KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 建築資材
  • 製品
  • 従業員
  • 装飾
  • るり
  • 乾燥
  • 前身
  • 努力

「任丘市」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
39
( 1 39 件を表示)
  • 1
39
( 1 39 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年02月17日
    「糖葫蘆祭り」で元宵節を迎える河北省任丘

    17日、河北省任丘市呂公堡鎮後李花村で開催された「糖葫蘆祭り」で糖葫蘆を買い求める観光客。中国河北省任丘市呂公堡鎮の後李花村で17日、年に一度の「糖葫蘆祭り」が開幕した。100人以上の糖葫蘆(タンフール、サンザシなどに串を刺して飴がけしたお菓子)職人たちが、サンザシやナガイモ、パイナップルなどの食材でさまざまな形の糖葫蘆を作り、民俗行事の体験やランタン観賞に訪れた大勢の観光客の目を楽しませた。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021900922

  • 2019年02月17日
    「糖葫蘆祭り」で元宵節を迎える河北省任丘

    17日、河北省任丘市呂公堡鎮後李花村で開催された「糖葫蘆祭り」で糖葫蘆を買い求める観光客。中国河北省任丘市呂公堡鎮の後李花村で17日、年に一度の「糖葫蘆祭り」が開幕した。100人以上の糖葫蘆(タンフール、サンザシなどに串を刺して飴がけしたお菓子)職人たちが、サンザシやナガイモ、パイナップルなどの食材でさまざまな形の糖葫蘆を作り、民俗行事の体験やランタン観賞に訪れた大勢の観光客の目を楽しませた。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021900993

  • 2019年02月17日
    「糖葫蘆祭り」で元宵節を迎える河北省任丘

    17日、河北省任丘市呂公堡鎮後李花村で開催された「糖葫蘆祭り」で糖葫蘆を買い求める観光客。中国河北省任丘市呂公堡鎮の後李花村で17日、年に一度の「糖葫蘆祭り」が開幕した。100人以上の糖葫蘆(タンフール、サンザシなどに串を刺して飴がけしたお菓子)職人たちが、サンザシやナガイモ、パイナップルなどの食材でさまざまな形の糖葫蘆を作り、民俗行事の体験やランタン観賞に訪れた大勢の観光客の目を楽しませた。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021901003

  • 2019年02月17日
    「糖葫蘆祭り」で元宵節を迎える河北省任丘

    17日、河北省任丘市呂公堡鎮後李花村で開催された「糖葫蘆祭り」で糖葫蘆を買い求める観光客。中国河北省任丘市呂公堡鎮の後李花村で17日、年に一度の「糖葫蘆祭り」が開幕した。100人以上の糖葫蘆(タンフール、サンザシなどに串を刺して飴がけしたお菓子)職人たちが、サンザシやナガイモ、パイナップルなどの食材でさまざまな形の糖葫蘆を作り、民俗行事の体験やランタン観賞に訪れた大勢の観光客の目を楽しませた。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021900987

  • 2019年02月17日
    「糖葫蘆祭り」で元宵節を迎える河北省任丘

    17日、河北省任丘市呂公堡鎮後李花村で開催された「糖葫蘆祭り」の会場を訪れ楽しむ観光客。中国河北省任丘市呂公堡鎮の後李花村で17日、年に一度の「糖葫蘆祭り」が開幕した。100人以上の糖葫蘆(タンフール、サンザシなどに串を刺して飴がけしたお菓子)職人たちが、サンザシやナガイモ、パイナップルなどの食材でさまざまな形の糖葫蘆を作り、民俗行事の体験やランタン観賞に訪れた大勢の観光客の目を楽しませた。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021900988

  • 01:42.87
    2020年06月30日
    「新華社」霊芝の大規模栽培で住民が豊かに河北省任丘市

    中国河北省任丘市の懸圃霊芝栽培専業合作社(協同組合)が霊芝の大規模栽培を行うことで、地元住民の就業と収入増につなげている。同合作社は、近隣住民500人以上を受け入れることで地元での就業と収入増加を実現した。今年は霊芝を計30万本栽培し、年間収が1千万元(1元=約15円)以上に達する見込み。今後は霊芝の加工に乗り出し、霊芝の盆栽やお茶、胞子粉などの開発で利益を現在の3倍以上にするという。(記者/駱学峰)<映像内容>霊芝の栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200710

  • 2020年07月30日
    現代によみがえる古代の青れんが、河北省出岸鎮

    7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、れんがの型枠を整理する作業員。青れんがは中国の建築資材として古い歴史がある。河北省任丘市出岸鎮には清朝(1644~1911)のれんが窯跡に造られたれんが工場があり、伝統的な技能を編み出して復古調建築物用の青れんがや瓦などを生産している。(任丘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303610

  • 2020年07月30日
    故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、れんがの素地を窯入れする従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)=配信日:2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010803402

  • 2020年07月30日
    現代によみがえる古代の青れんが、河北省出岸鎮

    7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、青れんがを作る作業員。青れんがは中国の建築資材として古い歴史がある。河北省任丘市出岸鎮には清朝(1644~1911)のれんが窯跡に造られたれんが工場があり、伝統的な技能を編み出して復古調建築物用の青れんがや瓦などを生産している。(任丘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303497

  • 2020年07月30日
    現代によみがえる古代の青れんが、河北省出岸鎮

    7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、青れんがを点検する作業員。青れんがは中国の建築資材として古い歴史がある。河北省任丘市出岸鎮には清朝(1644~1911)のれんが窯跡に造られたれんが工場があり、伝統的な技能を編み出して復古調建築物用の青れんがや瓦などを生産している。(任丘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303516

  • 2020年07月30日
    現代によみがえる古代の青れんが、河北省出岸鎮

    7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、青れんがを運ぶ作業員。(小型無人機から)青れんがは中国の建築資材として古い歴史がある。河北省任丘市出岸鎮には清朝(1644~1911)のれんが窯跡に造られたれんが工場があり、伝統的な技能を編み出して復古調建築物用の青れんがや瓦などを生産している。(任丘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303574

  • 2020年07月30日
    現代によみがえる古代の青れんが、河北省出岸鎮

    7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、復古調建築物用の装飾物を点検する作業員。青れんがは中国の建築資材として古い歴史がある。河北省任丘市出岸鎮には清朝(1644~1911)のれんが窯跡に造られたれんが工場があり、伝統的な技能を編み出して復古調建築物用の青れんがや瓦などを生産している。(任丘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303706

  • 2021年01月06日
    (10)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、窯出ししたれんがを整える従業員。(小型無人機から、2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701393

  • 2021年01月06日
    (3)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、れんがの素地を窯入れする従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701370

  • 2021年01月06日
    (19)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、れんがの素地を作る従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701383

  • 2021年01月06日
    (20)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、れんがの素地を作る従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701384

  • 2021年01月06日
    (13)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、れんがの素地を点検する従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701387

  • 2021年01月06日
    (1)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、古式建築の屋根飾りの汚れを落とす従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701361

  • 2021年01月06日
    (12)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、れんがの素地を並べる従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701373

  • 2021年01月06日
    (16)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、原料の粘土を練る従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701395

  • 2021年01月06日
    (8)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、れんがの素地を作る従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701372

  • 2021年01月06日
    (17)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、れんがの素地を作る従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701385

  • 2021年01月06日
    (6)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、原料の粘土を練る従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701390

  • 2021年01月06日
    (7)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、れんがの素地を作る従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701391

  • 2021年01月06日
    (11)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、れんがの素地を運ぶ従業員。(小型無人機から、2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701378

  • 2021年01月06日
    (5)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、れんがの素地を窯入れする従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701379

  • 2021年01月06日
    (14)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、瑠璃瓦の素地を窯入れする従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701381

  • 2021年01月06日
    (2)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、完成した古式建築用装飾物を確認する従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701369

  • 2021年01月06日
    (18)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、原料の粘土を運ぶ従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701380

  • 2021年01月06日
    (9)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、瑠璃瓦の素地を窯入れする従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701392

  • 2021年01月06日
    (15)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、れんがの型枠を調整する従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701394

  • 2021年11月12日
    (2)ハイエンド石油掘削設備製造業を育成河北省任丘市

    河北省任丘市にある河北華北石油栄盛機械製造の工場で製品を検査する従業員。(10月15日撮影)中国河北省任丘市では石油掘削設備の製造が盛んで、油井防噴装置、採油機、ドリルパイプ接合部品、排泥ポンプ、送油管の五大品目230種類以上が作られている。同市はここ数年、重要な科学技術の成果を実用化する取り組みを実施し、企業による研究開発機関の設立を支援することで、産業の構造転換と高度化を進め、ハイエンド石油掘削設備製造業を育成。製品は国内販売に加え、北米やアフリカ、中東などに輸出されている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111209724

  • 2021年11月12日
    (4)ハイエンド石油掘削設備製造業を育成河北省任丘市

    河北省任丘市にある河北新鉄虎石油機械の工場で組み立てが進む機械部品。(10月15日撮影)中国河北省任丘市では石油掘削設備の製造が盛んで、油井防噴装置、採油機、ドリルパイプ接合部品、排泥ポンプ、送油管の五大品目230種類以上が作られている。同市はここ数年、重要な科学技術の成果を実用化する取り組みを実施し、企業による研究開発機関の設立を支援することで、産業の構造転換と高度化を進め、ハイエンド石油掘削設備製造業を育成。製品は国内販売に加え、北米やアフリカ、中東などに輸出されている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111209766

  • 2021年11月12日
    (1)ハイエンド石油掘削設備製造業を育成河北省任丘市

    河北省任丘市にある河北華北石油栄盛機械製造の工場で働く従業員。(10月15日撮影)中国河北省任丘市では石油掘削設備の製造が盛んで、油井防噴装置、採油機、ドリルパイプ接合部品、排泥ポンプ、送油管の五大品目230種類以上が作られている。同市はここ数年、重要な科学技術の成果を実用化する取り組みを実施し、企業による研究開発機関の設立を支援することで、産業の構造転換と高度化を進め、ハイエンド石油掘削設備製造業を育成。製品は国内販売に加え、北米やアフリカ、中東などに輸出されている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111209712

  • 2021年11月12日
    (3)ハイエンド石油掘削設備製造業を育成河北省任丘市

    河北省任丘市にある河北華北石油栄盛機械製造の工場で製品を検査する従業員。(10月15日撮影)中国河北省任丘市では石油掘削設備の製造が盛んで、油井防噴装置、採油機、ドリルパイプ接合部品、排泥ポンプ、送油管の五大品目230種類以上が作られている。同市はここ数年、重要な科学技術の成果を実用化する取り組みを実施し、企業による研究開発機関の設立を支援することで、産業の構造転換と高度化を進め、ハイエンド石油掘削設備製造業を育成。製品は国内販売に加え、北米やアフリカ、中東などに輸出されている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111209725

  • 2021年11月12日
    (5)ハイエンド石油掘削設備製造業を育成河北省任丘市

    河北省任丘市にある河北新鉄虎石油機械の工場で製品を検査する従業員。(10月15日撮影)中国河北省任丘市では石油掘削設備の製造が盛んで、油井防噴装置、採油機、ドリルパイプ接合部品、排泥ポンプ、送油管の五大品目230種類以上が作られている。同市はここ数年、重要な科学技術の成果を実用化する取り組みを実施し、企業による研究開発機関の設立を支援することで、産業の構造転換と高度化を進め、ハイエンド石油掘削設備製造業を育成。製品は国内販売に加え、北米やアフリカ、中東などにも輸出されている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111209813

  • 2022年04月27日
    (1)植物園のコクチョウ脱走、消防隊員が保護河北省

    23日、コクチョウの幼鳥3羽を捕まえる消防隊員。中国河北省任丘市にある会戦北道消防救援ステーションの隊員らはこのほど、植物園の敷地を出て用水路に入り込んだコクチョウ5羽を保護し、植物園内の安全な水域に戻した。(滄州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042708110

  • 01:00.24
    2022年04月27日
    「新華社」植物園のコクチョウ脱走、消防隊員が保護河北省

    中国河北省任丘市の会戦北道消防救援ステーションはこのほど、植物園の管理者から、園内のコクチョウ5羽が敷地外に出て用水路に入り込んだとの通報を受けた。消防救援隊が水中救助用の装備を携え現場に到着すると、管理者は5羽が家族だと説明し、捕獲用の道具がないため救助を求めたと話した。隊員は道具を携帯し、ゴムボートでコクチョウに接近。まず幼鳥3羽を捕まえ、それをおとりに成鳥を引き付けた。成鳥が捕捉可能な範囲に来たところで、植物園の管理者がまず1羽捕まえ、同様の手段で消防救援隊員が別の1羽を捕獲し、植物園内の安全な水域に戻した。(記者/杜一方) =配信日: 2022(令和4)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042708064

  • 2022年04月27日
    (2)植物園のコクチョウ脱走、消防隊員が保護河北省

    23日、コクチョウの幼鳥3羽をおとりにして成鳥を引き付ける消防隊員。中国河北省任丘市にある会戦北道消防救援ステーションの隊員らはこのほど、植物園の敷地を出て用水路に入り込んだコクチョウ5羽を保護し、植物園内の安全な水域に戻した。(滄州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042708103

  • 1