KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 位置
  • 小興安嶺山脈
  • 風景
  • うば
  • ちょう
  • りゅう
  • 一日
  • 一緒に

「伊春市」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
76
( 1 76 件を表示)
  • 1
76
( 1 76 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年08月25日
    96人乗り旅客機が墜落

    中国黒竜江省伊春市

    商品コード: 2010082500002

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年08月25日
    96人乗り旅客機が墜落

    中国黒竜江省伊春市

    商品コード: 2010082500003

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年08月25日
    96人乗り旅客機が墜落

    中国黒竜江省伊春市

    商品コード: 2010082500004

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年08月25日
    96人乗り旅客機が墜落

    中国黒竜江省伊春市

    商品コード: 2010082500005

  • 2016年06月11日
    黒竜江省初の高速観光列車運行へ観光コースも同時発表

    森林資源が豊富な黒竜江省伊春市では毎年、自転車レースが開催される。(資料写真)中国黒竜江省文化・観光庁はこのほど、5月1日から「竜江への週末旅行」キャンペーンを正式に開始することを明らかにした。同省初の観光用高速列車がハルビン西駅とチチハル駅を結ぶという。黒竜江省文化・観光庁は同キャンペーンを皮切りに、大慶温泉日帰り観光、撫遠・黒瞎子島(ヘイシャーズとう)4日間の旅、黒河-ブラゴベシチェンスク(ロシア)4日間の旅などの観光コースも発表した。(ハルビン=新華社配信/黒竜江省文化観光庁提供)=2016(平成28)年6月11日、クレジット:黒竜江省文化観光庁/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051702346

  • 03:16.71
    2018年11月26日
    「新華社」北の地を漂う一面の流氷黒竜江

    中国黒竜江省伊春市の嘉蔭(かえい)県はここ数日で気温が急激に下がり、中国とロシアの国境を流れる黒竜江は凍結が始まり、まもなく6カ月間の航行可能期間を終える。川が凍り付く前の壮大な「流氷」の光景は、嘉蔭一帯で見られる美しい風物詩だ。一般的に冬といえば葉が落ちた寒々しい木々を思い浮かべるだろう。しかし嘉蔭は違う。一面の流氷が押し流されていく壮大な光景を味わえるだけでなく、寒中水泳のこの上ない楽しさを自ら体験できる。雪が降ったばかりの嘉蔭の気温は低く、マイナス20度まで下がった早朝、黒竜江のほとりにはすでに10人余りの嘉蔭寒中水泳協会の愛好者たちが集まっていた。中高年の人々も多く、最高齢者は65歳だ。戸外で分厚い綿入れの衣服を脱ぐと凍てつく水中に飛び込み、黒竜江を心ゆくまで泳ぎ怒涛の勢いで流れていく流氷と触れ合った。酷寒にあらがうことが楽しみな愛好者たちは、身体の限界に挑みつつ、寒々とした冬の日に熱い思いをぶつけた。(記者/張玥、劉宇軒)<映像内容>嘉蔭の流氷の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112733446

  • 2019年05月15日
    小興安嶺石林国家森林公園を訪ねて黒竜江省伊春市

    15日、黒竜江省伊春市の小興安嶺石林国家森林公園で、氷が張った洞窟内部を見学する観光客。中国黒竜江省伊春市の湯旺河区に位置する小興安嶺石林国家森林公園は、原生林の植生被覆率が90%以上で、約千種の動植物が生息・生育している。公園内には緑豊かな風景が広がっており、観光やレジャーにも適した土地だ。(伊春=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002037

  • 2019年05月15日
    小興安嶺石林国家森林公園を訪ねて黒竜江省伊春市

    15日、黒竜江省伊春市の小興安嶺石林国家森林公園で、後脚で立ち上がり周囲を見回すリス。。中国黒竜江省伊春市の湯旺河区に位置する小興安嶺石林国家森林公園は、原生林の植生被覆率が90%以上で、約千種の動植物が生息・生育している。公園内には緑豊かな風景が広がっており、観光やレジャーにも適した土地だ。(伊春=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002191

  • 2019年05月15日
    小興安嶺石林国家森林公園を訪ねて黒竜江省伊春市

    15日、黒竜江省伊春市の小興安嶺石林国家森林公園。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市の湯旺河区に位置する小興安嶺石林国家森林公園は、原生林の植生被覆率が90%以上で、約千種の動植物が生息・生育している。公園内には緑豊かな風景が広がっており、観光やレジャーにも適した土地だ。(伊春=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002178

  • 2019年05月15日
    小興安嶺石林国家森林公園を訪ねて黒竜江省伊春市

    15日、黒竜江省伊春市の小興安嶺石林国家森林公園。中国黒竜江省伊春市の湯旺河区に位置する小興安嶺石林国家森林公園は、原生林の植生被覆率が90%以上で、約千種の動植物が生息・生育している。公園内には緑豊かな風景が広がっており、観光やレジャーにも適した土地だ。(伊春=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002112

  • 2019年05月15日
    小興安嶺石林国家森林公園を訪ねて黒竜江省伊春市

    15日、黒竜江省伊春市の小興安嶺石林国家森林公園で写真を撮る観光客。中国黒竜江省伊春市の湯旺河区に位置する小興安嶺石林国家森林公園は、原生林の植生被覆率が90%以上で、約千種の動植物が生息・生育している。公園内には緑豊かな風景が広がっており、観光やレジャーにも適した土地だ。(伊春=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002114

  • 2019年05月15日
    小興安嶺石林国家森林公園を訪ねて黒竜江省伊春市

    15日、黒竜江省伊春市の小興安嶺石林国家森林公園。中国黒竜江省伊春市の湯旺河区に位置する小興安嶺石林国家森林公園は、原生林の植生被覆率が90%以上で、約千種の動植物が生息・生育している。公園内には緑豊かな風景が広がっており、観光やレジャーにも適した土地だ。(伊春=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002122

  • 2019年08月19日
    中国東北部の「恐竜の里」を訪ねて黒竜江省嘉蔭県

    嘉蔭県を調査に訪れた古生物学者を記念して、嘉蔭恐竜国家地質公園が製作した像。(8月19日撮影)中国黒竜江省伊春市嘉蔭県は、黒竜江(アムール川)中流の右岸に位置し、川を隔ててロシアと向かい合っている。1902年、科学者がこの地で「マンチュロサウルス(Mandschurosaurus)」を代表とする大型ハドロサウルス科(Hadrosauridae、カモノハシ恐竜)の恐竜化石を発見した。考証により、同県には数百もの恐竜の化石が埋まっていることが分かり、「恐竜の里」と呼ばれるようになった。嘉蔭県はここ数年、恐竜という特色ある文化的シンボルを柱に神州恐竜博物館を設立し、恐竜国家地質公園の建設と地質遺跡保護事業も加速させている。(嘉蔭=新華社記者/劉赫垚)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901958

  • 2019年08月19日
    中国東北部の「恐竜の里」を訪ねて黒竜江省嘉蔭県

    嘉蔭県の神州恐竜博物館で展示された恐竜の化石。(8月19日撮影)中国黒竜江省伊春市嘉蔭県は、黒竜江(アムール川)中流の右岸に位置し、川を隔ててロシアと向かい合っている。1902年、科学者がこの地で「マンチュロサウルス(Mandschurosaurus)」を代表とする大型ハドロサウルス科(Hadrosauridae、カモノハシ恐竜)の恐竜化石を発見した。考証により、同県には数百もの恐竜の化石が埋まっていることが分かり、「恐竜の里」と呼ばれるようになった。嘉蔭県はここ数年、恐竜という特色ある文化的シンボルを柱に神州恐竜博物館を設立し、恐竜国家地質公園の建設と地質遺跡保護事業も加速させている。(嘉蔭=新華社記者/劉赫垚)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901916

  • 2019年08月19日
    中国東北部の「恐竜の里」を訪ねて黒竜江省嘉蔭県

    嘉蔭県の恐竜国家地質公園で展示された恐竜の像。(8月19日撮影)中国黒竜江省伊春市嘉蔭県は、黒竜江(アムール川)中流の右岸に位置し、川を隔ててロシアと向かい合っている。1902年、科学者がこの地で「マンチュロサウルス(Mandschurosaurus)」を代表とする大型ハドロサウルス科(Hadrosauridae、カモノハシ恐竜)の恐竜化石を発見した。考証により、同県には数百もの恐竜の化石が埋まっていることが分かり、「恐竜の里」と呼ばれるようになった。嘉蔭県はここ数年、恐竜という特色ある文化的シンボルを柱に神州恐竜博物館を設立し、恐竜国家地質公園の建設と地質遺跡保護事業も加速させている。(嘉蔭=新華社記者/劉赫垚)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901940

  • 2019年08月19日
    中国東北部の「恐竜の里」を訪ねて黒竜江省嘉蔭県

    嘉蔭恐竜国家地質公園で展示された恐竜の像。(8月19日撮影)中国黒竜江省伊春市嘉蔭県は、黒竜江(アムール川)中流の右岸に位置し、川を隔ててロシアと向かい合っている。1902年、科学者がこの地で「マンチュロサウルス(Mandschurosaurus)」を代表とする大型ハドロサウルス科(Hadrosauridae、カモノハシ恐竜)の恐竜化石を発見した。考証により、同県には数百もの恐竜の化石が埋まっていることが分かり、「恐竜の里」と呼ばれるようになった。嘉蔭県はここ数年、恐竜という特色ある文化的シンボルを柱に神州恐竜博物館を設立し、恐竜国家地質公園の建設と地質遺跡保護事業も加速させている。(嘉蔭=新華社記者/劉赫垚)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901961

  • 2019年08月29日
    中国東北部の「恐竜の里」を訪ねて黒竜江省嘉蔭県

    嘉蔭恐竜国家地質公園の俯瞰図。(資料写真)中国黒竜江省伊春市嘉蔭県は、黒竜江(アムール川)中流の右岸に位置し、川を隔ててロシアと向かい合っている。1902年、科学者がこの地で「マンチュロサウルス(Mandschurosaurus)」を代表とする大型ハドロサウルス科(Hadrosauridae、カモノハシ恐竜)の恐竜化石を発見した。考証により、同県には数百もの恐竜の化石が埋まっていることが分かり、「恐竜の里」と呼ばれるようになった。嘉蔭県はここ数年、恐竜という特色ある文化的シンボルを柱に神州恐竜博物館を設立し、恐竜国家地質公園の建設と地質遺跡保護事業も加速させている。(嘉蔭=新華社配信/中国共産党嘉蔭県委員会宣伝部提供)=撮影日不明、クレジット:中国共産党嘉蔭県委員会宣伝部/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090501022

  • 2019年10月29日
    ロシアの足環つけたコウノトリを保護黒竜江省

    29日、保護されたコウノトリ。中国黒竜江省伊春市の小興安嶺(しょうこうあんれい)野生動物救護繁殖研究センターは29日、ロシアの足環のついた希少鳥類・コウノトリを保護した。コウノトリは中国で国家1級保護動物、世界でも絶滅危惧種に指定されており「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。現在の野生個体群数は3千羽に満たない。(伊春=新華社配信)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019110500977

  • 2019年10月29日
    ロシアの足環つけたコウノトリを保護黒竜江省

    29日、保護されたコウノトリの足環。中国黒竜江省伊春市の小興安嶺(しょうこうあんれい)野生動物救護繁殖研究センターは29日、ロシアの足環のついた希少鳥類・コウノトリを保護した。コウノトリは中国で国家1級保護動物、世界でも絶滅危惧種に指定されており「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。現在の野生個体群数は3千羽に満たない。(伊春=新華社配信)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019110500975

  • 2020年04月06日
    小興安嶺の生徒を見守る鈍行列車黒竜江省

    6日、烏伊嶺-ジャムス間を走る6274次列車。中国黒竜江省伊春市湯旺県で6日、地元の高校3年生と保護者100人余りが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で遅れていた新学期を迎えるため、列車で同市南岔(なんた)県などに向け出発した。この鈍行列車は、同省北部の小興安嶺(しょうこうあんれい)地区の一部の生徒が安全に学校に戻る手助けをしている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001784

  • 2020年04月06日
    小興安嶺の生徒を見守る鈍行列車黒竜江省

    6日、烏伊嶺-ジャムス間を走る6274次列車に乗り学校へ向かう生徒。中国黒竜江省伊春市湯旺県で6日、地元の高校3年生と保護者100人余りが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で遅れていた新学期を迎えるため、列車で同市南岔(なんた)県などに向け出発した。この鈍行列車は、同省北部の小興安嶺(しょうこうあんれい)地区の一部の生徒が安全に学校に戻る手助けをしている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001761

  • 2020年04月06日
    小興安嶺の生徒を見守る鈍行列車黒竜江省

    6日、伊春駅で6274次列車に乗り込む生徒ら。中国黒竜江省伊春市湯旺県で6日、地元の高校3年生と保護者100人余りが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で遅れていた新学期を迎えるため、列車で同市南岔(なんた)県などに向け出発した。この鈍行列車は、同省北部の小興安嶺(しょうこうあんれい)地区の一部の生徒が安全に学校に戻る手助けをしている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001840

  • 01:07.79
    2020年04月06日
    「新華社」小興安嶺の生徒を見守る鈍行列車黒竜江省

    中国黒竜江省伊春市湯旺県で6日、地元の高校3年生と保護者100人余りが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で遅れていた新学期を迎えるため、列車で同市南岔(なんた)県などに向け出発した。この鈍行列車は、同省北部の小興安嶺(しょうこうあんれい)地区の一部の生徒が安全に学校に戻る手助けをしている。中国鉄路ハルビン局集団によると、烏伊嶺(ういれい)からジャムスに向かう同列車は、森林地区の生徒が実家と寄宿舎のある学校との間を往来する重要な交通機関となっている。同集団が運行する23路線の公益事業列車の一つで、営業距離は410キロ、運賃は25・5元(1元=約15円)。区間の最低運賃はわずか1元だという。40年以上運行されており、勉学に励む生徒を見守ってきた。同集団は、新型コロナの流行期間中に生徒が速やかに学校へ戻れるよう、駅や列車内での旅客の体温測定を強化し、駅と列車の消毒や通風、清掃に努めた。同列車の運行を担う牡丹江車掌区では、緊急時に備え使い捨て医療用マスクも準備したという。(記者/馬知遥)<映像内容>列車に乗り移動する学生、マスク姿、検温の様子など、撮影日:2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040901887

  • 2020年04月06日
    小興安嶺の生徒を見守る鈍行列車黒竜江省

    6日、烏伊嶺-ジャムス間を走る6274次列車に乗り学校へ向かう生徒。中国黒竜江省伊春市湯旺県で6日、地元の高校3年生と保護者100人余りが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で遅れていた新学期を迎えるため、列車で同市南岔(なんた)県などに向け出発した。この鈍行列車は、同省北部の小興安嶺(しょうこうあんれい)地区の一部の生徒が安全に学校に戻る手助けをしている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001806

  • 2020年04月06日
    小興安嶺の生徒を見守る鈍行列車黒竜江省

    6日、烏伊嶺-ジャムス間を走る6274次列車の車内で生徒の体温を測る乗務員。中国黒竜江省伊春市湯旺県で6日、地元の高校3年生と保護者100人余りが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で遅れていた新学期を迎えるため、列車で同市南岔(なんた)県などに向け出発した。この鈍行列車は、同省北部の小興安嶺(しょうこうあんれい)地区の一部の生徒が安全に学校に戻る手助けをしている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001839

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    高速道路に取り残されたチョウゲンボウのひなを保護黒竜江省

    保護されたチョウゲンボウのひな。(6月1日撮影)中国黒竜江省ハルビン市に住む楊さんがこのほど、同省伊春市烏翠区を車で通っていたところ、高速道路の脇で雨に濡れて震える2羽のひなが入った鳥かごを発見した。楊さんはひなを車に乗せ、同市嘉蔭県に到着した後、警察に通報して助けを求めた。同県公安局の警察は、保護されたひなが国家2級保護動物のチョウゲンボウで、まだ飛ぶ能力がないことを確認した。調査の結果、2羽のひなは小興安嶺野生動物救護繁殖センターの移転に伴う移動の途中、誤って車から落ちたことが判明した。2羽は伊春市の警察によって既に野生動物保護繁殖センターへ送られ、適切な処置を受けている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020062403068

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    高速道路に取り残されたチョウゲンボウのひなを保護黒竜江省

    チョウゲンボウのひなを確認する警察官。(6月1日撮影)中国黒竜江省ハルビン市に住む楊さんがこのほど、同省伊春市烏翠区を車で通っていたところ、高速道路の脇で雨に濡れて震える2羽のひなが入った鳥かごを発見した。楊さんはひなを車に乗せ、同市嘉蔭県に到着した後、警察に通報して助けを求めた。同県公安局の警察は、保護されたひなが国家2級保護動物のチョウゲンボウで、まだ飛ぶ能力がないことを確認した。調査の結果、2羽のひなは小興安嶺野生動物救護繁殖センターの移転に伴う移動の途中、誤って車から落ちたことが判明した。2羽は伊春市の警察によって既に野生動物保護繁殖センターへ送られ、適切な処置を受けている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2020062403066

  • 2020年07月18日
    黒竜江省で今夏最初の観光列車が出発

    18日、ハルビン駅に停車中に観光列車。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団は18日、黒竜江省で今夏最初の観光列車を運行した。観光客700人近くがハルビン市から伊春市へ向かった。同集団は列車の円滑な運行に向け、駅や列車の換気や消毒、清掃を徹底。旅客の駅舎入場や列車の乗降には誘導員を配置したほか、スマートフォンの健康管理システム「健康コード」の確認や体温検査を実施した。観光業の復興策として同集団は近頃、省内の主な観光名所を組み込んだ複数の旅行商品を発売している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

    商品コード: 2020072703461

  • 2020年07月18日
    黒竜江省で今夏最初の観光列車が出発

    18日、ハルビン駅前の広場で記念撮影する観光客。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団は18日、黒竜江省で今夏最初の観光列車を運行した。観光客700人近くがハルビン市から伊春市へ向かった。同集団は列車の円滑な運行に向け、駅や列車の換気や消毒、清掃を徹底。旅客の駅舎入場や列車の乗降には誘導員を配置したほか、スマートフォンの健康管理システム「健康コード」の確認や体温検査を実施した。観光業の復興策として同集団は近頃、省内の主な観光名所を組み込んだ複数の旅行商品を発売している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703323

  • 2020年07月18日
    黒竜江省で今夏最初の観光列車が出発

    18日、ハルビン駅に停車中の観光列車。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団は18日、黒竜江省で今夏最初の観光列車を運行した。観光客700人近くがハルビン市から伊春市へ向かった。同集団は列車の円滑な運行に向け、駅や列車の換気や消毒、清掃を徹底。旅客の駅舎入場や列車の乗降には誘導員を配置したほか、スマートフォンの健康管理システム「健康コード」の確認や体温検査を実施した。観光業の復興策として同集団は近頃、省内の主な観光名所を組み込んだ複数の旅行商品を発売している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703426

  • 2020年07月18日
    黒竜江省で今夏最初の観光列車が出発

    18日、ハルビン駅前の広場で記念撮影する観光客。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団は18日、黒竜江省で今夏最初の観光列車を運行した。観光客700人近くがハルビン市から伊春市へ向かった。同集団は列車の円滑な運行に向け、駅や列車の換気や消毒、清掃を徹底。旅客の駅舎入場や列車の乗降には誘導員を配置したほか、スマートフォンの健康管理システム「健康コード」の確認や体温検査を実施した。観光業の復興策として同集団は近頃、省内の主な観光名所を組み込んだ複数の旅行商品を発売している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703301

  • 2020年07月18日
    黒竜江省で今夏最初の観光列車が出発

    18日、ハルビン駅で改札を通る観光列車の乗客。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団は18日、黒竜江省で今夏最初の観光列車を運行した。観光客700人近くがハルビン市から伊春市へ向かった。同集団は列車の円滑な運行に向け、駅や列車の換気や消毒、清掃を徹底。旅客の駅舎入場や列車の乗降には誘導員を配置したほか、スマートフォンの健康管理システム「健康コード」の確認や体温検査を実施した。観光業の復興策として同集団は近頃、省内の主な観光名所を組み込んだ複数の旅行商品を発売している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

    商品コード: 2020072703427

  • 2020年07月18日
    黒竜江省で今夏最初の観光列車が出発

    18日、ハルビン駅で記念撮影する観光客。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団は18日、黒竜江省で今夏最初の観光列車を運行した。観光客700人近くがハルビン市から伊春市へ向かった。同集団は列車の円滑な運行に向け、駅や列車の換気や消毒、清掃を徹底。旅客の駅舎入場や列車の乗降には誘導員を配置したほか、スマートフォンの健康管理システム「健康コード」の確認や体温検査を実施した。観光業の復興策として同集団は近頃、省内の主な観光名所を組み込んだ複数の旅行商品を発売している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703401

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.66
    2020年09月18日
    「新華社」黒竜江省、緊急時の測量・製図総合演習を実施

    中国黒竜江省測絵地理信息局(測量・製図地理情報局)はこのほど、省内の伊春市で初の大規模かつ全運用プロセスを通じた緊急時の測量・製図能力を保障するための総合実戦演習を行った。今回の演習は、最近の増水期や水位上昇への対応ならびに自然災害・二次災害対応を目的に実施され、小型無人機空撮や地上測量・観測、水中調査、データ処理・統合、総合保障など、さまざまなチームから計90人余りが参加した。(記者/劉赫垚)<映像内容>緊急時の測量・製図総合実戦演習の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092404023

  • 00:29.76
    2020年09月28日
    「新華社」ハルビン-伊春間高速鉄道プロジェクトが始動黒竜江省

    中国黒竜江省のハルビン市と伊春市を結ぶ高速鉄道「哈伊高鉄」プロジェクトが9月28日午前、始動した。最初に着工する鉄力-伊春区間は全長112・299キロ、工期は3年半の予定。同鉄道は省中部に位置し、ハルビン市から伊春市まで、全体として南西から北東に向かって伸びる。全長は300・361キロで、9駅が設置され、設計速度は時速250キロ。同プロジェクトは中国国家鉄路集団と黒竜江省人民政府が共同出資で建設、投資総額は292億6600万元(1元=約16円)を見込んでいる。同鉄道は鉄道網機能と都市間交通としての機能を共に重視し、観光も考慮した高速鉄道。完成後は同省北部辺境地域と内陸発達地域との経済的結び付きを強め、東北部旧工業基地の新たな振興を促進していく。(記者/唐鉄富)<映像内容>ハルビン市と伊春市を結ぶ高速鉄道「哈伊高鉄」プロジェクトが始動、撮影日:2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100300721

  • 2021年05月13日
    永久凍土帯を横断する高速鉄道の建設が開始黒竜江省

    13日、哈伊高速鉄道プロジェクト「鉄力-伊春」区間の工事現場で働く作業員。中国黒竜江省伊春市で13日、永久凍土帯を横断する哈伊(ハルビン-伊春)高速鉄道プロジェクトの「鉄力-伊春」区間の先行建設が正式に開始した。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051710243

  • 2021年05月13日
    永久凍土帯を横断する高速鉄道の建設が開始黒竜江省

    13日、哈伊高速鉄道プロジェクト「鉄力-伊春」区間の工事現場で働く作業員。中国黒竜江省伊春市で13日、永久凍土帯を横断する哈伊(ハルビン-伊春)高速鉄道プロジェクトの「鉄力-伊春」区間の先行建設が正式に開始した。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051710262

  • 2021年05月14日
    (2)永久凍土帯を横断する高速鉄道の建設が開始黒竜江省

    13日、哈伊高速鉄道プロジェクト「鉄力-伊春」区間の工事現場。中国黒竜江省伊春市で13日、永久凍土帯を横断する哈伊(ハルビン-伊春)高速鉄道プロジェクトの「鉄力-伊春」区間の先行建設が正式に開始した。(ハルビン=新華社記者/王君宝)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051506569

  • 2021年05月14日
    (4)永久凍土帯を横断する高速鉄道の建設が開始黒竜江省

    13日、哈伊高速鉄道プロジェクト「鉄力-伊春」区間の概略図。中国黒竜江省伊春市で13日、永久凍土帯を横断する哈伊(ハルビン-伊春)高速鉄道プロジェクトの「鉄力-伊春」区間の先行建設が正式に開始した。(ハルビン=新華社記者/王君宝)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051506568

  • 2021年06月02日
    緑あふれる初夏の上甘嶺渓水国家森林公園黒竜江省

    2日、上甘嶺渓水国家森林公園の風景。初夏を迎え、中国黒竜江省伊春市の上甘嶺渓水国家森林公園では、緑あふれる風景が訪れる人々に安らぎを与えている。同公園は森林と湿地、渓流が一体となった国家4A級観光地(上から2番目のランク)で、小興安嶺山脈の中ほど、湯旺河流域に位置する。総面積は4580ヘクタール。(伊春=新華社記者/謝剣飛)=2021(令和3)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060704812

  • 2021年06月02日
    緑あふれる初夏の上甘嶺渓水国家森林公園黒竜江省

    2日、空から見た上甘嶺渓水国家森林公園。(小型無人機から)初夏を迎え、中国黒竜江省伊春市の上甘嶺渓水国家森林公園では、緑あふれる風景が訪れる人々に安らぎを与えている。同公園は森林と湿地、渓流が一体となった国家4A級観光地(上から2番目のランク)で、小興安嶺山脈の中ほど、湯旺河流域に位置する。総面積は4580ヘクタール。(伊春=新華社記者/謝剣飛)=2021(令和3)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060704824

  • 2021年06月04日
    (2)緑あふれる初夏の上甘嶺渓水国家森林公園黒竜江省

    2日、空から見た上甘嶺渓水国家森林公園。(小型無人機から)初夏を迎え、中国黒竜江省伊春市の上甘嶺渓水国家森林公園では、緑あふれる風景が訪れる人々に安らぎを与えている。同公園は森林と湿地、渓流が一体となった国家4A級観光地(上から2番目のランク)で、小興安嶺山脈の中ほど、湯旺河流域に位置する。総面積は4580ヘクタール。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060410477

  • 2021年06月04日
    (4)緑あふれる初夏の上甘嶺渓水国家森林公園黒竜江省

    2日、上甘嶺渓水国家森林公園の風景。初夏を迎え、中国黒竜江省伊春市の上甘嶺渓水国家森林公園では、緑あふれる風景が訪れる人々に安らぎを与えている。同公園は森林と湿地、渓流が一体となった国家4A級観光地(上から2番目のランク)で、小興安嶺山脈の中ほど、湯旺河流域に位置する。総面積は4580ヘクタール。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060410480

  • 2021年06月04日
    (8)緑あふれる初夏の上甘嶺渓水国家森林公園黒竜江省

    2日、上甘嶺渓水国家森林公園内の豊かな水の流れ。初夏を迎え、中国黒竜江省伊春市の上甘嶺渓水国家森林公園では、緑あふれる風景が訪れる人々に安らぎを与えている。同公園は森林と湿地、渓流が一体となった国家4A級観光地(上から2番目のランク)で、小興安嶺山脈の中ほど、湯旺河流域に位置する。総面積は4580ヘクタール。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060410499

  • 2021年06月04日
    (6)緑あふれる初夏の上甘嶺渓水国家森林公園黒竜江省

    2日、上甘嶺渓水国家森林公園の風景。初夏を迎え、中国黒竜江省伊春市の上甘嶺渓水国家森林公園では、緑あふれる風景が訪れる人々に安らぎを与えている。同公園は森林と湿地、渓流が一体となった国家4A級観光地(上から2番目のランク)で、小興安嶺山脈の中ほど、湯旺河流域に位置する。総面積は4580ヘクタール。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060410494

  • 2021年06月04日
    (9)緑あふれる初夏の上甘嶺渓水国家森林公園黒竜江省

    2日、上甘嶺渓水国家森林公園の風景。初夏を迎え、中国黒竜江省伊春市の上甘嶺渓水国家森林公園では、緑あふれる風景が訪れる人々に安らぎを与えている。同公園は森林と湿地、渓流が一体となった国家4A級観光地(上から2番目のランク)で、小興安嶺山脈の中ほど、湯旺河流域に位置する。総面積は4580ヘクタール。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060410496

  • 2021年06月04日
    (3)緑あふれる初夏の上甘嶺渓水国家森林公園黒竜江省

    2日、空から見た上甘嶺渓水国家森林公園。(小型無人機から)初夏を迎え、中国黒竜江省伊春市の上甘嶺渓水国家森林公園では、緑あふれる風景が訪れる人々に安らぎを与えている。同公園は森林と湿地、渓流が一体となった国家4A級観光地(上から2番目のランク)で、小興安嶺山脈の中ほど、湯旺河流域に位置する。総面積は4580ヘクタール。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060410476

  • 2021年06月04日
    (7)緑あふれる初夏の上甘嶺渓水国家森林公園黒竜江省

    2日、上甘嶺渓水国家森林公園の風景。初夏を迎え、中国黒竜江省伊春市の上甘嶺渓水国家森林公園では、緑あふれる風景が訪れる人々に安らぎを与えている。同公園は森林と湿地、渓流が一体となった国家4A級観光地(上から2番目のランク)で、小興安嶺山脈の中ほど、湯旺河流域に位置する。総面積は4580ヘクタール。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060410483

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (10)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域の森林。中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805736

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (11)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域の森林。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805739

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (5)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、森林パトロール業務に当たる劉宏偉さん。中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805732

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (6)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、火災監視塔に上る劉宏偉さん。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805733

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (9)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、火災監視塔から周辺の様子を確認する劉宏偉さん。中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805734

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (4)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、森林パトロール業務に当たる劉宏偉さん。中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805728

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (2)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、車で森林パトロール業務に当たる劉宏偉さん。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805729

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (13)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域に設置された火災監視塔で、設備を組み立てて周辺確認の準備を行う劉宏偉さん。中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805747

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (12)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、風で倒れたカバノキをスマートフォンで撮影する劉宏偉さん。中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805746

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (3)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、車で森林パトロール業務に当たる劉宏偉さん。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805731

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (8)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、火災監視塔から周辺の様子を確認する劉宏偉さん。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805735

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (7)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、火災監視塔から周辺の様子を確認する劉宏偉さん。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805737

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月08日
    (1)小興安嶺山脈の奥地で働く森林保護員黒竜江省

    4日、黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の管理区域で、車で森林パトロール業務に当たる劉宏偉さん。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市にある烏伊嶺林業局阿廷河林場分公司の劉宏偉(りゅう・こうい)さん(41)は、森林保護員として働き始めて22年が経った。森林火災予防期間中の現在、劉さんはめったに人の訪れない小興安嶺山脈の奥地で少しも気を緩めることなく職務を全うしている。劉さんは「以前であればパトロール業務は早朝から夜遅くまで、一日数十キロの山道を徒歩で行わなければならなかった」と振り返り、ここ数年、林場の道路の補修工事が進み、車両装備もよくなったことから、作業環境はますます改善していると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805730

  • 00:51.69
    2021年06月12日
    「新華社」緑あふれる初夏の上甘嶺渓水国家森林公園黒竜江省

    初夏を迎え、中国黒竜江省伊春市の上甘嶺渓水国家森林公園では、緑あふれる風景が訪れる人々に安らぎを与えている。同公園は森林と湿地、渓流が一体となった国家4A級観光地(上から2番目のランク)で、小興安嶺山脈の中ほど、湯旺河流域に位置する。総面積は4580ヘクタール。(記者/謝剣飛、李夢馨、劉赫垚) =配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061205483

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月16日
    (11)林業局退職後も100万本の木を見守る男性黒竜江省伊春市

    3日、黒竜江省伊春市の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司の管理区域で、地面に落ちたつるを掃除する張英善さん。中国黒竜江省伊春市の烏馬河(うばが)林業局烏馬河森林経営所(現在の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司)で営林作業員として働いていた張英善(ちょう・えいぜん)さん(65)は、退職後の現在も同営林場の管理区域で100万本以上の木の世話に追われている。ごつごつとした両手とわずかに曲がった腰は、張さんが営林事業に心血を注いできたことを物語っている。張さんは昨年、全国労働模範に選ばれた。市街地から遠く離れた山の中に小さな家を持つ張さんは、ここで妻と一緒に1年の大半を過ごしている。家には今も電気が通っておらず、飲料水も井戸に頼るという厳しい環境だが、植樹をするのに便利なため、張さんにとって最もお気に入りの場所なのだと言う。張さんは、木は自身の子どもで、毎年春と夏に周囲の野山が緑にあふれるのを見るたびに人生に悔いはないと感じると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061606103

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月16日
    (7)林業局退職後も100万本の木を見守る男性黒竜江省伊春市

    黒竜江省伊春市の烏馬河林業局烏馬河森林経営所(現在の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司)の管理区域で植樹をする張英善さん。(2018年5月17日撮影)中国黒竜江省伊春市の烏馬河(うばが)林業局烏馬河森林経営所(現在の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司)で営林作業員として働いていた張英善(ちょう・えいぜん)さん(65)は、退職後の現在も同営林場の管理区域で100万本以上の木の世話に追われている。ごつごつとした両手とわずかに曲がった腰は、張さんが営林事業に心血を注いできたことを物語っている。張さんは昨年、全国労働模範に選ばれた。市街地から遠く離れた山の中に小さな家を持つ張さんは、ここで妻と一緒に1年の大半を過ごしている。家には今も電気が通っておらず、飲料水も井戸に頼るという厳しい環境だが、植樹をするのに便利なため、張さんにとって最もお気に入りの場所なのだと言う。張さんは、木は自身の子どもで、毎年春と夏に周囲の野山が緑にあふれるのを見るたびに人生に悔いはないと感じると語った。(伊春=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061605877

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月16日
    (9)林業局退職後も100万本の木を見守る男性黒竜江省伊春市

    3日、黒竜江省伊春市の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司の管理区域にある自宅で、全国労働模範のメダルを見せる張英善さん。中国黒竜江省伊春市の烏馬河(うばが)林業局烏馬河森林経営所(現在の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司)で営林作業員として働いていた張英善(ちょう・えいぜん)さん(65)は、退職後の現在も同営林場の管理区域で100万本以上の木の世話に追われている。ごつごつとした両手とわずかに曲がった腰は、張さんが営林事業に心血を注いできたことを物語っている。張さんは昨年、全国労働模範に選ばれた。市街地から遠く離れた山の中に小さな家を持つ張さんは、ここで妻と一緒に1年の大半を過ごしている。家には今も電気が通っておらず、飲料水も井戸に頼るという厳しい環境だが、植樹をするのに便利なため、張さんにとって最もお気に入りの場所なのだと言う。張さんは、木は自身の子どもで、毎年春と夏に周囲の野山が緑にあふれるのを見るたびに人生に悔いはないと感じると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061605915

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月16日
    (3)林業局退職後も100万本の木を見守る男性黒竜江省伊春市

    3日、黒竜江省伊春市の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司の管理区域で、山をパトロールする張英善さんと燕玉平(えん・ぎょくへい)さん夫妻。中国黒竜江省伊春市の烏馬河(うばが)林業局烏馬河森林経営所(現在の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司)で営林作業員として働いていた張英善(ちょう・えいぜん)さん(65)は、退職後の現在も同営林場の管理区域で100万本以上の木の世話に追われている。ごつごつとした両手とわずかに曲がった腰は、張さんが営林事業に心血を注いできたことを物語っている。張さんは昨年、全国労働模範に選ばれた。市街地から遠く離れた山の中に小さな家を持つ張さんは、ここで妻と一緒に1年の大半を過ごしている。家には今も電気が通っておらず、飲料水も井戸に頼るという厳しい環境だが、植樹をするのに便利なため、張さんにとって最もお気に入りの場所なのだと言う。張さんは、木は自身の子どもで、毎年春と夏に周囲の野山が緑にあふれるのを見るたびに人生に悔いはないと感じると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061605773

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月16日
    (4)林業局退職後も100万本の木を見守る男性黒竜江省伊春市

    3日、黒竜江省伊春市の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司の管理区域で、山をパトロールする張英善さんと燕玉平(えん・ぎょくへい)さん夫妻。中国黒竜江省伊春市の烏馬河(うばが)林業局烏馬河森林経営所(現在の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司)で営林作業員として働いていた張英善(ちょう・えいぜん)さん(65)は、退職後の現在も同営林場の管理区域で100万本以上の木の世話に追われている。ごつごつとした両手とわずかに曲がった腰は、張さんが営林事業に心血を注いできたことを物語っている。張さんは昨年、全国労働模範に選ばれた。市街地から遠く離れた山の中に小さな家を持つ張さんは、ここで妻と一緒に1年の大半を過ごしている。家には今も電気が通っておらず、飲料水も井戸に頼るという厳しい環境だが、植樹をするのに便利なため、張さんにとって最もお気に入りの場所なのだと言う。張さんは、木は自身の子どもで、毎年春と夏に周囲の野山が緑にあふれるのを見るたびに人生に悔いはないと感じると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061605775

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月16日
    (12)林業局退職後も100万本の木を見守る男性黒竜江省伊春市

    3日、黒竜江省伊春市の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司の管理区域で、山をパトロールしながら道を整地する張英善さん。中国黒竜江省伊春市の烏馬河(うばが)林業局烏馬河森林経営所(現在の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司)で営林作業員として働いていた張英善(ちょう・えいぜん)さん(65)は、退職後の現在も同営林場の管理区域で100万本以上の木の世話に追われている。ごつごつとした両手とわずかに曲がった腰は、張さんが営林事業に心血を注いできたことを物語っている。張さんは昨年、全国労働模範に選ばれた。市街地から遠く離れた山の中に小さな家を持つ張さんは、ここで妻と一緒に1年の大半を過ごしている。家には今も電気が通っておらず、飲料水も井戸に頼るという厳しい環境だが、植樹をするのに便利なため、張さんにとって最もお気に入りの場所なのだと言う。張さんは、木は自身の子どもで、毎年春と夏に周囲の野山が緑にあふれるのを見るたびに人生に悔いはないと感じると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061606104

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月16日
    (6)林業局退職後も100万本の木を見守る男性黒竜江省伊春市

    3日、黒竜江省伊春市の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司の管理区域で、30年以上前に自分たちで植えた松の木を眺める張英善さんと燕玉平(えん・ぎょくへい)さん夫妻。中国黒竜江省伊春市の烏馬河(うばが)林業局烏馬河森林経営所(現在の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司)で営林作業員として働いていた張英善(ちょう・えいぜん)さん(65)は、退職後の現在も同営林場の管理区域で100万本以上の木の世話に追われている。ごつごつとした両手とわずかに曲がった腰は、張さんが営林事業に心血を注いできたことを物語っている。張さんは昨年、全国労働模範に選ばれた。市街地から遠く離れた山の中に小さな家を持つ張さんは、ここで妻と一緒に1年の大半を過ごしている。家には今も電気が通っておらず、飲料水も井戸に頼るという厳しい環境だが、植樹をするのに便利なため、張さんにとって最もお気に入りの場所なのだと言う。張さんは、木は自身の子どもで、毎年春と夏に周囲の野山が緑にあふれるのを見るたびに人生に悔いはないと感じると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061605838

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月16日
    (13)林業局退職後も100万本の木を見守る男性黒竜江省伊春市

    黒竜江省伊春市の烏馬河林業局烏馬河森林経営所(現在の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司)の管理区域で苗木を背負って山を登る張英善さん。(2018年5月17日撮影)中国黒竜江省伊春市の烏馬河(うばが)林業局烏馬河森林経営所(現在の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司)で営林作業員として働いていた張英善(ちょう・えいぜん)さん(65)は、退職後の現在も同営林場の管理区域で100万本以上の木の世話に追われている。ごつごつとした両手とわずかに曲がった腰は、張さんが営林事業に心血を注いできたことを物語っている。張さんは昨年、全国労働模範に選ばれた。市街地から遠く離れた山の中に小さな家を持つ張さんは、ここで妻と一緒に1年の大半を過ごしている。家には今も電気が通っておらず、飲料水も井戸に頼るという厳しい環境だが、植樹をするのに便利なため、張さんにとって最もお気に入りの場所なのだと言う。張さんは、木は自身の子どもで、毎年春と夏に周囲の野山が緑にあふれるのを見るたびに人生に悔いはないと感じると語った。(伊春、=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061606179

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月16日
    (8)林業局退職後も100万本の木を見守る男性黒竜江省伊春市

    3日、黒竜江省伊春市の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司の管理区域で、山のパトロール中に川を渡る張英善さん。中国黒竜江省伊春市の烏馬河(うばが)林業局烏馬河森林経営所(現在の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司)で営林作業員として働いていた張英善(ちょう・えいぜん)さん(65)は、退職後の現在も同営林場の管理区域で100万本以上の木の世話に追われている。ごつごつとした両手とわずかに曲がった腰は、張さんが営林事業に心血を注いできたことを物語っている。張さんは昨年、全国労働模範に選ばれた。市街地から遠く離れた山の中に小さな家を持つ張さんは、ここで妻と一緒に1年の大半を過ごしている。家には今も電気が通っておらず、飲料水も井戸に頼るという厳しい環境だが、植樹をするのに便利なため、張さんにとって最もお気に入りの場所なのだと言う。張さんは、木は自身の子どもで、毎年春と夏に周囲の野山が緑にあふれるのを見るたびに人生に悔いはないと感じると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061605916

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月16日
    (1)林業局退職後も100万本の木を見守る男性黒竜江省伊春市

    3日、黒竜江省伊春市の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司の管理区域にある張英善さんの家。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市の烏馬河(うばが)林業局烏馬河森林経営所(現在の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司)で営林作業員として働いていた張英善(ちょう・えいぜん)さん(65)は、退職後の現在も同営林場の管理区域で100万本以上の木の世話に追われている。ごつごつとした両手とわずかに曲がった腰は、張さんが営林事業に心血を注いできたことを物語っている。張さんは昨年、全国労働模範に選ばれた。市街地から遠く離れた山の中に小さな家を持つ張さんは、ここで妻と一緒に1年の大半を過ごしている。家には今も電気が通っておらず、飲料水も井戸に頼るという厳しい環境だが、植樹をするのに便利なため、張さんにとって最もお気に入りの場所なのだと言う。張さんは、木は自身の子どもで、毎年春と夏に周囲の野山が緑にあふれるのを見るたびに人生に悔いはないと感じると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061605715

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月16日
    (5)林業局退職後も100万本の木を見守る男性黒竜江省伊春市

    3日、黒竜江省伊春市の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司の管理区域で、強風で倒れた木を切り道を通す張英善さん。中国黒竜江省伊春市の烏馬河(うばが)林業局烏馬河森林経営所(現在の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司)で営林作業員として働いていた張英善(ちょう・えいぜん)さん(65)は、退職後の現在も同営林場の管理区域で100万本以上の木の世話に追われている。ごつごつとした両手とわずかに曲がった腰は、張さんが営林事業に心血を注いできたことを物語っている。張さんは昨年、全国労働模範に選ばれた。市街地から遠く離れた山の中に小さな家を持つ張さんは、ここで妻と一緒に1年の大半を過ごしている。家には今も電気が通っておらず、飲料水も井戸に頼るという厳しい環境だが、植樹をするのに便利なため、張さんにとって最もお気に入りの場所なのだと言う。張さんは、木は自身の子どもで、毎年春と夏に周囲の野山が緑にあふれるのを見るたびに人生に悔いはないと感じると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061605857

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月16日
    (2)林業局退職後も100万本の木を見守る男性黒竜江省伊春市

    3日、黒竜江省伊春市の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司の管理区域に広がる森林。(小型無人機から)中国黒竜江省伊春市の烏馬河(うばが)林業局烏馬河森林経営所(現在の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司)で営林作業員として働いていた張英善(ちょう・えいぜん)さん(65)は、退職後の現在も同営林場の管理区域で100万本以上の木の世話に追われている。ごつごつとした両手とわずかに曲がった腰は、張さんが営林事業に心血を注いできたことを物語っている。張さんは昨年、全国労働模範に選ばれた。市街地から遠く離れた山の中に小さな家を持つ張さんは、ここで妻と一緒に1年の大半を過ごしている。家には今も電気が通っておらず、飲料水も井戸に頼るという厳しい環境だが、植樹をするのに便利なため、張さんにとって最もお気に入りの場所なのだと言う。張さんは、木は自身の子どもで、毎年春と夏に周囲の野山が緑にあふれるのを見るたびに人生に悔いはないと感じると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061605756

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月16日
    (10)林業局退職後も100万本の木を見守る男性黒竜江省伊春市

    3日、黒竜江省伊春市の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司の管理区域にある自宅で、全国労働模範の証書を見せる張英善さん。中国黒竜江省伊春市の烏馬河(うばが)林業局烏馬河森林経営所(現在の烏馬河林業局烏馬河営林場分公司)で営林作業員として働いていた張英善(ちょう・えいぜん)さん(65)は、退職後の現在も同営林場の管理区域で100万本以上の木の世話に追われている。ごつごつとした両手とわずかに曲がった腰は、張さんが営林事業に心血を注いできたことを物語っている。張さんは昨年、全国労働模範に選ばれた。市街地から遠く離れた山の中に小さな家を持つ張さんは、ここで妻と一緒に1年の大半を過ごしている。家には今も電気が通っておらず、飲料水も井戸に頼るという厳しい環境だが、植樹をするのに便利なため、張さんにとって最もお気に入りの場所なのだと言う。張さんは、木は自身の子どもで、毎年春と夏に周囲の野山が緑にあふれるのを見るたびに人生に悔いはないと感じると語った。(伊春=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061605953

  • 00:59.21
    2021年11月27日
    「新華社」堤防に輝く樹氷、おとぎ話の世界に黒竜江省嘉蔭県

    中国黒竜江省伊春市嘉蔭県ではこのところ、堤防上に並ぶ木々が氷に覆われ、おとぎ話のような風景が広がっている。同県はハルビン市から北東約570キロ、国境地帯に位置する小都市。温帯大陸性季節風気候のため、四季の区別がはっきりしている。(記者/王松) =配信日: 2021(令和3)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112709695

  • 1