー光線は東南アジア随一の発展を遂げているシンガポールを象徴するかのごとく、どこまでもその光跡を伸ばしていた。(撮影・大森裕太、共同)

    商品コード: 2015122400536

  • 2017年10月31日
    Sharper Image back from the dead...temporarily シャーパー・イメージ

    キーワード:ポップアップストア、内観、Sharper Image back from the dead...temporarily‐A Sharper Image pop-up store in Times Square in New York on Monday, October 30, 2017. Almost ten years after closing its brick-and-mortar stores ThreeSixtyBrands, the owner of the brand, has opened a pop-up store in the Crossroads of the World selling merchandise which is synonymous with the Sharper Image. The rather sparse store is set up for a multitude of demos including drones, walking dinosaurs and other electronic gadgets that you didn‘t know you need. (ツ Richard B. Levine) Photo via Newscom 、クレジット:Richard B.Levine/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017111700261

  • 2017年10月31日
    Sharper Image back from the dead...temporarily シャーパー・イメージ

    キーワード:ポップアップストア、内観、Sharper Image back from the dead...temporarily‐A Sharper Image pop-up store in Times Square in New York on Monday, October 30, 2017. Almost ten years after closing its brick-and-mortar stores ThreeSixtyBrands, the owner of the brand, has opened a pop-up store in the Crossroads of the World selling merchandise which is synonymous with the Sharper Image. The rather sparse store is set up for a multitude of demos including drones, walking dinosaurs and other electronic gadgets that you didn‘t know you need. (ツ Richard B. Levine) Photo via Newscom 、クレジット:Richard B.Levine/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017111700262

  • 2017年10月31日
    Sharper Image back from the dead...temporarily シャーパー・イメージ

    キーワード:ポップアップストア、外観、Sharper Image back from the dead...temporarily‐A Sharper Image pop-up store in Times Square in New York on Monday, October 30, 2017. Almost ten years after closing its brick-and-mortar stores ThreeSixtyBrands, the owner of the brand, has opened a pop-up store in the Crossroads of the World selling merchandise which is synonymous with the Sharper Image. The rather sparse store is set up for a multitude of demos including drones, walking dinosaurs and other electronic gadgets that you didn‘t know you need. (ツ Richard B. Levine) Photo via Newscom 、クレジット:Richard B.Levine/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017111700250

  • 2018年01月15日
    W杯個人第1戦の葛西 「レジェンド」の代名詞

    W杯ジャンプ男子個人第1戦予選での葛西紀明の飛躍=2017年11月、ポーランド・ビスワ(共同)

    商品コード: 2018011500516

  • 2018年01月15日
    サマージャンプ大会の葛西 「レジェンド」の代名詞

    伊藤杯大倉山サマージャンプ大会での葛西紀明の飛躍=2017年11月、札幌・大倉山

    商品コード: 2018011500518

  • 2018年01月15日
    「レジェンド」の代名詞

    葛西の空中姿勢

    商品コード: 2018011500537

  • 2018年01月15日
    「レジェンド」の代名詞

    葛西の空中姿勢

    商品コード: 2018011500538

  • 2018年04月08日
    梨との百年の縁河北省衡水市劉老人村

    見頃を迎えた劉老人村の梨の花。満開の時期になると多くの観光客が花見に訪れる。(4月8日撮影、小型無人機から)中国河北省衡水市にある劉老人村は昔からチュウゴクナシの郷と称えられ、栽培の歴史は春秋戦国時代(紀元前8世紀から3世紀ごろ)までさかのぼる。同村は現在、梨の栽培面積が2900ムー(約193ヘクタール)に達し、栽培品種は20種類を超えている。村の「百年梨園」には樹齢100年以上の梨の木が5000本以上あり、農・林業の専門家から「梨の博物館」と称えられている。年1回の梨の花フェスティバルは村の立派な代名詞となり、2018年には4万人を超える観光客がその名を慕って村を訪れた。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200457

  • 2018年04月08日
    梨との百年の縁河北省衡水市劉老人村

    劉老人村で開催された「梨の花フェスティバル」の様子。多くの観光客が村を訪れた。(4月8日撮影、小型無人機から)中国河北省衡水市にある劉老人村は昔からチュウゴクナシの郷と称えられ、栽培の歴史は春秋戦国時代(紀元前8世紀から3世紀ごろ)までさかのぼる。同村は現在、梨の栽培面積が2900ムー(約193ヘクタール)に達し、栽培品種は20種類を超えている。村の「百年梨園」には樹齢100年以上の梨の木が5000本以上あり、農・林業の専門家から「梨の博物館」と称えられている。年1回の梨の花フェスティバルは村の立派な代名詞となり、2018年には4万人を超える観光客がその名を慕って村を訪れた。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200444

  • 2018年05月02日
    梨との百年の縁河北省衡水市劉老人村

    劉老人村にある梨韻広場。広場内には116歳まで生きた「劉老人」こと劉彰の銅像もある。(5月2日撮影)中国河北省衡水市にある劉老人村は昔からチュウゴクナシの郷と称えられ、栽培の歴史は春秋戦国時代(紀元前8世紀から3世紀ごろ)までさかのぼる。同村は現在、梨の栽培面積が2900ムー(約193ヘクタール)に達し、梨の栽培品種は20種類を超えている。村の「百年梨園」には樹齢100年以上の梨の木が5000本以上あり、農・林業の専門家から「梨の博物館」と称えられている。年1回の梨の花フェスティバルは村の立派な代名詞となり、2018年には4万人を超える観光客がその名を慕って村を訪れた。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200472

  • 2018年05月11日
    夏の花の代名詞的存在 ヒマワリ

    キーワード:キク科、ヒマワリ、黄色、屋外、夏、花、花言葉、植物、代名詞、日本、無人、存在、動植物メイン写真=2018(平成30)年5月11日、撮影場所不明、クレジット:SADAO MAEJIMA/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070810119

  • 2018年05月19日
    空から見た「海上第一名山」青島市の嶗山

    19日、雲が立ち込める嶗山。(ドローンで撮影)中国山東省青島市にある嶗山は黄海に面し、中国の海岸線に沿った山脈では最高峰であるため「海上第一名山」と称される。山と海に囲まれた嶗山の美しい景色は、市の代名詞にもなっている。(青島=新華社記者/郭緒雷)=2018(平成30)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052400357

  • 2018年05月19日
    嶗山の麓で茶摘み山東省青島市

    19日、青島市嶗山区にある碧海藍田生態農業有限公司で、摘んだばかりの茶葉を見せる女性。中国山東省青島市嶗山区では「南茶北引」(南方の茶を北でも生産する)プロジェクトを実施し、特色ある農業経済の中心産業として、嶗山茶を重点的に栽培している。嶗山茶は地域の農業に利益をもたらし、農家の収入を増やす特色ある基幹産業の一つとして、青島市の代名詞的存在にもなっている。(青島=新華社記者/郭緒雷)=2018(平成30)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100660

  • 2018年05月19日
    嶗山の麓で茶摘み山東省青島市

    19日、青島市嶗山区にある碧海藍田生態農業有限公司での茶摘みの様子。(ドローンで撮影)中国山東省青島市嶗山区では「南茶北引」(南方の茶を北でも生産する)プロジェクトを実施し、特色ある農業経済の中心産業として、嶗山茶を重点的に栽培している。嶗山茶は地域の農業に利益をもたらし、農家の収入を増やす特色ある基幹産業の一つとして、青島市の代名詞的存在にもなっている。(青島=新華社記者/郭緒雷)=2018(平成30)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100667

  • 2018年05月19日
    嶗山の麓で茶摘み山東省青島市

    19日、青島市嶗山区にある碧海藍田生態農業有限公司で茶摘みをする人々。中国山東省青島市嶗山区では「南茶北引」(南方の茶を北でも生産する)プロジェクトを実施し、特色ある農業経済の中心産業として、嶗山茶を重点的に栽培している。嶗山茶は地域の農業に利益をもたらし、農家の収入を増やす特色ある基幹産業の一つとして、青島市の代名詞的存在にもなっている。(青島=新華社記者/郭緒雷)=2018(平成30)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100704

  • 2018年05月19日
    空から見た「海上第一名山」青島市の嶗山

    19日、空から見た嶗山麓の茶畑と村。(ドローンで撮影)中国山東省青島市にある嶗山は黄海に面し、中国の海岸線に沿った山脈では最高峰であるため「海上第一名山」と称される。山と海に囲まれた嶗山の美しい景色は、市の代名詞にもなっている。(青島=新華社記者/郭緒雷)=2018(平成30)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052400370

  • 2018年05月19日
    空から見た「海上第一名山」青島市の嶗山

    19日、空から見た嶗山麓の青島市雕龍嘴村。(ドローンで撮影)中国山東省青島市にある嶗山は黄海に面し、中国の海岸線に沿った山脈では最高峰であるため「海上第一名山」と称される。山と海に囲まれた嶗山の美しい景色は、市の代名詞にもなっている。(青島=新華社記者/郭緒雷)=2018(平成30)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052400371

  • 2018年05月19日
    嶗山の麓で茶摘み山東省青島市

    19日、青島市嶗山区にある碧海藍田生態農業有限公司で、茶葉を炒る従業員。中国山東省青島市嶗山区では「南茶北引」(南方の茶を北でも生産する)プロジェクトを実施し、特色ある農業経済の中心産業として、嶗山茶を重点的に栽培している。嶗山茶は地域の農業に利益をもたらし、農家の収入を増やす特色ある基幹産業の一つとして、青島市の代名詞的存在にもなっている。(青島=新華社記者/郭緒雷)=2018(平成30)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100685

  • 2018年05月21日
    空から見た「海上第一名山」青島市の嶗山

    21日、雲が立ち込める嶗山。(ドローンで撮影)中国山東省青島市にある嶗山は黄海に面し、中国の海岸線に沿った山脈では最高峰であるため「海上第一名山」と称される。山と海に囲まれた嶗山の美しい景色は、市の代名詞にもなっている。(青島=新華社記者/郭緒雷)=2018(平成30)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052400368

  • 2018年06月27日
    梨との百年の縁河北省衡水市劉老人村

    空から見た劉老人村。村とその周辺では梨の栽培が盛んに行われている。(6月27日撮影、小型無人機から)中国河北省衡水市にある劉老人村は昔からチュウゴクナシの郷と称えられ、栽培の歴史は春秋戦国時代(紀元前8世紀から3世紀ごろ)までさかのぼる。同村は現在、梨の栽培面積が2900ムー(約193ヘクタール)に達し、栽培品種は20種類を超えている。村の「百年梨園」には樹齢100年以上の梨の木が5000本以上あり、農・林業の専門家から「梨の博物館」と称えられている。年1回の梨の花フェスティバルは村の立派な代名詞となり、2018年には4万人を超える観光客がその名を慕って村を訪れた。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200476

  • 2018年06月27日
    梨との百年の縁河北省衡水市劉老人村

    樹齢100年以上の梨の木が集まる「百年梨園」。農・林業の専門家からは「梨の博物館」と称えられている。(6月27日撮影、小型無人機から)中国河北省衡水市にある劉老人村は昔からチュウゴクナシの郷と称えられ、栽培の歴史は春秋戦国時代(紀元前8世紀から3世紀ごろ)までさかのぼる。同村は現在、梨の栽培面積が2900ムー(約193ヘクタール)に達し、栽培品種は20種類を超えている。村の「百年梨園」には樹齢100年以上の梨の木が5000本以上あり、農・林業の専門家から「梨の博物館」と称えられている。年1回の梨の花フェスティバルは村の立派な代名詞となり、2018年には4万人を超える観光客がその名を慕って村を訪れた。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200440

  • 01:11.38
    2018年10月19日
    「新華社」古都開封で美しさを競う279万鉢の菊の花河南省

    中国河南省開封(かいほう)市で18日、第36回菊まつり(菊花文化節)が始まった。「菊香る開封、花開く中国の夢」をテーマに11月18日まで開催される。今回の菊まつりには色鮮やかに咲き誇る新品種の菊が並び、市全体で279万鉢の菊の花が展示されている。宋時代の文化や改革開放40周年、中国雑技界の権威ある「金菊賞」など多くの要素を融合し、地域や文化の特色を表現している。開封市は菊で有名な都市で、菊の栽培には1500年以上の歴史がある。北宋(960~1127年)時代の汴京(べんけい)城(現在の開封)で行われた重陽節の菊の花見は、中国最古の菊の花見といわれている。1983年に始まった菊まつりは、これまで35回開催され、開封市の国際文化観光都市建設の代名詞となっている。<映像内容>第36回菊まつりの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102214469

  • 2018年11月29日
    大根栽培で農家の増収後押し山東省濰坊市

    29日、濰坊市寒亭区の農業技術会社で、大根を洗うスタッフ。中国山東省濰坊(いほう)市寒亭(かんてい)区はここ数年、国家現代農業産業園の建設を通して大根栽培の施設農業を発展させ、周辺の農家をけん引してきた。現在、大根は地域の特色ある農業を表す代名詞となり、農家の増収を後押ししている。(濰坊=新華社記者/郭緖雷)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022691

  • 2018年11月29日
    大根栽培で農家の増収後押し山東省濰坊市

    29日、濰坊市寒亭区の村で、大根を収穫する村民。中国山東省濰坊(いほう)市寒亭(かんてい)区はここ数年、国家現代農業産業園の建設を通して大根栽培の施設農業を発展させ、周辺の農家をけん引してきた。現在、大根は地域の特色ある農業を表す代名詞となり、農家の増収を後押ししている。(濰坊=新華社記者/郭緖雷)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022536

  • 2018年11月29日
    大根栽培で農家の増収後押し山東省濰坊市

    29日、濰坊市寒亭区の農業技術会社で、出荷用に大根を箱詰めするスタッフ。中国山東省濰坊(いほう)市寒亭(かんてい)区はここ数年、国家現代農業産業園の建設を通して大根栽培の施設農業を発展させ、周辺の農家をけん引してきた。現在、大根は地域の特色ある農業を表す代名詞となり、農家の増収を後押ししている。(濰坊=新華社記者/郭緖雷)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022499

  • 2018年12月05日
    イケスギが美しい生態系の代名詞に安徽省来安県

    5日、赤く色づいた美しいイケスギの林。(小型無人機から)中国安徽省滁州(じょしゅう)市来安県にある「イケスギ湖国家湿地公園」は、数万本のイケスギが水源を涵養する森林であるだけでなく、さまざまな鳥類が生息する「天国」でもあり、同地の美しい生態系の代名詞となっている。(来安=新華社記者/曹力)=2018(平成30)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020906

  • 2018年12月05日
    イケスギが美しい生態系の代名詞に安徽省来安県

    5日、イケスギの林を舞う鳥。中国安徽省滁州(じょしゅう)市来安県にある「イケスギ湖国家湿地公園」は、数万本のイケスギが水源を涵養する森林であるだけでなく、さまざまな鳥類が生息する「天国」でもあり、同地の美しい生態系の代名詞となっている。(来安=新華社記者/曹力)=2018(平成30)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021010

  • 2018年12月05日
    イケスギが美しい生態系の代名詞に安徽省来安県

    5日、湖にたたずむコクチョウ。中国安徽省滁州(じょしゅう)市来安県にある「イケスギ湖国家湿地公園」は、数万本のイケスギが水源を涵養する森林であるだけでなく、さまざまな鳥類が生息する「天国」でもあり、同地の美しい生態系の代名詞となっている。(来安=新華社記者/曹力)=2018(平成30)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021097

  • 2018年12月05日
    イケスギが美しい生態系の代名詞に安徽省来安県

    5日、赤く色づいた美しいイケスギの林。(小型無人機から)中国安徽省滁州(じょしゅう)市来安県にある「イケスギ湖国家湿地公園」は、数万本のイケスギが水源を涵養する森林であるだけでなく、さまざまな鳥類が生息する「天国」でもあり、同地の美しい生態系の代名詞となっている。(来安=新華社記者/曹力)=2018(平成30)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020967

  • 2018年12月05日
    イケスギが美しい生態系の代名詞に安徽省来安県

    5日、イケスギの林を舞う鳥。中国安徽省滁州(じょしゅう)市来安県にある「イケスギ湖国家湿地公園」は、数万本のイケスギが水源を涵養する森林であるだけでなく、さまざまな鳥類が生息する「天国」でもあり、同地の美しい生態系の代名詞となっている。(来安=新華社記者/曹力)=2018(平成30)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020888

  • 2018年12月05日
    イケスギが美しい生態系の代名詞に安徽省来安県

    5日、空から見たイケスギの林。(小型無人機から)中国安徽省滁州(じょしゅう)市来安県にある「イケスギ湖国家湿地公園」は、数万本のイケスギが水源を涵養する森林であるだけでなく、さまざまな鳥類が生息する「天国」でもあり、同地の美しい生態系の代名詞となっている。(来安=新華社記者/曹力)=2018(平成30)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020986

  • 03:56.14
    2018年12月25日
    「新華社」中国独自開発の無人機「翼竜」、100機目を納入へ

    中国国有航空機メーカーの中国航空工業集団は25日、「翼竜」シリーズの無人機で100機目となる機体が四川省成都市で検収を終え、まもなく海外ユーザーに引き渡されることを明らかにした。中国の無人機の輸出記録は更新され、中国が完全に独自の知的財産権を持つ同シリーズの発展の道に新たな一里塚を築いた。多目的無人機は21世紀の「尖兵の翼」と呼ばれる。同社の成都飛機設計研究所は2005年、中高度で長時間滞空が可能な多目的無人機を突破口に無人機「翼竜1」の独自開発を開始した。「翼竜」プロジェクトは10年以上の研究を重ね、単一機種から次第にシリーズ展開を行い、実戦での卓越した性能で国際市場から高評価を獲得した。同シリーズは、中国の航空機輸出で新たな代名詞となり、海外ユーザーも深い信頼を寄せる人気製品となった。中国航空工業集団の関係責任者は、「無人機「翼竜」シリーズの100機の引き渡しは同社が全面的に無人機産業のイノベーション発展を進めてきたことの証であると説明。今後もハイエンド無人機分野を技術面でけん引し、業界のパイオニアを目指す」との考えを示し、「竜」シリーズ無人機システムを一流ブランドとするため全力を注ぐと表明した。同日には、中航(成都)無人機系統有限公司の設立も発表された。同社はこれまでにない体制とメカニズムで運営される無人機に特化した企業であり、「翼竜」の未来に向けた発展の新たなスタート地点となり、同無人機が将来の発展で絶えず技術的な突破を得られるように後押ししていく。<映像内容>中国独自開発の無人機「翼竜」の様子、撮影日:2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122700933

  • 02:31.38
    2019年01月22日
    「新華社」陶磁琉璃国芸館が開業「国の御用達」の魅力を展示山東省淄博市

    陶磁器や琉璃(るり、ガラスの古称)器は、中国山東省淄博(しはく)市の優れた伝統産業で、同市の代名詞となっている。このほど開業した淄博陶磁琉璃国芸館には、陶磁器・琉璃器の技術や芸術面で最先端を歩む企業約50社や著名芸術家のアトリエが入居している。華光国磁や硅元磁器など有名ガラス器メーカーも続々と自社の全製品を一般公開し、国の記念行事や国賓招待などでも用いられる「国の御用達」の魅力をアピールしている。同館は陶磁器と琉璃器の2つのエリアに分かれており敷地面積は5万平方メートル。陶磁器や琉璃器の開発やデザイン、展示、売買の各機能が集まる。建設には2年以上を費やした。これまで分散していた陶磁・琉璃産業が1カ所に集まり成長するための場を提供。文化や観光、科学技術などの関連産業との融合発展を促進していく。琉璃器の製造は同市で数千年続く文化の結晶とされる。琉璃は「火に生まれ水に去る」(焼成後に冷却し加工や研磨を行う)といわれ、中国ではその製作過程を炎の中から再生する鳳凰になぞらえ「鳳凰涅槃」式と呼ぶ。製造工程は複雑で、10以上の厳密な工程を経て完成する。製作には通常十数日から二十日かかり、主に手仕事で進められる。(記者/趙小羽)<映像内容>淄博陶磁琉璃国芸館の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202080

  • 02:46.27
    2019年01月23日
    「新華社」ある生態都市のハクチョウとの「約束」河南省三門峡市

    中国河南省の黄河南岸に位置する三門峡市では、真冬の時期を迎えても生命力に満ちた光景が見られる。市内の天鵝湖国家都市湿地公園には多くのオオハクチョウが湖面に集まり、戯れたり飛び立ったりしている。中国が改革の全面的深化を掲げて5年、この愛すべき「水上の精霊」の姿は、三門峡黄河湿地の絶え間ない生態環境の改善と人と動物の調和と共生を何よりも映し出している。数ある三門峡の代名詞の中でも「白鳥の城」の名は最も輝かしいものだといえる。数千羽のオオハクチョウは、毎年冬になると遥かなシベリアから温暖なこの地に飛来し越冬する。今では毎年1万羽以上が三門峡黄河ダム区で越冬している。同市は2017年、オオハクチョウ保護のための法整備を行い「三門峡市オオハクチョウおよび生息地保護条例」を公布した。生態環境の改善によって、オオハクチョウ以外にも多くの鳥が黄河湿地に定住するようになった。かつて金や石炭、ボーキサイトなどの優良資源に依存する工業都市だった三門峡の森林被覆率は、今や50・72%に達する。資源依存型都市から住みやすい生態都市への転換を成し遂げ、黄河湿地に感動的な生態文明絵巻を作りだしている。(記者/張彩霞、袁明月)<映像内容>オオハクチョウ飛来の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301436

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:21.12
    2019年01月30日
    「新華社」砂漠に降る雪新疆タクラマカン

    砂漠と雪は本来、それぞれ炎熱と厳寒の代名詞である。水と火のように対照的な2つのものが、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠で共存している。タクラマカン砂漠南部にあるロプノール国家砂漠公園とロプノール国家湿地公園では21日、強い寒気の影響を受け、今年になって初めて雪が降った。タクラマカン砂漠、コトカケヤナギの原生林、タリム川が雪の中で一体となった景色はまるで童話の世界。多くの観光客や写真愛好家が美しい景色に魅了され、観賞や撮影に訪れている。<映像内容>タクラマカン砂漠の雪景色、撮影日:2019(平成31)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010531

  • 2019年02月11日
    Singing birds on the North Sea coast

    11 February 2019, Schleswig-Holstein, Hamburger Hallig: A swarm of snowhammers and earedler flies over the salt marshes near the Hamburger Hallig. Small Singvögel fled from the bitter cold of Northern Europe here. For them, the harsh weather of Schleswig-Holstein is synonymous with the “sunny south“. (Zu dpa “Rough north is considered “sunny south“ for arctic songbirds) Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022106202

  • 2019年02月11日
    Singing birds on the North Sea coast

    11 February 2019, Schleswig-Holstein, Hamburger Hallig: A swarm of snowhammers and earedler flies over the salt marshes near the Hamburger Hallig. Small Singvögel fled from the bitter cold of Northern Europe here. For them, the harsh weather of Schleswig-Holstein is synonymous with the “sunny south“. (Zu dpa “Rough north is considered “sunny south“ for arctic songbirds) Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022106231

  • 2019年02月11日
    Singing birds on the North Sea coast

    11 February 2019, Schleswig-Holstein, Hamburger Hallig: A swarm of snowhammers and earedler flies over the salt marshes near the Hamburger Hallig. Small Singvögel fled from the bitter cold of Northern Europe here. For them, the harsh weather of Schleswig-Holstein is synonymous with the “sunny south“. (Zu dpa “Rough north is considered “sunny south“ for arctic songbirds) Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022106173

  • 2019年02月11日
    Singing birds on the North Sea coast

    11 February 2019, Schleswig-Holstein, Hamburger Hallig: A swarm of snowhammers and earedler flies over the salt marshes near the Hamburger Hallig. Small Singvögel fled from the bitter cold of Northern Europe here. For them, the harsh weather of Schleswig-Holstein is synonymous with the “sunny south“. (Zu dpa “Rough north is considered “sunny south“ for arctic songbirds) Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022106213

  • 2019年02月11日
    Singing birds on the North Sea coast

    11 February 2019, Schleswig-Holstein, Hamburger Hallig: A swarm of snowhammers and earedler flies over the salt marshes near the Hamburger Hallig. Small Singvögel fled from the bitter cold of Northern Europe here. For them, the harsh weather of Schleswig-Holstein is synonymous with the “sunny south“. (Zu dpa “Rough north is considered “sunny south“ for arctic songbirds) Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022106220

  • 2019年02月11日
    Singing birds on the North Sea coast

    11 February 2019, Schleswig-Holstein, Hamburger Hallig: A swarm of snowhammers and earedler flies over the salt marshes near the Hamburger Hallig. Small Singvögel fled from the bitter cold of Northern Europe here. For them, the harsh weather of Schleswig-Holstein is synonymous with the “sunny south“. (Zu dpa “Rough north is considered “sunny south“ for arctic songbirds) Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022106431

  • 2019年02月11日
    Singing birds on the North Sea coast

    11 February 2019, Schleswig-Holstein, Hamburger Hallig: A swarm of snowhammers and earedler flies over the salt marshes near the Hamburger Hallig. Small Singvögel fled from the bitter cold of Northern Europe here. For them, the harsh weather of Schleswig-Holstein is synonymous with the “sunny south“. (Zu dpa “Rough north is considered “sunny south“ for arctic songbirds) Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022106048

  • 2019年02月11日
    Singing birds on the North Sea coast

    11 February 2019, Schleswig-Holstein, Hamburger Hallig: A swarm of snowhammers and earedler flies over the salt marshes near the Hamburger Hallig. Small Singvögel fled from the bitter cold of Northern Europe here. For them, the harsh weather of Schleswig-Holstein is synonymous with the “sunny south“. (Zu dpa “Rough north is considered “sunny south“ for arctic songbirds) Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022106219

  • 2019年02月11日
    Singing birds on the North Sea coast

    11 February 2019, Schleswig-Holstein, Hamburger Hallig: A swarm of snowhammers and earedler flies over the salt marshes near the Hamburger Hallig. Small Singvögel fled from the bitter cold of Northern Europe here. For them, the harsh weather of Schleswig-Holstein is synonymous with the “sunny south“. (Zu dpa “Rough north is considered “sunny south“ for arctic songbirds) Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022106438

  • 2019年02月11日
    Singing birds on the North Sea coast

    11 February 2019, Schleswig-Holstein, Hamburger Hallig: A swarm of snowhammers and earedler flies over the salt marshes near the Hamburger Hallig. Small Singvögel fled from the bitter cold of Northern Europe here. For them, the harsh weather of Schleswig-Holstein is synonymous with the “sunny south“. (Zu dpa “Rough north is considered “sunny south“ for arctic songbirds) Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022106186

  • 2019年02月11日
    Singing birds on the North Sea coast

    11 February 2019, Schleswig-Holstein, Hamburger Hallig: A swarm of snowhammers and earedler flies over the salt marshes near the Hamburger Hallig. Small Singvögel fled from the bitter cold of Northern Europe here. For them, the harsh weather of Schleswig-Holstein is synonymous with the “sunny south“. (Zu dpa “Rough north is considered “sunny south“ for arctic songbirds) Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022106441

  • 02:00.32
    2019年02月15日
    「新華社」タチラクウショウが描く湖畔の風景安徽省来安県

    中国安徽省滁州(じょしゅう)市来安県の池杉湖国家湿地公園は、華東地域における渡り鳥の主要生息地となっている。数万本のタチラクウショウ(中国名:池杉)が水源涵養(かんよう)を可能にしているだけでなく、各種鳥類が生息する「楽園」となっており、地元の美しい生態環境の代名詞となっている。同県ではここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(宝の山)」との理念を実践し、生態環境保護レッドラインの厳守、生態安全の維持、「山水林田湖草(自然資源)」生命共同体の建設推進、生態系の修復や保護に積極的で有効な開発の実施、池、林、水、鳥が調和し共生できる生態チェーンの実現、森林や湖沼を主体とした生態系保護を行っている。(記者/曹力)<映像内容>中国・池杉湖国家湿地公園の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501711

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な伝統演芸を楽しむ人々。(小型無人機から)中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003074

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な芸を披露する伝統演芸伝承者。中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003075

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な芸を披露する伝統演芸伝承者。中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003109

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な芸を披露する伝統演芸伝承者。中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003016

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な芸を披露する伝統演芸伝承者。中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003026

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な芸を披露する伝統演芸伝承者。中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003090

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6